磐田市議会 > 2017-06-23 >
磐田市議会 会議録 平成29年  6月 総務委員会-06月23日−02号
磐田市議会 会議録 平成29年  6月 建設産業委員会-06月23日−02号

ツイート シェア
  1. 磐田市議会 2017-06-23
    磐田市議会 会議録 平成29年  6月 総務委員会-06月23日−02号


    取得元: 磐田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    DiscussNetPremium 平成29年  6月 総務委員会 − 06月23日−02号 平成29年  6月 総務委員会 − 06月23日−02号 平成29年  6月 総務委員会           平成29年磐田市議会総務委員会                 平成29年6月23日(金)午前10時00分開会 ◯協議事項  議案第60号磐田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について 議案第61号磐田市豊岡総合センター条例の一部を改正する条例の制定について 議案第65号磐田市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について 議案第67号財産の取得について 議案第68号財産の取得について 請願第1号浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について ◯出席及び欠席委員   出席委員(9人)         高田正人君           芦川和美君         小池和広君           鈴木正人君         永田隆幸君           加藤文重君         松野正比呂君          鈴木喜文君         根津康広君   欠席委員(0人) ◯職務のため委員会室に出席した事務局職員  議会事務局長    飯田剛典君   書記        神谷英雄君  書記        平野貴章君   書記        河野順一君  書記        鈴木淳一君 ◯委員会条例第21条の規定による説明のための出席者
     副市長       鈴木 裕君   総務部長      鈴木博雄君  危機管理監     井口光芳君   企画部長      酒井宏高君  自治市民部長    袴田浩之君   総務課長      大杉祐子君  職員課長      市川 暁君   危機管理課長    鈴木秀之君  秘書政策課長    加藤一哉君   財政課長      鈴木賢司君  スポーツ振興課長  水谷美すゞ君  消防長       矢部宏明君  消防総務課長    名倉 章君   警防課長      伊藤秀勝君  中東遠消防指令センター長            鈴木純治君                                  ほか    午前10時 開会 ○委員長(高田正人君) 皆さん、おはようございます。  開会の前に御報告申し上げます。  本日、本委員会に対する傍聴の申し込みがありましたので、報告します。  傍聴者の方に申し上げます。携帯電話は電源をお切りいただくか、マナーモードにするようお願いいたします。  また、会議中に発言や拍手等で審議を妨げた場合は、退場を命じることもありますので、御理解、御協力をお願いします。  それでは、ただいまから総務委員会を開会いたします。  昨日、22日の本会議において、本委員会に付託されました、議案第60号、議案第61号、議案第65号、議案第67号、議案第68号、請願第1号の全6議案について審査を行います。  本日の審査の順番ですが、初めに請願第1号を審査した後、一般議案を、議案第60号から議案番号順に行いたいと思います。  これに異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようですので、そのように審査を行います。  請願者から、追加資料が配付されていますので、よろしくお願いします。 ○委員長(高田正人君) それでは、暫時休憩いたします。      午前10時01分 休憩      午前10時02分 再開 ○委員長(高田正人君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 △請願第1号 浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について ○委員長(高田正人君) では、請願第1号浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願についてを議題とし、審査を行います。  本件の審査に当たり、委員長から議長宛に請願者の出席を要請し、議長名で請願者へ委員会への出席をお願いしたところ、本日の審査には、請願者の浜岡原発はいらない磐田の会代表世話人、伊藤通玄さん、代表世話人、野澤正利さん、事務局長、大橋定夫さんの3人に御出席をいただいております。  また、紹介議員の高梨俊弘議員にも御出席いただいております。  本日は、御多忙のところ御出席いただき、ありがとうございます。  審査に入る前に、審査の流れについて、あらかじめ申し上げます。  初めに請願者の方、または紹介議員から趣旨説明をしていただいた後、委員から請願者の方、または紹介議員に対する質疑を行います。  この際、請願者の方及び紹介議員は、委員に対して質疑はできませんので、御了承ください。  次に、当局説明及び質疑を行った後、議員間討議を行い、その後、討論、採決まで行いたいと思います。  これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようですので、そのように審査を行います。  発言に当たっては、委員、請願者及び紹介議員は挙手の上、氏名をはっきり言い、委員長の許可を得てから、発言するようお願いします。  それでは、請願者の方から趣旨説明をお願いいたします。−−伊藤道玄さん。 ◎請願者(伊藤通玄君) 浜岡原発はいらない磐田の会の代表世話人をしております、伊藤通玄と申します。  本日は、こういう機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  私たち浜岡原発はいらない磐田の会は、東日本原発震災がもたらした過酷な現実を踏まえ、2011年7月に結成された、脱原発を目指す市民団体でございます。  結成以来、学習会や現地見学会、脱原発集会や経験交流会、JR駅前や主要団地内宣伝、脱原発を求める各種請願署名などに取り組んでまいりました。  昨年末までは、静岡県知事宛の浜岡原発の再稼働を認めないで、静岡県一斉署名に取り組み、磐田市民の御協力を得て2万5,329筆の要請署名を川勝知事宛に提出をいたしました。  この取り組みを通じて、農業関係者、食品加工、食品販売関係者、子育て世代のヤングママなどの積極的な御協力を強くいただき、大変印象に残っております。  これらの活動を踏まえ、本年2月以降、磐田市議会宛の団体請願署名に取り組み、本月31日に10団体の請願書を増田暢之議長さんに提出した次第でございます。  そして、本日の総務委員会の審査に臨む運びとなりました。どうぞよろしくお願いをいたしたいと思います。  請願の趣旨でございますけれども、お手元にあります請願書をごらんいただきたいと思います。  第一段落のところが、東北地方原発震災の現状はどうなっているかということに触れております。ただ、この取り組みが3月時点で行われた関係がありまして中身、数字等が少し変わっておりますので、これは、後ほど補足資料で御説明をさせていただきたいと思います。  第2段落のところに、浜岡原発の特殊性が述べられております。  想定震源域の真上に立地をしておって、震源までの距離は最短約15キロと、極めて危険な原発だということが言われておりますが、これは具体的に、どういうことかということを、実はきょう追加資料という形で、色刷りのものをお配りをしているかと思います。これをちょっとごらんいただきたいと思いますが、これは、中部電力が申請の過程で、いろいろな資料を出しておりますけれども、その一部抜粋でございますけれども、この図面の中央部分に薄いレンズ状の黄色いラインが描かれております。これが、陸側の近くと島弧の近くが接する部分ということで、ちょっと中間的な性格を持った部分になっておるんですけども、その中に赤い線が入っております。  説明として、中央防災会議の断層モデルということになっておりますけれども、この赤いラインが、いわゆるプレートの境界の断層、フィリピン海プレート日本列島の島弧の近くの境界ということで、中央防災会議が、ここに断層があるというふうにみなしておるわけであります。  そして、この断面図の敷地に相当する位置というのが上のほうに書いてありますけれども、これが浜岡の原発の立地する場所になります。これを垂直にはかりますと、10数キロ、15キロよりも深いんですけれども、実は、このプレートの境界というのが北西方向に傾き下がっております。その関係で、最短距離をはかりますと約15キロになるということで、わかりやすい数字として15キロという、非常に近いところに震源域があるのだということを示した図になっております。  左のほうに、その断面図が描かれておりますけれども、断面図といいますか、平面図の上に落とした断面線が示されておりまして、こういう状況の中で、さまざまな地震が起こっておりまして、たくさんの海底活断層が、この周辺に広がっている。それを丹念に調べ、いわゆる基準地震度を決める資料として膨大な資料が規制委員会に報告されております。これは、その補足資料でございます。  元へ戻りまして、第3段落にまいります。ここでは中部電力が4号炉、3号炉の再稼働を目指して、新規制基準適合性審査を申請をしたということを述べております。もう当然、この時期には審査が終わるというふうに当初予想されておりましたけれども、それがいろいろな事情でおくれております。その最大の理由というのは、新潟の原発ですね、新潟の、あの原発の、資料の中に非常に問題がありまして、資料の再提出が求められておって、これに時間がかかって、審査が伸びております。その影響で、その新潟の次が浜岡だというふうに、従来から考えられておりまして、その影響というのが非常に大きいというふうに思われます。  もう一つ、問題と思われますのは、今後、出てくる新たな知見というものが審査に影響を及ぼす可能性がある。それは何かといいますと、いわゆる東海地震をはじめとする南海トラフ巨大地震の連動の仕方がどうなるのか。いろんなシミュレーションが行われておりますけれども、いわゆる統一見解がないわけですね。そのために大変、規制委員会も苦慮しておって、新たな知見があれば、それを参考にして審査を進めたいという状況です。  実は、それに関連しましては、きょうはお持ちしておりませんけれども、ことしのですね、ことしではないか、去年ですね。去年の4月3日にNHKが、非常に貴重な映像を紹介しているんです。  それは何かといいますと、スーパーコンピューター、スパコンの「京」というのがありますが、あれを使いまして、過去の地震の起き方、それから、どのくらい規模のものであったかというようなことを数値化して入れて、どういう連動パターンが起こり得るのかというシミュレーションをやっているんですね。  それによりますと、どうも従来、考えられていた東南海から始まって東海地震、あるいは南海地震というように連動するやり方ではなくて、九州の東ですね、九州の東の海域で、日向灘で最初の地震が起こって、それが引き金となって東に連動するという可能性というのが出てきている。もし、そうなると、これまで考えていた連動の仕方と変わりますので、これは大きな問題になります。その辺の動向というのは、今後の知見として出てきますと、具体的な形で出てくると、さらに審査が長引く可能性もあるというような状況で、当面、再稼働問題というのが、いわゆる今、知事選の最中でございますけれども、あまり争点になっていないという状況になっているんだろうと思っております。とにかく、今後の知見が待たれる状況であるということでございます。  第3段落のところは、広域避難計画の問題に触れております。いろんな問題点がありまして、これにつきましては、既に皆様方のところには、この青い資料をお届けしておるかと思いますけれども、これは、静岡県下の脱原発団体協働でまとめた資料でございます。この中の一部を、きょうの補足資料の中でちょっと御紹介をしたいと思っております。後で、これは補足説明という形でお話させていただきたいと思います。  非常に問題が多いということは、いろんなところで言われておりまして、これは浜岡原発だけではありません。ほかの既に動いている原発についても、避難計画が非常に絵にかいたもちになっているということは言われておりますので、これは大変重要な問題だというふうに考えております。  最終的に強調したいのは、その次の段落、プレート境界型巨大連動地震の最短震源域が、原発直下約15キロ存在をして、巨大地震、巨大津波が連動すると想定される浜岡原発の周辺では、当然、建物の倒壊、火災の発生、道路、橋梁、堤防、あるいは斜面の崩壊等々、あるいは地盤の隆起や沈降、液状化、津波浸水などのために大規模な道路障害が発生すると予測されます。  こうした状況の中で、94万人と想定される人々が自家用車、あるいは大型バス等で安全・迅速に避難するということは、ほとんど不可能だと思われます。  とりわけ憂慮されるのが、入院患者であるとか、老人ホームの入居者、あるいは障害者や寝たきり老人、赤ちゃんを抱える母子家庭等、災害弱者の移送手段と具体的な避難先が、いまだ確定しないということであります。  こういう状況でありますので、磐田市民代表する磐田市議会において、次の第1項を規定するとともに、第2項を行っていただきますよう、切にお願い申し上げます。  なお、引き続き補足資料の紹介をさせていただきたいと思います。折り方がいろいろになっていて、見にくいかと思いますが、新聞資料、最近出された新聞資料を使って、ちょっと補足をしたいと思っております。  ちょっと頭が切れているかもしれませんが、この資料でございます。追加資料でございますけれども、中日新聞の抜粋を入れてありますが、縦型のものですね。ここのところに震災被害者が10万人を下回ったという記事がありまして、その下に避難者数が、どう変化してきているのかということが述べられております。これが非常に見やすいと思ったので、こういう形で避難者は減ってきておりますけれども、大変残念なことに、そこにも避難者数のグラフの横に、左のところに都道府県別の人数が紹介されております。これがちょっと問題がありまして、福島の減少が大きい。8,653人の減少で2万3,897人というようなことが書かれてます。  実は、これは県内の避難者の数なんですね。これ以外に、それ以上に多い県外の避難者が、まだ、ふるさとに帰れないで厳しい避難生活を送っていらっしゃる。その数字が抜けております。これを補う必要があるということを申し上げたいと思います。  それに関する資料は、特にお配りはしておりませんけれども、具体的な数字を持っておりますので、ちょっと御紹介をしておきたいと思います。  5月16日現在の福島県の県内避難者の数は2万3,948人。失礼しました。ごめんなさい。福島ですね。違いました。福島の場合は、県内避難者は2万3,897人、これは新聞記事に出ております。県外避難者が3万5,818人、合わせますと5万9,715人、約6万人という数字になります。  同様に宮城県の例も紹介されておりますので、紹介しますと。県内、宮城県内の避難所の数は1万3,990人、県外の避難者が、ちょっと待ってください。これ順序が違ったかな。宮城県ですね、県内が1万8,706人で県外が5,242人、合わせますと2万3,948人となっております。  岩手県も出ておりまして、岩手県は県内避難者が1万2,694人、県外が1,296人、合計しますと1万3,990人、合計数が紹介されておりませんので誤解のないようにしていただければと思っております。  あと、ついでに簡単に補足資料を順次、紹介をしてみたいと思います。  その次、2枚目になっているかと思いますが、浜岡原発を通すという縦型の広域避難計画の問題点を新聞記事として紹介したものがございます。これですね、はい。6月17日の記事でございます。この中身に関係した資料を、これから、ごらんをいただければと思っております。  それから、その裏側になります、川勝氏、全域で優勢という選挙報道がありますが、それをお見せするのが趣旨ではございませんで、その下にあります、小さいですけれども中日新聞が電話で行った追跡調査、これの結果のグラフが出ております。  再稼働せず、廃炉にすべきだという人が27.8%、安全性が確立されるまでは再稼働すべきじゃないというのが31.3%。規制の審査に合格すれば再稼働すべきだ23.7%、住民投票で決めるべきだ13.8%等々、この数字が大変参考になるなというふうに思いました。  要するに見出しで言いますと、浜岡再稼働6割が反対というのが全県的な電話、ランダム・デジット・ダイヤリングによる調査結果であったということの報道でございます。  私は、署名活動にかなり携わりまして、ほとんど全戸訪問のような形で地域を回らせていただきました。その感触も、非常にこれに近い感触を得ておりまして、こういうことを踏まえて、今回のお願いをすることになった次第でございます。  あと、広域避難計画に、いろいろ問題があるということを紹介する一つの例として、次のところに、この図面が入った資料がございます。浜岡地域原子力災害広域避難計画の問題点の抜粋であります。  こちらの中には、具体的な資料が入ってないもんですから、ある程度資料を入れて解説をしたものでございますけれども、この資料の裏側のところ、この資料、反対側に色刷りの資料が出ております。これをちょっとごらんいただきたいと思います。  見開きで見ていただいたほうがいいのかもしれませんが、この見開きの形で見ていただくとありがたいと思いますけれども、左のところは文字ばかりなもんですから、なかなか御理解いただけにくいかもしれませんが、広域避難計画の非常に大きな問題点は、静岡県は第4次被害想定という形で、かなり具体的な、お金を使ってデータを集めて被害想定をやっております。その成果が生かされていない。あの避難想定のデータを使って、広域避難計画の問題点を解明していかないといけないと私たちは思っておりまして、それができていない。その非常に象徴的に示すのが、どの、いわゆる放射能検査をやる場所、スクリーニングの場所をどこにするのかいう問題であります。  幾つか、16カ所、東西16カ所が一応候補になっておりまして、まだ、具体的に全部は決まっていないんですけれども、一部が報道されております。磐田市にとって近い、最寄りのスクリーニングの場所というのは、豊田のパーキングエリア、それから竜洋の海洋公園、それから、やや遠いですけれども三方原のパーキングエリア、この三つが最寄りのスクリーニングの場所に一応、内定をしております。  もし、この三つの場所を使って、スクリーニングを受けるんだとしますと、どういうルートが考えられるんだろうか、いろんなことを考えながら、避難の幹線道路はどこになるだろうということを、磐田市の液状化危険度図の上に載せてみました。  いろいろな考え方がありますので、このルートが最善かどうかはわかりませんけれども、東部地区の避難ルートは、東部地区の方々は豊田のパーキングエリアへ向かうと。それから、西部地区の方々は三方原のパーキングエリアを目指すんだと。それから、南部の地域の方々は、竜洋の海洋公園を使うんだと、仮にした場合に、どのくらいの車両が幹線道路に集中するだろうかということを一応試算したものであります。  計算の仕方は、左側のところに各避難単位の車両数が入れてあります。これ概数ですけれども、1世帯1台という、原則どおりに車両が使われるとした場合の話でありますけれども、それぞれの避難単位の方々の車両が、どの程度集中、幹線道路に集中するかということを、車線数も考慮して調べてみました。  そうすると、この表のような結果になりまして、これ以外にもいろんなルートの取り方があるかと思いますけれども、一例でありますけれども、結論的に言いますと東部地域の避難車両群は、東名遠州豊田のパーキングエリアでスクリーニングを想定し、その場合に幹線道の車両密度は10メートル当たり8.2台というような計算結果が出ております。信じられない数字であります。  同じように、西部の場合には、西部車両群の場合には、車両密度5.9台、10メートルというような結果になりました。これやり方によって、数字はもちろん変わりますけれども、一つの例として試算をすると、こういうことになります。  袋井の方も、なんかこれをやられて、袋井の3万台が5メートル間隔で考えると、東名の名古屋のインターまで行ってしまうというようなことを新聞の中で紹介されておりましたけれども、こういう非常な、とても不可能な内容の結果が出てくるいうことは、一つの例として紹介をさせていただいたわけであります。  今、こういう状況であるということを補足させていただきたいと思います。  それから、その次に、これも本当はカラーのほうが見やすいんですけども。もう一つ追加資料を入れておきました。これは、この避難待機時検査のやり方について、具体的なマニュアルがございます。  そのマニュアルの中に検査場所の配置地図の例が出ているんですね。本来は、こういうやり方をしないといけないのに、静岡県の場合には、そういう場所がないということで、施設がないということで、東名のパーキングエリアとかサービスエリアを使うことにならざるを得なかったという事情があります。  本当は室内を、除染は室内でやるというのが原則なんですね。車両検査は外でやって、それでひっかかった人は、ひっかかった車と、それから、ひっかかった人については中でやるというのが、本来のやり方である。それができない事情があって、変則的な形で現在、静岡県では考えているということで、本当にこれで、きちっとした除染ができるかどうかということについても、非常に不安なことが考えられると、そんなふうに思っております。  これに当然、人と、それから機器が必要でございます。その機器の整備状況というのも大変お粗末なもんでありまして、私たち県の交渉の中で、具体的な数字を出してほしいと、現物がないかもしれないけれども、どのくらいの機器が必要になって、その機器を使った場合には、どのくらいの時間がかかるのかと、それが出てこないと、ここのところで、スクリーニングの場所で渋滞が起きてしまいます。  そういうことも十分考えた避難計画でないと、実効性のあるものにはならないと思いますので、こういう点も、ぜひ考えなくてはならないなというふうに思っているところであります。  以上が補足の説明でございます。 ○委員長(高田正人君) ありがとうございました。  次に、紹介議員から補足説明があれば、お願いします。−−高梨議員。 ◆紹介議員(高梨俊弘君) 本会議で趣旨説明をさせていただきましたけども、今、請願者からも説明ありましたけど、同じような内容です。
     特に、こうした内容、議員の皆さんに資料もお分けして、説明したわけでありますので、十分な御審議をしていただきたいなと、そんなふうに思います。よろしくお願いします。 ○委員長(高田正人君) それでは、質疑に入ります。  本請願に対する質疑はありませんか。−−永田委員。 ◆委員(永田隆幸君) ただいまの説明ありがとうございます。  請願書の最初の文書、先ほど東日本大震災検証と福島の検証ということで出されたんですけども、私の読んだ印象としまして、一番最初のところの東北地方太平洋沖地震による東日本原発震災以降、発災後6年の現在、震災関連死を含め2万2,000人を記録しています。  項目ですけど、私の印象ですと、何か原発に起因する犠牲者の数と錯覚しがちだと思うんですけども、これは東日本大震災の犠牲者という捉え方で、よろしいのかというのと。  あと、先ほど説明をいただきました避難時シミュレーション、県の第4次地震被害想定の後の道路障害発生率が反映されていないという説明の中で、いろいろな県が出された資料の中で判断基準、原発自体の事故、もしくは、その出たレベルというんですか、放射線のレベルによって時間ラグはあるんですよね。  1日とか1週間とか屋内避難、そういったものも加味した中で、これから考えていくと、県とか、そういうものを考えていると思うんですが、その点について、今の説明だと原子炉というか、福島相当の最悪の場合を想定したものだと思うんですけども、そこら辺についてお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。 ◎請願者(伊藤通玄君) お答えいたします。  原発震災東日本原発震災という捉え方をしております。というのは、原発の災害が起きなければ、もう既に避難を終えて、多くの方が帰郷されている方が多いだろうと。それから、いろんな復興も大きく進んでいるであろう。放射能のゆえに、その除染のおくれや災害復旧復興がおくれたいうことが現在まで尾を引いて、大きな災害になっているんだということを申し上げたかったのでございます。  特に、復興庁が半年ごとに、震災関連死の数を報告することになっているんですが、この半年間、その報告が出てきていないんです。それを入れますと、その震災関連死というのは、放射能被害のために心ならずもふるさとを去った。そして、異郷の地で暮らしているというような人々の中に関連死が多いということが指摘されておりますので、これはどれだけふえていくのかなということを、私たちは非常に心配をしております。  それを考慮すると、恐らく犠牲者の数は2万2,000人に達するのではないかというふうに心配をしておるところでございます。これが第1点のお答えでございます。  それから、第2点なんですが、第2点、もう一度ちょっと済みませんが、お願いできますでしょうか。 ◆委員(永田隆幸君) 後半の、請願書の1ページ目の後半の部分ですけども、静岡県が実施した避難シミュレーションには、同県が実施した第4次地震被害想定で得られた諸成果が、道路障害発生率に反映されていませんということで説明を受けたんですけども、今は一番、説明を受けた話は、一番原子炉というんですか、この被害想定によると、避難の判断基準の一番警戒レベルのところの判断だと思うんですけども、そういった中で、やはり県も市も、いろいろな形で、今、そういう避難の施策をやってるわけですね。そういったものも加味しながら、こういう話というですか、そういう進め方をされたのかということ。 ◎請願者(伊藤通玄君) 実は、私たちは第4次の被害想定、いろんなメッシュごとの数値データがあるんです。それをうまく拾えば、どのメッシュで、どのくらいの道路障害が発生するかというのが数字として出せるはずなんです。それをやってほしいと、それを入れれば、道路障害率が5%だったら、どのくらいの渋滞が増すかというのは、いろんなところでやられているもんですから、およその検討がつくんですね。  民間の調査期間で公表された資料がありまして、きょう補足資料で準備しなかったんですけれども、それによりますと、これ、別の資料でちょっと用意したのがありまして、道路機能低下による全住民の避難時間への影響という、これ新聞にも報道されたものですが、2016年7月16日に報道されましたけれども、交通権学会のシミュレーションというものの抜粋が新聞報道されました。  それで見ますと、北は泊から南は仙台まで一覧表になってるんです。浜岡のところを見ますと、通常時、道路障害がなければ20時間10分で避難ができる。それが道路機能が5%低下という場合は31時間かかると、1.5倍になってるんですね。道路機能が10%低下した場合はどうかいうので見ますと60時間20分、3倍になっているということで、非常にこれはシビアな結果でありますので、こういうことを、私たちは非常に心配をしていると。  特に、いわゆる重大事故と言われるものは、多くの人が指摘をしておりますように、大きな連動地震南海トラフ巨大地震のような場合に、地震、津波、そして、それに引きずられて発生する重大事故と、この多重災害というのが一番心配されるもんですから、それが、いろいろなまちづくりをしたり、あるいは将来の安全・安心のまちづくりをする場合の大変大きなネックになってくるだろうと、都市の発展の障害になるということがありまして、何とか浜岡原発は、非常に特殊な場所にある原発でありますので、再稼働をしないでおいていただきたいというふうに切に願っているところでございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) −−野澤さん。 ◎請願者(野澤正利君) 今の質問に対して、伊藤さんから説明ありましたけども、請願趣旨の一番最初のとこですけど、これは東日本原発震災となってます。ただ単なる地震による災害という場合もありますし、原発単独の災害もあります。ここの場合は、福島の場合は原発と地震、関連、同時になってます。そういう意味で2万2,000人が全部被爆して亡くなったということではないということですね。  強調したいのは、原発事故によって普通の災害と違って、避難をしなければならないということで、広域避難計画が出ました。ただ単なる津波とか地震であれば広域避難計画がなくても、私どもが石川県へ行きなさい、岐阜県へ行きなさいなんてことにはならないんです。それだけ原発の規模の恐ろしいというのを理解していただけると、ありがたいなと思ってます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) それでは、ほかに。−−小池委員。 ◆委員(小池和広君) 詳しい資料、ありがとうございます。  ちょっと1、2点お聞きしたいと思います。請願文書の請願の趣旨のほうの下から8段目の静岡県及び浜岡原発周辺31キロ圏内という文面で始まっていきますが、その途中から浜岡原発から5キロ〜31キロ圏内、県住民の避難基準は500マイクロシーベルトで、12ミリシーベルトという高濃度被爆を前提としたものとありますが、国・県にあっては、避難基準とした数字ということは、この500マイクロシーベルトというのは避難できる数字ということで、自分たち解釈しておりますが、到底容認できませんという文章で締めくくっておりますが、この500マイクロシーベルトならいいよという中で避難基準をつくっててると思うんですが、その根拠をお教えくださればと思います。 ◎請願者(伊藤通玄君) お答えをさせていただきます。  この青い資料、前にお配りした資料の中で、その点については、具体的に述べておりますけれども、500マイクロシーベルトというのは、レントゲン写真を撮る、例の放射線管理区域の基準、これが毎時0.59マイクロシーベルトという中途半端な数字なんですけれども、それの割り算していただくとわかりますけども、847倍という数字になってくるんです。  要するに2時間浴びれば1ミリシーベルトになると、この1ミリシーベルトというのが、本来の放射能環境基準になっておりますので、これからはるかに大きな数字であるというふうに、私たちは捉えておるわけです。  何とかこれを見直してほしいということを、県を通じて国にも要請をしているわけですけども、今のところ改善されていないというのが現状であります。  例えば、避難に30時間かかるというような場合、その30時間というのは、まさに自動車に乗った状態では被爆、全く防ぐことができないわけでありますので、その間に積算されてまいります。30時間の積算というのは大きいなというふうに、私たちは考えているわけです。 ◆委員(小池和広君) ありがとうございます。  それと、請願趣旨の、永田委員も一部触れましたが、下から2段目、プレート境界型巨大連動地震で始まっている文面ですが、一番下の行に、巨大津波が連動すると想定される浜岡原発周辺では建物倒壊、火災発生、道路云々で、こう始まっていて、大規模な道路障害が発生すると予測されますという文面がありますが、参考資料の中でも示されていますが、この請願文書に関しては、浜岡周辺の件で、参考資料にあっては液状化とあわせたような図面がありますが、当然、磐田市、もし磐田市に当てはめた場合、これ液状化を示した図面であって、この請願文書の建物倒壊、火災発生の文面とは、これと結びついていかないと思いますが、その辺、いかがでしょうか。 ◎請願者(伊藤通玄君) いろんな影響が出てくるわけですけど、その中にも液状化の問題を入れてございます。  本当は、津波浸水の浸水図の上に載せたらどうなのかとか、いろいろなことを考えたんですけども、図面の性格によりまして、非常に見づらい結果になるものですから、一番わかりやすいのが、この液状化、そしてまた、影響が大きいもんですから、特に道路障害との関係では液状化マップというのは、一番御理解がいただきやすいのではないかということだ、例示として紹介をしたものでございます。  当然、建物倒壊率のマップの上に入れるとか、いろんなやり方があると思いますけれども、道路との関係が割とわかりやすいということもありまして、一番わかりやすい図面を使わせていただいたということでございます。 ○委員長(高田正人君) ほかの委員の方、どうぞ。−−加藤委員。 ◆委員(加藤文重君) いろいろと御説明ありがとうございます。  第2段落目のところに、福島県では19歳以下の甲状腺がん患者184名、疑似患者を含むが確認され、チェルノブイリ原発災害よりも高い発症率を示していますということなんですが、ここのチェルノブイリ原発もかなり前に起こっていますが、この高い発症率という部分の、何か基準になるものといいますか、何をもってここのところ、高い発症率を示しているということになっているのか、お伺いいたします。 ◎請願者(伊藤通玄君) これも資料としてお配りをすればよかったかなと思うんですが、こういう図面がございます。この中に福島県の場合とチェルノブイリの場合の結果が紹介されているんです。遠くてちょっと見づらいと思いますけれども、赤線がチェルノブイリの例であります。  福島の場合、これはまだ5年目のところまでしか入っておりませんけれども、はるかにそれを、上をいく青い線が延びております。これは数字でも入っておりますけれども、5年目のところを見ますと、29人に対して175人という数字が、福島への調査によって明らかになっております。 ◆委員(加藤文重君) この請願書の関係で、いろいろと少しですけども、資料を見させてもらったときには、チェルノブイリの原発災害と、この福島災害とということでありますけども、福島被爆線量については、チェルノブイリの60分の1以下というふうに、私が見た資料には書いてあって、それで、何でチェルノブイリ原発よりも高い発症率かというのが、一つ。この表現が確かに甲状腺がんというのは、自然にもというか、ここではかっても多分出るような自然発症型というのがある、被爆等あるということで、福島の場合は18歳以下を超音波検査を全ての人に行うと、もともと持ってるものもあるんだけども、そこで数値が上がったんじゃないのという仮説も、仮説じゃなくて、そういう見方というのもあるんで、何でチェルノブイリの60分の1の被爆線量で、この高い発症率というふうな、数値はそうかもしれませんが、そこのところというのは、どういうふうにお考えか、教えていただければと思います。 ◎請願者(伊藤通玄君) 私も放射線のことに詳しくないんですけれども、福島でずっと調査が行われてまして、結果として、数字としては、こういう数字が出てきているのは事実なもんですから、それをグラフ化したものが今、お見せしたものなんです。  確かに放出量は、福島のほうが小さかったんですけれども、やはりその発災のときの気象条件ホットスポットがどこにできるかというようなこととの絡みがあると思いまして、それと人口密度の問題もあろうかと思いますし、いろんな自然条件、それから社会的な条件も、やはり考慮しないといけないのではないか。それがどう絡んで、こういう形になっているかということまでは、専門家でもございませんので、判断できかねますけれども、当時の気象条件で、すぐにホットスポット、雨というか、雪が降ってホットスポットができてしまったというのが、非常に大きいのではないだろうかと思っております。 ◆委員(加藤文重君) そういうものもあるということで、ここの表現がどうかなというところも感じました。  それと、南海トラフ沿いで発生が予想される巨大連動地震で、地震層が定かではないということを書かれております。主要施設・機器の適合性審査の基本となる基準地震動基準津波の適合性すら審査未了で先が見えないと。  先ほど、その理由というのは、新潟が先で、なかなかやってないよということだったんですけれども、検査は終わってない状況で、先というのは、磐田市議会で意見書を出したときに、報告、国から中電に対してということで、議員の皆さんに中電からいろいろな報告がある中で、今こういうことをやってますよというのもお知らせいただいております。  これまでも、地震津波に関する事項の審査について18回、5月26日に実施して、18回目をして、今確認をしているということで、途中だよというのはあるんですが、その先、後というのがあるかもしれませんけれども、人数も限られた中でやっているということで、そこは結果的にというか、この段階でそこをするのはどうかな、未了で先が見通せませんというのが、それで見通せないということなのか、待てないかどうかというとこら辺をちょっとお聞きしたいなと。その結果が出るのが待てないので、だめだというか、結果を待たずして原発のこの請願の趣旨の中に、入れ込むのはどうだったのかなというふうに思うんですけれども、そこを教えていただければと思います。 ◎請願者(伊藤通玄君) いろいろな考え方があるかと思うんですけれども、今、新潟の場合は、免震重要棟のデータで非常にまずいデータがあって、それを規制委員会に報告しないで隠していたということが大きなネックになって、審査がとまっちゃってる状態なんです。  これがどの程度かかるかということとも絡むんですけれども、場合によると、もう新潟、待っておられないから、また、一時行われたように、浜岡を先にやるというような話が出るかもしれない、そういう見通しのなさというのもあるわけです。  その辺もありますので、とにかく、規制委員会の判断が出てからでは遅いというのが私たちの感触なんです。だから、その前に磐田市民の安心・安全のためには、とにかく、極めて特殊な位置にある原発なのだから、再稼働しないように要請をしていただきたいという、そういう切なる請願が今回の請願だというふうに私は考えております。 ○委員長(高田正人君) ここで10分間休憩します。      午前11時4分 休憩      午前11時14分 再開 ○委員長(高田正人君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(高田正人君) 請願者への質疑はありませんか。−−鈴木委員。 ◆委員(鈴木喜文君) それでは、質疑をさせていただきます。  質疑の前に、これまでも、浜岡原発については、請願とか、さまざまな機会があって、私も、議会運営委員会のときとか、ちょうどこの審議に当たるときがあって、特に、きょう、代表で来られている伊藤先生には、さまざまな見地から今までもいろいろな御説明をいただいて、私もそれによって原発の勉強もできましたし、先ほど御紹介の中にあったNHKの特集などもとにかく見るようにしてます。  そんな中で、ちょっと確認の意味で一つお伺いしたいのは、特に、これまで、この浜岡原発についてはその危険性等を訴えられて、永久停止とか廃炉というのが必ずあって、請願とか陳情されてきたと思うんですが、今回、浜岡原発を現時点で再稼働しないということだけに絞って出されたというのは、どういうこれまでとの違いがあってそういうふうにされたのでしょうか。 ◎請願者(伊藤通玄君) お答えします。  先ほど、補足資料で、中日新聞のアンケートの分布状況を紹介しましたけれども、これまでの知事宛の要請書が、これに戸別訪問をしたりしていろいろお話、対応した中で、皆さんの意見分布みたいなのがある程度わかってきたんです。  やっぱり廃炉まで求めるべきだという御意見の方もあれば、それはちょっと、安全廃炉の場合の資産の問題、資産価値の問題、これの中の優遇措置がない、なかなか中部電力さんも大変だというようなことをおっしゃる方もいらっしゃるということも考慮しまして、とにかく、動いていなければ、少なくとも重大事故は起きないだろうという判断を私たちは持ってるわけです。  いわゆる、単独事故という形であれば、そんなに大きな事故が起きるとは想定できない。重大事故が起きるのは、これは、原発とか原発災害地震津波、あるいは場合によっては豪雨みたいなものが引き金になることがあるいはあるかもしれませんけれども、そういうことが、いわゆる、複合災害でなければこんなに、大震災のような形の災害にはならないだろうという判断もありまして、とにかく、動いていないことが重要なんだと。  最も、運転が休止状態なので、いろいろなトラブルが起きているということで、中部電力はお叱りを受けておりますけれども、そういうことも油断はできませんけれども、大きな地震津波がということが東日本大震災で明らかになったものですから、そういう災害を二度と繰り返さないためには、再稼働をしないということが最低の要請事項だろうというふうに判断をして、今回は、そういう形のお願いをした次第でございます。 ◆委員(鈴木喜文君) 私個人としては、今、伊藤先生から想像してなかった答えが出たという思いがあるんです。  というのは、これまで、永久停止とか廃炉というときに、その重要性をもうずっと、いわゆる、地震とか何かを引用しながら訴えられてこられて、私は今でも覚えてるんですが、日本だからだめなんだと。地震のない中国なら原発はいいんだって以前おっしゃったんです。それくらい、ここが危険なんだということをおっしゃって、だから廃炉なんだっておっしゃられてましたが、今、動いていなければ重大事故は起きないと考えるとか、動いていないことが重要っておっしゃったので、それは、以前に比べたら、この原発の考え方、捉え方は変わったということでよろしいんでしょうか。 ◎請願者(伊藤通玄君) 私個人の考え方ではなくて、今回の請願に関しては、これ、全県的にも私たちの仲間がいるわけですけれども、いわゆる、UPZの市民団体の連絡会の人たちですね、いろいろな議論の中で、とにかく、再稼働、最終的な方向性としては安全廃炉なんですけれども、そのステップとして、やはり中部電力さんの将来の転身の道も考えながら、とにかく、この南海トラフ巨大地震が起きるまでは動かさないでおいてほしいという願いが、より多くの皆様の御理解がいただける道ではないかという判断をしたということでございます。 ○委員長(高田正人君) ほかに。−−松野委員。 ◆委員(松野正比呂君) いろいろ説明を聞かせていただいて、本当に丁寧な説明で、大部分理解を深めさせてもらいました。  とりわけ、浜岡原発の立地上の課題というんですか、地震の問題点というのを、震源地等の関係とかということと、それから広域避難の問題点、この2点については共通して理解できるところもあるかなというふうには思うわけですけれども。  この最初の、さっき出た福島災害に対する見方というんですか、この点について、余り悲観的でもいけないし、余り楽観的でもいけないし、冷静に判断するべきだと私は思うので、そういう意味で1点だけ質問させてもらいます。  先ほど、チェルノブイリとの関係でお話があったときに、甲状腺のがんの問題ですね。これは、福島県が調査した中間取りまとめが昨年の3月に出てるんですけれども、必ずしも放射線の影響とは限定できないというような、甲状腺がんを調べた結果、そういうような報告書が出てるんです。  先ほどのお話だと、チェルノブイリと比較して、現実に数字が違うというお話なんですけれども、その辺というのはチェルノブイリと厳密に比較するというのは非常に難しいというふうに思うんですが、その比較の仕方だとかそういうことの中で、やっぱりチェルノブイリに比べて、結果としては福島のほうがひどいという、そういう認識に立たれたその原点を教えてほしいんです。  先ほどの資料の出どこも含めて教えていただければありがたいと思うんですけれども。 ◎請願者(伊藤通玄君) このグラフのもと資料というのが、きょうお配りした資料の中にはないんですけれども、福島県健康調査検討会のデータ版です。  もとデータは私の手元にありませんので、グラフ化したものについて、出典は、2017年3月現在の福島県健康調査検討会という団体の資料ということです。 ◆委員(松野正比呂君) すいません、申しわけない。  その県民調査に関するデータは私持ってるので、福島県のことはわかりますけれども、チェルノブイリの数字が、チェルノブイリの事故というのは十分な調査なんて行われていないので、状況はよくわからないというのが一般的な評価なわけですけれども、今の数字、ちょっと私も初めて聞いて、その辺が、どんな形で認識をされているかという、もとデータ、それは結構ですので、その辺をちょっと教えていただければと思うんですけれども。 ◎請願者(伊藤通玄君) 最初にちょっとお断りしたんですけれども、放射能専門家ではないものですから、素直にこのグラフを見て、率直な判断をしたということでございます。 ◆委員(松野正比呂君) じゃあ、その出どこがはっきりはよく認識されてないという認識でよろしいんですか。  もし教えていただければ、また。 ◎請願者(野澤正利君) 今、伊藤さんからお話ありましたのは、福島県健康調査検討会の出した資料でありまして、そのもとの原本はないものですから、ないというだけであって、一定の根拠があるということで御理解いただきたいと思います。 ◎請願者(大橋定夫君) 会の事務局を担当してます大橋といいます。  今の、資料の関連で少しだけ申し上げたいんですけれども。  福島の場合は5年目までのデータが出てますけれども、チェルノブイリでいいますと、事故から13年目で448人という数字が出てるわけです。  福島がこれからふえていくのか、それとも、ここで頭打ちになるのか、そこのところはまだわかりませんので、将来どうなのかということまでは言えませんけれども、5年目の時点で言うと、チェルノブイリの場合は、発見された患者は29人、6年目で76人ということですので、この時点で比較すると福島のほうが高いという数字が出ているということです。  そして、先ほどのお話にもちょっとありましたけれども、検査のやり方によって患者数がたくさん出るんじゃないかというお話が、確かにそういう説が出ていることは私も承知してますけれども、ただ、これも、じゃあ、福島でやられたような検査が他の地域でやられているわけではないので、果たして、それを比較して、ほんとにこういう、福島に、これは特殊な例ではなくて、全国どこでも出るんだよということも言えないんだろうと私どもは考えてます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) いろいろと丁寧な御説明、ありがとうございます。  私がお聞きしたいのは、まず、市民の皆さんの声が、この原発に対してどういう声があるのかなということをちょっとお聞きしたいと思います。  原発を、この安全神話の中で福島の第一原発事故が起こったわけです。それがまだいまだに終息されてないと、検証もされてないと。そういうことが、住民の皆さん方の大きな不安となっているというのが事実だと思うんです。  そういう中で、先ほど、伊藤さんも趣旨説明の中でお話しされていましたけれども、県知事宛の浜岡原発の再稼働を認めないことを求める要請書ですか、これ、2万5,000筆余を集めたということは、かなりの数字だなというふうに思ってます。やはりそうした背景というのが、今の福島原発の実態が、やはり不安を抱かせるようなまだ現実だということだと思うんです。  そういう意味で、先ほど、農業者とか関係者とか子育て世代職員関係者の声も、若干その声を聞かせていただいたんですが、そういう不安というか、そういう声というんですか、もう少し具体的に、それぞれ実際の、私たちは市議会ですので、住民の代表ですので、そういう声をぜひもう少しお聞かせ願いたいなと思います。 ◎請願者(野澤正利君) 私だけじゃなくて、皆さん一緒に取り組んだものですから、いろいろな経験をなさっていると思うんですけれども。  当初は、原発がなくなったら仕事ができない、生活ができないんじゃないのと言われましたけれども、考えてみれば、5年、6年たっても私どもは生活もできるし、仕事もできますよと。原発優先でなくて、他の電源を利用すればやっていけるんじゃないのということでわかってもらいました。  一方で、福島のああいう原発災害で今なお戻れないと、うちに戻れないという方がみえるという。事故がこの浜岡原発で起こった場合どうするのかと。それこそ、津波が来るんじゃないか、台風のときなどはどこへ逃げようか。もう大塩のほうへ逃げたほうがいいかなとか、もう夜、安心して寝られない。若い人たちが戻ってこない。結局、家族ばらばらになってしまう。土地も処分できないし、今さら、ほかの土地を求めて年とってから行けないよということで、初めから、地震が来ると言われているんだったらやめてもらいたいねという声が結構ありました。  若い方からは、やはり子どもさんの心配。それこそ、放射能の被害を受けて、将来、子どもたちがどうなるのか心配だと。なくてもいいんじゃないのという方がいました。もちろん、電力関係の方は、いや、あったほうがいいよという方もみえましたけれども、大部分の方は非常に心配されてました。  そういう意味で、私どもも、やっぱり再稼働なんてだめだねと、みんなでやめさせようねということでお互いに話し合って、署名に取り組んできました。  当初、人口の1割、1万7,000人ぐらい見込んでましたが、やっていく中で、もっともっとやろうということで、2万5,000人というようなところまでいきました。恐らく、市内でこれくらいの署名の数集めたというのは今までないんじゃないかなと思います。
     そういう意味で、磐田市議会がどういう態度をとっていただけるのか、皆さん注目されていると思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  以上です。 ◎請願者(大橋定夫君) 私も、いろいろな形での署名市民の皆さんにお願いに回ったわけですけれども、率直に言って、これはあくまでも私の感触なんですけれども、お話のできた相手の皆さんの中で、再稼働、やっぱりやってほしくないという意見は7割くらいの方なのかなというふうに受けとめています。  もちろん、いろいろな考え方がありまして、電力会社の関係の方でも、個人的には私は反対だよと、だけど、立場上、署名はできないよという方もいらっしゃいましたし、私はもう絶対反対だから、ほかの人にも話をしてあげると、その場で電話をかけて、私が代筆してもいいかといって許可をとって代筆してくれた方などもいらっしゃいます。  さまざまな思いはありますけれども、やはり万一の事故が起きたときに、とても避難はできないという声はもう圧倒的に多かったです。特に、お年寄りの方などは、もうこの場を動きたくないというような意見もたくさんありましたし、じゃあ、逃げよと言われたって、ほんとにそこが受け入れてもらえるのか、自分がどこへ逃げればいいのか、とても今考えられないというような意見を多くの皆さんからお聞きをしました。  簡単ですが以上です。 ◆委員(根津康広君) 先ほど、福島の現状について、数字的なことも含めていろいろ質疑ありましたけれども、やはり現実を被災地で見ていった場合、私も何回か行ったんですが、そりゃもうほんとに厳しい状況にあるということは感じるわけです。  皆さん方も現地に視察に行かれたということを聞いてるんですが、その辺の状況と、やっぱりこの浜岡原発の再稼働を許さないという点が、やはり現地から学んで、大きなこういう運動の力になっていると思うんです。  その現地を視察した中でのそれぞれの皆さん方の見方というんですか、その辺について少しお話ししていただければと思います。どうなんでしょうか。 ◎請願者(野澤正利君) それじゃあ、私のほうから初めに報告させていただきます。  私は2回ほど行きました。最近は、昨年の9月に、バスツアーということで行ってきたんですけれども、福島の飯館村を訪問しました。ほかにも浪江町とか行きましたけれども、そこで感じたことを申し上げますけれども、ここでは、元区長の長谷川健一さんという方とお会いしました。酪農家ですけれども、そのうちまで行かせていただきました。  せんだっての3月のメモリアルデーのときに、NHKか何かテレビにも出たと思いますけれども、また、磐田にも来て講演されましたけれども、その方の話を聞いて、福島のことを繰り返してはならないなと強く感じたわけですが、牛を飼っていて、原発事故があったものですから廃業したということです。家族8人と言われましたけれども、もう今はてんで散り散りばらばら、一緒に住めない。  ここは美しい村百選の中に入っているらしいです。ワラビが取れたり、いろいろ山の物が豊富で、全国から遊びにくるといいますか、見学にくるという、そういう場所だったらしいんですが、行ってみてびっくりしたのは、汚染された土砂を入れた袋、フレコンバッグと言ってましたけれども、どこへ行っても山だらけですね、山高く積まれてました。お聞きしましたら、200万個、飯館村だけでも。もうとても田んぼで米をつくったり、畑で野菜をつくったりできない状況です。しかも、古いのは破れかけている。ちょっと陥没しているような、袋が、そういうところもありました。  お聞きしますと、山は除染の対象になってないと。だから、田畑を、田や畑の土を取るんですけれども、雨が降ると、また山から流れてくると。もう切りがないという、いつまでたっても。  そういうことで、原発というのはにおいもしない、味もない、目にも見えない。色がついてれば、赤い色がついてればわかるんですけれども、そういうのがないものですから、もうほんとに困ったものだということです。  今度、避難解除で戻ってくるんですが、長谷川さんって方は60代かね、まだ若いですが、帰ったとしても、私が一番若いんじゃないかと。若い者はもう帰ってこないよと、じゃないかねと。だけど、自分の住んできた、愛した村ですから、そこで住みたいという強い思いがあったようです。現在どうされているかちょっとわかりませんが、昨年行ったときにはそういう状況でした。  結局、原発災害というのは、家族ばらばら、もう村自体が崩壊してしまう、成り立たないと、そういうものだということで、そういう話を聞きまして、原発事故の恐ろしさというのを肌に感じました。  そういう中で、浜岡原発はやっぱり再稼働はよくないねと。行く行くは永久停止、廃炉にしていくものではないかということを強く感じたということです。  以上です。 ◎請願者(大橋定夫君) 私も、実は、そのツアーに野澤さんと同行しまして、簡単にちょっと感想を述べたいと思うんですが。  私が感じたのは、浪江町という、皆さん、名前を御存じだと思うんですけれども、ここのところは全町避難でしたけれども、ことしの3月31日に8割解除になりました。しかし、実際に今戻っている人は数%だというふうに今伺ってます。  私たちがツアーで行ったときに、浪江町の副町長さんなどとも懇談をさせてもらったんですけれども、その時点で浪江町が行った町民アンケートでは、将来、解除されても帰還するよという回答を寄せた方は3割ぐらいだったそうです。  町当局としては、そういう実態を受けて、もうコンパクトシティーという形での再建を考えざるを得ないというようなこともおっしゃってましたけれども、やっぱり原発事故というのはそういうものなんだなというのを改めて感じました。  浪江町の駅前では、地震で壊れかけた家並みとか、外見上は何ともない、ほんとに、これでどこに地震の影響があったのかなと思うような家もたくさんありましたけれども、とにかく、人っ子一人いない、ゴーストタウンというのはこういうものだなというのを改めて感じた次第です。  大規模な地震がこの地域で起きることはもう確実だというふうに言われているわけですけれども、そのときに、何事なければ、そりゃ結構なことなんですが、大丈夫だよということを言い切れる人もまた逆にいないだろうと思うんです。万一のことが起きたら、もう取り返しがつかないということですので、やはり再稼働については、ここできっぱり諦めていただきたいなというふうに思ってます。そのことを、磐田の市議会としてもぜひ意意思を表示していただければ大変ありがたいというふうに思っております。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 請願事項の1のところに、浜岡原発の再稼働を認めないことを契機にすることってあるんです。大項目、表文がそうなんですが、浜岡原発の再稼働をしないことによって、一般的によく言われる、電力、大丈夫かと。今、特段、浜岡原発動いてなくても電力来てるんですが、その辺のちょっと考え方と、それと、先ほど、伊藤さんのほうから、中電の転身を考えながらという、中電のことも気にしながら、再稼働について意見も述べられてるですが、その辺のとこ、もし御説明できるようだったらお願いしたいと思います。 ◎請願者(伊藤通玄君) 実は、これまでも、特に前の社長の時代ですね、水野社長の時代には、かなり国際的な見地から、浜岡原発は再稼働という形でなく、将来的には、ほかのエネルギーで、再生可能エネルギーを重視するような形でエネルギーバランスを考えるような方向性を展望されていた時期があります。  私たちは、そのことも承知をして、社長宛には、一刻も早く脱原発へ、解除を受けるに一番先陣を切るのは中部電力さんなんだから、ぜひその方向で国際的な発展を目指してほしいという要請をしてきております。  これは、3.11のメモリアルデー前後とか、あるいは浜岡がとまった5月14日、この前後に、今も、私たちの団体だけではなく、県下の幾つかの団体がこの要請をしております。  浜岡原発がほんとに、いわゆる、原発依存率が小さいということが、今はむしろプラスに働いているのではないかというふうに思っておりまして、ぜひその方向性を追求してほしいということをこれまでも要請をしてきたし、これからも要請をし続けていこうというふうに思っております。  同時に、私たちも、できるだけ自然エネルギーを生かしたいろいろな工夫をしていきたいし、当然のこととして、省エネルギーの徹底にも努めていかなくてはならない、そんなふうに考えているところです。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 単に、広域避難計画についてちょっと伺いたいと思います。  先ほど来、いろいろと詳しく説明されております。  私、一昨日、一般質問で、この浜岡原発の広域避難計画、質問いたしました。国だ、県だ、市町村だというかかわりの中で、広域避難計画の課題というのはほんとに山積しています。現実的にできるかどうかという答弁はできませんよね、聞いてますと。  そういう中で、広域避難計画は、原発が動いてても、動いていなくても必要だと思うんですが、その辺の考え方というのはどうなんですか。動いてない状態でも広域避難計画は必要かどうかという点についてはどうですか。 ◎請願者(伊藤通玄君) そうですね、なかなか難しい問題なんですけれども。  先ほど申しましたように、私たちは、大規模避難が必要になるような重大事故というのは、いわゆる、単独事故という形では余り起こらないだろうと。非常に、いろいろな予期せぬ、今まで経験したことのないような対応が必要になるような複合災害の場合に大変なことが起きるのではないかという心配をしておりますので、そういう意味では、少なくとも、近い将来、南海トラフ巨大地震がどういう形で起きるかはまだ統一見解がありませんけれども、いろいろな連動パターンがあることは明らかでありますし、そのどれが発生するかということが、もう5年くらいするとはっきりするのかなという感じはするんですけれども、今その研究が進められております。  それを見ながらということになろうかと思うんですけれども、いずれにしても、巨大連動地震が発生することが予見されている状況の中では、広域避難計画というのはやはり準備していかなければならないだろうし、それは、大変な労力とお金がかかることであると。それを選択するよりは、とにかく、当面は再稼働をしない状態で地震の発生を待つというような判断が必要なのではないかなと、そんなふうに考えております。 ◆委員(根津康広君) 広域避難計画の、私も議会の中で実効性について問うたんですが、なかなか言い切れないですよね、市長自身も。文書の中では安全・迅速に広域避難することは不可能ですと。これは、今までの質疑の中で、そこの根拠を言って、不可能ですという形だと思うんですが、現実的に見た中での今の状況、避難計画をつくる中での最大の課題というのはどういうところにあるのか。難しいお話かもしれませんが、常に突き当たっていく問題なものですから、その辺どのようにお考えになっておられますか。 ◎請願者(伊藤通玄君) 大変難しい質問なんですけれども。  とにかく、どの程度の道路障害が発生するのかということがもう少し具体的にならないと、避難ルートを決めることすらできない。それから、どの地域避難するにせよ、必ず31キロ圏を離脱したところでスクリーニングをやらないといけない。そのスクリーニングの体制が大変な状態だと。場所の問題、それから、機器の問題、体制の問題、何もまだ未確定状態であるということですので、その辺をクリアしなければならないということなのではないのかなというふうに思ってます。 ◎請願者(野澤正利君) 関連してお答えしたいんですが。  正直言いまして、なかなか計画は立てられないと思います。私が市の職員であったとしたならば、悩んで悩んで、もうどうかなっちゃいそうという、そういうことだと思います。  といいますのは、原発の事故は、複合災害ということで、地震が起きて、それに伴って災害が起こった場合、それこそ広域避難計画が必要なんですけれども、私どもは最悪の場合を考えて計画しなきゃならないなと思ってるんです。  例えば、事故が、地震による災害、これが昼間来るのか、夜来るのか、朝なのか、あるいは平日なのか、土日なのか想定できませんよね。もう100も200も300もいろいろな場合を想定しなければできない。それはとてもできないことです、誰が考えても。  じゃあ、バス避難するといっても、常にバスを100台、200台待たせて考案できないと。一つの例として、じゃあ、乗用車で逃げるにしても、道路が決壊、橋が壊れたといえば、もう行きようがない。最後は、自家用のヘリコプターでもつくって、買って、上から逃げていくしかないのかなと。それくらい困難なことだと思うんです、避難計画というのは。  それに人もお金も費やしてやるんだったら、浜岡原発は再稼働を停止しますと、とりあえず。それしかないのではないかなと私は思っております。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 請願事項の2のところ、決議を踏まえた意見書、または要請書を関係機関に送付することとあります。  皆さん方のこの関係機関、もし決議された場合、決議された場合、どこのところに関係機関として送っていただきたいと求めているのか、その辺について、ちょっと説明できればお願いしたいと思います。 ◎請願者(大橋定夫君) 第一には国ですね、それから、県。できれば、中部電力ですね、電力会社。こちらのほうへ、意見書ということにはならないと思いますけれども、要請書のような形で送っていただけたらありがたいなというふうに思ってます。  国といってもいろいろな機関があるでしょうから、これは、従来の決議を上げた際の関係機関を踏襲していただければ結構ではないかなというふうに思ってます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑ありませんか。    (「なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) それでは、ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で、請願者の方及び紹介議員に対する質疑を終了します。  本日は、お忙しいところ、ありがとうございました。 ○委員長(高田正人君) 請願者の方及び紹介議員が退席されますので、暫時休憩いたします。      午前11時55分 休憩      午前11時59分 再開 ○委員長(高田正人君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(高田正人君) 次に、当局から現状等について説明をお願いいたします。−−危機管理課長。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 浜岡原子力発電所の再稼働につきましては、今議会での一般質問で回答させていただきましたとおり、市民安全・安心が担保されない限り、認めることはできないというのが市の考えでございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) それでは、当局に対して質疑ありますか。−−松野委員。 ◆委員(松野正比呂君) 一つだけちょっと確認をしておきたいんですけれども。  請願文章の中に甲状腺がんの患者の件が出てるわけですけれども、これにつきましては、福島県の県民健康調査検討委員会から福島県の資料が出ているわけですけれども、これも、この報告書の中では、必ずしも放射線の影響ではないというような評価が出てるんですけれども、当局としては、この福島県における甲状腺がん患者の問題、それから、チェルノブイリとの比較に関してどのように捉えているか、もしお答えできるようであればお願いします。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) ただいまの御質問ですけれども、今、御質問の中にありましたように、平成28年3月に、福島県の県民健康調査検討委員会の中間の取りまとめが出ておると思います。  ちょっと読みますと、これまでに発見された甲状腺がんについては、被曝線量がチェルノブイリ事故と比べて総じて少ないこと、小さいことですね。被曝からがん発見までの期間がおおむね1年から4年と短いこと、事故当時5歳以下からの発見がないこと、地域別の発見率に大きな差がないことから、総合的に判断して、放射線の影響とは考えにくいと評価するというまとめがございます。  市のほうもこのようなことで捉えてございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) ただいま、市の浜岡原発についての見解ですね、回答がありました。  これ、私の一般質問の先日の答弁ですよね。市民安全・安心が担保されない限り、再稼働は認められないと。単刀直入に言って、再稼働反対ということでよろしいんですか、市は。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 単刀直入にということでございますけれども、現段階で福島原子力発電所事故検証がまだ完了していないということとか、あと、国の新規制基準の審査がまだ継続途中であることということを踏まえますと、現時点で再稼働について認めることはできないということで考えてございます。 ◆委員(根津康広君) ですから、これからいろいろな検証をやって、時間かかるわけです。はっきりするかどうかもわからない状況ですので、そういう状況の中では、磐田市としては再稼働については反対だと、はっきりするまでは、そういうスパンがあるという考え方でよろしいんですか。 ◎危機管理監(井口光芳君) 先ほど、課長のほうから説明がありましたように、検証がまだできていない状態のところでは反対ということだと思います。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 反対ということはわかりました。  それと、広域避難計画について伺いたいと思います。  これも、私、一般質問しましたけれども、この広域避難計画について作成されてると。先ほども、請願者の方が、ほんとに市の職員は広域避難計画をつくるのに大変な御苦労されていて、ほんとにできるのかどうなのか、いろいろなテーマがあり過ぎて、これは難しいんじゃないかと、現実的に。できないというわけには市はいきませんので、今の広域避難計画をつくる中での最大の課題、最大の課題っていっぱいあると思うんですが、その辺はどのように自分たちは考えておられるのか、ちょっと伺いたいと思います。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 市の計画、まだ作成中ということでございますけれども、御存じかと思いますけれども、県の計画が昨年3月に公表されておりまして、ことしの3月に改正されたというところがございまして、その中に課題というものも上げられてございます。  課題は、避難路の整備・強化とか、複合災害時の対応、あと、要配慮者の避難の方法等ということが載ってございます。  市の計画につきましても、県の計画と連動・連携したような形でつくっていくようになろうかと思いますので、課題は共通したものがあると思っております。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 先ほど、請願者の質疑の中で、広域避難計画のところで、31キロ圏内の住民の避難基準ですね、これ、500マイクロシーベルト1時間ですね、日で言うと12ミリシーベルト。高濃度被曝を前提にしたもので、請願者の方は、到底、容認できんと。本来の基準ではないということを言われたんですが、避難する場合の濃度ですね、そこら辺の考え方というのは何か持っておられますか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 500マイクロシーベルト・パー・アワーということだと思いますけれども、こちらの数値は県の計画にも載ってございます。国の原子力対策指針のほうで、これを判断基準にするということから、そこから、県の計画もそれを踏襲しているという形だと思います。  先ほど言いました、県の計画と連動・連携していくということでこれ作っていく。市の計画も同じようになるということになろうかと思っております。  こちらにつきまして、先ほど来言いましたように、国、県、市という連動したような形になりますので、判断基準も同じものになるということで考えてございます。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 広域避難計画のところで、これ、今回の請願、再稼働をしては困るという内容なんですが、再稼働する場合、私も一般質問で言いましたけれども、そこのとこの同意を求める範囲が県と立地市だけじゃないですか。御前崎市ということになると思うんですが。  磐田市は同意の範囲に入ってないんじゃないですか、今。これ、やはり我々住民の代表として、住民の命と暮らし守っていくという必要性があるわけですから、当然、磐田市としても、私たちも、同意を得る範囲に入れてくださいというの当たり前だと思うんですが、その辺の要望とか、国に対してしっかり言うべきこと、その辺を言うとか、その辺の考え方というのはどうなんでしょうか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) この同意の範囲につきましても、今議会の中の一般質問で回答させていただいておりまして、国が要請してとめた原発であることから、国が福島事故検証して、市民安全・安心の確保を前提に、国が判断すべきということになってございますので、今、具体に、同意の範囲をどうするかという話は出ていないと思いますので、現時点で。そんな状況かと思います。 ◆委員(根津康広君) 中日新聞のアンケートで、私、質問させてもらったんですが、ほかのとこは、やっぱりUPZ圏内じゃないですか。我々にも、しっかり同意を位置づけてもらいたいという声が、今、原発再稼働した周辺ではそれが認められてないから大きな不満となってるわけじゃないですか。  そこは国が判断するということ自体の考え方が私はちょっとおかしいんじゃないかと質問でもしたんですが、最後になりますが、最後って、このことについては最後ですが、その辺のことをもう一度考え直すということはないんですか。 ◎企画部長(酒井宏高君) 委員のほうから、冒頭、再稼働の御質問がありましたけれども、当然、安全・安心が担保されない、それを我々は冒頭考えてますので、それが、国が、当然、前提として安全・安心を確保する、それが、当然、一番最初のことだと思ってますので、当然、我々はその点を考えながら進めていきたいと思います。  以上です。
    ◆委員(根津康広君) 先ほど、請願者の方にお聞きしたわけですが、浜岡原発の再稼働を認めないということ、原発、今動いていません。動いてない中で、今、電力来てるわけです。その辺、電力のあり方いうんですか、供給、今の現状を見て、皆さん方は、原発がなくてもやっていける、そんな考え方を持っているのか、そうでないのか。  これ、再稼働との関連あるじゃないですか。基本ベースにして原発やってるということを言ってるものですから。その辺はどうなんですか。 ◎企画部長(酒井宏高君) 委員、その質問は我々がちょっと答えるものではないような気がします。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木委員。 ◆委員(鈴木喜文君) 議会なんで、言葉というのが非常に大事なので、一つ確認しますけれども。  先ほど、根津委員の質疑の中で、この浜岡原発の再稼働について反対という言葉が出ましたけれども、私は、これまで、磐田市というのは、課長が言ってたように、再稼働は認められないというところで統一してきてると思うんです。だから、質疑をされたもので答えたということなのかもしれませんが、認められないという意思表示と、反対という意思表示は僕は違うと思うので、そこをもう一遍確認させてください。 ◎危機管理監(井口光芳君) 冒頭説明をさせていただいたように、市民安全・安心が担保されない限り認めないということでございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。    (「なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で、当局に対する質疑を終了します。 ○委員長(高田正人君) 当局が退席されますので、暫時休憩いたします。      午後0時13分 休憩      午後1時15分 再開 ○委員長(高田正人君) 休憩前に続き会議を開きます。 ○委員長(高田正人君) 次に、議員間討議を行います。  討議時間を決定します。  討議時間について意見があればお伺いします。    (「委員長一任」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) それでは、委員長より提案します。  討議時間は30分以内としたいと思います。  お諮りします。  討議時間は30分以内とすることに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようですので、討議時間は30分以内とすることに決しました。  それでは、議員間討議を行います。  意見のある方はお願いします。−−鈴木正人委員。 ◆委員(鈴木正人君) 最初に、自分の意見を言わせてください。  私は、個人的には、請願に対して不採択の考えを持っています。  理由を少し言わせてください。  東日本大震災以後、確かに、国民の皆さんが原子力発電に対して、原子力に対して心配しているというのは、これは本当だと思います。ただ、かといって、じゃあ、浜岡がどうだということに対して、国の機関原子力に対して、原子力規制委員会というところあるんでしょうか、そこから、どうだというような情報がいまだに、浜岡原発については、私が知る限りいろいろなことが来ていない。要するに、情報は不十分の上で、再稼働は反対だというのは、何か時期尚早ではないかと私は思っています。  ですので、もっといろいろなもの、先ほど、出る前にというお話が請願者からありましたが、私は、逆に、国のお金をかけて、優秀な公務員の方々がやってる仕事に対して一定の敬意を表するべきだと私は日ごろ思ってます。別になれないから言うわけじゃないですけど。  だからこそ、そういうふうな意見を聞いた上で、決めてもいいんじゃないか。だから、今決めるのは早過ぎる。だから、私は反対の立場を持っています。  皆様の御意見を伺わせてください。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−小池委員。 ◆委員(小池和広君) 先ほどいただいた資料の中で、自分もいろいろ参考にさせてもらっている中で、こちらのペラのほうですね、こちらの3ページにありますけれども、問題点1、問題点2という中で、問題点2は、地震があると幹線道路が利用不可能になる。スクリーニングの地点が変更される可能性もあります。これはわかるんですが、問題点1のところのA、B、C、これ、車両台数がうたってあって、10メートルのところに8.2台とか、7.1台とかという算出がされてるんですが、ここがちょっと自分、理解できなくて、磐田市全域で考えると、液状化しない地域もあったりするわけで、この算出がちょっと理解、算出方法というか、このようになるということは考えられないなというふうに自分的には思っております。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−永田委員。 ◆委員(永田隆幸君) 私の意見は、先ほど説明にもあったように、浜岡原発は東海地震想定震源域近くにある。そして、東京名古屋の間にあって、東名、新東名、新幹線も通っております。そういった中で、万一の影響が非常に大きいと考えます。  だから、この問題については、国がしっかりと福島第一原発の検証をしてから、浜岡原発の安全の確保と県内住民の安全の確保を図ることが大事であり、県、市も同様に、安全の確保を進めていくということが大事だと思います。  しかしながら、この請願に対しては反対です。  現在の状態では再稼働は認められませんが、国、県の考え方と、県内11市町村の考える地元の同意というのが調整されていない中、磐田市議会が単独で決議するのは反対という立場で意見を申し上げたいと思います。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−加藤委員。 ◆委員(加藤文重君) きょう、いろいろ御説明をいただいて、今回のこの請願は、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求めるということでありましたけれども、いろいろ請願者への質疑の中でも言わせていただきましたが、今いろいろな対策をしているわけでありますが、中電は今の現状を議員にも報告してます。  その中で気になったところが甲状腺がん。がん患者の発症率の問題については質問させていただきましたけれども、健康調査検討会のデータに基づいてますよということでありましたけれども、比較するという、非常にできにくいですし、さまざまな見地があると思います。特定のデータに基づいた表現的なものもありますので、それは、逆に、市民の不安をあおりかねないかなというふうにも思います。  広域避難計画でも、当局のほうから、28年3月に策定をし、29年3月に改定をしているということで、その中には、請願者の皆さんが御心配をするところはあるにせよ、除染というか、スクリーニングをする場所、経路等もうたってあります。それが全てだとは思いませんが、この後、また改定していってくれるものと考えます。  現状、稼働していない中で、やはりさまざまな見地の中で、市民の皆さんも、その見地をした上で、再稼働については考えるべきなのではないかなというふうに思っています。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) 議員間討議ですよね。意見を言って、どうですかということで先ほども言われておりましたけれども。  先ほど、市の当局の方に、私も本会議で質問したわけですけれども、そのときの回答が、市民安全・安心が担保されない限り認められないと。こういうことが、今、行政の判断ですよね、現時点では。再稼働を認めないということですよ。これ、中日新聞にも書いてあるとおり。  その要因としては、福島の第一原発事故がまだ終息されてないことや、検証されてない、種々さまざまなことがまだ残ってる、問題が多いと。市民安全・安心を確保する前提が、まだとてもじゃないができてないということが市の、公の判断ですよね。  それで、私ども、今回出された請願の方々は、再稼働をさせないでくださいということですので、私は、多少違いはあるにしても、現時点では大きな意味合いでは一緒だと思うんです。  先ほど、鈴木正人委員が、情報不十分、時期尚早だと言ったけれども、現実を鈴木委員はどういうふうに今見てるかということをちょっとお聞きしたいなと思います。  以上です。 ◆委員(鈴木正人君) すいません、整理させてください。  それは、今、浜岡原発の現状なのか、それとも、原子力行政の現状ですか。 ◆委員(根津康広君) 今、全て再稼働始まってきてるとこもあるんですが、とまっていった原因というのは、福島の第一原発事故が終息されていなくて、検証も行われてないと。だから、原発を再稼働することにはなかなか同意が得られない状況にあるというのは磐田も同じじゃないですか。  そういう中で、まだ情報が不十分だとか云々ということを言われたもので、そこら辺の情報が十分じゃないとかということならば、余計に再稼働しては困るという話になると思うんですが、その辺どうなんですか。 ◆委員(鈴木正人君) 今おっしゃったように、一言で言って、情報が少ないと自分は感じています。それはそのとおりです。  おっしゃるように、だからこそ、再稼働については、そこまでいくと、先生おっしゃるように、今動いていない。どう言うんでしょうか、ほんとに基本的には、私、浜岡原発に対しての考えというのは2つあります。  一つは、余り言っちゃうと、ここで言う話じゃないのかもしれません。要するに、時の政権が法的根拠がなくとめた原発なんです。ですので、じゃあ、それが政権交代のときに時の政権を動かさなかったと。では、それは何でだろうということがあるわけです。  だから、大体、そこからして私はわからないというとこから始まっておるものですから、そこら辺の話で、じゃあ、なぜ、何とかという総理大臣が、民主党総理大臣がとめたわけです。それに対して、自民党の総理大臣は、通常でいくならば、時の政権がとめたんだから、動かすのは時の政権だと何かちょろっとおっしゃってたような、私は、基本的にはそういうふうな考え方を持っております。  ただ、それが、実際に意見を言うところもございませんし、そういうふうな話が何か出てこないものですからというとこから始まってまして、そこら辺からわからないので、今動いてない、動いてないから安全かどうかというのは、また議論の分かれるところだと思うんです。  だものですから、そういう面で、余りにも判断するものが少ないということを申し上げたということです。  それと、以前勤めていた事務所の中での話は、浜岡は一番最後になりますという話です。日本中の原発が全て審査は終わらないと、浜岡は審査が始まらないという話まで我々は聞いておりました。ただ、これは裏づけありません。ここで謝りますが。という状態なので、新潟の後というのは我々は全く信じておりません。  というとこもあって、そういう面の情報もないので、申しわけないのですがということの中で、私の意見が積み上がっているということだけ御理解いただけますでしょうか。 ◆委員(根津康広君) そうしますと、鈴木委員の場合は、どういう条件なら再稼働してもよろしいという考え方なんですか。 ◆委員(鈴木正人君) 2つあると思います。  動かすものです。原子力発電所がもし動くならば、これはあくまで個人的な私の意見です。あくまでこれは個人的な意見ということで言わせてください。  まず、技術的に安全であるという公の機関からのお墨つき並びに皆様がいいよというものがなければ私は動かせないと思ってます。安全だって幾ら言われても、先ほどの話に戻しますが、国の公的機関安全だと言ったとしても、皆様がそれを信じるかどうかというのはまた別の話だと思います。  ですので、やはり2つの要件をクリアしなければ、浜岡の原発は動かすべきではないというのが私の個人の意見です。  ただ、そこまでのいろいろな情報なり話なりが来ない限り、まだ私は判断をするのは早いと。だから、この請願については、私は反対であるというのが。  すいません、多少、意見めちゃくちゃなのかもしれませんが、私はそう思っています。 ◆委員(根津康広君) 言わんとすることはわかります。  磐田市も、請願されている方も、今の現状が住民に、再稼働について同意されてないと。それについては、私、先ほど言ったようなことで、正人さんに言ったようなことじゃないですか。それが、自分の基準としてどうなのかということでお聞きしたわけです。  わかりました。そういうことだということですね。  ほかの皆さんに、私も一般質問したんですが、今言われたように、磐田市の、さっき言った、認めない、そこら辺をどういうふうに受けとめておられるのか。  私は、現時点ではいいと思うんです、当然。いろいろな考え方あるにしても、皆さん方はどのように現時点では受けとめられておられるのか、少しお聞きしたいなと思います。  それと、同時に、原発が、災害を受けてのいろいろな事故を想定しているじゃないですか、福島のことを含めて。それこそ、浜岡原発というのは震源地の真上にあるという、想定される東海地震があったり、南海トラフが、ここなんです。  日本地震列島なのでどこでどうなるかわからないという、そういう環境のもとに浜岡原発が置かれている。もし事故があれば大変なことになる。それは皆さん御承知だと思うけれども、そういうことを含めて、私の言ったことも含めて、市の現時点での見解について、皆さん方のそれぞれのお考えを伺えたらと思います。 ◆委員(松野正比呂君) じゃあ、ちょっと私のほうから簡単に、今の根津委員のお話あったことについて、自分の考えを申し上げたいと思います。  まず、磐田市としての考え方の、現時点で、市民安全・安心が担保されない限りということ、それから、そういうことがあるので現時点では認められないという、こういう公式の見解があります。  基本的に、若干、私自身の考えは磐田市の考えとは違うところはあるかもしれませんが、ほぼ磐田市の現時点の判断というのは適正ではないかというふうに思ってます。  その理由は、先ほど、請願にもありましたけれども、浜岡原発が置かれた現在の状況、これは、先ほども言いましたけれども、ほぼ磐田市もそうですし、私の認識とも大きくは変わりません。  それから、広域避難計画についてもまだまだ不十分だと。これも、基本的には認識は変わりません。  ただ、認識が違うのは、じゃあ、浜岡原発の対策が今後全く進まないかどうかということは、現時点では何も言えないと思います。ひょっとしたら地震に対応できるかもしれないし、できないかもしれない。  もう一つ、広域避難計画。これも、現時点では何も言えないというのは、ひょっとしたら、しっかりした広域避難計画ができるかもしれないし、できないかもしれない。それが現時点の状況だと思います。  そういう意味では、現時点の情報だけでは正確な判断ができない、明確な判断ができないということであるということで、磐田市としては現時点では認められないという、そういう見解を出されたというふうに認識をしていますので、私もその考え方は踏襲するべきだと思っています。  それから、もう一つ、浜岡原発の置かれた状況についてですけれども、これ、私の認識は、さっき、根津委員が言ってたように、日本列島というのは、基本的に地震の上にある。ですから、浜岡だけがあるかというと、そうではないと思うんです。  最近の事情を見てますと、思いもよらないところで大きな地震が起こる。これは、いろいろな学者がいろいろなことを言ってますけれども、今の科学の力で全てが予知できるかというと、予知できないというのが現時点の状況だというふうに思います。  ですから、浜岡がほんとに危険なのかどうかというのは、これは神様でなければわからないという言い方がいいかどうかわかりませんけれども。ただ、現時点のいろいろな学者が言っている話というのは、浜岡は、やはりある意味では、日本のいろいろな場所に比べて危ないであろうと、地震の発生する確率が高いだろうと、こう言われているのは事実ですので、それはそれとして真摯に受けとめなければいけないので、慎重に対応すべきだと思いますが、必ずしも、浜岡だけを取り上げて危険だ、危険だということではないというふうに私は思っているというのが自分の見解です。  最後に、そういう意味で、私は、現時点では、今後、いろいろな努力の可能性が残されていると思うし、今、中部電力も、政府も県も一生懸命検討しているところですので、それは期待して、私自身としては期待したいし、それは、磐田市としても、議員個人としても、もう少しちゃんと、もっとスピード上げて、対策なり検討を進めるように要請をしていく必要はあるんだろうなと、こんなふうに思っています。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかの委員、どうでしょうか。−−鈴木喜文委員。 ◆委員(鈴木喜文君) 根津委員のほうから御発言があって、それに対してということですけれども。  根津委員が引用された、磐田市の当局の、福島事故検証がまだ完了していない段階で、磐田市民安全・安心が担保されない限り、再稼働は認められないというのと、今回の請願事項である、浜岡原発の再稼働を認めないことを決議すること。違いはここだけだと思います。
     今、例えば、磐田市民の方に聞けば、浜岡の再稼働を一日も早くやるべきだという人の数というのはごく少数だというふうに、勝手な想像ですけれども思います。むしろ、再稼働、今の現時点では無理でしょうという意見のほうが圧倒的に多いと思います。  だから、今回、この請願文書が出されてきて、これを議会で審議して、今、議員間討議をしている時点で、大きな違いがないようで違いがあるのは、今ここで決議しよう、いや、ここで今決議しなくてもいいでしょうという、その違いだと思います。  なぜしないの、答えは同じじゃないですか、再稼働は認められないんでしょ。でも違いますよね。その違いは根津委員もわかっていらっしゃる違いだというふうに思います。  議会決議するということは、市民代表として、それぞれが選ばれて出てきている、議会決議するということは非常に重いことなので、今、新人で議員になったばかりの方も、ここに臨むに当たって、一生懸命調べてきたり、学んできたりして、それぞれの考えを申し上げた結果、私は、やはりここで、再稼働を認めないということがどうなのじゃなくて、決議するか、しないかということでそれぞれが今意見を述べたので、これが、再稼働認められないということは同じですよねって言われたら、言葉として同じように聞こえるけれども、実は違うというのが議員としての考えです。  そこに至るまでのものというのは、この後、討論もありますので、述べたいと思いますけれども、根津委員からお話のあったことについては、そのような形でお答えさせていただきます。 ◆委員(根津康広君) 松野委員にちょっとお聞きしたいんですが。  浜岡原発だけではないということを言われて、細かく言うと時間かかっちゃうものですから、松野委員の総体的な、今言われた、議員間討議での御意見の中では、私が受けとめるには、浜岡原発はとめたままで置いておいたほうがいいという、そういう意味合いですか。 ◆委員(松野正比呂君) どういう答えをしたらいいか、あれですけれども。  現時点ではとめておいたほうがいい、それは間違いなくそのとおりです。  ただ、この後、この今私はさっきも言いましたけど、やっぱり国とか中電が今やってることをもう少し見守る必要があるんじゃないかっていうことをつけ加えて申し上げたというふうに思います。それは現時点ではなくて、近い将来に、やはりある一定の方向性が示されたり、ある一定の知見が出たり、ある一定の検討がなされて、それが市民の理解を得る、そういうレベルに達する可能性がゼロとは言えないと思うんですね。高いとはまあなかなか言える人は今いないと思いますけど、そういうことはやはり当然担保していくべきだと思うし、やはり圏内で1自治体それも31キロ圏内にある自治体議員として、そういったことをやはり今現段階では求めていくほうが、私は認めないのではなくて、もっとしっかりやれよということをやっていくのが我々議員の仕事として今大事なことじゃないかなということを申し上げたかったんです。  はい、以上です。 ◆委員(鈴木喜文君) 時間がありませんので、私は1点根津委員に確認したいことがあって、それはですね、以前それこそこの議会で要するにこの浜岡原発の安全対策を求める意見書を出そうっていうふうになったときに、根津委員のほうからそれこそ廃炉を考えた、その廃炉も含めた永久停止が入らなければ、これはもうある意味出すことがもう全然その意味が違ってくるというふうに言われたんですね。それをこう意見をぶつけ合ったときがあるんですが、今回は請願者への質疑のときにもお伺いしましたが、この浜岡原発のその再稼働を認めないっていうことだけできてるんですね。以前にその根津委員がおっしゃった永久停止がなければそれは違うって、意味をなさないっていうところまで迫ってたことが、今回このような形になったその変化を根津委員はどういうふうに考えていらっしゃるのか、お願いします。 ◆委員(根津康広君) 恐らく多くの人たちが浜岡原発について世論調査でも6割、7割の方が再稼働反対、ただもう一方では原子力の需要については永久停止、廃炉ではない部分もあるわけじゃないですか。今、我々が当面必要としているところは何かと、住民的なコンセンサスを得てるところはどこかということが危ない状況の中で再稼働を許してはいけないっていうのが最大公約数の位置にあるわけですので、もちろん私は廃炉を求めますけど、でも今多くの国民の皆さんや住民の皆さんがもう決めてるとこはそこですので、政治的な一定の意味合いもあり住民の声がそこにあるということで、そういうふうな立場を一応尊重して、我々も一緒に取り組んでるということです。 ◆委員(小池和広君) 先ほど鈴木喜文委員から言葉が出たように、今回この浜岡原発の再稼働を認めないことを決議するというふうになってますので、じゃあこのことに対して反対だっていうことになった場合、じゃあ反対の言葉というと、再稼働するという言葉になりますよね。ですけども、自分自身じゃあ今回のこの請願に対して反対といった際に、じゃあ自分自身再稼働していいのかっていうの中で自分に問いただすに当たって、じゃあない、またそこに原子力のほうでもいろんな国が調査してますし、中電の工事でも3,000人以上が一生懸命頑張って今それに対して工事をやってくれてます。まだまだ途中の判断すべきものに値しないっていうことで、この際稼働を認めないっていうことに対しての決議っていうところではどうかなというところで思っております。 ○委員長(高田正人君) 時間も30分経ちましたけど、どうしてももう一点言いたいことがあれば、いいでしょうか。−−それでは、ここで意見を打ち切らせていただきます。 ○委員長(高田正人君) 暫時休憩します。      午後1時45分 休憩      午後2時00分 再開 ○委員長(高田正人君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(高田正人君) それでは、請願第1号、浜岡原子力発所の再稼働を認めないよう求める請願についての討論に入ります。本請願に対する意見はありませんか。−−副委員長。 ◆副委員長(芦川和美君) 請願第1号、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について、私は反対の立場で意見を申し上げます。  昨年、UPZ圏内の7市町と静岡県中部電力安全協定を結びました。浜岡原発を取り巻く状況は少しではありますが変わってきています。一方で、いまだ福島第一原発の事故検証が終了していないこと、そして何より国が要請して停止させた浜岡原発でありますので、まずは廃炉にするのか再稼働にするのかはそこをきちんと国が責任を持って判断すべきであると考えます。仮に今回再稼働を認めない請願を出すならば、UPZ圏内となる浜岡原発周辺11市町が一体となり提出するべきで、この問題については現在磐田市議会単独で判断するという状況にないと認識しております。私はこの請願について、不採択とさせていただきます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−加藤委員。 ◆委員(加藤文重君) 私は浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について、反対の立場で討論いたします。  以前、3月11日、3.11東日本大震災の2カ月後に磐田市議会として国が中部電力に対し、浜岡原子力発電所情報提供と安全対策を求める意見書を採択をしたという経緯があります。中部電力から随時磐田市議会議員にも浜岡原子力発電所安全性向上に向けた状況を報告いただいております。請願趣旨にもあるように、甲状腺がん患者はチェルノブイリ原発災害より高い発症率なのかの問いには健康調査検討会のデータに基づいているということであり、比較対象ができにくいと思いますし、さまざまな知見がある中、特定のデータに基づいた表現は市民の不安をあおりかねないと考えます。  また、基準地震動基準津波の適合性も審査中であり、終わっていないが進んでいる状況と判断いたします。災害時の圏外避難先、市町についても、また避難待機時の放射能検査、簡易検査場所も浜岡地域原子力災害広域避難計画に明記されています。十分かどうかはさまざまな意見があると思いますが、今後も引き続き検討、改訂されることと考えます。  浜岡原発は国の指示で現在稼働停止しています。原子力規制委員会の指摘に真摯な姿勢で中部電力は対応していると思います。しかしながら、本日いただいた資料にもあったように、稼働停止はしているものの管理に対してふぐあいも出ている現状も見逃してはいけないと思います。私も安全・安心が確保され、しっかりと住民・市民に説明、納得、理解が得られるまでは再稼働はすべきではないと思っています。この請願された皆さんの気持ちは非常にわかります。さまざまな対応をしている中で、結果を見て判断をすべきと考えます。よって、この請願は時期尚早と判断し、不採択ということで考えております。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−鈴木喜文委員。 ◆委員(鈴木喜文君) それでは、私は請願第1号、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について、不採択の立場から意見を述べさせていただきます。  3.11の影響そしてその後の全国に及ぶ電力不足を教訓に、私たち日本人節電や代替エネルギー新エネルギーのようなさまざまな私たちの生活の中での知恵と努力を積み重ねて現在の生活が営まれています。原子力発電がなくたって生活できるっていうことじゃなくて、そこにはさまざまな知恵と努力があって今があるっていうことをまず私は思っています。私も一個人として現時点で浜岡原子力発電所の再稼働は認められないと思っています。今日、ここに至って永久停止廃炉が重要と言い続けてきた方々が動いていなければ重大事故は起きないと考える、動いていないことが大事、だから再稼働はしないというふうに変化され、それがより多くの人の理解が得られると判断したというふうな質疑の中で明らかになった言葉がありました。私はその裏には浜岡原発の防波壁の工事などを初めとする安全対策が進んでることが理解されてることが要因の一つではないかというふうに感じました。新規制基準の適合性確認審査が今出されている、それに対して今後の知見が待たれるという御意見も先ほど質疑の中で言っておられました。であるならば、それを待つことも一つの要因になるというふうに思っています。  この浜岡原発の問題が磐田市議会に出されたとき、私が議員になってからですけれども、私はこのことに最初に触れたときから今日に至るまで一貫して安心・安全の確保こそが最も重要だと言い続けてきました。私には何の変化もありません。それよりも重要なことがあるということがいまだに私は思っていません。東海のこれから先、今回の請願にありましたけれども、この私たちの住んでるところが東海原発震災と後世に言われない、残らないようにするために、磐田市の全市民がこの磐田故郷を離れなくていいように、どのような災害が来ても安心・安全が確保された浜岡原発が整備されることを私はこれまでもこれからも求め続けていきます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) 請願第1号、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願について採択すべき、賛成の立場で討論いたします。  本請願は、浜岡原発はいらない磐田の会ほか9団体が議会に提出されたものです。請願事項として、1浜岡原発の再稼働を認めないことを決議すること、2決議を踏まえた意見書または要請書を関係機関に送付することを求めています。請願者の浜岡原発はいらない磐田の会は、この間、静岡県知事に対して浜岡原発の再稼働を認めないことを求める要請署名2万5,372筆を集め、提出しています。市民の皆さんの声を聞きながら今回の団体請願を提出しています。市民の皆さんの願いを真摯にまず受けとめて、本請願は採択すべきと考えております。  東京電力福島第一原発事故から6年余になります。事故の収束は程遠く、今も福島県民約6万人から8万人が避難生活を余儀なくされております。質疑の中でも申し上げましたけど、福島第一原発事故がいまだに収束されていない中で原発の再稼働が推し進められております。九州電力川内原発の1、2号機、四国電力伊方原発3号機と合わせて関西電力高浜原発3、4号機が再稼働し、国内の運転は3原発、5機となっております。先ほどの反対討論の中で、時期尚早だということを言っておりましたけど、福島原発の検証をしない中で、国の方針はこのように原発の再稼働です。時期尚早ではありません。  それから事故が起きたときの住民の避難計画の実効性や処分の見通しのない使用済み核原料などの問題が未解決のままで、なし崩しの再稼働となっております。この問題も非常に重要だと思います。こうした中で、浜岡原発3、4号機が再稼働に向けて準備を進められているということは現実的可能性を今含んでいるということを私たちは認識をしなければいけないと思います。東京電力福島第一原発の事故後改定された規制委員会の審査基準は、地震津波の規模を見直しただけになっています。審査に適合すると認めたからといって決して安全だということではありません。事故が起きた場合の対策の間に合わせで肝心の住民の避難体制は規制委員会の審査の対象外です。これまでいろいろと議会でも議論してきたことが規制委員会の対象外だということも認識して論じなければならないと私は思っております。  また、先ほども申しましたけど、再稼働する場合の同意も県と原発が立地する自治体だけなので、周辺の自治体から異論が相次いでいるということも事実であります。事故が起きれば被害が予想される自治体にさえ同意を求めないのは私は重大な欠陥だと思っております。措置地域、UPZ31キロ圏内にある磐田市も私は同様であるということを言わざるを得ません。  先ほど反対討論では、国が情報を十分出していない中での結論に至っていないということでありましたけど、先ほども言った内容の中では国の方針は原発再稼働だということをまず基本に置いて物事を考えていかなければ私はならないと思っています。そして、原発がなくても十分この間やっていけたことは明らかになっているということで、原発再稼働すれば危険がさらに大きくなって住民の命と生活を奪うことになると私は思っております。あわせて使用済み核燃料の処分先、これも大きな問題だと思っております。ないということです。緊急防護措置地域、UPZ31キロ圏内に私たちは住んでおりますが、先ほどの反対討論の中でも国の指示に従って浜岡原発をとめたんだから国が優先して行うべきだ、対応すべきだという御意見がありました。今、私がお話してきたように、浜岡原発の持っている危険性というのが今時点でもかなりの部分で明らかになってる中で、国の指示を待つということは原発再稼働ですから、私は納得いけるようなものにはならないと思っております。  私はそうした意味において、UPZ、先ほども言われましたけど、それぞれの市町村合意をつくっていくということ、例えば再稼働をさせないという中身、それと合意的な配慮、これはそれぞれのUPZ内でまとまればいいんですが、そういう状況にないときに私どもは待っているだけではだめだと思います。率先してやっぱりそういうことを求めていくことが今本当に求められていることだと思っております。市議会がみずからの判断のもとで浜岡原発の再稼働を認めないでほしい、市民の皆さんの声に今、応えるべきだと私は思います。そして、このことが今回における市民団体の方々からの請願でありまして、決議して住民に対しての責任を負うことが今本当に必要だと私は思っております。よって、請願第1号、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願については妥当であり、採択すべきことを申し上げて私の賛成討論といたします。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに意見はありませんか。−−これにて意見を打ち切ります。  請願第1号、浜岡原子力発電所の再稼働を認めないよう求める請願についての採決をいたします。  本請願は、採択すべきものと決することに賛成の方は挙手を願います。    (賛成者挙手) ○委員長(高田正人君) 挙手少数であります。よって本請願は賛成少数により不採択とすべきものと決しました。 ○委員長(高田正人君) 暫時休憩します。      午後2時16分 休憩      午後2時24分 再開 △議案第60号 磐田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定 ○委員長(高田正人君) 一般議案に対する審査を行います。発言に当たりましては、当局は部課長名をはっきり言い、机上にあるマイクのスイッチを入れて発言し、発言が終了したら切るようにお願いします。  初めに、議案第60号磐田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし審査を行います。審査の方法ですが、議案一括で審査を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようなので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いいたします。−−職員課長。 ◎職員課長(市川暁君) 補足はございません。よろしくお願いします。 ○委員長(高田正人君) それでは、本案に対する質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) 全体でお聞きしたいと思いますが、本会議の質疑のときに今回の条例は給付日数を延長しているということですよね。それに伴って今後該当者が出ると考えられるようなことを言ってました。それと、何て言うんですか、差額支給しているということで、これが5年程度が境目になるものと言ってました。ここで金額の程度を言っておられないもので、どれくらいの金額幅を言ってるのか、その辺ちょっと説明していただければ中身はわかるかなと思うんですが。 ◎職員課長(市川暁君) まず初めに、こういうことが今後あるのかないのかということから説明させていただきますが、今回の条例改正については主には延長給付の条件が激甚災害が起こった場合に追加されるということになります。本市の職員に当てはめてみますと、激甚災害が起こってその職員が退職を余儀なくされて給付に至る場合ということになりますので、一般企業と違って公共団体の場合は災害が起こって離職というよりも、なおさら働かなければいけないときになりますので、実質的にはないと想定されます。  それと、5年が境でどのくらいの金額ということでしたが、過去の例から計算しますと2年ぐらいで退職した方で給付対象となった方がいらっしゃいます、かなり前ですけれども。そのときは、退職の手当額が大体10万円台で、給付された金額が30万円台、差額が支給された実績が過去に1回ありました。  以上です。 ◆委員(根津康広君) わかりました。 ○委員長(高田正人君) それでは、ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で議案第60号に対する質疑を終結いたします。 △議案第61号 磐田市豊岡総合センター条例の一部を改正する条例の制定 ○委員長(高田正人君) ここで、スポーツ振興課長から発言を求められていますので、許します。−−スポーツ振興課長。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) お願いいたします。議案につきまして、文字の誤植がございましたので、報告し訂正させていただきます。訂正内容は文中の施設の名称、磐田市豊岡農村民俗資料館の民俗の「俗」の字ですが、家族の「族」になっておりますけれども。 ○委員長(高田正人君) これ議案第61号です。 ◆副委員長(芦川和美君) 6ページになります。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 以上です。 ○委員長(高田正人君) もう一度お願いします。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 初めから。 ◆副委員長(芦川和美君) 6ページのどこをってのを言ってください。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) それでは、資料をお配りしますので、いましばらくお待ちください。    (資料配付) ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 申しわけございません。最初からもう一度お話し申し上げます。施設の名称ですが、磐田市農村民俗資料館の民俗の「族」の字がにんべんの谷の「俗」の字に修正をお願いするものです。  では、配付させていただきました正誤表をごらんください。正誤表は2枚ございまして、用紙右上に記載してございます資料1については改正文、次の2枚目の資料で資料2は参考資料としてつけさせていただいてございます新旧対照表の正誤表です。改正文におきましては、改正文中配付議案の5ページ、6ページの2カ所、新旧対照表におきましては、新旧対照表中13ページ、14ページの2カ所、計4カ所ですけれども、同施設名称の表記がございます。改正内容への影響はございませんが、文字の訂正をお願いするものです。大変申しわけございません。  以上、よろしくお願い申し上げます。 ○委員長(高田正人君) それでは、議案第61号磐田市豊岡総合センター条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、審査を行います。審査の方法ですが、議案一括で審査を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようなので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いいたします。−−スポーツ振興課長。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 補足はございません。よろしくお願いします。 ○委員長(高田正人君) それでは、本案に対する質疑はありませんか。−−鈴木喜文委員。 ◆委員(鈴木喜文君) 一つ教えてください。新旧対照表のほうで質疑しますが、2ページから3ページ、4ページにかけてなんですが、お聞きするのはこの改正案のほうの第3条の必要性です。第4条で指定管理を定めて、第5条で選定基準を定めて、その後の第6条で指定管理者が行う業務を定めているわけですよね。これまでの現行法には、この改正案の第3条のその事業というのはなくて、それを今度は第3条に規定してまたそれを第6条で定めるっていうのは、これってのは重複かあるいは二重規定にならないかと思ったんですが、その点はどうなんでしょう。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 第3条の事業を加えた理由でございますけれども、豊岡総合センターを構成する施設が設置目的を果たすために行う事業を規定することによりまして、指定管理者に行わせる業務の内容を明確にするために定めたものでございまして、他の条例についても同様の形となっております。  以上です。 ◆委員(鈴木喜文君) そうすると、第3条を規定しないと第6条は規定できないということですか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 第3条を規定しないと第6条が規定できないということではございませんけれども、指定管理に行わせる事業と、その施設目的を明確にするために入れてございます。重複とは考えておりません。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木正人委員。 ◆委員(鈴木正人君) すいません、ちょっと教えてください。ここの指定管理、13ページ、読んでて現行ですと16条で過料の部分があるんですが、これを過料あえて削ってるのは何か意味がございますか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 現行の第16条の過料を削除した理由でございますが、指定管理制度に移行することによりまして、市が収納すべき公金である使用料から司法上の債権となる利用料金に移行することになりますので、地方自治法第228条第3項の規定は適用されないことになります。よりまして、過料を科す対象ではなくなるためこの規定を削除してございます。  以上です。 ◆委員(鈴木正人君) では、今伺いました。となると、一般債権にかわっていくものだから、そちらでということの理解のために切ってるということですね。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) そのとおりでございます。  以上です。 ◆委員(鈴木正人君) わかりました。
    ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) ここの施設指定管理者にしていくメリットというのはどういうふうに捉えたらいいんですか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 指定管理にする目的ですとか効果ですけれども、民間事業者の経験やノウハウ等を活用することで経費の削減が図られたり、民間事業者の発想で新たな事業展開や積極的な情報発信など新たなサービス提供等により住民サービスの向上が図れるということですけれども、豊岡総合センターについても同様でして、住民サービスの向上が図れるというふうに考えてございます。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 形式的な答弁ですがね、この指定管理者にする場合、いろいろと調査研究して、こういう面で市民にとってメリットもあるし施設にとってもいい方向に向かうよということで、目的がそういう目的というかメリットがあってしていくわけでしょう。そういう過程議論されてきて今回なったと思うんですが、ですから、ただしますよということではよくわかりませんので、そこら辺のところをもう少し詳しく説明していただきたいと思います。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 実は、豊岡総合センターだけでは収益がなかなか乏しくて、それだけで指定管理ということは収益上難しいかなというふうに考えております。現在検討中でありますけれども、総合体育館の範囲に加えることでより充実させて自主事業等により市民サービスの向上を図っていこうというふうに考えてございまして、今回、総合体育館のエリアと含めて考えてございます。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 最初に収益的なことを言いましたよね。総合体育館だけだと収益がなかなか届かない、そういう意味なのかちょっと私うまく理解とれなかったんですが、その点はどうですか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 総合体育館エリアではなく、豊岡総合センターエリアだけでは収益性が乏しいということでございます。  以上です。 ◆委員(根津康広君) 豊岡総合センターだけでは収益が乏しい、そういうことですか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 豊岡総合センター内のスポーツ施設だけでは収益性が乏しいということでございます。  以上です。 ◆委員(根津康広君) ちょっとわからんな。 ◎自治市民部長(袴田浩之君) 豊岡総合センターですと、体育館とか野球場などがあるんですけれども、そういった施設については地元の方がよく使われていることで使用料の収入が余り得られないんですが、磐田市の総合体育館の管理する施設と一緒にすることで、収益性の向上が図られると考えており、そういった形で指定管理をお願いすることをただいま検討している最中です。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木正人委員。 ◆委員(鈴木正人君) すいません、ちょっと教えていただきたいんですが、この指定管理の条例施設ごとみたいな感じの組み方をされてるんです。指定管理一括法とか基本条例とかつくられてそれに入れるという組み方ではないのはどういう意味があるのでしょうか。ちょっと、要するにそれぞれ何て言うんですか、つくらなきゃいかんし、変えるときも全部変えてかなきゃいかんというのが何か煩雑ではないのかなと思ってみて、指定管理はほかにもあるわけでありますし、そこら辺のところがもしお話あれば。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) それぞれの施設で設置条例がございますので、その条例ごとに変えていくという形で規定してございます。  以上です。 ◆委員(鈴木正人君) 指定管理の件ですけど、収益性の話でやっぱりよくわからないのですけど、どういうくくりで指定管理をする考え方でいるのですかね。ほかの体育施設と一緒にやって、その何て言うか、今豊岡のスポーツ施設が地元の人が使っているやつをもっと幅広く市民全体に使ってもらうようにして、あき時間がなくなるようにして、みたいな話なのか、その辺がよくわからないので少し説明をお願いします。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 豊岡総合センター内の体育施設は現在市直営の管理で、体育協会に管理を委託しお願いしているところですけれども、自主事業のようなものは実施されておりませんので、指定管理にすることで民間のノウハウを生かした自主事業などの活発な実施により活用の充実が図られるというふうに考えております。 ◎自治市民部長(袴田浩之君) 指定管理のくくりですけれども、中心とした建物、施設があるところを軸として一定のエリアを考えていたり、似たような施設関係でまとめたりということで、例えばですけれども磐田市総合体育館であればかぶと塚公園施設と近隣のグラウンドですとか、あと福田屋内スポーツセンターを核として、福田地域スポーツ施設を一くくりにしたり、竜洋海洋公園施設を一くくりにしています。エリアともう一つは講習などの自主事業により少し利益が上がるようなものを中心に据えて、ある一定のエリア内の施設を一つの塊として考えてはいます。  以上です。 ◆委員(鈴木正人君) 具体的に言えないのかもしれませんけど、要は豊岡総合センター内にあるスポーツ施設をどこかの施設と一緒にやらないと今言ったメリットがないので、どこかの施設と一緒に指定管理するように今後していくことを検討してるっていう解釈でいいんですね。 ◎自治市民部長(袴田浩之君) そのとおりでございます。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) そうしますと、今回の指定管理というのは収益性を求めるところに最大の眼目があったという考え方でよろしいんですか。 ◎スポーツ振興課長(水谷美すゞ君) 収益性も一つの要因として考えておりますし、いろんな使い方を模索することでより多くの人に使ってもらえるような形で、例えばですけれどもイベントを開くであるとかそういったところで市民サービスの向上が図られ、活用がすすめばということです。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で議案第61号に対する質疑を終結いたします。 △議案第65号 磐田市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定 ○委員長(高田正人君) 次に、議案第65号磐田市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、審査を行います。審査の方法ですが、議案一括で審査を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようなので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いします。−−警防課長。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 補足説明はございません。よろしくお願いいたします。 ○委員長(高田正人君) それでは、本案に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  以上で議案第65号に対する質疑を終結いたします。 △議案第67号 財産の取得について ○委員長(高田正人君) 次に、議案第67号財産の取得についてを議題とし、審査を行います。審査の方法ですが、議案一括で審査を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようなので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いします。−−消防総務課長。 ◎消防総務課長(名倉章君) 補足説明はございません。よろしくお願いします。 ○委員長(高田正人君) それでは、本案に対する質疑はありませんか。−−鈴木喜文委員。 ◆委員(鈴木喜文君) ちょっと部長説明というか消防長説明で、ちょっとわからなかったんですけど、この平成24年に5消防本部共同整備でスタートしてるじゃないですか。今回、その5消防本部共同で使っているものの新たな更新というのは、その総額は5消防本部で見るのか、磐田消防本部で見るのかの説明がなかったものだから、そこをお願いします。 ◎消防総務課長(名倉章君) システムは5消防本部使用しているものの部分更新という形になります。その費用につきましては、5消防本部で賄うことになります。具体的には、来年度の予算にはなりますが、磐田市で一括発注、一括支払いをしますが、ほかの消防本部から負担金という形で徴収をしていくことを考えております。  以上です。 ◆委員(鈴木喜文君) そうすると、確認ですけど今回の3億3,300万余っていうのは、その磐田市が最初に一括で払うその金額だということでよろしいですか。 ◎消防総務課長(名倉章君) そのとおりでございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−芦川副委員長。 ◆副委員長(芦川和美君) すいません、今のところなんですけども、その部分更新というところがあったんですけども、この部分更新のどんな内容が更新されるのか、ちょっと教えてください。 ◎消防総務課長(名倉章君) この指令システムというのは、機器、コンピューターによっていろんな情報を、市民から入ってきた指令、情報をもとにいろんな指令を出すようないわゆるコンピュータシステムと、それらの情報を各支局、いわゆる各署所、消防本部等に振り分ける通信の部分とに大きく分けられると考えております。今回部分更新をするのは、このうちのコンピューター部分になります。いわゆるサーバー系、それから端末機器系、そちらのものの保守期限に応じての更新という形になります。  以上です。 ◆副委員長(芦川和美君) そのサーバーの保守が大体基本的に5年ぐらいで、毎年これから先も更新されていくのか教えてください。 ◎中東消防指令センター長(鈴木純治君) コンピューターの部分の更新がこれから先も継続していくのかという御質問ですが、今回中間部分でコンピューター部分の更新を行いますが、次の更新になりますと今回更新をしないボードとかが入っている指令台でありますとか、そういった機器もおおむね10年を超える期間となります。もうこの期間になりますと、ほぼ寿命になるということになります。部品の供給等もほぼ不可能ということになりますので、次の更新は全ての更新ということになります。  以上でございます。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−根津委員。 ◆委員(根津康広君) こうした高機能通信指令システムコンピューター、耐用年数も言われたんですが、国の補助というのは、国とか県ですね、これはどうなってるんですか。 ◎中東消防指令センター長(鈴木純治君) 現在の通信指令システムでございますが、平成23年度に構築をしております。このときに国の補助、国庫補助と並びに県の補助を受けております。  今回は特に部分更新ということでございますので、国の補助等はございません。  以上でございます。 ◎消防総務課長(名倉章君) 少し補足をさせていただきますけれども、今回は部分更新ということになりますので補助がないわけですが、今現在は財源としては、起債対象になるかというところを研究しているところになります。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で議案第67号に対する質疑を終結いたします。 △議案第68号 財産の取得について ○委員長(高田正人君) 次に、議案第68号財産の取得についてを議題とし、審査を行います。審査の方法ですが、議案一括で審査を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議もないようなので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いします。−−警防課長。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 補足説明はございません。よろしくお願いいたします。 ○委員長(高田正人君) それでは、本案に対する質疑はありませんか。−−芦川委員。 ◆副委員長(芦川和美君) 本会議のところで、豊田の消防特殊車両を10年で22万キロで更新って今回なってるんですけれども、結構豊田ってすごくたくさん出ると思うんですけど、これをこのぐらいに8年目じゃなくてこの基準よりちょっと延びてしまった理由とかって何かあれば教えてください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 本会議のときにもお答えしましたが、平成26年、27年度に消防救急デジタル無線の整備、それとあと消防団の再編を行いましてその詰所の整備等で消防費が非常に多くなったといった関係もございまして、延伸をさせてもらったというところが現状でございます。  以上です。 ◆副委員長(芦川和美君) そのときに、この延びた期間の間のその保守の点検とか、何か不都合とかっていうのはなかったのか教えてください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 確かに10年といった経過で、車両のサスペンションといいますか、足まわりが大分弱くなっているといった現状でまあ乗り心地が悪いといった、それでまあ要は救急隊員が乗るばかりならいいんですが、やはり傷病者の方を搬送するものですから、そういった面がふぐあいがあったといったことでございます。  以上です。 ◆副委員長(芦川和美君) もう一つだけ、すいません。この更新されたとき、更新された2台の救急車、特殊車両の処分の仕方というのはどのようになっていくのか教えてください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 1台は非常用の救急車として予備車として置いておきます。1台は廃車といった形になります。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木喜文委員。 ◆委員(鈴木喜文君) せっかくですので教えてください。今回この参考資料で入札結果が出てますけれども、この入札に関してはその前に契約の方法で制限つき一般競争入札ということで、入札結果として両方ともこの会社の磐田店だったり磐田の企業だったりしてるわけですが、その制限の中で磐田市にあることっていうのが当然あってこうなったと思うんですが、それはそういうことでいいんですか。制限の一つの中に磐田市ってのがあったっていうことでいいですか。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 資格要件のところで、磐田市内に主たる営業所または営業所を有する者であることといったところを入れておりますので、磐田市内の業者さん優先という形になります。  以上です。 ◆委員(鈴木喜文君) それは非常にいいことだと思うんです。同時に今回の入札結果を見ると、要は2台購入するということで、入札かけてこの結果が出ると今のように磐田市でっていう思いがあると、2台で100万円違いだもんだでっていう、そのせっかくなもんだからっていうようなところがっていうのは、これはもうあくまでも1台でついたら50万円しか違わないわけだけれども、片方でしか購入できないっていう、そういう入札制度になってるんですか。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 今年度特に2台更新といったことで、仕様書も全く同じです。ですから、2台を入札かけることによって当然安価っていいますか、入札によって購入費が下がるといったことも考えまして、2台同時に入札させていただいた、そんな経緯がございます。  以上です。 ○委員長(高田正人君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  以上で議案第68号に対する質疑を終結いたします。 ○委員長(高田正人君) ここで暫時休憩します。      午後2時51分 休憩      午後2時53分 再開 ○委員長(高田正人君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(高田正人君) ただいまから採決を行います。採決は議案番号順に行います。  それでは、議案第60号磐田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、討論に入ります。本案に対する意見はありませんか。−−意見なしと認めます。
     議案第60号について採決をいたします。  本案は、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議なしと認めます。よって本案は全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第61号磐田市豊岡総合センター条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、討論に入ります。  本案に対する意見はありませんか。−−意見なしと認めます。  議案第61号について採決をいたします。  本案は、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議なしと認めます。よって本案は全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第65号磐田市消防団員公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、討論に入ります。  本案に対する意見はありませんか。−−意見なしと認めます。  議案第65号について採決をいたします。  本案は、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議なしと認めます。よって本案は全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第67号財産の取得についてを議題とし、討論に入ります。  本案に対する意見はありませんか。−−意見なしと認めます。  議案第67号について採決をいたします。  本案は、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議なしと認めます。よって本案は全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第68号財産の取得についてを議題とし、討論に入ります。  本案に対する意見はありませんか。−−意見なしと認めます。  議案第68号について採決をいたします。  本案は、原案のとおり可決すべきものと決することに御異議ありませんか。    (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(高田正人君) 御異議なしと認めます。よって本案は全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、本委員会に付託された議案審査は全て終了いたしました。御協力まことにありがとうございました。  これにて総務委員会を閉会いたします。    午後2時56分 閉会...