ツイート シェア
  1. 磐田市議会 2016-05-18
    磐田市議会 会議録 平成28年  5月 臨時会-05月18日−01号


    取得元: 磐田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    DiscussNetPremium 平成28年  5月 臨時会 − 05月18日−01号 平成28年  5月 臨時会 − 05月18日−01号 平成28年  5月 臨時会           平成28年5月磐田市議会臨時会会議録 ◯議事日程(第1号)  平成28年5月18日(水)午前10時開会・開議   日程第1会議録署名議員の指名  日程第2会期の決定  日程第3諸般の報告  日程第4所管事務調査報告  日程第5磐田市議会常任委員会委員の選任  日程第6議案第56号磐田市監査委員選任につき同意を求めることについて(説明、質疑、討論、採決)  日程第7議案第57号専決処分の報告及び承認を求めることについて(説明、質疑)以下同じ。  日程第8議案第58号平成28年度(仮称)豊浜交流センター建設工事建築請負契約締結について(上程議案委員会付託) ◯本日の会議に付した事件   議事日程に同じ ◯出席及び欠席議員   出席議員(25人)       1番  草地博昭君        2番  芦川和美君       4番  芥川栄人君        5番  細谷修司君       6番  太田佳孝君        7番  虫生時彦君       8番  絹村和弘君        9番  加藤文重君       10番  寺田幹根君        11番  松野正比呂君       12番  寺田辰蔵君        13番  八木正弘君       14番  高田正人君        15番  鈴木喜文君       16番  川崎和子君        17番  根津康広君       18番  稲垣あや子君       19番  高梨俊弘君
          20番  小野泰弘君        21番  加藤治吉君       22番  鈴木昭二君        23番  川村孝好君       24番  岡  實君        25番  増田暢之君       26番  山田安邦君   欠席議員(なし) ◯職務のため議場に出席した事務局職員   事務局長     飯田剛典君   書記       神谷英雄君   書記       米田由美子君  書記       和久田 徹君   書記       平野貴章君 ◯法第121条第1項の規定による説明のための出席者   市長       渡部 修君   副市長      鈴木 裕君   総務部長     鈴木博雄君   企画部長     酒井宏高君   市民部長     清水 尚君   健康福祉部長福祉事務所長                             粟倉義弘君   こども部長    水野義徳君   産業部長     真壁宏昌君   建設部長     松下 享君   環境水道部長   高田眞治君   病院事務部長   門奈秀昭君   総務課長     大杉祐子君   自治振興課長   礒部公明君   国保年金課長   大場隆史君   教育長      村松啓至君   教育部長     秋野雅彦君   文化財課長    高梨恭孝君   消防長      山下重仁君    午前10時 開会 ○副議長(鈴木喜文君) 出席議員定足数に達しておりますから、議会成立しております。 ○副議長(鈴木喜文君) ただいまから平成28年5月磐田市議会臨時会を開会します。 ○副議長(鈴木喜文君) 次に、5月臨時会に市長より提出された議案は、ただいまのところ3議案でありますので報告します。 ○副議長(鈴木喜文君) 次に、本臨時会における議案説明のため、地方自治法第121条第1項の規定により、市長以下関係者の出席を求めてありますから、御了承を願います。    午前10時 開議 ○副議長(鈴木喜文君) これより、本日の会議を開きます。 ○副議長(鈴木喜文君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでありますから報告します。 △表彰状の伝達 ○副議長(鈴木喜文君) 次に、表彰状の伝達を行います。  去る4月21日に開催されました第99回東海議会議長会定期総会において、本市議会議員加藤治吉議員議長在職4年により一般表彰を受けられましたので御報告申し上げるとともに、ただいまから表彰状を伝達しますのでよろしくお願いします。  それでは、加藤治吉議員、お願いします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                 表彰状                          磐田市  加藤治吉様  あなたは市議会副議長の要職にあること4年鋭意市政の発展に寄与された功績はまことに顕著であります。  よって本会表彰規程によりこれを表彰いたします。   平成28年4月21日                     東海議会議長会会長                      岐阜市議会議長 竹市 勲 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○副議長(鈴木喜文君) 以上で「表彰状の伝達」を終わります。      (議長職交代) △会議録署名議員の指名 ○議長(加藤治吉君) それでは日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により    20番 小野泰弘議員    22番 鈴木昭二議員 を指名します。 △会期の決定 ○議長(加藤治吉君) 次に日程第2、「会期の決定」を議題とします。  お諮りします。  今期臨時会会期議会運営委員会の協議に基づき、お手元に送付の日程表のとおり、本日から25日までの8日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○議長(加藤治吉君) 御異議なしと認めます。  よって、5月臨時会会期は8日間と決定しました。 △諸般の報告 ○議長(加藤治吉君) 次に日程第3、「諸般の報告」を行います。      (第99回東海議会議長会定期総会報告) ○議長(加藤治吉君) 初めに、市議会議長会の報告を行います。  去る4月21日、岐阜市において開催されました第99回東海議会議長会定期総会出席報告でありますが、お手元に送付しました報告書によってかえさせていただきますので、御了承を願います。      (報告第5号の説明) ○議長(加藤治吉君) 次に、専決処分の報告に移ります。お手元に送付のとおり、市長より物損事故に係る損害賠償の額及び和解に関する書類の提出がありましたので、報告します。  ついては、当局から説明を求めます。教育部長。      〔教育部長 秋野雅彦君 登壇〕 ◎教育部長(秋野雅彦君) それでは、報告第5号、専第4号の公用車による物損事故に係る損害賠償の額及び和解につきまして専決処分をさせていただきましたので、御説明申し上げます。  これは、平成28年1月29日金曜日、午前8時50分ごろ、竜洋西小学校の敷地内で発生した物損事故で、平成28年4月18日に和解成立しましたので、御報告をするものでございます。  事故の状況でありますが、文化財課の臨時職員が訪問歴史教室使用する資料をおろすため公用車を駐車場方面へ右折しようとした際、左前部バンパーを駐車中の相手方車両の左後部バンパーに接触させたものです。  損害賠償額は、相手方車両の修理代10万2,722円で、全額を当方が負担することで和解成立したものでございます。  なお、この損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会から全額補填されております。  今後は、道路上のみならず駐車場内等においても、安全確認の励行を徹底し、再発防止に努めてまいります。  以上でございます。よろしくお願いいたします。      (報告第5号に対する質疑) ○議長(加藤治吉君) ただいまの専決処分の報告について、質疑があれば許します。−−質疑なしと認めます。  以上で「諸般の報告」を終結します。 △所管事務調査報告 ○議長(加藤治吉君) 次に日程第4、「所管事務調査報告」を行います。  建設産業委員会の所管事務調査事項であります。中小企業及び小規模企業の振興について、委員会の調査結果の報告を求めます。寺田辰蔵建設産業委員長。      〔建設産業委員長 寺田辰蔵君 登壇〕 ◆建設産業委員長(寺田辰蔵君) それでは、建設産業委員会において行いました中小企業及び小規模企業の振興に関する所管事務調査について、概要を報告します。  本調査は、議員提案により制定した中小企業及び小規模企業振興基本条例第4条の「議会の責務」の規定に基づき、その目的を達成していくために必要な調査とまとめが主なものです。  本委員会では、議員間の共通認識を図るための逐条解説の作成や市内中小事業者等の実態調査、商工会議所等各経済団体ハローワーク労働基準監督署との情報交換、また先進地視察を実施してまいりました。  なお、調査を行うに当たりましては、目的に沿った全体に要する項目を挙げ、調査期間議会等の日程を考慮し、本委員会での検討後、年間行程表を作成し、進めてまいりました。  あわせて、資料等の素案づくりについては、本委員会委員によるプロジェクトチームを立ち上げ、原案の作成を行い、委員会で検討を重ねた後、進めてまいりました。  それでは、調査についての主なものを報告します。  なお、本日はお手元に調査報告書を配付してございますので、詳細については本報告書をごらんいただければと存じますので、御了承願いたいと思います。  まず、本条例の逐条解説は、この条例議員一人一人がしっかりと理解し、その重要性について認識するために作成いたしました。4年ごとに改選があることを踏まえ、解説書が必要との判断によるものです。  次に、実態調査です。実態調査は、委員を3班に分け、アンケート及び聞き取り調査を行いました。結果、目標を上回る109社を訪問することができました。  ただ、3,000社を超える市内事業所から勘案すると、調査サンプル数が少ないことや、業種によって調査サンプル数の偏りもあることなどから、どこまで精度の高い実態把握ができているかは一考の余地があると思います。同時に、調査の方法や継続性についても、十分な検討が必要かと存じます。  調査では、業種や従業員の数及び居住地、景気の実感や見通し、前年度比収益、また新規雇用や後継者の有無、経営資源の強みや弱み等、全17項目を設定しました。  このうち、調査に御協力いただいた事業所には、事業形態、新規雇用、後継者、景気実感、景気見通し、前年度比収益の6項目について表とグラフ化したものを調査のまとめとして、お礼とともに御報告させていただいております。  市内経済屋台骨を支える中小事業者等の皆さんは、大変厳しい環境の中で操業されている現実を、本委員会委員が肌で感じることができました意義と意味は、極めて大きいものと感じております。  今後、政策の質・量ともに、どんな支援が可能なのか、アンケートや聞き取り調査の分析等も含め、一層の研究・調査ができたらと考えております。  以上で、建設産業委員会の所管事務調査の報告を終わります。 ○議長(加藤治吉君) ただいまの報告について、質疑があれば許します。−−質疑なしと認めます。  これにて「所管事務調査報告」を終わります。 ○議長(加藤治吉君) この際、暫時休憩します。      午前10時12分 休憩      午後1時 再開 ○議長(加藤治吉君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。 △磐田市議会常任委員会委員の選任
    議長(加藤治吉君) 次に日程第5、「磐田市議会常任委員会委員の選任」を行います。  これは、予算決算委員会委員及び広報広聴委員会委員に係るものです。  お諮りします。  磐田市議会常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、御手元に配付しました名簿のとおり、指名します。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○議長(加藤治吉君) 御異議なしと認めます。  よって、常任委員会委員は、御手元に配付した名簿のとおり、選任することに決しました。    ※参考     予算決算委員会  委員  草地博昭議員     同  芦川和美議員               同  芥川栄人議員     同  細谷修司議員               同  太田佳孝議員     同  虫生時彦議員               同  絹村和弘議員     同  加藤文重議員               同  寺田幹根議員     同  松野正比呂議員               同  寺田辰蔵議員     同  八木正弘議員               同  高田正人議員     同  鈴木喜文議員               同  川崎和子議員     同  根津康広議員               同  稲垣あや子議員    同  高梨俊弘議員               同  小野泰弘議員     同  鈴木昭二議員               同  川村孝好議員     同  岡  實議員               同  増田暢之議員     同  山田安邦議員     広報広聴委員会  委員  草地博昭議員     同  芦川和美議員               同  細谷修司議員     同  松野正比呂議員               同  高梨俊弘議員     同  小野泰弘議員               同  山田安邦議員議長(加藤治吉君) この際、暫時休憩します。      午後1時1分 休憩      午後1時2分 再開 ○副議長(鈴木喜文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 △議長の民生教育委員会委員の辞任 ○副議長(鈴木喜文君) ただいま加藤治吉議長から、民生教育委員会委員を辞退したいとの申し出がありました。  お諮りします。  この際、「議長の民生教育委員会委員の辞任について」を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○副議長(鈴木喜文君) 御異議なしと認めます。  よって、この際、「議長の民生教育委員会委員の辞任について」を日程に追加し、議題とすることに決しました。  それでは、「議長の民生教育委員会委員の辞任について」を議題とします。  なお、加藤治吉議長は退席されておりますので、報告いたします。  お諮りします。  加藤治吉議長からの申し出のとおり、民生教育委員会委員の辞任について、同意することに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○副議長(鈴木喜文君) 御異議なしと認めます。  よって、加藤治吉議長からの申し出のとおり、民生教育委員会委員の辞任について、同意することに決しました。      (議長職交代) ○議長(加藤治吉君) この際、暫時休憩します。      午後1時4分 休憩      午後1時40分 再開 ○議長(加藤治吉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 △諸般の報告 ○議長(加藤治吉君) ここで、「諸般の報告」を行います。  各常任委員会における正副委員長の互選の結果を御報告申し上げます。  予算決算委員会委員長に小野泰弘議員、副委員長に高梨俊弘議員総務委員会委員長に山田安邦議員、副委員長に高田正人議員、民生教育委員会委員長に加藤文重議員、副委員長に草地博昭議員建設産業委員会委員長に寺田辰蔵議員、副委員長に芥川栄人議員広報広聴委員会委員長に松野正比呂議員、副委員長に細谷修司議員、以上のとおり各常任委員会で互選されましたので御報告申し上げます。 △磐田市議会運営委員会委員の選任 ○議長(加藤治吉君) 次に、「議会運営委員会委員の選任」についてでありますが、議会運営委員会委員9名のうち、先ほど芥川栄人議員、松野正比呂議員、以上2名より、議会運営委員会委員の辞任願が提出され、議長において許可しましたので、御報告申し上げます。  お諮りします。  議会運営委員会委員の辞任に伴い、2名の欠員が生じましたので、この際、議会運営委員会委員の選任を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○議長(加藤治吉君) 御異議なしと認めます。  よって、この際、議会運営委員会委員の選任を日程に追加し、議題とすることに決しました。  それでは、議会運営委員会委員の選任を議題とします。  お諮りします。  委員会条例第8条第1項の規定により、議会運営委員会委員に加藤文重議員川崎和子議員を指名します。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○議長(加藤治吉君) 御異議なしと認めます。  よって、議会運営委員会委員に、ただいま指名しました諸君を選任することに決しました。    ※参考     議会運営委員会  委員  加藤文重議員     同  川崎和子議員議長(加藤治吉君) この際、暫時休憩します。      午後1時42分 休憩      午後1時51分 再開 ○議長(加藤治吉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 △諸般の報告 ○議長(加藤治吉君) ここで、「諸般の報告」を行います。  議会運営委員会における正副委員長の互選の結果を御報告申し上げます。  委員長に寺田幹根議員、副委員長に川村孝好議員、以上のとおり議会運営委員会で互選されましたので、御報告申し上げます。 △議案第56号 磐田市監査委員選任につき同意を求めることについて ○議長(加藤治吉君) 次に、日程第6、「議案第56号磐田市監査委員選任につき同意を求めることについて」を上程し、議題といたします。  職員に議案を朗読させます。係長。      [職員議案朗読] ○議長(加藤治吉君) 次に、当局の説明を求めます。市長。      〔市長 渡部 修君 登壇〕 ◎市長(渡部修君) それでは、議案第56号磐田市監査委員選任につき同意を求めることについて御説明申し上げます。  これは、磐田市監査委員3名のうち、橋本芳孝委員の任期が、平成28年5月21日をもって満了しますので、後任の委員の選任につきまして、地方自治法第196条の規定により議会同意を求めるものでございます。  後任の監査委員には、東 功一さんをお願いしたいと存じます。  東さんは、昭和25年8月8日生まれの65歳で、磐田市明ケ島にお住まいでございます。昭和48年に立正大学を卒業され、同年磐田市役所に奉職をし、市長公室長、社会体育課長、企画部参与を歴任され、平成23年3月をもって退職されました。経歴からも御理解いただきますように、行政経験が長く、行政の各種制度に精通され、職員に対する指導にも大きな成果を期待できますことから、適任であると思いますので、御同意をお願いするものでございます。  なお、委員の任期につきましては、平成28年5月22日から平成32年5月21日までの4年間でございます。よろしくお願いいたします。    ※参考      磐田市監査委員       磐田市明ケ島971番地1  東 功一 ○議長(加藤治吉君) これより質疑に入ります。本案について質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  これより議案第56号を採決いたします。  本案は、これに同意することに御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○議長(加藤治吉君) 御異議なしと認めます。  よって、本案は、これに同意することに決しました。 △議案第57号 専決処分の報告及び承認を求めることについて △議案第58号 平成28年度(仮称)豊浜交流センター建設工事建築請負契約締結について ○議長(加藤治吉君) 次に、議案第57号及び議案第58号の2議案を一括上程します。      (提案理由説明) ○議長(加藤治吉君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長。      〔市長 渡部 修君 登壇〕
    ◎市長(渡部修君) それでは、議案第57号専決処分の報告及び承認を求めることについて、御説明いたします。  これは、地方税法施行令の一部を改正する政令平成28年3月31日に公布をされ、4月1日から施行されたことに伴い、磐田市国民健康保険条例等の一部を改正する条例専決処分したため、報告し承認を求めるものでございます。  改正の内容につきましては、低所得者に対する国民健康保険税の5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得基準を引き上げるものでございます。  次に、議案第58号平成28年度、仮称でございますが、豊浜交流センター建設工事建築)について、請負契約締結について御説明いたします。  これは、平成28年度、仮称でございますが、豊浜交流センター建設工事建築請負契約締結につきまして、去る4月21日に、9社による制限つき一般競争入札を行いましたところ、イハラ建成工業株式会社福田支店が1億8,700万円で落札したため、消費税を加算いたしました2億196万円で工事請負契約締結するため、磐田市議会議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により議会議決を求めるものでございます。  以上、よろしくお願いをいたします。      (議案第57号の説明) ○議長(加藤治吉君) それでは日程第7、「議案第57号専決処分の報告及び承認を求めることについて」を議題とします。  当局の説明を求めます。健康福祉部長。      〔健康福祉部長 粟倉義弘君 登壇〕 ◎健康福祉部長(粟倉義弘君) それでは、議案第57号専決処分の報告及び承認を求めることについて御説明申し上げます。  本議案は、地方税法施行令の一部を改正する政令が、去る平成28年3月31日に公布され、4月1日から施行となったことに伴い、磐田市国民健康保険条例の一部を改正する条例専決処分させていただきましたので、今回、御報告し承認をお願いするものです。  改正の内容は、経済動向等を踏まえ、低所得者に対する国民健康保険税の5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得基準を引き上げるものです。  それでは、条文に沿って説明させていただきます。  第28条は、国民健康保険税の減額の規定で、同上第2号では、5割軽減の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき1人当たりの金額を26万円と規定していますが、今回26万円を26万5,000円に改正するものです。  次に、同上第3号では、2割軽減の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき1人当たりの金額を47万円と規定していますが、今回47万円を48万円に改正するものです。  附則につきましては、この改正条例施行平成28年4月1日とし、また改正後の規定は、平成28年度分からの国民健康保険税に適用することを定めたものです。  以上でございます。よろしくお願いいたします。      (議案第57号に対する質疑) ○議長(加藤治吉君) これより質疑に入ります。本案について質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。      (議案第58号の説明) ○議長(加藤治吉君) 次に日程第8、「議案第58号平成28年度(仮称)豊浜交流センター建設工事建築請負契約締結について」を議題とします。  当局の説明を求めます。総務部長。      〔総務部長 鈴木博雄君 登壇〕 ◎総務部長(鈴木博雄君) それでは、議案第58号平成28年度(仮称)豊浜交流センター建設工事建築請負契約締結について御説明いたします。  これは、本年4月21日に実施した9社による制限つき一般競争入札の結果、イハラ建成工業株式会社福田支店が1億8,700万円で落札したため、8%の消費税額を加えた2億196万円で工事請負契約締結いたしたく提案させていただくものでございます。  入札結果につきましては、お手元の資料1を御参照ください。  それでは、工事概要について御説明申し上げます。  初めに、資料2、位置図をごらんいただきたいと思います。施工箇所は、磐田市豊浜地内、旧豊浜幼稚園の跡地でございます。  次に、資料3の配置図をごらんください。  施工箇所の敷地面積は、駐車場を含め2,639.43平方メートル、建物の構造は鉄骨づくり平家建てで延べ床面積636.59平方メートルでございます。  建物の南側は駐車場で、駐車台数は36台を予定しておりまして、敷地内への出入り口は西側に設置してまいります。  次に、施設の内容につきましては、資料の4、平面図を御参照いただきたいと思います。  パーテーションにより3分割可能な研修室、小会議室、調理台5台を備えた調理実習室、誰もが気軽に使える交流コーナーと事務室、印刷室などを設けてまいります。  加えまして、資料5の屋根伏図のとおり、屋上に屋外階段より上がることのできる津波等からの避難場所を228平方メートル設けてまいります。  以上、さまざまな年齢の方が集い、安心して交流してもらえる施設としてまいります。  なお、工期は平成29年2月28日までの予定で、平成29年4月の開所を目指してまいります。  以上でございます。よろしくお願い申し上げます。      (議案第58号に対する質疑) ○議長(加藤治吉君) これより質疑に入ります。本案について質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○議長(加藤治吉君) 次に、本日上程しました議案第57号及び議案第58号の2議案は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託します。委員会は、十分なる審査をお願いします。  以上で、本日の日程は全部終了しました。  次の本会議は5月25日、午前10時から再開しますので報告します。 ○議長(加藤治吉君) 本日はこれにて散会します。    午後2時2分 散会...