ツイート シェア
  1. 大府市議会 2016-02-29
    平成28年 2月29日建設消防委員会−02月29日-01号


    取得元: 大府市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成28年 2月29日建設消防委員会−02月29日-01号平成28年 2月29日建設消防委員会 平成28年2月29日(月曜日)  午前10時40分 開会  午前11時03分 閉会 於 大府市役所(全員協議会室) 1 出席委員    委員長   三宅佳典    副委員長  柴崎智子    委員    日高章    委員    酒井真二    委員    上西正雄    委員    鈴木隆 2 欠席委員    なし 3 その他の出席議員    なし
    4 職務のため出席した議会事務局職員    議事課長  長綱宏 5 説明のため出席した者    建設部長       國生隆志    産業振興部長     伴正    水道部長       長谷川重仁    消防長        相羽輝二    都市計画課長     近藤重基    区画整理室長     下山雄一    土木課長       小木曽利章    土木課主幹      太田光彦    維持管理課長     杉下正直    建築住宅課長     近藤晃司    農政課長       寺島晴彦    商工労政課長     鈴木秀規    水道課長       杉山鐘辞    下水道課長      大須賀林    農業委員会事務局長  深谷信重    庶務課長       上山治人    予防課長       井野義悦    消防署長       木佐貫広高    消防署副署長     大坪義和    消防署主幹      島崎義文    出張所長       松岡政美 6 傍聴者    議員    0名    一般傍聴  0名 7 会議に附した事件  (1)平成28年大府市議会第1回定例会付託案件  議案第4号 平成27年度大府市一般会計補正予算(第6号)  議案第6号 平成27年度大府市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)  議案第7号 平成27年度大府市水道事業会計補正予算(第1号) ○委員長(三宅佳典)  ただいまより、本会議から付託を受けました議案審査のため、建設消防委員会を開会いたします。  一般傍聴の申出があった場合は、4人まで許可することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。               (「異議なし」の声あり)  御異議ないようですので、そのように対応いたします。  始めに、建設部長から御挨拶をいただきます。 ◎建設部長(國生隆志)  建設消防委員会の開会に当たり、本来ならば副市長から御挨拶を申し上げるところでございますが、御承知のとおり、副市長は退職され、不在でございますので、私から、一言御挨拶を申し上げます。  先ほど本会議から付託されました「平成27年度大府市一般会計補正予算(第6号)」を始め各議案につきまして、よろしく御審議賜りますようお願いいたします。 ○委員長(三宅佳典)  それでは、議案審査に入ります。  まず、議案第4号「平成27年度大府市一般会計補正予算(第6号)」を議題とします。  補足説明がありましたら、お願いいたします。 ◎商工労政課長(鈴木秀規)  私から、商工労政課関連の補足説明をさせていただきます。  補正予算書34ページを御覧ください。  7款・商工費、1項・商工費、2目・商工振興費、13節・委託料におきまして、新分野進出支援事業委託料を574万8,000円増額するものです。  新分野進出支援事業の内容につきましては、国の地方創生加速化交付金を活用し、市内企業が行う医療機器関連産業への参入、販路開拓に関する取組を支援するために増額するものです。  なお、新分野進出支援事業につきましては、補正予算書の6ページにありますとおり、繰越明許費として全額を繰り越し、平成28年4月以降に実施させていただきます。  以上で説明を終わります。 ◎土木課長(小木曽利章)  私より、土木課所管の補正予算の補足説明をさせていただきます。  補正予算書の35ページを御覧ください。  歳出として、8款・土木費、2項・道路橋梁費、3目・道路新設改良費、13節・委託料を484万1,000円減額するものでございます。  内容は、調査測量・設計監理委託において、委託費の請負差金によるものでございます。  次に、同款同項同目19節・負担金、補助及び交付金について、1,438万6,000円減額するものでございます。  内容は、大府駅自由通路耐震補強工事負担金と愛知用水移設工事負担金の減額によるものでございます。  続きまして、36ページを御覧ください。  8款・土木費、3項・河川費、2目・河川維持費、13節・委託料について、300万円減額するものでございます。  内容は、河川水路草刈委託において、請負差金などの減額によるものでございます。  続きまして、8款・土木費、4項・都市計画費、2目・街路事業費、13節・委託料について、912万1,000円の減額をお願いするものです。  内容は、調査測量・設計監理委託の請負差金によるものでございます。  次に、同款同項同目25節・積立金について、3億101万1,000円の増額をお願いするものです。  内容は、みちづくり基金及びみちづくり基金利子の積立てでございます。  続きまして、歳入として、20ページを御覧ください。  15款・財産収入、1項・財産運用収入、2目・利子及び配当金、1節・利子及び配当金のうち、105万6,000円を増額するものでございます。  内容は、みちづくり基金の利子でございます。  次に、6ページを御覧ください。  繰越明許費について説明させていただきます。  第2表の8款・土木費、2項・道路橋梁費の補助幹線道路改良事業におきまして、1,879万8,000円を繰り越すものでございます。  これは、市道共和駅東線の道路改良工事にて、本線に隣接する建設中のマンションの工事にあわせ、道路改良工事を行う必要があり、繰り越すものでございます。  また、市道共和駅東線にて、用地買収で所有権移転が翌年度になるため、繰り越すものでございます。  内訳は、15節・工事請負費が1,779万2,000円、17節・公有財産購入費が100万6,000円でございます。  以上で、私からの補足説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。 ◎都市計画課長(近藤重基)  私から、都市計画課が所管する補正予算の補足説明をさせていただきます。  補正予算書の21ページを御覧ください。  まず、歳入でございます。16款・寄附金、1項・寄附金、2目・指定寄附金、1節・指定寄附金におきまして、緑化事業寄附金の増額を4万4,000円、お願いするものです。  これは、昨年11月に二ツ池公園で開催したセレトナフェスタの中で募金をいただいたもの、そして、大府さくらの会様より寄附をいただいたものでございます。  この寄附金につきまして、補正予算書の歳出、37ページを御覧ください。  37ページにございますように、全額を8款・土木費、4項・都市計画費、5目・緑化推進事業費、25節・積立金に、緑化基金積立金として積み立てるものでございます。  以上で、私からの補足説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。 ◎区画整理室長(下山雄一)  私より、区画整理室所管の補正予算の補足説明をさせていただきます。  補正予算書の37ページを御覧ください。  歳出として、8款・土木費、4項・都市計画費、6目・土地区画整理事業費、13節・委託料を1,960万1,000円減額するものでございます。  内容としましては、北山地区区画整理事業区域の見直しによるもの、また、業務内容の精査により請負差金が生じたためでございます。
     以上で補足説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。 ◎維持管理課長(杉下正直)  私から、維持管理課所管の補正予算について御説明いたします。  補正予算書の20ページを御覧ください。  歳入ですが、15款・財産収入、2項・財産売払収入、4目・出資法人残余財産収入、1節・出資法人残余財産収入で、大府市土地開発公社残余財産収入5,052万1,000円を計上するものでございます。  これは、大府市土地開発公社の解散に伴う残余財産を大府市に帰属させるものでございます。  よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。 ○委員長(三宅佳典)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。鈴木委員。 ◆委員(鈴木隆)  1点、確認というか、お伺いしたいわけですが、土地区画整理事業費の1,960万1,000円の減額ですが、先ほどの説明では、北山地区の区域の変更と請負差金ということだったんですが、区域は少し減っていますけれども、そういったところの請負差金として、この1,960万1,000円が出たのかどうか、その辺をお伺いしたいと思います。 ◎区画整理室長(下山雄一)  北山地区の区画整理区域を見直しすることにより、本来調査するべきであった大規模行為に係る自然環境保全調査の必要がなくなりました。この調査は、道路、その他開発区域を除いて、20ヘクタール以上の面積があれば、県から義務付けられております。これが、面積を変更することにより20ヘクタールを下回ることになりましたので、この委託そのものをやらなくていいという状況になりましたので、今回減額するものでございます。 ○委員長(三宅佳典)  ほかにございませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで質疑を終わります。  次に、討論に入ります。討論はありませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで討論を終わります。  これより議案第4号を採決します。本案について、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。                  (挙手全員)  挙手全員です。よって、議案第4号「平成27年度大府市一般会計補正予算(第6号)」は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第6号「平成27年度大府市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」を議題とします。  補足説明がありましたら、お願いします。 ◎下水道課長(大須賀林)  私より、議案第6号「平成27年度大府市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」につきまして、本会議で水道部長が説明したとおりでございますが、補足説明をさせていただきます。  始めに、歳出の説明をさせていただきます。  補正予算書の7ページを御覧ください。  1款・下水道事業費、1項・総務管理費、2目・維持管理費、19節・負担金、補助及び交付金の230万8,000円の増額につきましては、境川流域下水道事業維持管理費負担金について、汚水排水量の増加が当初の想定以上に見込まれるため、増額するものでございます。  次に、1款・下水道事業費、2項・下水道建設費、1目・下水道建設費、8節・報償費の283万9,000円の減額は、平成26年度に汚水整備をした地区の公共下水道受益者負担金を一括で納付する方が当初の想定を下回ったことにより、受益者負担金一括納付報奨金を減額補正するものでございます。  次に、雨水整備事業のうち、15節・工事請負費の増額につきましては、川池地区における雨水対策工事の請負差金分を減額し、国の交付金の追加配分に伴い、川池バイパス水路設置工事(その2)の工事費を追加し、差引きしまして、1億2,815万1,000円を増額するものでございます。  19節・負担金、補助及び交付金の756万3,000円の減額につきましては、平成27年度に愛知県が行った境川流域下水道の建設事業費が請負差金等により下がり、流域市町の負担分が減ったことによるものでございます。  8ページの22節・補償、補填及び賠償金の100万円の減額は、川池バイパス水路設置工事等に伴うガス管や水道管及び電柱、架空線等の移転補償について、現地調査の結果、支障移転が当初の想定より少なくなる見込みとなりましたので、減額するものでございます。  次に、歳入につきまして説明いたします。  補正予算書の5ページをお開きください。  1款・分担金及び負担金、1項・負担金、1目・公共下水道受益者負担金、1節・現年分につきましては、受益者負担金対象地区に高圧電線下の土地や都市計画道路の用地があり、その一部を徴収猶予したため、当初予算より1,385万4,000円の減額をするものでございます。  次に、2款・使用料及び手数料、1項・使用料、1目・下水道使用料、1節・現年分につきましては、975万2,000円を増額するものでございます。  これは、普及推進による接続効果もあり、汚水排出量が当初の想定を上回ることが見込まれるためでございます。  次に、6ページ、3款・国庫支出金、1項・国庫補助金、1目・国庫補助金、1節・国庫補助金につきましては、2,079万5,000円の増額でございます。  これは、当初予算に対し、国からの交付決定額との差による減額と、川池バイパス水路設置工事(その2)の追加に伴う追加配分による増額を差し引いた額となります。  5款・繰越金、1項・繰越金、1目・繰越金、1節・繰越金につきましては、平成26年度より平成27年度への繰越額が確定しており、確定額に合わせるため、3,376万4,000円を増額するものでございます。  7款・市債、1項・市債、1目・市債、1節・市債につきましては、6,860万円の増額でございます。  内訳は、歳出予算で、工事費の増額に伴い、公共下水道債を7,610万円増額し、流域下水道債は県の事業費変更により750万円を減額するものでございます。  続きまして、3ページの繰越明許費でございますが、1款・下水道事業費、2項・下水道建設費の雨水整備事業につきまして、15節・請負工事費で、川池バイパス水路設置工事(その2)の事業費予算、1億6,015万1,000円を、国の補正予算による追加配分を受けて、発注するものですが、年度内に工事完了が見込めないことから、繰越しするものでございます。  以上で補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○委員長(三宅佳典)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで質疑を終わります。  次に、討論に入ります。討論はありませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで討論を終わります。  これより議案第6号を採決します。本案について、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。                  (挙手全員)  挙手全員です。よって、議案第6号「平成27年度大府市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第7号「平成27年度大府市水道事業会計補正予算(第1号)」を議題とします。  補足説明がありましたら、お願いします。 ◎水道課長(杉山鐘辞)  私から、議案第7号「平成27年度大府市水道事業会計補正予算(第1号)」について、補足説明をさせていただきます。  補正予算書の1ページを御覧ください。  第1款・資本的支出、第3項・国庫補助金返還金、406万2,000円を新たに計上するものでございます。  平成26年度決算における特定収入割合が5パーセント以下となり、特定収入に係る消費税の全額を仕入控除税額としましたが、この国庫補助金については、国庫補助要綱において、消費税相当額を返還しなければならないため、補正するものでございます。  国庫補助金返還金は、平成26年度国庫補助金5,500万円の消費税相当額でございます。  以上で補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○委員長(三宅佳典)  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで質疑を終わります。  次に、討論に入ります。討論はありませんか。                (「なし」の声あり)  ないようですので、これで討論を終わります。  これより議案第7号を採決します。本案について、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。                  (挙手全員)  挙手全員です。よって、議案第7号「平成27年度大府市水道事業会計補正予算(第1号)」は、原案のとおり可決されました。  以上で、当委員会に付託された議案のうち、本日分の審査は全て終了いたしました。  最後に、建設部長から御挨拶をいただきます。 ◎建設部長(國生隆志)  本委員会に付託されました各議案につきまして、慎重審査の上、お認めいただき、ありがとうございました。また本会議でも、よろしくお願いしたいと思います。 ○委員長(三宅佳典)  なお、委員長報告の作成については、正副委員長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。               (「異議なし」の声あり)  御異議ありませんので、そのように取り扱わせていただきます。  以上で、建設消防委員会を閉会します。                閉会 午前11時03分...