ツイート シェア
  1. 可児市議会 2018-11-29
    平成30年第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2018-11-29


    取得元: 可児市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                 開会 午前9時00分   ────────────────────────────────────── ◯議長(澤野 伸君) おはようございます。  本日、平成30年第5回可児市議会定例会が招集されましたところ、議員各位には御参集を賜りまして、まことにありがとうございます。   ──────────────────────────────────────   開会及び開議の宣告 2 ◯議長(澤野 伸君) ただいまの出席議員は21名です。したがって、定足数に達しております。  なお、2番議員 田原理香さんから、病気療養のため今期定例会を欠席する旨の届け出がありましたので、御報告します。  これより平成30年第5回可児市議会定例会を開会いたします。  日程に入るに先立ち、市長から発言を求められておりますので、これを許します。  市長 冨田成輝君。 3 ◯市長(冨田成輝君) 皆様、おはようございます。  本日、平成30年第5回可児市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては御参集賜り、まことにありがとうございます。  このたび、10月28日に執行されました可児市長選挙におきまして、市民の皆様の御信任を三たびいただき、引き続き市政運営の重責を担わせていただくことになりました。  私は市長就任以来、公正・公平、そして市民の皆様との対話と共感のまちづくりをモットーとして、貴重な税金に支えられた財政基盤のもと、4つの重点方針「高齢者の安気づくり」「子育て世代の安心づくり」「地域経済の元気づくり」「まちの安全づくり」を進め、「住みごこち一番・可児~安心、元気、楽しいまち~」の実現に邁進してまいりました。その結果、各事業におきましては一定の成果を上げることができました。  特に、平成26年4月に10万599人まで減少した人口が、この平成30年11月には10万2,016人と、10万2,000人台に回復したことは、元気な可児市の象徴であると思っております。しかしながら、高齢化、少子化人口減少、コミュニティーの希薄化の進展がさらに進むことが予想され、これまで誰も経験したことがない局面、いわゆるネクストステージを迎えることになります。  選挙期間中も高齢者の方々から、今の社会保障制度がいつまで維持できるのかという不安の声、障がいのある方からは、ぜひ社会参加できるような仕組みをつくってほしいという切実な声も聞かせていただきました。  こうした声にしっかりお応えし、現世代の生活を守り、将来への不安なく暮らしていけるまちづくりを進める一方で、次世代に過度な負担をおかけしない財政基盤を堅持した上で、4つの重点方針をさらに進めてまいります。  本市生誕の戦国武将、明智光秀を主人公とした大河ドラマ放送を受け、10月18日に岐阜県大河ドラマ麒麟がくる」推進協議会が設立されました。当協議会の副会長を担いつつ、県や関係市町と連携しながら観光交流と地域産業の活性化に取り組み、可児市を全国に発信してまいります。  昨日、広見東地区センター主催で、ノルディックウオーキングで行く明智光秀ゆかりの地めぐりが行われました。本当はゆかりの地ではなく、生誕の地としてほしかったのですが、このような市民主体で取り組みが行われることが、本市の情報発信において大変意義のあることであるというふうに思っております。今後、こうした動きがさらに大きく広がっていくことを大いに期待しております。
     議員各位を初め、市民皆様方の一層の御支援と御協力をお願い申し上げます。  さて、本日御提案申し上げます案件は、予算に関するもの3件、条例に関するもの9件、その他が1件の計13件でございます。  詳細につきましては後ほど御説明申し上げますので、何とぞ十分な御審議を賜りますようお願い申し上げまして、開会の御挨拶といたします。 4 ◯議長(澤野 伸君) 次に、事務局長から諸報告をさせます。 5 ◯議会事務局長(田上元一君) それでは諸報告をいたします。  議長会の関係でございます。  11月5日に中濃十市議会議長議員研修会が各務原市において、11月8日に市議会議員共済理事会が東京都千代田区において、11月15日に可茂地域市町村議会議長議員研修会が美濃加茂市において開催されました。  会議の概要につきましては、お手元に配付させていただきましたので、よろしくお願いいたします。 6 ◯議長(澤野 伸君) 以上をもって諸報告は終わりました。  これより本日の会議を開きます。  本日の日程は、お手元に配付しましたとおり定めましたので、よろしくお願いをいたします。   ──────────────────────────────────────   会議録署名議員の指名 7 ◯議長(澤野 伸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、17番議員 中村悟君、18番議員 伊藤健二君を指名いたします。   ──────────────────────────────────────   会期の決定について 8 ◯議長(澤野 伸君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。  今期定例会会期は、本日から12月20日までの22日間としたいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 9 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、今期定例会会期は、本日から12月20日までの22日間と決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   諸般の報告 10 ◯議長(澤野 伸君) 日程第3、諸般の報告をいたします。  地方自治法第180条第2項の規定による専決処分の報告が市長から提出されましたので、配付いたしました。  次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成30年8月分及び平成30年9月分の例月出納検査結果の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しました。  次に、総務企画委員会教育福祉委員会における所管事務の継続審査についての報告書が各委員長から提出されましたので、その写しをお手元に配付いたしました。  次に、議員派遣について報告いたします。  11月5日の中濃十市議会議長議員研修会に、11月10日、11日及び12日の議会報告会に、11月15日の可茂地域市町村議会議長議員研修会にそれぞれ議員を派遣いたしましたので、その報告書をお手元に配付いたしました。  また、陳情につきましては、お手元の文書表のとおり2件受理しております。  これら2件の陳情につきましては、教育福祉委員会で審査をお願いいたします。   ──────────────────────────────────────   議案第62号から議案第74号までについて(提案説明) 11 ◯議長(澤野 伸君) 日程第4、議案第62号から議案第74号までの13議案を一括議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  企画部長 牛江宏君。 12 ◯企画部長(牛江 宏君) それでは、おはようございます。よろしくお願いします。  まず、議案書の1ページをお願いいたします。  議案第62号につきまして御説明いたします。  平成30年度可児市一般会計補正予算(第4号)についてでございます。  内容につきましては、資料番号2の平成30年度可児市補正予算書で御説明申し上げます。  1ページをお願いいたします。  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億300万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ329億6,610万円とするものでございます。また、既定の繰越明許費、債務負担行為地方債の追加変更を行います。  2ページをごらんください。  歳入でございます。  国庫支出金641万8,000円の減額は、市道改良事業交付金772万3,000円、国民健康保険保険基盤安定負担金265万9,000円の確定に伴う減額の一方、国の補正予算による瀬田幼稚園空調整備事業への交付金323万5,000円の増額が主なものになります。  県支出金621万円の増額は、国民健康保険保険基盤安定負担金1,078万7,000円、めぐみ保育定員増に伴う補助金200万円などの増額の一方、本市が窓口となっている可茂地域病院群輪番制病院施設整備事業補助金の確定による756万円の減額が主なものになります。  寄附金1億4,000万円の増額は、ふるさと応援寄附金が予算額を上回る見込みであることから補正するものでございます。  繰入金1,985万8,000円の増額は、今回の補正予算の歳入歳出の財源調整を財政調整基金からの繰り入れで行うものでございます。  諸収入2,815万円の減額は、大森の残土処分場への残土の搬入が他の工事現場に使われることに伴い、見込みより減少することによる2,447万4,000円の減額と、病院群輪番制の補助金の確定に伴う可茂地域市町村からの受託事業収入の367万6,000円の減額によるものでございます。  市債7,150万円の増額は、新規事業や国の補助金の確定などに伴い、財源としている起債の借入額を変更するものでございます。  3ページをごらんください。  歳出でございます。  議会費の260万2,000円の減額は、国家公務員給与改定に準じて議員期末手当53万8,000円の増額をする一方、人件費を314万円減額するものでございます。  今回の人件費の補正は、国家公務員給与改定に準ずるものとして、給料表の平均改定率0.2%の増、勤勉手当0.05月分の引き上げ及びあわせて採用、退職、育児休業、会計間移動などの人件費の増減が主な内容でございます。  以下、人件費のみが増減となる項目は除き、説明させていただきます。  総務費408万3,000円の増額でございます。  総務管理費は1,717万5,000円の増額。これはふるさと応援寄附金の増加に伴い、返礼品購入費等7,068万円の増額の一方、人件費5,350万5,000円の減額によるものでございます。  徴税費217万7,000円の減額は、来年秋から全国で開始される地方税共通納税システムに対応するためのシステム改修費72万9,000円の増額の一方、人件費290万6,000円の減額によるものです。  民生費は9,570万5,000円の増額となります。  社会福祉費2,750万4,000円の増額は、国民健康保険事業特別会計への繰出金1,083万7,000円、国民年金制度改正に伴うシステム改修費72万9,000円、人件費1,593万8,000円の増額の合計によるものです。  児童福祉費6,645万5,000円の増額は、めぐみ保育園大規模改修事業と、兼山保育園空調設備整備事業の5,445万円と、人件費1,200万5,000円の増額によるものです。  衛生費は1,309万9,000円の減額となります。これは可茂地域病院群輪番制病院設備整備事業において、県の補助金が確定したことにより、該当する病院への補助金の減額1,134万円と人件費175万9,000円の減額によるものです。  農林水産業費は763万4,000円の減額でございますが、人件費によるものです。  商工費は955万6,000円の増額です。NHK大河ドラマで明智光秀が取り上げられることになったため、これを活用し、全国への発信、観光誘客を図るための新規事業の530万円と、人件費425万6,000円の増額によるものです。  土木費は8,234万6,000円の増額です。  4ページをごらんください。  道路橋りょう費6,000万円の増額は、道路維持補修に1,000万円と、市道56号改良事業に5,000万円の増額によるものです。  消防費は1,897万7,000円の増額です。県からの移譲事務交付金を可茂消防事務組合に負担金として支出する98万3,000円と、人件費1,799万4,000円の増額によるものです。  教育費は1,566万8,000円の増額です。  幼稚園費の3,151万5,000円の増額は、瀬田幼稚園空調施設整備事業2,900万円と、人件費251万5,000円の増額によるものです。  次に、5ページの繰越明許費の補正でございます。  市立保育園改修事業、市立幼稚園改修事業の計2件について、次年度に繰り越すものでございます。  次に、6ページの債務負担行為の補正でございます。  可児御嵩インターチェンジに隣接する約19ヘクタールのエリアについて、現地の測量基本計画、基本設計土地や建物調査等を来年度にかけて行うものでございます。  次に、7ページの地方債の補正でございます。  追加の市立幼稚園施設整備事業は、瀬田幼稚園空調施設整備事業について起債するものです。  変更の市道改良事業と、橋りょう長寿命化事業につきましては、国の補助金の確定に伴い、その裏負担として予定していた市債限度額を変更するものでございます。  続きまして、議案第63号について説明いたします。  議案書は1ページでございます。  平成30年度可児市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。  内容につきましては、資料番号2の平成30年度可児市補正予算書の39ページをお願いいたします。  事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億9,575万円を追加し、歳入歳出予算の総額を112億1,575万円とするものでございます。  40ページをごらんください。  歳入でございます。  繰入金1,083万7,000円の増額は、保険基盤安定負担金の確定等に伴い一般会計からの繰入金を増額するものです。  繰越金4億8,491万3,000円の増額は、前年度決算の確定に伴い当初予算額との差額を補正するものでございます。  歳出でございます。  基金積立金2億665万7,000円の増額は、国民健康保険基金に積み立てするものでございます。  償還金9,192万4,000円の増額は、平成29年度療養給付費負担金の確定に伴う国庫等精算金です。  予備費1億9,716万9,000円の増額は、歳入歳出の財源調整を行うものでございます。  続きまして、議案第64号について御説明いたします。  議案書は2ページでございます。  平成30年度可児市下水道事業会計補正予算(第2号)についてでございます。  内容につきましては、資料番号2の平成30年度可児市補正予算書の45ページをお願いいたします。  2条のとおり、平成30年度可児市下水道事業会計予算第3条に定める収益的支出の予定額を763万1,000円増額、また3条のとおり、資本的支出の予算額を30万4,000円増額するものでございます。それぞれ人件費の補正によるものでございます。  以上でございます。 13 ◯議長(澤野 伸君) 総務部長 前田伸寿君。 14 ◯総務部長(前田伸寿君) それでは、資料番号1番、議案書の3ページをお願いをいたします。  あわせまして資料番号4、提出議案説明書1ページをお願いをいたします。
     それでは、議案第65号 可児市部設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨、内容につきましては、組織機構の改革に伴い改正するもので、文化スポーツ部を新設し、市民部における文化及びスポーツに関する分掌事務を廃止し、新たに文化スポーツ部の分掌事務を定めるものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  次に、資料番号1、議案書5ページをお願いいたします。  議案第66号 可児市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨、内容につきましては、国家公務員給与改定に準じて、一般職の特定任期付職員の給料表及び期末手当の支給率を改定するもので、特定任期付職員の期末手当の支給率及び給料月額を引き上げるものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  次に、議案書7ページをお願いいたします。あわせまして、提出議案説明書2ページをお願いをいたします。  議案第67号 学校教育法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでございます。  制定の趣旨は、学校教育法の改正に伴い、関係する条例を改正するもので、制定内容は、第1条は可児市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正し、学校教育法の条項にずれが生じることに伴い、引用条項を改めるものでございます。  第2条では、可児市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正し、一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格要件に専門職大学の前期課程修了した者を追加するもの。  第3条では、可児市水道の布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例の一部を改正し、水道布設工事監督者及び水道技術管理者の資格要件に専門職大学の前期課程修了した者を追加するものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  議案書10ページをお願いいたします。  議案第68号 可児市議会議員議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨、改正内容につきましては、国家公務員給与改定に準じて、一般職職員の勤勉手当を年間で0.05月分引き上げることに伴い、可児市議会議員の期末手当を0.05月分引き上げるものでございます。  施行日は公布の日で、第1条による改正後の規定は平成30年12月1日から適用します。また第2条の規定の施行日は平成31年4月1日でございます。  資料番号1番の議案書12ページをお願いいたします。  議案第69号 可児市常勤の特別職職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてございます。  改正の趣旨、改正内容及び施行日等につきましては、先ほどの議案第68号と同様の内容でございます。  議案書14ページをお願いいたします。  あわせまして資料番号4の提出議案説明書3ページをお願いいたします。  議案第70号 可児市職員給与支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  主な改正趣旨は、国家公務員給与改定に準じて、一般職職員の給料表、勤勉手当の支給率等を改定するものでございます。  主な改正内容につきましては、第1条、第3条において、勤勉手当の支給率を改定し、一般職職員、再任用職員の勤勉手当の支給率を年間0.05月分引き上げるものでございます。  また、第2条におきまして、給料表を改定し、議案書の19ページから29ページまでの別表の1から別表の3、この給料表の給料月額を平均で0.2%程度引き上げるものでございます。  施行日は公布の日で、第1条及び第2条による改正後の規定は、平成30年4月1日から適用します。  また、第3条の規定の施行日は、平成31年4月1日でございます。  それでは、議案書31ページをお願いいたします。あわせまして資料番号4、提出議案説明書4ページをお願いいたします。  議案第71号 可児市教育に関する事務の職務権限の特例を定める条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  主な改正趣旨は、文化財保護文化行政全体としての一体性や地域づくり等に関する事務との関連性を考慮し、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に基づき、教育委員会が所管する文化財保護に関する事務を市長が管理し、執行するために改正するものでございます。  主な改正内容は、市長が管理し、執行する事務のうち、文化に関することの規定から、文化財保護に関することを除くとする文言を削除するというものでございます。  また、それに伴いまして、可児市文化財保護に関する条例に規定する教育委員会権限を市長に移行するものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  議案書42ページをお願いいたします。  議案第72号 可児市教育研究所設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正趣旨、改正の内容につきましては、教育研究所が総合会館分室から総合会館に移転することに伴って改正するもので、可児市教育研究所の位置を改めるというものでございます。  施行日につきましては、教育委員会規則で定める日でございます。  議案書43ページをお願いいたします。  議案第73号 可児市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  主な改正趣旨は、学校教育法並びに放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準の改正に伴い、改正するものでございます。  改正内容は、第1条において、放課後児童支援員の資格要件について、教員免許状の更新の有無にかかわらず、取得した者を対象とすることに改めること。同じく、放課後児童支援員の資格要件に5年以上放課後児童健全育成事業に従事した者で、市長が適当と認めた者を追加するもの。  第2条において、放課後児童支援員の資格要件に専門職大学の前期課程修了した者を追加するものでございます。  施行日は公布の日で、第2条の規定は、平成31年4月1日でございます。  議案書45ページをお願いいたします。あわせて提出議案説明書5ページをお願いいたします。  議案第74号 可児川防災等ため池組合規約の変更についてでございます。  組合事務所が総合会館分室から総合会館に移転することに伴い、規約を改正するものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  以上でございます。 15 ◯議長(澤野 伸君) 以上で提出議案の説明は終わりました。   ──────────────────────────────────────   岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙について 16 ◯議長(澤野 伸君) 日程第5、岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙についてを議題といたします。  本選挙は、可児市選出の岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の任期満了に伴い、地方自治法第291条の5第1項及び岐阜県後期高齢者医療広域連合規約第8条の規定により、同広域連合議会議員1名の選挙を行うものであります。  お諮りします。本選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法により行いたいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 17 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本選挙の方法は、指名推選によることに決定いたしました。  お諮りします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 18 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。  ただいまから指名をいたします。  岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に、市長の冨田成輝君を指名いたします。  お諮りします。ただいま指名いたしましたとおり、市長 冨田成輝君を当選人と定めることに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 19 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、市長 冨田成輝君が岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました冨田成輝君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。   ──────────────────────────────────────   議員派遣について 20 ◯議長(澤野 伸君) 日程第6、議員派遣についてを議題といたします。  お手元に配付いたしましたとおり、地方自治法第100条第13項及び可児市議会会議規則第167条の規定により、12月11日に実施いたします現地視察に議員を派遣いたします。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 21 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、議員派遣についてはお手元に配付のとおり議員を派遣することに決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   散会の宣告 22 ◯議長(澤野 伸君) 以上で本日の日程は終わりました。  お諮りいたします。議事の都合により本日の会議はこの程度にとどめ、議案精読のため、明日から12月3日までの4日間を休会したいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 23 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、明日から12月3日までの4日間を休会することに決定いたしました。  次は12月4日午前9時から会議を再開いたしますので、よろしくお願いいたします。  本日はこれをもって散会いたします。長時間にわたりまことにお疲れさまでございました。                                 散会 午前9時33分  前記のとおり会議の次第を記載し、その相違ないことを証するため、ここに署名する。     平成30年11月29日         可児市議会議長     澤  野     伸         署 名 議 員     中  村     悟         署 名 議 員     伊  藤  健  二 Copyright (c) KANI CITY PLENARY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....