安城市議会 > 1994-11-25 >
平成 6年 11月 議会運営委員会-11月25日−10号

ツイート シェア
  1. 安城市議会 1994-11-25
    平成 6年 11月 議会運営委員会-11月25日−10号


    取得元: 安城市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    DiscussNetPremium 平成 6年 11月 議会運営委員会 − 11月25日−10号 平成 6年 11月 議会運営委員会 − 11月25日−10号 平成 6年 11月 議会運営委員会  議会運営委員会平成6年11月25日) ○委員長(野村長俊君)   ただいまから議会運営委員会を開会いたします。              (開会 午前10時) ○委員長(野村長俊君)   議題1.「平成6年第4回定例会について」の御説明をお願いいたします。 ◎事務局長(北村喜幸君)   まず最初に、提出案件について説明いたします。  今回の12月議会につきましては24案件。初日に23案件、最終日に1案件であります。  議案23件、諮問1件で、先ほど申し上げました最終日の1案件というのは諮問の1件でございます。これ以外に市税条例の改正が追加として出るかも知れないという場合がありますので、御承知おきしていただきたいと思います。  次に「会期の日程について」御説明を申し上げます。  皆さんのお手元に配付いたしました「平成6年第4回安城市議会定例会提出案件」の資料を御一覧願いたいと思います。  先ほど申し上げましたように、第90号議案から第112号議案までありまして、諮問第1号があるということでございます。  それで第90号議案から第100号議案まで、市長が一括提案理由の説明をいたします。  それから101号議案から105号議案まで、これも市長から一括提案理由の説明がございます。  続いて第106号議案から第109号議案まで、これも市長から一括提案理由の説明がございます。  次に、第110号議案ですが、助役から単独で提案理由の説明があります。
     それから第111号議案と第112号議案につきましては、助役から一括提案理由の説明をいただきます。  諮問第1号については市長から単独で提案理由の説明がございます。  次に、備考の方を見ていただきますと、先ほど申し上げましたように、第90号議案から第112号議案につきましては初日上程でありまして、第90号議案と第91号議案につきましては、総務常任委員会に付託してまいります。  第92号議案につきましては議会運営委員会に付託してまいります。  第93号議案から第100号議案までにつきましては、総務常任委員会に付託してまいりたいと思います。  第101号議案につきましては、各常任委員会に分割付託してまいります。  第102号議案につきましては、総務常任委員会に付託してまいります。  第103号議案につきましては、経済厚生常任委員会に付託してまいります。  第104号議案並びに第105号議案につきましては、建設常任委員会に付託してまいります。  第106号議案につきましては、各常任委員会に分割付託してまいります。  第107号議案につきましては、経済厚生常任委員会に付託してまいります。  第108号議案並びに第109号議案につきましては、建設常任委員会に付託してまいります。  第110号議案の財産の取得につきましては、当日即決の採決をお願いしたいと思います。  第111号議案並びに第112号議案につきましては、建設常任委員会に付託してまいります。  それから諮問第1号の「人権擁護委員の推せんについて」は、先ほど申しましたように市長の単独の説明がありまして、最終日上程で、即決でお願いしたいと思います。  次に、配付いたしました資料の、平成6年第4回安城市議会定例会会期日程(案)について御一覧願いたいと思います。  本日、11月25日、10時から、議会運営委員会を開催し、11月29日の火曜日の正午までに一般質問の通告の締切りをしてまいります。  次に、第1日目といたしまして、11月2日、金曜日、午前10時から、本会議を開会してまいりたいと思います。それで本会議開会前に、先に就任されました教育委員長の神谷宏さんから、ごあいさつをしていただく予定をしております。  本会議を開会いたしまして「会議録署名議員の指名」ということで、今回は7番の近藤義宣議員、23番の神谷新一議員から始めてまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。  それから会期の決定をいたしまして、会期の決定は12月2日から21日までの20日間としてまいります。  次に、議案上程、説明、これは先ほど申し上げたとおりでございます。  次に、一部議案の質疑、採決、これは先ほど申し上げましたように、第110号議案でございます。  次に、請願・陳情を委員会付託をしてまいりまして、第1日目は終わりたいと思います。  続いて、12月3日から6日までは休会といたしまして、議案の精読期間といたします。  第2日、12月7日、水曜日、午前10時から本会議を再開し、一般質問を行いたいと思います。  第3日、8日、木曜日、午前10時から本会議を再開し、一般質問を行ってまいりたいと思います。  第4日、9日、金曜日、午前10時から同じく本会議を再開し、議案質疑並びに議案を委員会付託してまいります。  12月10日、11日は休会といたします。  第5日、12月12日、月曜日、午前10時から建設常任委員会を開催したいと思います。  第6日、13日、火曜日、午前10時から経済厚生常任委員会を開催したいと思います。  第7日、12月14日、水曜日、午前10時から文教常任委員会を開催してまいりたいと思います。  第8日、12月15日、木曜日、午前10時から総務常任委員会を開催してまいりたいと思います。同日午後1時半から議会運営委員会を開催したいと思います。  12月16日から20日までは休会といたします。  第9日、12月21日、水曜日、午前10時から本会議を再開し、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決をしてまいります。なお、先ほども申し上げましたように、諮問第1号が追加上程されますので、説明を受け、質疑、採決をしてまいりたいと思います。  以上で、第4回の定例会閉会としていく予定でおりますので、よろしくお願いをしたいと思います。以上です。 ○委員長(野村長俊君)   説明は終わりました。御質問がありましたらどうぞ。              (「了承」と呼ぶ者あり) ○委員長(野村長俊君)   了承の声がありますので、では次の2番に入ります。2の「請願書・陳情書について」を御説明をお願いいたします。 ◎事務局長(北村喜幸君)   それでは「請願書・陳情書について」御説明申し上げます。  まず、請願書でございますが、皆様方のお手元に2件の請願書をそれぞれ配付してありますので、御一覧願いたいと思いますが、まず第一に、10月24日に坂本堤弁護士一家の拉致事件に関する意見書採択についての請願書が出されました。  請願者は、名古屋市中区三の丸1丁目4番2号、名古屋弁護士会会長、村瀬尚男氏で、紹介議員として野村長俊議員石川 修議員、伊東良洋議員から出ております。これにつきましては、総務常任委員会に付託してまいりたいと思います。  次に、「学習指導要領の抜本的見直しの意見書採択を求める請願書」が11月21日に提出されました。請願者は、知立市東栄3の25、愛知県高等学校職員組合西三南支部代表、柵木駿介氏ほか15団体でございます。紹介議員といたしましては、和田米吉議員から出ております。これは文教常任委員会に付託してまいりたいと思います。  次に、陳情書につきましても2件あります。  まず、「『私学助成の強化』についての陳情書」が、11月1日、明治本町3の2、私学をよくする愛知父母懇談会 安城ブロック、井村豊美さんから出まして、この件につきましては、本日午前9時から代表者会議を開催し協議していただきました結果、意見書を国に提出するということで決定をいたしましたので、今後意見書の御審議をお願いしたいと思います。  次に「学童保育の充実を求める陳情書」が11月22日、百石町2の2の5、安城市学童保育連絡協議会代表者新家千尋ほか6,967名、うち市内4,302名から出まして、この件につきましては経済厚生常任委員会に付託してまいりたいと思います。  以上でございますので、よろしくお願いいたします。 ○委員長(野村長俊君)   説明は終わりました。御質問がありましたらどうぞ。 ◆(神谷学君)   今、意見書を提出することの請願等が2件出てまいりましたけれども、9月議会にもこういったものが出てまいりまして、この審議が終わってから、例えば意見書を出しますということで委員会が採択をされまして、具体的にどういう意見書が出されるかというのは、われわれは総務常任委員会が終わってからの議運の場で確認して、こういう意見書が出るんだそうだということは理解ができるんですが、ほかの議運外の委員においては、たまたまその管轄常任委員会傍聴しておらなかった方については、何かこういう請願が出たけれども、最終日たまたま議場に行ったら、いきなりこの意見書の採択に賛同を求められるというようなことで、ちょっとその間、何か例えばこういう意見書が採択が決ったので、今度最終日にこういう意見書を提出しますという非公式でも何でもいいけれども、事前にちょっと連絡がいただけないだろうかという意見が2〜3ございまして、時間的な面やら、議会事務局能力的な面やら、いろいろあろうかと思いますが、できないものかどうか、ちょっとお尋ねをしたいんですけど。 ◎議事課長(杉浦勲君)   今の御質問と言いますか、御意見ですが、請願等につきましては、会議にかけるものについては、初日に全議員にその付託先を示した一覧表をお配りするものですから、議員の皆さんは今議会にどういう請願が上程されておるということが理解できると思います。しかし、実際に審議するのは、本会議では直接やりませんので、即初日上程して、ついでに議長が関係常任委員会に付託してしまいますので、細かい審査については常任委員会で審査されると、そこで仮にこうした意見書を国なり県なりに出す内容の請願について採択されれば当然にして議会としてはその請願の趣旨を生かして、国に意見書を出していくような手続きをしなければならないということですので、採択が最終日にされれば、それと並行して最終日、議員提出議案として意見書議案が出される、追加上程されるということになりますので、その時点で最終日、議場に配付するという格好になると思うんですが、委員会終了後、そういう委員会の審査結果に基づいて、そういう方向になるだろうというようなことで確定をすれば、できるだけ早く議員に意見書案を最終日、議席に配るのではなくて、少しでも早くやれれば、これから事務局として、そのような努力をしていきたいと思いますので、よろしくお願したいと思います。 ◆(神谷学君)   この間のように意見書の案が、例えばガット・ウルグアイ・ラウンド云々ということで経済厚生常任委員会で、これで採択ということになって、たまたまこの議運で諮ったときに、意見書の内容文言を変えんといかんというような事態が起きたわけですね。だけど他の議員の方はこういうここでの議論をあまり知らないもので、いきなり意見書をばーっと見ると、ちょっとどうなんだと。額面どおりに御質問ありませんかと言うと、恐らく大半の方がいろんな意味での質問が本来なら出るべきなんでしょうが、たまたま代表者が出ているこういった議運の場で了承されているからということで、大体皆さん了解はしてみえるんですが、そういったこともあるので、できれば事前にこういった意見書が、ここはこういうふうに変更になって、こういうふうに出されますということの情報を出してあげれるといいなということを思います。 ○委員長(野村長俊君)   よろしいですか。  では次の3番の「要望書について」の御説明をお願いします。 ◎事務局長(北村喜幸君)   それでは「要望書について」御説明をします。  要望書につきましても2件提出されました。  これはまず(1)として「平成7年度安城市教育予算に関する要望書」につきましては、皆さん方のお手元に配付したとおりでございますが、9月29日、安城市中学校長会長、杉浦 健さんから出ております。  次に、「私学助成の強化についての要望書」が11月17日に、明治本町3番2号、私学をよくする愛知父母懇談会安城ブロック井村豊美さんから出ております。  以上でございます。  詳細につきましては別紙に要望書を配付いたしましたので御一覧願いたいと思います。  以上でございます。 ○委員長(野村長俊君)   説明は終わりました。御質問がありましたらどうぞ。              (「了承」と呼ぶ者あり) ○委員長(野村長俊君)   了承の声がございますので、次へ進みます。  4番の、「その他」の説明をお願いいたします。 ◎事務局長(北村喜幸君)   皆さんのお手元に、まず最初に「地方公共団体における行政改革推進のための指針について」という資料を配付しましたので、10月7日付けで自治事務次官から各都道府県の知事あてに出まして、全国市議会議長会から10月19日付けで議長あてに、その指針が送付されてまいりました。皆さんのお手元に配付しましたので、またこれも御一読願いたいと思います。  以上です。 ○委員長(野村長俊君)   ありがとうございました。  御質問がありましたらどうぞ。  ないようでございますので、これをもちまして議会運営委員会閉会いたします。              (閉会 午前10時20分)...