ツイート シェア
  1. 北名古屋市議会 2011-03-24
    03月24日-03号


    取得元: 北名古屋市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    平成23年第1回定例会( 3月)      平成23年第1回北名古屋市議会定例会会議録(第3号)招集年月日  平成23年3月24日招集場所   北名古屋市議会議場開   会  3月24日 午前10時 議長開会宣言応招議員 1番 伊 藤 大 輔  2番 猶 木 義 郎  3番 谷 口 秋 信 4番 渡 邊 幸 子  5番 阿 部 久邇夫  6番 永 津 正 和 7番 山 下 隆 義  8番 大 原 久 直  9番 桂 川 将 典 10番 上 野 雅 美  11番 堀 場 弘 之  12番 松 田   功 13番 塩 木 寿 子  14番 神 田   薫  15番 大 野   厚 16番 沢 田   哲  17番 平 野 弘 康  18番 牧 野 孝 治 19番 太 田 考 則  20番 金 崎 慶 子  21番 長 瀬 悟 康 22番 山 田 金 紀  23番 黒 川 サキ子  24番 渡 邉 紘 三不応招議員  な し出席議員   応招議員に同じ欠席議員   な し地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名 市長      長 瀬   保    副市長     海 川 美 徳 教育長     吉 田 文 明    総務部長    岩 越 雅 夫 財務部長    林   俊 光    防災環境部長  海 川 和 行 市民健康部長  池 田 正 敏    福祉部長    池 口 克 八 建設部長    樋 口 栄 俊    会計管理者   加 藤 幹 治 教育部長    石 原   龍    総務部総務人事担当次長                            武 市   学 総務部企画情報担当次長        財務部財政行革担当次長         六 浦 寿 夫            魚 住 幸 三 財務部税務収納担当次長        防災環境部防災環境担当次長         山 田   茂            大 野 紀 夫 市民健康部市民健康担当次長      福祉部福祉担当次長         上 條 正 義            清 水 孝 司 福祉部児童担当次長          福祉部保育士長 稲 垣 芳 美         水 野 高 作 建設部建設担当次長          建設部産業下水道担当次長         日 置 英 治            森   幹 彦 会計管理室長  吉 田 英 典    教育部学校教育担当次長                            杉 山 恭 朗 教育部社会教育担当次長        監査委員事務局長大 野 正 幸         長 瀬 晴 彦職務のため出席した者の職氏名 議会事務局長  平 手 秀 廣    書記      森   喜 好 書記      川 口 賢 一議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。     平成23年第1回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第3号〕                    平成23年3月24日 午前10時00分開議日程第1 諸般の報告日程第2 委員長報告日程第3 議案第1号 平成22年度北名古屋一般会計補正予算(第4号)について日程第4 議案第2号 平成22年度北名古屋国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について日程第5 議案第3号 平成22年度北名古屋老人保健特別会計補正予算(第2号)について日程第6 議案第4号 平成22年度北名古屋後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について日程第7 議案第5号 平成22年度北名古屋介護保険特別会計補正予算(第2号)について日程第8 議案第6号 平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について日程第9 議案第7号 平成22年度北名古屋公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について日程第10 議案第8号 平成23年度北名古屋一般会計予算について日程第11 議案第9号 平成23年度北名古屋国民健康保険特別会計予算について日程第12 議案第10号 平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算について日程第13 議案第11号 平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算について日程第14 議案第12号 平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算について日程第15 議案第13号 平成23年度北名古屋公共下水道事業特別会計予算について日程第16 議案第14号 北名古屋市債権の管理に関する条例の制定について日程第17 議案第15号 北名古屋暴力団排除条例の制定について日程第18 議案第16号 北名古屋公共下水道区域外流入分担金に関する条例の制定について日程第19 議案第17号 北名古屋行政組織条例の一部を改正する条例について日程第20 議案第18号 北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について日程第21 議案第19号 北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について日程第22 議案第20号 北名古屋国民健康保険条例の一部を改正する条例について日程第23 議案第21号 北名古屋保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について日程第24 議案第22号 北名古屋児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について日程第25 議案第23号 北名古屋児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について日程第26 議案第24号 北名古屋健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について日程第27 議案第25号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について日程第28 議案第26号 北名古屋衛生組合規約の変更について日程第29 議案第27号 愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について日程第30 閉会中の継続調査申出について             (午前10時00分 開  議) ○議長(長瀬悟康君)  おはようございます。 議員各位には、定刻までにご参集をいただきまことにありがとうございます。 ただいまの出席議員は24名で、定足数に達しております。 よって、会議は成立いたしましたので、これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。 日程第1、諸般の報告を行います。 監査委員から新たに定例監査の結果についてが提出されましたので、お手元に配付させていただきました。朗読は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。 以上、ご報告いたします。 日程第2、委員長報告に入ります。 所管委員会に審査を付託いたしました議案第1号から議案第27号までの議案27件の審査結果についての委員長報告一括議題といたします。 お諮りいたします。 議案第1号から議案第13号までの議案13件の審査を所管した予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は、会議規則第39条第3項の規定により省略することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  ご異議なしと認めます。よって、予算特別委員会における審査結果についての委員長報告は省略することに決しました。 この際、議案第14号から議案第27号までの議案14件について、審査を所管した委員会委員長に審査結果の報告を求めます。 福祉教育常任委員会委員長 牧野孝治君。 ◆福祉教育常任委員会委員長牧野孝治君)  改めまして、おはようございます。 福祉教育常任委員会における審査結果をご報告いたします。 当委員会は、去る3月16日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催いたしました。 当委員会へは議案5件が付託され、審査を行いましたところ、議案第20号、北名古屋国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第21号、北名古屋保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第22号、北名古屋児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について、議案第27号、愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、以上の議案4件につきましては、いずれの議案も質疑、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 また、議案第24号、北名古屋健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、質疑はあったものの、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、原案のとおり可決すべきものと決しました。 なお、質疑と答弁でありますが、健康ドームの所管は教育委員会となっているが、福祉利用者が多くなると、所管が教育委員会では無理があるのではとの問いがあり、来年度(平成23年度)も教育委員会が管轄することになるが、その後については関係部署と調整を図り、検討したいとの答弁がなされました。 以上のとおり、福祉教育常任委員会における審査結果をご報告いたします。 ○議長(長瀬悟康君)  建設常任委員会委員長 沢田 哲君。 ◆建設常任委員会委員長沢田哲君)  おはようございます。 建設常任委員会における審査結果をご報告いたします。 当委員会は、去る3月17日午前10時から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催し、付託されました議案4件について審査を行いました。 付託された議案4件のうち、議案第15号、北名古屋暴力団排除条例の制定について、議案第16号、北名古屋公共下水道区域外流入分担金に関する条例の制定について、議案第23号、北名古屋児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、以上議案3件につきましては、質疑はあったものの、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、可決すべきものと決しました。 また、議案第26号、北名古屋衛生組合規約の変更についてにつきましては、質疑、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、可決すべきものと決しました。 なお、議案第15号、16号、23号における主な質疑と答弁でありますが、議案第15号につきましては、暴力団を排除するための広報・啓発はどのような形で取り組むのかとの問いがあり、県下でもいち早く条例制定に取り組んだ。暴力団関係者にガードのかたい市であることを意識させるため、県の暴力団追放センター防犯協会と連携し、ポスター、シールなどを用いて実践的に啓発を行っていきたいとの答弁がなされました。 議案第16号につきましては、豊山町に対し、流域下水道関連環境整備事業に係る負担金の増額を働きかけることはできないかとの問いがあり、合意により負担割合が決定されている。現状では見直し要因を見出すことは困難と思われる。意見があったことを伝えたいとの答弁がなされました。 議案第23号につきましては、児童遊園に遊具は設置されるのかとの問いがあり、地元要望もあり設置するとの答弁がなされました。 以上のとおり、建設常任委員会における審査結果をご報告いたします。 ○議長(長瀬悟康君)  総務常任委員会委員長 塩木寿子君。 ◆総務常任委員会委員長塩木寿子君)  おはようございます。 総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。 当委員会は、去る3月18日午後1時30分から、第1委員会室におきまして、委員8名の出席により開催し、付託された議案5件について審査を行いました。 付託された議案のうち、議案第14号、北名古屋市債権の管理に関する条例の制定についてにつきましては、質疑はあったものの、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、可決すべきものと決しました。 また、議案第17号、北名古屋行政組織条例の一部を改正する条例について、議案第18号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第25号、愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、以上の議案4件につきましては、質疑、討論はなく、採決では委員全員の賛成により、可決すべきものと決しました。 なお、議案第14号における主な質疑と答弁でありますが、債権の管理という名の条例であるものの、内容から見て、私債権放棄による不納欠損を前提とした条例となっており、債権回収について何ら規定されていない。しっかりと債権回収を行うことが必要と思うが、いかがかとの問いがあり、安易に不納欠損するということではなく、税と同様の形で取り組んでいきたいとの答弁がなされました。 以上のとおり、総務常任委員会における審査結果をご報告いたします。 ○議長(長瀬悟康君)  日程第3、議案第1号、平成22年度北名古屋一般会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第4、議案第2号、平成22年度北名古屋国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第5、議案第3号、平成22年度北名古屋老人保健特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第6、議案第4号、平成22年度北名古屋後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第7、議案第5号、平成22年度北名古屋介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第8、議案第6号、平成22年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第9、議案第7号、平成22年度北名古屋公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第10、議案第8号、平成23年度北名古屋一般会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。 渡邉紘三君。 ◆24番(渡邉紘三君)  24番、日本共産党渡邉紘三。 議案第8号、平成23年度北名古屋一般会計予算について、反対の立場から反対討論を行います。 国の予算は、民主党政権になって初めての予算編成、当市としては合併後6年目の予算となります。政府が言う地域主権改革のもと、十分に財源確保ができない中での予算編成でありますが、市長の「守るべきものは守る」という信条については、一定は評価すべきものもあります。 深刻な財政悪化は、リーマンショックを契機とする世界同時不況の影響が大きいことは言うまでもありませんが、同時に今までの政治のあり方についても問われます。新しく誕生した民主党政権での財政危機を乗り越えようとした政治の流れは、なぜか旧政権と同じ道を進んでいると思われます。アメリカ言いなり、追随、法人税引き下げ、大企業・大資本家税優遇を温存し、内需拡大にはあまり力を注がず、政権を守るために国債発行の積み重ねと埋蔵金の活用などを進める一方、国民・市民には社会保障制度切り捨てと大幅な負担増を求めている。その結果は、国民・市民の所得税などが大幅減収の落ち込み、税収の落ち込みとなり、財政悪化を招き、深刻な財政危機が発生しているのが現状です。 国・地方自治体での無駄を削るといった事業仕分けなどは、まさに看板倒れといった感じです。アメリカ思いやり予算軍事費大型公共事業政党助成金などの真の無駄遣いには全くメスが入らないのが実態です。さらに、猛烈なリストラ、賃下げに続く賃下げと、下請いじめなどのような悪循環を正さないと、内需拡大などによる景気回復や健全な財源の確立はできません。 国の予算での政治的、政策的な動きは、ことしも公務員・職員数の削減、給与の引き下げなどの実質給与の削減は5,000億円に近い規模となっており、これでは住民サービスの低下と職員の労働条件の悪化が進んでいきます。このような政治の流れの中での当市の予算編成は、市長が言う「取り組みが不十分、不本意」の思いに全く私も同感です。予算の中で、取捨選択といって福祉施策見直し職員定数削減給与削減などの福祉切り捨て予算編成では、真に市民の負託にこたえる内容にはなっていきません。 予算では、健康事業の充実や予防接種の拡充、高齢者への外出支援事業道路整備治水対策事業学習環境の整備や校舎の地震対策整備、児童・生徒の育成など、市民の負託にこたえる事業も盛り込まれていますが、当面必要な事業を抽出した感じに思われます。合併から5年が過ぎ、市長が持っている力を十分に発揮できるのに、力を出し切っていない予算編成と思います。 今の政府が本当に選挙公約の実現を目指しているのか、市政は市民の命と暮らしを本当に守れるかなどの思いから生ずる閉塞感、市民が感じている閉塞感を取り除くことは大変ですが、そのためにも、私どもは合併をして5年、もっと踏み込んだ景気回復対策福祉行政まちづくり予算編成をすべきと考えます。今以上に市民の暮らしと命を守る予算編成をしない限り、安全・安心なまちづくりはできません。 以上の理由で、議案第8号、平成23年度北名古屋一般会計予算について反対し、反対の討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(長瀬悟康君)  平野弘康君。 ◆17番(平野弘康君)  おはようございます。17番、市政クラブ平野弘康でございます。 議案第8号、平成23年度北名古屋一般会計予算について、賛成の立場で討論を行います。 平成23年度予算については、前年度予算と同様、歳入予算の確保が極めて厳しい状況下での予算編成であり、非常に努力されたことがうかがわれます。 歳入では、市税等の増収が依然として期待できないことから、歳出に掲げられている各種の施策や事業に要する財源不足を補うため、財政調整基金の活用や臨時財政対策債を発行するなどの手だてが施されており、やむを得ない苦渋の決断による歳入予算の編成と推察いたします。 このように、歳入予算の確保が極めて厳しい状況のもとで歳出予算が編成されているところでありますが、地方分権への対応としての経営企画課及び市民協働によるまちづくりを推進するための市民活動推進課の設置、青少年センターの設置、東西保健センターの統合、ヒブワクチン等予防接種補助児童クラブの増設、85歳以上の高齢者の方へのタクシー利用助成雨水貯留管整備、徳重・名古屋芸大周辺整備事業及び沖村六反周辺地区市街化整備事業への取り組み、全小学校へ扇風機の設置など、さまざまな施策・事業の実施が予定されており、本市の財政事情の現状に応じた形の中で、最善を尽くしての予算編成の内容と思われます。 最後に、今後、財政状況の回復を期待するところでありますが、一層厳しい財政状況に陥ることもあり得ることから、行財政改革の推進をさらに図っていただき、健全財政の確保に努めていただきたいと思います。 以上のことから、議案第8号、平成23年度北名古屋一般会計予算については賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。 ○議長(長瀬悟康君)  以上をもって、討論を終結いたします。 これより、本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立
    ○議長(長瀬悟康君)  起立多数であります。 よって、本案は、原案のとおり可決されました。 日程第11、議案第9号、平成23年度北名古屋国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は、原案のとおり可決されました。 日程第12、議案第10号、平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。 大原久直君。 ◆8番(大原久直君)  おはようございます。8番、日本共産党大原久直です。 議案第10号、平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算について、反対の立場から反対討論を行います。 後期高齢者医療制度は、75歳から線引きし差別医療を行う制度、「うば捨て山」という制度、民主党が政権をとる前に廃止をすると言っていたので、私どもと歩調を合わせて制度の廃止をするものと思っていました。ところが、新たに提案している後期高齢者医療制度は、現在の制度の看板のかけかえにすぎない内容で、さらに国の負担を削減する制度を計画しています。新制度はまだ明確ではありませんが、この制度に反対する声が日増しに強くなっています。 長年にわたって社会に貢献した高齢者が、住みなれた地域で安全・安心に暮らせるためにも、またまちづくりのためにも、私どもは高齢者を線引きした後期高齢医療制度、医療の抑制と負担増を求める別建て医療制度には反対をしています。以前は、高齢者本人医療費の負担はありませんでした。もっと安心して暮らせる医療制度の確立を求め、現在の後期高齢者医療制度には反対をしています。 以上の理由で、平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算については反対をし、討論とさせていただきます。議員各位のご賛同をどうかよろしくお願いいたします。 ○議長(長瀬悟康君)  牧野孝治君。 ◆18番(牧野孝治君)  18番、市政クラブ牧野孝治です。 議案第10号、平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算について、賛成の立場で討論を行います。 この特別会計の平成23年度予算は、被保険者数の増加などを考慮して、前年度対比2,000万円増額の総額6億6,400万円となっておりますが、現在の本市の財政状況から見て、かなり苦慮され、努力されて編成されたことがうかがわれます。 歳入の主たる財源となる保険料は据え置きとされた中で、低所得者に対する軽減措置や減免措置が講じられております。また、これらの減免措置に対して約9,000万円を一般会計から繰り入れる手だても施されていることから、安定した後期高齢者医療制度の運営と健全財政の確保を図るための予算となっていると言えます。 よって、議案第10号、平成23年度北名古屋後期高齢者医療特別会計予算については賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いします。 ○議長(長瀬悟康君)  以上をもって、討論を終結いたします。 これより、本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立多数であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第13、議案第11号、平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告がございますので、順次発言を許します。 渡邉紘三君。 ◆24番(渡邉紘三君)  24番、日本共産党渡邉紘三。 議案第11号、平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算について、反対の立場から反対討論を行います。 介護保険制度は3年ごとに見直しをされるために、2012年度の制度改正に向け、政府は改正法案を提出する予定ですが、引き続き国の負担を削減し、介護サービスの削減などの内容で、今までも大変な負担感がある介護保険料を大幅に引き上げようとする介護保険制度になりそうな状況です。 年々国の負担は削減していく中で、年金頼みの生活者にとっては現状の保険料でも大変な負担感になっているのに、介護に必要なサービスなどの計画があっても、介護施設の整備や在宅介護保障ができる生活環境でないのが実態です。 今の介護保険制度は、保険料の負担増か、介護サービスの低下か、それとも削減かの二者選択を迫ることになり、社会で支える介護の確立と相反するものです。市民は、安心して受けられる介護制度、介護サービスの充実を求めています。施設介護でも、在宅介護でも、必要な介護が保障される介護保険制度であるべきです。現状の介護制度に対する国の責任問題などをかんがみても、現状の介護保険制度を継続する予算内容では議案に対して賛成できるものになっていません。 以上の理由で、議案第11号、平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算について反対をし、反対の討論といたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(長瀬悟康君)  大野 厚君。 ◆15番(大野厚君)  おはようございます。15番、市政クラブの大野 厚です。 議案第11号、平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算について、賛成の立場から討論を行います。 現在行われている各種の介護保険事業は、平成21年度から平成23年度までを計画期間とする第4期介護保険事業計画に沿った形で行われているところであります。中でも、回想法事業や地域サロン事業、運動機能等の向上を図るための各種介護教室は地域に根差した形で行われており、市民の間では高い評価をいただいているとのことで、かなりの成果・効果を上げられているとまずもって評価をする次第であります。 平成23年度の予算編成については、社会・経済情勢の不安定、国政の先行き不透明、また市の財政状況も非常に厳しい、こうした状況の中で編成されたところでありますが、予算総額は37億1,600万円と前年度に比べて2億4,700万円増額されており、安定した介護保険制度の運営と健全財政の確保を図るための予算になっていると言えます。 平成23年度は第4期介護保険事業計画の最終年度でもあり、次期計画の策定に取り組まれると思いますが、さらなる市民福祉の向上と市民の安全・安心に向けて、一層の介護保険制度の充実と健全財政の確保に努めていただきたいと思います。 以上のことから、議案第11号、平成23年度北名古屋介護保険特別会計予算については賛成するものであります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、賛成討論とさせていただきます。 ○議長(長瀬悟康君)  以上をもって、討論を終結いたします。 これより、本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立多数であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第14、議案第12号、平成23年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第15、議案第13号、平成23年度北名古屋公共下水道事業特別会計予算についてを議題といたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第16、議案第14号、北名古屋市債権の管理に関する条例の制定についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第17、議案第15号、北名古屋暴力団排除条例の制定についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第18、議案第16号、北名古屋公共下水道区域外流入分担金に関する条例の制定についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第19、議案第17号、北名古屋行政組織条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第20、議案第18号、北名古屋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第21、議案第19号、北名古屋市職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第22、議案第20号、北名古屋国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第23、議案第21号、北名古屋保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第24、議案第22号、北名古屋児童クラブ設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第25、議案第23号、北名古屋児童遊園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第26、議案第24号、北名古屋健康ドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第27、議案第25号、愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第28、議案第26号、北名古屋衛生組合規約の変更についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第29、議案第27号、愛知県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題といたします。 本案についての委員長報告に対する質疑に入ります。 発言を許します。 (「なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  別に質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告はございませんので、討論を省略し、これより本案について採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(長瀬悟康君)  起立全員であります。 よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第30、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。 会議規則第104条の規定により、議会運営委員会委員長から、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査についての申し出がありました。 お諮りいたします。 議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(長瀬悟康君)  ご異議なしと認めます。 よって、議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。 ここで、市長からあいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君)  議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。 本日まで23日間という長きにわたりましたこの3月市議会定例会におきまして、皆さん方の極めてご熱心な熟議が交わされ、慎重審議のもとに原案にご賛同をちょうだいいただきましたことを、まずもって心からお礼を申し上げます。数々の議員の皆さん方のご提言、心して職員一つになりまして、市民福祉向上とあわせて、市の発展のために邁進の努力を惜しまないところでございます。 そうした意味合いからおきましても、現在、東北地方におきます大きな災害に向けての被災者に対する支援、できるだけの市としての取り組みを惜しまない、そんな思いで現在取り組み、長丁場になると思いますけれども、心して支援の輪を広げてまいりたい、そんな思いでございます。議員各位におきましても、こうした思いに対しても、なおかつお力添えをちょうだいできますように心からお願いするところでございます。 これからの市政、ますます厳しい内容になってくるところが多々ございますが、一つ一つを大切に、また慎重に事を見きわめて、市政発展のために努力してまいる所存でございますので、今後とも皆さん方の格別なご厚情とお力添えをこいねがいまして、この市議会3月定例会におきますご努力に対し、敬意と感謝の思いを込めてごあいさつにかえさせていただきます。大変お世話になりまして、ありがとうございました。 ○議長(長瀬悟康君)  以上をもって、本定例会に付議された議案につきましては全部終了いたしました。 終始極めて熱心に審議され、無事閉会できましたことは、議員各位のご協力のたまものであり、厚くお礼を申し上げます。 これをもって、平成23年第1回北名古屋市議会定例会を閉会といたします。大変ご苦労さまでした。             (午前10時48分 閉  会)会議の経過を記載して、その相違ないことを証するために署名する。                       議  長   長 瀬 悟 康                       署名議員   堀 場 弘 之                       署名議員   松 田   功...