ツイート シェア
  1. 大阪府議会 2020-09-01
    12月21日-14号


    取得元: 大阪府議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    令和 2年  9月 定例会本会議(2)    第十四号 十二月二十一日(月)◯議員出欠状況(出席八十七人 欠席〇人 欠員一)      一番  中川誠太君(出席)      二番  前田将臣君(〃)      三番  魚森ゴータロー君(〃)      四番  角谷庄一君(〃)      五番  三橋弘幸君(〃)      六番  西元宗一君(〃)      七番  松浪ケンタ君(〃)      八番  みよしかおる君(〃)      九番  塩川憲史君(〃)      十番  西村日加留君(〃)     十一番  須田 旭君(〃)     十二番  奥谷正実君(〃)     十三番  山田けんた君(〃)     十四番  野々上 愛君(〃)     十五番  内海公仁君(〃)     十六番  坂 こうき君(〃)     十七番  石川たえ君(〃)     十八番  中野 剛君(〃)     十九番  原田 亮君(〃)     二十番  うらべ走馬君(〃)    二十一番  原田こうじ君(〃)    二十二番  中井もとき君(〃)    二十三番  冨田忠泰君(〃)    二十四番  西川訓史君(〃)    二十五番  奥田悦雄君(〃)    二十六番  中川嘉彦君(〃)    二十七番  岡沢龍一君(〃)    二十八番  山本真吾君(〃)    二十九番  上田健二君(〃)     三十番  永井公大君(出席)    三十一番  前田洋輔君(〃)    三十二番  中川あきひと君(〃)    三十三番  おきた浩之君(〃)    三十四番  紀田 馨君(〃)    三十五番  いらはら 勉君(〃)    三十六番  河崎大樹君(〃)    三十七番  泰江まさき君(〃)    三十八番  西林克敏君(〃)    三十九番  松浪武久君(〃)     四十番  広野瑞穂君(〃)    四十一番  植田正裕君(〃)    四十二番  笹川 理君(〃)    四十三番  横山英幸君(〃)    四十四番  杉江友介君(〃)    四十五番  池下 卓君(〃)    四十六番  うるま譲司君(〃)    四十七番  徳村さとる君(〃)    四十八番  金城克典君(〃)    四十九番  橋本和昌君(〃)     五十番  和田賢治君(〃)    五十一番  杉本太平君(〃)    五十二番  徳永愼市君(〃)    五十三番  しかた松男君(〃)    五十四番  藤村昌隆君(〃)    五十五番  中村広美君(〃)    五十六番  山下浩昭君(〃)    五十七番  大橋章夫君(〃)    五十八番  肥後洋一朗君(〃)    五十九番  内海久子君(〃)     六十番  加治木一彦君(〃)    六十一番  八重樫善幸君(〃)    六十二番  西野弘一君(出席)    六十三番  川岡栄一君(〃)    六十四番  大山明彦君(〃)    六十五番  垣見大志朗君(〃)    六十六番  林 啓二君(〃)    六十七番  西 惠司君(〃)    六十八番  西野修平君(〃)    六十九番  富田武彦君(〃)     七十番  中野稔子君(〃)    七十一番  坂上敏也君(〃)    七十二番  中谷恭典君(〃)    七十三番  久谷眞敬君(〃)    七十四番  鈴木 憲君(〃)    七十五番  西田 薫君(〃)    七十六番  森 和臣君(〃)    七十七番  中司 宏君(〃)    七十八番   欠員    七十九番  松本利明君(〃)     八十番  土井達也君(〃)    八十一番  三田勝久君(〃)    八十二番  大橋一功君(〃)    八十三番  岩木 均君(〃)    八十四番  今井 豊君(〃)    八十五番  横倉廉幸君(〃)    八十六番  三浦寿子君(〃)    八十七番  三宅史明君(〃)    八十八番  奴井和幸君(〃)    ~~~~~~~~~~~~~~~◯議会事務局     局長         井上幸浩     次長         川崎浩二     議事課長       瀬野憲一     総括補佐       佐藤 実     課長補佐(委員会)  高山泰司     主査(議事記録総括) 小野健一     主査(議事記録総括) 太上利宏     主査         古石勝寛    ~~~~~~~~~~~~~~~◯議事日程 第十四号 令和二年十二月二十一日(月曜)午後一時開議 第一 議席の一部変更 第二 議案第二十号から第三十七号まで、第三十九号から第六十号まで及び報告第九号から第二十七号まで(「令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十一号)の件」ほか五十八件)   (各常任委員会委員長報告・討論・採決) 第三 請願第十七号から第二十三号まで(「新型コロナウイルス感染症に関する介護事業所への緊急支援を求める件」ほか六件)   (関係常任委員会委員長報告・採決) 第四 委員会の継続調査事件   (各委員長報告・採決) 第五 第六十二号議案及び第四十三号報告(「令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十三号)の件」ほか一件)   (知事の説明・委員会付託省略・採決) 第六 意見書案第二号から第五号まで(「オンライン投票環境整備を求める意見書」ほか三件)   (委員会付託省略採決)    ~~~~~~~~~~~~~~~◯本日の会議に付した事件 第一 日程第一の件 第二 日程第二の件 第三 日程第三の件 第四 日程第四の件 第五 日程第五の件 第六 日程第六の件    ~~~~~~~~~~~~~~~午後一時開議 ○議長(土井達也君) これより本日の会議を開きます。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 議事に先立ち、一言申し上げます。 演壇での発言につきましては、身体的距離が確保されていること、また発言を分かりやすくするためマスクを外して行っていただきますようお願いいたします。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第一、議席の一部変更を行います。 議員の所属会派の異動に伴い、会議規則第三条第三項の規定により、お手元に配付の議席変更一覧表のとおり、議席の一部を変更いたします。   (一覧表は巻末に掲載)    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第二、議案第二十号から第三十七号まで、第三十九号から第六十号まで及び報告第九号から第二十七号まで、令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十一号)の件外五十八件を一括議題といたします。 各常任委員会審査報告書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。   (審査報告書は巻末に掲載) ○議長(土井達也君) 委員長の口頭報告は、省略いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) これより討論に入ります。 通告により中野稔子君を指名いたします。中野稔子君。 ◆(中野稔子君) 大阪維新会大阪府議会議員団中野稔子でございます。 初めに、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられました方々の御冥福と、現在療養中の皆様の一日も早い御回復を心よりお祈り申し上げます。 そして、日々最前線で新型コロナウイルス感染症と向き合い、治療、看護に取り組まれている医療従事者の方々、日々の暮らしを支えてくださっているエッセンシャルワーカーの方々に深く感謝をいたします。 また、府民の皆様、事業者の皆様には、不要不急外出自粛時短要請等新型コロナウイルス感染症感染拡大防止への御協力に感謝いたします。 大阪の医療状況は、現在、瀬戸際に立たされています。これ以上の悪化を食い止めるために厳しいお願いがなされておりますが、大阪の医療を守り、府民の命を守るため、我々議員団も、府民の皆様と危機意識を共有し、まずは年末年始からこの冬を乗り越えるために全力を尽くしてまいります。 それでは、会派を代表いたしまして、今定例会に上程されています議案等につきまして、我が会派の態度と意見を表明いたします。 新型コロナウイルス感染症の対策につきましては、既に様々な対策を打ってくださっていますが、改めて申し上げます。先週の十五日に、大阪コロナ重症センターが稼働いたしました。この間、吉村知事を先頭に、目の前の感染拡大防止と将来を見据えた対策の両輪で取り組んでこられました。引き続き、広い視野での取組をお願いいたします。 特に、早ければ来年二月に始まると言われているワクチン接種では、医療従事者はじめ府民が安全かつ確実に接種できる環境整備を国や市町村と連携し、早急に整えていただくことを求めておきます。逼迫する医療現場の負担を少しでも軽くするために必要なことは、何よりも感染者を増やさないことです。そのために、苦渋の決断の中お願いしている時短要請につきまして、現状は今月二十九日までの要請となっておりますが、年末年始を控え、さらなる期間の延長も考えられます。御協力いただく事業者の方々への影響は、多大なものであります。最大限の補償と早期収束に向けて、府民への不要不急外出自粛要請を再度周知徹底いただくことを求めておきます。 また、コロナ禍で、飲食業以外の幅広い分野に業績悪化の影響を及ぼしています。状況を十分に分析し、可能な限りの支援策の検討をお願いいたします。 感染症の影響は、教育現場にも大きく及んでいます。府立学校が、臨時休校になった際の学びの保障は重要な課題です。ICT機器等の積極的な活用、質の高いオンライン授業の実施、教員の業務負担の軽減とスキルアップなどのトータルバランスにより、児童生徒によって個別最適化された学習環境が実現できる方策について十分な検討をお願いいたします。 また、今定例会に、府立学校条例一部改正の議案が提出されていますが、大阪市立の高校等が府へ移管される際は、市立学校のこれまでの特色を生かしつつ、府市が一体となるメリットを最大限に生み出し、積極的な再編整備を推し進めながら、大阪全体の高校教育の向上をより一層図っていただくことを求めます。 また、感染症の影響で、大阪の雇用環境は大きな打撃を受けております。大阪府は、現在の支援策に加え、経済苦境で亡くなられる方を守り、第二の就職氷河期と言われる世代を生み出さないために、追加雇用対策を打ち出されることを強く求めておきます。 次に、ポストコロナ社会を見据え、大阪の成長に向けた取組みも重要です。現在、新戦略が策定されていますが、本年十月に発足した府市一体大阪港湾局を中心として、大阪ベイエリアの発展やうめきた二期、森之宮エリアの開発等、着実に進めていただくようにお願いいたします。 また、新たな挑戦と位置づけられた国際金融都市の実現に向け、世界金融が注目するエッジの利いた拠点を目指し、国にあらゆる面での規制緩和を要望するとともに、まちの国際化にも率先して取り組まれることを要望しておきます。 また、スマートシティ戦略の推進において、国のデジタル庁に倣い、予算、権限、人材をしっかりと担保して組織を強化し、大阪の都市戦略成長戦略につながるようなスマートシティー機能については、大阪市と実行部隊の統合も含めて、強固な府市連携体制を取るべきと考えます。前向きな検討をお願いいたします。 あわせて、住民のQOL向上を実現するため、住民に近い市町村が抱える課題の解決に対して、引き続き積極的な支援をお願いいたします。 次に、カーボンニュートラルに向けた取組について申し上げます。 大阪府環境審議会において、二〇三〇年度までを計画期間とした地球温暖化対策の検討がなされ、二〇一三年度比二六%を超える削減目標値が望ましいとされました。今後、コストと施策効果とのバランスを考慮しつつ戦略的な目標を定め、行政、経済界、府民が一丸となって、脱炭素化に向け施策を推進できるように、府のリーダーシップを期待いたします。 この感染症を乗り越えた先にある、新たな未来を切り開く二〇二五大阪・関西万博について申し上げます。 今般、大阪・関西万博会場建設費について、約一千八百五十億円の見直し案が、国及び博覧会協会から唐突に示されました。大阪・関西万博を快適、安全で多様な主体が参画し、世界に誇れる魅力あるものとしていくためには、地元自治体として、できる限りの協力をしていかなければなりませんが、コロナ禍にあり、自治体、経済界を取り巻く状況は非常に厳しいものがあります。本件に関して議会で十分に議論する時間がない中で、今週末には協会の理事会が開かれ、大阪府の意思、判断を示す必要があるとのことから、本日、我が会派から緊急に意見書を提出することといたしました。他会派の皆様の御賛同をお願いするとともに、可決された際には、この意見書の内容を十分に踏まえ、国や協会と協議調整いただくことを求めておきます。 次に、大阪・関西万博後の二〇二六年に、全国豊かな海づくり大会大阪開催を目指すと、今議会の我が会派の代表質問吉村知事から表明がありました。水産物などの海の豊かさに加え、海洋プラスチックごみ対策など、開催地にふさわしい取組の強化をお願いいたします。 最後に、大阪の発展、成長に不可欠な広域行政の一元化について申し上げます。 さきの大阪都構想の住民投票では、今後の府市の在り方について、大阪市民の皆様に大きな判断をお願いすることになりました。結果は、残念ながら否決になりましたが、府民、市民の皆様から、府市一体成長戦略の実行や二重行政の解消を引き続き進めてほしいという声も多くいただきました。 我が会派では、これまでも水道や消防等の府域一元化について議論を進めてきました。これをさらに前に進め具体化を図るため、市町村とより一層連携していただきますようお願いいたします。 広域機能の司令塔を一本化することが、大阪の成長をスピードアップさせ、確かなものとするために不可欠であり、その推進、調整を担う副首都推進局の役割もますます重要となります。 来年二月議会に、実効性のある条例を提出されるとのことですが、府市一体となり、府民全体が成長の果実を享受できる未来を描き、これからさらに府市一体で大阪の成長と発展を牽引していくため、吉村知事はじめ理事者の皆さんとともに、府政推進の一翼を担う議会、そして大阪維新会府議会議員団もその責任を果たしていく決意であります。 以上、るる申し上げましたが、今定例会に提出されている議案等につきましては、全て賛成であることを表明し、我が会派の討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。 ○議長(土井達也君) 次に、西村日加留君を指名いたします。西村日加留君。 ◆(西村日加留君) 自由民主党・無所属 大阪府議会議員団西村日加留でございます。 採決に先立ち、今定例会に提案されている諸議案等について、我が会派の意見と態度を表明させていただきます。 冒頭、新型コロナウイルス感染でお亡くなりになられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々について謹んでお見舞い申し上げます。 また、医療の最前線で御尽力いただいております関係者の皆様をはじめ、感染予防に御理解と御協力を賜っております全ての府民の皆様に感謝申し上げます。 十一月以降、医療機関や学校、高齢者施設などで新型コロナウイルス感染に関わるクラスターの発生が増加しております。先日も、大阪市内の大規模高齢者施設で四十名の感染があったと報道されました。高齢者の方が新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいということは、周知の事実です。高齢者施設におけるクラスターの発生をいかに防止するかが非常に重要であります。高齢者施設に対し、相部屋を個室に改修するための国の補助事業を有効活用し、十分な感染対策を取ることができるよう、改めて周知徹底していただきますようお願い申し上げます。 また、さきの我が会派の代表質問においても指摘いたしましたが、まずは外部から新型コロナウイルスを持ち込ませないためにも、施設に入所する前に一律のPCR検査をすることが、高齢者施設での感染拡大防止に寄与すると考えておりますので、この場で改めて申し上げます。 次に、新型コロナウイルス感染拡大収束状況を判断するための独自指標・基準となる大阪モデルについて申し上げます。 去る十二月三日の新型コロナウイルス対策本部会議において、レッドステージの点灯基準である重症病床使用率が七〇%を下回っているにもかかわらず、赤色信号が点灯されました。また、十二月十四日の対策本部会議において、七日連続で重症病床の使用率が六〇%未満というレッドステージの新たな解除の基準を設け、その基準を緩めました。このように、大阪モデルは、現在までに既に五度の修正が行われ、今後の要請を強めるのか、弱めるのかなど、対策本部会議だけで恣意的に運用されている状況です。 加えて、感染拡大に対し重症者の数は過去最多、看護師不足が起こり、自衛隊や他府県に看護師の派遣を要請するほど医療崩壊寸前の状況であり、大阪モデルは機能していない状況となっています。また、府民の行動変容を促すという目的も、現在、大阪モデルに対する府民の信用度が低下しており、十分役割を果たせていないのではないかと大変危惧しております。状況に応じて変えていくということも必要なのは一定理解できますが、それにしても修正が繰り返し行われており、府民や事業者の皆様は先が見通せない状況となっています。再度、適切な運用を行っていただくよう要望しておきます。 次に、環境施策について申し上げます。 我が会派は、去る十月八日に大阪府のさらなる環境施策の推進を後押しするため、小泉環境大臣に対し、再生可能エネルギーや災害時にも対応できる蓄電池、EV等の分散型エネルギー普及拡大のための支援や、国が把握している再生可能エネルギー導入量データの自治体への提供などについて、お力添えいただくよう要望書を提出してきたところです。 その後、菅総理大臣も、総理就任後初の所信表明演説や、オンラインで開催されたG20サミットにおいて、二〇五〇年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすると目標を定められました。また、政府や東京都などでは、二〇三〇年代にガソリン車販売規制が検討されるなど、温室効果ガス削減に向けた議論が急ピッチに進んでおります。地球温暖化問題の解決は、もはや人類共通の喫緊の課題です。二〇二五年大阪・関西万博の開催地でもあり、世界と肩を並べるグローバル都市を目指す大阪としては、現在の施策に満足することなく、ドラスチックな規制や補助金の導入、インセンティブの付与など積極的な取組を通して、次世代に環境負債を残さないようお願い申し上げます。 次に、二〇二五年大阪・関西万博について申し述べます。 万博会場への主要な交通手段として、大阪メトロ中央線コスモスクエア駅から夢洲まで地下鉄の延伸が進められておりますが、さきの我が会派の代表質問でも指摘しましたとおり、コロナ禍でIR誘致が確実性を失いつつある今、半年間の開催期間である万博のためだけに地下鉄の延伸をすることにならないかを非常に危惧しております。地下鉄に依存しない新たな開催計画を検討するべきではないでしょうか。 また、先日の井上万博担当大臣の会見にもありましたとおり、万博会場の建設費は、当初の一千二百五十億円の五割増、最大で一千八百五十億円にも上るとされています。会場建設費は、国、大阪府市、経済界で三分の一ずつ負担することになっておりますので、大阪府の厳しい財政状況や先の見えない新型コロナウイルス対策を鑑みると、果たして府民の理解が得られるのでしょうか。万博協会に人員も派遣し、国と一体となって計画を策定している大阪府としては、今後もコスト削減についてあらゆる検討を行っていくよう強く申し上げます。 最後に、来年二月、府市両議会に提出予定と伺っております広域一元化条例について述べさせていただきます。 レッドステージの出口が見通せない中、大阪府と大阪市の優秀な職員を副首都推進局に縛りつけてまで広域一元化条例を今すぐつくる必要性がどこにあるのでしょうか。吉村知事は、かねてから知事と松井市長人間関係バーチャル都構想が成り立ち、府市統合が実現し、大阪市の成長発展に寄与していると強調されています。であるならば、吉村知事松井市長の任期中は、これからもバーチャル都構想が継続され、広域一元化の状態が続くのであります。 さきの住民投票における特別区設置協定書については、平成二十九年六月から三年間以上の時間をかけて三十七回の法定協議会を開催し、しっかりと制度設計が行われました。大阪市の在り方が大きく変わる本条例でありますが、あまりに制度設計のための期間が短く、性急に二月定例議会に提出するべきではありません。 改めて申し上げますが、赤信号が点灯している今、最優先すべき問題は新型コロナウイルス対策です。さきの総務常任委員会で我が会派の原田幹事長が指摘しましたとおり、健康医療部の未曽有の時間外勤務の状況が発生している中で、広域一元化条例については拙速に進めるべきではないと強く指摘しておきます。 以上、るる申し上げましたが、今定例会に提出されている知事提出議案につきましては賛成であることを表明し、我が会派の討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。 ○議長(土井達也君) 次に、中野剛君を指名いたします。中野剛君。 ◆(中野剛君) 公明党大阪府議会議員団の中野剛でございます。 冒頭、新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、罹患された方々の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。 今議会に出されております令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十一号)の件をはじめとする諸議案の採決に当たり、我が会派を代表して見解を申し述べます。 まず、新型コロナウイルス感染症対策について。 本府は、現在、大阪モデルにおけるレッドステージ一、非常事態下にあり、府民の皆様に不要不急の外出を自粛することを呼びかけている大変厳しい状況にあります。十一月二十七日から大阪市北区、中央区で実施されている休業・時短要請に加え、先週開催の新型コロナウイルス対策本部会議におきまして、期間を二十九日までさらに二週間延長するとともに、対象エリアを大阪市全域に広げることを決定いたしました。年末年始を迎える中、時短要請の対象となる飲食店のみならず、飲食店に食材を提供する事業者をはじめ広範囲に甚大な影響が及んでいます。 我が会派は、さきの代表質問でも迅速かつ十分な補償、感染防止対策を促進するための支援制度の構築、融資制度の拡充が不可欠であると訴えておりますが、知事には強力かつきめ細かな対策を強く求めておきます。 また、今回の協力金の制度設計について知事に申し上げます。 大阪市内全域での時短要請が発表されたのは、十四日夜の対策本部会議です。十六日からの時短要請、全くの時間の猶予はございませんでした。時短に協力したくても、様々な事情で間に合わなかった店舗もございます。十七日から時短に協力しても、協力金は一切支払われません。また、このコロナ禍の中、頑張って十六日に新規にオープンした店舗にも協力金は支払われません。こちらが急遽お願いしているのに、協力金の支給要件はあまりに画一的、お役所的ではないでしょうか。一店舗でも多く時短要請に協力していただけるよう、日割支給の導入など、知事には柔軟な対応を御検討願います。 医療提供体制の逼迫も深刻な状況です。重症患者病床確保について、代表質問では、中等症患者受入れ医療機関の一部への重症患者受入れ要請を行うとの答弁がありました。医療崩壊を防ぐため、一床でも多く病床を確保すべく、コロナ患者受入れ医療機関及び医療従事者への支援策の強化を求めます。 大阪コロナ重症センターの運用に際しては、クローズアップされました看護師人材不足について、看護師養成学校等への支援をはじめ、平時からの看護師確保の取組が重要です。今後、さらに取組を進めていただくよう要請しておきます。 次に、先月二十四日から運用開始された診療・検査医療機関に対しては、経済的支援や風評被害防止等、さらなる支援策を講じ、目標である診療・検査医療機関一千五百か所の確保と、一日二万二千件程度の検査体制の前倒しの実現、さらなる上乗せをお願いいたします。 また、こちらも懸念されております年末年始の受診相談体制について、代表質問でその対策を求めたところ、今般、年末年始PCR検査等の実施や新規陽性患者受入れ医療機関に対し、受入協力補助金制度が新設されました。年末年始の診療・検査体制がしっかりと維持できるよう、さらなる対策を求めておきます。 次に、高齢者施設クラスター対策について。 重症化リスクが高い高齢者への感染拡大を防ぐため、さらに力強い危機感を持って対処せねばなりません。そのため、我が会派は、国も求めているように施設職員、入所者全員を対象とした一斉定期的な検査等、現状よりさらに踏み込んだクラスター対策に取り組むべきと代表質問で求めました。知事も、全数検査の困難さに言及しつつも、検査の強化をこれからも進めてまいりたいと答弁され、課題認識については共有できていると考えております。 報道によりますと、大阪市が市内高齢者施設の職員らに対し、定期的なPCR検査の無償実施を検討するとありました。ぜひ、府も、大阪市と歩調を合わせて、さらに踏み込んだクラスター対策を実施していただきますよう要望しておきます。 新型コロナウイルスワクチン接種体制の確立については、今後、府民が速やかに接種できるよう、府も市町村とともに準備を整えていく必要があります。医療従事者等への接種体制の調整や専門的相談体制の確保に努めるとともに、市町村等と密に連携し、ワクチンが実用化された際には、すぐにでも接種が円滑に進むよう万全の準備をよろしくお願いいたします。 次に、今次定例会では、教育施策についても議論いたしました。 まず、府立高校の再編整備計画について。 再編整備に当たっては、府立学校条例の趣旨を踏まえつつ、機械的な削減ではなく、地域性や学校の役割というものもしっかり踏まえて行っていく必要があると考えます。公立高校の大きな役割の一つに、セーフティーネットの確保があると思います。生徒が安心して通うことができる、地域に根差した高校の存在は、重要という観点で質問いたしました。 教育長は、これまでの仕組み、取組をしっかりと検証し、審議会で有識者の御意見も伺いながら、地域の拠点校が魅力を高め、府立学校条例の下で持続可能となりますように、府立高校の在り方を検討すると答弁されましたが、今後、審議会にて先々を見据えた府立高校の具体的な在り方を検討していただきますよう強く求めておきます。 また、少人数学級編制について。 先日、文部科学省は、来年度以降の小学校における少人数学級編制について方針を示しました。この方針も踏まえ、大阪府で今後どのように少人数学級編制を実現するか、具体的な議論を進めることが重要です。この間、代表質問や一般質問等で議論してまいりましたが、府においても、これらの質疑や市町村からの要望をしっかりと踏まえた取組を来年度実施することを強く求めます。 次に、SDGsの達成に向けた府の取組について。 SDGsについては、認知度の向上はもちろんのこと、今後は具体的な行動の広がりが重要なフェーズとなります。今般の答弁でも示された大阪版のSDGs行動憲章が、若い世代も含めた具体的行動につながるような施策展開を強く求めておきます。 最後に、二〇二五年大阪・関西万博について。 先日、井上国際博覧会担当大臣から、大阪・関西万博会場建設費が当初の予想より六百億円の増額となることが発表されました。万博を一層魅力あるものとするためとはいえ、コロナ禍の現況を鑑みると、これ以上地方に負担を求めることはあってはならないと考えます。年内に基本計画が発表されることになりますが、我が党においても、万博の成功へ向け、国に対し提案等を行うなど全力で取り組んでまいります。知事におかれましても、府民や府議会への丁寧な説明とともに、国に対して必要な働きかけ等を求めておきます。 以上、るる申し上げましたが、今議会に出されております諸議案については全て賛成であることを表明し、我が会派の討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。 ○議長(土井達也君) 以上で、通告による討論は終わりました。 これをもって討論は終結いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) これより日程第二の諸議案につきまして採決に入りたいと思いますが、議事の都合により分離して採決いたします。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) まず、議案第二十二号、第二十七号から第二十九号まで、第三十三号、第三十五号、第三十七号、第五十六号、報告第九号、第十一号から第十三号まで、第十五号、第十六号及び第二十一号の十五件を一括して起立により採決いたします。 以上の諸議案に対する関係常任委員会委員長の報告は、原案のとおり可決、認定であります。 以上の諸議案につきまして、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立多数であります。よって、以上の諸議案十五件は、原案のとおり可決、認定することに決定いたしました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、第五十七号議案 大阪府立学校条例一部改正の件を起立により採決いたします。 本案に対する教育常任委員会委員長の報告は、原案のとおり可決であります。 本案につきまして、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立多数であります。よって、第五十七号議案は、原案のとおり可決されました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、第六十号議案を除く残余の諸議案四十二件を一括して採決いたします。 残余の諸議案に対する関係常任委員会委員長の報告は、原案のとおり可決、認定であります。 お諮りいたします。残余の諸議案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、第六十号議案を除く残余の諸議案四十二件は、原案のとおり可決、認定することに決定いたしました。    ………………………………………
    ○議長(土井達也君) 次に、第六十号議案 大阪府収用委員会委員の任命について同意を求める件を採決いたします。 お諮りいたします。本案は、これに同意することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、第六十号議案は、これに同意することに決定いたしました。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第三、請願第十七号から第二十三号まで、新型コロナウイルス感染症に関する介護事業所への緊急支援を求める件外六件を一括議題といたします。 関係常任委員会審査報告書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。   (審査報告書は巻末に掲載)    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) これより請願の採決に入りたいと思いますが、議事の都合により分離して採決いたします。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) まず、請願第十七号第一項、第二項、第六項、第九項、第十八号、第二十号第二項、第二十一号第二項及び第二十三号第二項から第五項までの五件を一括して起立により採決いたします。 以上の請願に対する関係常任委員会委員長の報告は、不採択であります。 以上の請願につきまして、採択することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立少数であります。よって、以上の請願五件は、不採択とすることに決定いたしました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、請願第十七号第三項から第五項まで、第七項、第八項、第二十号第一項、第二十一号第一項及び第二十三号第一項、第六項の四件を一括して起立により採決いたします。 以上の請願に対する関係常任委員会委員長の報告は、不採択であります。 以上の請願につきまして、採択することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立少数であります。よって、以上の請願四件は、不採択とすることに決定いたしました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、請願第十九号第二項及び第二十二号第一項の二件を一括して起立により採決いたします。 以上の請願に対する健康福祉常任委員会委員長の報告は、不採択であります。 以上の請願につきまして、採択することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立少数であります。よって、以上の請願二件は、不採択とすることに決定いたしました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、残余の請願二件を一括して採決いたします。 残余の請願に対する関係常任委員会委員長の報告は、採択であります。 お諮りいたします。残余の請願につきまして、委員長の報告のとおり採択することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、残余の請願二件は、採択することに決定いたしました。 なお、採択されました請願二件につきましては、知事に送付し、その処理の経過と結果の報告を請求いたします。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第四、委員会の継続調査事件を議題といたします。 各常任委員会及び議会運営委員会の調査報告書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。   (調査報告書は巻末に掲載) ○議長(土井達也君) お諮りいたします。本件は、各委員長の報告のとおり、さらに閉会中継続調査とすることに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、各委員会において、さらに閉会中継続調査とすることに決定いたしました。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第五、第六十二号議案及び第四十三号報告、令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十三号)の件外一件を一括議題といたします。 議案につきまして、知事の説明を求めます。大阪府知事吉村洋文君。 ◎知事(吉村洋文君) 今次定例府議会に追加提出をしました第六十二号議案及び第四十三号報告について、その概要を説明します。 第六十二号議案 令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十三号)の件は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた事業者への支援に緊急に必要な取組を可能な限り迅速に講じるため、二百七十七億八千万円の増額補正をするものです。 内容としては、府が指定する地域において、営業時間短縮の要請に協力した事業者に対し、大阪市が支給する協力金について、その経費を一部負担するものです。 第四十三号報告は、地方自治法第百八十条第一項の規定により議会から委任をいただいている事項について専決処分にしましたので、同条第二項の規定により報告するものです。 よろしくお願い申し上げます。 ○議長(土井達也君) 以上で、知事の説明は終わりました。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ◆(うらべ走馬君) ただいま議題となっております諸議案のうち、議決不要の第四十三号報告を除く第六十二号議案は、委員会の付託を省略されますよう動議を提出いたします。 ○議長(土井達也君) ただいまのうらべ走馬君の動議のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、第六十二号議案は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) これより第六十二号議案 令和二年度大阪府一般会計補正予算(第十三号)の件を採決いたします。 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、第六十二号議案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 日程第六、意見書案第二号から第五号まで、オンライン投票環境整備を求める意見書外三件を一括議題といたします。 お諮りいたします。以上の議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) お諮りいたします。以上の議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土井達也君) これより意見書案の採決に入りたいと思いますが、議事の都合により分離して採決いたします。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) まず、第二号意見書案 オンライン投票環境整備を求める意見書を起立により採決いたします。 本案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立多数であります。よって、第二号意見書案は、原案のとおり可決されました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、意見書案第三号 不妊治療への保険適用の拡大を求める意見書及び第四号 犯罪被害者支援の充実を求める意見書の二件を一括して採決いたします。 お諮りいたします。以上の意見書案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(土井達也君) 御異議なしと認めます。よって、以上の意見書案二件は、原案のとおり可決されました。    ……………………………………… ○議長(土井達也君) 次に、第五号意見書案 大阪・関西万博の推進に関する意見書を起立により採決いたします。 本案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(土井達也君) 起立多数であります。よって、第五号意見書案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(土井達也君) 以上をもって本日の会議を閉じます。    -------◇------- ○議長(土井達也君) これをもって令和二年九月定例会を閉会いたします。午後一時四十七分閉会  議長   土井達也  副議長  しかた松男  議員   前田洋輔  議員   中川あきひと  議員   山下浩昭 △(イメージ)提示資料目次 △(イメージ)杉江友介議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)杉江友介議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)杉江友介議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)杉江友介議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)西川訓史議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)藤村昌隆議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)藤村昌隆議員の代表質問の提示資料 △(イメージ)上田健二議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)上田健二議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)塩川憲史議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)前田洋輔議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)加治木一彦議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)加治木一彦議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)山田けんた議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)山田けんた議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)山田けんた議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)富田武彦議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)富田武彦議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)西村日加留議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)西村日加留議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)西村日加留議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)西村日加留議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)中野稔子議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)中野稔子議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)八重樫善幸議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)八重樫善幸議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)坂上敏也議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)久谷眞敬議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)久谷眞敬議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)須田旭議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)森和臣議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)三浦寿子議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)三浦寿子議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)中司宏議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)奥谷正実議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)奥谷正実議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)奥谷正実議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)奥谷正実議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)大橋一功議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)請願の議決状況 △(イメージ)意見書案の議決状況・決議案の議決状況 △(イメージ)説明者職氏名 △(イメージ)配付文書目次 △(イメージ)第20号議案 △(イメージ)第21・22号議案 △(イメージ)第23・24号議案 △(イメージ)第25・26号議案 △(イメージ)第27・28号議案 △(イメージ)第29・30号議案 △(イメージ)第31・32号議案
    △(イメージ)第32・33号議案 △(イメージ)第33・34号議案 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)第35・36号議案 △(イメージ)第36号議案 △(イメージ)第36号議案 △(イメージ)第37号議案 △(イメージ)第38号議案 △(イメージ)第38号議案 △(イメージ)第38・39号議案 △(イメージ)第39・40号議案 △(イメージ)第40号議案 △(イメージ)第40・41号議案 △(イメージ)第41・42号議案 △(イメージ)第42号議案 △(イメージ)第43号議案 △(イメージ)第43号議案 △(イメージ)第44号議案 △(イメージ)第45号議案 △(イメージ)第46号議案 △(イメージ)第46号議案 △(イメージ)第47号議案 △(イメージ)第47・48号議案 △(イメージ)第48号議案 △(イメージ)第49号議案 △(イメージ)第50号議案 △(イメージ)第50号議案 △(イメージ)第50号議案 △(イメージ)第50号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第51号議案 △(イメージ)第52号議案 △(イメージ)第52号議案 △(イメージ)第53号議案 △(イメージ)第53・54号議案 △(イメージ)第54・55号議案 △(イメージ)第55号議案 △(イメージ)第56号議案 △(イメージ)第56・57号議案 △(イメージ)第57号議案 △(イメージ)第58号議案 △(イメージ)第59号議案 △(イメージ)第59・60号議案 △(イメージ)第60号議案 △(イメージ)第5・6・7・8号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第9号報告 △(イメージ)第10号報告 △(イメージ)第10号報告 △(イメージ)第10号報告 △(イメージ)第11号報告 △(イメージ)第11号報告 △(イメージ)第11号報告 △(イメージ)第12号報告 △(イメージ)第12号報告 △(イメージ)第12号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第14号報告 △(イメージ)第14号報告 △(イメージ)第14号報告 △(イメージ)第15号報告 △(イメージ)第15号報告 △(イメージ)第15号報告 △(イメージ)第16号報告 △(イメージ)第16号報告 △(イメージ)第16号報告 △(イメージ)第17号報告 △(イメージ)第17号報告 △(イメージ)第17号報告 △(イメージ)第18号報告 △(イメージ)第18号報告 △(イメージ)第18号報告 △(イメージ)第19号報告 △(イメージ)第19号報告 △(イメージ)第19号報告 △(イメージ)第20号報告 △(イメージ)第20号報告 △(イメージ)第20号報告 △(イメージ)第21号報告 △(イメージ)第21号報告 △(イメージ)第21号報告
    △(イメージ)第21号報告 △(イメージ)第22号報告 △(イメージ)第22号報告 △(イメージ)第22号報告 △(イメージ)第23号報告 △(イメージ)第23号報告 △(イメージ)第23号報告 △(イメージ)第24号報告 △(イメージ)第24号報告 △(イメージ)第24号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第25号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26号報告 △(イメージ)第26・27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第27号報告 △(イメージ)第28・29・30号報告 △(イメージ)第31・32・33号報告 △(イメージ)第34・35・36・37号報告 △(イメージ)第38・39・40・41号報告 △(イメージ)第42号報告・第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)第1号諮問 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)人事委員会の意見聴取の回答・議員提出第1号議案 △(イメージ)議員提出第1号議案 △(イメージ)その他資料・第1号決議案 △(イメージ)議席変更一覧表・その他資料 △(イメージ)人事委員会の意見聴取の回答 △(イメージ)第61号議案・議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨・常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表・常任委員会審査日程 △(イメージ)請願文書表目次 △(イメージ)請願第17号 △(イメージ)請願第18・19号 △(イメージ)請願第19・20号 △(イメージ)請願第21・22号 △(イメージ)請願第22・23号 △(イメージ)請願第23号・常任委員会付託請願一覧表 △(イメージ)議員提出第2号議案 △(イメージ)議員提出第2号議案 △(イメージ)議員提出第3号議案 △(イメージ)議員提出第3号議案 △(イメージ)議席変更一覧表・議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)請願審査報告書 △(イメージ)請願審査報告書 △(イメージ)請願審査報告書・調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書・第62号議案 △(イメージ)第43号報告・議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)第2・3号意見書案 △(イメージ)第3・4号意見書案 △(イメージ)第5号意見書案...