ツイート シェア
  1. 磐田市議会 2015-03-10
    磐田市議会 会議録 平成27年  2月 予算委員会総務分科会-03月10日−01号


    取得元: 磐田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-16
    DiscussNetPremium 平成27年  2月 予算委員会総務分科会 − 03月10日−01号 平成27年  2月 予算委員会総務分科会 − 03月10日−01号 平成27年  2月 予算委員会総務分科会           平成27年磐田市議会予算委員会総務分科会                 平成27年3月10日(火)午前9時57分開会 ◯分担議案  議案第3号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第8号) 議案第52号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第9号) 議案第7号 平成27年度磐田市一般会計予算 議案第8号 平成27年度磐田市駐車場事業特別会計予算 ◯出席及び欠席委員   出席委員(9人)         松野正比呂君          稲垣あや子君         草地博昭君           芥川栄人君         細谷修司君           太田佳孝君         鈴木昭二君           岡  實君         増田暢之君   欠席委員(なし) ◯職務のため委員会室に出席した事務局職員  議会事務局長    門奈秀昭君   書記        田島真幸君  書記        平野貴章君 ◯委員会条例第21条の規定の準用による説明のための出席者  副市長       鈴木 裕君   総務部長      石川勇夫君
     危機管理監     山下重仁君   企画部長      竹森公彦君  市民部長      清水 尚君   会計管理者兼会計課長                              石川純一君  総務課長      袴田 守君   職員課長      松下 享君  情報システム課長  近藤政史君   自治振興課長    村松紀代美君  危機管理課長    鈴木秀之君   福田支所長兼市民生活課長                              太田充彦君  竜洋支所長兼市民生活課長      豊田支所長兼市民生活課長            林  清君             大杉達也君  豊岡支所長兼市民生活課長      秘書政策課長    袴田浩之君            鷲見昌治君  広報広聴課長    大庭 茂君   財政課長      沖山 均君  市税課長      木野吉文君   収納課長      池田弘人君  市民活動推進課長  名倉 章君   市民活動推進課参事兼福田公民館長                              高橋弘久君  市民活動推進課参事兼竜洋公民館長  文化振興課長    落合久万君            大場 勝君  市民課長      野中昌一君   消防長       粟倉義弘君  消防総務課長    矢部宏明君   警防課長      伊藤秀勝君  中東遠消防指令センター長      監査委員事務局長  堀江厚志君            大庭和也君                                  ほか    午前9時57分 開会 ○委員長(松野正比呂君) ただいまから予算委員会総務分科会を開会いたします。よろしくお願いします。  それでは、3月6日の予算委員会において本分科会に分担されました議案第3号ほか3議案について審査を行います。  審査の順序は、初めに補正予算関係議案、次に当初予算関係議案をそれぞれ議案番号順に行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(松野正比呂君) それではそのように行います。  発言に当たりましては、委員は氏名、当局は部課長名等をはっきり言い、委員長の許可を得てから発言するようにお願いします。  さらに、当局は机の上にあるマイクのスイッチを入れて発言し、発言が終了したら切るようにお願いいたします。 △議案第3号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第8号) ○委員長(松野正比呂君) それでは初めに、議案第3号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第8号)本分科会分担分を議題とし、審査を行います。  審査の方法は、第1条第1項から順に行い、歳入歳出は歳入を先、歳出を後とし、歳入歳出とも款ごとに審査を行いたいと思いますが御異議ございませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(松野正比呂君) 御異議もないようですので、そのように審査を行います。  なお、給与費明細書を含む人件費全体に係る質疑は、歳出2款であわせてお受けしますのでよろしくお願いします。  当局から補足説明があればお願いします。−−財政課長。 ◎財政課長(沖山均君) 補足説明はございません。よろしくお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、本案の第1条第1項に対する質疑はありませんか。補正予算書の1ページです。−−質疑なしと認めます。  次に、第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の歳入の質疑に入ります。  1款市税に対する質疑はありませんか。12ページになります。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 予算の概要の7ページの一番上ですけれども、1款1項1目市税、個人市民税が1億3,500万円の減ということで予算計上されています。収納見込みによる減額ということですけれども、消費税増税の影響とかそういうものは関係しているのでしょうか。お願いします。 ◎市税課長(木野吉文君) 個人市民税の減額ですけれども、26年度当初予算は景気の持ち直しを見込んで増額と見ましたけれども、実際はそこまで伸びなかったということですが、消費税につきましては、直接は要因ではないと考えます。 ○委員長(松野正比呂君) いいですか。 ◆副委員長(稲垣あや子君) はい。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  次に、9款地方特例交付金に対する質疑はありませんか。同じページです。−−質疑なしと認めます。  次に、10款地方交付税に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  次に、12款分担金及び負担金、ここは1項5目消防費負担金になります。質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。  次に、14款国庫支出金、ここは2項1目総務費国庫補助金、6目消防費国庫補助金になります。質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 先ほどと同じように概要説明の7ページですけれども、14款2項1目番号制度導入支援費補助金、これは本会議でも質疑がありましたが、決算見込みによる減額ということですけれども、補正予算後の3,744万2,000円でどんなことをやるのか、やってきたのか、その点お願いします。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 今回の補正で行いますのは、基幹システムの改修でございまして、住民記録関係の番号制度に伴う機能の追加、そして団体内統合利用番号連携サーバーの構築のための改修モジュールの導入等を行うものでございます。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 個人記録云々と言いましたけれども、具体的にはどういう項目があるのですか。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 住民記録関係のシステム改修については、個人番号付番による一括セットアップに対する事前テストとか、住基ネット一括更新等によるリハーサルと本番だとか、中間サーバーへの情報のセットだとか、細かいことを挙げますと、そういった機能を追加するということです。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 説明を聞いてもよくわからないのですけれども、これと住基カードの関係、そこら辺はどのようになるのですか。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 住基カードは、個人の申請によって希望者に発行されますので、この補正予算とは関係はございません。 ◆副委員長(稲垣あや子君) それはわかるのですけれども、今住民基本台帳の云々というのも入っているということなので、今の説明だとさっぱりわからないのですけれども、今どういうことをやっているのか。住民の皆さんに聞かれて、どうやって説明していいかさっぱりわからないので、わかるように答えてください。 ○委員長(松野正比呂君) 質疑の意味わかりますか。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 番号制度導入支援費補助金ということでついていますけれども、実際磐田市役所でこれを施行するに当たって、いろいろやっていると思うのですが、その内容です。住民の皆さんから議員として聞かれた場合に、今こういうことを国はやろうとしていて、磐田市はこういうことで進んでいて、住基カードの場合は希望者に有料で支払うというのはわかるのですけれども、今のどういうことをやっていて、聞いたら住民基本台帳が云々ということを言っていたので、内容はどんなことをやっているのかということを聞いているのです。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 今回の国庫補助金については、システムの改修に対する補助金です。番号制度そのものについては、情報システム課ではなくて、総務課のほうで全体を管轄しておりますので、よろしければ総務課長のほうから番号制度について、市が今何をやっているかということの質問でしたら、答えていただこうと思いますがよろしいですか。 ◆副委員長(稲垣あや子君) お願いします。 ○委員長(松野正比呂君) では総務課長。 ◎総務課長(袴田守君) 今の御質問ですけれども、全体のスケジュールということよりも、システムの関係に限定してお話をさせていただきますと、大きく分けますと、1つが個人番号を振るためというか、つくるためのシステム改修が一つ一番先に入ってきます。これが先ほど情報システム課長からお話ししたように、住民基本台帳システムの改修の絡みになってきます。  それから次のステップとして、番号を利用するために使っていくシステム、関連するシステムの改修というのが次に出てきます。  その後が、それぞれの番号を使った情報の提供とか、受け取りとかといった連携ということが出てきます。それが次のステップとして連携するための改修とかシステムの構築というようなことになります。  平成26年度中に行ったことというのは、一番先に言いましたような個人番号を付番するために必要なシステムの改修を主にとりかかってきたということでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  次に、15款県支出金、ここは2項1目総務費県補助金になります。質疑はありませんか。次のページです、14ページ。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 同じく概要の8ページの一番下、15の2の1、人権問題啓発事業交付金が補正前はゼロだったのが35万3,000円ついたということで、これはふれあい会館の内容で来ているのでしょうか。  以上です。 ◎市民活動推進課長(名倉章君) お答えいたします。  この補助金につきましては、県のほうで新たに制度化されたものでありまして、内容的には人権啓発にかかわる事業としてのものが対象となってきております。特別にふれあい会館のというものではございません。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、18款繰入金に対する質疑はありませんか。補正予算書16ページですが、ありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 概要の9ページの18の2の1、17億4,374万2,000円を減額するという内容ですけれども、それによって年度末が85億5,600万円になるというような説明がありました。当初、これだけ約28億3,000万円使うということで、法人市民税とかいろいろ入ってきてこれになったと思うのですけれども、もう少し具体的な説明をお願いします。 ◎財政課長(沖山均君) 実際に85億5,600万円余りありまして、見込んだときには64億7,100万円だった、これは一般質問された内容だと思いますが……。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 一般質問ではなくて質疑です。 ◎財政課長(沖山均君) すみません、稲垣委員が質疑された内容と思いますが、その差が20億8,500万円になります。ここで20億8,500万円の要因を申し上げますと、法人市民税の増加額が8億2,100万円、普通交付税の増加が3億1,400万円、精算補正での歳出の減額、一般財源ベースですが、それが6億1,900万円、そういうものが要因になっておりまして、このような形になりました。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) これについてはわかりました。というのは、2011年、平成23年は当初予算10億円、財調を取り崩すと言いながら、決算ではゼロでした。その次の次の年の2013年、平成25年度は15億6,000万円取り崩すという当初予算に対して、決算はゼロでした。今回はゼロではありませんが、このように予算のときに歳入を低く見積もっておいて、財調をたくさん入れますと言いながら、結局これだけ入りました、財調はそんなに使わなくて済んでよかったという、そのような感じで来ているので、あえて質疑をしたわけなのですけれども、ここら辺の傾向についてはそのような受け取りでよろしいのでしょうか。 ◎財政課長(沖山均君) 結果としますと、市民税の増額とか交付税なども伸びるものですから、市の財政としてはいいとは思いますが、当初予算で歳出予算を組んだ場合に、収入が追いつかない状況にあるものですから、財政調整基金を繰り入れるという形で調整しています。これは、歳出予算の中で義務的な経費になるとは思いますが、これらが若干膨らんでしまうのが積み重なって、全体として精算で減額するような形もありますので、当初予算を組むときにその辺の予算を精査するというか、要求を考えてもらわなければという感じもしております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  次に、19款繰越金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  次に、20款諸収入、ここは5項5目雑入の10節その他の雑入中所管部分になります。1、損害共済金、2、公益財団法人静岡県市町村振興協会交付金、3、総務費雑入ということですが、質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 概要説明の真ん中あたりの20の5の5、公共施設省エネルギー機器導入事業助成金がゼロから113万4,000円ということで、庁舎照明省エネ型への更新に要する経費に対する補助金と新しく載っているのですけれども、具体的な説明をお願いします。 ◎財政課長(沖山均君) これは市町村振興協会が補助するもので、磐田市には24、25と26、3カ年交付されました。今回につきましては、西庁舎の玄関ホールの照明器具の取りかえ12カ所、蛍光灯をLED化しているのですが、それが対象となっております。  これは24年は本庁とか支所の防犯灯の取りかえの事業、25年につきましては、病院の医局とか研修室とか、常時つけていて効果が認めるようなものをLED化するということで、3カ年の事業の最終年度ということで、補助金が交付されたので今回補正するというものです。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) これは当初予算のときはわからなかったのですか。3カ年というにもかかわらず、ここで載せてきたのはどういうことですか。 ◎財政課長(沖山均君) 年度当初の時点では申請はしていたけれどもわからなかったものですから、今回事業をして交付を受けたという形になっています。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) わかりました。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、21款市債、ここは1項7目消防債になります。質疑ありませんか。よろしいですか。−−質疑なしと認めます。  以上で歳入を終了し、次に歳出に移ります。  初めは2款総務費です。ここは給与費明細書を含む人件費全体に係る質疑も含みますので、よろしくお願いします。質疑はありませんか。予算書の22ページからになります。−−稲垣副委員長。
    ◆副委員長(稲垣あや子君) 説明の66ページ、67ページ、ここには職員手当の内訳ということで、時間外勤務手当のみが431万8,000円ふえています。これは増減事由別内訳というのには、その他の増減分として書いてありますが、具体的な説明をお願いします。 ◎職員課長(松下享君) まず、その他の増減分でございますが、2つに分かれておりまして、1つが臨時福祉給付金事業におきます時間外手当でございまして、そちらが312万4,000円、それから子育て世帯臨時特例給付金給付事業につきましての時間外勤務が119万4,000円でございます。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) これはもう当初からわかっていた話で、最初からつけることはできなかったのですか。 ◎職員課長(松下享君) 今回補正を事業で組ませていただく中で必要と考えてつけた分でございます。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 仕事をやる中で必要と思ってつけたということなのですけれども、具体的にはどういうことなのですか。 ◎職員課長(松下享君) こちらにつきましては、今回の給付につきましては、本来26年当初予算には見込んでなかったものですから、全ての分が仕事をやる中で関係した部分でございまして、特にどこの部分に何時間ということは持っておりません。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 2款7項2目の竜洋体育センター施設整備事業で、施設用機器の年度内購入が不用になったこと等による減額というふうにございますが、減額理由をお聞かせください。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) お答えします。  こちらにつきましては、当初、本年度内に完成を目指して建築を発注しております新竜洋体育センター、こちらの中に納める必要な体育器具、そういったものになってございます。  本体工事が入札の不調から次年度に繰り越しとなりましたことで、この中に納める器具類の購入費用を減額補正をするものでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 概要説明の11ページの真ん中あたりの2の1の11、竜洋支所施設管理事業ということで900万円減額しています。内容を見ると、太陽光発電設置工事の入札差金ということで、当初予算では5,500万円見込んでいたので、これは単純に太陽光発電だけの900万円、ということは4,600万円で落札したという、そういう受け取りでよろしいのでしょうか。 ◎竜洋支所長兼市民生活課長(林清君) 実際には、当初予算5,500万円ということで、予算を載せたのですけれども、実施設計を進める中で、詳細な設計をすることで、設計金額がそこで減額になった。それと入札をしまして、そこで差金が出た、そういったことが要因でございます。  今言った4,600万円が工事費かというお話でしたが、これについては契約の金額は3,991万6,800円でございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、9款消防費に対する質疑はありませんか。補正予算書54ページ。−−鈴木昭二委員。 ◆委員(鈴木昭二君) 非常備消防費です、54ページです。団員数の実績によるということで、減額されるようですけれども、何か分団再編とかかわりがあるのですか。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) これは再編に伴っての減額ではなくて、条例定数1,367人に対して、26年度の実員が1,272人といったことで、95人分の団員報酬、この減額を行うものです。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、12款公債費に対する質疑はありませんか。補正予算書64ページです。−−質疑なしと認めます。  以上で歳出に対する質疑及び第1条第2項に対する質疑を終了します。  次に、第2条繰越明許費の補正、ここは2款総務費が該当します。質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 説明書の68ページ、津波避難施設整備事業の繰り越し事由のところに、南海トラフ特別措置法について、国の同意に不測の日時を要したと言いますけれども、国の同意に不測の日時を要した理由はどういう理由なのでしょうか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 国の事務手続の中で、国の内部の事務の進行状況で交付決定がおくれてきたということでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、第3条地方債の補正に対する質疑はありませんか。1ページとなっていますが、80ページもそうですね。ありませんか。−−質疑なしと認めます。  これにて議案第3号に対する質疑を終結します。 △議案第52号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第9号) ○委員長(松野正比呂君) 次に、議案第52号 平成26年度磐田市一般会計補正予算(第9号)本分科会分担分を議題とし、審査を行います。  審査の方法は、第1条第1項から順に行い、歳入歳出は歳入を先、歳出を後とし、歳入歳出とも款ごとに審査を行いたいと思いますが、御異議ございませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(松野正比呂君) 御異議もないようですのでそのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いします。 ◎財政課長(沖山均君) 補足説明ございません。よろしくお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) それでは本案の第1条第1項に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  次に、第1条第2項第1表歳入歳出予算補正の歳入の質疑に入ります。14款国庫支出金、ここは2項1目総務費国庫補助金、6目消防費国庫補助金になります。質疑はありませんか。補正予算書の12ページになります。−−質疑なしと認めます。  次に、18款繰入金に対する質疑はありませんか。同じページです。−−質疑なしと認めます。  次に、21款市債、ここは1項7目消防債になります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  以上で歳入を終了し、次に歳出に移ります。  初めに、2款総務費に対する質疑はありませんか。14ページになります。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 2款1項6目の移住・定住促進事業ですけれども、本会議質疑でも出ていたと思うのですけれども、移住・定住PRサイト作成委託料が入っているわけですけれども、今の磐田市のホームページとの関連だとか、それから全国で同じような事業をやられると思うのですけれども、全国のサイトがあってその磐田版なのか、磐田のオリジナル版なのかとか、そこら辺の詳細を少し教えていただけるとありがたいと思います。  以上です。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 現在のホームページには移住・定住サイトという特定したものはございませんので、来年度、この補正予算を使って27年度中に作成したいと思っています。  内容ですけれども、全国のサイトということではなくて、磐田市に興味を持ち、磐田市のホームページから定住・移住サイトに移っていただいて、検討していただくような、そういったサイトを考えています。  以上です。 ◆委員(草地博昭君) そうすると今の10周年のサイトとかと同じような扱いで、磐田市のサイトの中にある独自のサイトだというふうに思っていればいいのかと、もう少し内容を、どういうことをPRしていきたいだとかというところが、今の時点であれば教えていただきたいと思います。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 現時点ですけれども、今の10周年記念と同じようなイメージで、ホームページからそこに移っていくというようなことを考えています。  内容ですけれども、市内外の意識調査等を分析して、磐田市の魅力の発信や移住を検討するために必要となる情報を載せていきたいと考えています。また、実際に移住した方の生の声も、インタビュー形式でその中に載せていければというふうに思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 今回充当対象事業にプレミアム商品券、それから地域創生先行型では、総合戦略策定事業からいろいろあるのですけれども、この各事業を選ばれた、選択した理由をお聞かせください。 ○委員長(松野正比呂君) すみません、今プレミアム商品券とありましたが、総務費のところなので、一応それに限定するとすると、全体で選ばれた理由ということに…… ◆委員(太田佳孝君) はい、そうです。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 今回の交付金は、地域の消費の喚起など、景気が脆弱部分にスピード感を持って、的を絞った対応をすることと、仕事づくりなど地方が直面する構造的な課題への実効ある取り組みを通じて、地方の活性化を促していくことを目的としています。  地方先行型として取り組む事業の要件としては、1として今後策定する地方版総合戦略に位置づけられる事業であること。2つ目として、国が示すメニュー例に該当していることで、地方版総合戦略の策定ですとか、UIJターン助成、地域しごと支援事業ですとか観光振興、多世代交流、少子化対策というものがあります。  もう一点、まち・ひと・しごと創生総合戦略の閣議決定が、平成26年12月27日に決定されたのですけれども、それ以降に実施される事業という条件もついておりました。  そういったことを勘案して、ソフト事業であることということもあるものですから、今回の補正予算、追加補正ですけれども、そういったメニューになっています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) よろしいですか。 ◆委員(太田佳孝君) はい。 ○委員長(松野正比呂君) 芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 2款1項6目で移住・定住促進事業等、今磐田市が行っているシティプロモーションの推進の関係で、どういう関係があるのか教えてください。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 先ほどお答えした移住・定住PRサイトについては、シティプロモーションそのものだというふうに考えておりますので、来年度組織されるシティプロモーション班が中心となって、サイトを策定していく予定でいます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 総合戦略策定事業の中で、計画策定委託料が1,000万円ということで内容が書いてございますが、これは委託しますと、例えばいろいろな自治体がそういう委託を出すということになると、同じような回答と言いますか、アイデア、策定が出てくるのではないかというふうに想像するのですが、そういう中で磐田市のオリジナリティーというのをどんなふうに出されるお考えがあるのかお聞かせください。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 総合戦略の中身については、これから検討するということなので、具体的な例というのは今お答えできないのですけれども、全国一律になるというよりも、磐田市として独自に、ソフト事業が中心になっていくのですが、できるものというような、今回先行型で挙げさせていただいたようなイメージで、まち・ひと・しごとづくりに貢献できるようなもので、検討していきたいというふうに思っています。  委託自体は、総合計画と一緒に並行してつくっていく予定ですので、総合計画自体は全国一律の形式になるような感じになるのですけれども、総合戦略の戦略の中身については、磐田市独自のものを職員が中心となって検討していきたいというふうに思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 全体にかかわった話で、いつ聞こうかと思ったのですが、今回、歳出で申しわけないですが、要は……。 ○委員長(松野正比呂君) 岡委員、全体にかかわったのは、歳入のほうで補助金ということで聞けばよかったのですけれども、終わってしまいましたので、すみませんけれども。 ◆委員(岡實君) いいです。直接聞きます。 ○委員長(松野正比呂君) 歳出ですので申しわけないです。2款にかかわることで、もし2款にかかわることがあればいいですが。  ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  次に、9款消防費に対する質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 補正で2,581万2,000円しているわけですが、耐震性貯水槽設置工事費、これは27年度予算でも2基つくるというふうに同金額が出ているわけですけれども、同じものをまた2つつくって4つになるのか、あるいは先取りされてつくられるのか、教えてください、お願いします。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) この補正につきましては、平成27年度分を前倒しで行うものであります。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 補助率は2分の1とか3分の1とか教えてください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 補助率は2分の1です。 ◆委員(太田佳孝君) ありがとうございました。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。  以上で歳出に対する質疑及び第1条第2項に対する質疑を終了します。  次に、第2条繰越明許費の補正、ここは2款総務費、9款消防費が該当します。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  次に、第3条地方債の補正に対する質疑はありませんか。44、45ページの一覧表もあります。−−質疑なしと認めます。  それでは、これにて議案第52号に対する質疑を終結いたします。 ○委員長(松野正比呂君) 暫時休憩します。    午前10時36分 休憩    午前10時38分 再開 ○委員長(松野正比呂君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 △議案第7号 平成27年度磐田市一般会計予算
    ○委員長(松野正比呂君) 次に、議案第7号 平成27年度磐田市一般会計予算本分科会分担分を議題とし、審査を行います。  審査の方法は、第1条第1項から順に行い、歳入、歳出は歳入を先、歳出を後とし、歳入は款ごと、歳出は原則項ごとに審査を行いたいと思います。  ただし、歳出のうち2款1項、2款7項は目ごと、9款以降は款ごととし、第2条から第5条まではまとめて審査を行いたいと思いますが、御異議ございませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(松野正比呂君) 御異議もないようですので、そのように審査を行います。  なお、給与費明細書を含む人件費全体に係る質疑は、歳出2款1項8目であわせてお受けしますので、よろしくお願いします。  また、当局において補足説明がある場合には、各区分の質疑が始まる前に挙手の上、申し出てください。私からは確認をしないので、よろしくお願いします。  それでは、本案の第1条第1項に対する質疑はありませんか。1ページお願いします。質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、第1条第2項に移ります。  初めに、歳入の審査を行います。款ごとに行います。  1款市税について質疑はありませんか。説明書の12ページからになります。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 1款7項1目都市計画税について伺います。  説明書は14ページ。それで、説明資料の19ページ。  都市計画税が前年度から2,547万9,000円低く見積もっております。それで平成26年度のときには、ここの19ページの事業名称のところの充当状況ですが、元金償還金の項目を含めて13ありました。今年度は10事業なのですが、この充当状況というのですか、この充当の対象の考え方はどんな考えでしょうか。 ◎財政課長(沖山均君) 都市計画税につきましては、特定財源として当該年度の事業費に充当しておりまして、充当額が市債等の関係で見合う分を、事業として選んで、その都市計画事業の中で充当するような形をとっております。  以上です。 ◆委員(岡實君) そうすると、前年度の説明資料に13事業ありまして、その中で今年度ないのがいわたエコパーク整備事業、竜洋海洋公園整備事業、それから、JR駅北土地区画整理事業、この3つが今回ないのですがね、この中に外れた根拠というのですか、今の根拠でいきますと、どのような考え方で。 ◎財政課長(沖山均君) 27年度で事業を実施していないものですから。 ◆委員(岡實君) いわたエコパークは、それなりの款項目で載っておるのですが、その辺どうなのですか。 ◎財政課長(沖山均君) 財政課の認識としては、建設事業を実施しているというようなものに対して充当するということで考えております。  以上です。 ◆委員(岡實君) 例えばエコパークでいきますと、植栽工とか教養施設の工事とかということで項目が載っておるのですが、それとか、あと基本設計見直し業務委託料ということで載っているのですが、そこら辺は該当しないのですか。 ◎財政課長(沖山均君) 申しわけございません。事業費として載っております。  この財源の充当につきましては…… ◎財政課財政グループ長(加藤計吾君) いわたエコパーク整備事業は、今、課長のほうから申し上げたとおり、27年度予算では基本設計の業務委託料ですとか、施設改修工事が計上されておりまして、分類とすると建設事業費ということになりますが、1点整備自体、市のほうだけでエコパークを実施するというわけではなくて、提案いただいた事業者さんの負担もある中で、エコパークを整備していくという部分もありまして、充当額について全てが建設で、市の負担の建設でということでもないという部分もありまして、充当を見送ったというところはありますが、基本的な考え方とすると、課長申し上げたとおり当該年度の都市計画費の建設費に、まずは都市計画費を充当して、それに充当し切った後に下水道会計の繰出金ですとか、一般会計の都市計画費の起債の償還金に充てていくというふうな考え方で、毎年充当しております。  以上です。 ◆委員(岡實君) その辺、先ほどの冒頭、関係ないやつはやらないよと言ったけれども、今回関係あるけれども、かかわり合いがあるやつは減らすよということなのですが、その辺もうちょっと詳しく説明してください。 ◎財政課長(沖山均君) 岡委員御指摘のとおり、事業についてばらつきがあって申しわけございませんが、都市計画事業の中の主要な事業として、予算編成している段階で認識しているものの、特定財源分として都市計画税を充当するという考えでやっております。  以上です。 ◆委員(岡實君) 基本的な考え方で、私、都市計画税のかかわりでずっとこう来たのですがね、これは目的税だもんで、それ以外のやつはだめだよと言いながら来たわけですね。当然元金償還金のほうに回すと思うのですがね、基本的にはやはり都市計画税の目的に合った事業については入れるべきだと僕は思うのですがね。再度そこら辺、今後例えば業者さんと相乗りとかなんかというのならば、その分を負担を分けて、本来の目的税使うべきだと思うのですがね。その辺、最後見解だけ伺います。 ◎財政課長(沖山均君) 御指摘受けましたので、そのような形で進めさせていただきたいと思います。お願いします。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 同じところです。  都市計画税約14億円ですけれども、もう合併して10年だから、そんなこと言うなと言われればそれまでなのですけれども、磐田、福田、竜洋、豊田、豊岡、分けて答えられるようでしたらお願いします。14億円の内訳。 ○委員長(松野正比呂君) 地域ごとに分けられますかということですが。 ◎市税課長(木野吉文君) 昨年の予算委員会でもお答えしたと思うのですけれども、23年度を最後として資料はつくってありません。全体の中で課税しているという考えで、旧の市町村ごとにはつくっていないという現状です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) それでは、平成23年度の金額を教えてください。 ◎市税課長(木野吉文君) その資料については、今持ち合わせていませんので、後ほど資料が残っていましたら、お答えしたいと思います。 ◆副委員長(稲垣あや子君) なぜこういう質疑をするのかというと、岡委員とも大体同じような思いでいるわけなのですが、各地域から市街化区域の場合は固定資産税に上乗せされて、都市計画税を納めていると。旧竜洋の場合は、結構南部の工業地帯の収入があったので、都市計画税は皆さんからいただかなくても、何とか事業ができるよということで取っていなかったわけですね。合併して2年ぐらいか3年ぐらいか取らなくて、今は全地域から都市計画税を取っているにもかかわらず、この10項目見ると、街路整備とか公共下水道の繰り出しとか、元金償還は全体にかかわることかもしれませんが、ほかのものは全部旧磐田のものなのですよね、使っているのは。そういうことを考えると、やはりこういうことを全体から取るならば、全体を見渡してやはり使うべきなのかなということが頭にあるものですから、そういう質疑をしたわけです。  ですので、あればではなくて、しっかり数字を出してください。お願いします。 ○委員長(松野正比呂君) すみません、委員長からですけれども、23年の数字なので、探していただくのは探していただいたほうがよろしいのですけれども、今回は27年度予算案なので、もしなければ、それは…… ◆副委員長(稲垣あや子君) だめ。 ○委員長(松野正比呂君) いや、だめというか、これ27年度予算なので、それは努力ということでお願いしたいと思います。  それでは、今のやつは一応保留という形で、後ほどわかればということでお願いしたいと思います。  ほかに質疑があればお願いします。−−増田委員。 ◆委員(増田暢之君) 委員長に申し上げますけれども、今皆さんの意向というか考え方を聞いておりますと、一般質問ではありませんので、自分の考え等を言っている議員がおりますので、それは十分やはり配慮をしていただくように、また御指導のほうをお願いしたいと思います。あくまでも質疑ですから。ここに提示されてある内容について質疑をする場ですから、その点は勘違いしないようによろしくお願いしたいと思います。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−鈴木昭二委員。 ◆委員(鈴木昭二君) すみません、固定資産税のところでお願いします。  2.4%ほど減額ということなのですけれども、これは3年ごとの評価がえということで下がったわけです。評価がえしたそのものは、全てダイレクトにこの数字になっているということで認識でよろしいのですか。 ◎市税課長(木野吉文君) 固定資産税のうちの土地につきましては、市内でも地価が上昇している地点もありますが、南部地域の価格の下落幅が非常に大きいので、全体として評価がえによる影響額は約3,000万円と見込んでおりますけれども、減収しております。  家屋につきましては、同じように評価がえがあって、これは3億円弱減少すると見込んでおりますけれども、新増築分がありますので、全てその減額しているのではなくて、新しいものはそれなりの評価がついているということであります。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) ここで10分間休憩をいたしたいと思いますが、先ほど増田委員から話ありましたけれども、意見、先ほどについては、私のほうでは意見ということではありましたけれども、意見を通して質疑をしていたという判断をしまして、質疑と認めましたので、今後もできるだけ意見は言わないようにしていただきたいのですが、質疑にかかわる考え方として申し述べるという程度にお願いをしたいと思いますので、よろしくお願いをして、この後休憩10分間にしたいと思います。11時5分まで休憩します。    午前10時58分 休憩    午前11時1分 再開 ○委員長(松野正比呂君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、次に2款地方譲与税に移ります。  説明書の16ページですね。2款地方譲与税について、質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、3款利子割交付金について、質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、4款配当割交付金に対する質疑はありませんか。同じく16ページですね。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、5款株式等譲渡所得割交付金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、6款地方消費税交付金に対する質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 大分増額されていますけれども、積算根拠をお願いします。 ◎財政課長(沖山均君) 消費税が5%から8%に上がることによって、地方消費税率も1%から1.7%に引き上げられまして、30億円の内訳ですが、17億5,000万円を従来分、これは25年度の決算額が17億5,000万円ちょっとだったものですから、それで今回その引き上げの0.7%分につきまして、12億5,000万円として合わせて30億円としたものでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、7款ゴルフ場利用税交付金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、8款自動車取得税交付金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、9款地方特例交付金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、10款地方交付税に対する質疑はありませんか。−−太田佳孝委員。 ◆委員(太田佳孝君) 26年度の補正で3億1,412万1,000円増額して60億1,412万1,000円としているわけです。27年度予算では66億円にしているわけですけれども、一応減を見込んでいるわけですけれども、この減額理由をお聞かせください。 ◎財政課長(沖山均君) 地方財政計画の交付税総額が0.8%減額されていることとか、26年度の交付決定額、補正予算額ですね、あと臨時財政対策債の振替見込等を勘案しまして、当初比の1.6%の減額、26年度実績比で6.5%の減額を見込んで計上したものでございます。市税収入、法人税収入等も伸びておりますので、収入額の増加という要因がありますので、相対的に交付税が減額する方向にあるかなと思っております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、11款交通安全対策特別交付金に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、12款分担金及び負担金、これは1項負担金のうち1目総務費負担金と5目消防費負担金になります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、13款使用料及び手数料、これは1項使用料のうち1目総務費使用料、8目消防使用料、2項手数料のうち1目総務手数料、6目消防手数料になります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、14款国庫支出金、これも2項国庫補助金のうち1目総務費国庫補助金、6目消防費国庫補助金、3項委託金のうち1目総務費委託金になります。質疑はありませんか。−−太田佳孝委員。 ◆委員(太田佳孝君) 2項1目の総務費国庫補助金の中で、社会資本整備総合交付金で、(1)の防災まちづくり拠点施設整備事業、自治振興課と、それと(2)の危機管理課、それから、6目の防災まちづくり拠点施設整備事業ということで、全く同じ項目、説明なのですが、3つございます。おのおのの内容を説明してください。それと負担率もお聞かせください。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) 答えられませんか。外行っちゃった。どうしますか。 ◎危機管理監(山下重仁君) すみません、課長がいませんので、私のほうで。  14款2項1目の社会資本整備総合交付金の(2)の危機管理課分ですが、これについては、補助率が2分の1で、マンホールトイレに係る部分、それから、避難所の非常電源設置工事に係る部分、それから、防災倉庫に係る部分が該当します。  以上です。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) その上の防災まちづくり拠点施設整備事業、自治振興課の分ですけれども、これは歳出のほうで豊浜交流センターの実施設計に係る分、補助率2分の1を計上してございます。 ○委員長(松野正比呂君) もう一つは消防ですか。 ◎消防総務課長(矢部宏明君) 消防の分につきましては、詰所4カ所に係る建設費に充当するものでございます。よろしくお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、15款県支出金、これは2項県補助金のうち1目の総務費県補助金、3項委託金のうち1目総務費委託金、1節徴税費委託金、2節住民基本台帳費委託金、3節選挙費委託金、4節統計調査費委託金中、所管部分ですね。それと6目の権限移譲事務交付金になります。34ページ以降になります。質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 2項1目で、説明の中に2で自主運行バス等事業費補助金とございます。919万2,000円。これは自主運行バスが今後なくなると思うのですが、等というところに、これデマンド型のタクシーが入るのかなというふうに思いますけれども、説明をお願いいたします。 ◎交通政策室長(加藤一哉君) この自主運行バス等事業費補助金につきましては、前年度運行分の経費に対して県が補助金を出すものですから、26年度分の県の補助金になります。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、16款財産収入、1項財産運用収入のうち1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入中所管部分、2目の利子及び配当金中の1節の利子及び配当金中所管部分、2項の財産売払収入のうち1目不動産売払収入、2目物品売払収入、1節物品売払収入中所管部分、それと3目の出資金返還金になります。質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 2項2目の物品売払収入のところで、公用車売払収入がございます。財政課とごみ対策課があるわけですけれども、これは何台分を売ったのでしょうか。  それから、どのぐらい使ったのでしょうか。  それから、もし売った場合に、その車が果たしていた住民サービスというのはどうなるのか、お聞かせください。 ◎財政課長(沖山均君) 公用車の売払収入の財政課52万2,000円でございますが、公用車につきましては、15年目安に更新計画を立てて、古い車を更新しております。その中で、普通車両2台分として1万6,000円、軽自動車1台分として6,000円、市バスですが、今、社会福祉協議会へ貸与している車が返ってきますので、その売却分を50万円と見込みまして、計4台分の売却でございます。  年数につきましては、全て10年を経過していて、古いものから順次更新しているという状況でございます。
     以上でございます。 ○委員長(松野正比呂君) 今の、ごみ対策課は別ですか。ここ総務委員会か。ごめんなさい、すみません、私が間違えました。  それでは、ほかに質疑があれば。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 3番の出資金返還金ですけれども、磐田市振興公社出捐金が2億7,500万円返ってきますけれども、この返還理由をお聞かせください。 ◎総務課長(袴田守君) 御案内のとおり、財団法人磐田市振興公社ですけれども、平成27年度末をもって解散ということになっております。それに伴いまして、当初設立時に出捐しておりました基本財産2億5,000万円、それから、運用財産2,500万円を返却いただくというものでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、17款寄附金、これも1項寄附金のうち1目総務費寄附金です。質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、18款繰入金、1項特別会計繰入金、2項基金繰入金のうち1目基金繰入金、1節財政調整基金繰入金、2節緊急地震・津波対策事業基金繰入金、3節公共施設整備基金繰入金、4節学術交流振興基金繰入金及び7節文化施設等建設基金繰入金です。質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 基金繰入金の中で、財政調整基金繰入金が15億1,000万円戻すわけですが、補正で…… ◆副委員長(稲垣あや子君) 基金を取り崩す。 ◆委員(太田佳孝君) 取り崩すのね。わかりました。すみません、間違えました。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−それでは、質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、19款繰越金、質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、20款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料、2項市預金利子、3項貸付金元利収入、1目総務貸付金元利収入と5項雑入のうち1目滞納処分費、2目弁償費、3目過年度収入のうち1節国・県等過年度精算金、2節返還金中所管部分、4目小切手未払資金繰り入れ、5目雑入のうち1節保険料納付金中所管部分、4節電子計算機事務受託金、5節消防事務受託負担金、6節消防団員等公務災害補償等共済基金交付金、7節消防団員退職報償金受入金、11節その他の雑入中所管部分となります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、21款市債、1項市債のうち1目の総務債、6目消防債、8目の臨時財政対策債になります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 以上で歳入に対する質疑を終了します。  次に、歳出に入ります。  基本的に項ごとに行いますので、よろしくお願いします。  それでは、よろしいですか。1款議会費、1項議会費について、質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費について、質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 1項1目の一般管理費のうち職員給与費が7,927万円増額になっているのですけれども、この内容と理由をお知らせください。 ◎職員課長(松下享君) まず職員給与費でございますが、嘱託職員の増に伴います人件費の増と、地域手当、勤勉手当の増によりまして7,900万円余の増になっております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木昭二委員。 ◆委員(鈴木昭二君) 宿日直事務のところで、委託料が前年に比べると3.6倍というような予算計上されているのですけれども、これは何か特別理由があるのでしょうか。 ◎総務課長(袴田守君) 現在の契約ですけれども、これは平成24年度から平成26年度までの3カ年の継続契約といたしておりまして、3年前に入札を行いました。その入札のときに現在受託している業者が、3年分であるところを間違えて1年分の金額で札を入れたということでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 504ページをお願いします。  これ職員給与費のほうが書いてあるのですけれども、本年度が1,169人で、前年度が1,186人で、比較が17人減となっています。これはどこの所管というか、そこが減るのか、内訳をお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) ごめんなさい、総務費のところでいいのですけれども、今の質疑ですね、8目で全体やりますので。 ◆副委員長(稲垣あや子君) わかりました。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、給与費以外のところなのですけれども、一般管理費でほかに質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 説明6番の一般財団法人磐田市振興公社支援事業のうち、364万9,000円増額していますが、この内容をお知らせください。 ◎総務課長(袴田守君) 先ほど申し上げましたように、平成27年度が磐田市振興公社が最後の年になります。その関係で、退職金給与引当金でございますけれども、これが在職期間を10年を超えた職員につきましては、料率が上がりまして、対象の職員が4名いるということでございます。その関係で、今おっしゃったような金額が今回増額となってきます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 81ページの市制記念式典開催事業で、説明資料ですと市民参加型の式典を実施するというふうに書かれています。これは当日参加なのか、それともそれまでの間も参画するのか、その辺教えてください。 ◎市長公室長(太田雄介君) お答えします。  現時点では、当日の参加を中心に考えておりますけれども、いろいろ具体的な案を詰めていく中で、その前に準備段階等でもそういうものは可能かどうか検討しているところでございます。  以上です。 ◆委員(芥川栄人君) この式典は、いつごろ予定をされているのですか。 ◎市長公室長(太田雄介君) 現時点では、ことしの秋11月ごろの開催を予定しております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 説明の10番で、友好都市・姉妹都市交流事業、この交換学生とございますが、これはどこのまちへ行かれるのでしょうか。何名を行かれるのか。  それから、天竜ふるさとまつり花火負担金でございますが、このふるさとまつりは駒ヶ根でしょうか。それから、負担金の内容を教えてください。 ◎市長公室長(太田雄介君) 交換学生につきましては、当市の姉妹都市でございますマウンテンビュー市へ派遣します。予定人数としましては、5名を予定しております。  また、負担金につきましては、駒ヶ根市のほうでやる、夏に花火大会等がございます。そちらの花火大会の負担金でございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 続きまして、同じく総務費の総務管理費の2目文書広報費に対する質疑はありませんか。続きです。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 3の広報いわたの発行事業で、たしか4コマ漫画とかということが書いてあったと思いますけれども、事業概要を教えていただければと思います。  また、それ以外で来年度の広報いわたで、合併して10年たつわけですけれども、いろいろな情報発信についてはいろいろな見直しがされていると思うのですが、来年度こういうふうに広報いわたは変えようかなというところが、ページ数とかも含めて概要を御説明いただきたいと思います。 ◎広報広聴課長(大庭茂君) 4コマ漫画の件なのですけれども、月に一度広報いわたと同時に4コマ漫画を掲載したいと思っています。その作のほうを磐田市出身の脚本家の池野みのりさんという方にお願いをしたいと考えております。絵のほうは、昨年度女性起業家の育成セミナーで第1回の卒業生の方でイラストレーターの長門さんという方にお願いしたいと今考えています。  内容としましては、しっぺいが主人公になって、まちの時の話題を紹介したりだとか、そういったことをしていきたいと思っています。それが4コマ漫画です。  あと、広報のその他の関係なのですけれども、来年度は2度ほどページ数を増刷しまして、4ページを2回増刷して、合併10周年の記念事業の紹介であるだとか、イベントの紹介であるだとかをしていきたいと思っています。  あと、レイアウトのほうですが、一般質問等でもありましたけれども、少しごちゃごちゃして見にくいという声をいただくこともあるものですから、子育て支援に関したページを少しまとめていくだとか、少しレイアウトのほうも見直していきたいと今検討しているところでございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、3目財産管理費に対する質疑はありませんか。次の84ページですね。ありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、4目会計管理費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次、5目財産管理費に対する質疑はありませんか。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 1の車両管理事務で、的外れな質疑になってしまうかもしれないのですが、北側の駐車場ががらりと車両管理であいてしまっているわけですけれども、その駐車場を外に新しく借りているだとか、車両管理と駐車場の関係について少し来年度の方向性というか、伺えればというふうに思うのですが。  以上です。 ◎財政課長(沖山均君) 北側の駐車場につきましては、南側の駐車場が結構混むものですから、一般市民来客用として、今まで公用車を置いていましたが、東側のところに公用車を移しまして、市民駐車場として供用しております。  そこの土地につきましては、借地している土地でございます。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 5目のうち、説明の3番の公共施設整備基金積立金で、そのうち不動産売払収入分が1億1,371万9,000円ございます。これどこの売払収入なのでしょうか。 ◎財政課長(沖山均君) 本会議で稲垣委員の質疑にお答えいたしましたが、東新町浄化センター跡地と福田第2保育園跡地と、竜洋の町営住宅跡地の3カ所でございます。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、6目企画費に対する質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) シティプロモーションの関係です。  磐田市の定住人口、観光交流人口の増加に向けてということなのですが、定住人口は何となくわかるのですが、観光交流人口というのは現在どれぐらいあって、それをどれぐらいにしたいのかという具体的な目標というか、その辺を教えてください。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 現在数字持ち合わせておりませんので、保留とさせていただきたいと思います。 ○委員長(松野正比呂君) では、今の質疑に対しては保留といたします。  ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 6番の中学生海外派遣事業ですが、この内容を教えてください。  それから、訪問先はいろいろ行っているわけですが、その選定理由。  それから、人材育成を目的として行くということですけれども、人材育成がかなっているかどうか、教えてください。  以上です。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 中学生海外派遣事業の内容ですけれども、目的としますと、中学生に幅広い視野の養成と、外国へ行くことでいろいろな気づきを持っていただき、またそれを地元、自分の中学校で友達や仲間に伝えることで、中学生の人材育成につなげていきたいというふうに思って進めているところです。  視察先についてですが、現在のところ一昨年行きましたベトナムについて、また来年度予定していますが、今年度台湾に行っていることもありまして、台湾かベトナムでということで、これから検討していきたいというふうに思っています。  人材育成につながっているかということですけれども、ことしの広報いわたにも、いろいろ生徒たちのコメントを載せていただいているのですけれども、やはり行く前と帰ってくるときとでは、大分目の色も違っていますし、直接的ではないのかもしれないですけれども、この事業自体が子供たちの育成につながっているというふうには、担当としては感じています。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 広報等で見させていただくと、訪問先のほとんどが観光地になっています。磐田市にあるある企業には1社行っているわけですけれども、例えば私が考えるには、向こうの生徒たちと、同じ同年輩の子たちと話をするだとか、あるいは国際的な感覚を身につけるということになれば、歴史的な背景を事前に学習して、そして、向こうで話をするとか、そういうようなことは今後は考えないんでしょうか。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 事前学習については2回ほど、磐田市内のヤマハ発動機の見学ですとか、現地についての事前学習というのを行って、目的を持っていってもらうようにしています。  観光地ではないかという御意見ですけれども、今年度については、当初ベトナムを予定しておりましたけれども、中国との少しいさかいというか、領土の問題でトラブルがあって、ベトナム市内の工場等でスト等があったものですから、急遽行き先を変更して、また、時期も夏休みを予定していたところを、冬休みの直前ということで、期間も短くしたものですから、現地のヤマハさんにはいきましたけれども、交流ですとか学校ですとかというところを少し省かざるを得なかったというところが実情です。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) そうすると、27年度については、そういうことも考えていくということで、確認ですがよろしいでしょうか。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 事前学習等も踏まえ、現地の内容についても学習につながるような形で詰めていきたいというふうに思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 昨年26年の予算の資料だと、海外プロモーション調査研究事業、県と共同でというのがあったかと思うのですが、27年度項目として見当たらないのですが、なくなったのか、その状況を教えてください。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 海外プロモーション調査事業については、今年度をもって調査事業を終了するということで、産業部のほうで産業活性化推進事業のうち海外展開支援事業というところに事業自体を移したいと思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) シティプロモーションの推進事業ですけれども、ことし、今年度の体制は3名が常勤ではなくてというところでやっていたと思うのですが、来年の体制みたいなところで、今お話しできる部分があれば、教えていただきたいと思います。
    ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 委員おっしゃったように、今年度は兼務ということで秘書政策課政策推進グループ内に兼務ということで置いておりますけれども、来年度については秘書政策課の政策推進グループのグループ員として、班がついているのでシティプロモーションを主に専任としてやるような形で今考えているところです。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、7目自治振興費に対する質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 2款1項7目防犯灯設置費補助事業と、同じく自治会防犯灯LED化事業がありますが、関連がありますので、両方並べて伺います。  最初に、防犯灯設置費補助事業が25年度、26年度420万円という形で来たのですが、今年度280万円ということで140万円減っているわけですが、その内容と、自治会防犯灯、来年3月まで、全てLEDに変えるということがあるのですが、そこら辺のかかわりはどのような形になっているか、伺いたいと思います。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 防犯灯設置費補助事業の関係ですけれども、議員おっしゃるとおり自治会防犯灯をLED化に変えていきます。そういう環境が新しくなるということで、自治会のほうも防犯灯を新たに設置という件数が減るかもしれないということで、少し様子見ということもあって減らしてあります。  あわせて27年度は自治会のLED化というものに集中したいと考えて、減らしてございます。  以上です。 ◆委員(岡實君) 27年度、LEDを例えば新設するという形になりますと、蛍光灯のほうが安く上がるわけですね。例えば蛍光灯で新設を依頼しておいて、新年度は全てLED化にするということになりますと、そういう申請の中でLED化にするというような、そんなケースというのはどうなのですかね。そういったことでここら辺に影響の出てきているということがあるでしょうか。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 防犯灯設置費補助事業、自治会で防犯灯をつける事業でありますが、これはLED化に限ったことではなく、蛍光灯でも補助は出しておりますが、LED化を推奨しております。  委員おっしゃるとおりLED防犯灯の灯具、器具のところはまだまだ高いものがありますけれども、一応補助のところにつきましては、LEDも蛍光灯も一応対象になっております。 ◆委員(岡實君) それから、新年度、全部防犯灯をLED化にしてしまいますと、磐田市は蛍光灯がなくなってしまうわけですね。そうすると、今年度以降、来年の方向性というのですか、全て自治会の申請あった場合はLED化でないと困るような、そんな指導をされるのですかね。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 光の種類によって蛍光灯のほうがいいという場所もありますので、全てLED化に市から変えてくださいということではありません。蛍光灯も継続します。 ◆委員(岡實君) そうすると、そういった申請が出た場合には、一応現地を確認するとかなんかというのは、当然やるような形になるのですかね。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 各自治会で現地を確認して出てきておりますので、必要に応じてうちのほうも確認することはあると考えます。 ◆委員(岡實君) それから、もう一点、昨年に同じ2款1項7目に道路照明灯LED化事業ということがございました。これについては、道路照明灯、防犯灯、街路灯等のLED化に係る経費ということでございまして、昨年市のほうの説明の中では一、二年の間で全て道路照明を変えてしまうよということなのですが、その項目が今回出ておりません。公園の照明のLED化は予算書にはあるのですが、道路照明については既に26年度で終わったかどうか、100%変わったかどうか、その辺どうなんですか。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 昨年ありました道路照明灯LED化事業というのがございましたが、これにつきましては、市で持っている防犯灯や道路照明灯を合併10周年に合わせて部分的にLED化にするという事業と、市と自治会で持っている防犯灯、道路照明灯全灯の事前調査という2つの事業がございます。  調査のほうにつきましては、現在来年度27年の自治会防犯灯LED化事業にあわせて今調査中です。  市所有の防犯灯・道路照明灯につきましては、1年で全てLEDに変えるということはとても無理ですので、今のところ84カ所をLED化に変えております。  行政設置の防犯灯、道路照明灯のLED化につきましては、五、六年かけてLED化を計画しております。  以上です。 ◆委員(岡實君) そうしますとね、道路照明灯LED化事業というのが、今年度予算書の中には載っていないのですが、今年度はやらないということですか、そうしますと。新年度です、すみません。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 市で持っている街路灯のLED化というもの、行政設置の分は27年はやりません。自治会防犯灯のLED化に集中します。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 99ページ、6の地域防犯活動団体支援事業の使用料、機材等レンタル料がふえているというか、昨年なかったと思うのですが、これの中身を教えていただけますか。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 使用料ですが、これにつきましては、防犯カメラのレンタル料で、本会議でもお答えいたしましたけれども、防犯カメラの設置をふやしていく予定、そのレンタル料になっております。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−細谷委員。 ◆委員(細谷修司君) 交流センター施設管理事業のところで、考え方をお聞きしたいと思います。  大分交流センターに対する思いというか、そういうものが強いように今回感じました。その中で交流センター自体が旧の市町村単位であったり、旧の市の状態であったりということで、テリトリーとかそういう人口カバー率というのは、かなり交流センターごとに違っているのではないかなと思います。  交流センターが今後3年間ぐらいで大体一緒ぐらいの内容ですかね、充実させていきますよという中で、そうしますと、すごく人口カバー率の高いところ、それから、面積の広いところとかってございますので、今後の考え方の中で、なかなか今の現状を新しく交流センターを建てるというのは難しいのかなと思いますけれども、そういった場合にテリトリーの変更ですか、そういうものも考えながら今後やっていくのかなと。そういう考え方をちょっとお聞かせいただきたいと思いますけれども。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 本会議場でもお答えしておりますけれども、委員おっしゃるとおりその一つのセンターに対する人口というものは大きく差があります。今後見直しの必要性というものは感じております。それは一方的に行政からの見直しだけではなく、地元住民の地域づくりの範囲とか考え方にもかかわってきますので、地域の皆さんと話し合いを進めながらやっていきたいと考えております。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 今の交流センターのところですけれども、全体把握していないのであれなのですが、まずは無人から有人になる、館長が新しく配置されるところがあるのかどうかということと、それから、今の館長さんが来年どれだけ残るのかというところだとか、新しく4月から館長さん、もし急に来るところがあるとするなら、この研修体制みたいなところがどうなっているのかというところを伺いたいと思います。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) 答えられる範囲でどうぞ、お願いします。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) まず、無人から有人というところは、今のところございません。  それから、いわゆるセンター長ですけれども、26年度から継続する方が21分の16名おります。センターの職員も含めて、センター長の研修ということは非常に大切ですので、26年の後半から現在もそうですが、新しくセンターになる職員、センター長に対して、毎週のように研修を行っているところです。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) すみません、101ページ、民間バス事業者支援事業の駐輪場ですが、どちらにどの程度のものなのか、教えていただけますか。 ◎交通政策室長(加藤一哉君) 利用促進事業費の200万円の話だと思うのですが、今考えておりますのは、豊岡地区の広瀬バス停のところに駐輪場を1つ予定しています。それと、遠鉄ストアの見付店ができましたので、そこのバス停の整備と、あとは老朽化したバス停の整備などです。候補はそのぐらいなのですが、遠州鉄道さんと本当にどこが効果が上がるだろうというのは、さらに詰めていきたいと思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−鈴木昭二委員。 ◆委員(鈴木昭二君) 今のところです。補助金が系統が12から21にふえて、補助金も4倍ほどになっているのですけれども、これ何かデマンドと何か絡みがあってこういうふうな形になったのか、それを知りたいのですけれども。 ◎交通政策室長(加藤一哉君) バス路線につきましては、補助金が実は10年ほど大きな見直しを実施しておりません。それと、利用者は減っていますので、遠州鉄道のバス事業自体も欠損額が膨らんでいるということで、補助金自体は前々から検討していかなければいけない問題でした。デマンドとは直接関係しているというわけではないのですが、すみ分けした中でやっているものですから、デマンドの運行がこの補助金につながったということではございません。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 資料の48ページをお願いします。  2の1の7、ナンバー10でコミュニティ施設整備費補助事業ということで、コミュニティ助成事業が5件、公会堂新築が2件ということで、どういう内容なのかということと、平成26年度中にその申請があったのはどのくらいで、採択がこの7件だと思うのですけれども、そこら辺をお願いします。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) コミュニティ助成、宝くじの5件ということでございましょうか。これにつきましては、5地区から申請がございまして、上げております。26年度につきましては、旧市町村ごとに5自治会申請して、最近は宝くじ助成のほうは2自治会、あるいは3自治会ぐらいが対象になっておりますのが現実です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 私が聞いたのは、ここに出ている5件はどういう内容でついてるのか、公会堂新築はどこなのかということと、これに予算計上されている、いないところも申請されたけれども、計上されなかった、そこら辺はどのようになっているのですかという質疑なのですが。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) 失礼いたしました。  5件でございます。まずどのような内容かということでありますが、地域で使う放送設備であったり、プロジェクターであったり、あるいはコミュニティ用の屋台の天幕、パソコン、そういったものが申請の内容になっております。  それから、公会堂の新築の件でございますが、1件でありますが、この対象自治会は一言北原になっております。  このコミュニティ助成事業補助金の5件につきましては、それぞれの自治会連合会の支部、5市町村の中で順番で上がってまいりますので、その中で順番が決められております。  公会堂補助のコミュニティ助成事業の補助金につきましては、対象自治会の中で話し合いをしてもらい、1件がこの申請をすることになっております。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 決算のときは、例えば、では何とか自治会、何とか自治会って載っているでしょう、ここをやりました。これがどこどこをやるから2件ということで載っていると思うのです。今、一言北原というのはわかりましたけれども、もう一つはどこなのかということと、コミュニティはどこどこの自治会で天幕とかいろいろあると思うのですよ。そこら辺わかっていると思うのだけれども、なぜはっきり答えてくれないのでしょうか。 ○委員長(松野正比呂君) 今、資料がないということですかね。 ◎自治振興課長(村松紀代美君) あります。すみません、5件です。  5件につきましては、まず竜洋の金洗、それから、豊田につきましては豊田東地区、旧磐田につきましては田原地区、福田につきましては福田西部地区、豊岡につきましては栗下自治会、この5件になっております。  それから、公会堂新築につきましては、1件は宝くじ助成で一言北原は申し上げましたが、もう一件につきましては、向笠竹之内になります。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。−−秘書政策課長。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 先ほど芥川委員の質問で保留にさせていただいた現在の交流人口の数についてですけれども、観光交流客数ということで宿泊客数と観光レクリエーション客数を合計した数字になるのですけれども、年間今350万を少し超えているような状況です。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) いいですか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) それで、それをどのぐらい程度見込むようにするために、先ほどのシティプロモーションのメンバーで議論をしていくということだと思うのですが、その目標というのはどの程度なのですか。 ◎秘書政策課長(袴田浩之君) 観光交流客数の目標ということですと、平成22年度で330万人で、平成28年度に350万人を目標としていた数字は達成していますが、シティプロモーションとしてこれから交流人口をふやしていくという具体的な数字は今持ち合わせていません。来年度事業を進める中で、こういった観光交流客数ですとか、それ以外にも交流しているようなこともあるとは思われますので、そういうところも拾い集めながら具体的な目標値を定め、推進していきたいというふうに思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) いいですか。  もう一つ保留がありましたけれども、今お答えはできますか。後ほどね。わかりました。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、ここで昼食休憩にしたいと思います。午後1時まで休憩をしたいと思います。    午前11時57分 休憩    午後0時57分 再開 ○委員長(松野正比呂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ○委員長(松野正比呂君) ここで、歳入1款7項1目都市計画税の保留部分について、市税課長より発言を求められておりますので、これを許します。 ◎市税課長(木野吉文君) 午前中に稲垣委員から質問がありました都市計画税の平成23年度の旧市町村ごとの資料ですけれども、引き継がれておらず、ありませんでした。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、歳出の審査に戻ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、歳出2款1項8目人事管理費に対する質疑はありませんか。  ここでは給与費明細書を含む人件費全体も受け付けたいと思いますので、よろしくお願いします。  それでは、質疑を受け付けます。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 504ページお願いします。  これ見ると、一般職総括の中で、職員数が17人減というふうになっています。どこの部署でどのぐらい減らすのか、内訳をお願いします。 ◎職員課長(松下享君) それでは、本予算書を作成するに当たりまして、12月時点で組んだところの考え方をお話しさせていただきたいと思います。  まず、17名の減についてですが、市長部局で19名減、教育委員会部局で4名、消防のほうで3名増、それから小中一貫ふるさと先生のほうで3名増の、合わせまして17名減ということになっております。  細目につきましては、2款で23名の減、3款の中で9名の減、4款の中で17名の増、6款で2名の減、7款で1名の増、8款で4名の減、幼稚園費のほうで1名増で、教育委員会でマイナス4、以上で市長部局マイナス19と教育委員会マイナス4の23名分です。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 先ほど、ふるさと先生の関連がありましたけれども、ふるさと先生の場合は、正規の職員でなくて嘱託ではないのですか。どうなのですか。 ◎職員課長(松下享君) このところを皆様にお示しするための考え方ですが、7時間45分以上働くことを常とするような職員の数を上げるような形で考えておりました。ですので、ふるさと先生は嘱託の身分ですが、この様に働いているということで、ここに加算してあるものでございます。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 次の職員手当の内訳ですけれども、地域手当が増額になっています。これは3%が4%になったということの増と思われますが、人数的には減っているわけです、少し。17人だか。具体の内容をお示しください。  それと、下から2番目の勤勉手当。平成26年度当初は減額されていたわけですけれども、5,376万6,000円ふえています。この内容をお示しください。 ◎職員課長(松下享君) 地域手当の増額についてでございますが、委員おっしゃったとおり、3%から4%に上がったことによります。額につきましては4,594万円と積算しております。  それから、勤勉手当の改定でございますが、6月、12月の支給率を0.675から0.75に上げたことによるもので、金額につきましては6,572万5,000円になっています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 6の職員能力向上研修で、自主研修の補助金というのがあるわけですけれども、補助金なので、一定金額、職員の方がお支払いになると思うのですけれども、この考え方と、この予算80万円というのが今年度の実績になってしまうかもしれないのですが、手を挙げてくれる職員が多くて、足りない方向なのか。その手挙げ状況みたいなところを教えていただければというふうに思います。  以上です。
    ◎職員課長補佐(市川暁君) 自主研修の場合は、おおむね3万円を上限に、旅費とか講師料、そういったものの補助をしています。  実際の手挙げ状況ですが、予算に対して満額行くところまでは行ってないので、次年度については絞らせていただきました。  以上です。 ◆委員(草地博昭君) わかりました。  その次の7の被災地現地研修について次移りますけれども、これについても恐らく手挙げだと思っているのですが、今年度も同じ事業やっているわけですけれども、同じ職員が行きたいといって行けるものなのか、それとも手挙げがたくさんあって、次々に新しい職員がトライしたいと思っているのか。その辺の状況はいかがでしょうか。 ◎職員課長(松下享君) そちらの定数につきましては、本年度の実績みたいになってしまいますが、要望よりもたくさんの職員が手を挙げていただいた経緯がございます。そんなこともございまして、来年度も希望者が多いと想定しておりますので、できるだけ多くの職員に研修させようと思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) 稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 同じところですけれども、昨年度は15人の予算ということで聞いております。今年度ふえておりますけれども、何人の予算計上でしょうか。 ◎職員課長(松下享君) 人数は昨年度同程度と考えております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) その下の職員福利厚生事務の中のメンタルヘルスチェック委託料がふえておりますけれども、この理由と、あと、職員に対する心身の健康についての考え方、教えていただけますか。 ◎職員課長(松下享君) まず、メンタルヘルスの増額のお話でございますが、こちらにつきましては、全正規職員に対しチェックテストを行いまして、心身の状況を把握しているものでございます。  増額の分につきましては、結果が出たところで、その結果をどのように判断するかという意味を持ちました研修会を開催しようと思いまして、その分増額になっております。 ◆委員(芥川栄人君) 後半の部分の職員の心身の健康についての考え方、教えていただけますか。 ◎職員課長(松下享君) 申しわけございませんでした。  職員が健全に働く環境を整備することは、雇用者責任といいますか、職員課の責任だと思っております。そのような中で今回のストレスチェックもあるわけですが、あわせまして相談窓口等も開催しておりますので、全ての面で精神的なケアもしてまいりたいと思っております。  以上です。 ◆委員(芥川栄人君) すみません、今出てきたので、相談窓口で問い合わせのあるような、問い合わせなのか、それとも気づきなのか、わからないですけれども、その辺の重立ったもの、挙げられるものがあれば教えてください。 ◎職員課長(松下享君) 相談窓口と申しますのは、少し心が落ちたような職員がみずからそのケアをすることを目的にしておりまして、管理側に知れるとなかなか相談しにくいということもございますので、開設しておることは示しますが、内容については聞かないようにしております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、9目防災費に移ります。  防災費に対する質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 2款1項9目の説明書の107ページのところ、2点大きく聞きたいと思います。  最初に、3の海岸堤防整備事業でございます。今回、太田川右岸が140メートル、竜洋公園内が363メートルということでございますが、昨年、補正予算で福田の太田川河口で300メートル、竜洋の海洋公園の東側のところで400メートル、補正を組んだのですが、その説明のときに、寄附していただく土があればどんどん補正予算でやりたいぐらいのお話があったのですが、その300メートル、400メートルと今回の当初予算の140メートル、363メートルとのかかわりというのですか。全て終わってしまったもので、今度、これはこれでやるよとか、その辺どうなのですか。伺いたいと思います。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) まず初めに、今年度補正をとりました工事の内容でございますけれども、竜洋海洋公園と太田川の右岸の河口部が現状の堤防高が低いということで、こちらを第1弾で、他の地域と同じように、9メートル付近まで盛り土するということで始めておりまして、具体には、太田川の河口部でいいますと、漁港区域になりますけれども、延長は60メートル。あと、竜洋海洋公園ですと、延長が254メートルということで、海洋公園につきましては、東側から西へ向かってということでございますけれども、そちらのほうを予算づけをして行おうとしたのですけれども、盛り土材、主に県の太田川の掘削土を流用するということで考えていたのですけれども、工事を始めたところ、なかなか水分が抜けないという状況がございまして、県のほうで昨年末から業務委託をかけて検討していただいているということから、今年度、土がなかなか現場に入ってこないということで、こちらのほうを来年に繰り越しをするということで、今言いました工事をやっていく。  それに対しまして平成27年度の当初予算ですけれども、同じように竜洋海洋公園と太田川の河口部を引き続き2カ所で行うということで、福田につきましては、60メートル、平成26年度に施工する予定だったところをさらに東側に延長していくということです。竜洋につきましては、ことしが公園の東側から西へという話をしましたけれども、平成27年度につきましては、竜洋の水門を起点にしまして東側に施工してくるということで、竜洋につきましては連続ではなくて離れたところから、西と東から追ってくるということで、太田川につきましては、平成26年度の施工箇所に連続した区域というような考え方をしております。  以上です。 ◆委員(岡實君) もう一度確認ですが、そうしますと、補正予算で組んだところは来年度へ持ち越しということで、今、でき上がっているのが60メートルと254メートルということでよろしいですか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 現場はそのような形になっていますけれども、予定している高さが、盛り土材がないものですから低いままということで、来年度、繰り越しをしてそこを盛り上げていくという考え方をしております。  以上です。 ◆委員(岡實君) そうしますと、当初、10メートルまで3分割してやっていくわけですね。それは一通り、1段目も終わってないところもあるわけです。福田ですと60メートルということでございますので。254メートルとか60メートルというのは、1層目が60メートルとか254メートルということですか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 平成26年度に発注、工事は繰り越しもしますけれども、繰り越しの工事完了しても、今、9メートルまでは高さが足りないという状況があります。 ◆委員(岡實君) わかりました。  いずれにしても繰り越して、新年度の分と合わせて平成27年度にやるということでよろしいですね。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) はい、今おっしゃるとおりで、予算的には繰り越しはしますけれども、現場では連続してやっているように見受けられると思います。  以上です。 ◆委員(岡實君) 次に、昨年、石川建設が土砂を150万立米寄附したということで、当初必要の土量が315万立米で、太田川が100万立米、公共工事が60万立米、石川建設を合わせますと310万立米ということで、全体の315万立米に近いわけですが、それで盛り土はほぼ確保したというような解釈でよろしいですか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 昨年始めるときに、盛り土材が課題の大きな1つだというお話をさせていただきましたけれども、今、委員がおっしゃったように、盛り土材、特に石川建設から提供いただけるということで、めどはかなり立ってきたと考えております。 ◆委員(岡實君) そうしますと、当初、工期が20年間という設定だったですが、市長は当初から土が問題で、土が集まればという話があったので。そうしますと、当然、20年間というのは、見通しでいけば早くなる可能性があるという考え方でよろしいですか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 今言いましたように、盛り土材のほうは安心感が出たということでございまして、あと、現場でいいますと、法規制の区分がございまして、7キロ強、過半が保安林の区域となっています。県のほうと今、役割分担を調整中でございます。いずれにしろ、県の工事と連携して、あわせ持って現場ができていくということで市と県が連携することから、市のほうが予算確保して盛り土材も確保して単純に工事期間を圧縮できるかというと、そこのところは県ともよく詰めていかなくてはいけないという課題は残っています。  以上です。 ◆委員(岡實君) すみません、県との詰めということですが、当初の話ですと、県とは割と早く話が決まるというようなニュアンスでおったのですが、大体、今の想定でいきますと、新年度のどのくらいで見通しがつきそうですか。県だけの話ですが。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 県のほうと今詰めているわけなのですけれども、県のほうでも今、中遠農林の管轄する保安林区域、掛川市と袋井市が、現場着工しておりますので、同じような役割分担で、磐田市だけ違うというわけにもいきませんので、その辺のおおだたいのところはあるかと思うのですけれども、まだ詳細のところはなるべく市の負担が軽減されるように交渉しているということで御理解いただきたいと思います。 ◆委員(岡實君) それでは次に、同じところで、107ページ、6番のところです。津波避難施設整備事業費補助事業ということで、平成25年ぐらいから始まりまして、2,500万円ぐらい、あるいは前年度は1,750万円、今年度900万円ということで少しずつ下がっておるのですが、今年度、何基ぐらい予定しているか。それから、今後の見通しについてどうか、伺います。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 今年度の予算上の見込みは3件、3基分を予定してございます。このうち、過年度に1社からお話いただいておりますので、1社は予定どおりいくかなということで、あと2社、今後の対応ということで考えております。 ◆委員(岡實君) もう一点。平成25年度から始まったのですが、通算で、新年度含めて、どれぐらいになりますか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) すみません、今、今年度と言いましたけれども、平成27年度でございますので、まず訂正をさせていただいて、この事業の件数ですけれども、平成24年度に11件、平成25年度に5件、平成26年度に4件ということで、都合20件の交付をいたしました。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−細谷委員。 ◆委員(細谷修司君) では、同じところで防災無線整備事業というところで、今年度、デジタル化実施設計業務委託ということでついてありますけれども、その内容とスケジュールなんかをお聞かせください。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) 防災の無線の関係ですけれども、現在は、アナログ電波、アナログの方式で設備してございますけれども、国のほうで、平成34年11月、アナログ電波から設備をデジタルに変えるというようなことが決まってございまして、対応するというものです。  スケジュールといたしましては、今言いましたように、平成34年が終期になりますので、来年度、実施設計をかけて、その後に旧の市町村を単位に、複数年かけて整備していきたいと考えています。 ◆委員(細谷修司君) その中の計画の一部に、防災ラジオを前回、安く分けていただいたのですけれども、そちらのほうの対応とか、竜洋地区ですと、各家庭に同報無線の受信機がございますけれども、そういうふうなところの対応というのは今後どう考えていますか。 ◎危機管理課長(鈴木秀之君) ただいまの設備がアナログということで、防災ラジオも当然、アナログに対応したということでございますので、デジタルになると、そのまま聞こえるかというと、聞こえないというのがあります。  そこのところ今後検討していきたいと。何か工夫して、現有のままで聞けることがあればということを検討していきたいと思います。 ◆委員(細谷修司君) もう一つですけれども、その下、災害時生活用水確保事業というのが30万円ですけれども、この内容をお聞かせください。 ◎危機管理課主幹(寺田親史君) 災害時生活用水確保事業ですけれども、こちらの内容につきましては、自治会で災害時に使う生活用水を確保するために、機器とか例えばポンプとか井戸を打つとか、そういったものに使っていただくということで、3万円を上限に交付していく補助金になります。  以上です。 ◆委員(細谷修司君) もう一点は自主防災組織支援事業というところですけれども、今回、補助対象の中に防災倉庫。これはもう例年出ているわけなのですけれども、今回、各自治会に配備されています可搬ポンプのほうが出てませんので、ほかに移ったのか、それとも、自治会のほうは大体これで配備が終了したのか。今年度、その更新計画がなかったので、なくなってしまったのかなと。その辺をお聞かせください。 ◎危機管理課主幹(寺田親史君) 可搬ポンプにつきましては、例年、補助金をいただいて10台ほど更新しておりますけれども、補助金が当初予算のときにつかなったものですから、その補助金がついたところでまた取り込むというか、そういうふうな形をとりたいと思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 同じく109ページの防災備蓄倉庫整備事業で防災倉庫新設工事です。  平成26年度、本年度は、中部小、長野小、竜洋西小でということでお伺いしておるのですけれども、平成27年度はどこで、今後の見通しも含めて教えていただければと思います。 ◎危機管理課主幹(寺田親史君) 防災倉庫につきましては、平成27年度につきましては、竜洋東小、竜洋北小、豊岡東公民館の3棟になっております。  今後の見通しにつきましては、現在、計画を立てておりますが、まだ1基も整備されていないところがありますので、そちらからやっていきますけれども、また地区長さんとか自治会連合会と協議をしながら進めていきたいと思っております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、10目交通安全対策費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、11目支所及び出張所費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 続きまして、12目電子計算機費に対する質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 説明書の125ページ、説明資料の56ページです。  2点伺いたいと思います。  最初の大きな1点目は、2款1項12目の情報化研修推進事務ということでございます。情報化リーダーへの情報セキュリティ研修の実施に係る経費ということでございますが、平成25年度決算の中で、情報システム課の課題として、職員の情報セキュリティーレベルは以前よりも向上しているが、新たな脅威に備え、より一層のレベル向上を図る必要があるということでございます。予算を見ますと、今年度50万3,000円、前年度が52万円、その前が50万円ということで大体横ばいなのですが、国とか企業とかサイバー攻撃等で狙われているところもあるものですから、新年度予算で大丈夫かどうか、その辺の考えを伺いたいと思います。 ◎情報システム課長(近藤政史君) まず、研修委託費の委託料48万6,000円ですが、これは、細目は前年度と同じでして、標的型メール対応訓練、それから職員を集めて集合研修、それから外部監査人によるセキュリティー外部監査で構成されておりまして、メニュー自体は特に変化はないのですが、去年と比べて減っているという理由は、外部監査が平成26年度初めて実施でしたので、その辺で少し開催経費を縮減できるかなと思い、少し減っている次第です。  これで大丈夫かということですが、また状況を見ながら、この3つのメニューの比重を変えたりとか、あと、費用がかからないという部分では、マイナンバー生成機関になっています地方公共団体情報システム機構というのがありまして、そこで無料で受講できるeラーニング、インターネットを使った自己学習もありますし、職員課で通信教育をやっていただいている中にもセキュリティーのコースもありますし、それからICTの資格についても、ICT人材育成計画の中で推奨している資格がありますので、そういった資格をとることを職員に推奨していく中で、いろいろセキュリティーの確保について来年度も工夫していきたいと思います。  以上です。 ◆委員(岡實君) それでは次に、その下のほうの地域情報化推進事業、5番になりますか、125ページでいきますと。その説明資料見ますと、メール配信システム利用料が前年度より50万円ふえています。平成26年度でも47万円。今回でも50万円ぐらいふえているのですが、それ以外は横ばいということでございますが、このメール配信システムの平成26年度との違い。内容的なものを教えていただきたいと思います。 ◎情報システム課長(近藤政史君) この増額の内容でございますけれども、メール配信システム利用料というのは「いわたホッとライン」の利用料でございまして、市民の方が利用している市民版というのと、あと幼保小中で利用している学校版というのがございまして、その利用者数が今、約2万8,500人なのですが、3万人を超しますと基本料金が1ランク上がるということで、そこの部分の基本料が月当たり税抜きで2万5,000円増を見込んだということと、防災情報と同報無線で放送した内容の履歴を市のホームページからウエブで確認できるような機能を追加したいということで、その追加部分が月当たり、これも税抜きで1万5,000円ということで、その2つの要素で増額になったものです。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑。−−草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 岡委員が聞いたところと少しかぶってしまうかもしれませんけれども、4の情報化研修推進事務の中で、昨年、ベネッセが個人情報流出で、あれは委託会社の社員が流出させてしまったというとんでもない事件が起こったわけですけれども、こういう研修の中でやるしかないのではないかというふうに思っているわけですけれども、昨年度途中から、たしか外部のUSBは差さないようにというか、いろいろな対策とってこられていると思うのですが、改めて来年に向けての個人情報をしっかりと守っていく仕組みづくりで、今年度うまくいったから、来年は例えば保険の話だとかかけなくてもいいような体制になっているのかどうか。個人情報を守るための対策について伺いたいと思います。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 先ほど委員が御指摘されたように、外部のUSBの接続を禁止したということは去年新しくやらせていただきましたが、今まだ外部には何も公表しておりませんが、課の中では、電子メールに添付ファイルをつけるときに、自動的にパスワードをつけるというような機能の実験的な試行も課の中ではやっておりまして、一応、課題なども見えてきましたので、また使い勝手とか、職員にとってそういったものがいいのかどうかというようなことも検討しながら、新たな対策については研究していきたいと思っています。  以上です。 ◆委員(草地博昭君) そういう中でもしもし漏れてしまったときの保障みたいなところで保険が多分あると思うのですが、そういうところに入るような検討とかというところは来年度に向けてされてきたのかどうか、お願いします。 ◎情報システム課長(近藤政史君) 正直言いますと、保障のことまで考えて予算の要求をしているかというと、そうではないのですが、いずれにいたしましても、情報を漏らさないということを目標に、日々の標語の唱和や職場点検だとかというものを繰り返しておりまして、平成26年度については、そういった情報のトラブルというのは、平成25年度の6件から3件というような。内容は誤発送とかそういうものなのですけれども、数値的にも下がっておりますので、ある程度効果は出ていて、まだそこまでは必要ないのかなというふうに判断させていただいています。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、13目市民相談費に対する質疑はありませんか。−−太田佳孝委員。 ◆委員(太田佳孝君) 説明の3、市民相談事務で、受付業務委託料の内容を。596万2,000円ございますが、内容を教えてください。 ◎市民相談センター長(川島光司君) 市民相談事務におきまして、新たに受付と電話交換事務の委託ということでございます。こちらは、平成27年度から受付業務を、今まで、秘書政策課市長公室で行っておりましたけれども、平成27年度から広報広聴課市民相談センターに移管するものでございます。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 受付と電話交換という話ですけれども、受付というのはどんな受付をなさるのですか。教えてください。 ◎市民相談センター長(川島光司君) 本庁舎1階フロアで受付、電話交換やっていると思いますけれども、そちらのほうでございまして、館内来庁者の受付案内業務、あるいは外からの電話の電話交換業務、あるいは館内の放送業務等を予定しております。  以上でございます。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、14目諸費になります。  諸費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。
    ○委員長(松野正比呂君) それでは、ここから項ごとに行いますので、よろしくお願いします。  2項徴税費、128ページになりますが、徴税費に対する質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 昨年も聞かせていただきましたけれども、コンビニ収納の関係と、収納率、滞納率との関係で改善しているところ何かありましたら、教えてください。 ◎収納課長(池田弘人君) ただいまのコンビニ納付の関係と収納率の関係でございますが、基本的に滞納する方は、もちろんお金がないだとかいろいろ困っている方ですので、コンビニ納付をしたからといって、それですぐに収納率にまで大きく反映するということはないと思います。  ただ、分納されている方も、時間内に銀行に行けないというような方が多数いますので、そういう方については納付の利便性を図るということができておりますので、多少、収納率、数字にはあらわれないまでも、納付にはつながっているというふうに思います。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、3項戸籍住民基本台帳費に対する質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 60ページ、これは資料です。  2款3項1目2の住民基本台帳事務ということで、この中で一番大きなのは一番下の個人番号カード等関連事務委託交付金。これはどちらに交付するわけですか。 ◎市民課長(野中昌一君) こちらの交付金の関係ですが、5,899万2,000円計上されていますが、これは、まず磐田市の人口、日本人、外国人を含めて17万人ございます。10月に国から発送されます通知カードが単価230円です。これを掛け算しますと3,910万円になります。それと、国が試算しております人口、磐田市の場合は17万人掛ける個人番号カードが約7.8%と計算しておりますので、この人口が1万3,260人。この1万3,260人に今度は、個人番号カード1枚当たりの単価が1,500円ということですので、これを掛けますと1,989万円という形になります。  したがって、この合計額が5,899万2,000円となります。  これは全て、国のほうに市のほうから納めます。10分の10の国庫補助ですので、満額見返りがあるという形になっております。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 個人番号カード、7.8%の1万3,260人ということですけれども、1枚当たり1,500円かかると。そういう中で、住基カードについては500円有償ということになっていると思いますけれども、この個人番号カード、身分証明にもなるというような答弁でしたが、希望者には無償で配付するということでよろしいのでしょうか。 ◎市民課長(野中昌一君) はい、委員おっしゃるとおり、今度の個人番号カードに関しては、全て無料です。  ただし、先ほどの1,500円の中には、ICチップ入りのカードの単価、あるいは国、いわゆるJ−LISというものが担当しているのですが、各自治体に必要な、申請のあったカードの郵送費であるとか、全て含まれた金額となっています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありますか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、4項選挙費に対する質疑はありませんか。142ページです。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、5項統計調査費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、6項監査委員費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 次から目ごとになりますので、よろしくお願いします。  次に、7項市民活動振興費のうち1目協働共生社会推進費に対する質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 説明の2番の男女共同参画センター運営事業が367万4,000円増額されています。この内容を教えてください。  それと、同じくその6番で、男女共同参画推進事業が179万円増額していますが、この内容を教えてください。 ◎市民活動推進課長(名倉章君) お答えいたします。  初めの男女共同参画センター運営事業の増額についてですが、これは、そこの臨時職員分の賃金等の増額分でございます。  それから、次の男女共同参画推進事業の中の増額分につきましては、平成28年度に参画プランの改正を予定しておりますので、平成27年度には、その事前ということで、市民意識調査を考えております。それに伴う費用の増額分となります。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 今の男女共同参画事業の計画立てるのとかぶるのかもしれないですが、多文化共生のほうの計画策定もあると思うのですが、それも同じ手順でということでよろしいでしょうか。 ◎市民活動推進課長(名倉章君) お答えいたします。  多文化共生推進事業にあります多文化共生の推進プランにつきましても、平成28年度に改正を予定しております。同じタイミングで改正を予定しておりますので、実は来年度、平成27年度につきましては、市民意識調査を男女共同参画、それから多文化共生に関するものあわせまして、同時に実施したいということで計画しております。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、7項の2目スポーツ振興費に対する質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 2款7項2目、説明書の163ページ、資料のほうは66ページです。  大きく2点伺いたいと思いますが、最初に1点目、(仮称)竜洋体育センター施設整備事業でございます。そこの説明の中に、竜洋公民館周辺をエリアとした施設整備を行うというような形のあれがあるのですが、私の一般質問で、解体後すぐにほかをやるという形ではなくて、当面は駐車場としておくということでございますが、この予算で具体的な内容の説明をお願いしたいと思います。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 竜洋公民館周辺をエリアとした施設整備ということでございますが、こちらは、現在建築を進めております(仮称)新竜洋体育センターの建設に当たりまして、今年度から一貫してこういった形の表現をとらせていただいておるものですが、新竜洋体育センターが完成の後、できるだけ速やかに現在の竜洋体育センターを解体、もう一つは老人福祉センターを解体。これによりまして、もともと不足しておりました駐車場を広く確保できるように進めていくということで、これによりましてなぎの木会館を含めた一体的なエリアとして活用しやすいようなものを目指していく整備計画でございます。  以上です。 ◆委員(岡實君) 広く確保していくということでございますが、竜洋地区の公共施設見直しの中では、幼保一元化を目指して、保育園の移転が将来的に計画されておるのですが、当面という形になりますと、その跡地の舗装復旧的なものもある程度しっかりされると思うのですが、その辺はどうなのですか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 当面は駐車場ということで今考えをしてございます。その中では、できるだけ経費が安価に抑えられるような方法ということで検討を進めておりますので、アスファルト舗装ということではなく、現状では再生砕石のような、後の活用がよりやりやすいようなものに仕上げていきたいという考えでございます。  以上です。 ◆委員(岡實君) もう一点。  先ほど、老人福祉センター出たのですが、3款1項3目と同じなのですが、解体工事費があるのですが、建っているのが1つということでございますので、その工事も多分並行する形になるのですが、その辺の工事の連携というのはとってやると思うのですが、いかがですか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 解体の工事につきましては所管が違いますけれども、一緒に発注をかけていきたいというふうに考えてございます。  以上です。 ◆委員(岡實君) それから次に、66ページでいくと5番のところにありますが、竜洋体育センターの施設管理事業なのですが、一応ここに施設運営委託料が680万円ぐらい計上されております。これについて、今、老人福祉センターと別なのですが、今度、1本になりますと福祉センターの機能も入ってくるものですから、具体的にどのような形の委託というのですか、管理されると思うのですが、そこら辺の考え方について伺いたいと思います。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) この館につきましては、新竜洋体育センターが完成しました後の9月以降からというふうに時期は考えてございますが、主要な事務としましては、体育施設の維持管理、あともう一点重要なのが、現在の老人福祉センターが担っている機能というのを維持していくために必要な人員というものがございますので、これを、開館中は常駐となる予定でございますが、老人福祉センターの機能が損なわれないよう、人員をしっかりと配置していきたいと考えております。  以上です。 ◆委員(岡實君) もともと竜洋体育センター、指定管理に入っていたのですが、今回、このような形で体制変わるのですが、将来的には指定管理を考えてみるかどうか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 今回、新竜洋体育センターの建築ということで一部複合施設となるものですから、当面、直営で、必要なかかる経費等をしっかりと見きわめをしまして、将来的には指定管理ということも検討していきたいというふうに考えております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) (仮称)竜洋体育センターの施設整備事業で、先ほど補正で、本体工事のおくれに伴って機器の納入がおくれて、1,514万5,000円減額されたわけです。平成27年度予算では、また同じように施設用機器として1,875万4,000円が計上されているわけですけれども、この増額になった理由を教えていただけますか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) これにつきましては、機器類をより直近の値段で見積もりを徴したことと、利用上、平成26年度につきましてはかなり、数量等、ざっくりした積算をかけていたところですが、その辺をもう一度精査しました金額で新年度は予算要求させていただいているところでございます。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) そうすると、内容的には、性能等は別に変わってなくて、同じものを発注したけれども、金額が上がったということでよろしいのでしょうか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 基本的には変更ございません。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−芥川委員。 ◆委員(芥川栄人君) 8のスポーツ教室等開催事業で、体育協会の補助金が若干ですけどふえているのですが、詳細を教えてください。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 体育協会への補助金の増加の理由でございますが、これにつきましては、まず大きな柱として、合併10周年記念事業のスポーツ関連の事業の企画を今、体育協会、関係団体とともに進めておりますが、こちらの必要経費で100万円を計上していること。  また、加えまして、市町対抗駅伝の従来の補助金に、今回、選手のベンチコートを更新するための費用を増額していること。  それともう一点は、市内全域でさまざまな形でグランドゴルフをされている方がいらっしゃいますが、その皆さん、市全域の方にお声かけをしたグランドゴルフ大会を企画してございます。これにかかる必要経費を体育協会の補助金に増額しております。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 6番で、東大久保の運動公園テニスコート整備事業で合併特例債が1億5,890万円予算化されていますけれども、合併特例債を使う根拠と申しますか、これを使う理由をお知らせください。 ◎財政課長(沖山均君) 合併特例債はまちづくり計画に位置づけられている事業が対象で、充当率が95%、元利償還金の70%が交付税算入されるという有利な起債なものですから、これを使うものです。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) 草地委員。 ◆委員(草地博昭君) 今の東大久保のテニスコートの整備の中で、本会議質疑でもいろいろ出ていたのですけれども、アーチェリー場がなくなってしまうと思うのですが、その関係の御説明をいただければと思います。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 東大久保運動公園に今現在ございますアーチェリー場につきましては、テニスコートの拡張のため、現時点では、一時的ではございますが、向陽調整池、通称サンポスと言いますが、こちらの調整池の一番北端側の、向笠の皆さんがグラウンドとしては使えない部分、ちょっと谷状になったところですが、こちらに当面の間は移設させていただくということでアーチェリー協会の皆さんと協議しております。  以上です。 ◆委員(草地博昭君) わかりました。  もう一つは、社会体育施設のガラス飛散防止とかで福田屋内スポーツセンターが今回入っているわけですけれども、どのぐらい休業されるのかということと、休業補償に関する指定管理者とのいろいろな取り交しがあると思うので、そのあたりの御説明いただければと思います。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 福田屋内スポーツセンターのガラス飛散につきましては、工事を通常のプールの使用には支障がないような足場の組み方で、通常の営業は続けながら施工していく計画でございます。  今、あわせて休業補償というお話がございましたので、少し関連した内容になりますが、アミューズ豊田のほうで、ゆやホールが天井落下の工事のため、一時的に利用ができなくなるようなケース、あるいは過去にはかぶと塚の総合体育館でも天井落下をやって営業ができなかったケースがございました。これについては、指定管理期間内を一定の額の中で運営していただくというそもそもの契約の中で応諾していただいているというところではございますが、施設長会議などの場では、そういった営業補償的なものをあるいは担保できないかというような意見というのは確かに一部いただいている例もございますので、これについては個別に指定管理者と協議していきたいというふうに考えております。  以上です。 ◆委員(草地博昭君) そうすると今回は、聞き方あれだったかもしれないですけれども、プールも上の柔道場も、トレーニング室もあると思うのです。営業したまま工事ができるということでいいのかどうかということと、今の関連で先ほど、東大久保のアーチェリーの話をさせてもらったのですが、アーチェリー場がなくなるということは、当然、アーチェリー場に入ってくる金額というのは、収入としては本当に微々たるものなので、そこで指定管理者が言ってくることはないと思うのですが、そのあたりを今の指定管理者と、いわゆる予想していた収入が入ってこなくなるということについて、東大久保に関して協議されたということでよろしいかどうか、お願いしたいと思います。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) アーチェリー場の移転に関しましては、暫定的な扱いではございますが、場所を変えても、通常の利用料はそのままちょうだいしようというふうに考えております。  テニスコートの改修にかかわって、利用料などは当然長期にわたってなくなるということではございますが、現時点では詳しく営業補償というような申し出はまだ受けてはおりませんが、これについても指定管理者のほうと必要に応じて協議していきたいと思います。  福田屋内スポーツセンターに関しては、営業は継続したまま施工してまいります。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 2−7−2−9、ナンバー9のジュビロ磐田ホームタウン推進事業で、ジュビロのサッカー、ラグビーというふうに括弧して書いてございます。パブリックビューイングも小中学生ホームゲーム観戦チケット代もサッカーだと思います。ラグビーに関して、この中で何か経費としてあるものがありましたら教えてください。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) ラグビーに関しましては、もちろんサッカーでも小学校への訪問活動など行っておりますが、ラグビーでも同様に、学校ごとに希望を募って、ラグビー選手がタグラグビーの指導等、派遣しておるところでございます。  それに加えまして、新年度につきましてはラグビーのワールドカップのイングランド大会が開催されるということもございますので、ヤマハ発動機ジュビロが優勝したという機運が失われないうちに、市民に対する啓発活動というのも積極的に進めていきたいといったこともありまして、ラグビーに関してもライブ中継ができるように準備を進めていきたいというふうに考えております。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) そのラグビーの中継というのは、パブリックビューイングのことなのでしょうか。あるいは、ラジオとか何かの応援ということなのでしょうか。教えてください。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) ライブ中継と申しますのは、有料のJ SPORTSというスポーツ専門のチャンネルが衛星放送でございますが、こちらを法人契約して、いわゆる世間で認知されているパブリックビューイングというものに関しては、映像使用料その他の許諾等が必要になってまいりますので、これに関してはタイムリーな対応というのはできないかと思いますが、通常のJ SPORTSの放送を通常のテレビ受像器、映像受像器で不特定多数の者が見ることができるというのがいわゆる法人契約。これは店舗とか公共施設で放映ができるという契約でございますが、この契約を結びながら、ライブ中継ということで一般の方の目にとまる機会をふやしていきたいと考えております。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) よくわかるのですけれども、その場所はまだ具体的には出てきてないでしょうか。 ◎スポーツ振興室長(伊東直久君) 場所に関しましては、アミューズ豊田内。通常は、南側入り口を入りまして右手、ゆやホールに通じるまでの間の吹き抜けのある展示ホール、こちらが一番、収容能力も高いものですから、こちらを使って実施していきたいと考えております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) ここで10分間休憩します。    午後2時2分 休憩    午後2時8分 再開 ○委員長(松野正比呂君) ちょっと早いですけれども、それでは、休憩前に引き続きまして会議を開きます。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、最初に7項3目文化振興費から行きますので、お願いします。
     文化振興費に対する質疑ありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) それでは、2款7項3目、173ページです。説明資料は68ページです。なぎの木会館施設管理事業についてでございます。  今年度の説明資料では、臨時職員3名で501万円ということですが、前年度は、臨時職員6名で472万7,000円ということで、人数が半分ですが、お金がふえているということ。この辺、職員の人数とお金の関係の考えについて伺いたいと思います。  また、正規職員、嘱託職員あわせて伺いたいと思います。 ◎竜洋公民館長(大場勝君) まず、臨時職員のほうから説明させていただきます。  平成26年、本年度ですが、臨時職員6名という人数ですが、昼間7.5時間勤務の職員が2名、それから夜間の管理をしていただく者が4名、合わせて6名になっています。夜間管理の4名については、1人ずつ交代で1日4時間勤務という形になっています。  平成27年度につきましては、夜間管理の4名の職員につきまして、シルバー人材センターのほうへ委託していきたいと思っています。そのかわり、嘱託職員が今1名おりますが、昼間の臨時職員を1人そこに充てるという形で、昼間職員、今までの部分が2人と、新たにもう一人という形で3名。賃金が違う者が4名分計上してありますが、これは1名分を1日交代でやっているという形でやっていますので、実際の人数としたら1名分の賃金しかとっていないという形で、その部分が昼間にした部分で上がってくるという形になります。  全体の職員の数になりますが、平成26年度は、正規職員が3名、嘱託職員が1名、それから臨時職員が、今言いましたように、昼間の職員が2名、夜間の職員が4名という形でやっております。  夜間の職員については、先ほど言いましたように、シルバー人材センターのほうへ委託しますので、その部分はなくしまして、正規の職員のほうについては、まだ人事異動の発表前ですので実際には何人になるかわかりませんけれども、今のところ予定では2名、それから嘱託職員はゼロ、臨時職員を3名、合わせて5名の体制でやっていきたいと考えています。  以上です。 ◆委員(岡實君) それともう一点。昨年度、公民館という形で生涯学習とかそういったものがあったのですが、ことしから交流センターができて、そちらのほうへ軸足が行くという形でありますので、そうしますと、業務内容がかなり変わってきまして、例えば現在やっている青少年健全育成の関係とか、業務内容はどんな形になっていくか、新年度どんなふうになるか、伺いたいと思います。 ◎竜洋公民館長(大場勝君) 現在行っているものの中で、生涯学習の関係とか青少年健全育成の関係につきましては、市民活動推進課、本課のほうにその事務を移管していく予定でいます。ですので、基本的には文化振興にかかわるもの、それから貸し館、それと館の管理業務が主なものになります。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、4目生涯学習費に対する質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、続きまして8款に移ります。  8款土木費ですけれども、ここは4項の都市計画費、7目28節の繰出金のみになりますので、注意ください。355ページになります。  4項都市計画費に対する質疑はありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 繰出金は毎年6,100万円から300万円ぐらいで推移しているわけですけれども、この繰出金、今後の予定というか、期間とか、今から考えられている総額とかわかりましたら教えてください。 ◎財政課長(沖山均君) リベーラ磐田の経営の中で、元利償還相当が繰出金の対象になっているような状況が続いておりますので、今後の経営も同程度でいくと想定しておりますので、同じような形で運営されていくものと考えております。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 期間。 ◎財政課長(沖山均君) 元利償還につきましては平成39年までとなっております。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次に、消防費になりますけれども、交代はよろしいですね。  それでは、9款消防費。ここからは款ごとになりますので、よろしくお願いします。  9款消防費に対する質疑はありませんか。−−岡委員。 ◆委員(岡實君) 9款1項1目消防救急無線デジタル化整備事業について伺います。369ページです。説明資料が136ページです。  消防救急無線デジタル化については、平成28年のデジタル化に向けて、平成26、27年の2カ年で改修等やっていくのですが、昨年の決算の成果報告の中で課題として、5消防本部共同による消防救急無線デジタル化事業の円滑な推進というのが課題ということで挙げられておりました。この課題を踏まえて、平成27年度、新年度、平成28年度に向けての方向性というのですか、どんなふうなお考えか、伺いたいと思います。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 確かに、平成25年度決算の中では、そういったことで課題があると言ったことですが、この課題に対しましては、当然、消防本部ごとの機器の台数、工事箇所、違っております。こういったものを5消防本部担当者と請負業者と細部の調整、情報共有を月1回の全体会議の開催を通しまして密にして、平成28年4月1日の本格運用に向けて推進したいと考えております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 職員給与費の財源内訳の中でその他というところで2,798万円ございます。このその他とは何でしょうか。教えてください。 ○委員長(松野正比呂君) わかりますか。 ◎消防総務課長(矢部宏明君) 今、資料探しますので、少々お時間いただきたいと思います。 ○委員長(松野正比呂君) では、保留とします。  ほかに質疑ありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 資料の138ページの一番下、消防水利施設整備事業。  この議案の前に、補正の9号で、消防水利施設ということで2,581万2,000円が計上されました。全く同じ耐震性貯水槽設置工事が2億5,081万2,000円ということで、これは平成27年度のものを前倒しでやるんだよという説明でしたけれども、場所と、また同じ金額持っているのですけれども、新たにここをやっていくのかどうか。その点お願いします。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 先ほどの補正の関係で、これは平成27年度の前倒し事業で行うといった説明をしました。この耐震性貯水槽設置工事ですが、場所は駅北。今回、駅北の開発に伴う駅北広場に100トンを1基、それと豊岡総合会館に40トンを1基、そういった計画であります。ですから、この2基を設置し、平成27年度当初予算の計上の分には、よほどの緊急性がない限りは補正で減額をかけるといったことになります。  以上です。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 一般質問でお答えいただいたのは、まだ半分ぐらいしか耐震化率達してないというにもかかわらず、よほどの緊急なことがない限り、せっかくつけた予算でも減額していくというのはどうなのでしょう。これでよろしいのですか。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 毎年の実施計画では、年間40トンの貯水槽を3基ずつつくっていこうといった計画を立てております。来年度におきましては、100トンを1基、40トンを1基といったことで、この3基に相当するといった計画性を持っておると思っております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−消防総務課長。 ◎消防総務課長(矢部宏明君) 先ほど、給与費の財源について、その他のものということで保留させていただきました。それについてお答えさせていただきます。  歳入のほうで組んであります消防等手数料の危険物申請手数料につきまして813万3,000円、それと消防事務受託の負担金といたしまして、消防協会磐周支部事務受託金50万円、県に派遣しております職員の給与負担金1,588万5,000円、東名高速道路支弁金といたしまして346万2,000円の合計になります。  以上です。よろしくお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−細谷委員。 ◆委員(細谷修司君) 消防団の関係で、消防団活動拠点施設整備事業ということでお願いします。  新年度、小屋をコミュニティセンターが5つ整備されるわけなのですけれども、その整備計画の中で、特に旧磐田福田にあって、車両が1台しか入らないというところがございますので、今後の整備計画の中では、磐田原方面隊のように、車庫分だけ増設して維持していくのか、それとも、現状どおりの2つの小屋に分けておいて、老朽化した時点で1つの小屋にしていくんだよという計画なのか。その辺をお聞かせください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 消防団の活動拠点につきましては、平成26年度と27年度におきまして、平成26年度が3カ所、27年度が4カ所の施設整備を図ります。これにつきましては、当然、車両が2台入る詰所になります。  現時点におきましては、公共施設等管理計画の中で、この整備計画が終われば、非耐震の詰所はなくなりますので、全て耐震化に沿います。あと、見付方面隊とか中泉方面隊とか福田の方面隊につきましては、現有の詰所を車庫として利用するところもあります。中には水防倉庫として活用するところもあります。そんな形の計画を平成27年、28年度ぐらいで、この公共施設等管理計画の中で進めていきたいと思っています。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑ありませんか。−−太田委員。 ◆委員(太田佳孝君) 消防団の家族感謝事業なのですが、賞賜金としまして56万円計上されているわけですけれども、質疑の答弁では、商品券とか食事券を贈るとありましたけれども、これにはプレミアム商品券が視野に入っているのでしょうか。また、1人当たりの金額、56万円ですから、何人に贈られるのか。また、1人当たりの金額等がわかったら教えてください。 ◎警防課長(伊藤秀勝君) 消防団家族感謝事業につきましては、平成27年度新事業となります。この56万円につきましては、消防団28分団ございますので、1分団当たり大体2万円の予算づけとなっております。その中で、各分団の分団長から推薦された分団員とその家族にこういった表彰状と商品券、または食事券、そういったものを贈呈したいと思っております。ただ、なるべく広く活用したいといったものもありますので、今のところ、プレミアム商品券は考えておりません。  以上です。 ◆委員(太田佳孝君) 人数は。 ○委員長(松野正比呂君) 今、人数と言ったのですけれども、人数ということでなくて、28分団掛ける2万円で、あとは分団に任せるという解釈なんですか。はい。  それでは、ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。 ○委員長(松野正比呂君) 次、12款の公債費に対する質疑はありませんか。  12款は、ちょっと飛んで498ページ。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) それでは次に、13款予備費に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、戻りまして、第2条、債務負担行為から第5条、歳出予算の流用まで、予算書1ページの内容ですけれども、これに対する質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。 ○委員長(松野正比呂君) 最後になりますけれども、議案第7号、本分科会分担分全体を通しての質疑をお願いしたいと思います。  聞き忘れとか個々ではなくて、予算全体ということでお願いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  それでは、質疑はありませんか。−−稲垣副委員長。 ◆副委員長(稲垣あや子君) 平成27年度に大きな機構改革とかそういうものがあれば、お示しください。  それから、市の職員の男女比率というか、人数的なものを今まで聞いたことなかったので、わかればお示しください。正規職員です。  よろしくお願いします。 ◎総務課長(袴田守君) まず、機構改革の関係ですけれども、特に大きな部とか課に及ぶようなものは予定しておりません。課の中のグループ等の再編ということで予定をしております。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) 男女比率はわかりますか。 ◎職員課長(松下享君) 比率ですが、男性56.6%、女性43.4%です。  以上です。 ○委員長(松野正比呂君) ほかに質疑はありませんか。−−ないようですので、質疑を打ち切ります。  これにて議案第7号に対する質疑を終結いたします。 ○委員長(松野正比呂君) 暫時休憩します。    午後2時29分 休憩    午後2時30分 再開 ○委員長(松野正比呂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 △議案第8号 平成27年度磐田市駐車場事業特別会計予算 ○委員長(松野正比呂君) それでは、議案第8号 平成27年度磐田市駐車場事業特別会計予算を議題とし、審査を行います。  審査の方法ですが、議案全体を一括で審査したいと思いますが、御異議ありませんか。      (「異議なし」と言う者あり) ○委員長(松野正比呂君) それでは、御異議もないようですので、そのように審査を行います。  当局から補足説明があればお願いします。−−財政課長。 ◎財政課長(沖山均君) 補足説明ございません。よろしくお願いします。 ○委員長(松野正比呂君) それでは、審査に入ります。  本案に対する質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  では、以上で議案第8号に対する質疑を終結いたします。  以上で、本分科会に分担された議案審査は全て終了いたしました。  これにて予算委員会総務分科会を閉会といたします。  ありがとうございました。    午後2時32分 閉会...