ツイート シェア
  1. 北名古屋市議会 2007-09-04
    09月04日-01号


    取得元: 北名古屋市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    平成19年第3回定例会( 9月)      平成19年第3回北名古屋市議会定例会会議録(第1号)招集年月日  平成19年9月4日招集場所   北名古屋市議会議場開会     9月4日 午前10時 議長開会宣言応招議員 1番 桂 川 将 典  2番 上 野 雅 美  3番 堀 場 弘 之 4番 松 田   功  5番 塩 木 寿 子  6番 神 田   薫 7番 大 野   厚  8番 青 山 喜代一  9番 沢 田   哲 10番 平 野 弘 康  11番 牧 野 孝 治  12番 太 田 考 則 13番 金 崎 慶 子  14番 長 瀬 悟 康  15番 日 栄 政 敏 16番 石 間 江美子  17番 海 川 恒 明  18番 山 田 金 紀 19番 大 嶌 治 雅  20番 黒 川 サキ子  21番 法 月   章 22番 寺 川 愛 子  23番 渡 邉 紘 三  24番 茶 納 邦 夫不応招議員  な し出席議員   応招議員に同じ欠席議員   な し地方自治法第121条の規定により説明員として出席した者の職氏名 市長      長 瀬   保    副市長     武 市 重 信 行政部長    阿 部 久邇夫    防災環境部長  加 藤 英 夫 市民部長    栗 木   猛    福祉部長    海 川 和 行 建設部長    岩 越 久 夫    行政改革推進室長新 安 哲 次 行政部行政人事担当次長       行政部企画・情報担当次長         岩 越 雅 夫            舟 橋 直 樹 行政部財政担当次長          防災環境部防災環境担当次長         林   俊 光            井 上 隆 夫 市民部税務担当次長          市民部市民担当次長         石 黒 秀 夫            玉 田 嵩 士 福祉部福祉担当次長          福祉部児童担当次長         池 口 克 八            加 藤 幹 治 福祉部健康担当次長          建設部産業・下水担当次長         池 田 正 敏            坪 井 克 至 建設部建設担当次長          会計管理者   中 山 忠 夫         樋 口 栄 俊 教育長     吉 田 文 明    教育部長    早 瀬   守 教育部学校教育担当次長        教育部社会教育担当次長         吉 田 光 雄            平 手 秀 廣職務のため出席した者の職氏名 議会事務局長  加 藤 公 久    書記      森   喜 好 書記      安 藤 将 昭会議録署名議員の氏名 議長は会議録署名議員に次の2名を指名した。 19番 大 嶌 治 雅  21番 法 月   章市長提出議案の題目 議案第57号 平成18年度北名古屋市一般会計決算の認定について 議案第58号 平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について 議案第59号 平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定について 議案第60号 平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について 議案第61号 平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算の認定について 議案第62号 平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について 議案第63号 平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について 議案第64号 平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について 議案第65号 平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について 議案第66号 平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)について 議案第67号 平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について 議案第68号 平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)について 議案第69号 平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について 議案第70号 平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について 議案第71号 北名古屋市下水道条例の制定について 議案第72号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 議案第73号 北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について 議案第74号 工事請負契約の締結について(五条小学校雨水貯留施設新設工事) 議案第75号 都市公園を設置すべき区域の決定について議事日程  議長は議事日程を別紙のとおり報告した。     平成19年第3回北名古屋市議会定例会 議事日程〔第1号〕                    平成19年9月4日 午前10時00分開議〇開会〇市長招集挨拶日程第1 会議録署名議員の指名(  番      ・  番      )日程第2 会期の決定日程第3 諸般の報告日程第4 陳情提出日程第5 議案第57号 平成18年度北名古屋市一般会計決算の認定について日程第6 議案第58号 平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について日程第7 議案第59号 平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定について日程第8 議案第60号 平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について日程第9 議案第61号 平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算の認定について日程第10 議案第62号 平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について日程第11 議案第63号 平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について日程第12 議案第64号 平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について日程第13 議案第65号 平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について日程第14 議案第66号 平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)について日程第15 議案第67号 平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について日程第16 議案第68号 平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)について日程第17 議案第69号 平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について日程第18 議案第70号 平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について日程第19 議案第71号 北名古屋市下水道条例の制定について日程第20 議案第72号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について日程第21 議案第73号 北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について日程第22 議案第74号 工事請負契約の締結について(五条小学校雨水貯留施設新設工事)日程第23 議案第75号 都市公園を設置すべき区域の決定について日程第24 予算特別委員会の設置日程第25 決算特別委員会の設置日程第26 予算特別委員会委員長・副委員長の互選日程第27 決算特別委員会委員長・副委員長の互選             (午前10時00分 開  会) ○議長(黒川サキ子君)  ただいまの出席議員は24名で定足数に達しております。 よって、会議は成立いたしましたので、ただいまから平成19年第3回北名古屋市議会定例会を開会します。 開議に先立ち、市長より招集あいさつの申し出がありますので、これを許可いたします。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君)  おはようございます。 本日、ここに平成19年第3回北名古屋市議会定例会をお願いいたしましたところ、全員の議員の皆様ご参集いただきまして開会をしていただきまして、まずもって厚く御礼を申し上げます。 昨今の市政、大変大きな数々の課題を抱えつつ、一つ一つ取り組みをさせていただいております。これもひとえに議員の皆さん方の格別な深いご理解のたまものであると、このように改めて感謝を申し上げ、これからのさらなる発展のためにお力添えをぜひともちょうだいいたしたい、そんな思いでございます。よろしくお願いしとうございます。 また、昨今、総合計画を初め、数々の大きな計画策定に対し、積極的に真摯に議員の皆さん方ご参加いただき、ご提言をちょうだいし、よりよい内容として、市民に示すべく、また将来の北名古屋市の発展のためにご尽力をちょうだいしておりますこと、本当に重ねてお礼を申し上げたいと存じます。 今定例会に付議いたします議案19件予定してございますが、どうか何とぞ各議案、慎重審議をちょうだいいたしまして、原案にご賛同賜りまして、可決ちょうだいできますことを心からお願いいたしまして、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。ありがとうございました。 ○議長(黒川サキ子君)  これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程については、お手元に配付いたしました別紙のとおりであります。 日程第1、会議録署名議員の指名については、会議規則第81条の規定により、19番大嶌治雅さん、21番法月 章さんの2名を指名いたします。 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。 お諮りいたします。 今期定例会の会期は、別紙でお手元まで配付いたしました会期日程案のとおり、本日から9月26日までの23日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(黒川サキ子君)  ご異議なしと認めます。 よって、今期定例会の会期は、本日から9月26日までの23日間と決定いたしました。 日程第3、諸般の報告をいたします。 今期定例会に監査委員から平成19年6月、7月、並びに8月に関する例月出納検査の結果が議長のもとまで提出されておりますが、いずれもお手元に配付いたしましたとおりであります。朗読は省略いたします。 次に、送付議案等の受理について、別紙写しのとおり、定例会提出議案の送付についてを受理したことを報告いたします。朗読は省略いたします。 次に、今期定例会の説明員を地方自治法第121条の規定により出席を要求しましたところ、別紙写しのとおり通知されましたので、受理したことを報告いたします。朗読は省略いたします。 次に、平成19年6月、7月、並びに8月の議会活動状況日誌を配付しておきましたので、ご了承願います。 日程第4、陳情提出について。 本日まで議長のもとに提出されました陳情は、陳情文書表のとおり3件であります。これをもって陳情受理の報告にかえ、所管委員会に送付いたします。 日程第5、議案第57号、平成18年度北名古屋市一般会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第57号   平成18年度北名古屋市一般会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市一般会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  おはようございます。 議案第57号、平成18年度北名古屋市一般会計決算の認定について、順次概要をご説明申し上げます。 それでは、決算書の2ページ、3ページをごらんいただきたいと思います。 まず歳入からご説明申し上げます。 歳入につきましては、右側のページの調定額、収入済額、不納欠損額収入未済額の順にご説明をさせていただきます。なお、調定額と収入済額が同額につきましては、収入済額の欄でご説明をさせていただきます。 それでは、款1市税、調定額124億281万7,041円、収入済額118億1,505万2,107円、不納欠損額4,272万1,235円、収入未済額5億4,504万3,699円でございます。市民税の定率減税の率が15%から7.5%に引き下げられております。 次に、款2地方譲与税は、収入済額8億3,257万4,823円でございます。項1の所得譲与税に、三位一体改革に伴う補助金の削減分が財源移譲までの補てん分として含まれております。 次に、款3利子割交付金4,518万5,000円。 款4配当割交付金4,682万円。 款5株式等譲渡所得割交付金4,820万5,000円。 款6地方消費税交付金8億37万4,000円。 款7自動車取得税交付金2億8,629万9,000円でございます。 次に、款8地方特例交付金3億4,879万3,000円でございます。 次に、款9地方交付税9億382万8,000円でございますが、基準財政需要額の算定が主として積算されております。 次に、款10交通安全対策特別交付金1,904万4,000円。 款11分担金及び負担金、調定額3億5,638万8,649円、収入済額3億3,723万8,336円、不納欠損額260万4,403円、収入未済額1,654万5,910円でございます。 次に4ページ、5ページをご覧いただきたいと思います。 款12使用料及び手数料2億5,554万9,262円。 款13国庫支出金、調定額15億2,363万8,916円、収入済額13億1,030万6,916円、収入未済額2億1,333万2,000円でございます。収入未済額は、道路橋梁新設改良事業費駅前公会堂建設事業費防災行政無線管理費小・中学校整備事業費公民館整備事業費に係る繰越明許費でございます。 次に、款14県支出金9億1,738万5,525円。 款15財産収入3,728万717円。 款16寄附金145万2,000円。 款17繰入金4億4,182万6,955円。 款18繰越金10億8,596万5,038円でございます。 次に、款19諸収入、調定額7億3,278万7,865円、収入済額7億199万2,769円、不納欠損額350万3,946円は給食材料費児童生徒等負担金収入未済額2,729万1,150円は災害援護資金貸付金給食材料費児童生徒等負担金でございます。 次に6ページ、7ページをご覧いただきたいと思います。 款20市債、調定額25億3,340万円、収入済額22億8,510万円、収入未済額2億4,830万円、収入未済額師勝北小学校整備事業費師勝中学校整備事業費に係る繰越明許費でございます。 以上、歳入合計の予算現額225億551万3,000円、調定額236億1,961万4,791円、収入済額225億2,027万2,448円、不納欠損額4,882万9,584円、収入未済額10億5,051万2,759円でございます。 続きまして、8ページ、9ページをご覧いただきたいと思います。 歳出につきましても、支出済額の欄を中心にご説明を申し上げます。 款1議会費2億2,284万7,138円。議員の報酬等と事務局職員の人件費を含みます議会活動関係経費でございます。 款2総務費31億1,735万2,121円。主なものは、庁舎管理費電子計算事務費財政調整基金への積立金、市税納期前納付報奨金等でございます。 款3民生費70億9,090万891円。主なものは、国民健康保険、老人保健、介護保険等特別会計への繰出金、各種福祉施設管理運営費乳幼児医療費を初めとする各種医療費児童手当費児童複合施設整備事業費生活保護事務費等でございます。 款4衛生費22億2,045万3,582円。主なものは、北名古屋衛生組合負担金、塵芥収集及び資源分別収集等の経費、健康診査及び予防接種等の関係事業費でございます。 款5労働費914万9,093円。労働金庫預託金等でございます。 款6農林水産費1億5,918万5,476円。農業振興及び農業用水利施設関係経費等でございます。 款7商工費3億1,082万4,689円。主なものは、商工業振興資金及び商工会を初めとします補助金等でございます。 款8土木費31億3,067万8,055円。主なものは、道路橋梁新設改良事業費雨水対策事業費都市公園整備事業費区画整理事業費駅前開発関係経費流域下水道周辺対策事業費公共下水道事業特別会計への繰出金等でございます。翌年度繰越額1億4,256万3,500円は繰越明許費でございます。 次に10ページ、11ページをご覧いただきたいと思います。 款9消防費8億626万9,422円。主なものは、西春日井広域事務組合への負担金、消防施設及び消防対策関係経費でございます。翌年度繰越額8,300万円は繰越明許費でございます。 款10教育費30億1,012万9,548円。主なものは、小・中学校の管理運営費給食センター運営費文化勤労会館を初めとする社会教育施設の管理費、健康ドームを初めとする社会体育施設管理費等でございます。翌年度繰越額4億3,626万500円は繰越明許費でございます。 款11災害復旧費は支出がございませんでした。 款12公債費8億9,834万189円は、市債償還のための元利金でございます。 款13予備費は支出がございませんでした。 以上、歳出合計、予算現額は225億551万3,000円、支出済額209億7,613万204円、翌年度繰越額6億6,182万4,000円、予算執行率は93.2%でございます。 歳入歳出差引残額は15億4,414万2,244円となりました。 続いて、12ページをご覧いただきたいと思います。 実質収支に関する調書でございます。 3の歳入歳出差引額15億4,414万2,244円から、翌年度へ繰り越すべき財源の繰越明許費繰越額2億19万2,000円を差し引きますと、実質収支額は13億4,395万244円となりました。なお、財産に関する調書が決算書の240ページから249ページにわたり掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、平成18年度北名古屋市一般会計決算の概要についてご説明を申し上げましたが、監査委員さんからご提出いただいております決算審査意見書、並びに主要施策の成果に関する説明書を添付させていただいておりますので、ご参照の上、ご審議を賜りまして、ご認定をいただきますようよろしくお願い申し上げます。以上でございます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第6、議案第58号、平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第58号   平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第58号、平成18年度北名古屋市国民健康保険特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の252ページ、253ページをご覧いただきたいと思います。 一般会計と同様の形でご説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 まず歳入でございます。 款1国民健康保険税、調定額37億1,839万9,590円、収入済額26億7,438万2,875円、不納欠損額7,984万3,831円、収入未済額9億6,417万2,884円でございます。 以下、調定額と収入済額が同額のものにつきましては、収入済額の欄でご説明をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 款2使用料及び手数料12万5,000円。これは督促手数料であります。 款3国庫支出金15億3,052万4,952円。療養給付費等負担金及び事務費補助金等でございます。 款4療養給付費等交付金14億7,228万円。退職者医療費に係る交付金でございます。 款5県支出金2億9,160万4,649円。国保事業に対する県費補助でございます。 款6共同事業交付金3億7,980万6,844円。高額医療共同事業に対する交付金でございます。 款7財産収入2万3,952円。国保の財政調整基金から生じた利子でございます。 款8繰入金6億5,592万3,000円。一般会計及び基金からの繰入金でございます。 款9繰越金1億621万4,302円。 款10諸収入2,578万8,239円。延滞金及び第三者納付金出産資金貸付金の返済金等でございます。 以上、歳入合計の予算現額は71億9,325万8,000円、調定額81億8,069万528円、収入済額71億3,667万3,813円、不納欠損額7,984万3,831円、収入未済額9億6,417万2,884円となりました。 続いて、254ページ、255ページをご覧いただきたいと思います。 歳出でございます。 歳出につきましても、支出済額の欄でご説明をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 款1総務費2,955万1,937円。臨時職員賃金及び国保事務に係ります電算事務委託料等でございます。 款2保険給付費47億4,924万6,356円。これは療養給付費高額療養費、出産育児一時金及び葬祭費等でございます。被保険者1人当たりの保険給付費は16万4,465円となっております。 款3老人保健拠出金14億1,485万2,728円。被保険者1人当たりの拠出金は4万8,996円となっております。 款4介護納付金4億4,493万4,568円。介護保険への納付金でございます。 款5共同事業拠出金4億174万3,428円。高額医療費共同事業に対する拠出金でございます。 款6保健事業費699万4,825円。医療費数値等作成委託料健康診査委託料等でございます。 款7基金積立金2万3,000円。財政調整基金へ積み立てたものでございます。 款8諸支出金4,426万1,021円。国庫負担金返還金及び保険税の還付金等でございます。 款9予備費、款10公債費の支出はございませんでした。 次の256ページ、257ページをご覧いただきたいと思います。 歳出合計の予算現額は71億9,325万8,000円、支出済額70億9,160万7,863円。 歳入歳出差引残額は4,506万5,950円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの258ページ、財産に関する調書は284ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますがご説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議の上、ご認定いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第7、議案第59号、平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第59号   平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第59号、平成18年度北名古屋市老人保健特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の286ページ、287ページをご覧いただきたいと思います。 歳入でございます。 収入済額の欄でご説明をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 款1支払基金交付金21億9,922万4,028円。社会診療報酬支払基金からの交付金でございます。 款2国庫支出金10億6,920万1,865円。 款3県支出金2億7,273万9,780円。 款4繰入金2億9,420万円。一般会計からの繰入金でございます。 款5繰越金4,907万3,403円。 款6諸収入1,871万3,199円。第三者納付金等でございます。 以上、歳入合計の予算現額は42億5,739万4,000円、調定額、収入済額は同額の39億315万2,275円でございます。 続いて、288ページ、289ページをご覧いただきたいと思います。 歳出でございます。 歳出につきましても、支出済額の欄でご説明を申し上げます。 款1総務費326万2,671円。老人保健事業委託料などの事務経費でございます。 款2医療諸費37億6,024万2,970円。医療給付費及び診査手数料などでございます。受給者1人当たりの医療諸費は71万9,251円となっております。 款3諸支出金2,827万2,122円。これは過年度医療費交付金及び負担金等返還金、並びに過年度一般会計繰入金の返還金等でございます。 款4予備費は支出がございませんでした。 以上、歳出合計の予算現額は42億5,739万4,000円、支出済額37億9,177万7,763円。 歳入歳出差引残額は1億1,137万4,512円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの290ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議の上、ご認定をいただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第8、議案第60号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第60号   平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。よろしくお願いします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第60号、平成18年度北名古屋市介護保険特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の302ページ、303ページをご覧いただきたいと思います。 歳入でございます。 款1保険料、調定額6億6,524万6,300円、収入済額6億4,244万5,241円、不納欠損額414万7,550円、収入未済額1,865万3,509円。この保険料は65歳以上の第1号被保険者の保険料でございます。 以下、調定額と収入済額が同額のものにつきましては、収入済額の欄でご説明を申し上げます。 款2使用料及び手数料5,600円。督促手数料でございます。 款3国庫支出金、調定額4億4,259万640円、収入済額4億4,159万5,640円、収入未済額99万5,000円は介護システム開発に係る一般管理費の繰越明許費でございます。 款4支払基金交付金7億3,029万8,000円。この交付金は、40歳から64歳までの第2号被保険者からの保険料の交付金でございます。 款5県支出金3億6,559万9,820円。介護給付費負担金等でございます。 款6財産収入5万9,076円。介護給付費負担金準備基金の利息でございます。 款7繰入金3億6,598万5,000円。一般会計繰入金及び基金繰入金でございます。 款8繰越金1億5,063万197円。 款9諸収入66万6,495円でございます。 以上、歳入合計は、予算現額で26億9,623万5,000円、調定額27億2,108万1,128円、収入済額26億9,728万5,069円、不納欠損額414万7,550円、収入未済額1,964万8,509円でございます。 次に、歳出でございます。 304ページ、305ページをご覧いただきたいと思います。 款1総務費、支出済額4,199万6,705円。介護保険料の賦課徴収事務、介護認定事務、介護保険給付事務等に係る事務経費でございます。翌年度繰越額315万円は繰越明許費でございます。 以下、支出済額の欄でご説明を申し上げます。 款2保険給付費23億5,507万400円。居宅介護サービス、施設介護サービス等に係る給付費でございます。認定者1人当たりのサービス給付費は137万7,894円となっております。 款3財政安定化基金拠出金262万6,052円。県に設置されております財政安定化基金への拠出金でございます。 款4基金積立金8,500万1,000円。介護給付費準備基金への積立金でございます。 款5諸支出金8,295万2,009円。過年度補助金負担金の還付及び過年度一般会計繰入金、返還金等でございます。 款6地域支援事業費4,047万1,104円。介護予防事業及び地域包括支援センターに係る事務経費でございます。 款7予備費は支出がございませんでした。 以上、歳出合計、予算現額26億9,623万5,000円、支出済額26億811万7,270円、次年度繰越額315万円。 歳入歳出差引残額8,916万7,799円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの306ページ、財産に関する調書は336ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますがご説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議を賜りまして、ご認定をいただきますようお願いを申し上げます。
    ○議長(黒川サキ子君)  日程第9、議案第61号、平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第61号   平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第61号、平成18年度北名古屋市介護サービス特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の338ページ、339ページをご覧いただきたいと思います。 歳入でございます。 収入済額の欄でご説明を申し上げます。 款1サービス収入1億7,181万2,550円。居宅介護サービスなど各種の介護サービスの給付収入及び自己負担金収入等でございます。 款2財産収入はございませんでした。 款3繰入金1,533万1,000円は、一般会計からの繰入金等でございます。 款4繰越金584万9,910円。 款5諸収入602万8,436円でございます。 以上、歳入合計の予算現額2億842万円、調定額、収入済額は同額の1億9,902万1,896円でございます。 続いて、歳出についてご説明申し上げます。 340ページ、341ページをご覧いただきたいと思います。 支出済額の欄でご説明を申し上げます。 款1総務費6,654万8,038円。職員の人件費と事務経費でございます。 款2サービス事業費1億1,440万2,356円は、居宅介護支援、介護予防支援、訪問介護、通所介護事業の関係経費でございます。 款3基金積立金584万9,000円は、居宅介護サービス基金への積立金でございます。 款4諸支出金、款5予備費につきましては支出がございませんでした。 以上、歳出合計の予算現額は2億842万円、支出済額1億8,679万9,394円。 歳入歳出差引残額は1,222万2,502円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの342ページ、財産に関する調書は358ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議を賜りまして、ご認定いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第10、議案第62号、平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第62号   平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第62号、平成18年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の360ページ、361ページをご覧いただきたいと思います。 歳入でございます。 款1公共施設管理者負担金、調定額9,680万円、収入済額8,180万円、収入未済額1,500万円は、駅前開発事業費に係る繰越明許費でございます。 以下、収入済額の欄でご説明を申し上げます。 款2使用料及び手数料9,000円。 款3国庫支出金2,312万円。 款4繰入金1億5,784万8,000円。 款5繰越金4,764万2,347円。 款6諸収入9,955円。 款7市債360万円でございます。 歳入合計の予算現額3億2,901万3,000円、調定額3億2,902万9,302円、収入済額3億1,402万9,302円、収入未済額1,500万円でございます。 続いて、歳出についてご説明を申し上げます。 362ページ、363ページをご覧いただきたいと思います。 支出済額の欄でご説明を申し上げます。 款1総務費142万326円。事務経費でございます。 款2事業費2億4,000万1,830円。物件移転補償等でございます。翌年度繰越額2,904万1,547円は繰越明許費でございます。 款3公債費153万3,310円。 款4予備費は支出がございませんでした。 款5諸支出金3,282万6,000円は、一般会計への繰出金でございます。 歳出合計の予算現額3億2,901万3,000円、支出済額2億7,578万1,466円、翌年度繰越額2,904万1,547円。 歳入歳出差引残額3,824万7,836円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの364ページ、財産に関する調書は374ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議を賜りまして、ご認定いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第11、議案第63号、平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第63号   平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について 地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、会計管理者であります中山忠夫から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  中山会計管理者。 ◎会計管理者(中山忠夫君)  議案第63号、平成18年度北名古屋市公共下水道事業特別会計決算の認定について、概要をご説明申し上げます。 決算書の376ページ、377ページをご覧いただきたいと思います。 歳入でございます。 収入済額の欄でご説明を申し上げます。 款1国庫支出金6億2,840万円。公共下水道及び浸水対策下水道の補助金でございます。収入未済額4,150万円は、久地野ポンプ場建設に伴う公共下水道雨水整備事業費に係る繰越明許費でございます。 款2県支出金430万円。 款3繰入金3億2,416万8,000円。一般会計からの繰入金でございます。 款4繰越金2,127万6,324円。 款5諸収入4,623万630円。消費税等還付金でございます。 款6市債10億9,290万円。公共下水道整備事業債及び流域下水道整備事業債でございます。収入未済額4,150万円は、久地野ポンプ場建設に伴う公共下水道雨水整備事業費に係る繰越明許費でございます。 歳入合計の予算現額22億27万6,000円、調定額22億27万4,954円、収入済額21億1,727万4,954円でございます。 続いて、歳出でございます。 378ページ、379ページをご覧いただきたいと思います。 支出済額の欄でご説明を申し上げます。 款1総務費1億1,807万9,244円。職員の人件費、事務経費及び下水道の維持管理費でございます。 款2下水道建設費19億32万4,198円。下水道汚水整備事業費、下水道雨水整備事業費及び新川東部流域建設負担金でございます。翌年度繰越額8,300万円は繰越明許費でございます。 款3公債費6,183万94円。起債の償還利子でございます。 款4諸支出金2,127万6,000円。一般会計への繰出金でございます。 款5予備費は支出がございませんでした。 歳出合計の予算現額22億27万6,000円、支出済額21億150万9,536円、翌年度繰越額8,300万円。 歳入歳出差引残額1,576万5,418円となりました。 なお、実質収支に関する調書は次ページの380ページに掲載してございますので、ご参照いただければと思います。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。どうかよろしくご審議を賜りまして、ご認定いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  ここで一たん休憩いたします。 休憩後の再開は午前11時といたしますので、定刻までに議場へご参集くださいますようお願いいたします。それでは、一たん休憩いたします。             (午前10時50分 休  憩)             (午前11時00分 再  開) ○議長(黒川サキ子君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 日程第12、議案第64号、平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第64号   平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、行政部長 阿部から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  阿部行政部長。 ◎行政部長(阿部久邇夫君)  議案第64号、平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)についてご説明をさせていただきます。 予算書の1ページをご覧ください。 平成19年度北名古屋市一般会計補正予算(第1号)。 平成19年度北名古屋市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7億6,587万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ208億5,387万6,000円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 (地方債の補正) 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 2ページをごらんください。 補正予算の内容についてご説明をさせていただきます。なお、説明は概略のみとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 歳入からお願いをいたします。 款11分担金及び負担金は、項2負担金で3歳未満の第3子以降の保育料無料化に伴い保育所運営費保護者負担金337万2,000円を減額するものでございます。 款13国庫支出金は3,538万3,000円を減額いたしました。その内容でございますが、項1国庫負担金では、措置件数増により母子生活支援施設措置費負担金を189万5,000円増額いたしました。 項2国庫補助金では、補助金額の確定により市町村合併推進体制整備費補助金5,600万円を減額する一方、障害者施設の運営費補助及び利用促進を図るための障害者自立支援法補助金を904万9,000円、障害者自立支援対策臨時特例基金補助金を967万3,000円、それぞれ増額といたしました。 款14県支出金は2,213万7,000円の増額でございます。その内容でございますが、項1県負担金では、措置件数増により母子生活支援施設措置費負担金94万7,000円を増額し、項2県補助金では、障害者自立支援法補助金452万4,000円、障害者自立支援対策臨時特例基金補助金376万1,000円、共同生活介護・共同生活援助補助金28万3,000円及び障害者就労支援奨励補助金91万8,000円、精神障害者小規模保護作業所補助金479万4,000円、第3子保育料無料化事業補助金168万6,000円及び公立中学校部活動指導奨励費補助金20万5,000円をそれぞれ増額いたしました。 項3委託金では、命を大切にする心を育む教育推進事業委託金59万4,000円、職場体験学習事業委託金55万円、自立支援事業委託金317万9,000円、運動部活動活性化実践研究事業委託金69万6,000円をそれぞれ増額いたしました。 款17繰入金は8,504万4,000円を増額いたしました。その内容は、特別会計の前年度決算に伴う返還金で、内容は老人保健特別会計から3,172万8,000円、介護保険特別会計から1,534万5,000円、公共下水道事業特別会計から1,476万5,000円、西春駅西土地区画整理事業特別会計から2,320万6,000円でございます。 款18繰越金は、平成18年度決算に伴うもので、繰越明許に係る財源2億19万2,000円を除いた7億4,395万円を増額いたしました。 款19諸収入は、自治総合センターコミュニティー助成金の確定に伴い250万円を増額いたしました。 款20市債は、合併特例債4,900万円を減額するもので、減額分は合併特例交付金で賄うことといたします。 続いて、歳出についてご説明いたします。 3ページをご覧ください。 款2総務費は3億4,173万9,000円を増額いたしました。その内容でございますが、項1総務管理費で、地方自治法等の改正に伴う例規集データ作成委託料を300万円、米野地区コミュニティー助成金の交付確定に伴う250万円、東庁舎空調用ポンプ取りかえのための庁舎施設整備工事費1,400万円をそれぞれ増額するとともに、財政調整基金に積立金3億2,223万9,000円を積み立てるものでございます。補正後の財政調整基金の現在高は13億9,896万6,000円を見込んでおります。基金の詳細は、別添の参考資料、基金の運用状況表をご覧ください。 款3民生費は6,791万5,000円を増額いたしました。その内容でございますが、項1社会福祉費では、平成18年度の介護サービス特別会計の繰出金の不足分89万9,000円、利用者の負担軽減に係る障害福祉サービス利用助成補助金67万9,000円、障害者施設の運営費補助及び利用促進を図るための障害者自立支援事業費3,655万1,000円及び精神障害者小規模保護作業所訓練事業費482万1,000円をそれぞれ増額といたしました。 項2児童福祉費では、第3子保育料無料化に伴う保育所システム開発委託料220万円、措置件数増に伴う母子生活支援施設措置費564万5,000円、県の指定を受けて実施する命を大切にする心を育む教育推進事業費22万円、熊野児童館の屋根・外壁等改修を行う児童館整備事業費1,690万円をそれぞれ増額いたしました。 款8土木費は3億5,140万3,000円を増額いたしました。項1土木管理費では、駅及び駅周辺整備事業基金に1,500万円を積み立てます。補正後のこの基金の積み立て現在額は2億円を見込んでおります。 項2道路橋りょう費では、道路修繕工事に5,000万円を増額計上いたしました。また、二子地区交差点改良の用地取得のため、道路橋りょう新設改良事業費に4,787万9,000円を増額いたしました。 項4都市計画費では、高田寺久地野線整備の用地取得のため街路整備事業費に1,896万円、公共下水道事業特別会計における起債枠の減少に伴い同会計への繰越金を6,410万円、鹿田中央公園整備の用地取得のため都市公園整備事業費に2,046万4,000円を増額いたしました。 款10教育費は481万9,000円を増額いたしました。その内容でございますが、項1教育総務費では、県の指定を受け、職場体験学習事業と命を大切にする心を育む教育推進事業として、学校教育活動費に94万4,000円、問題を抱える子供等の自立支援事業費に317万9,000円を増額しております。 項5保健体育費では、県の指定を受け運動部活動活性化実践研究事業費に69万6,000円を計上いたしました。 このほか、7目にわたり財源更正がございますが、説明は省略させていただきます。 4ページをご覧ください。 第2表 地方債補正をご説明いたします。 これは、西春中学校施設整備事業と鹿田第1公園整備事業に予定しておりました合併特例債4,900万円について合併特例交付金を充てることとし、地方債の発行を取りやめるものでございます。 以上、大変簡単ではございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第13、議案第65号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第65号   平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、市民部長 栗木から説明をいたさせます。お願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  栗木市民部長。 ◎市民部長(栗木猛君)  議案第65号、平成19年度北名古屋市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきまして内容をご説明申し上げます。 予算書の35ページをご覧ください。 平成19年度北名古屋市の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,516万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ77億7,616万円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 歳入についてご説明申し上げます。 36ページをご覧ください。 款3国庫支出金、項1国庫負担金、補正額1,918万5,000円は、一般被保険者療養給付費の増に伴う国庫負担金の増額補正です。項2国庫補助金、補正額300万円は、後期高齢者医療制度の創設に伴う国保電算システム開発費補助金の内示が新たにあり、増額するものです。 款4療養給付費等交付金、補正額3,791万円は、18年度分の交付金が追加交付となったことにより増額となるものです。 款9繰越金、補正額3,506万5,000円は、平成18年度決算に伴う繰越金4,506万5,950円となり、当初予算1,000万円との差額を補正するものです。 次に、歳出についてご説明します。37ページをご覧ください。 款1総務費、項1総務管理費は財源内訳の変更です。 款2保険給付費、項1療養諸費、補正額5,960万円は一般被保険者に係る療養給付費の伸びを見込み、増額とするものです。 款9諸支出金、項1償還金及び還付加算金、補正額3,416万円は、18年度の療養給付費等に係る国庫負担金の額が確定したことによる返還金3,395万9,000円などを補正するものです。 款10予備費、補正額140万円は、歳入と歳出の差額分を補正計上するものです。 なお、医療分の賦課限度額を3万円引き上げたことによります保険税の影響分につきましては、7月の本算定においては所得の減少等もあり、歳入増が見込めませんでしたので、今回の補正には計上しておりません。今後、被保険者の異動や収納状況を見ながら対応していきます。 以上、簡単でございますが説明とさせていただきます。ご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第14、議案第66号、平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第66号   平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、市民部長 栗木から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  栗木市民部長。 ◎市民部長(栗木猛君)  議案第66号、平成19年度北名古屋市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして内容をご説明申し上げます。 予算書の49ページをご覧ください。 平成19年度北名古屋市の老人保健特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,727万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ39億3,427万4,000円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 歳入についてご説明申し上げます。 50ページをご覧ください。 款5繰越金、補正額7,727万4,000円は、平成18年度決算に伴う繰越金が1億1,137万4,512円となったことにより、当初予算3,410万円との差額を補正するものです。 次に、歳出についてご説明します。 51ページをご覧ください。 款3諸支出金、項1償還金及び還付加算金、補正額2,631万8,000円は、平成18年度の医療費が確定したことにより、支払基金交付金、国庫負担金、県費負担金をそれぞれ返還するものです。項2繰出金、補正額3,172万9,000円は、平成18年度決算に基づく一般会計繰入金の精算に伴う返還金の補正です。 款4予備費、補正額1,922万7,000円は、平成18年度分の支払基金交付金、国庫負担金、県負担金、市負担金などを精算した余剰金を補正計上するものです。 以上、簡単ですが説明とさせていただきます。ご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第15、議案第67号、平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第67号   平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、福祉部長 海川から説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  海川福祉部長。 ◎福祉部長(海川和行君)  議案第67号、平成19年度北名古屋市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして内容をご説明申し上げます。 補正予算書の61ページをご覧いただきたいと存じます。 平成19年度北名古屋市の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,242万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億1,178万5,000円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 それでは、歳入につきましてご説明いたします。 62ページをご覧いただきたいと存じます。 款4支払基金交付金につきましては、前年度介護給付費交付金の確定に伴い841万3,000円を増額計上いたしました。 款8繰越金につきましては、前年度繰越金の確定に伴い8,401万2,000円を増額計上いたしました。 続きまして、歳出についてご説明いたします。 63ページをご覧いただきたいと存じます。 款5基金積立金につきましては、前年度介護給付費及び繰越金の確定に伴い5,327万7,000円を増額計上いたしました。この結果、介護給付準備基金の積立金は1億3,464万7,000円となるものでございます。 款6諸支出金につきましては、前年度の介護給付費の確定に伴い、国庫、県費の負担金、診療報酬支払基金の交付金、並びに一般会計への繰出金3,914万8,000円を増額計上いたしました。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第16、議案第68号、平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第68号   平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、福祉部長 海川から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  海川福祉部長。 ◎福祉部長(海川和行君)  議案第68号、平成19年度北名古屋市介護サービス特別会計補正予算(第1号)につきまして内容をご説明申し上げます。 補正予算書の73ページをご覧いただきたいと存じます。 平成19年度北名古屋市の介護サービス特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,312万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億912万円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 それでは、歳入につきましてご説明いたします。 74ページをご覧いただきたいと存じます。 款3繰入金につきましては、前年度の介護給付対象外の措置制度及び障害者自立支援法によるホームヘルプサービス及びデイサービス事業の精算に伴い、一般会計繰入金89万9,000円を増額計上いたします。 款4繰越金につきましては、前年度繰越金の確定に伴い1,222万1,000円を増額計上いたしました。 続きまして、歳出につきましてご説明いたします。 75ページをご覧いただきたいと存じます。 款3基金積立金につきましては1,312万円を増額計上いたしました。この結果、居宅介護サービス基金の積立額は7,746万3,000円となります。 以上、簡単ではございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第17、議案第69号、平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第69号   平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、建設部長 岩越から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  議案第69号、平成19年度北名古屋市西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について内容を説明いたします。 予算書の85ページをご覧ください。 平成19年度北名古屋市の西春駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,320万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億1,900万6,000円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 それでは、歳入から順次説明いたします。 86ページをご覧ください。 款5繰越金では、平成18年度の繰越金の確定に伴い2,320万6,000円を増額計上いたしました。 次に87ページ、歳出をご覧ください。 款4諸支出金では、平成18年度の繰越金を一般会計に戻すため、一般会計繰出金として2,320万6,000円を増額計上いたしました。 以上、簡単でございますが説明とさせていただきます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第18、議案第70号、平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第70号   平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について 平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 内容につきましては、建設部長 岩越から説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  議案第70号、平成19年度北名古屋市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について内容を説明いたします。 予算書の97ページをご覧ください。 平成19年度北名古屋市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,512万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27億5,512万5,000円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 (地方債の補正) 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 それでは、歳入から順次説明いたします。 98ページをご覧ください。 款1国庫支出金では、国との調整により汚水の整備事業に対する補助金1,530万円を増額計上いたしました。 款3繰入金では、市債の減額に伴い6,410万円を増額計上いたしました。 款4繰越金では、平成18年度の繰越金の確定に伴い1,476万5,000円を増額計上いたしました。 款6市債では、県との協議により7,940万円を減額計上いたしました。なお、補正内容につきましては、100ページの第2表 地方債補正のとおりでございます。 款7使用料及び手数料では、排水設備指定工事店等の申請に伴う手数料36万円を新たに計上いたしました。 次に、歳出について説明いたします。 99ページをご覧ください。 款1総務費では、下水道利用者向けの排水設備用パンフレットの印刷製本費36万円を増額計上いたしました。 款2下水道建設費では、国庫支出金及び市債の補正による財源更正でございます。 款4諸支出金は、平成18年度の繰越金を一般会計へ戻すため、一般会計繰出金として1,476万5,000円を増額計上いたしました。 以上、簡単ではございますが説明とさせていただきます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第19、議案第71号、北名古屋市下水道条例の制定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第71号   北名古屋市下水道条例の制定について 北名古屋市下水道条例を別紙のとおり定めるものとする。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 提案理由 この案を提出するのは、公共下水道の管理及び使用に関し必要な事項を規定するため、本条例を定める必要があるからであります。 内容につきましては、建設部長 岩越から説明をさせます。よろしくお願いします。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  議案第71号、北名古屋市下水道条例について説明いたします。 この条例は、下水道法、その他法令に基づき、公共下水道の管理及び使用に関し必要な事項を定めるものであり、第1章総則から第6章罰則までの全38条で構成されております。 第1章、総則では、第1条で趣旨、第2条で設置、第3条で使用する用語の定義を定めております。 第2章、排水設備の設置などでは、第4条で排水設備を公共ますへ接続するための方法、第5条で排水設備等の計画の事前確認について定めております。 第3章、排水設備等の工事の指定では、第6条で排水設備などの工事は市長が指定したものでなければ施工できない旨を、第7条、第8条で指定工事店の指定を受けるための申請及びその基準について、第9条から第14条で排水設備工事責任技術者の専属義務や登録について、第15条から第18条で指定工事店の責務や指定の取り消しなどについて、第19条及び第20条で排水設備や既設排水施設の検査について定めております。 また、第4章、公共下水道の使用では、第21条から第23条で基準に適合しない下水を排除するものの除外施設の設置などの義務や、特定事業場から排除する下水の水質基準について、第24条で除外施設管理責任者の選任とその届け出について、第25条で公共下水道の使用開始などに必要な手続について、第26条で使用料の徴収について、第27条では、使用料の額は別表により算出した額に100分の105を乗じたものとすると定めておりますが、仮に月20立方メートルの上水を使用した場合の下水道使用料を別表に基づき算定すると、消費税を含み2,100円となります。第28条で排出量が把握できない場合の資料提出について、第29条で排水設備などを共同使用する場合の管理人の選定について定めております。 第5章の雑則では、第30条から第33条で下水道法第24条第1項の許可や占用の許可などについて、第34条で指定工事店の指定や責任技術者の登録の事務手数料について、第35条で使用料などの減免について、第36条で規則への委任について、第37条及び第38条で不正な行為をしたものに対する罰則について定めております。 なお、附則で、この条例は平成19年10月1日から施行する旨を定めております。 また、参考資料として、条例施行規則及び排水設備指定工事店規則を添付しておりますので、ご参照ください。 以上、説明とさせていただきます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第20、議案第72号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第72号   郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例を別紙のとおり定めるものとする。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 提案理由 この案を提出するのは、郵政民営化法等の施行に伴い、関係条例の一部を改めるため必要があるからでございます。 内容につきましては、行政部長 阿部から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  阿部行政部長。 ◎行政部長(阿部久邇夫君)  議案第72号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましてご説明申し上げます。 本案は、郵政民営化に伴う関係法律が施行、改正、または廃止されること及び証券取引法等の一部を改正する法律などが施行されることに伴い、これに関係する4条例の関係条文を一括して改めるものでございます。 第1条は、政治倫理の確立のための北名古屋市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正するもので、同条例第2条第1項において、第4号では「郵便貯金」という字句を削り、金銭信託について規定する第5号を削り、第6号では「証券取引法」を「金融商品取引法」に改め、第6号から第10号までを1号ずつ繰り上げるものでございます。 第2条は、個人情報保護条例の一部を改正するもので、当条例第15条第2号ウにあります「日本郵政公社」という字句を削るものでございます。 第3条は、手数料条例の一部を改正するもので、同条例第5条にあります「郵便」を「郵便等」に、「郵送料」を「郵便等に係る料金」に改めるものでございます。 第4条は、道路占用料条例の一部を改正するもので、同条例第2条第2項で、日本郵政公社に関する第2号及び第11号を削り、第3号から第10号までを1号ずつ、第12号及び第13号を2号ずつ繰り上げるものでございます。 附則では、一部を除き、この条例の施行日を平成19年10月1日とすること、及び経過措置について規定をしております。 以上、簡単ではございますがご説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第21、議案第73号、北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第73号   北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について 北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保 提案理由 この案を提出するのは、総合福祉センターもえの丘の管理について指定管理者制度の導入を図るため、本条例の一部を改める必要があるからでございます。 内容につきましては、福祉部長 海川から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  海川福祉部長。 ◎福祉部長(海川和行君)  議案第73号、北名古屋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。 本案は、総合福祉センターもえの丘の管理について指定管理者制度の導入を図るため、現行の条例の一部を改正するものでございます。 内容につきましては、新旧対照表によりご説明申し上げますので、ご覧ください。 左が新、右が旧条例でございます。 第15条につきましては、第1項で指定管理者による管理を行わせることができる旨を、第2項でその手続についての規定を追加しています。 第16条の追加は、指定管理者に管理を行わせる場合の利用料金について、第1項で指定管理者に収入として収受させることができるとし、第2項で、その額は使用料の範囲内において指定管理者が市長の承認を得て定め、第3項でその旨及びその額を告示する旨を規定し、第4項で利用者は許可を受けたときに納付しなければならないとし、第5項及び第6項では、利用料金の減免及び還付については市長が必要があると認めるときなどの規定を準用する旨を規定しております。 第17条は指定管理者の業務の範囲について、第18条は指定管理者が行う管理の基準について、第19条は読みかえ規定について、それぞれ追加し、規定しております。 この改正につきましては、地方自治法第244条の2の規定に基づくもので、公の施設の管理については、地方公共団体の直営、または指定管理者による管理のいずれかによるものと規定されているためで、この施設については、現状の施設利用から指定管理者制度の導入が適当であると考えまして、この案を上程するものでございます。 なお、この条例は10月1日から施行するものでございます。 以上、簡単でございますが説明にかえさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第22、議案第74号、工事請負契約の締結について(五条小学校雨水貯留施設新設工事)を議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第74号   工事請負契約の締結について 次のとおり工事請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び北名古屋市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保1 工事名 雨水貯留施設新設工事2 工事場所 北名古屋市徳重地内外(五条小学校)3 工事の概要 土工及び仮設工一式        本体工V=3,200トン以上        プレキャストコンクリート製4 請負契約金額 1億6,590万円(うち取引に係る消費税等790万円)5 工期 契約の翌日から平成20年3月22日まで6 請負契約者名 名古屋市中区丸の内二丁目2番25号         株式会社土屋組名古屋支社         取締役常務執行役員支社長 河村 亨7 契約の方法 制限つき一般競争入札 内容につきまして、建設部長 岩越をして説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  議案第74号、工事請負契約の締結について内容を説明いたします。 参考資料をご覧いただきたいと思います。 今回発注した雨水貯留施設新設工事は、制限つき一般競争入札に付するべく、去る7月9日に公告をし、申請のあった9社について7月24日の選定委員会に諮り、適格社6社を選定し、通知しましたが、その後2社の辞退がありましたので、4社の参加により8月16日午前9時に入札を執行いたしました。 この入札結果につきましては、次のページの入札執行調書のとおり、株式会社土屋組名古屋支社が消費税等を含み1億6,590万円で落札いたしました。 本工事は、排水路で排出する雨水を一時的に貯留することにより河川への負担軽減を図るとともに、地域の浸水被害の軽減を図ることを目的として整備をするものでございます。 この施設は五条小学校校庭の地下に設置するものであり、東西約55メートル、南北約20メートル、高さ約3.5メートルのコンクリート製の雨水貯留施設で、その貯留量は3,200立方メートル以上とするものでございます。 この工事は学校敷地内で行うことから、特に児童及び学校関係者の安全確保の徹底と、教育環境の保全を図るとともに、要所には交通整備員を配置し、通学路の安全確保にも万全を期してまいる所存でございます。 なお、この工事は、総合流域防災事業として国庫補助を受けて施行するものでございます。 また、資料といたしまして、平面図、断面図を添付しておりますので、ご参照いただきたいと思います。 以上で、簡単ではございますが説明といたします。 ○議長(黒川サキ子君)  これより質疑に入ります。 発言を許します。 (「議長」の声あり) ○議長(黒川サキ子君)  大嶌治雅君。 ◆19番(大嶌治雅君)  1点だけお尋ねをしておきたいと思っております。 従来この真ん中に排水路が通っております。この排水路、今現在、断面図で見せていただきますと、土かぶりが2メーターありますので、現状の土かぶりの中でこの排水路が終わってしまうのか、それとも、排水路自体はどういう形の中で切り回しされるのか、下へされるか、この点だけ、工事の概要の中に入っているかどうか、お答えをいただきたいと思います。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  お手元の参考資料で平面図、断面図がつけてございます。下の断面図を見ていただきますと、右上のところに2本、管のマークが入っております。これが現在入っております排水管と用水管でございますが、当然工事後は同じ場所に復旧してまいります。よろしくお願いします。 ○議長(黒川サキ子君)  ほかにございませんか。 (発言する者なし) ○議長(黒川サキ子君)  質疑もないようですので、質疑を終結いたします。 本案については、討論の通告がございませんので、討論を省略し、これより議案第74号、工事請負契約の締結について(五条小学校雨水貯留施設新設工事)を採決いたします。 本案は、これを原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。 (賛成者起立) ○議長(黒川サキ子君)  起立全員であります。 よって、議案第74号、工事請負契約の締結について(五条小学校雨水貯留施設新設工事)は、原案のとおり可決されました。 間もなく正午になりますが、会議を続行いたします。 日程第23、議案第75号、都市公園を設置すべき区域の決定についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。 長瀬市長。 ◎市長(長瀬保君) 議案第75号   都市公園を設置すべき区域の決定について 都市公園法第33条第5項の規定に基づき、都市公園を設置すべき区域を下記のとおり決定するものとする。  平成19年9月4日提出                      北名古屋市長 長 瀬   保1 位置 北名古屋市鹿田合田及び東蒲屋敷の各一部2 区域 別紙区域図のとおり 提案理由 この案を提出するのは、都市公園を設置すべき区域を決定するために必要があるからであります。 内容につきましては、建設部長 岩越から説明をいたさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長(黒川サキ子君)  岩越建設部長。 ◎建設部長(岩越久夫君)  議案第75号、都市公園を設置すべき区域の決定について、内容を説明いたします。 本案は、都市公園法第33条第1項に基づき、今後都市公園として整備を予定する区域を決定するに当たり、同法第33条第5項の規定に基づき、あらかじめ議会の議決を求めるものでございます。 この都市公園を設置すべき区域は、別紙区域図で示しておりますように鹿田合田及び東蒲屋敷に位置する面積が約1.1ヘクタールの区域でございます。 この区域は、地域関係者の申し合わせにより農地として保全されてまいりましたが、諸事情により近年開発の声も上がるなど、貴重な一団の土地の確保が危ぶまれる状況となりました。 一方、現時点では北名古屋市としての公園整備方針が具体的になっていないことから、早急な都市計画公園としての手続が困難なため、あらかじめ都市公園法に基づく都市公園を設置すべき区域を決定し、今日まで保全されてきた区域を将来公園とすることを公に示し、理解を得てまいりたいと考えております。具体的には、今後、緑の基本計画などで計画を作成していくことになりますが、この区域は密度の高い市街地内に位置していることから、従来の遊びを主体とした機能に加え、治水対策にも利用するほか、特に今日騒がれております地震対策にも配慮した防災公園的なものも意識するなど、多機能を併設した公園にしてまいりたいと考えております。 以上、簡単ではございますが説明といたします。 ○議長(黒川サキ子君)  日程第24、予算特別委員会の設置及び日程第25、決算特別委員会の設置についてを一括議題といたします。 お諮りいたします。 予算及び決算議案に関する審査をするため、24名の委員をもって構成する予算及び決算の各特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(黒川サキ子君)  ご異議なしと認めます。 よって、予算及び決算議案に関する審査をするため、24名の委員をもって構成する予算及び決算の各特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。 日程第26及び日程第27、予算及び決算特別委員会委員長・副委員長の互選について、互選結果の一括報告を行います。 議会申し合わせによりまして、予算及び決算の各特別委員会委員長に大嶌治雅さん、副委員長に日栄政敏さんが選任されました。 以上、報告を終わります。 以上をもって、本日の議事日程は全部終了いたしました。 次の本会議は9月10日午前10時より開きますので、定刻までに議場へご参集くださるようお願いいたします。 本日はこれをもって散会といたします。             (午前11時58分 散  会) △会期日程(案) 平成19年第3回北名古屋市議会定例会会期日程(案) 自 平成19年9月4日 会 期             23日間 至 平成19年9月26日月日曜会  議  名開 議 時 刻摘     要94火本会議午前10時〇開会 〇会議録署名議員の指名 〇会期の決定 〇諸般の報告 〇陳情提出 〇議案の上程 〇提出者の説明 〇議案の採決(74号) 〇予算特別委員会の設置 〇決算特別委員会の設置 〇予算特別委員会委員長  ・副委員長の互選 〇決算特別委員会委員長  ・副委員長の互選95水     休会96木     休会97金議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議98土     休会99日     休会910月本会議午前10時〇議案に対する質疑 〇議案の委員会付託  (57~73.75号) 〇一般質問911火予備日     912水予算特別委員会午前10時〇付託議案審査913木決算特別委員会午前10時〇付託議案審査914金決算特別委員会午前10時〇付託議案審査915土     休会916日     休会917月     休会918火福祉教育常任委員会午前10時〇付託議案審査919水建設常任委員会午前10時〇付託議案審査920木     休会921金行政常任委員会午後1時30分〇付託議案審査922土     休会923日     休会924月     休会925火議会運営委員会午前10時〇諮問事項協議926水本会議午前10時〇委員長報告 〇委員長報告に対する質疑 〇討論 〇採決 〇閉会中継続調査の申出 〇所管事務調査の申出 〇閉会全員協議会本会議終了後 △陳情文書表 陳 情 文 書 表平成19年第3回北名古屋市議会定例会提出陳 情 番 号受理年月日 (受理番号)陳 情 の 趣 旨陳情代表者氏名所 管
    委員会陳 情 第5号平成19年 8月2日 (184)市町村独自の私学助成の拡充を求める陳情書北名古屋市沖村沖浦 82-1     佐野 晴美福祉教育常任委員会陳 情 第6号平成19年 8月2日 (185)愛知県の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書  福祉教育常任委員会陳 情 第7号平成19年 8月2日 (186)国の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書  福祉教育常任委員会...