ツイート シェア
  1. 可児市議会 2018-08-22
    平成30年第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2018-08-22


    取得元: 可児市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                 開会 午前9時00分   ────────────────────────────────────── ◯議長(澤野 伸君) おはようございます。  本日、平成30年第4回可児市議会定例会が招集されましたところ、議員各位には御参集を賜りまして、まことにありがとうございます。   ──────────────────────────────────────   開会及び開議の宣告 2 ◯議長(澤野 伸君) ただいまの出席議員は22名です。したがって、定足数に達しております。  これより平成30年第4回可児市議会定例会を開会いたします。  日程に入るに先立ち、市長から発言を求められておりますので、これを許します。  市長 冨田成輝君。 3 ◯市長(冨田成輝君) 皆さん、おはようございます。  本日、平成30年第4回可児市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては御参集賜り、まことにありがとうございます。  初めに、前定例会以降の本市をめぐる動きについて、若干御報告申し上げます。  まず、ゴルフ場利用税堅持のための全国市町村連盟代表世話人として、平成30年7月2日に開催されました役員会及び幹事会に出席し、今年度の活動方針や要請活動などについて協議・決定いたしました。オリンピック開催年度の税制改正1年前となり、廃止に向けた動きも一層活発になっており、大変厳しい状況ではありますが、ゴルフ場利用税堅持の取り組みについて今後も努めてまいりたいと考えております。  次に、全国市長会相談役として、7月11日に開催された全国市長会財政委員会及び理事評議員会合同会議に出席し、都市税財源の充実確保に関する重点提言など、6項目の重点提言について協議をいたしました。  7月21日には、東美濃プロモーションin東京参加し、連続テレビ小説「半分、青い。」の出演者のトークショーなどとあわせて、東美濃の観光PRや物産展を開催いたしました。  7月23日には、ひがしみの歴史街道協議会参加し、「ひがしみのの山城」推進部会を代表して、取り組みを報告いたしました。  東美濃を広域連携のブランドとして、私たちの地域を全国、世界に発信できるよう東美濃地域の連携を進めてまいります。  8月2日に、人間国宝で本市の名誉市民でもあります陶芸家の加藤孝造先生から、作品71点の御寄附をいただきました。加藤先生が、これらの作品は「私そのもの」であると表現されるほど、思い入れの深い貴重な作品ばかりでございます。10月6日から可児郷土歴史館で展示いたしますので、議員の皆様も加藤先生の作品をごらんいただき、改めて美濃桃山陶のすばらしさを味わっていただきたいと思います。  さて、本日御提案申し上げます案件は、決算の認定に関するもの14件、予算に関するもの4件、条例に関するもの4件、人事に関するもの3件、その他が3件の28件でございます。
     詳細につきましては後ほど御説明申し上げますので、何とぞ十分な御審議を賜りますようお願い申し上げまして、開会の御挨拶といたします。よろしくお願いします。 4 ◯議長(澤野 伸君) これより本日の会議を開きます。  本日の日程は、お手元に配付しましたとおり定めましたので、よろしくお願いいたします。   ──────────────────────────────────────   会議録署名議員の指名 5 ◯議長(澤野 伸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、5番議員 出口忠雄君、7番議員 板津博之君を指名します。   ──────────────────────────────────────   会期の決定について 6 ◯議長(澤野 伸君) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。  今期定例会会期は、本日から9月20日までの30日間としたいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 7 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、今期定例会会期は、本日から9月20日までの30日間と決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   諸般の報告 8 ◯議長(澤野 伸君) 日程第3、諸般の報告をいたします。  地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定による平成29年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告、地方自治法第243条の3第2項の規定による出資法人の経営状況、説明書及び可児市債権管理条例第11条第2項の規定による放棄した債権の報告が市長から提出されましたので、配付いたしました。  次に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第1項の規定による平成29年度可児市教育委員会事務の点検評価報告書が教育委員会から提出されましたので、お手元にその報告書を配付いたしました。  また、この間における陳情につきましては、お手元の文書表のとおり1件受理しております。この陳情につきましては、所管委員会で審査をお願いいたします。   ──────────────────────────────────────   議案第54号について(提案説明・質疑・討論・採決) 9 ◯議長(澤野 伸君) 日程第4、議案第54号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  市長 冨田成輝君。 10 ◯市長(冨田成輝君) 議案第54号 固定資産評価審査委員会委員の選任について御説明申し上げます。  固定資産評価委員会委員の選任につきましては、平成30年9月30日に任期が満了となります現委員の加藤幸治さんを引き続き選任することについて、地方税法第423条第3項の規定に基づき、議会同意を求めるものでございます。  加藤さんは、現在、一級建築士として御活躍されており、大学等でも後進の指導育成に当たられておられます。  また、本市におきましても、都市計画審議会を初めとして数々の審議会、委員等の要職を務められているほか、他の自治体でもその知識を生かし、御活躍されておられます。  なお、当該委員については、平成27年10月1日から1期お務めいただいているところでございます。  経験豊かであり、識見も高く、固定資産評価審査委員会委員の職に適任であると考え、再び選任したいと存じます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。 11 ◯議長(澤野 伸君) これより質疑を許します。                 〔「なし」の声あり〕 12 ◯議長(澤野 伸君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結いたします。  お諮りします。ただいま議題となっております議案第54号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 13 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については委員会の付託を省略することに決定いたしました。  これより討論を許します。                 〔「なし」の声あり〕 14 ◯議長(澤野 伸君) 討論もないようですので、これにて討論を終結いたします。  これより議案第54号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。  お諮りします。本議案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 15 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については原案のとおり同意することに決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   議案第55号について(提案説明・質疑・討論・採決) 16 ◯議長(澤野 伸君) 日程第5、議案第55号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  市長 冨田成輝君。 17 ◯市長(冨田成輝君) 議案第55号 教育委員会委員の任命について御説明申し上げます。  教育委員会委員の任命につきましては、平成30年9月30日をもって任期満了となります現教育委員会委員 丹羽千明さんを引き続き平成30年10月1日から平成34年9月30日を任期として任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定に基づき、議会同意を求めるものでございます。  丹羽さんにおかれましては、平成26年10月1日から教育委員会委員として御活躍いただいており、強い責任感を持ってこの4年間の任期を全ういただいております。温厚で誠実な人柄に加え、教育に対する熱意や識見、しっかりとしたお考えも持ち合わせておられ、教員委員会委員として適任であると考え、任命したいと存じます。御審議のほどよろしくお願いします。 18 ◯議長(澤野 伸君) これより質疑を許します。                 〔「なし」の声あり〕 19 ◯議長(澤野 伸君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結いたします。  お諮りします。ただいま議題となっております議案第55号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 20 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については委員会の付託を省略することに決定いたしました。  これより討論を許します。                 〔「なし」の声あり〕 21 ◯議長(澤野 伸君) 討論もないようですので、これにて討論を終結いたします。  これより議案第55号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。  お諮りします。本議案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 22 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については原案のとおり同意することに決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   議案第56号について(提案説明・質疑・討論・採決) 23 ◯議長(澤野 伸君) 日程第6、議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  市長 冨田成輝君。 24 ◯市長(冨田成輝君) 議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦について御説明申し上げます。  人権擁護委員候補者の推薦につきましては、平成30年9月30日をもって任期が満了となります現委員の可児一惠さんを引き続き推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。  可児さんにおかれましては、平成27年10月1日から1期3年にわたり人権擁護委員として御尽力いただいております。人権困りごと相談や公民館祭りでの啓発など、人権擁護活動を積極的に行っていただいており、今後もますます御活躍が期待できる方であります。人格温厚にして識見も高く、人権擁護委員候補者として適任であると考え、推薦したいと存じます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。 25 ◯議長(澤野 伸君) これより質疑を許します。                 〔「なし」の声あり〕 26 ◯議長(澤野 伸君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結いたします。  お諮りします。ただいま議題となっております議案第56号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 27 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については委員会の付託を省略することに決定いたしました。  これより討論を許します。                 〔「なし」の声あり〕 28 ◯議長(澤野 伸君) 討論もないようですので、これにて討論を終結いたします。  これより議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。  お諮りします。本議案は原案のとおり推薦することに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 29 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、本議案については原案のとおり推薦することに決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   認定第1号から認定第14号まで、議案第46号から議案第49号まで、議案第58号及び議案   第59号について(提案説明・委員会付託) 30 ◯議長(澤野 伸君) 日程第7、認定第1号から認定第14号、議案第46号から議案第49号、議案第58号及び議案第59号の20議案を一括議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  市長 冨田成輝君。 31 ◯市長(冨田成輝君) 私からは認定議案及び議案第58号、水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、議案第59号、下水道事業会計未処分利益剰余金の処分について御説明いたします。  認定第1号から認定第12号までの平成29年度各会計歳入歳出決算認定につきましては、監査委員から提出いただきました別冊の3番資料、可児市一般会計特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書を添付の上、別冊の2番資料、可児市一般会計特別会計歳入歳出決算書及び4番資料、歳入歳出決算実績報告書に取りまとめ、お手元にお届けいたしております。  認定第13号 平成29年度可児市水道事業会計決算認定、議案第58号 平成29年度可児市水道事業会計未処分利益剰余金の処分につきましては、監査委員から提出いただきました別冊の6番資料、可児市水道事業会計決算審査意見書を添付し、別冊の5番資料、可児市水道事業会計決算書をお届けいたしております。  また、認定第14号 平成29年度可児市下水道事業会計決算認定、議案第59号 平成29年度可児市下水道事業会計未処分利益剰余金の処分につきましては、監査委員から提出いただきました別冊の8番資料、可児市下水道事業会計決算審査意見書を添付し、別冊の7番資料、可児市下水道事業会計決算書をお届けいたしておりますので、あわせて御審議賜りますようお願い申し上げます。以上でございます。 32 ◯議長(澤野 伸君) 企画部長 牛江宏君。 33 ◯企画部長(牛江 宏君) 私からは、議案第46号から49号の9月補正予算について御説明申し上げます。  まず、議案第46号につきまして御説明申し上げます。  議案書の8ページをお願いいたします。  一般会計でございます。
     平成30年度可児市一般会計補正予算(第2号)について別冊のとおり定める。  内容につきましては、資料番号9、平成30年度可児市補正予算書にて説明申し上げます。  1ページをお願いいたします。  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,200万円を追加し、歳入歳出総額を327億2,910万円とするものでございます。また、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正を行います。  2ページをごらんください。  歳入でございます。  地方特例交付金2,952万3,000円の増額は、交付決定に伴い当初予算額との差額を補正するものでございます。  地方交付税2億1,905万9,000円の増額は、普通交付税の交付決定に伴い当初予算額との差額を補正するものでございます。  国庫支出金1,832万4,000円の増額は、市営住宅改修事業交付金、小学校施設大規模改造事業補助金の内示の変更に伴うものでございます。  繰入金は9億188万7,000円の減額でございます。  基金繰入金9億917万7,000円の減額は、今回の補正予算の歳入歳出の調整を、財政調整基金の繰り入れから相殺するものでございます。  特別会計繰入金729万円の増額は、介護保険特別会計から一般会計への繰入金でございます。  繰越金4億4,305万2,000円の増額は、前年度決算の確定に伴い当初予算額との差額を補正するものでございます。  諸収入237万1,000円の減額は、後期高齢者医療保健事業費負担金の精算に伴う調整の民生費雑入262万9,000円の増額と、申請をしておりましたコミュニティー補助金の不採択による教育費雑入500万円の減額によるものでございます。  市債は、2億3,630万円の増額です。内訳は、総合会館施設改修事業費の減に伴う総務債950万円の減額、市営住宅事業債の借り入れをやめたことに伴う土木債2,720万円の減額、小学校大規模改造事業の補助採択に基づく財源調整と事業費の減に伴う教育費1,560万円の減額、そして臨時財政対策債の発行可能額の確定に伴う当初予算額との差額2億8,860万円を増額することによるものです。  3ページをごらんください。  歳出でございます。  総務費の総務管理費385万円の減額は、財産管理費の工事費615万円を増額する一方、総合会館費の工事費1,000万円を減額することに伴うものでございます。  民生費の社会福祉費1,722万5,000円の増額は、平成29年度の後期高齢者医療事業の療養給付費負担金の精算に伴うものでございます。  児童福祉費210万円の増額は、保育園費の測量業委託料及び安全対策工事費の追加によるものでございます。  商工費の1,500万円の減額は、事業所等設置奨励金について金額が確定したことによる当初予算との差額に伴うものでございます。  土木費の都市計画費2,163万7,000円の増額は、平成29年度の下水道事業会計の精算に伴う下水道事業会計負担金の増によるものでございます。  住宅費2,300万円の増額は、補助対象事業の増による市営住宅改修工事費1,800万円の増額と、市ブロック塀等撤去費補助金制度開始に伴う500万円の増額によるものでございます。  教育費は、311万2,000円の減額でございます。そのうちの小学校費51万2,000円の減額は校舎大規模改修事業で600万円減額する一方で、学校安全対策に伴う委託業務、工事等により548万8,000円増額することによるものです。中学校費240万円の増額は、学校安全対策に伴う委託業務工事費等の増額でございます。社会教育費500万円の減額は、コミュニティー助成金の不採択によるものです。  続きまして、4ページをごらんください。  繰越明許費の補正でございます。  可児駅東土地区画整理関連事業、可児駅東西自由通路整備負担金のうち、200万円を次年度に繰り越すものでございます。  次に、5ページの債務負担行為の補正でございます。  名鉄広見線新可児駅・御嵩駅間の運営費補助金について、平成31年度から3年間、名鉄と引き続き協定を行うため、9,000万円の債務負担行為を行うものでございます。  次に、6ページ、7ページの地方債の補正でございます。  総合会館施設改修事業債、小学校施設大規模改造事業債の補正は、事業費の変更に伴うものでございます。  臨時財政対策債の補正は、借入可能額の決定に伴うものでございます。  市営住宅整備事業債の廃止は、ほかに財源調達が可能となったため取りやめるものでございます。  続きまして、議案第47号について御説明申し上げます。  議案書は同じく8ページでございます。  介護保険特別会計です。  平成30年度可児市介護保険特別会計補正予算(第1号)について別冊のとおり定める。  内容につきましては、資料番号9の平成30年度可児市補正予算書の19ページをお願いいたします。  第1条第1項、保険事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億6,380万円を追加し、歳入歳出予算の総額を71億3,280万円とするものでございます。  第2項、介護サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ729万円を追加し、歳入歳出予算の総額を1,289万円とするものでございます。  20ページをごらんください。  保険事業勘定の歳入でございます。  国庫支出金の国庫補助金173万3,000円の増額は、平成29年度の地域支援事業交付金の確定による精算交付を受けるものでございます。  支払基金交付金967万2,000円の増額は、平成29年度の支払基金交付金の精算交付を受けるものでございます。  県支出金の県補助金86万6,000円の増額は、平成29年度の地域支援事業交付金の確定による精算交付を受けるものでございます。  繰入金の2,532万5,000円の減額は、介護給付費準備基金からの基金繰り入れを予定しておりましたが、平成29年度決算の繰越金等を受けまして全額を減額するものでございます。  繰越金2億7,685万4,000円の増額は、前年度決算の確定に伴い、当初予算額との差額を補正するものでございます。  歳出でございます。  基金積立金1億1,161万5,000円の増額は、介護給付費準備基金積立金でございます。  諸支出金の償還金及び還付加算金1億5,218万5,000円の増額は、介護給付費等に係る交付金の精算により、国・県等に返還するものでございます。  21ページをごらんください。  次に、介護サービス事業勘定の歳入でございます。  繰越金729万円の増額は、前年度決算の確定に伴い当初予算額との差額を補正するものでございます。  歳出でございます。  事業費729万円の増額は、居宅介護支援事業費で一般会計繰出金を増額するものでございます。  続きまして、議案第48号について御説明いたします。  議案書は9ページになります。  可児駅東土地区画整理事業特別会計でございます。  平成30年度可児市可児駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について別冊のとおり定める。  内容につきましては、資料番号9の平成30年度可児市補正予算書の31ページをお願いいたします。  繰越明許費の補正になります。  32ページをごらんください。  可児駅東土地区画整理事業で、可児駅広場造成工事に際し、必要な電柱の支障移転等を次年度に250万円繰り越すものでございます。以上でございます。  続きまして、議案第49号について御説明いたします。  議案書は同じく9ページでございます。  平成30年度可児市下水道事業会計補正予算(第1号)について別冊のとおり定める。  内容につきましては、資料番号9の平成30年度可児市補正予算書の33ページをお願いいたします。  第2条、業務の予定量の補正では、平成30年度当初予算書にあります(4)主要な建設改良事業のうち、ロの雨水幹線整備工事費の事業費「6,700万円」を「3,200万円」に改めるものでございます。  第3条、収益的収入及び支出の補正では、平成29年度決算確定に伴う長期前受金戻入額や減価償却費、一般会計繰出金等の差額分などを補正するものでございます。  第4条、資本収入及び支出の補正では、国庫補助事業費の確定等により、建設改良費等を減額するものでございます。  最後に第5条、利益剰余金の処分についても補正するものでございます。  補正予算については以上でございます。 34 ◯議長(澤野 伸君) 続いて、議案付託についてお諮りをいたします。認定第1号から認定第14号、議案第46号から議案第49号、議案第58号及び議案第59号の20議案については、予算決算委員会に付託の上、審査することにしたいと存じます。  これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 35 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、認定第1号から認定第14号、議案第46号から議案第49号、議案第58号及び議案第59号の20議案につきましては、予算決算委員会に付託の上、審査することに決定いたしました。  なお、これらの議案の質疑につきましては、予算決算委員会において行うこととし、ここでは省略させていただきたいと存じます。御了解願います。   ──────────────────────────────────────   議案第50号から議案第53号まで及び議案第57号について(提案説明) 36 ◯議長(澤野 伸君) 日程第8、議案第50号から議案第53号及び議案第57号の5議案を一括議題といたします。  提出議案の説明を求めます。  総務部長 前田伸寿君。 37 ◯総務部長(前田伸寿君) それではよろしくお願いいたします。  資料番号1の議案書10ページをお願いいたします。  あわせまして資料番号11番の提出議案説明書1ページをお願いいたします。  議案第50号 可児市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨、内容については、地方再生法の文言等が変更されたことに伴い、引用条項及び文言を改めるものでございます。  施行日は、公布の日でございます。  続きまして、議案書11ページをお願いいたします。  議案第51号 可児市印鑑条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨につきましては、出生児の性と自身が認識する性が一致しない性同一性障害などを有する方の気持ちに寄り添い、より配慮するために改正するものでございます。  改正内容は、条例第6条で規定する印鑑登録原票の登録事項第5号、男女の別を削除、第11条で規定する印鑑登録証明書の記載事項第3号、男女の別を削除するものでございます。  施行日は、平成30年12月1日でございます。  経過措置として、第6条の改正規定については、改正条例施行日以後の申請に係る印鑑登録から適用し、施行日前の申請に係る印鑑登録については、従前の例によることを規定するものでございます。  次に、議案書13ページをお願いします。  あわせまして、提出議案説明書は2ページでございます。  議案第52号 可児市市民公益活動センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨につきましては、市民公益活動センターが総合会館分室から総合会館に移転することに伴い改正するものでございます。  改正の内容につきましては、位置を「下恵土5166番地1」から、「広見一丁目5番地」に改めるものでございます。  施行日は、平成31年5月1日でございます。
     議案書14ページをお願いいたします。  議案第53号 可児市土地改良事業等に関する分担金等徴収条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  改正の趣旨、内容につきましては、土地改良法が改正されることに伴い、引用条項を改めるというものでございます。  施行日は、平成31年4月1日でございます。  続きまして、議案書18ページをお願いいたします。  あわせて提出議案説明書3ページをお願いいたします。  また、別途配付してございます15番の位置図もあわせてお願いをいたします。  議案第57号 他の地方公共団体公の施設の相互利用に関する協議についてでございます。  図面資料で表示しております可児市下切、大森及び松伏二丁目並びに多治見市姫町一丁目から姫町七丁目までの可児市及び多治見市の境界付近におけるそれぞれの公共下水道施設の相互の住民に利用させるため、多治見市と協議することについて地方自治法第244条の3第3項の規定により、議会議決を求めるものでございます。  使用料等の経費負担及び利用の条件につきましては、それぞれの公共下水道施設を設置した市の条例規則、その他の規程の定めによります。  説明は以上でございます。 38 ◯議長(澤野 伸君) 以上で提出議案の説明は終わりました。   ──────────────────────────────────────   議員派遣について 39 ◯議長(澤野 伸君) 日程第9、議員派遣についてを議題といたします。  お手元に配付しましたとおり、地方自治法第100条第13項及び可児市議会会議規則第167条の規定により、平成30年8月27日に開催される犯罪被害者支援講演会に議員を派遣いたします。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 40 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、議員派遣につきましてはお手元に配付しましたとおり議員を派遣することに決定いたしました。   ──────────────────────────────────────   散会の宣告 41 ◯議長(澤野 伸君) 以上で本日の日程は終了いたしました。  お諮りします。議事の都合により本日の会議はこの程度にとどめ、委員会審査及び議案精読のため、明日から8月29日までの7日間を休会したいと存じます。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」の声あり〕 42 ◯議長(澤野 伸君) 御異議がないものと認めます。よって、明日から8月29日までの7日間を休会することに決定いたしました。  次は8月30日午前9時から会議を再開いたしますので、よろしくお願いをいたします。  本日はこれをもって散会します。長時間にわたりまことにお疲れさまでございました。                                 散会 午前9時35分  前記のとおり会議の次第を記載し、その相違ないことを証するため、ここに署名する。     平成30年8月22日         可児市議会議長     澤  野     伸         署 名 議 員     出  口  忠  雄         署 名 議 員     板  津  博  之 Copyright (c) KANI CITY PLENARY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....