恵那市議会 > 1991-12-09 >
平成 3年第6回定例会(第1号12月 9日)

ツイート シェア
  1. 恵那市議会 1991-12-09
    平成 3年第6回定例会(第1号12月 9日)


    取得元: 恵那市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-09-18
    平成 3年第6回定例会(第1号12月 9日)         平成3年第6回恵那市議会定例会会議録〔第1号〕                               平成3年12月9日 ───────────────────────────────────────     議 事 日 程(第1号)                     平成3年12月9日(月)午前10時開議    第 1        会議録署名議員の指名    第 2        会期の決定    第 3        認第2号から認第8号までと報第6号並びに議第68号から議第81号まで一括上程    第 4        請願について ───────────────────────────────────────  1 本日の会議に付した事件   議 事 日 程(第1号)    日程第 1       会議録署名議員の指名    日程第 2       会期の決定    日程第 3 認第 2号 平成2年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定について
             認第 3号 平成2年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について          認第 4号 平成2年度恵那市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について          認第 5号 平成2年度恵那市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について          認第 6号 平成2年度恵那市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算の認定について          認第 7号 平成2年度恵那市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について          認第 8号 平成2年度恵那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について          報第 6号 専決処分の承認について          議第68号 恵那市基金条例の一部改正について          議第69号 恵那市火災予防条例の一部改正について          議第70号 恵那市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について          議第71号 字の区域の変更について          議第72号 財産の取得について          議第73号 損害賠償の額を定めることについて          議第74号 平成3年度恵那市一般会計補正予算          議第75号 平成3年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算          議第76号 平成3年度恵那市土地取得事業特別会計補正予算          議第77号 平成3年度恵那市下水道事業特別会計補正予算          議第78号 平成3年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算          議第79号 平成3年度恵那市老人医療特別会計補正予算          議第80号 平成3年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算          議第81号 平成3年度恵那市水道事業会計補正予算    日程第 4       請願について ───────────────────────────────────────  1 出 席 議 員     1番  渡 辺 鈴 政 君       2番  山 内   隆 君     3番  西 尾 直 躬 君       4番  槙 島 増 郎 君     5番  小 椋 一 郎 君       6番  土 屋 藤 夫 君     7番  藤   公 雄 君       8番  市 川 美 彦 君     9番  光 岡 勝 美 君      10番  水 野 善 文 君    11番  西 尾 茂 芳 君      12番  林   午 三 君    13番  藤 原 昭 五 君      14番  宮 地 久 幸 君    15番  柘 植 成 實 君      16番  丸 山 定 男 君    17番  足 立 明 忠 君      18番  伊 藤 善 朗 君    19番  田 本 良 則 君      20番  伊 藤 祐 道 君    21番  林     脩 君      22番  浅 野 恒 利 君 ───────────────────────────────────────  1 欠 席 議 員      な し ───────────────────────────────────────  1 説明のため出席した者の職氏名    市 長        森 川 正 昭 君    助 役        大 井 守 男 君    収入役        小木曽 繁 文 君    総務部長       可 知 義 明 君    民生部長       佐々木 正 美 君    経済部長       加 納 優 幸 君    建設部長       伊 藤 一 治 君    消防長        後 藤 勝 造 君    参 事        永 冶 宏 重 君    参 事        金 子   剛 君    調整監        木 野 隆 之 君    調整監        秋 山 英 樹 君    教育委員会委員長   森 川   茂 君    教育長        小 栗 章 正 君    教育委員会事務局長  可 知 邦 正 君    代表監査委員     柘 植   章 君    監査委員事務局長   度 会 宣 男 君 ───────────────────────────────────────  1 職務のため出席した事務局職員    議会事務局長     砂 場 圭 一 君    議会事務局次長    市 川 芳 久 君    議会事務局書記    田 中 博 幸 君    議会事務局書記    平 林 剛 寿 君 ───────────────────────────────────────                午前10時00分 開議 ○議長(林 脩君) これより平成3年第6回恵那市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を行います。  日程に入る前に諸般の報告を行います。  地方自治法第121条の規定により、本日説明のため出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。  出席一覧表のうち助役大井守男君は明知鉄道取締役会に出席のため、遅参の申し出がありましたので、ご了承願います。  なお、本日の会議に遅刻の旨通知のありました議員は、遅刻22番・浅野恒利君であります。  次に、9月1日から11月30日までにおける議会関係諸般の報告をお手元に配付しておきましたので、お目通しいただきます。  次に、閉会中に受理されました陳情は10件であります。その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。  なお、執行部においては、よろしく処置くださるようお願い申し上げます。  次に、先般来実施されました各特別委員会の行政視察について、新丸山ダム対策特別委員会柘植成實委員長リニア中央新幹線等交通アクセス対策特別委員会伊藤祐道委員長、不燃物等処理対策特別委員会宮地久幸委員長からそれぞれ視察報告書が提出されています。  以上で、諸般の報告を終わります。 ─────────────────────────────────────── ○議長(林 脩君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により9番・光岡勝美君、20番・伊藤祐道君を指名いたします。 ─────────────────────────────────────── ○議長(林 脩君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月24日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(林 脩君) ご異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決定いたしました。
     なお、会期中の会議はお手元に配付いたしました会期日程表により開催いたします。  次に、一般質問の通告は、本日午後零時30分に締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いいたします。質問の内容はでき得る限り詳細に記入してくださるようお願いしておきます。  また、質問順序の決定のため抽せん会を締め切りと同時に行いますので、関係者は議会事務局に集合願います。 ─────────────────────────────────────── ○議長(林 脩君) 日程第3 認第2号から認第8号までと報第6号並びに議第68号から議第81号まで22件を一括議題といたします。  提案理由の説明を求めます。市長・森川正昭君。               (市長・森川正昭君 登壇) ○市長(森川正昭君) 本日、平成3年第6回恵那市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には年末ご多用の中、ご出席賜りまして、まことにありがとうございました。  それでは、ただいま上程されました22議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。  まず、認第2号から認第8号までは、平成2年度の一般会計並びに簡易水道事業特別会計を初め6つの特別会計の決算につきまして、認定をお願いするものであります。  一般会計では、歳入総額117億8,926万8,000円、歳出総額111億3,335万2,000円で、歳入歳出差し引き6億5,591万6,000円の黒字となりましたが、このうち土地改良施設管理設備修繕事業等に係る6,951万8,000円を繰越明許費として翌年度へ予算繰り越しをしておりますので、実質収支は5億8,639万8,000円の黒字となりました。特別会計のうち老人医療特別会計においては、歳入歳出差し引き3,732万9,000円の黒字となっておりますが、この額は支払い基金、国・県負担金が超過交付となっており、精算により翌年度に返還するものであります。  なお、概要につきましては、収入役から説明をさせます。  次に、法第6号は専決処分の承認を求めるものであります。  その内容は、恵那駅前石橋線街路事業の土地建物の買収移転補償について、当事者平田健次氏との交渉が難航し、解決が困難であったため、土地収用法に基づき県収用委員会に裁決申請及び明渡裁決の申し立てを行っていましたが、このほど話し合いがまとまり、収用委員会に和解申し立てをすることに合意が得られましたので、和解案について平成3年11月13日付で専決処分を行ったものであります。  これに伴い、平成3年11月22日付で和解が成立し、平成4年7月30日をもって権利取得及び明け渡しが確定したものであります。  次に、議第68号は恵那市基金条例の一部改正でありますが、恵那市土地開発基金2億6,650万円を4億2,003万円に、恵那市奨学資金貸与基金8,220万円を8,617万円に、恵那市家畜貸与基金1,520万円を1,524万円に、恵那市高額療養費貸与基金350万円を377万円に、それぞれ運用する基金の額を増額するものであります。  議第69号・恵那市火災予防条例の一部改正につきましては、近年、火を使用する設備等これまでにない形態の施設の普及にかんがみ、火災予防の観点からこれに対応した構造等の基準を定めるほか、設備全般にわたって防火安全性の一層の向上を図るため、必要な規定を整備するための条例の一部改正を行うものであります。  議第70号・恵那市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正については、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部改正に伴い、この条例の一部改正を行うもので、災害弔慰金、災害障害見舞金の限度額引き上げ及び災害援護基金の貸付限度額の引き上げを行うものであります。  議第71号・字の区域の変更につきましては、市営土地改良事業に伴う中野方町横枕地区の施行により、字の区域の変更が必要となったため議決をお願いするものであります。  議第72号・財産の取得につきましては、市道恵那病院線道路改良事業用地取得のため、9,294・15平方メートルを予定価格8,580万9,147円で恵那市土地開発公社から買収するもので、市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議決をお願いするものであります。  議第73号・損害賠償の額を定めることにつきましては、平成2年5月26日に市の給食運搬車が運行中、長島町中野地内のT字交差点付近で自転車と出合い頭に衝突し、下校中の中学生に損傷を与えたもので、今回損害賠償の額が決定したため、その額を定めることについて議決をお願いするものであります。  次に、議第74号・平成3年度恵那市一般会計補正予算につきまして、説明を申し上げます。  今回の補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6億8,798万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ113億2,484万8,000円とするものであります。  その主な内容といたしましては、総務費において、地方交付税の措置分として減債基金積立金に2億1,500万円を計上したほか、公共施設建設資金として基金への積立金1億2,000万円、地域集会施設建設事業補助金交付規定の改正による追加補助金分として607万8,000円を計上しております。  民生費では、在宅老人介護支援センター建設事業に係る国・県の補助決定に伴い、市が補助する1,091万円を計上しております。  農林水産業費では、公社営畜産基地建設事業の補助決定により、2,947万7,000円を減額し、商工費では恵那峡ルネッサンス整備事業として、来年度に整備を行うアドベンチャーランド整備設計委託料として2,820万円を追加計上しております。  土木費では、土地取得事業特別会計へ1億4,400万円を計上しましたが、これは地方交付税措置分を繰り出して基金に積み立てるものであります。  また、市単道路新設改良事業ゴルフ場線改良工事辺地対策事業飯地中野方1号線ほか5路線などに3,437万9,000円の追加計上をしておりますが、街路事業による補助の決定と武並町向流地区住宅団地の開発について、県住宅供給公社が実施主体となったことによる設計調査費など7,317万6,000円を減額しております。  消防費では、特殊救助工作車に積載する機器の購入費として696万6,000円を増額することとしております。  教育費では、小中学校維持補修管理運営費として561万5,000円を追加計上しております。  また、災害復旧費としては、9月14日の台風17号による土木施設災害復旧事業として、河川14カ所、道路3カ所、橋梁1カ所、計18カ所分7,488万円を、9月27日から28日の台風19号による農林水産施設災害復旧事業として、農地4カ所、施設7カ所、計11カ所分2,634万円をそれぞれ追加計上しております。  以上が、一般会計補正予算の主な内容でございます。  次に、議第75号から議第81号までは特別会計に係る補正予算であります。  まず、議第75号・平成3年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ932万円とするもので、その主なものは簡易水道維持管理費の増額によるものであります。  議第76号・平成3年度恵那市土地取得事業特別会計補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億4,601万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,101万円とするものであり、土地開発基金から生ずる利子と先行取得により公有地の確保を図るため、地方交付税で措置された額を同基金に積み立てるものであります。  議第77号・平成3年度恵那市下水道事業特別会計補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ43万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億5,095万3,000円とするもので、下水道建設拡張整備事業に係る工事の変更による増額が主なものであります。  議第78号・平成3年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ508万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,018万9,000円とするものであり、死亡事故の増加による交通災害共済見舞金の増額が主な内容であります。  議第79号・平成3年度恵那市老人医療特別会計補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3,732万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ13億7,582万9,000円とするもので、前年度医療費精算に伴う返還金が主な内容であります。  議第80号・平成3年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算は、事業勘定において、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,933万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ14億5,943万6,000円とするもので、その主な内容は、保険給付費及び平成元年度療養給付費負担金の精算による返還金の追加計上と、前年度繰越金1億865万3,000円のうち、保険給付等必要見込み額を差し引いた残金2,033万8,000円を、後年度のために国民健康保険給付基金として積み立てることにしております。  最後に、企業会計に係る補正予算であります。  議第81号・平成3年度恵那市水道事業会計補正予算につきましては、収益的収支で既定の予定額に2,339万7,000円を追加し、収益的収支の総額を7億2,857万8,000円とするもので、配水量の伸びによる給水収益の増によるものであります。  また、資本的収支では既定の予定額に1,170万6,000円を追加し、資本的収支の総額を3億9,040万6,000円とするもので、給水区域の拡張──これは東野地区でありますが──による追加が主なものであります。  以上で提案理由の説明を終わりますが、詳細につきましては担当部長から説明をさせます。よろしくご審議の上、適正な議決を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(林 脩君) 市長の説明を終わります。  続いて、各議案の詳細について説明を求めます。  まず最初に、認第2号・平成2年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定について、認第3号・平成2年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認第4号・平成2年度恵那市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認第5号・平成2年度恵那市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認第6号・平成2年度恵那市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認第7号・平成2年度恵那市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認第8号・平成2年度恵那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、以上7件について収入役・小木曽繁文君。 ○収入役(小木曽繁文君) 認第2号から認第8号までの平成2年度一般会計並びに6つの特別会計の歳入歳出決算認定につきまして、決算の概要をご説明申し上げます。  それでは、お手元に提出してございます恵那市決算の主要な施策の成果等説明書の1ページでございます決算の概要について、順次ご説明を申し上げます。  平成2年度決算は、一般会計と特別会計6(簡易水道事業、土地取得事業、下水道事業、交通災害共済事業、老人医療、国民健康保険)となっており、その概要は次のとおりであります。  1.一般会計  決算額は、歳入総額117億8,926万8,000円、歳出総額111億3,335万2,000円で、前年度に比して歳入額は8.8%増(9億5,419万9,000円)、歳出額は8.1%増(8億4,266万5,000円)とそれぞれ増加しております。  この結果、歳入歳出差引額(形式収支)は6億5,591万6,000円の黒字で、形式収支から繰越明許費として翌年度へ予算を繰り越した土地改良施設管理設備修繕事業等に係る財源6,951万8,000円を差し引いた実質収支は5億8,639万8,000円の黒字となっています。  (1)歳入については、市税は前年度比6.8%増38億6,113万7,000円で順調な伸びとなっております。増の主なものは、個人市民税が前年度比6%増13億1,304万2,000円、そのほか法人市民税が前年度比12%増7億547万6,000円、固定資産税6.1%増13億9,635万1,000円となっております。  地方譲与税ほかは、地方交付税が前年度比16.2%増28億3,752万3,000円で、国庫支出金が7%減7億2,905万7,000円、県支出金は18.3%増7億5,118万5,000円となっており、国庫支出金及び県支出金は補助対象事業の増減によるものであります。諸収入は、前年度比9.3%増3億3,187万9,000円となっておりますが、これは高金利による預金利子が主なもので、市債は7.3%減9億6,646万2,000円であります。  (2)歳出については、議会費は9.3%の増1億7,650万4,000円(構成比1.6%)であります。  総務費は34.8%の増22億3,915万9,000円(構成比20.1%)で、主なものは財政管理費の減債基金積立金2億4,532万2,000円、公共施設整備基金積立金2億6,576万9,000円、財政調整基金積立金4,084万2,000円、地域活性化対策費の3つのまちづくり基金の積立金1億5,403万円、行財政合理化対策費住民情報オンライン事業費7,207万円及び国際交流振興基金積立金3,000万円であります。  民生費は11.9%の増14億2,416万9,000円(構成比12.8%)で、主なものは老人福祉費の在宅介護支援センター事業委託料ほか3,340万3,000円及び長島保育園建設費1億1,083万3,000円であります。  衛生費は18.9%の増5億9,781万8,000円(構成比5.4%)で、主なものはし尿処理施設及びじんかい処理施設の運営費の増と、し尿処理施設建設調査費及び不燃物処理場の建設調査費700万5,000円であります。  労働費は3.4%の減2,745万3,000円(構成比0.2%)であります。  農林水産業費は15.1%の増9億2,947万5,000円(構成比8.4%)で、主なものは畜産振興費の公社営畜産基地建設事業費(畜舎、堆肥舎)1億2,712万4,000円、土地改良費の保古の湖修繕第一期工事ほか26事業費1億7,217万7,000円及び林業振興費の林地崩壊防止緊急造林委託料ほか3,150万5,000円であります。  商工費は1%の増3億6,615万6,000円(構成比3.3%)で、主なものは観光費のフラワーレイク恵那峡遊歩道整備事業恵那峡ルネッサンス無料休憩所駐車帯整備事業費6,375万7,000円、恵那労務対策協議会を中心とする雇用対策費691万2,000円であります。  土木費は8.9%の増19億7,317万7,000円(構成比17.7%)で、主なものは道路橋梁新設改良費の宿大橋橋りょう架けかえ事業費ほか4億5,581万円、街路事業費の恵那駅前石橋線新長島橋(仮称)上部工架設工事費・土地購入費・家屋移転補償費3億1,445万6,000円及び文化公園建設費の園路・広場・浮殿建設事業費1億694万5,000円であります。  消防費は14.5%の増4億2,261万6,000円(構成比3.8%)で、主なものは消防施設費の武並・永田のコミュニティ消防センター建設事業費ほか4,612万6,000円及び災害弱者緊急通報システム設置費2,599万2,000円であります。  教育費は8.6%の減15億3,955万2,000円(構成比13.8%)で、主なものは教職員住宅建設費1億7,670万3,000円、長島小学校大規模改造事業費7,661万6,000円及び大井小学校プール建設費1億328万3,000円であります。  災害復旧費は9.7%の減3億3,060万5,000円(構成比3%)で、農林水産施設災害復旧費27カ所9,944万8,000円、土木施設災害復旧費21カ所2億3,115万7,000円であります。  公債費は12.7%の減11億666万1,000円(構成比9.9%)で、年度末未償還元金は92億4,950万円であります。  2.特別会計  (1)簡易水道事業は、東野及び飯地簡易水道の2施設で、決算額は歳入額843万円、歳出額837万8,000円で、歳入歳出差引額5万2,000円の黒字となっております。歳入の主なものは、一般会計繰入金521万円であります。歳出の主なものは、簡易水道事業調査費(中野方地区)589万6,000円であります。  (2)の土地取得事業費は、歳入歳出ともに2,092万5,000円で、歳入の主なものは、財産運用収入の土地開発基金運用利子773万円、一般会計繰入金1,319万5,000円。歳出の主なものは、財産取得費の土地開発基金積立金773万円と公債費の元利償還金1,319万5,000円であります。  (3)下水道事業は、歳入額6億2,945万8,000円、歳出額6億2,889万5,000円で、歳入歳出差引額56万3,000円の黒字となっております。歳入の主なものは、一般会計繰入金で2億6,442万円と、歳出の主なものは、建設事業費2億5,226万円(構成比40.1%)で、下水道管渠工事の主な場所は大井町野越・学頭、長島町正家南ヶ丘・乗越松ヶ丘地区であります。  (4)交通災害共済事業は、歳入額1,481万8,000円、歳出額1,472万9,000円で、歳入歳出差引額8万9,000円の黒字となっております。歳入の主なものは、交通災害共済事業収入821万円、一般会計繰入金352万2,000円であります。歳出の主なものは、交通災害見舞金812万円(76件)、交通災害共済基金積立金が288万9,000円であります。  (5)老人医療は、歳入額13億6,466万4,000円、歳出額13億2,733万5,000円で、歳入歳出差引額3,732万9,000円の黒字決算となっていますが、この額は老人医療費の実績により、支払基金交付金・国・県負担金について、翌年度精算となり、精算還付の対象となるものでございます。  (6)の国民健康保険は、イの事業勘定では、歳入額14億4,164万3,000円、歳出額13億3,299万円で、歳入歳出差引額1億865万3,000円の黒字となっております。歳入の主なものは、国民健康保険税6億8,859万9,000円(前年度に比して3.9%増)で収入総額の47.7%、国庫支出金4億3,612万5,000円で収入総額の30.2%、療養給付費交付金1億7,079万3,000円、一般会計繰入金3,551万4,000円、繰越金8,636万7,000円となっています。  歳出の主なものは、保険給付費9億7,498万8,000円(療養諸費8億8,376万4,000円、高額療養費8,220万4,000円、助産費624万円、葬祭費278万円)、老人保健拠出金2億6,327万2,000円となっている。国民健康保険給付基金への積立金は2,118万1,000円、基金総額は5,268万5,000円となっており、加入世帯は年間平均で4,679世帯、被保険者数1万1,440人となっております。  ロ.施設勘定は、歳入歳出額とも8,556万5,000円であります。歳入の主なものは、診療収入4,810万6,000円、一般会計からの繰入金3,725万9,000円となっております。  3.財産及び基金  (1)公有財産で、行政財産中、土地の増加は3,039.72平米(中山道甚平坂公園ほか3件)で、決算年度末現在高は58万8,724.89平米であります。建物(木造・非木造)の増加は1,743.19平米(教員住宅ほか10件)で、減少は407.23平米(飯地へき地保育園ほか4件)で、決算年度末現在高は12万87.10平米であります。  普通財産中、土地の増加は1万773.08平米(公共用地の代替地ほか2件)、減少は1万4,532.32平米(リコー時計跡地の一部ほか2件)で、決算年度末現在高は139万8,614.27平米でございます。建物(木造・非木造)の増加は324.51平米(旧飯地へき地保育園ほか1件)で、減少は260.82平米(旧県森連事務所)で、決算年度末現在高は2,620.43平米であります。  (2)基金で運用する基金は、基金の運用状況に関する調書のとおりであります。  以上、平成2年度決算の概要で、各会計における主要な施策の成果等については次のとおりでございます。  これで平成2年度の決算の概要説明を終わりますが、お手元に歳入歳出決算書、財産に関する調書、基金の運用状況に関する調書を提出しておりますので、お目通しをいただき、ご審議の上、認定を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(林 脩君) 以上で、収入役の説明を終わります。  続いて、監査結果の報告を求めます。代表監査委員・柘植 章君。 ○代表監査委員(柘植 章君) お手元に意見書が配付してありますが、初めに9ページの上の表の下の欄ですけども、ミスプリントがございまして、文字の中の1行目の後半部分で、「2.2%を占め手織り」というところの「手織」が平仮名に「てお」と直していただきたいということでございます。  それでは、地方自治法第233条第2項及び同法第241条第5項の規定により、審査に付されました平成2年度恵那市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況について審査した結果は次のとおりでありましたので、意見を付して提出いたします。  1ページのところを参考にしていただきたいと思います。 1 審査の対象  ①平成2年度恵那市一般会計歳入歳出決算  ②平成2年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算  ③平成2年度恵那市土地取得事業特別会計歳入歳出決算  ④平成2年度恵那市下水道事業特別会計歳入歳出決算  ⑤平成2年度恵那市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算  ⑥平成2年度恵那市老人医療特別会計歳入歳出決算  ⑦平成2年度恵那市国民健康保険特別会計歳入歳出決算  ⑧平成2年度恵那市各基金運用状況 でございます。 2 審査の期間は、平成3年11月1日から11月20日までの間に行いました。 3 審査の方法、審査に当たっては、各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金運用状況調書並びに関係諸帳簿、収入役保管の証書類等を照合確認して、計数の正確性、予算執行の的確性、基金運用の効率性等について総括的に審査を実施し、あわせて例月現金出納検査と定期監査の結果を参考にするとともに、関係職員の方々の説明を聴取し、審査を執行いたしました。 4 審査の結果、審査に付されました各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は、いずれも関係法令に準拠し作成され、計数は関係諸帳簿と符合し、かつ正確であったことを認めました。  また、予算の執行状況は適正妥当であり、概ね所期の目的を達したものと認めました。
     基金の運用状況調書は、関係諸帳簿と符合し、かつ正確であり、効率的に運用されていることを認めました。  以上、ご報告申し上げますが、詳細につきましては、お手元に提出させていただきました審査意見書を参考にしていただきたいと思います。以上、ご報告申し上げます。 ○議長(林 脩君) 監査結果の報告を終わります。  ただいまから本7件について質疑を行います。ご質疑はございませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(林 脩君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております7件の決算認定につきましては、この際9名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査願いたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(林 脩君) ご異議なしと認めます。よって、さよう特別委員会を設置し、付託の上、審査することに決しました。  お諮りいたします。ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第5条第1項の規定により、1番・渡辺鈴正君、2番・山内 隆君、3番・西尾直躬君、5番・小椋一郎君、7番・藤 公雄君、10番・水野善文君、13番・藤原昭五君、18番・伊藤善朗君、19番・田本良則君、以上の9名の諸君を指名いたします。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(林 脩君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました9名の諸君を決算審査特別委員に選任することに決しました。  ここで暫時休憩いたしまして、決算審査特別委員会を開催していただき、委員会構成を行っていただきます。すなわち議席の指定と正副委員長の互選であります。委員各位は直ちに第2委員会室へご参集願います。  それでは暫時休憩いたします。               午前10時51分 休憩           ─────────────────────               午前11時02分 再開 ○議長(林 脩君) 休憩前に引き続いて会議を開きます。  休憩中に決算審査特別委員会が開催され、正副委員長が決定いたしましたので報告いたします。委員長、19番・田本良則君、副委員長、10番・水野善文君、以上のとおりであります。  委員各位におかれましては、会期日程により審査をお願いいたします。  次に、報第6号・専決処分の承認について(専第7号・土地収用法による和解について)、詳細説明を求めます。建設部長・伊藤一治君。 ○建設部長(伊藤一治君) 報第6号・専決処分の承認について、地方自治法第179条の規定により、別紙のとおり専決処分をしたので報告し、承認を求める。平成3年12月9日提出。  それでは17ページ、専第7号・土地収用法による和解について。恵那市は土地収用法による裁決申請及び明渡裁決申し立て事件につき、次のとおり岐阜県収用委員会に和解の申し立てをすることについて、地方自治法第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分をする。平成3年11月13日。  18ページで内容の説明を申し上げます。和解申し立てをする相手方の住所、氏名。岐阜県恵那市大井町295番地の8、平田健次。和解の内容、土地の区域、恵那市が取得する土地の区域、石橋線街路用地、恵那市大井町字神ノ木295番の8、面積39.17平方メートル。同字神ノ木295番の15、79.26平方メートル。合わせまして118.43平方メートルでございます。  損失の補償、土地に対する損失の補償。これは鑑定価格、平成3年度の価格でございます。土地所有者平田健次に対して、金2,427万8,150円。内容といたしましては、単価では平米当たりが20万5,000円ということでございますので、よろしくお願いをいたします。  土地に対する損失の補償以外の損失の補償。土地所有者平田健次に対して、金3,060万6,775円。内容といたしましては、この査定に当たりましては、中部用対連の定める損失補償基準算定基準によるものでございまして、平成3年度の価格でございまして、項目を申し上げますと、建物の移転補償、郊外再築といたしまして、2,630万4,788円でございます。内容は店舗併用住宅、2階建てで、建築面積が162.45平方メートルでございまして、さらには物置平家建て5.46平米。締めて2,560万2,250円、それに消費税を加えまして、合計の2,630万4,788円でございます。  次に、工作物移転補償屋外分でございます。総金額が138万9,220円でございまして、内容といたしましては、空調関係あるいは電気設備等でございます。それから動産移転補償といたしまして、居住用動産といたしまして22万7,700円、居住面積は76平米でございます。それから動産移転補償の一般動産でございますが、これが11万1,245円、移転雑費といたしまして167万2,290円、これは建築確認等必要な経費でございます。それから営業休止の補償でございます。これにつきましては88万6,772円。さらには立木と言いますか、庭木の補償といたしまして、郊外への移植1万4,760円というところで、締めまして3,060万6,775円になっておりますので、よろしくお願いをいたします。  権利の取得の時期及び明け渡しの期限でございますが、権利取得の時期、明け渡しの時期ともに平成4年7月30日でございます。  以上、説明を終わらさせていただきますので、よろしくご可決いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第68号・恵那市基金条例の一部改正について、詳細説明を求めます。総務部長・可知義明君。 ○総務部長(可知義明君) それでは、議第68号・恵那市基金条例の一部改正について、ご説明申し上げます。  19ページをお願いいたします。恵那市基金条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めるものでございまして、運用する基金の額を増額するものであります。改正の内容は、第2条第1項第2号の表を次のように改めるものでございます。22ページに表がございますので、お願いいたします。なお、お手元に配付しております改正条例議案の概要の参考資料がございますので、その1ページをあわせごらんいただきたいと思います。  定額の資金を運用する基金、名称は恵那市土地開発基金。目的につきましては省略をさせていただきます。現在額2億6,650万円に1億5,353万円を増額いたしまして、運用する額を4億2,003万円とするものでございます。  次に、恵那市奨学資金貸与基金。現在額8,220万円に397万円を増額いたしまして、8,617万円とするものでございます。  次に、恵那市家畜貸与基金。現在額1,520万円に4万円を増額し、1,524万円とするものでございます。  次に、恵那市高額療養費貸与基金。現在額が350万円でございますが、27万円を増加いたしまして、377万円とするものでございます。  最後になります恵那市国民年金印紙購入基金につきましては、変わりがございませんので、省略させていただきます。  以上で、説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第69号・恵那市火災予防条例の一部改正について、詳細説明を求めます。消防長・後藤勝造君。 ○消防長(後藤勝造君) 25ページ、議第69号・恵那市火災予防条例の一部を改正する条例について、ご説明申し上げます。  今回の改正は、国の火災予防条例準則の一部改正によりまして行うものであります。改正の主な目的は、近年、火を使用する設備及びその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備として、これまでにない形態のものの普及が進んでおります。このため火災予防の観点から、これに対応した構造等の基準を定めるほか、設備全般にわたって防火安全性の一層の向上を図るものであります。  また、防火対象物の用途の多様化、複雑化や災害の発生事例等にかんがみ、喫煙等を初めとする火の使用の制限に関する事項や避難管理に関する事項についても、火災予防上必要な規定の整備をするものであります。  それでは、お手元の参考資料の方の2ページ、第3条のところから順次説明をさせていただきます。  第3条の関係では、火を使用する設備並びに器具及びその使用に際しまして、火災の発生のおそれのある設備及び器具に関する、例えば液体燃料もしくは気体燃料を使用し、または電気を熱源とする設備について、立ち消えの安全装置それから加熱防止装置、これらのものの安全装置に関する規定を設けております。  それから11ページの方をお願いいたします。11ページ、第3条の4のところでは、従来、炉及びかまどの一種とされていました厨房設備について、ダクト火災等が発生している状況をかんがみまして、ダクト火災を防止するために必要な構造等の基準を定めております。  16ページの方へまいります。第9条の2、第10条の2、第12条、第13条及び第44条の関係で、内燃機関によるヒートポンプ冷暖房機、加工液として危険物を使用する放電加工機、それからキュービクル式の屋外に設置する発電設備及び蓄電池設備について、新たに火災予防上必要な位置、構造等の基準を定めております。  以上は、火を使用する設備、器具の製造または設置工事等に際しまして、技術上の細かい点について定めておるものであります。  次に、市民生活に直接に影響のあります火の使用に関する制限及び避難管理に関する事項について、ご説明申し上げます。  23ページをお願いいたします。第23条の関係ですが、消防長または消防署長が指定することにより、喫煙等を禁止することができる場所として、現行は劇場等の舞台または客席、百貨店等の販売または展示部などとなっておりますが、今回新たに文化財である建物内の内部または周囲を加えるとともに、禁煙、火気厳禁及び喫煙所である旨を表示する際に、文字表示とあわせてだれもが容易に標識の意味を理解することができるよう、図記号の図柄を定めることとしております。この図記号の図柄につきましては、きかくの国際化に対応しまして外国人などにも、容易に認識できるよう国際標準化機構の規格に定められているものを採用することとなっております。  25ページをお願いいたします。第24条関係では、空き家における放火、火遊び等による火災の発生を防止するために、空き家の所有者または管理者に対しまして、当該空き家へむやみに人が出入りできないように施錠し、周囲の可燃物の除去、それからガス及び電気の確実な遮断、さらに危険物品の除去など火災予防上の必要な措置を講ずることを新たに定めております。  次に、26ページをお願いいたします。第28条では自動車の解体業者の定めをしております。解体作業をする前に燃料タンク等の可燃物の除去、さらに火が広がったような場合に備えまして、消火器等の準備をあらかじめして、必要な防火管理のもとに作業を進めるように定めております。  それから、28ページをお願いいたします。37条の2の関係ですが、ディスコとかライブハウス等の防火管理について定めております。これらの関係者は火災等の確知をした場合、あるいは火災報知器が非常ベルが鳴ったような非常時においては、速やかに特殊な照明であるとか大音響の演奏あるいはレコード等の音量を、電源を停止いたしまして、避難誘導路の避難灯、あるいは火事だというような避難上有効にできるような措置を講ずるということを定めております。  29ページをお願いいたします。第40条では消防法の施行令別表第1に、たくさんの防火対象物の避難口に設ける施錠装置に関して定めておりますが、この施錠装置に関しまして、細かな定めをしております。自動火災報知器等と連動して、自動的に錠がかけられたものが解錠するものや、それから容易に誰でも解錠ができるものであるとしております。鍵を用いてあけるもの、あるいはIDカードそれから暗唱番号を使うものはいけないと、こういうことであります。  そのほか所要の情報整理を48の条項で行っておりますが、説明は省略させていただきます。この条例の施行日は平成4年4月1日であります。そのほか経過措置について附則で定めております。よろしくご審議の上、適正なご議決を賜りますようお願い申し上げます。  以上でございます。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第70号・恵那市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について、詳細説明を求めます。民生部長・佐々木正美君。 ○民生部長(佐々木正美君) それでは、議第70号・恵那市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について、ご説明申し上げます。  これは災害弔慰金の支給等に関する法律等の一部改正に伴い、恵那市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正するものでございます。  それでは、参考資料の46ページをごらんいただきたいと思います。条例第4条第4項でございます。これは字句の整備、災害弔慰金の限度額及び貸付限度額等の引き上げを行う内容でございますが、現行では「第3項」となっておりますのを「前3項の場合において」というふうに字句の整備をいたしたものでございます。  続いて第5条でございます。災害弔慰金の限度額の引き上げでございます。主として生計を維持していた場合300万円を500万円に、その他の場合150万円を250万円に改正するものでございます。  第10条でございます。災害障害見舞金の限度額の引き上げで、主として生計を維持していた場合150万円を250万円に、その他の場合を75万円から125万円に引き上げ、改正させていただくものでございます。  第13条第1項の第1号でございます。災害援助資金の1災害における1世帯当たり貸付限度額の引き上げでございまして、これもアンダーラインで引いてありますところが改正点でございます。60万円から150万円、120万円から250万円ということでございます。  次のページをごらんいただきたいと思います。同じく住居が半壊した場合140万円が270万円、180万円が350万円に改正をするものでございます。第2号でございますが、それぞれアンダーラインのように改正をさせていただくものでございます。第3号でございますが、読みかえ規定の金額の改正でございまして、その下に書いてありますように、140万円が270万円に、以下180万円が350万円というふうに改正をしようとするものでございます。  なお、この条例の適用については、議案書の56ページに明記してありますので、よろしくお願いをいたします。  以上で説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第71号・字の区域の変更について、詳細説明を求めます。経済部長・加納優幸君。 ○経済部長(加納優幸君) それでは、57ページの議第71号・字の区域の変更について、ご説明をいたします。  本件は、地方自治法第260条第1項の規定により、別紙のとおり字の区域の変更をするものでございます。60ページの字区域変更調書についてでございますが、中野方町字八幡2693に隣接する道路である国有地の全部を中野方町字東中切に変更する。中野方町字昆羅3466の1の一部ほか7筆、字島3680の1の一部ほか1筆、字大日3699の一部ほか3筆、字新賦3791の1の一部ほか1筆、以上の土地及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である国有地の全部並びに中野方町字島3682の11に隣接する道路である国有地の全部を中野方町字横枕に変更する。  中野方町字横枕3661の2ほか12筆、字島3677の1の一部ほか2筆、以上の土地及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である国有地の全部を中野方町字大日に変更するものでございます。  なお、変更の大略図を添付しておりますので、よろしくお願いをいたします。  以上で説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第72号・財産の取得について、詳細説明を求めます。建設部長・伊藤一治君。 ○建設部長(伊藤一治君) 議第72号・財産の取得についてをご説明申し上げます。  64ページをお願いをいたします。取得する財産、土地。所在地でございますが、恵那市大井町字野越2725番の2ほか3筆でございます。地目といたしましては、宅地、山林でございます。面積といたしましては、9,294.15平方メートルでございます。宅地といたしましては157.17平米、山林が9,136.98平米という面積でございます。取得の目的でございますが、市道の恵那病院線の道路改良事業用地でございます。取得の方法は売買。取得予定価格といたしましては、8,580万9,147円でございます。鑑定評価、平成2年度でございます。取得の相手方、恵那市土地開発公社副理事長浅野恒利でございます。  なお、別添の図面を添付させていただいておりますので、ご参照いただければありがたいと思います。  以上で、ご説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第73号・損害賠償の額を定めることについて、詳細説明を求めます。教育委員会事務局長・可知邦正君。 ○教育委員会事務局長(可知邦正君) それでは、議第73号・損害賠償の額を定めることについて、ご説明を申し上げます。  67ページをお開き願いたいと思います。損害賠償の額を定めることについて、損害賠償の額を次のように定めるというものでございます。  次に、68ページをお願いいたします。損害賠償の理由といたしまして、平成2年5月26日午後零時2分ごろ、恵那市施設管理公社職員が公用車である給食運搬車(岐11ほ89──34)を運転し、給油のため恵那農協の給油所へ向かう途中、長島町中野地内のT字交差点(森岡商店前)付近で、左方向より自転車に乗って通行中の竹内重貴君(当時西中2年生)と出合い頭に衝突し、頭蓋骨骨折、脳挫傷の損傷を与えたものであります。なお、その後、1年6カ月様子を見ましたが、学力の低下及び欠席もなく、損傷も完治し、仮示談が成立したものでございます。  損害賠償の相手方といたしまして、恵那市長島町正家283番地の3、被害者竹内重貴、親権者竹内 保。損害賠償の額は66万2,097円であります。その内容につきましては、治療費といたしまして、2病院に入院14日間、通院11日間、治療費45万4,757円、慰謝料として18万5,000円、通院費1万2,540円、入院雑費9,800円、総額66万2,097円となっております。  ご審議の上、議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第74号・平成3年度恵那市一般会計補正予算の詳細説明を求めます。総務部長・可知義明君。 ○総務部長(可知義明君) それでは、議第74号・平成3年度恵那市一般会計補正予算(第3号)について、説明を申し上げます。  別冊の補正予算書及び説明書により説明いたしますので、お願いいたします。  今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6億8,798万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ113億2,484万8,000円とするものでございます。歳入歳出款項の金額は2ページから5ページの第1表のとおりであります。  第2条の債務負担行為の補正につきましては、6ページをごらんいただきますが、第2表、債務負担行為のとおりで、第二期恵那工業団地給水設備における水道事業会計の負担金を追加するものであります。  第3条、地方債の補正は6ページ第3表、地方債補正のとおりでございまして、追加が2件、廃止が1件、変更2件をお願いするものであります。  追加2件につきましては、去る9月14日と同27日に発生しました台風17号及び19号による災害の農林水産業施設及び公共土木施設の災害復旧事業であります。廃止の1件は、公有林整備事業が補助対象事業となったため、廃止とするものでございます。変更2件のうち、街路整備事業は恵那駅前石橋線の事業費の決定により減額するもの、また辺地対策事業は白坂線道路改良事業ほか5路線の事業決定により、増額するものであります。  歳入について説明させていただきます。11ページをお願いいたします。  歳入6款の地方交付税、地方交付税3億8,708万3,000円の増額は、地方交付税のうち普通交付税の決算見込み額を24億1,143万9,000円と見込み、今回3億8,708万3,000円を計上したものであります。  次に、8款分担金及び負担金、農林水産業分担金1,191万8,000円の減額につきましては、公社営畜産基地整備事業で実施する土地改良事業の事業費の決定に伴う減額でございます。  災害復旧費分担金305万8,000円の増額は、去る9月14日台風17号、9月27日の台風19号の大雨災害による災害復旧事業費分担金でございます。
     12ページをお願いいたします。民生費負担金、社会福祉費負担金1,196万7,000円の増額は、基準額の改定されたことに伴う負担分の増額でございます。  児童福祉費負担金1,020万円の減額は、措置費基準の改定に伴い、収入の基礎が世帯全員の所得を対象としていたのが、世帯の主宰する者の所得のみを対象とするよう改定されたことによる減額でございます。  次の使用料でございますが、民生費使用料のうち児童福祉使用料につきましては、児童福祉費の負担金と同様、措置基準の改定に伴い、収入の基礎が世帯全員の所得を対象としていたのが、世帯の主宰者の所得のみを対象とするよう改定されたことによる減額でございます。  10款の国庫支出金、民生費国庫負担金社会福祉費負担金445万1,000円の増額の主なものは、老人保護措置費負担金370万4,000円での増額でございまして、基準額の改定に伴うものでございます。  児童福祉費負担金2,103万6,000円の増額は、基準額の改定に伴い増額するものでございます。  14ページをお願いします。生活保護費負担金246万8,000円の増額は生保受給者2名が集中治療を受けることにより、医療扶助費の増額によるものでございます。  災害復旧国庫負担金土木施設災害復旧費負担金4,927万3,000円は、9月14日の台風17号の大雨による災害復旧事業の国庫負担金でございます。河川が14カ所、道路3カ所、橋りょう1カ所、計18カ所にかかわるものでございます。  10款の国庫支出金、民生費国庫補助金社会福祉費補助金290万9,000円の増額は、基準の改定に伴い増額するものでございます。  土木費国庫補助金都市計画費補助金の2,090万円の減額は、街路事業恵那駅前石橋線の事業費の決定に伴い減額するものでございます。  教育費の国庫補助金については省略をさせていただきます。  11款県支出金、民生費の負担金、児童福祉費負担金886万8,000円の増額は、措置基準の改定に伴う増額でございます。  16ページお願いいたします。衛生費の県負担金については省略をさせていただきます。  民生費県補助金、社会福祉費補助金202万2,000円の増額につきましては、基準額の改定と老人ヘルパーの派遣回数の増加による増額でございます。  児童福祉費補助金486万5,000円の増額の主なものにつきましては、児童福祉施設整備事業費補助金500万円でございまして、これはふじへき地保育園の遊戯室の建築補助金、県の振興補助金の決定によりまして、増額するものでございます。  衛生費県補助金60万円の増額でございますが、これは本年度県のごみ減量化再資源化推進モデル市町村の指定を受け、その補助金が決定したものでございます。ちなみに、この3市町村が決定されたわけでございますが、平田町と和良村と恵那市でございます。  農林水産業費県補助金、農業費補助金2,140万9,000円の減額の主なものは、公社営畜産基地建設事業費補助金2,196万9,000円の減額でございまして、公社営による圃場整備事業の事業費の決定による減額でございます。  次に、林業費補助金245万9,000円の増額の主なものにつきましては、松くい虫被害木駆除事業費補助金169万1,000円の増額でございまして、松くい虫駆除対象面積の増加に伴う増額でございます。  教育費県補助金500万円の増額は、阿木川流域埋蔵文化財収蔵庫建設事業の県の補助金、振興補助金でございますけども、決定したことによる補正でございます。  18ページをお願いいたします。災害復旧費県補助金農林水産業災害復旧費補助金1,643万4,000円でございますが、これは9月14日の台風17号、9月27日の台風19号による大雨災害の農地4カ所、農業施設7カ所、計11カ所の災害復旧事業の補助金でございます。  12款財産収入を説明します。利子及び配当金でございますが、利子及び配当金の1,379万3,000円の増額は、みどりと文化のまちづくり基金ほか6つの基金の利子額でございます。  財産収入の財産売払収入、不動産売払収入、建物売払収入の151万7,000円の減額でございますが、これは公社営畜産基地整備事業で建築されました乳牛舎附帯設備の建築価格の決定による減額でございます。  20ページをお願いいたします。寄附金、総務費寄附金180万円はいとう鶴酒造さんから国際交流の振興に対しての寄附金100万円と、恵那ふるさと祭り実行委員会から健康と福祉のまちづくり基金への寄附金50万円ほかでございます。  教育費寄附金の180万円は、同じようにいとう鶴酒造さんからの小中学校の整備に係る寄附金と恵那ふるさと祭り実行委員会からの寄附金でございます。  商工費寄附金は、いとう鶴酒造さんから観光振興のための寄附金100万円と、農林水産業費寄附金につきましては、東野の篠原弘之さんから土地改良施設整備に対する寄附金100万円でございます。  繰入金、財産区繰入金の933万9,000円は中野方財産区から公社営畜産基地整備事業で実施する土地改良事業の地元繰入金でございます。  財政調整基金繰入金の500万円の減額につきましては、阿木川ダム下の公園内に建設する阿木川流域埋蔵文化財収蔵庫建設事業の県補助金500万円が決定したことに伴いまして、財政調整基金の繰入額を当初3,500万円を予定しておりましたが、この振興補助金の決定に伴いまして、500万円を減額するものであります。  22ページの繰越金をお願いいたします。繰越金、前年度繰越金1億5,302万3,000円、今回の補正の財源として前年度繰越金の残額全額を充てるものでございます。  雑入について説明いたします。雑入1,958万6,000円を増額いたしますが、その主なものといたしましては、農林水産業費雑入394万5,000円、これは東濃牧場用地の借上料のアップ分273万5,000円、それとアグリパーク管理センターの永田区地元負担金121万円。  それから、土木費雑入213万2,000円は、道路改良協力基金釜上下河合線ほかの協力基金でございます。  消防費雑入776万2,000円は、中央道の救急業務の支弁金747万6,000円ほかでございます。  教育費雑入536万3,000円は、乗車の事故、損害賠償共済金として66万1,000円、文化センターの自主事業の収入の増額470万1,000円でございます。  次に、17款の市債、農林水産業債100万円の減は公有林整備事業が補助対象事業となったため、減額するものでございます。  土木債820万円の減額は、恵那駅前石橋線の事業費の決定による減額でございます。  辺地債1,280万円の増額でございますが、これは白坂線ほか5路線の事業費の決定による増額補正をするものでございます。  災害復旧債3,100万円は、9月14日の台風17号、9月27日の台風19号の大雨による農林水産業施設11カ所及び公共土木施設18カ所の災害復旧事業の確定により増額するものでございます。  24ページ、歳出について説明をいたします。  まず、議会費でございますが、旅費を54万円増額しますが、これは旅費規定が4月1日から改正されたことに伴いまして、増額をするものでございます。  2款の総務費、一般管理費の需用費214万円の増額は、消耗品費98万円を増額しておりますけども、国・県等の陳情の際に土産品として市のPRができるテレフォンカードのセットを作成するものでございます。  食糧費につきましては、5月25、26日に来日されました中国の訪日市長団のレセプションあるいは岐阜県市長会が当市で開催されるための食糧費ほかでございます。  職員研修費、文書広報費については省略させていただきます。  財政管理費、積立金3億3,879万4,000円でございますが、減債基金積立金に2億1,849万4,000円、これは普通交付税で財源対策として措置されている措置額2億1,485万6,000円と基金利子等363万8,000円を加えて積み立てするもので、積み立て後の基金額は5億1,985万9,000円となるものでございます。  公共施設整備基金積立金は1億2,030万円を積み立てるもので、積み立て後の基金額は6億9,001万円となるものでございます。  財産管理費の需用費472万円の増額は、庁舎の電気代の増高のために光熱水費と修繕料の中では、庁舎の暖房用のボイラーの修繕あるいは車庫のといの取りかえ等でございます。  26ページをお願いいたします。地域活性化対策費、負担金補助及び交付金607万8,000円増額いたしております。これは地域集会施設建設費補助金の交付規定の改正に伴う補正でございます。  改正の内容をご説明申し上げますと、集会所の建設に伴いまして、新増築の場合は補助率が従来20%のものを30%、限度額を200万円のものを300万円、それから修繕の場合も補助率が20%のものを30%、限度額100万円のものを150万円、いずれも50%アップいたしました。さらに、単価面では従来住宅金融公庫の標準単価の木造部分を採用しておりましたけど、近年耐火構造であります鉄骨造だとかRC造がふえてまいりますので、そういったところにも単価も新たに申請するという形で改正をさせていただきました。  それで、9月補正で、大井町南関戸ほか4自治会の集会所の補助金524万9,000円を補正いただきましたが、この改正に伴いまして、追加分といたしまして307万8,000円とその後新たに申請のあった中野方町の7区の集会所の補助金300万円の、合計607万8,000円を追加補正をいたしたものでございます。  次に、積立金828万1,000円でございますが、これはみどりと文化のまちづくり基金の基金利子655万6,000円と寄附が20万円ございまして、計675万6,000円。それと、健康と福祉のまちづくり基金の基金利子92万5,000円、寄附金50万円、計142万5,000円。それから、安全で住みやすいまちづくり基金は寄附金10万円、それぞれ積み立てをいたしたものでございまして、積み立て後の基金額は、みどりと文化のまちづくり基金は1億3,851万7,000円、健康と福祉のまちづくり基金は1億3,008万5,000円、安全で住みやすいまちづくり基金の積立額は1,638万6,000円というふうになるものでございます。  公平委員会費、交通安全対策費については省略をさせていただきます。  14の国際交流推進事業費でございます。積立金305万5,000円でございますが、国際交流振興基金に基金利子305万5,000円を積み立てするものでございまして、積み立て後の基金額は3,305万5,000円となるものでございます。  28ページの総務費の徴税費、税務総務費は省略させていただきます。  統計調査費も省略をさせていただきます。  監査委員費も省略をさせていただきます。  30ページをお願いいたします。民生費の社会福祉費、社会福祉総務費のうち償還金利子及び割引料317万円の増額につきましては、平成2年度の福祉医療費の精算に伴う返還金が主なものでございます。  次に、繰出金132万6,000円の増額でございますが、国民健康保険特別会計施設勘定へ繰出金をするものでございます。  身体障害者福祉費、扶助費の354万8,000円の増額は、施設入所者援護措置費290万2,000円が主なものでございますけども、基準額の改定に伴い増額するものでございます。  老人福祉費の委託料601万7,000円の増額は、ディサービス事業運営委託料で303万円、それから高齢者在宅福祉事業委託料で250万円。ディサービス事業につきましては、基準額の改定によるもの、それから高齢者在宅福祉事業につきましては、ヘルパーの派遣回数が従来20回のものが50回になるという、30回も回数がふえてきたということと基準額の改定による増額でございます。  負担金補助及び交付金1,110万5,000円につきましては、次の32ページでございますが、社会福祉施設整備事業補助金1,091万円でございますが、万年青苑が建設する介護支援センターの建設に対する補助金でございまして、RC平家92.7平米のものを総事業費2,562万2,000円で建設されるものでございます。  扶助費の1,152万9,000円は、基準額のアップと委託人員が22名増員となったことにより増額するものでございます。  老人ホーム費、老人福祉施設建設費については省略をさせていただきます。  児童福祉総務費についても省略をさせていただきます。  児童福祉対策費、委託料1,834万8,000円の増額は、措置基準の改定に伴い増額するものでございます。  扶助費330万円の増額は、児童手当法の改正に伴い、扶助費を増額するものでございます。  保育園費については34ページをお願いいたします。  需用費の452万6,000円を増額いたしておりますが、その主なものは措置基準の改定に伴い、増額を行うものであります。修繕料の中で、プロパンガスの安全器の取りつけを行うよう7つの保育園に62万円を計上いたしておりますが、これは県の指導で安全器を取りつけをするように指導があったものでございまして、市のガスを使用する施設は全部で54施設ございます。これ市役所ほか小中学校全部でございますけども、54施設がありまして、平成3年度で小中学校、幼保、恵光園など30施設に取りつけいたしまして、その費用が504万9,000円で、今回補正をいたしております。残り24施設は、平成4年度で措置をするようにしておりますが、これに201万7,000円を寄せまして、計706万6,000円必要となる予定でございます。修繕料の中にこのものが含まれておりますので、お願いいたします。  へき地保育園費については省略をさせていただきます。  民生費の生活保護費、扶助費の334万7,000円の増額のうち、主なものは医療扶助の407万6,000円でございますけども、生活保護受給者の2名が集中治療を受けることになったことにより増額するものでございます。  衛生費の環境衛生費の176万2,000円につきましては、県のごみ減量化再資源化モデル市町村に指定されたことによりまして、その事業費を補正するものでございまして、その内容は、ごみ減量化対策委員会の開催と分別収集用のコンテナ390個を購入するものが主なものでございます。  保健センター費、予防費については省略をさせていただきます。  38ページの健康づくり推進費についても省略をさせていただきます。  清掃費のうち、じん芥処理施設費、し尿処理施設建設調査費は省略をさせていただきます。  不燃物処理場建設調査費65万円を増額補正いたしておりますけども、不燃物処理場建設に伴う地元関係者の先進地視察等の諸経費を補正するものでございます。  6款の農林水産業費、農業委員会費は省略させていただきます。  農業振興費のうち、負担金補助及び交付金の245万8,000円の増額でございますが、その主なものといたしましては、恵那南部農業共済組合への負担金で、この恵那南部農業共済組合は恵那市と恵南5町村が構成している組合で、平成元年4月発足したものでございます。国の補助金の減額等によりまして、平成3年度500万円の赤字が見込まれまして、事業規模、農家数等を基準として構成市町村で負担割合を定め負担するものでございます。恵那市の負担割合は42.8%でございます。負担金額は214万円でございます。  畜産振興費の使用料及び賃借料273 万5,000円は、東濃牧場の用地借上料の改定に伴う増額でございます。今回50%のアップをするものでございます。  次に、公有財産購入費151万7,000円の減額は、公社営畜産基地整備事業で建築をしました乳牛舎附帯施設の建築価格の決定による減額でございます。  42ページをお願いいたします。負担金補助及び交付金の231万7,000円の減額は、畜産開発公社施行事業の事業費の決定による減額でございます。  土地改良費の委託料460万6,000円の減額につきましては、公社営圃場整備事業の確定分の測量委託料270万9,000円の増額と、公社営畜産基地建設事業の事業費の交付決定に伴い、731万5,000円を減額するものでございます。  工事請負費150万円の増額は、保古の湖の修繕整備事業を記念いたしまして、記念碑を設置するものが200万円でございます。これは東野の篠原弘之氏の100万円の寄附を充当することといたしております。  負担金補助及び交付金2,084万3,000円の減額は、公社営畜産基地整備事業の交付決定に伴う減額でございます。  都市農村交流促進施設管理費、44ページお願いいたします。  工事請負費192万円、これはアグリパーク管理センター前の駐車場整備の工事金でございます。  林業費の林業総務費については省略をさせていただきます。  林業振興費、委託料265万4,000円の増額は、松くい虫の防除対象面積の増による増額でございます。面積は60立方が300立方になったということでございます。  商工費、商工総務費のうち、負担金補助及び交付金170万6,000円の増額につきましては、飯地線ほか2路線の生活路線維持に対する恵那市分の補助金の確定したことによる補正でございます。  観光費の委託料2,820万円は、恵那峡ルネッサンス整備事業の平成4年度事業として計画しているアドベンチャーランドの計画策定等委託料でございます。  46ページをお願いいたします。負担金補助及び交付金100万円はいとう鶴酒造さんから寄附金をいただきましたものを、恵那市の観光協会へ補助金として交付するものでございます。  農村地域工業導入対策費、雇用対策費、ユースホステル費については省略をさせていただきます。  8款の土木費、土木総務費、繰出金1億4,400万円は、公共投資基本計画に則した公共投資を推進するため先行取得による公有地の確保を図るため、普通交付税で措置された措置額1億4,311万5,000円に88万5,000円の一般財源を加えまして、1億4,400万円を土地取得事業特別会計へ繰り出し、土地開発基金に積み立てをするものでございます。  道路橋りょう費、道路橋りょう総務費については省略をさせていただきます。  道路橋りょう新設改良費、給料の260万円の減額は、現年土木災害復旧費に組みかえをするものでございます。  委託料586万5,000円の減額は、寺平的ケ屋敷線の新栄橋の設計を県に委託し、進めておりましたが、県において今年度地質調査を行い、来年度設計を行うということに変更があったため、減額をするものでございます。  工事請負費5,320万円の増額は、公共事業で寺田・石山線、宿大橋、公共安全施設整備事業で寺平的ケ屋敷線、市単事業ではゴルフ場線の修景工事、乗越・新田線、辺地事業の白坂線ほか5路線、恵那峡ルネッサンス整備事業のグリーンロード等の事業費が決定したものによるものでございます。  公有財産購入費の736万3,000円の減額は、恵那峡1号線の改良工事を次年度で実施することの変更に伴いまして減額するものでございます。  土木費の都市計画費、都市計画総務費の委託料4,030万円の減額は、向流住宅団地の開設事業を県住宅供給公社に業務委託をすることにより、設計から造成、分譲に至るまで県住宅供給公社が事業主体として実施することとしたため、調査等委託料が不要になったので減額するものでございます。  負担金補助及び交付金430万円でございますが、これは向流住宅団地の開発地内に地図混乱地域がありまして、この地図訂正業務を竹折生森に実施依頼するものでございます。約5ヘクタールほどございます。  街路事業費、工事請負費2,180万円、公有財産購入費161万2,000円、補償補てん及び賠償金1,013万2,000円のそれぞれの減額は、いずれも恵那駅前石橋線の事業費の決定により減額するものでございます。  土地区画整理事業費については省略させていただきます。  下水道費の繰出金218万2,000円は、受益者負担金等の増額に伴い、一般会計から繰出金を減額するものでございます。  土木費の住宅費、住宅管理費の需用費150万円は、大洞市営住宅12戸の床の張りかえと浴室ドアの修理でございます。  52ページをお願いいたします。消防費のうち、常備消防費については省略をさせていただきます。
     非常備消防費、負担金及び交付金204万円のうち、消防庁長官表彰旗受賞記念事業補助金210万円でございますが、消防庁長官表彰旗の受賞が本年度予定されておりまして、その記念事業実施のために消防団本部へ補助をするものでございます。  消防施設費、備品購入費の450万円は、空気呼吸器、超軽量空気ボンベ等救助資器材を購入するものでございます。  負担金補助及び交付金246万6,000円は、消火栓の移設が4カ所及び新設が3カ所、計7カ所の工事の負担金でございます。  54ページをお願いいたします。教育費の事務局費については省略いたします。  小学校費、需用費の127万8,000円は、先ほど説明いたしましたようにプロパンガスの安全器の取りつけを小学校9校行うものでございます。  中学校費の需用費につきましても、プロパンガスの安全器を中学校5校に取りつけをいたすものでございます。  56ページの幼稚園費は省略させていただきます。  社会教育費の社会教育振興費については省略させていただきます。  文化センター費、委託料324万8,000円の増額につきましては、自主事業の公演回数の増と文化講演会の事業内容の変更により増額するものでございます。  地区公民館費、市民会館費は省略させていただきます。  58ページの保健体育費のまきがね公園費は省略いたします。  学校給食費、補償補てん及び賠償金66万3,000円は、自動車事故の損害賠償金を被害者に支払うもので、相手方は長島町正家の竹内重貴君でございます。  公債費、長期利子の417万9,000円の減額につきましては、借入利率等の減により減額をするものでございます。  災害復旧費、現年農業施設災害復旧費2,634万円の増額は、9月14日の台風17号、9月27日の台風19号の大雨による災害の復旧費でありまして、農地4カ所、農業用施設7カ所、計11カ所の災害復旧でございます。10月31日に査定があり、確定をいたしております。  60ページの災害復旧費、現年土木施設災害復旧事業費は7,488万円の増額でございますが、9月14日の台風17号の大雨による災害の復旧費でございまして、河川14カ所、道路3カ所、橋りょう1カ所、計18カ所でございます。査定は12月16日から18日に予定されております。  以上で、議第74号・平成3年度恵那市一般会計補正予算の説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  ここで休憩し、午後は1時から再開いたします。               午後 0時08分 休憩          ─────────────────────               午後 1時00分 再開 ○議長(林 脩君) 休憩前に引き続き再開いたします。  それでは、議第75号・平成3年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算の詳細説明を求めます。建設部調整監・秋山英樹君。 ○建設部調整監(秋山英樹君) 予算書及び説明書の65ページをお願いします。  議第75号・平成3年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算。歳入歳出予算の補正、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ932万円とするものであります。  68ページをお開きください。歳入、繰越金に5万1,000円を追加いたします。  歳出でございますが、簡易水道費の11節需用費に5万1,000円を追加するものであります。  以上で、議第75号・平成3年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算の説明を終わります。審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第76号・平成3年度恵那市土地取得事業特別会計補正予算の詳細説明を求めます。総務部長・可知義明君。 ○総務部長(可知義明君) 69ページをお願いいたします。議第76号・平成3年度恵那市土地取得事業特別会計補正予算について、説明を申し上げます。  今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億4,601万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,101万円とするものでございます。  72ページをお願いいたします。歳入、財産収入、基金の運用収入でございまして、201万円、土地開発基金の利子でございます。  繰入金、一般会計からの繰入金1億4,400万円、これは地方交付税で措置されている措置額1億4,311万5,000円と一般財源88万5,000円、計1億4,400万円を一般会計から繰り入れするものでございます。  歳出の財産取得費、財産管理費、積立金1億4,601万円は、歳入で受け入れました基金の利子201万円と一般会計繰入金1億4,400万円、計1億4,601万円を土地開発基金に積み立てするものであります。積み立て後の基金額は4億2,889万1,000円で、内訳といたしまして、土地が1億2,215万3,000円、預金が3億673万8,000円となるものであります。  以上で、議第76号・平成3年度恵那市土地取得事業特別会計補正予算の説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第77号・平成3年度恵那市下水道事業特別会計補正予算の詳細説明を求めます。建設部調整監・秋山英樹君。 ○建設部調整監(秋山英樹君) 75ページをお願いします。議第77号・平成3年度恵那市下水道事業特別会計補正予算。歳入歳出予算の補正、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ43万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億5,095万3,000円とするものであります。  78ページをお願いします。歳入の下水道事業受益者負担金は、補正前の額に160万円を追加して861万円とするものであります。下水道事業認可区域内の負担金の確定によるものです。  一般会計繰入金218万2,000円の減額は、受益者負担金の増及び起債の利率の確定による公債費の減であります。  80ページをお願いします。歳出の主なものをご説明いたします。  一般管理費97万2,000円の増ですが、下水道審議会の報酬、13節の委託料は下水道使用料徴収委託料です。それと、19節の負担金補助及び交付金の増によるものです。  81ページの管渠維持管理費59万8,000円の増につきましては、汚水ます修繕の委託料であります。  建設事業費、13節委託料57万円の増につきましては、下水道工事に伴う測量設計委託料でございます。  15節工事請負費467万6,000円と、82ページにあります22節補償補てん及び賠償金431万5,000円の減額と19節負担金補助及び交付金の899万1,000円の増額は、予算の組みかえによるものでございます。内容は、主要地方道恵那蛭川三川線内の下水道奥戸幹線工事に伴う──延長は314メーター、面積は755平方メーターほどでございますが──舗装工事負担金でございます。  82ページの公債費の23節償還金利子及び割引料の減額170万7,000円は、利子確定に伴う減額であります。  以上、今回の補正に伴う増額分と減額分を相殺いたしまして、43万3,000円の補正をお願いいたすものであります。  以上で、議第77号・平成3年度恵那市下水道事業特別会計補正予算の説明を終わります。ご審議の上、ご可決賜りますようお願いいたします。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第78号・平成3年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算の詳細説明を求めます。建設部長・伊藤一治君。 ○建設部長(伊藤一治君) 議第78号・平成3年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算のご説明を申し上げます。  既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ508万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,018万9,000円とするものでございます。  歳入につきましては、87ページをご参照いただきまして、交通共済金の繰入金でございまして500万円、前年度の繰越金8万8,000円、利子、雑収入1,000円で、締めて508万9,000円でございます。  歳出につきましては、19節の負担金補助及び交付金の500万円でございまして、交通災害共済の見舞金でございます。特に、死亡事故が本年7件ほどあります。したがいまして、お願いするものでございまして、よろしくお願いを申し上げたいと思います。  以上、78号のご説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第79号・平成3年度恵那市老人医療特別会計補正予算、議第80号・平成3年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算、以上2件についての詳細説明を求めます。民生部長・佐々木正美君。 ○民生部長(佐々木正美君) 議第79号・平成3年度恵那市老人医療特別会計補正予算について、ご説明申し上げます。  今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ3,732万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ13億7,582万9,000円とするものございます。  94ページをごらんください。歳入の繰越金3,732万8,000円でございます。これは平成2年度の繰越金でございまして、支払い基金の交付金、国庫負担金、県費負担金、支払い基金の交付金等でございます。  歳出の返還金の3,732万9,000円、これは賠償金利子及び割引料で先ほどの繰越金のところで、ご説明申し上げましたように、前年度の繰越金を今回ここで補正をし返還をするものでございます。  続きまして、議第80号・平成3年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算について、ご説明申し上げます。  今回は事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ4,933万6,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ14億5,943万6,000円とするものです。  次に、施設勘定ですが、既定の歳入歳出予算の総額に、それぞれ155万3,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ8,705万3,000円とするものでございます。  103ページお願いいたします。事業勘定の歳入でございます。  国庫補助金の助産費補助金50万円でございますが、これは助産費10件分に対する県の補助金でございます。  105ページの基金繰入金でございます。2,939万9,000円の減額ですが、2年度において繰り越しが見込まれるので、基金の取り崩しをやめるものでございます。  繰越金の7,795万3,000円の補正でございます。2年度決算により繰り越すものでございます。このことによりまして、実際の繰越額は1億865万3,000円となります。  事業勘定の歳出でございます。106ページです。  一般管理費の201万3,000円の主なものですが、18節の備品購入費193万円でございます。これは国保事務情報化システムに伴うパーソナルコンピュータの購入費でございます。  一般被保険者療養給付費856万1,000円の補正でございますが、これは医療費で国保連合会へ支払うものでございます。  退職被保険者等療養給付費の560万円でございます。これも一般被保険者療養給付費と同様、国保連合会へ支払うものでございます。  助産費の130万円でございます。これは1件当たり13万円の10件分を見込んだものでございます。  108ページの老人保健医療費拠出金128万8,000円でございます。老人保健医療費拠出金の決定による分でございます。  109ページの国民健康保険給付基金積立金2,033万8,000円でございますが、これは国民健康保険給付基金の積立金でございます。  110ページの償還金の866万円の補正でございますが、これは額の確定による償還金で、一般分が503万1,797円と退職分362万8,610円に当たるものでございます。  続いて、施設勘定の歳入でございます。  一般会計繰入金155万3,000円でございます。これは県医師会等の規約改正により、負担金に充てるものでございます。  一般管理費の144万6,000円の主なものでございますが、19節の負担金補助及び交付金121万6,000円、これは県医師会等の負担金でございますが、県医師会等の規約改正による負担金で、県医師会へ80万円、全国国保診療施設協議会特別会費1診療所20万円の2施設分でございます。  以上で、老人医療並びに国保特別会計補正予算の説明を終わります。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。  次に、議第81号・平成3年度恵那市水道事業会計補正予算の詳細説明を求めます。建設部調整監・秋山英樹君。 ○建設部調整監(秋山英樹君) 113ページをお願いします。  議第81号・平成3年度恵那市水道事業会計補正予算について、ご説明申し上げます。  収益的収入及び支出の補正、収入、科目、第1款水道事業収益。既決予定額に補正予定額2,339万7,000円を追加して、計7億2,857万8,000円といたします。  支出、科目、第1款水道事業費用、既決予定額に補正予定額76万円を追加し、計6億7,774万1,000円といたします。  水道事業収益から水道事業費用を差し引いた金額は5,083万7,000円となり、この金額から消費税を差し引いた金額4,620万2,000円が当年度の純利益となります。  114ページをお開きください。資本的収入及び支出の補正、収入、科目、第1款資本的収入。既決予定額に補正予定額609万2,000円を減額し、計1億9,260万8,000円といたします。  支出、科目、第1款資本的支出。既決予定額に補正予定額1,170万6,000円を追加して、計3億9,040万6,000円といたします。  115ページです。債務負担行為、既定の債務負担行為の追加であります。岐阜県営水道東濃用水受水量であります。県営水道は申し込み水量制をとっており、申し込みに当たって債務負担を設定するよう、県から指導を受けているためであります。平成4年度は平成3年度と同じ日量6,100トン、平成5年度より7年度までは日量6,200トンを予定しています。増量の理由は、配水量の伸びに対応するため東濃用水の受水となります。  第二期恵那工業団地給水設備事業は団地内のポンプ設備、テレメーター子局等の電気計装工事のうち、工場製作部分に係るものであります。債務負担設定の理由は、工業団地操業に合わせるためで、工場製作に約6、7カ月を要し、取りつけ試運転に3、4カ月を必要とするためであります。事業費は3,400万円を予定しております。  130ページをお願いします。予算説明書により、主なものについて説明させていただきます。  水道事業収益の給水収益930万円は、いわゆる水道料金の増であります。  営業外収益、預金利息1,300万円は、資金運用による利息の増であります。  132ページの支出へまいります。原水及び浄水費は浄水場費用及び受水費の増であります。  配水及び給水費の増は、配水量の増に伴う動力費等の経費の増及び消火栓改修修理費、下水道支障水道管仮設工事費決定によるものであります。  133ページの営業外費用、企業債利息421万円の減額は、平成3年度借り入れ予定の企業債について、一部事業費を繰り越ししたため、起債前借りに変更したことによる減額であります。  借入金利息241万1,000円は、起債前借り分の利息であります。  134ページ、資本的収入及び支出でありますが、資本的収入の工事負担金625万7,000円の減額でありますが、備考欄の下水道支障水道管本設工事負担金は野越循環線ほか13路線分であります。
     消火栓設置工事負担金は東野万場地内ほか9カ所分の増であります。  一般受益者工事負担金426万9,000円の減額は、拡張工事に係る受益者の加入負担金でありますが、本管工事完了後に給水申し込みを受け付けることになるため、一部の申し込みが翌年度にずれ込む見込みになったための減額補正であります。  135ページの支出へまいりまして、建設改良工事費の工事請負費は148万円の減額であります。備考欄へまいりまして、下水道支障水道管本設工事費は478万3,000円の減額で、理由は事業費の決定によるものです。野越循環線ほか13路線分となっております。  消火栓設置工事費153万3,000円の増額ですが、武並駅前ほか5カ所分となっています。  配水管及び補助管布設工事費177万円の増額は、東野地内の民間デベロッパーによる消火栓新設工事で、財源はデベロッパーの負担となっております。  拡張工事費の委託料は224万2,000円の増額であります。大崎浄水場浄水方式検討業務委託料230万円は、老朽化した大崎浄水場の浄水処理方式の検討を行おうとするものです。  工事請負費は1,246万円の増額です。備考欄の給水区域拡張工事1,068万8,000円は、東野万場地内の配水管布設工事分です。  大崎浄水場自家用発電機設置工事費29万円の増は、事業費の確定によるものです。  拡張地域消火栓設置工事148万2,000円の増は、東野万場地内ほかで3基分であります。  136ページをお願いします。固定資産購入費は152万1,000円の減額であります。備考欄へまいりまして、薬品注入ポンプ購入費185万4,000円の減は、設置工事を含め建設改良の工事請負費で対応したことによるものです。  以上で、議第81号・平成3年度恵那市水道事業会計補正予算の説明を終わります。審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(林 脩君) 説明を終わります。 ─────────────────────────────────────── ○議長(林 脩君) それでは、日程第4 請願についてを議題といたします。  今回受理いたしました請願は、請第6号・三郷町野井字美濃平地内における産業廃棄物処理場建設反対に関する請願1件であります。  よって、本請願は請願文書表に記載の総務委員会に審査を付託いたします。  ここでお諮りいたします。議事の都合により、明日12月10日から12月16日までの7日間は休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(林 脩君) ご異議なしと認めます。よって、12月10日から12月16日まで7日間は休会とすることに決しました。  本日はこれにて散会いたします。                午後1時32分 閉会 ───────────────────────────────────────     地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。             恵那市議会               議     長      林     脩             署 名 議 員  9番  光 岡 勝 美             署 名 議 員 20番  伊 藤 祐 道...