運営者 Bitlet 姉妹サービス
大阪府議会 > 2015-03-18 >
平成27年  2月 定例会本会議-03月18日−09号
平成27年  2月 定例会本会議-03月18日−09号

ツイート シェア
  1. 大阪府議会 2015-03-18
    平成27年  2月 定例会本会議-03月18日−09号


    取得元: 大阪府議会公式サイト
    最終取得日: -
    平成27年  2月 定例会本会議 − 03月18日−09号 平成27年  2月 定例会本会議 − 03月18日−09号 平成27年  2月 定例会本会議     第九号 三月十八日(水) ◯議員出欠状況(出席百一人 欠席〇人 欠員八)       一番  笹川 理君(出席)       二番  横山英幸君(〃)       三番  やまのは 創君(〃)       五番   欠員       六番   欠員       七番   欠員       八番  杉本太平君(〃)       九番  小林雄志君(〃)       十番  山本けい君(〃)      十一番  堀口和弘君(〃)      十二番  澤田貞良君(〃)      十三番  みつぎ浩明君(〃)      十四番  柴谷匡哉君(〃)      十五番  岡田義信君(〃)      十六番  藤村昌隆君(〃)
         十七番  西尾博道君(〃)      十八番  後藤太平君(〃)      十九番   欠員      二十番  岩谷良平君(〃)     二十一番  杉江友介君(〃)     二十二番  置田浩之君(〃)     二十三番  永藤英機君(〃)     二十四番  紀田 馨君(〃)     二十五番  池下 卓君(〃)     二十六番  うるま譲司君(〃)     二十七番  中村麻衣君(〃)     二十八番  徳村 聡君(〃)     二十九番  金城克典君(〃)      三十番  荻田ゆかり君(〃)     三十一番  伏見 隆君(出席)     三十二番  橋本和昌君(〃)     三十三番  奥野康俊君(〃)     三十四番  和田賢治君(〃)     三十五番  富田武彦君(〃)     三十六番  中野稔子君(〃)     三十七番  竹下 隆君(〃)     三十八番  中村広美君(〃)     三十九番  山下浩昭君(〃)      四十番  大橋章夫君(〃)     四十一番  肥後洋一朗君(〃)     四十二番  内海久子君(〃)     四十三番  釜中優次君(〃)     四十四番  栗原貴子君(〃)     四十五番  しかた松男君(〃)     四十六番  吉田保蔵君(〃)     四十七番  前田佳則君(〃)     四十八番  曽呂利邦雄君(〃)     四十九番   欠員      五十番  吉村善美君(〃)     五十一番  西 惠司君(〃)     五十二番  くち原 亮君(〃)     五十三番  森 みどり君(〃)     五十四番   欠員     五十五番  加治木一彦君(〃)     五十六番  八重樫善幸君(〃)     五十七番  川岡栄一君(〃)     五十八番  大山明彦君(〃)     五十九番  垣見大志朗君(〃)      六十番  林 啓二君(〃)     六十一番  坂上敏也君(〃)     六十二番  中谷恭典君(〃)     六十三番  藤原敏司君(出席)     六十四番  新田谷修司君(〃)     六十五番  青野剛暁君(〃)     六十六番  久谷眞敬君(〃)     六十七番   欠員     六十八番  宮本一孝君(〃)     六十九番  鈴木 憲君(〃)      七十番  西田 薫君(〃)     七十一番  森 和臣君(〃)     七十二番  上島一彦君(〃)     七十三番  松本利明君(〃)     七十四番  西野修平君(〃)     七十五番  尾田一郎君(〃)     七十六番  土井達也君(〃)     七十七番  中川隆弘君(〃)     七十八番  三田勝久君(〃)     七十九番  大橋一功君(〃)      八十番  岩木 均君(〃)     八十一番  清水義人君(〃)     八十二番  樋口昌和君(〃)     八十三番  谷川 孝君(〃)     八十四番  出来成元君(〃)     八十五番  奴井和幸君(〃)     八十六番  花谷充愉君(〃)     八十七番  上の和明君(〃)     八十八番  堀田文一君(〃)     八十九番  中野まさし君(〃)      九十番  北口裕文君(〃)     九十一番  奥田康司君(〃)     九十二番  宮原 威君(〃)     九十三番  中村哲之助君(〃)     九十四番  半田 實君(〃)     九十五番  朝倉秀実君(出席)     九十六番  岩見星光君(〃)     九十七番  三浦寿子君(〃)     九十八番  三宅史明君(〃)     九十九番  杉本 武君(〃)       百番  岩下 学君(〃)      百一番  阿部賞久君(〃)      百二番  今井 豊君(〃)      百三番  永野孝男君(〃)      百四番  浅田 均君(〃)      百五番  岡沢健二君(〃)      百六番  横倉廉幸君(〃)      百七番  冨田健治君(〃)      百八番   欠員      百九番  吉田利幸君(〃)      百十番  酒井 豊君(〃)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◯議会事務局      局長         角 善啓      次長         中村大介      議事課長       武田一雄      総括補佐       大河内隆生
         課長補佐       米澤清美      課長補佐(委員会)  中島茂雄      主査(議事記録総括) 佐藤 実      主査(議事記録総括) 高山泰司      主査(委員会総括)  松永充宏      主査         松井博之     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◯議事日程 第九号  平成二十七年三月十八日(水曜)午前零時一分開議  第三 請願第五十二号から第五十九号まで(「大阪府消費者基本計画の実効性確保を求める件」ほか七件)     (関係常任委員長報告・採決)  第四 委員会の継続調査事件     (各委員長報告・採決)  第五 第百五十二号議案(「大阪府教育委員会教育長の任命について同意を求める件」)     (知事の提案説明・委員会付託省略・討論・採決)  第六 議員提出議案第二号及び第三号(「大阪府議会会議規則一部改正の件」ほか一件)     (委員会付託省略・採決)  第七 議員提出第四号議案(「大阪府議会議員の議員報酬の特例に関する条例一部改正の件」)     (委員会付託省略・採決)  第八 第一号意見書案(「テロに対する国民の安全確保を求める意見書」)     (委員会付託省略・採決)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◯本日の会議に付した事件  第一 日程第三の件  第二 日程第四の件  第三 日程第五の件  第四 日程第六の件  第五 日程第七の件  第六 日程第八の件  第七 日程追加の件(第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 午前零時四十一分開議 ○議長(岡沢健二君) これより本日の会議を開きます。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) これより延会前の議事を続行いたします。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第三、本定例会受理の請願第五十二号から第五十九号まで、大阪府消費者基本計画の実効性確保を求める件外七件を一括議題といたします。  関係常任委員会の審査報告書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (審査報告書は巻末に掲載)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより請願の採決に入りたいと思いますが、議事の都合により分離して採決いたします。     ……………………………………… ○議長(岡沢健二君) まず、請願第五十三号及び第五十五号から第五十八号までの五件を一括して起立により採決いたします。  以上の請願に対する関係常任委員会委員長の報告は、不採択であります。  以上の請願につきまして、採択することに賛成の方は、御起立願います。    (賛成者起立) ○議長(岡沢健二君) 起立少数であります。よって、以上の請願五件は、不採択とすることに決定いたしました。     ……………………………………… ○議長(岡沢健二君) 次に、請願第五十四号を起立により採決いたします。  本請願に対する教育常任委員会委員長の報告は、不採択であります。  本請願につきまして、採択することに賛成の方は、御起立願います。    (賛成者起立) ○議長(岡沢健二君) 起立少数であります。よって、請願第五十四号は、不採択とすることに決定いたしました。     ……………………………………… ○議長(岡沢健二君) 次に、請願第五十九号を起立により採決いたします。  本請願に対する府民文化常任委員会委員長の報告は、採択であります。  本請願につきまして、委員長の報告のとおり採択することに賛成の方は、御起立願います。    (賛成者起立) ○議長(岡沢健二君) 起立多数であります。よって、請願第五十九号は、採択することに決定いたしました。     ……………………………………… ○議長(岡沢健二君) 次に、請願第五十二号を採決いたします。  本請願に対する府民文化常任委員会委員長の報告は、採択であります。  お諮りいたします。本請願につきまして、委員長の報告のとおり採択することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、請願第五十二号は、採択することに決定いたしました。  なお、ただいま採択されました請願につきましては、知事に送付し、その処理の経過と結果の報告を請求いたします。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第四、委員会の継続調査事件を議題といたします。  各常任委員会及び議会運営委員会の調査報告書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (調査報告書は巻末に掲載) ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本件は、委員長の報告のとおり、さらに閉会中継続調査とすることに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、各委員会においてさらに閉会中継続調査とすることに決定いたしました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第五、第百五十二号議案 大阪府教育委員会教育長の任命について同意を求める件を議題といたします。  議案は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (議案は巻末に掲載) ○議長(岡沢健二君) 議案につきまして、知事の説明を求めます。知事松井一郎君。 ◎知事(松井一郎君) 今次定例府議会に追加提出をいたしました第百五十二号議案について説明をいたします。  第百五十二号議案は、教育委員会教育長に向井正博氏を任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律による改正後の地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により同意をお願いするものです。よろしくお願いします。 ○議長(岡沢健二君) 以上で、知事の説明は終わりました。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより討論に入ります。  通告により阿部賞久君を指名いたします。阿部賞久君。 ◆(阿部賞久君) 大阪維新の会都構想推進大阪府議会議員団の阿部賞久です。  会派を代表いたしまして、今次定例会に追加上程されました第百五十二号議案 大阪府教育委員会教育長の任命について同意を求める件について申し上げます。  今定例会中に、教育長、教育委員長が相次いで辞職されたことは、重く受けとめなければなりません。大阪の教育は、大変厳しい状況にあります。このような状況下においても、我々がまずなすべきことは、これまで積み上げてきた大阪の教育改革を引き継いで、そして切れ目なくつなげていくことにあります。  そのような中、知事は、まことに迅速かつ的確な行動をされ、向井正博氏という適任者を御提案されました。  大阪の教育は、陰山教育委員長のお言葉をおかりすれば、教育委員長の手に負えないほどのさまざまな教育課題を抱えております。新教育長におかれては、子どもたちの立場で教育を考えていただきたい。教える側ではなく、教えられる側の子どもたちの立場で考えていただきたい。  また、知事と教育委員会がこれまで取り組んできた教育改革の成果が、保護者にうまく伝わっていないと感じることがあります。教育委員会には、これまで以上に保護者にわかりやすく伝えていただくようお願いしておきます。  いよいよ来月四月から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律によって、教育委員会制度の変更が行われます。従来の教育委員長と教育長が一本化され、大変な重責を負うことになります。向井正博氏は、この重責にたえ得る人物であると大いに期待しております。  知事は、これまでも教育行政基本条例を施行し、教育振興基本計画を策定し、教育委員との意見交換を実施し、教育行政への民意の反映に努めてこられました。我々も、大阪の教育改革のために向井教育委員会と大いに議論を交わしながら、これからも引き続き大阪の教育の再生のため、ともに力を尽くしてまいる所存です。  以上、るる申し上げてきましたが、大阪府教育委員会教育長の任命について心より同意することを表明し、我が会派の討論といたします。御清聴ありがとうございました。 ○議長(岡沢健二君) 以上で、通告による討論は終わりました。
     これをもって討論は終結いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより第百五十二号議案 大阪府教育委員会教育長の任命について同意を求める件を採決いたします。  お諮りいたします。本案は、これに同意することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、第百五十二号議案は、これに同意することに決定いたしました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第六、議員提出議案第二号及び第三号、大阪府議会会議規則一部改正の件外一件を一括議題といたします。  議案は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (議案は巻末に掲載)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。以上の議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。以上の議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより議員提出議案第二号及び第三号の二件を一括して採決いたします。  お諮りいたします。以上の議案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、以上の議員提出議案二件は、原案のとおり可決されました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第七、議員提出第四号議案 大阪府議会議員の議員報酬の特例に関する条例一部改正の件を議題といたします。  議案は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (議案は巻末に掲載)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより議員提出第四号議案 大阪府議会議員の議員報酬の特例に関する条例一部改正の件を採決いたします。  お諮りいたします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、議員提出第四号議案は、原案のとおり可決されました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 日程第八、第一号意見書案 テロに対する国民の安全確保を求める意見書を議題といたします。  議案は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (議案は巻末に掲載)     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明及び委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより第一号意見書案 テロに対する国民の安全確保を求める意見書を採決いたします。  お諮りいたします。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、第一号意見書案は、原案のとおり可決されました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 議長の手元に、知事から、三月十七日の会議において議決した第一号議案について、地方自治法第百七十六条第一項の規定により再議に付する旨の文書が提出されました。  お諮りいたします。この際、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件について日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。    (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件を議題といたします。  文書は、お手元に配付いたしておきましたので、御了承願います。    (文書は巻末に掲載) ○議長(岡沢健二君) 知事から、再議に付した理由の説明を求めます。知事松井一郎君。 ◎知事(松井一郎君) 再議提案の理由を説明させていただきます。  先ほど議決されました第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算の件については、次の理由により異議があるために、地方自治法第百七十六条第一項の規定に基づき、再議をお願いするものです。  運輸事業振興助成補助金につきましては、中央団体出捐金は、平成二十二年度から補助対象外としておりまして、平成二十七年度当初予算においても必要な補助金を交付していること、出捐金による全国事業について、その意思決定に府が関与できないことなどから、引き続き対象外としたものです。  なお、財政調整基金一億六千六百二十六万六千円をさらに取り崩すこととなっておりますが、府民の将来負担の軽減をするためにも、取り崩しを抑制するほうが妥当だと考えます。これらのことから、中央団体への出捐金は、補助対象とすべきでないと考えます。  次に、私立幼稚園振興助成費のうち、預かり保育助成事業につきましては、認定こども園への移行をより一層支援していくため、認定こども園への移行を表明する私立幼稚園とそれ以外の幼稚園への補助に差を設ける新たな子ども・子育て支援新制度移行支援事業により、認定こども園への移行促進を図るとしたものです。  一方、修正案では、認定こども園への移行表明の有無にかかわらず、補助単価を同一にすることから、認定こども園への移行促進について、十分な事業効果が得られないものです。また、財政調整基金一千二十万円をさらに取り崩すことになっておりますが、府民の将来負担を軽減するためにも、取り崩しを抑制するほうが妥当だと考えております。  なお、今次定例府議会における御審議を踏まえ、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算の件を訂正し、認定こども園への移行を表明しない私立幼稚園が、長期休業期間や休日に預かり保育を実施する場合にも補助を行うことにより、子育て支援の取り組みを確保したところです。これらのことから、私立幼稚園振興助成費のうち、預かり保育助成事業については、増額すべきでないと考えます。  次に、天保山客船ターミナル整備調査検討事業費補助金、天王寺動物園夜間開園設備整備事業費補助金及び難波宮跡公園整備事業費につきましては、これまで大阪市域内での広域的事業について、府市間での連携が必ずしも十分でなかったことから、府が広域行政体として大阪府全体に及ぼす効果等を踏まえ、先行的に取り組みを始めた広域的な新規・拡充事業に計画策定段階から関与するとともに、一定の財政的関与を行うこととし、あわせて宝くじ収益金の府市配分割合の見直しを行うとしたところです。このことから、これらの事業については、削減すべきではないと考えます。  以上のことから、再度御審議賜りますようにお願いいたします ○議長(岡沢健二君) 以上で、知事の説明は終わりました。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより質疑を行います。通告により森和臣君を指名いたします。森和臣君。 ◆(森和臣君) 大阪維新の会都構想推進大阪府議会議員団の森和臣でございます。  子ども・子育て支援新制度移行支援事業について、知事に伺いたいと思います。  子ども・子育て支援新制度移行支援事業、いわゆる認定こども園移行支援事業については、これまでの議論を踏まえ、知事の英断により、昨日、増額修正されました。これは、知事の大阪の待機児童の解消を促進するという理念により、子ども、保護者のよりよい保育を進めることを優先されたものと思っております。  これまでの私立幼稚園預かり保育時間延長促進事業助成、いわゆる大阪スマイル・チャイルド事業による時間延長による子育て支援策は、一定の役割を果たしてきましたが、新たな理念により事業が構築されている今、継続するようなことになれば、理念が不透明になってしまいます。待機児童を解消し、子育て支援の充実を進めるには、認定こども園への移行を進めることが重要であり、そのために移行を表明した園にアドバンテージを与えることは当然であります。  しかし、一方、これまで十一時間以上の開園をされた園が移行を表明しない場合には、補助金が大幅に減額となり、これまでの利用者に大きく影響を与えることも危惧され、それは知事としても本意ではないと考えますので、一定の救済策が必要になるのではないかと思います。  今回の施策再構築により、来年度、実際に移行が図られているかどうか、きちんと検証する必要があります。今後、移行が進まなかった場合などにどのように対応しようと考えておるのか、知事にお伺いいたします。 ○議長(岡沢健二君) 知事松井一郎君。 ◎知事(松井一郎君) 森議員の御質問にお答えをいたします。  今般、私立幼稚園の預かり保育の補助につきましては、認定こども園への移行支援と子育て支援のための制度として再構築をしたところです。  しかし、この制度につきましては、移行状況に即応した絶えざる検証と点検が必要と考えておりまして、来年度の夏ごろ、国の認定こども園への移行に関する意向調査の結果がまとまりますので、これを踏まえ、認定こども園へ移行しないとする園に対する激変緩和策など、さらなる移行支援の具体策、これを考えてまいります。 ○議長(岡沢健二君) 森和臣君。 ◆(森和臣君) 知事、ありがとうございます。  今知事のお答えをいただきまして、意向調査、これきっちりと結果まとまって、認定こども園に移行しない園に対する激変緩和策、これ非常にありがたいです。そのときと同時に、今回の制度設計した、その移行した側のアドバンテージを、このときにもう一歩踏み込んだアドバンテージを同時に構築していただきたいと思いますので、それを要請いたしまして、私の質問を終わらせていただきます。何とぞよろしくお願いします。 ○議長(岡沢健二君) 以上で、通告による質疑は終わりました。  これをもって質疑は終結いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) お諮りいたします。本件は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。
       (「異議なし」「異議なし」) ○議長(岡沢健二君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより討論に入ります。  通告により奴井和幸君を指名いたします。奴井和幸君。 ◆(奴井和幸君) 自由民主党大阪府議会議員団の奴井和幸でございます。  採決に先立ち、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算の件に対する修正動議に係る再議の件について、我が会派を代表して意見と態度を表明いたします。  まず、運輸事業振興助成補助金について、橋下前知事時代、前知事に一方的に抑えられ、平成二十三年度に至っては、一切の予算措置が認められませんでした。現在もなお、中央団体が全国基準で統一的に行う事業者指導や環境安全対策、緊急輸送体制整備などに充てる費用として府協会から中央団体へ拠出する出捐金について、知事は補助を認めず、我々の主張をいまだ理解されないのは、大変遺憾であります。他の都道府県同様、中央団体出捐金を補助対象に含めるべきであると改めて申し上げます。  次に、子ども・子育て支援新制度移行支援事業への衣がえは、今までの私立幼稚園と府との信頼関係を打ち壊す暴挙であります。国においても、認定こども園への移行と私学助成の幼稚園の存続を前提に、よりよき子ども・子育て支援制度の推進を模索している中、移行を支援するためと言いながら、実際には移行を表明しない園に対するペナルティーを科すような今回の制度組みかえは、子育て支援制度推進の理念そのものを破壊する行為であり、断じて認めるわけにはいきません。来月から、子ども・子育て支援新制度移行支援事業が始まりますが、知事の提案では、全くこれに対応できません。子どもたちを切り捨てる案であり、到底納得できません。  次に、先行的に取り組む広域的な新規・拡充事業について、我が会派の代表質問に対し、知事は、財政面での懸念に関して明確な考えを示しませんでした。過去の政策決定を常々問題視されている知事の姿勢として矛盾したものであります。明確な考えが示せないまま、府はこの事業に関与すべきではありません。  議会の議決を無視してまで再議権を行使したのは、議会軽視も甚だしいものがあります。  以上、知事の行き過ぎた再議権行使は、権利の濫用であり、何ら認めることはできないと表明し、我が会派の討論といたします。 ○議長(岡沢健二君) 以上で、通告による討論は終わりました。  これをもって討論は終結いたします。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) これより第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件を起立により採決いたします。  この場合、さきの議決のとおり決定することについては、地方自治法第百七十六条第三項の規定により、出席議員の三分の二以上の者の同意を必要とします。出席議員数を確認いたしますので、しばらくお待ちください。    (出席議員数確認) ○議長(岡沢健二君) 現在の出席議員は百一人であります。その三分の二は六十八人です。  本件をさきの議決のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。    (賛成者起立) ○議長(岡沢健二君) ただいまの起立者は、所定数には達しておりません。よって、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件は、さきの議決のとおり決定することは否決されました。     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(岡沢健二君) 第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算再議の件は、さきの議決のとおり決定することは否決されましたので、改めて修正前の原案を議題とし、審議することにいたします。  これより第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算の件を起立により採決いたします。  本案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。    (賛成者起立) ○議長(岡沢健二君) 起立多数であります。よって、第一号議案 平成二十七年度大阪府一般会計予算の件は、原案のとおり可決されました。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) 以上をもって本日の会議を閉じます。     −−−−−−−◇−−−−−−− ○議長(岡沢健二君) これをもって平成二十七年二月定例会を閉会いたします。 午前一時十三分閉会 午前一時十三分 ○議長(岡沢健二君) 引き続きまして、二月の定例会の閉会に当たり、御挨拶を申し上げます。  平成二十七年二月定例府議会は、私どもの今任期最後の定例会でございますので、閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  本定例会では、新年度予算を初め府政を取り巻く各分野の重要課題に対し、それぞれの立場から真摯な議論が尽くされ、本日、閉会の日を迎えるに至りました。この一年、永野副議長のお力添えをいただきながら、議長団として議会運営を全うすることができましたのも、議員各位の御協力のたまものであり、心から感謝とお礼を申し上げます。  さて、この四年間を振り返りますと、何と申し上げましても、平成二十三年三月十一日に発生いたしました東日本大震災、福島第一原発の事故であります。これは、我が国において、いまだ癒えることのない大きな爪跡を残し、防災に対する既成概念を覆す衝撃を与えました。また、大雨、ゲリラ豪雨による大規模な土砂災害や御嶽山の噴火災害など、改めて自然の猛威を痛感いたしました。  こうした中、本府では、今後予想されます南海トラフ巨大地震に備え、防潮堤などの整備はもちろんのこと、各市町村や民間企業、そして府民が一体となって防災、減災活動を促進するなど、セーフティーネットの構築にしっかりと取り組み、府民の生命と財産を守っていかなければならないとの思いを強くしたところであります。  また、府議会におきましては、議員定数を八十八人に削減するとともに、議員報酬の三割カットを継続いたしました。さらには、政務調査費のインターネット公開など、府民の視点に立った議会改革を進めてまいりました。  今期の活動とその成果は、近日の統一地方選挙で府民の信託を得て誕生する府議会においても引き継がれていくことと存じます。  議員各位におかれましては、目前に迫った統一地方選挙において御健闘いただき、見事当選され、再び府政の推進に向けて真摯な議論を交わせることを祈念いたしたいと思います。  また、今期をもって御勇退される議員各位には、その輝かしい御功績とこれまで賜りました御厚誼に対し、深く敬意と感謝の意を表するとともに、健康に十分御留意の上、今後も府政を見守っていただき、変わらぬ御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。  最後になりましたが、理事者並びに報道関係の皆様方には、この四年間、議会活動に格別の御理解、御協力を賜り、厚くお礼を申し上げますとともに、今後とも府政の推進に一層の御尽力を賜りますようお願いを申し上げます。  大阪府の限りない発展、成長をお祈りいたしまして、閉会の御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。  次に、知事から御挨拶があります。知事松井一郎君。 ◎知事(松井一郎君) 私からも、一言御挨拶をさせていただきます。  第十七期府議会の議員の皆様方におかれましては、四年間の任期、大変御苦労さまでございました。特に今期をもって勇退される先生方におかれましては−−私も議会出身でありまして、第十五期から八年八カ月、議会の議員を務めさせていただきました。その間にも、さまざまな御指導をいただきまして、本当に私の政治人生に大きな影響を及ぼしていただいた方も多数いらっしゃいます。御勇退をなされましても、お体に気をつけていただきまして、本当に御自愛いただいて、これからも大阪府政に大所高所から御意見、御指導を賜りたいと、こう考えております。  いよいよ、次の改選におきましては、大幅に議員定数が削減をされることとなります。選挙におきまして、それぞれの議員の皆さん方が、まさに政策を闘わされ、新たに府民の負託を得られ、次の期に当選なされた方々と大阪の未来に対し、また責任を持って一緒に仕事をさせていただくことを楽しみにお待ちいたしております。本当にどうもお疲れさまでございました。 ○議長(岡沢健二君) 以上をもって本日の日程を終了いたします。 午前一時二十分終了   議長  岡沢健二   副議長 永野孝男   議員  中谷恭典   議員  藤原敏司   議員  上の和明 △(イメージ)提示資料目次 △(イメージ)新田谷修司議員質問中の提示資料 △(イメージ)新田谷修司議員質問中の提示資料 △(イメージ)清水義人議員質問中の提示資料 △(イメージ)花谷充愉議員質問中の提示資料 △(イメージ)花谷充愉議員質問中の提示資料 △(イメージ)冨田健治議員質問中の提示資料 △(イメージ)冨田健治議員質問中の提示資料 △(イメージ)紀田馨議員質問中の提示資料 △(イメージ)紀田馨議員質問中の提示資料 △(イメージ)岡田義信議員質問中の提示資料 △(イメージ)岡田義信議員質問中の提示資料 △(イメージ)三田勝久議員質問中の提示資料 △(イメージ)西田薫議員質問中の提示資料 △(イメージ)西田薫議員質問中の提示資料 △(イメージ)西田薫議員質問中の提示資料 △(イメージ)岩下学議員質問中の提示資料 △(イメージ)酒井豊議員質問中の提示資料 △(イメージ)酒井豊議員質問中の提示資料 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)請願の議決状況 △(イメージ)意見書案の議決状況 △(イメージ)説明者職氏名 △(イメージ)説明者職氏名 △(イメージ)配付文書目次 △(イメージ)採択請願の処理経過及び結果報告 △(イメージ)採択請願の処理経過及び結果報告 △(イメージ)採択請願の処理経過及び結果報告 △(イメージ)採択請願の処理経過及び結果報告 △(イメージ)採択請願の処理経過及び結果報告・第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案
    △(イメージ)第1号議案 △(イメージ)第1号議案・第2号議案 △(イメージ)第2号議案 △(イメージ)第3号議案 △(イメージ)第4号議案 △(イメージ)第4号議案 △(イメージ)第5号議案 △(イメージ)第5号議案 △(イメージ)第6号議案 △(イメージ)第6号議案 △(イメージ)第7号議案 △(イメージ)第8号議案 △(イメージ)第8号議案 △(イメージ)第9号議案 △(イメージ)第10号議案 △(イメージ)第10・11号議案 △(イメージ)第11・12号議案 △(イメージ)第12・13号議案 △(イメージ)第13・14号議案 △(イメージ)第14号議案 △(イメージ)第15号議案 △(イメージ)第16号議案 △(イメージ)第17号議案 △(イメージ)第17・18号議案 △(イメージ)第18・19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19号議案 △(イメージ)第19・20号議案 △(イメージ)第20号議案 △(イメージ)第20・21号議案 △(イメージ)第21号議案 △(イメージ)第21号議案 △(イメージ)第22号議案 △(イメージ)第22号議案 △(イメージ)第22・23号議案 △(イメージ)第23号議案 △(イメージ)第23号議案 △(イメージ)第24号議案 △(イメージ)第25号議案 △(イメージ)第26号議案 △(イメージ)第27号議案 △(イメージ)第27号議案 △(イメージ)第28号議案 △(イメージ)第29号議案 △(イメージ)第30号議案 △(イメージ)第31号議案 △(イメージ)第31・32号議案 △(イメージ)第32・33号議案 △(イメージ)第33・34号議案 △(イメージ)第35・36号議案 △(イメージ)第37・38号議案 △(イメージ)第39号議案 △(イメージ)第40・41号議案 △(イメージ)第42・43号議案 △(イメージ)第44・45号議案 △(イメージ)第46・47号議案 △(イメージ)第48号議案 △(イメージ)第49・50号議案 △(イメージ)第51・52号議案 △(イメージ)第53・54号議案 △(イメージ)第55号議案 △(イメージ)第55・56号議案 △(イメージ)第57・58号議案 △(イメージ)第59号議案 △(イメージ)第59・60号議案 △(イメージ)第61・62号議案 △(イメージ)第63・64号議案 △(イメージ)第65・66号議案 △(イメージ)第67・68号議案 △(イメージ)第69・70号議案 △(イメージ)第71・72号議案 △(イメージ)第72号議案 △(イメージ)第72・73号議案 △(イメージ)第74・75号議案 △(イメージ)第76号議案 △(イメージ)第77・78号議案 △(イメージ)第78号議案 △(イメージ)第78号議案 △(イメージ)第78号議案 △(イメージ)第78・79号議案 △(イメージ)第80号議案 △(イメージ)第81号議案 △(イメージ)第81・82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82号議案 △(イメージ)第82・83号議案
    △(イメージ)第83・84号議案 △(イメージ)第84・85号議案 △(イメージ)第85・86号議案 △(イメージ)第86号議案 △(イメージ)第86号議案 △(イメージ)第87号議案 △(イメージ)第87号議案 △(イメージ)第88号議案 △(イメージ)第88号議案 △(イメージ)第88号議案 △(イメージ)第89号議案 △(イメージ)第89・90号議案 △(イメージ)第90・91号議案 △(イメージ)第91号議案 △(イメージ)第92号議案 △(イメージ)第92号議案 △(イメージ)第93号議案 △(イメージ)第94号議案 △(イメージ)第95号議案 △(イメージ)第96号議案 △(イメージ)第96号議案 △(イメージ)第97号議案 △(イメージ)第98号議案 △(イメージ)第98号議案 △(イメージ)第99号議案 △(イメージ)第99号議案 △(イメージ)第99号議案 △(イメージ)第99号議案 △(イメージ)第100号議案 △(イメージ)第100号議案 △(イメージ)第100・101号議案 △(イメージ)第101号議案 △(イメージ)第102号議案 △(イメージ)第102・103号議案 △(イメージ)第103号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104号議案 △(イメージ)第104・105号議案 △(イメージ)第105号議案 △(イメージ)第105号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第106号議案 △(イメージ)第107号議案 △(イメージ)第107・108号議案 △(イメージ)第108・109号議案 △(イメージ)第109・110号議案 △(イメージ)第110・111号議案 △(イメージ)第111・112号議案 △(イメージ)第112・113号議案 △(イメージ)第113号議案 △(イメージ)第113号議案 △(イメージ)第113号議案 △(イメージ)第113号議案 △(イメージ)第113号議案 △(イメージ)第113・114号議案 △(イメージ)第114・115号議案 △(イメージ)第115・116号議案 △(イメージ)第116号議案 △(イメージ)第117号議案 △(イメージ)第118号議案 △(イメージ)第118号議案 △(イメージ)第119号議案 △(イメージ)第119号議案 △(イメージ)第119・120号議案 △(イメージ)第120・121号議案 △(イメージ)第121号議案 △(イメージ)第122号議案 △(イメージ)第122・123号議案 △(イメージ)第123号議案
    △(イメージ)第123号議案 △(イメージ)第123号議案 △(イメージ)第123号議案 △(イメージ)第123号議案 △(イメージ)第124号議案 △(イメージ)第124号議案 △(イメージ)第125号議案 △(イメージ)第125号議案 △(イメージ)第125号議案 △(イメージ)第126号議案 △(イメージ)第126号議案 △(イメージ)第126号議案 △(イメージ)第126号議案 △(イメージ)第126号議案 △(イメージ)第126・127号議案 △(イメージ)第127号議案 △(イメージ)第127号議案 △(イメージ)第127号議案 △(イメージ)第127・128号議案 △(イメージ)第128・129号議案 △(イメージ)第129・130号議案 △(イメージ)第130・131号議案 △(イメージ)第131号議案 △(イメージ)第132号議案 △(イメージ)第132・133号議案 △(イメージ)第133号議案 △(イメージ)第133号議案 △(イメージ)第133・134号議案 △(イメージ)第134・135号議案 △(イメージ)第135号議案 △(イメージ)第136号議案 △(イメージ)第137号議案 △(イメージ)第138号議案 △(イメージ)第138・139号議案 △(イメージ)第139・140号議案 △(イメージ)第140号議案 △(イメージ)第140号議案 △(イメージ)第140号議案 △(イメージ)第140号議案 △(イメージ)第141号議案 △(イメージ)第142号議案 △(イメージ)第142号議案 △(イメージ)第142・143号議案 △(イメージ)第1・2・3・4号報告 △(イメージ)第5・6・7・8号報告 △(イメージ)第9・10・11号報告 △(イメージ)第12号報告 △(イメージ)第12号報告 △(イメージ)第12・13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第13号報告 △(イメージ)第14号報告 △(イメージ)第15・16号報告 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144号議案 △(イメージ)第144・145号議案 △(イメージ)第145号議案・議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)意見聴取について △(イメージ)条例案に関する意見について(回答) △(イメージ)意見聴取について △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表・常任委員会審査日程表 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第146号議案 △(イメージ)第147号議案 △(イメージ)第147号議案 △(イメージ)第147・148号議案 △(イメージ)第148号議案 △(イメージ)第148号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案
    △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第149号議案 △(イメージ)第150号議案 △(イメージ)第151号議案・議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)常任委員会付託議案一覧表(追加分) △(イメージ)請願文書表 △(イメージ)請願第52号 △(イメージ)請願第53号 △(イメージ)請願第54・55号 △(イメージ)請願第56・57号 △(イメージ)請願第57・58号 △(イメージ)請願第59号 △(イメージ)委員会付託請願一覧表・提出議案の撤回について(依頼) △(イメージ)提出議案の撤回について(依頼)・議員提出第1号議案 △(イメージ)議員提出第1号議案 △(イメージ)議員提出第1号議案 △(イメージ)提出議案の訂正について(依頼)・第1号議案 △(イメージ)第1号議案・第150号議案 △(イメージ)第150号議案・議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)請願審査報告書 △(イメージ)請願審査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)第152号議案 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議員提出第2号議案 △(イメージ)議員提出第2号議案 △(イメージ)議員提出第3号議案 △(イメージ)議員提出第3号議案 △(イメージ)議員提出第4号議案 △(イメージ)議員提出第4号議案 △(イメージ)議員提出第4号議案・第1号意見書案 △(イメージ)再議書 △(イメージ)再議書