高山市議会 > 2011-01-17 >
平成23年 議会改革等に関する特別委員会-01月17日−02号

ツイート シェア
  1. 高山市議会 2011-01-17
    平成23年 議会改革等に関する特別委員会-01月17日−02号


    取得元: 高山市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    DiscussNetPremium 平成23年 議会改革等に関する特別委員会 - 01月17日-02号 平成23年 議会改革等に関する特別委員会 - 01月17日-02号 平成23年 議会改革等に関する特別委員会 議会改革等に関する特別委員会記録  平成23年1月17日(月)議会改革等に関する特別委員会を全員協議会室において開いた。  その次第は次のとおりである。 出席議員 委員長  車戸明良君 副委員長  倉田博之君 委員  若山加代子君  真野栄治君  岩垣和彦君  中筬博之君  丸山肇君  牛丸博和君  松山篤夫君  中田裕司君
     水口武彦君  佐竹稔君  増田繁一君  岩野照和君  木本新一君  野村末男君  溝端甚一郎君(副議長)  石原孫宏君  水門義昭君  村瀬祐治君  村中和代君  橋本正彦君  藤江久子君  谷澤政司君  今井武男君(議長)  小井戸真人君  伊嶌明博君  島田政吾君  牛丸尋幸君  杉本健三君  大木稔君  蒲建一君  下山清治君 欠席議員  松葉晴彦君  松本紀史君 事務局 局長  野川政男君 次長  西本泰輝君 書記  川田秀文君 自動車運転職員  櫻本明宏君      午前9時32分 開会 ○車戸明良委員長 それでは、ただいまより議会改革等に関する特別委員会を開きます。  最初に、事件1、予算審議についてを議題といたします。  この件は、前回の議論を受けまして、第2分科会でさらに検討していただくということになっておりますので、その結果を報告し、議論をしたいと思います。 ◆水門義昭委員 前回の特別委員会で、3月議会に向けての取り組みで、予算審議について議論をしていただきました。その中で、1日目に歳入の説明をして、その後に質疑、その後に歳出説明と質疑という中で御意見をいただきました。全体を見るということで、質疑を議員の皆さんに与えてもいいのではないかというような意見でしたので、また第2分科会で審議いたしました。そして、その中で、質疑のルールをある程度明確にしてほしいというようなことで、第2分科会のほうに宿題をいただいたんですが、議論をした結果、この文章の3行くらいになってしまいましたが、ちょっと読ませてもらいます。 ○車戸明良委員長 それでは、資料、報告書の19号の2ページをお願いします。 ◆水門義昭委員 2ページの中段の辺をお願いいたします。  全体会での質疑のルール。  良識の範囲でというのは、会派で所属していない委員会の問題の質疑をするということですので、大きな会派だと全部の委員会に属していますが、その中でもやはり良識の範囲内で質疑があってもしようがないのではないかということも出ました。ということで、できるだけ会派に所属していないところ、会派の議員が所属していないところの分科会についての質問をお願いしたいと。  他の委員会の質問の時間も考慮して考えていただきたいと。何回だとか、何分とかという制限はなかなか難しいところで規制しないが、良識の範囲として、議長の判断で行っていただくのがいいのではないかということで、合意をさせていただきました。  あと、下のほうに主な意見を挙げさせていただきましたが、大変難しい部分もありますが、何とか良識の範囲内でということでお願いしたいと思います。 ○車戸明良委員長 第2分科会で検討していただきました予算審議のあり方についてですが、全体会を取り入れると。前回では、委員会を分科会として予算審査、審議をするんですけれども、それでは全般的なことができないのではないかと。所属していない部分ができないのではないかということで、最初に歳入の説明があって、歳出の説明があった後に、全体で質疑の時間を与えるということでなっておって、あとは委員会ごとに行うというふうになっておりましたので、そこの、今までよりも少し質問の部分が手薄になるのではないかというようなことで、今の第2分科会の報告があったとおりですが、そのような全体会での質疑のルールというのを初日の3月17日に適用しますし、そのときのことは、このようなルールでどうかということが提案ありましたが、これについて、御質疑はありますか。 ◆牛丸尋幸委員 一番、僕が言いましたのであれですが、これまでの質疑を基本的には認めると、そういう方向だということを、これまでの質疑が良識の範囲とかどうのというのは言っていなかったわけですから。それでも認めて、これまでも質疑をしてきているわけですから、だから、そういうのは、基本的には認めていく方向だと、良識というのは。その良識なんて、範囲という意味が、そんなもの決めようがないじゃないですか、こんな良識なんていうあいまいな話は。  だから、今回は暫定というか、試行でやるわけですから、ある程度、これまでのような質疑は認めると。これまでやってきたような質疑を言ってもいいんだという、ある程度柔軟な対応にしていただくということをお願いしておきたいと思うし、先ほど、今の分科会長の説明であったように、いわゆる会派が所属していない委員会の問題の質疑とするというのは、できるだけと言われたので、ここもできるだけということで書いておっていただかないと、これは試行での案ですから、これで決定したということでないので。 ○車戸明良委員長 議論して。 ◆牛丸尋幸委員 試行ですし、今回だけですから、来期からもこのままいくわけでないということで、今回の場合の暫定的基準という、そういう思いではおりますが、あと、主な意見で思うのは、要は、分科会が専門的だと言われるけど、いろんな意見があって、分科会が議会のすべての意見を反映しないんですよ。分科会というか、要は常任委員会が。  常任委員会が議会の中の意見を全部わかっていて、そういう質疑をしてくれるのならいいんだけど、結局、常任委員会の構成メンバーと議会全体の構成メンバーが違うものだから、出てくる意見は違うんだということがあるわけですから、常任委員会に入っているメンバーが専門的で全部任せられるような状況なのかというのが、私は、それは疑問ですよ。  だから、そういう言い方をされるのはおかしいと思うよ、僕は。専門的だから全部わかっているみたいな言い方をされるのなら、僕は議論してみたいよ、どこまでわかっているかって、それぞれの委員会で。そう思いますよ。  だから、それはあり得ないことですよ、今の現状では。だから、専門的に任せるべきだと言ったって、いろんな意見が反映しなくなるものだから、そこが問題じゃないかということを、僕は思いますけれども。 ○車戸明良委員長 水門分科会長、今の答弁に対して、しっかりした、あいまいな部分がありますので、今の質問に対してちょっとお答えください。議論したことをお答えください。 ◆水門義昭委員 どういうことかちょっとあれですけど、まず、今回、試行でやりたいという一番の理由が、委員会を中心とした政策形成サイクルを回していきたいというために、これまで議会改革に取り組んできましたので、それは、全員がいる全員協議会というか、全員での審査する方法が、それは皆さんの意見が聞けるでいいわけですが、今回、議会改革で取り組んでいこうとしているのが、委員会を中心にしようというということで、決算認定についても試行でやらせてもらいました。  今回の第2分科会の中では、予算についても、1回、やはり委員会での分科会方式というのを取り入れてやってみるべきではないだろうかということで分けましたが、前回の議論がありましたように、じゃ、本当にそれで全体が見えるのかどうかというような疑問が出てきていますので、そういう場合については、全体の歳出の説明のあったところで、良識の範囲内で質疑をしてもいいのではないかというような流れに持ってきたわけであります。  分科会で専門的に任せられるかどうかというような議論になってくると、これはまた議会改革の中身に入ってくるんでないかと思いますけど、委員会を中心とした政策形成サイクルがどうなのかという部分が、この今の話はもとになってくると思いますが、今回の3月の予算審議については、常任委員会の分科会方式でやったらどうかと。そのために、全体が見えなくなるものを補完するためには、全体の歳出の質疑の時間も、良識の範囲内で全議員に与えてもいいのではないかというのが流れで、そういう方向でお願いしたいと思っております。 ○車戸明良委員長 だから、答弁があいまいですので、良識である範囲というのは、会派で所属していない委員会の問題を質疑するという規定を、しっかりと。 ◆水門義昭委員 会派で所属していない委員会の問題の質疑ということになりますと、最大会派、市政会にしても。 ○車戸明良委員長 そのことよりも、それ以前、最大会派、抜きましょう。  どういう意味かをしっかりちょっと言ってください。 ◆水門義昭委員 会派に所属している、会派の議員が所属している委員会については、できる限り会派の中で調整をとっていただいて、質疑はなるだけしないようにして、所属していない委員会があれば、そこについては良識の範囲内で質疑してもいいのではないかということです。 ○車戸明良委員長 皆さん、おわかりですか。いいですか。 ◆牛丸尋幸委員 認めるということだな、ある程度は。 ○車戸明良委員長 いや、そうじゃないんです。そうじゃない。こういうふうなんですよ。第2分科会で議論されたことは、せっかく基本条例の中にも、今度もその前も、会派制をとりますよと書いてあるんですから、会派は政策集団という位置づけをしておりますから、今、委員会による政策形成サイクルを用いようとして試行していますので、予算審議は確かに委員会で支出の部分をしっかりやると、よく今までの1年間でどういうことが必要かとか、何が必要でないかとわかっているので、予算審査をしていくということがわかる利点があります。ところが、全体が見えないということで、全体会の収入の部は、じゃ、全体で質疑をして、収入の分については全体を把握しようと。  支出の場合は、今、牛丸委員が指摘されたような部分が出るんじゃないかということですので、各委員会で専門的にやることは専門的にやる。しかし、会派の政策集団がありますので、自分たちが所属していない委員会に対しては、最初の17日の説明を受けたところで、ある程度、しっかり突っ込んだほうがいいのではないかということで、その分は許します。  例えば、今、牛丸委員が質問されましたので、どういうふうかというと、共産党さんは、会派の方は3人みえますので、所属していない委員会が1つできるはずですので、そこの部分は仕方ないだろうということですね。あとの2つあるところは、牛丸委員だったら、あと、若山委員、伊嶌委員がおみえになりますので、そこの部分の質問は、会派の中で、ここの部分は牛丸委員が言いたいこと、この部分は若山委員に託して、こういうのを指摘してくださいよ、質問してみてくださいよと言えば、それで済むことですので、全体でやる部分はほとんどなくなるのではないかということです。  伊嶌委員の所属されている委員会には、牛丸委員からこれを聞いてくれ、またその逆もあると思う。そうすると、会派の中でどうしても補完できないところを全体でやったらどうかというのは、良識あるルールというふうです。そのために、会派の政策集団、事前に予算書も配付されているわけですから、全体会であえて会派は何人もおらなくても、やらなくてもいいのではないかということです。  ただし、じゃ、たくさんみえる会派はどうかとなりますと、全体的に、その中で特に政策として必要なところが一、二あれば、それこそ委員会では聞けないよという部分があったら聞いていただくというのが良識の範囲内で、恐らく少ないと、ほとんどないのではないかという予測はしていますけれども、しっかり会派でそうやって政策を練って、予算を練っていればなるんじゃないかというのは、今、第2分科会でなされたことというふうで、少し丁寧に話すとそういうふうでしたので、これがすべてではありませんけど、この範囲内が良識だというふうです。  皆さん、おわかりでしょうか、いいですか。 ◆牛丸尋幸委員 何で分科会長より委員長が説明ができるのかと疑問がありますけど。 ○車戸明良委員長 私も第2分科会ですので、済みません。 ◆牛丸尋幸委員 試行ですから、これが今後ずっとということじゃないので、そのことで、ある程度は議長も認めてこられるという方向で考えておりますけど、あと、もう一つ、出席者の問題で伺っておきますが、この書き方でいくと、そうすると、歳出の質疑には市長も副市長も課長も出ないということなの。あるいは、最終日の全体会にも、市長、副市長、課長は出ない、そういうことなの。この出席者という書き方は。 ◆水門義昭委員 この表の点線は、そういうことではなくて、その前のほうだけで、出席者のほうは点線がなくていいんですね。市長も副市長も、部長も課長も出ると。この下に書いてあるでか。下に書いてあるでね。 ○車戸明良委員長 最終日はすべて出られるんでしょうという質問です。 ◆水門義昭委員 この書き方がちょっと間違っておりまして、すべて出るようになっています。 ○車戸明良委員長 よろしいですか。 ◆牛丸尋幸委員 はい。 ○車戸明良委員長 今、第2分科会長からルールについては説明がありましたけれども、目的は、予算審査がしっかりいくかということが目的ですし、委員会中心の予算審議ができるかということが問題ですが、今みたいにどうしても全体でやらないかん部分は、先ほど説明した範囲内でやっていただくと。  決して抑制するものではありませんけれども、やはりルールに従ってやっていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。  あとは、第2分科会の中から報告を受けておるのは、予算委員会の委員長である議長の采配にお任せして、その範囲内でやるというふうになっていますので、よろしくお願いしたいというふうに思います。  それでは、予算審議につきましては、一応、今回は試行でありますし、ルールも試行的な基準でありますので、これが今後ずっと続くということではありませんけれども、今回はこのような形でルール基準を設けてやってみようというふうですので、よろしくお願いいたします。  それでは、ほかに御意見はありませんか、予算審議につきまして。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、お諮りします。  3月議会での予算審議はこのような形を、審査スケジュールにつきまして、それから、全体での質疑の試行的なルール基準を設けまして行うということで実施するということで、御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、予算審議については、さよう合意事項といたします。  それから、2に入ります。協議会の取り扱いについてを議題といたします。  議会基本条例を検討するに当たり、関連する重要な事項であります1の協議会の取り扱いについてを今検討しております。そこで、水門分科会長より、それを議論し、2分科会で報告をされますので、水門委員より発言を求めます。 ◆水門義昭委員 今、特別委員長のほうから話がありましたように、第2分科会のほうで委員会について条例をつくるために、また、逐条するためにいろいろ協議をしました。  その中で、これまでありました委員会協議会について、また、その委員会との関係で議論をした結果、委員会協議会についての取り扱いについて、ある程度合意ができましたので、皆様方の御意見をいただきたいと思います。  執行部のほうで情報公開日本一というのを行っておりますので、我々議会としましても、今までの委員会協議会のあり方というのをもう一度見直して、そして、市民にもある程度の部分については公開ができるような委員会にしていくべきだと。それから、委員会協議会につきましても、法定化した中での委員会協議会というのがどうかということで議論をした結果を報告させていただきたいと思います。  3ページの2からでありますが、協議会の取り扱いについて、(1)委員会協議会について、1番、委員会協議会の取り扱いについて。  委員会協議会は廃止とし、従前の機能は以下の方法で補完する。また、議員全員で議論しなければならない重要な案件については、全員審議会、まだ仮称でありますが、全員審議会の中で対応する。  1つ目、議員の事前説明は所管委員会で実施する。公開、秘密会の適用を厳密に行う。市長のほうで情報公開日本一と言っている中で、この秘密会という名前がここに出ていいのかどうかというような意見もありましたが、この今までの委員会協議会を補完するためには、執行部側からも議案が出しやすいようにということも含めまして、公開、秘密会というのを厳密にいっていくことによって、執行部側からのほうの提案もやりやすくなってくるということですので、このような表現をさせていただきました。  2つ目、総合計画や分野別の個別計画などの重要案件は、基本条例等で議決事件とする。これまで出されてきたいろいろな計画につきましても、しっかりと私たち議会のほうで、この計画とこの計画というのを議決事件として条例に上げまして、それについての審議は委員会のほうに出していただくというような形に持っていきたいということです。  3つ目、立案過程の段階で、議会への報告説明を義務づけし、議会の意見を政策に反映させる。
     4つ目、委員会協議会で行っていた報告事項は、協議会が果たしていた機能を低下させないために、今後は委員会の所管事務調査等で取り扱うこととする。これまでの委員会協議会は、開会前に開いていただいたんですが、そうなりますと、どんな形で委員会を開けるかということになりますと、閉会中の継続調査の項目に挙げておかないと、項目が審議できない部分が出てきますので、この辺のことにつきましてはしっかりと執行部側と協議した上で、所管事務調査に入れておいて取り扱うことをしていかなければいけないということです。これにつきましても、いろいろ執行部側とも協議させていただきましたが、いい方向で調査項目を挙げることができるのではないかということで、今、協議をしております。  次、委員会協議会の廃止の理由について説明します。  委員会協議会は事実上の会議であり、会議公開の原則の適用を受けないため、委員会の運営を円滑に行う手段として便宜的に開催されてきました。しかし、協議会が事前に開かれることによって、委員会そのものが形骸化し、議会の審査機能が低下してしまっているという指摘も受けてきました。  そこで、議会改革の一環として、委員会協議会を廃止し、法定化すべきと考えます。協議会の法定化は、会議公開の原則の適用を受けるなど委員会と相違点がないため、協議会は廃止し、委員会のみとしようとするものです。  ここで注意として、常任委員会は、事前審査にならないように留意しなければいけないということと、それから、閉会中の場合、常任委員会の開催ができないため、閉会中の継続調査として申し出ておかなければならないということです。所管事務の全項目という申し出は、調べてみるとできないということになっております。そういうことをすると、年中、年間の議会開催という、通年議会という形になるということです。  少数意見として、市長が情報公開日本一を掲げている中で、秘密会という言葉は市民に対し誤解を招くおそれがあるので、文言に表記することは反対であるという意見がありました。秘密会という部分につきましては、別につけておる資料がありますので見ていただきたいと思いますが、資料1の137というところで、秘密会の運営と秘密の漏えい、ありますか、資料。    〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ◆水門義昭委員 これは、委員会を秘密会とするときの手続、秘密の確保、秘密の漏えい等で留意すべき点は何かというようなことで出ている文章です。黒い太字のところを読みますが、秘密会は、個人の秘密等基本的人権を侵害する場合や、重要事件で当該団体の利益を著しく損ねる場合等に開くものであること。こういうようなことが、特に秘密会にする大事な部分だということになっております。  そして、3ページに戻りますが、議員内の意思統一として作成するもので、万が一、外へ出す場合は注意が必要であるということです。主な意見も、会議は原則公開とすべきであるということで、原則は公開なんだと。公開、非公開は、部課長への情報、これまでどおり提出するようにとのアピールとして掲載したものだと。公開という言葉、非公開という言葉、秘密会という言葉についていろいろ議論をしたわけですが、部課長への情報、これまでどおり出してほしいと、今まで以上にまた厳しくもなる。議会側、議員側からしますと、法定化された委員会の中での協議になりますから、そこで情報を漏らすというようなことについては余計に厳しくなるということで、部課長側には、情報を今まで以上に出してほしいということをアピールしたいということであります。  4ページのほうですが、委員会協議会プラス、今度は全員協議会の部分でありますが、それを、全員審議会という名前にして続けていきたいと。  全員審議会(仮称)の名称について。議員全員が討議をする場は、政策形成サイクルの中でも最も大切な話し合いの場です。その場として現在ある機能としては、全員協議会が考えられますが、全員協議会と同様、法定化する必要があります。そこで、協議会という名称は非公開という慣例の印象がぬぐえないおそれがあるために、名称を変えて、本来の目的を果たすものとして、全員審議会という新たな名称にし、議員全員による討論の場を確保しようとするものであります。  全員審議会は、会議公開の原則にのっとり、公開の中で審議されるようになります。ただし、その審査の内容によっては公開、秘密会をきちんと位置づけ、個人情報などの流出などを防止するものです。括弧の中ですが、例えば議会改革等に関する特別委員会で行っていた政策討論会も、この全員審議会で行うことになります。  こういうことに関しまして第2分科会で審議しましたので、御協議をいただきたいと思います。 ○車戸明良委員長 かねてから議題となっておりました委員会協議会の取り扱いについて、ただいま分科会長から説明がありました。これについて議論をしていただきたいと。  結論的には、従来の委員会協議会を廃止し、常任委員会一本化して、制度化して行うと。従来の委員会協議会も機能を落とさないように、さらに充実するように、そこに盛り込んでこれから行うという形が結論かと思いますが、今、3ページから4ページの頭において説明がありましたけれども、これについて議論をしていただきたいというふうに思います。 ◆大木稔委員 今の委員会協議会を廃止して、いわゆる委員会協議会を1つの委員会としての仕事にしていくと。そのためには、会期中でないと委員会を開けんということで、いわゆる閉会中の審査という項目でやっていくと。  じゃ、今度、その全員協議会を廃止して審議会にするといった場合の根拠は、そこで決めたこと、決定したことというのは何も意味がないということなのか、決定したということになるのかというと、何を根拠にして今の全員審査会というものをやるのかということの説明がどうも。 ○車戸明良委員長 全員審査会についての、今までは全員協議会でしたけれども、これは法定化されていませんので、ただの勉強会という位置づけでしたけれども、今度はそれを法定化して、議会活動の中に取り入れて、名前も新しくスタートするということで、全員審議会というのを提案されておるということですね。  その全員審議会の今の質問について。 ◆水門義昭委員 今までの全員協議会の内容のものを法定化すべきではないかということなんですね。  それで、委員会条例等についても準用するようになっておるわけですけど、全員協議会という名前をそのまま引き継ぐのではなくて、どうしても協議会というと、今までの慣例の印象が強いために、その名前をまず変えようということです。それを全員審議会にするんですが、それを法定化してしまいますと、原則公開になります。  原則公開になりますと、個人情報とか、本当に出せないような情報もありますので、その部分については、委員長の中で秘密会ということをしっかり厳密に行って、執行部側から出してもらう情報については今まで以上に出してもらいたいと、委員会協議会とも同じですが、そのような形にしていきたいというのが流れです。 ◆大木稔委員 今の自治法の改正で、協議会を委員会として位置づけていくこともできるという、あるわけなんだけど、全員協議会もその今の自治法の中でそういうふうに位置づければできるという解釈、そこら辺。 ○車戸明良委員長 今の大木委員の言われたこと、全くそのとおりで、ただ、本当は全員協議会を法定化するという議題なんですけど、それでは、理事者側も議会側も頭をチェンジ、そして、市民の皆さんもチェンジできないのではないかということで、委員会協議会を法定化するという、2番は議題なんですけれども、それを全員審議会というふうに名前を変えて法定化しようという議題ですので、よろしくお願いします。 ◆水門義昭委員 もう一つ、私たちの第2分科会のほうとしては、その位置づけとして、基本条例の中には、今の全員審議会というものをうたってもらいたいということで、別条立てをしていただいて、議会基本条例の中では明記していきたいということを提案させていただいております。 ◆牛丸尋幸委員 全員で構成する委員会というものではだめなのかね、審議会なんて、何かわけのわからんやつじゃなくて、委員会に全部統一してもらったほうがすっきりするんじゃないの。 ○車戸明良委員長 全員委員会ですか。 ◆牛丸尋幸委員 全員の何か名前をつけて何とか委員会という名前にしたほうが、それはもうすっきりするような気がするけどな、僕は。 ◆水門義昭委員 仮称ということで全員審議会という名前にしてさせていただきましたが、幾つかの案やらいろんな意見は出ました。全員委員会というのもありましたが、全員協議会という名前だけは、今までどおりでやめたいなということで意見が一致しましたが、ほかの皆さんの意見の中には、全員委員会という意見もありましたが、最終的には全員審議会でいいのでないかということで、2分科会はまとまったんですが、名前のことにつきましては、わかりやすい、また、市民にとってわかりやすい名前であればいいと思いますので、御意見いただければいいと思います。 ◆牛丸尋幸委員 名前のことはまたみんなで決めればいいことですが、ただ、どっちにしても協議会はなくすということでしょう。委員会協議会にしても、全員協議会にしても、協議会をなくして公開の方向で行くということで、それはその方向でいいと思うんですけど、だから、ひとつその全員の審議会という、全協みたいのでいけば、今までの基本条例の中では政策討論の場を設けるという規定になっているものですから、そこをもっと広げるということですね。政策討論だけじゃなくて、全体で話し合わんならん必要なところを、そうすると、基本条例の中でそういう位置づけをしていけばできるということで、それはそれでいいと思いますが、ただ、特別委員会という位置づけにすれば閉会中でも開けるし、その辺が、常任委員会と特別委員会の違いがあるので、この全員のそういうものをつくれば、これは全員のやつは特別委員会扱いはできることなのか、閉会中も開けるということになっていくのか。その辺もちょっと使い分けが違ってくるということでしょう。  その常任委員会のほうでいくと、閉会中の継続調査みたいなのをしておかないと開けないと。だけど、特別委員会という位置づけにしてしまえば関係なしでしょう、あれはたしか閉会中でも開けるという。その辺だけはすっきりしておけばいいのかなという感じはしますけど。 ○車戸明良委員長 事務局に今の質問をお伺いしますが、一番心配しておるところはそこなんです。  法定化した場合に、会期中以外にも開けないのか、特別委員会扱いの位置づけなのか、常任委員会扱いですと、開会中しか全員審議会は開会できませんよというところが、一番の今から調べんならんところなんですけれども、その辺が一番大きなネックになりますが、事例なり何かの判例はありましょうか。 ◎野川議会事務局長 ちょっと法的な部分は詳しく調べないとだめだと思いますけれども、今考えられるのは、委員会規則の中に位置づけをする、全員で構成する委員会ということで常に開催するような方法がとれないか。  もう一つ、特別委員会というお話がありましたけれども、特別委員会の場合は目的をはっきりしなければいけないということで、今も少し話をしていたんですけど、全員で協議する必要のある事項というようなことが通用しないのかという話をしていたんですけれども、なかなかそれだけの漠然とした内容では特別委員会を設置するということにはならないんじゃないかというのが、現在、今考えているところなんですが、この辺については、どういった手法をとれば、法的に許容範囲の中に入っていくのか、抵触しないような状況がつくれるのかというのは、もう少しちょっと深く法令等を勉強しないと、ここでこうですという話は出せないというふうに思います。 ○車戸明良委員長 第2分科会のほうも多分、そこら辺がまだできていないんですか、どうでしょう。 ◆水門義昭委員 まず、大前提としまして、議会改革を進めていく中で、24名になる、その中でできるだけスリムにしていかなきゃいけないということで、委員会につきましても、特別委員会というのは全部なくしていきたいというような意向の中での話です。  常任委員会を主にして、あとの委員会というのは、駅周も、それから、交通網も、今の議会改革特別委員会もどうかということも議論していますが、できれば簡素化していくために特別委員会というのは全部なくして、常任委員会の中でやっていきたい。その中で、全員で議論する部分が出てきますので、それについては基本条例の中に明確にうたって、今回は全員審議会という仮称ですが、それを条例の中にうたい、全員で審議すべきと認められる事件がある場合については、その全員審議会を設置して議論するというような位置づけを考えてきたわけです。  今、牛丸委員が言われたように、いろいろな特別委員会等も議論もありましたが、できる限り24名になったときのことを考えますと、あの委員会、この委員会ということでなくて、できるだけスリム化するほうがいいのではないかということが大前提の中にありました。 ○車戸明良委員長 ちょっと牛丸委員の誤解されないのは、特別委員会にしようと言ったのは、牛丸委員はそうされたいんじゃなくて、そういう方式で位置づけはできているならいいけれども、そうでないと閉会中のところに少し法的に触れる部分があるんじゃないかということで、今、答弁は議会基本条例の中へ垂らし込めばできるのではないかという考え方なんですけど、第1分科会長、そこら辺はどうです。全然調べていないですか。 ◆小井戸真人委員 これは、先ほどから議論がありますように、自治法の改正で協議の場を設けることができるということでの規定はあって、今、ちょっと読んではおったんですけれども、閉会中に開会できるかどうかということについては、やっぱりまだそこのあたりがちょっと確認がとれていないなと。でも、法定化するということによって、やっぱり位置づけは明確になるというふうだと思いますので、方向性としてはあるかと思うんですが、開会できるかということに関しては、私もちょっとわからない。 ◆藤江久子委員 第2分科会で、議論の中で、新しく基本条例の中に1つ項目を追加しようという形で、この仮称ですけれども全員審議会についてという項目を入れようと。その中で、この間、議論して、今ちょっと資料にないので、議論した中で、簡単なんですけれども、3つの項をつくってちょっとやってみましたので、読んでみます。  全員審議会は、議員全員で構成されるものとする。2項、全員審議会は、全員で審議すべきと認められる事件等がある場合、議会が設置できるものとする。3、その他必要な事項は、議長が別に定めるものとするという、簡単なものなんですけど、これで決まりというわけではないんですけれども、このような形で基本条例の中に私たちがつくっていけば、つくることができるということが決まっているのであれば、皆さんの議論の中で、本当に必要な、その時に必要な案件についてはすぐに開けるというふうにならないのかなと思うんですが、ちょっと法的なことはわかりませんでした。 ○車戸明良委員長 ちょっと今、法的にわかっている方は。 ◆伊嶌明博委員 全員協議会は、秘密で、今まで非公開で行っていたと。  それの決定権は何もなかったですね、説明を聞いたり意見を討議したりする会だったと。こちらの必要な討議はしていこまいかと。ただし、それは公開でやるという、それで、例えば費用弁償等があったときに、議会基本条例の中に入っておれば、費用弁償等は、やるかやらんかはともかく、できると。そこだけが違うだけで、だから、今までの協議会の考え方を引き継ぎながら、しかも、公開で行うと。ここだけが違うだけなので、決定権というか、そういう、例えば予算決算みたいな決定権はここにはないと。協議する場だという位置づけでいいんじゃないでしょうか。その法的なことも。 ○車戸明良委員長 多分、基本条例に織り込めば、閉会中でなくてもできるのではないかという、第2分科会の考え方で進んできたんです。ただ、今、牛丸委員が御指摘になったとおり、そういう部分も自治法上、多少抵触するとなると、まだちょっとそこまでは深く入っていないということなんですけれども、3年前に総務省が改革したのは、全員協議会も法定ができますよというふうで法定化していますので、多分、そこは私、補完されておるんじゃないかということでやったんですけど、そこらはやっぱり詰めたほうがいいと思いますので。  事務局、わかりましたか。わかりませんか、その辺は。 ◆小井戸真人委員 実務上はどうなのかというと、会議規則に委ねられておるということだね。会議規則で設置をするということをすれば、そういった協議の場を設けることができるという条文になっておると、自治法上は。会議規則に委ねられておると。会議規則によってというのが解釈になってくるので、ただ、この解説を読ませていただいても、議長において決定することとするべきであろうというようなことが述べられておると、解説の中では。その会議の関係については議会の議決で決定するというような、場を設けることについてはというような、解説ではそういうふうになっておると。 ○車戸明良委員長 そうだね、わかりました。 ◆牛丸尋幸委員 だから、今、議会基本条例の下に会議規則があって、その下にまた委員会条例があるという、こういう複雑な、高山市はなっていくものだから、会議規則なのか委員会条例なのか、何かどこかで整理しないと、基本条例に入れるのか、会議規則をどうするのかって、これはちょっと調整は要るんだけどね、ちゃんと。だから、どこかに決めればいいわけでしょう。基本条例に入れんならんかどうかは、別にそこを入れなくても、今だって委員会の関係なんかは全然入っていませんから、議運も入っていないし、何も基本条例に入れていませんから、ほかのところで規定してもらえれば、別に基本条例にどうしても入れんとだめということではないと思いますけど、法体系としては。 ◆牛丸博和委員 おっしゃるとおりで、やっぱりこの議論は法的な問題だものですから、精査をしていただいて、やっぱり会議規則にやるのか、今の基本条例に設けるのかどちらか一本、あるいは委員会条例に設けるのか、どちらかにすべきだと思うんですよ。  だから、その辺の精査だけしていただいて、もうちょっと議論を深めたほうがいいと思いますので、精査してからということでどうですか。 ○車戸明良委員長 全員協議会を、今、第2分科会長から報告がありましたように、とにかく法定化して、原則公開でやると。しかし、秘密会という部分もありますので、できるよということはしっかり皆さん確認をして、従来どおりやるということです。  それで、ここの大きな部分は、今度24人体制になりますので、極力分科会長から報告がありましたように、特別委員会を廃してスリム化すると。そこで、議会改革特別委員会も廃止して、委員会形成サイクルの政策討論会等につきましては、全員審議会、仮称ですけれども、ここで政策討論をすると。また、その他、理事者側からどうしても審議してほしいという部分があったら、全体でやる部分は、そこの全員審議会でやると。ただし、秘密を守らなきゃならん部分は秘密会としてやるというふうで法定化しようということの今提案ですが、一番のリスクは、もう少し調べなきゃならないことは、閉会中にもそういうことができるのかということだけが、少し今ひっかかっていますので、それをもう少し時間をかけて調べなきゃならんということはありますけれども、そういうような形で、今、第2分科会の報告は、1番、2番に報告されていますように、従来の委員会協議会を廃止して一本化するという提案ですが、これについて何か御質問はありませんか。 ◆牛丸尋幸委員 今の前段の部分の特別委員会の考え方は、ちょっと僕はどうかなと思うのは、今までも合併前、24人でやってきたんですよ。ただ、24人全体でやるのがなかなか面倒なので、特別委員会でまた何人かに絞ってやりやすいようにして特別委員会を設けてきたという経過があるわけですから、何でも全員集まってやるのか、何人かに限定してやるのかというところはよく考えないと、個別の問題がどういう問題が出てくるかわかりませんし、特別委員会は何かちょっと余りあるのはどうなのかという、スリムにするためには特別委員会はないほうがいいという考え方はどうなのかなと、ちょっとそこは、今までは、常任委員会ではやれないし、全員が集まってやるわけにいかんもので特別委員会ということで、ある程度、特別な問題はやるということで、合併前の24人の中でもやってきたという経過があるわけですから、その特別委員会をつくることが何かスリム化していないという考え方は、ちょっと今までの感覚とは違う考え方なので、それはちょっと今後の来期の問題になるかもしれませんが、ただ、そういう思いがあるので、そういう考え方はちょっとよく煮詰めてみないとどうなのかなという、ちょっと思ったというのは1つです。  もう一つは、委員会をどうしていくかという問題で、これはそうすると、要は継続調査で閉会中に開けということでしょう。そうすると、何が出てくるかわかりませんから、ほとんど上げておかんならんということでしょう。全部、要は所管事項を全部上げておけということになっちゃうと、そういうふうでもいいのかもしれないけれども、何かよく、どうなのかなという感じはしますけどね。  だから、例えば僕が思うには、会期を、今まで協議会をやっていたところから会期にしちゃって、会期内で議案としては提案されていないけど、今までだって、協議会が変わったときは議案としてできておったわけですから、実態としては。ただ、協議にかかってみたという中身なわけですから、その辺はどうなのかなということを、ちょっと。  要は、協議してきた中身には、議案として出すということがある程度方向が出ているもので、事前に若干協議しようといってきた協議の中身と、特別に問題が出たので、閉会中にちょっと集まって相談したいということで協議してきたという中身があるものですから、その辺をどう使い分けていくかというか、どうしたらいいのかなということですよね。だから、閉会中の継続調査にしておかないと何もできないということにはなりますよね、本当に。難しいところだな、これは。 ◆水門義昭委員 今、おっしゃった部分についても一番議論もありました。  理事者側のほうとも相談したんですが、理事者のほうでも悩んでいるのはそこでした。また、第2分科会の中では、他市についての状況も調べて見させてもらいました。京丹後と、そして、飯田でなかったかと思いますが、委員会協議会を廃止しているところについての情報を聞かせていただくと、やはり今の所管事務調査という部分について、どんな形でやっておるかというふうに確認してみましたら、やはり苦労されてみえるようでしたが、所管事務調査の全部を入れてしまうと問題があるので、その中である部分だけ除いて並べるとか、いろんな工夫をされておるようなことを聞きました。  そういうことを考えますと、不可能ではないなというようなことを感じましたし、それから、理事者側のほうとの協議をしましたが、部長のほうからも、突発的に出てきたやつが出てきたときになということはおっしゃいましたが、まず、そういうときについては、万が一のことですけど、勉強会というような形で、今度は法定化されていませんけど、そういう勉強会的な考え方でやれんこともないわなというような打ち合わせはさせてもらったんですが、報告をさせていただきます。 ◆蒲建一委員 少数意見という中で記載されておりますので、この意見、私、申し上げたわけですが、基本的には、やはり私は反対です、秘密会というものをつくること自体。公開、もうITの社会、情報化社会の中で秘密会、議会が秘密会、これは、私は絶対納得するわけにはいかん。そして、今後についてもやはり情報化社会の中で堂々と市民に訴えていくと、これを基本にしていただかんと、議会は何やということになります。いろんなことを考える中には、やはり秘密会という言葉は、私は使うべきじゃないと。  これは委員会、いろいろ出ておりますけれども、いろいろなほうへもまた影響はしていくと思いますし、協議会の問題については、過去にも何回となく議論を重ね、そういう中に、理事者の提案を求めてきた経緯があるわけですけれども、そういういろんなことを考えていく中に、私は、秘密会という言葉を使った決め方はするべきじゃないという思い、これはやはり市民にもしっかり訴えるわけにいかん、誤解を招く大きな問題になっていくと思います、今後。いろんなことを考える中に、秘密会という言葉を使うのは反対です。 ○車戸明良委員長 多分、蒲委員の御指摘は、ここに公然と公開、秘密会という言葉を書くのはよくないよと。当然、この言葉はここでは合意されても、これを書く必要はないのではないかと。それは、常識の範囲でわかりますからということだと私は理解していますので、そんなふうでよろしいですか。今、いろいろリスクが出るんじゃないかということがありますが、どうでしょうか。委員会協議会を一本化するという、小委員会からも出ましたし、今、第2分科会からでも検討されて報告されていますけど、どうでしょう。 ◎野川議会事務局長 ちょっと先ほどの話に補足をさせていただきます。  今、皆さんが御協議されていますのは、自治法の100条に基づく協議機関ということだと思います。これの解釈を読ませていただきますと、あくまでもこれは協議をする機関を設置できるということですので、ここで物事を決定するとか、そういうことはできませんので、そういった意味では、特別委員会を設けるとかという話にはちょっとなってこないんじゃないかなと。そうしますと、今までの全員協議会という名前が全員審議会という名称に変更するということだけになってきますので、会議規則に位置づける、または基本条例の中に位置づけるということで、通年で開催することができるんでないかなと。  ですから、閉会中の調査というような内容を特別盛り込む必要なく、この会議というのは、あくまでも協議をする場ということでの設置される場ですので、そういった対応で持っていけるのではないかなと。なお、もしか具体的に、その中である程度方向性を見出す場とするならば、要綱なり、そういったものを皆さんの合意の中で決めていただければ、そういった運用が可能になってくるのではないかなというふうに思います。 ○車戸明良委員長 今、全員審議会についての法的な見解ということで述べられましたが、そのような理解をしているということでしたが、そうすると、全員協議会、仮称として全員審議会、名前はいろいろあると思いますが、そんな形をやっぱり法定化して、24人全員で議論する場所を法定化して、今後、議会活動するという方向が見えてきたということになると思いますが、そのような感じでよろしいですか。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、その委員会協議会も、その協議会の自治法100条の委員会協議会というのも、それで規定して開けることになるの。委員会協議会も、それの協議会に含まれておるということなの。つくってもいいという意味は、条例では。 ◎野川議会事務局長 今までの協議会についても、そういった位置づけをすれば同じになるということです。今、皆様が議論されています全員審議会という名前で、今は法定的に会議規則の中に位置づけよう、基本条例の中に位置づけようということを議論されていますので、全員協議会も、今までに会議規則の中にそういった位置づけをして協議をする場ということでの全員協議会になっていれば、当然、公開とか、その中で秘密会の運用をしていくというようなことも、はっきりと法定的に行っていくことができるという解釈になるのではないかなと思います。 ◆牛丸尋幸委員 聞き方が悪かったと思うんだけど、委員会の協議会も同じように位置づければ、そういう公開の原則というのでやっていくという、正式の会議にできるわけだね、そうすると。できるということだね。 ◎野川議会事務局長 委員会協議会も同じです。同じ解釈になると思います。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、閉会中も関係ないということでしょう、委員会協議会にしておけば。そういうことやろう。 ◎野川議会事務局長 協議はできますけれども、議案とかそういうことについての審査はできませんので、お願いいたします。 ◆牛丸尋幸委員 審査はせん、審査はせんと書いてあるんやで。事前審査はせんのだから、そういうふうで、今までの機能みたいなことができるわけでしょう、今までのようなやり方が、公開ということだけでできるわけでしょう。公開ということになるだけで、そういうふうに位置づければできるということでしょう。 ○車戸明良委員長 よろしいですか。 ◆牛丸尋幸委員 そういう方法もあるということだね。 ○車戸明良委員長 3年半ほど前に、総務省がそのようにしてもいいですよと来たんですけれども、高山市議会は、まだ時期尚早、他市も時期尚早ということでしなかったと。ただ、小さいというと失礼がありますけれども、町村単位では、もう全員協議会を法定化するという部分は非常に多くなってきて、そうしてやっておるというのが事実です。だから、今も会議規則、それは基本条例にたたき込めば、名前は全員協議会のままでもいいですし、全員審議会でも、名前を変えてもいいですが、できるということで。 ◆牛丸尋幸委員 委員会協議会はもちろん、委員会協議会も同じことでしょう。閉会中も関係ないんだね。 ○車戸明良委員長 そうですね、同じことですね。  それじゃ、整理させてもらいますけど、第2分科会からの提案の第1、委員会協議会という従来の非公開の協議会はなくして、一本化すると。委員会協議会を従来の委員会の中へたたき込んで、従来の形はそのまま続行しますけれども、法定化し、原則公開として、委員会協議会は常任委員会の中へまとめて行うということです。それに対してのリスクは、理事者側が、従来どおりどんどん出してこないかもしれませんよという懸念がありますので、そこには、公開、非公開の原則はしっかり守りますよというのが、議会のこの特別委員会、議会全体の合意ということで進めるということです。よろしいですか。 ◆牛丸尋幸委員 だから、常任委員会1つにしてしまうのか、公開でできる協議会みたいなものとしていくか、何しろ公開にしていけばいいわけでしょう、今までのようなやつを。だから、それはもうちょっと第1分科会か何かで煮詰めないと、常任委員会1本で全部やっちゃうということのほうがいいのか、もうちょっと研究してみたほうがいいような気がするけど、僕は。 ◆藤江久子委員 委員会協議会を法定化して、会議公開の原則にのっとって、そのまま継続するということのデメリットなんですけれども、今までの協議会がそうであったように、執行部というか、行政側がいいふうに使ってくるというのか、結局、今までもそうなんですけど、協議会で同じ上程案を出して、その委員会の何週間か前に出して、一度、質疑応答がありますよね。それは非公開となって、今の協議会、終わりますけど、そうしたら、本会議が開会されて、本会議の中の常任委員会で、また同じ上程案が出て、そのときに、審議するときに、あっ、これ、もうこの間聞いたからそんなものでいいんやないかというような状況の中で、審議がきちんとした委員会で軽んじられてきてしまってきたという反省が、その協議会はよくないねということにつながっているものですから、やっぱり協議会、いつでも開かれるというメリットはあるんですけれども、それをしてしまうと、やっぱり審議が、今さっきここにも廃止の理由の中に書かせていただきましたけれども、委員会の運営を円滑に行う手段として便宜的に開催されてきましたと。委員会そのものが形骸化し、議会の審査機能が低下してしまっているという指摘を受けてきましたという、そこにつながってくるものですから、やはりなくしたほうがいいのではないかという議論です。 ◆牛丸尋幸委員 だから、それだったらもう議案提案されてから、上程されてから論議するということにしてしまえばそれでいいんだよ。  だから、議案として上程される前にやってきた、これまでの中身をなしにせん限りは、今だって一緒のことでしょう。議案提案される前に論議する、ただ、公開するだけでしょう、それを。だけど、その論議はそのままこれからもするわけですから、その後に議案上程されたって、その前の正式の公開の場でもう論議しているからいいよといってなってくるのは同じ流れよ。全然変わらないと思う。  だから、それをなくすんだったら、議案上程されてから初めて説明を受けるという形にしない限り、定例会の中の常任委員会の議論が深めようと思ったら、そういうことは無理だと。今までと変わらないんですから。そのことが問題だとするのなら。 ◆藤江久子委員 そうすると、その委員会と協議会の違いというのはどこかということですよね。常時、継続調査として項目を挙げておかなくても、いつでも開催できるというだけであって、委員会と別に変わらないじゃないですか、常任委員会と。委員会と、今おっしゃっている牛丸さんの委員会協議会を残しておかなくちゃいけないという、その理由というの、主たる理由というか、絶対これがなくちゃ進まないだろうという理由というのはどこにあるんですかね。 ◆牛丸尋幸委員 閉会中に開くときにどうしたらいいのかなということで言っているだけで、問題点が全然違うんですよ。そちらが言っているのは、正式の委員会、本会議が開会されて以後の議案審議を充実した中身にしたいというんだったら、事前のそういう説明なんかなしにいかんと。そうでしょう。  要は、今までの審議が事前の協議会でやっているものだから、本会議の常任委員会の審議が、もう前回やっているから何も余り出てこないという問題があるというわけでしょう。それをなくそうと思ったら、本会議が始まってから、議案上程されてから初めて説明受けて、常任委員会で審議するようにしなきゃ、本会議が始まる前に開いた、今までは協議会だけど、それを正式な委員会にしたとしても、前もって議案としては提案されるのやで、そこでは。  だから、そこで議論してしまえば、議案としては提案されていないけれども、事前に説明があって議論してしまえば、本会議が始まってからの常任委員会での議論というのは、今までのように深まらないよと、変わらないんじゃないのというの。だから、そこの問題をなくそうと思ったら、もうちょっとやり方を変えんと、僕は思うよ。 ◆村中和代委員 第2分科会のほうで、本当に丁寧にこういう資料をいただきまして、この資料に基づいて、この文章をかみ砕いていただければよく理解できるんじゃないかと、私は思っているんですけれども、いかがなものでしょうか。 ◆牛丸尋幸委員 だから、僕は、いろんな問題があるので、ここで決めなくて、もう少し第1分科会でも議論してみないとどうなのかなという。だから、第2分科会の議論全過程がわかっていないもので、結果としてこうなりましたと言われても、その議論の経過がこっちはわからないものだから、いろんな、どうなのかなという思いがするということです。 ◆小井戸真人委員 この委員会協議会の関係については、小委員会の中で一応提案をさせていただいたと、検討していただきたいということで問題提起させていただきました。  といいますのが、今までの1つあるのが、公開か非公開化というところから入ってきて、あと、その委員会の機能の関係でどうするのかということを整理して、第2分科会のほうにお願いをして、今、その方向性を示していただいたと。  基本的には、やっぱり私もこの協議会ということについては、現行の中での課題というのが整理された内容というふうに思っておりますので、方向として、この第2分科会の方向性ということを、私は基本に、ベースにやっぱり検討していくということであろうかと思います。  牛丸委員がおっしゃったみたいにいろいろ出てきていますけれども、そのあたりは、方向性としてはこちらの方向性で、じゃ、どのように解決していったらいいのかというところで見ていくと。ですから、協議会というのは原則廃止の方向だと。その方向で課題については整理していくといようなところで、ぜひ御議論、きょう結論を出すということではないと思いますけれども、そういったふうに詰めていただければというふうに思います。 ◆村中和代委員 今、牛丸委員ちょっと憤慨されたかと思うんですけれども、そういう意味じゃなくて、この委員会協議会のデメリットということも、本当にこの文章の中でお示してくださって、そのデメリットを踏まえて、2番の審議会等に発展していく、そういう過程を、もちろん、今、十分に協議していただいた中で、説明を皆さんが聞かれたと思いますので、もう一遍、この文章を、協議を聞いた上でもう一遍、この文章に戻ったらという、そういう意味もありましたので、済みません。 ◆牛丸尋幸委員 いや、僕は公開するべきだと思っているんだよ。  だから、委員会協議会だったって、位置づければ公開だもので、そこはハードルを越えるんですよ。ただ、委員会協議会だといつでも開けると。公開の場のものでいつでも開けると。それが、常任委員会だといつでも開けないという若干の制約があるので、公開というのは当然なんだけど、その上で、どういうやり方がいいかというのをもうちょっと考えてみんならんのかなとちょっと思っていたので、いいです。これを常任委員会にするということなら常任委員会でいって、もう完全に公開だけれども、どう開き方をするかということでの、行けばいいんですけど。
     そういうことだけで、別に公開して、だから、あの人の言っている議論とちょっと違うよ。 ◎西本議会事務局次長 参考までにですけれども、今お話をお聞きしまして、藤江委員のおっしゃることも牛丸委員のおっしゃることもそのとおりだと思います。よくわかります。その辺が非常に悩ましいところだと思うんですけれども、参考までに、京丹後市へ行かれた方も、この中に議員さん、みえると思うんですけれども、もう一度、また電話でちょっと聞いてみたんですけれども、京丹後市では、委員会と、それから全員協議会ということだけです。委員会協議会はありません。すべて委員会でもう審査するという形になりますけれども、それ以外のものについては、協議のものは、これは全員で全員協議会を開いてやるということです。これは、公開するということです。公開するということですので、恐らくこれは会議規則等に位置づけて、自治法でしっかり位置づけておいて、市民の皆さんに公開して、これは議会活動としてやっていくと。当然、公務災害の対象にもなるということでやってみえると思います。  京丹後では、委員会と全員協議会という2種類ということです。こういうやり方というのは、町村なんかの場合によくあると思うんですけれども、議案をかける場合に、議員さんの人数も少ないですので、全員協議会、委員会とか区別なしにすべて全員協議会にかけて説明しておいて、内容を十分に知っていただいて、今度、議案として上げて、今度は委員会で審査をすると、審査決定をするという形のものはあるのではないかというふうに思います。  多治見市なんですけれども、多治見市にも聞いてみたんですが、多治見市は、委員会協議会を法定協議会として位置づけているということで、公開でやっているということです。それぞれの委員会協議会をやってみえますけれども、公開でやっていると。ただ、公開でやっていくと、どうしてもやはり非公開でやらなければならないものも、政策形成過程とかいろいろあると思うんですけれども、そういったものが出てくると。そういったものは、全議員集会というような名前をつけて、これは非公開でやっているというような情報を得ております。  いろんな考え方はあると思いますけれども、ちょっと十分この辺については非常に議会改革の今、骨格の部分の大事なところですので、十分また慎重に分科会等で、また各市なんかにも問い合わせていただいたりしながら進めていただければありがたいと思います。 ○車戸明良委員長 いろいろ今、議論が深まってきましたけど、極論を言えば、委員会協議会を公開にするということは大体皆さん一致しておると、私は議論の中で思っています。  それで、公開した場合、委員会協議会と常任委員会、この委員会というのをそのまま残した公開にするのか、一本化するかということが、今、大きな課題です。それで、一本化するリスクはどこにあるかというと、法的に継続審議の中でしっかり申し出ていないと、閉会中に、もう審議できなくなりますよという、少しのリスクがあります。それをクリアするには、所管の事務調査事項等々に、継続審議の中に幾つも上げて、そこをクリアすると。全部ですよということは法的に触れますので、できる限りの可能性のある継続調査事項を議会へ報告して、閉会中の委員会を開催できるシステムをまず構築するということが、大きくクリアするということの1つになるんです。  それで、問題は、委員会協議会から一本化するという、小委員会でも小井戸委員が出されましたけれども、問題は、今までは委員会協議会がうまく理事者側から招集を受けて、そして、説明を受けて、次の恐らく議会に提案される部分についていろんな意見をお聞きになって、そして、よくわかっていただいて、さらにまた委員会へ付託したという、悪く言えば理事者側にうまく運用をされておるし、よく言えば、事前に我々も説明を聞きましたよとなるんですけれども、それでは議会改革にならないのではないかということで、委員会を一本化することによって、立案過程の段階で、議会への報告説明を義務づけると。そうすると、今までの、ただ、大体こういうふうに今度上程しますよという説明じゃなくて、今、こういうふうで議論しておるんだけれども、皆さん、議会の意見を聞きたいという部分を今からつくっていくのが議会改革である。  だから、常任委員会一本にしてやったほうがしっかりわかるのではないかというふうになります。余り議案を前にやると、委員会の事前審査に触れますので、立案過程で必ず問題がある意見を求めんならん立案過程の場合、必ず議会への報告、説明を義務づけますよと。基本条例か何かにございますよということでやったほうが、スリム化して、理事者側も逆に信頼を持って秘密会も運用できるという、会議規則の中でうたっていれば、この部分は秘密会でぜひともお願いしますと。これは利害関係がありますので、秘密会でお願いしますと言ったほうが、今までよりも情報がしっかり漏れないのではないかと。  何でかといったら、今は常任委員会で秘密会といって委員長が宣言しますから、了解をとりますから、漏らした議員は非常にそれなりの罰則規定があるということで、余計安心をする一本化したほうがいいのではないかということで、立案過程の段階で議会への報告説明を義務づけて、意見を収集して、それを政策立案にプラスしてもらうという形をとりたいというのが最終目標で、一本化するということが大きい目標なんです。ここの3番目に書いてあることなんです。 ◆藤江久子委員 今、委員長がおっしゃったところの立案過程のというあたりのことなんですけれども、その委員会だけにした場合のリスクが、先ほどから皆さんがおっしゃっている、閉会中に何が出てきても開くことができるのかと、そこだけだと思うんですよ。  第2分科会でも、そこら辺、いっぱい議論が出たんですけれども、例えば、委員長が執行部側と、例えば議会が12月20日に終わりましたと。次の定例議会が3月1日です。この間に何かあった場合、常任委員会が開けないのでという状況になりますけれども、その間、例えば、今、何か大きな問題がこの間に出そうなことはないかだとか、そういった委員長のリーダーシップによって、そこら辺を事前に執行部とも協議といいますか、必要な情報交換はしていただいて、閉会中の継続調査の項目に会期中のうちに出していただくというような手法も、今後、そういったあたりが重点的になるんじゃないかというふうな議論がありましたので、そこら辺でカバーできるのではないかなと思います。  そうしていくことによって、議会のほうがいろんなことに対して、その立案過程の段階で、主体的にかかわることができるようになるのではないかと。そういう議論が随分されましたので、報告します。 ◆牛丸尋幸委員 言われることはよくわかるものですから、それを基本条例のどこかに、市がある程度、政策を、新しい方向をつくろうとするときには、前もってこういうことも考えておるよというのを議会も聞いて、議会としてもそのことを調査しながらつくっていくということができればいいかもしれんので、そこをちょっと基本条例に入れていくかだわね。前もってそういうことも議会に諮ってほしいというか、何か。 ○車戸明良委員長 第2分科会で、今、牛丸委員が指摘されたことを踏まえて、基本条例に垂らし込むということを、今、検討して、第1分科会へ申し出ようということになっていますので、また報告すると思いますので、第1分科会のほうで検討してもらうというふうに思います。  よろしいですか。協議会を一本化して廃止する。そして、全員協議会を法定化すると。ちょっと惑わされたのは、全員審議会といきなり第2分科会で出してきたものですから、全く別のものじゃないかというようにニュアンスがとられましたので、全員協議会を法定化するというのが2つ目の議題ですので、御理解をいただきたいというふうに思います。  両方とも法定化する。常任委員会の場合は一本化する。全員協議会はそれを法定化するというのは、第2分科会からの最終提案ですが、これにつきまして、大分議論が深まって、それぞれまだ誤解をし合ったり、第1分科会のほうもうまく説明できなかったりがありましたけれども、よろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、今の委員会協議会の扱いにつきましては、委員会協議会を廃止し、委員会に一本化する。  第2点は、全員協議会を法定化し、名称につきましては、全員審議会とかいろんな名称が出てくると思いますけれども、従来の全員協議会でもよろしいんですけれども、とにかく全員協議会を法定化すると。この2点について合意できそうだと私は思いますが、合意事項として合意してよろしいでしょうか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、委員会協議会の取り扱いにつきましては、以上のように決しまして、合意事項にいたしますので、よろしくお願いいたします。  続きまして、暫時休憩します。11時から開会をいたしますので、よろしくお願いします。      午前10時47分 休憩      午前11時02分 再開 ○車戸明良委員長 それでは、休憩を解き、会議を続行します。  事件3、高山市議会基本条例(案)についてを議題といたします。  (1)会派について、(2)評価体制についてを最初に議題といたします。このことにつきましては、小井戸第1分科会長より報告をお願いいたします。 ◆小井戸真人委員 前回の全体会でもいろいろと御意見をいただいて、その後、第1分科会のほうで議論をさせていただきました。そこで課題となってまいりましたのが、この1人会派ということの確認でありますけれども、そういった中でいろいろと御意見がありましたので、この報告書の1ページのところの2の高山市議会基本条例(案)についての1人会派について、ごらんいただきたいと思います。  これは、前からあります課題といたしましては、議運の申し合わせ事項の中では2人以上というのを会派という、交渉団体という言い方なんですが、会派としておるということ。それに対して、政務調査費では、1人も会派として認めているという、この整合性をいかにとるのかということが一番の課題となっておるわけなんですが、そうした中での考えとしては、1人も会派として位置づけるのか、もしくは2人以上を会派として、この個人の議員に政務調査費を交付するのかといった考え方であろうということで、できる限り現状に合せた条例を考えられないかということが言われております。  そうした意見に対して、政務調査費を個人に交付するということに対しては、やはり議員個人ということになると、どうしても市民のほうからお手盛りという批判があるということであるので、やはり交付対象としては会派ということにしておくべきではないかということ。  条文を、会派を結成できるというような今文言にしておりますが、これを、会派をしなければならないというような形で、1人会派も認めるんですが、議運は今までどおりとする方法はどうであろうかという御意見。  あと、他市の状況ということなんですけど、岐阜県と岐阜市が議員個人に対する政務調査費の交付となっておるんですが、そのほかの自治体というのは、ほぼ会派に交付するということになっておるということです。その中で、恵那市においては、ここに条文をちょっと掲載させていただいていますが、政務調査費は議長に結成を届け出た市議会における会派及び市議会の議員ということで、一応、会派と議員というような2本立てにされておるということになっておるということであります。  議論の方向性としては、今までも議運の中での申し合わせにもありましたが、2人以上を会派とすることは妥当であろうということで、あと、課題として出てまいりますのが、他市では1人会派を認めていないというところもあるということもありますけれども、現行どおり、この政務調査費の交付対象としての会派は認めなくちゃいけないのだろうということで、方向性はありますけれども、そのあたり、条文と、あと、そういった条例を整合性を持たせるということで、今まだ御意見をいただいておる、審議をしている途中ということになっております。  次に、代表者会議についてなんですが、前回、全体会の中で代表者会議を条例に位置づけるというようなことで御確認をいただきましたが、第1分科会のほうで、あと、いろいろとまた審議をさせていただきました。幾つかの問題点が出てきたわけなんですけれども、まず、1つ目が、この議運との機能分担が必要であると。議運があるところで、議運も調整機関でありますけれども、そういったところで、会派の代表者会議がどういった調整をするのかという、政策のすり合わせというような条文もありますけれども、そのあたり、2番目にもありますけれども、代表者会議の役割については明確に、まだ現段階ではなっていないのではないかということ。  現在の代表者会議については、御存じのように、親睦会等の連絡が主であって、正式な会議となると、こういったことも公開の対象になるのではないかということが出てきております。  第5条の第3項に、会派間の合意形成ということが、条文もありますけれども、第14条には、合意形成についてということで条項を持っていますので、そういったところに会派間ということも加えたらどうかと、これは条文の整理の中で、課題として提起されております。  そういったことでいろいろと議論をさせていただいて、全体会の中では方向性を確認したんですけれども、現段階では、この代表者会議というのは、条文に規定しなくてもよいのではないかと。今までどおりの運用ということの中で考えさせていただいたらどうかということを第1分科会のほうでは方向性を確認させていただいておりますので、この件について、皆さんからも御意見をいただいて、方向性を決定していただきたいというふうに思っています。  次、評価体制ということで、これにつきましても、前回の全体会の中で、議会運営委員会が評価機関とするということでありましたので、その中から3つのことを第1分科会として確認をさせていただいております。  そこで、評価機関とするということですので、議会運営委員会の目的ということに、こういった議会改革、また、議会の運営に対する評価ということを加えるということで御確認をいただきたいということと、そうしますと、今、任期をもって議会改革等に関する特別委員会というものについては廃止をして、次に、改選後については、基本的にはそういったことの取り組みも議会運営委員会に委ねられていくという方向性も、第1分科会として確認をさせていただいております。  あと、その議会の改革に対する評価ということに関しましては、市民意見の聴取ということに関しましても、いろんな聞く機会はあるわけなんですが、あえてこの評価体制のところに、この市民意見の聴取ということについては、条文には規定しないというところで、第1分科会としての方向性を確認させていただいておりますので、とりあえず、こういったところの報告とさせていただきたいと思います。  以上です。 ○車戸明良委員長 2点につきましては、分科会長にお伺いしますが、これ、まだもう一回審議をしてやって……。 ◆小井戸真人委員 そうです。会派については、今、どのような条文の審議も含めて検討中ということです。 ○車戸明良委員長 代表者会議につきましては、このような現行で合意をいただきたいというふうですか。 ◆小井戸真人委員 はい、そういうことです。 ◆水門義昭委員 これにつきましては、前回ありましたので、第2分科会でももう一度話し合いをさせていただきました。  私たちのほうは、4ページに3として、委員長連絡会議と議会運営委員会の体制についてというところも兼ねて入ってしまいましたが、今回お示しになられました会派につきましては、会派はどういうものかという部分については第1分科会のほうでやっていただくことでいいと思うんですが、第2分科会としては、議会運営委員会の中での今の1人会派の位置づけという部分について議論をしております。  これについては、今の会派の部分からはちょっと外れますので、後で結構だと思うんですが、代表者会議と評価体制については、代表者会議は、全く第1分科会の言われるとおりに連絡関係が多いということで、今までどおりでいいのではないかと。条例にも載せなくていいのでないかというのが合意できました。  ただ、3番目の評価体制については、ここでは議会運営委員を評価機関とすることの確認ができたというふうにお書きになっていますが、私たちのほうは、議会運営委員会で評価機関とすることは、今の議会運営委員会では無理があるだろうと。議会運営員会を、じゃ、どんなふうに変えていけばいいのかということを考えますと、議論が深まるだけで、まだまだ決まりませんので、今回、私たち第2分科会としては、評価は今までどおりに全員で行うということで、議会運営委員会が評価機関という形ではどうかという、無理があるのではないかという合意でありました。  そういうことから、評価体制については、当然、条文にも全員で行うという形で前回もお示しさせていただいたのではないかと思うんですが、議会運営委員という形では、現状の議会運営委員会では難しいだろう。  それから、第2分科会では、議会運営委員会の構成も考えて議論してみましたが、今までどおりの議会運営委員会で、今はいいのではないかと。例えば、常任委員長を議会運営委員会のメンバーの中に含めるというような案もありましたが、大変難しいことが出てきますので、議会運営委員会も今までどおり、そして、評価体制については全員で行うという形がいいのではないかという形で、第2分科会は話し合いをされました。お願いします。 ○車戸明良委員長 会派について、評価体制について、それぞれ報告がありましたけれども、何か質疑がありましたら行いたいと思いますが、どうでしょうか。  評価体制につきましては、議会運営委員会で行うという案と、全員協議会、全員審議会、こういう名称で法定化するので、そこの場面で、評価体制の中で、そこの中で評価をしたほうがいいんじゃないかと、24人でやったほうがいいんないかという2つに今案が分かれています。 ◆伊嶌明博委員 議運のほうで行うということで、第2分科会のほうでは書いてあるんですけど、第2分科会のほうで、この議運の体制についてといって3まで書いてありますけど、要は、今、正式でないもので、1人会派が。だから、議運でと言われると、その1人会派のことは、意見はどうなるのかというような疑問点が出て、そういうふうなら一応全員で行うというふうに条例は書いておいて、その後、24人体制の中でいろいろ考えていってもらえばいいのでないかというようなことで、当面、どこに、機関に預けるとかと言わずにやったほうが、一番広い道を挙げておくことになるんじゃないかという議論でございました。 ○車戸明良委員長 ほかに。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それじゃ、今のような経過を報告されましたので、もう一度、第1分科会では深めていただきたいと、評価体制については今の意見が第2分科会で提案されたようにやると。議運の持ち方についても、いろいろ提案がされておりますので、それぞれ審議を深めてほしいというふうに思います。  1については、最終報告、最終取りまとめの段階でありませんので、そんなふうでやっていただきたいと。ただし、代表者会議については従来どおりと、法定化はしないという方向でよろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それじゃ、その方向で行きたいというふうに思います。  それでは、引き続きまして、3の市民意見交換会の開催手順についてを議題といたします。木本広報委員長より報告をお願いします。 ◆木本新一委員 広報広聴委員会のほうで、市民意見交換会の開催手順、そして、意見の取扱手順、そして、意見等を踏まえた委員会運営の手順というようなことで検討をし、このような形にさせていただいております。  今、副委員長のほうから朗読と説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 ◆村瀬祐治委員 では、朗読させていただきます。  お話の説明の前に、1ページと2ページが開催手順となっております。ここで1回区切ります。3ページが、今度はその意見の取扱順序になっております。4ページが、今度は市民意見を踏まえた委員会運営の手順ということで、3つありますので、1個ずつ区切って、皆さんの御意見を聞いていきたいと思いますので、お願いします。  では、1ページをごらんください。読み上げさせていただきます。  市民意見交換会の開催手順(案)。  1、市民意見交換会の目的。  高山市議会のあるべき姿、基本理念、議会、議員の責務及び活動の原則の趣旨に基づき、市民意見を踏まえた政策立案機能の向上を図り、市政の重要課題に対応するため、市政全般にわたり議会と市民が自由に情報及び意見を交換し、活発な議論を行い、市政発展につなげることを目的とする。  2、市民意見交換会の種類。  市民意見交換会は、地域別市民意見交換会及び分野別意見交換会で構成をします。  (1)地域別市民意見交換会は、小学校区を基本単位として行う意見交換会とする。  (2)分野別市民意見交換会は、行政分野別に行う意見交換会とする。  3、地域別市民意見交換会。  (1)班編成及び構成。  ①班は6名で構成し、4班編成とする。  ②班編成は、政策形成の効率化と行政分野に対応するため、常任委員会の委員を各班に配置し構成する。なお、編成の詳細については、当選回数、会派、常任委員会の任期、出身地域を考慮し、広報広聴委員会で協議した上、米印はまだ決定しておりませんが、委員長連絡会議に諮り決定をする。  ③班の代表者は、各常任委員長が務めるものとする。  (2)対象地区。  市内小学校を、18を基準に別表1に掲げる20地区を対象とする。なお、各班において必要に応じて対象地域を拡大することができるものとする。  (3)開催回数。  1地区あたり年1回以上開催をする。  (4)各班の担当地区数。  各班は、それぞれ5地区以上担当するものとする。  (5)各班の担当地域の決定方法。  ①各班が担当する地域は、班編成後に各班の代表者の抽せんによって決定をする。  ②各班が担当する地域は、別表1、2に基づき必要に応じてローテーションを行う。  (6)開催手続き及び周知方法。  ①各班は、開催趣旨、内容並びに開催日時及び会場について、各町内会長及び各役員等に事前に連絡調整を図るとともに、会場の利用予約を行う。なお、議長を通じての開催通知事務(はがき案内)は、広報広聴委員会が主体となって実施し、議会事務局はその補佐にあたるものとする。  ②開催時期及び会場の市民への周知は、高山市議会ぎかいだよりに日程を掲載するとともに、必要に応じて案内チラシを配布し、市民に幅広く開催周知を行う。なお、市議会ホームページ、ヒッツFMでの広報を行うことや、報道機関に記事として取り扱うことなどを依頼する。なお、ぎかいだより以外の事務は、議会事務局が行うものとする。  (7)説明資料等。  ①式次第、ぎかいだよりを始め、その他資料が必要な場合は広報広聴委員会で協議、決定し、統一した共通資料を準備、配布するものとする。なお、各班において別途資料が必要な場合は、各班で準備をする。  ②資料の印刷準備等は、議会事務局で行う。  (8)その他必要な備品類。  ①意見交換会横断幕、議員名札、ボイスレコーダー、受付簿は、議会事務局で準備するものとし、消耗品(メモ用紙、筆記用具、セロテープ、画びょう等)は、各班で準備をする。  ②アンケート調査を実施する場合は、広報広聴委員会が準備し、各班に配布をする。  ③音声マイク、アンプ、スピーカー、パソコン、プロジェクター、スクリーン等が必要な場合は、各班で準備をする。  (9)市民意見交換会の次第及び役割分担。  次第及び役割分担は、おおむね次のとおりにする。次第のみ読み上げます。
     1、開会のあいさつ。2、自己紹介。3、あいさつ。4、議会報告。5、市政全般、議会に関する意見交換。6、閉会。開催時間は、おおむね1時間30分から2時間程度。  次のページをお願いします。  (10)市民意見交換会の進め方。  ①各班は、説明資料を踏まえ、事前の打ち合わせを行うものとする。  ②各班は、前回開催時に地域課題の返答を求められている場合は、事前に十分な打ち合わせを行うものとし、委員会調査等を踏まえて班全体で対応する。  ③市民意見交換会の趣旨は、意見を後ろ盾に議会内での議論の活発化や政策形成サイクルにつなげていくことであり、基本的に、市民の意見、要望の意図、真意等をお聞きするという立場で臨むものとする。また、市政の重要課題に対応するため、市政全般にわたり議会と市民が自由に情報、意見を交換し、活発な議論を行うものとする。  ④意見、質問に対して返答を求められた場合は、議会の考え方や議論の経過など一定の説明責任を果たすように努めるものとし、執行機関の立場で説得的な説明、答弁は行わないように留意をする。  ⑤市民意見交換会は市議会が主催し、かつ合議機関として決定及び確認事項に基づき報告するものであり、会派や議員個人の見解を述べる場ではない。ただし、議員個人の考えを求められた場合は、議会の構成員として良識ある言動に努めるものとする。  ⑥各班は、市民意見交換会終了後は、事後の評価、総括を行うものとする。  (11)その他の協力体制。  市民意見交換会を開催する班において役割分担を行うとともに、特に専門的分野の報告を行う場合は、全議員で協力し、取り組むものとする。  ①意見交換会の班に代表者を置き、司会者、報告者、記録者等を互選により決定するとともに、班全員で協力しながら行い、活発な議論を促すものとする。  ②委員会の調査研究事項の報告や、地域要望で専門的な答弁が必要な場合は、他の議員が出席できるものとする。  (12)報告書の作成、広報広聴委員会への報告及び報告書の公表。  ①市民意見交換会における市民の意見、提言、質問、要望に分類し、課題抽出を行った上で、意見交換の内容も含めて広報広聴委員会へ班長が報告をする。  ②広報広聴委員会への報告は、別紙様式によりまとめ、原則として電子データとして提出する。  ③広報広聴委員会は、各班の報告書から課題等を整理し、議長に提出する。  ④報告書は、市議会ホームページ上で掲載、公開をする。  (13)市民意見等の整理、振り分け、執行機関への質問等。  ①広報広聴委員会は、各班から提出された市民意見や課題について各常任委員会へ振り分けを行い、議長に提出する。  ②議長は、各班から報告を受けた意見等の整理及び課題から、特に調査が必要と判断する場合は、委員会調査を命ずることができるものとする。  ③議会の意見、提言等がある場合は、議長の判断に基づき、広報広聴委員会において議会の対応方針及び解決策を調査研究し、米印がついておりますが、委員長連絡会議を通じて政策討論会に送付するものとする。  ④執行機関への質問、要望は、議長を通じ市長に文書質問及び提言を行い、返答が必要な場合は要請をする。なお、執行機関への提言、意見については、議長から市長に報告する。  ⑤議長は、広報広聴委員会からの対応方針等を踏まえ、適切に対応するものとする。  次の横に行きます。  4、分野別意見交換会。  (1)開催形態等。  分野別意見交換会は、教育、文化、福祉、産業等の分野ごとに行う意見交換会及び懇談会であるから、各常任委員会の調査研究を深め、議会内における政策立案等を目的に、必要に応じて委員長の判断で随時開催をする。  (2)開催主体。  ①分野別意見交換会は常任委員会において主体的に開催するものとし、その旨を議長に報告する。  ②特別委員会、議会運営委員会が開催する場合にも上記と同様に行い、ただし、会派が主体で開催する場合は、この限りではない。  (3)開催手続き及び開催周知。  ①分野別意見交換会の開催は、基本的に常任委員会が主体となり、開催手順や開催周知を行うものとする。ただし、開催の規模によっては広報広聴委員会が補佐にあたるものとする。  ②特別委員会等が開催する場合も上記と同様に扱うが、会派において開催する場合はこの限りではない。  ③議会との意見交換会を望む団体等へ積極的にアピールし、開催を募る。  (4)その他、開催に関する手続。  その他の手続については、地区別市民意見交換会の手順(7)から(13)を準用するものとする。  別表1、別表2を御参考ください。  以上、ここで区切らせていただきます。 ○車戸明良委員長 説明が終わりました。  何か御意見はありますか。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、これはこれで残しておくということですよね、今後。そうすると、ハンドブックの中に入っていくルールの1つみたいになっていくわけですよね。 ◆村瀬祐治委員 基本条例の中に別に定めるという中の1つという位置づけで考えておりますので、当然そういうふうになると思います。 ◆牛丸尋幸委員 ですから、要綱にするのか、何かどういう位置づけにするのかというのは、何かどうしたらいいのかなと、ちゃんとよくわからんけど、そういうことだな。何か合意事項ということにするか何かしていかないかんということだね。 ◆村瀬祐治委員 要綱になったり、今、手順になったんですが、これは議会基本条例が進む中で、その位置づけに対して名称を変えていくというのは、この私たちの委員会の考え方でございます。今からです。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、この中に書いてある幾つかの文言が、議会基本条例の考え方と整合性を合わせていくということをしておかないと何かまずいのかなということが思うので、1つは市民意見交換会という名前を使うか使わないかも、基本条例ではちょっと自由にしたんだということですね。  それから、もう一つは、この第1に書かれているあるべき姿とか基本理念とか、これは、なくしていくんでしょう。基本条例に織り込んじゃって、合意事項としてはなくすという、たしか方向だというふうに聞いていたので、こういうふうに書いても、ものがなくなるのでないかなという気がしますが、その辺がちょっとどうするかということがあるなということを思います。  それから、対象地区を、僕らの中で出たのは、意見交換会へ行って出たのは、もっと細かい範囲でやってほしいという、そうすれば出やすいと。対象が広過ぎるものだから出にくいんだという意見があって、大変、もっと細かくせんならんのかなと思って帰ってきたんだけど、そういうことはやらないということになっておるの。これ、対象地区は拡大できると書いてあるだけなんだけど、その辺の判断というのは、どういうふうになっておるの。 ◆村瀬祐治委員 協議したのは、今まで18地区というところで、まず、大八地区と東小学校地域の問題が具体的に上がってきました。そして、現状では上宝地区が2つに分かれておるというところが上がってまいりました。  私どもは、結局はやっぱり小学校校区を中心として考えるということでございますので、試行でことしやってきて、それなりの大きな意見がその2つということで理解をさせていただきましたので、こういう形で上げさせていただきましたが、ここにも書いてあるように、また地区を見直す、例えば、小学校地区ですから、大きな3の対象地区の(2)に書いてありますが、こういうところを見直しながら合意を求めて、またやっていくことは可能だと思うんですが、来年度に対してはこのような形を思っております。 ◆牛丸尋幸委員 それは見直さないということでしょう、今のところは。 ◆村瀬祐治委員 はい。 ◆牛丸尋幸委員 どうして見直さないの。 ◆村瀬祐治委員 そういう意見が、意見交換会すべてでありませんが、私も出席させていただきましたし、出てきたのは2つの地域ということで、牛丸委員が言われたように、どこからそういう意見が出てきたのかが議事録の中というか、大きな声だったかどうかが、私自体がまだ認識をしていないということですので、それをもう一回聞かせていただきながら、もっと細かい地域ですから、小学校をまた3つ、4つ分けて、皆さんが5地域から8地域へ行くというのは合意を求めていかないかんことだと思います。 ◆岩垣和彦委員 意見交換会の、既に実施を2回もやられていますので、この文言については、皆さん、中身的にはもう十分御承知のとおりだというふうに思います。ただ、先ほどお話があったように、何らかの形で残していかなければなりませんので、あえてこういう形を出させていただきました。  今お話のように、もっと地域を細かく分けるというお話も当然あると思います。これは、あくまでも平成22年度の段階をもとにしてつくっておりますので、今後、いろんな議論が当然出てくると思っています。それは、市民の皆さんから、もっと細かくやってくださいようという意見が出れば、やはりそれに対応して、もう当然考えていかなければならないというふうに思いますし、一番議論していただきたいのは、年1回以上の開催というところと、班編成が、前回はいろんな形で4名で6班編成というような話もありまして、どちらがいいのかということも、いろんな議論する中で、妥当性がどこにあるのかというようなことも含めて、回数の問題もそうです。  この回数の問題は、やはり定数が削減されるということを前提にして、市民の皆さんの地域の全体を網羅するために、議会が中に入っていって市民の皆さんの意見を少しでも政策に立案していこうと、市民の皆さんの不安を払拭しようとする形で2回というような形をとらせていただきましたけど、結局、そのときの議論と定数が削減するという議論のときと、今、委員会活動を活性化するという議論の中で、どういう形が議会として妥当なんだという話をちょっと議論していただきたいなと思います。  これは、1回なのか、2回なのか、3回なのか、4回なのかわかりませんけど、そういう形をあわせて議論していただけるとありがたいなというふうに思います。 ○車戸明良委員長 今、提案がありましたように、特に回数については、1回以上というふうに開催手続の中には明記しておるけれども、それでいいのかということですね。  あとの班編成についても、やっぱり6名がいいのか、4名にするといいのかというのは大きな課題になるかと思いますし、とりあえず1回でいいのかと、1回以上という考え方でいいのかと、もっと何かいい方法はあるかと。  どうですか。 ◆藤江久子委員 回数にもかかわることかもしれないんですけど、今の分科会ではないんですが、以前、定数と選挙区の分科会をやったときに、第3分科会で議論した中に、仮称ですけれども、地域担当班という名前が挙がりまして、これは市民意見交換会にかかわるだけの班編成という位置づけで全部書かれていると思うんですけど、そういった議論、市民意見交換会で出た意見だけをどうのこうのではなくて、通常、例えば何とかのお祭りがあるからだれか来てくださいよとか、そんなような、これとは関係なくても、うちの町内でこういうことが困っていることがあるんだけれども、だれか来てもらえないかとか、そういったときの対応というのは、何かしらのこのベースで議論がなされたのか、一応、これ、班編成だとそういう考え方も、もしそれが当てはまるということになるとできるんですけど、何か御議論はありましたでしょうか。 ◆村瀬祐治委員 3ページのほうに、市民意見交換会の種類って、後で説明をしようと思ったんですが、ここでは、さっき言ったように、いろんな窓口というところも、どういうふうに扱う、出向くだけが市民意見交換という位置づけじゃないもので、そこは後で読み上げて説明していきたいと思いますので、お願いします。  今、説明したほうがいいですか。 ◆藤江久子委員 じゃ、今お答えできないということで。  それから、もう一つ質問なんですけど、いろんなことを伺ってもいいですか。別にさっきの。回数だけのこと。 ○車戸明良委員長 いや、1回、回数のことをやりましょう。  回数はどうですか。じゃ、関連して言ってください。 ◆藤江久子委員 村瀬委員さんが後で読み上げますと言った部分を、ちょっとどういうふうになっているか教えてもらわないと、何かちょっと。 ◆村瀬祐治委員 それなら、3ページ、4ページも関連をするということですので読み上げさせていただきますので、お願いします。  では、3ページをお開きください。  市民意見交換会の取扱手順(案)。  1、市民意見の活用。  市民参加を原則とした議会運営を進めるため、市民の多様な意見を把握して監視機能及び政策立案機能の向上を図るとともに、市民にわかりやすく開かれた議会を目指すものとする。  2、市民意見の取り扱い。  多種多様な市民意見は、議会改革の基本理念にのっとり、市民の政策提言と位置づけ、委員会活動を中心とした政策形成サイクルを通じて市政に反映するものとする。  3、市民意見の種類。  市民意見は、主に次に挙げるものとする。  (1)市民意見交換会(分野別意見交換会を含む)から提出された意見等。  (2)議会に送付された電話、ファクス、郵便、電子メール等による市民意見。  (3)陳情、請願による地域及び各種団体の意見。  (4)公聴会や参考人招致による専門的識見を有する意見。  (5)議長が把握する意見。  (6)会派及び議員が把握する意見。  (7)その他、市民意見(行政側が把握するものや各種要望等を含む)  4、市民意見の受け付け及び対応。  多種多用な市民意見は、次に掲げる要綱で受け付けし、議員全員の共通認識を図るものとする。  (1)市民意見交換会の意見は各班が受け付けし、市政及び議会への政策提言や議会改革を行うための情報の一部として扱う。  (2)日常的な市民意見(電話、ファクス、郵便、電子メール等)は、広報広聴委員会が受け付けし、各常任委員会の調査研究に係る意見として、議長を通じて委員会へ報告をする。  (3)陳情の取り扱いは、会議規則にのっとり議長が受け付けし、広報広聴委員会から市民意見及び提言として各常任委員会へ報告する。なお、提出者から紹介議員の依頼がある場合は、議長の対応を基本とし、内容により常任委員会及び広報広聴委員会がその対応に当たるものとする。  (4)陳情、要望、その他の意見で議長が請願に適合すると判断された場合は、請願の例により処理することができるものとする。  (5)請願の取り扱いは会議規則を準用する。  (6)委員会が調査研究を深めるため公聴会や参考人招致を実施する場合は、議会の議決を得て行うこととする。  (7)議長が政策提言する場合は、会議規則及び政策討論会実施要綱に基づき準用する。  (8)会派及び議員が政策提言する場合も前項と同様に取り扱うものとする。  (9)その他市民意見は、議会活動に反映させるものとする。  5、議会への提言、意見。  議会に対する市民からの提言、意見は班が取りまとめ、課題抽出を行った上で、議長を経て広報広聴委員会が調査研究を行い政策討論会に諮るものとし、その議論を踏まえて政策を立案する。  6、執行機関への提言、質問。  議長は、会期中または閉会中を問わず市民の提言、質問を踏まえ、市長等に対し文書質問を行うことができるものとする。なお、回答は文書により求めるものとする。
     (1)市長への提言、質問。  市民意見において、執行機関への提言、質問がある場合は、議長から市長に対して文書質問を行い、文書により回答を要請するものとする。  (2)市長等の回答様式。  議長からの文書質問に対し、市長等の文書回答の様式は全文回答と主旨回答(60字程度以内)の2種類の返答を要請する。  (7)市民への情報公開。  議会は監視機能及び政策立案機能とあわせて、多種多様な意見を背景に議会機能の向上を目指すものとしており、市民の意見、議会の調査研究、執行機関への返答、政策提言等について情報公開し、市民と情報の共有化を図るものとする。  (1)市民意見の公開。  各班において整理された市民意見及び委員会における調査課題の抽出項目については、議会ホームページにおいて公開をする。なお、公開に当たっては広報広聴委員会が最終調整を行い、米印がついておりますが、委員長連絡協議会において決定するものとする。  (2)執行機関からの回答の公開。  市長等の回答は、全文回答及び主旨回答の双方について議会ホームページにおいて公開をする。なお、主旨回答は、質問主旨とあわせてぎかいだよりでの公開ができるものとする。  (3)委員会の調査内容の公開。  抽出された課題について委員会で調査研究を行った結果は政策討論会に諮り、その内容及び審議状況も含め、議会ホームページ及びぎかいだよりで内容を公開する。  (4)政策提言、立案内容の公開。  委員会が提言及び立案した政策等については本議会の委員長報告により正式決定するが、その内容については、議会ホームページ及びぎかいだよりにおいて市民に公開するものとする。  (5)市民意見交換会での報告。  委員会等が調査研究を行い、議会で審議した内容については市民意見交換会で報告し、市民にフィードバックし、再び意見を聞くものとする。  では、4ページをごらんください。  次は、その市民意見を踏まえた委員会運営の手順について読み上げさせていただきます。  1、委員会活動の目的。  委員会活動は、陳情、要望、市民意見等を前提とし、政策等の課題について調査するとともに、評価を行う中で問題点を明らかにし、政策提案、提言に結びつけることを目的とする。  2、委員会の役割。  ①委員会の調査は、陳情、要望、市民意見等を踏まえ政策課題を抽出し、問題点を明らかにした上で政策に反映するための議論を行うものとする。  ②政策課題がある場合は、裏づけ調査を行うとともに情報を集め、基礎データを収集するものとする。  ③委員会の調査結果に基づき、必要に応じて政策提案、提言を行うものとする。  ④委員会は、調査研究結果をまとめた調査報告書を広報広聴委員会に提出する。  ⑤調査報告書は、政策討論会の討論テーマを抽出する材料とし、市民意見交換会の報告資料とする。  3、政策課題の抽出方法。  ①何が問題となっているのか。  市民意見等を踏まえ、市民ニーズに適応しているか否かを調査。  ②問題分析。  市民ニーズと政策が乖離している原因の調査等。  ③政策課題の設定。  必要性、達成度、公平性の視点から、政策課題等を調査。  4、委員会の調査方法。  政策課題の調査は、以下に掲げる視点から政策の検証を行うとともに、政策提案、提言につなげるものとする。なお、調査報告書については、広報広聴委員会へ提出をする。  ①施策の発生源。  ②他の施策との比較結果。  ③類似都市における比較検討。  ④総合計画における根拠づけ及び位置づけ。  ⑤法令関係及び条例に準じているか。  ⑥財源措置について。  ⑦コスト計算について。  ⑧施策の評価と課題。  ⑨政策提案、提言の内容。  5、市民意見をもとにした委員会の調査の手順。  (1)調査課題の抽出。  ①市民意見交換会から出た意見を委員会別に集約。  ②所管委員会に係る陳情、請願、要望、各種市民意見(電話、メール、ファクス等の意見を含む)の集約。  ③委員からの意見聴取(議員間討議)。  ④調査課題の抽出(前項の考えに基づき議員間討議)。  ⑤広報広聴委員会へ抽出課題を報告し、米印、委員長連絡会議において調査項目を正式決定する。  (2)市民からの質問の取り扱い。  ①施策等の質問は、執行機関へ文書で提出(広報広聴委員会へ提出)。  ②執行機関の回答は、内容を公開し報告(ぎかいだよりやホームページに掲載、ただし、郵送やファクスなどの返答が求められる個別事案は、個人への通知)。  ③質問や回答内容により調査が必要となる場合は、前項5―(1)―③において議員間討議。  (3)委員会の調査手順。  ①各委員へ調査課題を振り分け現状調査(執行機関の意見聴取)。  ②現地調査及び意見聴取(現地調査や各種団体等と意見交換を実施)。  ③他市の事例について調査(他市への視察)。  ④執行機関から提出される事務事業評価の内容を精査し、政策課題の解消に向けて対応を検討。  ⑤予算及び決算をもとに政策課題の検証を行い、対策を検討。  ⑥調査結果を委員会でまとめ、政策提案、提言の検討(議員間討論)。  ⑦政策討論会での報告資料の作成(重要性、必要性、緊急性等を明記)。  ⑧広報広聴委員会へ政策提言及び報告資料の提出。  ⑨米印、委員長連絡会議において、政策討論会の討論テーマを正式決定。  (4)政策討論会での議論。  ①討論のテーマとなる報告資料の説明。  ②各委員からの質疑に応答(調査内容をもとに委員会の考え方を説明)。  ③全委員に対して、共通認識の醸成を図る。  ④委員会からの意見や考え方を聴取。  (5)政策提案、提言の決定(議員間討論を踏まえて)。  ①政策討論会の議論から委員会での議員間討論。  ②政策提案及び提言の決定。  ③決定内容を広報広聴委員会へ報告し、本議会において委員長報告。  ④再調査を必要する場合は、執行機関や市民(団体)に対して再度意見聴取を実施し、調査研究。  (6)継続調査が必要な場合。  ①任期中に調査結果及び政策提案及び提言に至らない場合は、次期委員会に引き継ぎする。  ②委員会は政策提案、提言または課題の解消に向けて継続調査をするものとし、随時検証を行うものとする。  済みません、字を間違えましたが、お許しください。 ○車戸明良委員長 御苦労さまでした。  これ、こうやって一生懸命手順を書いてくれましたが、これがマニュアルみたいなもので、今までほとんどやってきていることなんです。それを文章化したものだと、皆さんも多分お聞きになったと思いますが、そこで、もう一回、こういうのがあることによってチェックをしたり、これでいいのかと。ここはちょっと丁寧にやらなくてもいいぞと、ジャンプせんならんぞと。広報広聴委員会へ報告しなくても、本会議に報告でもいいぞとか、いろいろ出てくると思いますが、それはそれなりで、これは最大限、これだけのことはチェックしてくださいという理解かなというふうにお聞きしたんですが、皆さん、そのような御理解でいいですか。 ◆岩野照和委員 回数について、ちょっと提案なんですが、24人、全市1区ということを決めた以上、地域に説明してきたことは、意見交換会でもそうなんですが、各地域へきめ細かな意見聴取をして、この意見交換会にですが、やっていくということが前提で説明してきたはずですが、そうすると、1回ということは、これは1回以上なら幾つもあるんですが、ここで1回という表現は、1回にとどまることもある可能性があるので、最低でも3月の予算で、4月に入ってから予算に対する意見を聞く。また、中間で1回聞く。それから、次年度の予算対応に対する意見を聞く。最低でも2回から3回は必要でないかなと、そんなことを思いますが、やはり24人1地区ということの約束事を説明しておる以上は、1回以上という数字はちょっと少ないと言えると思います。 ◆藤江久子委員 まだ自分の意見を言っていないので、ちょっと話させていただきたいと思いますけど。  先ほど伺いました、仮称ですけれども、例えば地域担当班というのは、少なくとも後の御説明の中にはなかったんですけれども、そのきめ細かいというのは、意見交換会をたくさん開くことだけじゃないと思うんですよ。1つの意見交換会を開いた後で、これだけきめ細かいというか、やってきたことではありますけれども、マニュアルをつくってきちんと政策立案までしていくんだということであれば、ひょっとしたら1回だけでも十分かもしれないなと思うんですけれども、ただ、きめ細かいと市民の方が受けとめてくださるには、これ、少なくとも読むだけでは、ファクスでもメールでも、市民の方から自発的に上がってきたものに対することへの、これは対応マニュアルかなというふうに思うんですね。  だから、こちらから出かけていって、あるいは、来てくれよというときに行ける体制をとるとか、そういったことが、私はきめ細かいことにつながるのではないかなと思うので、質というか内容の問題だとは思うんですけれども、きめ細かいと本当に約束したので、それを実行しなくちゃいけない。その体制をとらなきゃいかんなという思いは同じです。 ○車戸明良委員長 これ、広報広聴委員会で1回以上という、何か、どうしてこういうふうな書き方がベターだと思って出されたかの辺の議論はあった内容、じゃ、ちょっと委員長から。 ◆木本新一委員 今回、2回の開催をした状況も見ながら、そして、その参加者、あるいは意見等も考えながら、2回というのは基本なんでありますけれども、回数で決めてしまうということが果たしてどうかと。この意見交換会が、やはり本当に成熟していくためには、回数で限るんじゃなくて、内容も検討しながら、そういう中で2回ということを決定づけないで、1回以上という形にさせていただいた。そういう中で十分検討しながら、基本は2回ということになろうと思いますけれども、次期開催のときに十分検討していただいてやっていく。基本的には、こういう形で置いたらどうかということでございます。  それから、先ほどの地区の担当というようなことにつきましては、広報広聴委員会としては、そこまで踏み込んだ考えはなくて、むしろ、委員会を中心とした形成サイクル、これをやっぱり中心に考えておりまして、できるだけそういう中で意見を吸収していくと、積み上げていくという形でおります。 ◆岩垣和彦委員 今、委員長のお話にあったとおりだと思います。  ただ、その回数のお話ですけど、分野別意見交換会が、どうしてもやっぱり委員会として主体性を持って実施をしていただかなくてはならないということもあります。藤江委員がおっしゃったように、きめ細かな対応ということに対して、要望があれば、分野別の委員会として、どうやって出向くかということもあわせて議論を行わないと、班だけでそれをすべて対応するのかという話と、委員会がどういうふうに対応していくのかという話を、やはり両方、どういうふうに位置づけていくのか。  2回、市民意見交換会を班ごとに行って、常任委員会としても、またさらにいろんな地域にも出向きながら、各種団体等へも出向きながらいろんな要望にもおこたえする、御意見をお聞きする、意見交換を行う。これが、実際にどうやって運用ができるかということに、ちょっと壁にぶち当たって、こういう1回という形にしたんですけど、ただし、皆さんの御議論の中で、やはり2回以上やって、それも常任委員会もやっぱり活発的にもっとどんどん外へ出ていくべきだというお話になれば、当然2回以上ということも考えなきゃいけないんだろうというふうに思っています。 ○車戸明良委員長 ちょっとお聞きしますけど、分野別意見交換会のシミュレーションというか、頭に描いている部分は、例えばどういうことでどういうふうになって、どういうことが起きるかという、広報広聴委員会のそういう構想というか、こういうふうになればいいなというようなことは描かれていて、発想されたんですか。 ◆村瀬祐治委員 これは、今年度、もう実施をされております。文教経済委員会の中で、銀行と、それぞれ分野別、景気対策と、そして、政策討論会に挙がったところを挙がっておるということで、それぞれ実績をしておるんですが、今、委員長が言われたのは、2ページの上に書いてあるんですが、教育、例えば地域の意見というのも、それはこの中でやっていくんですが、そのほかに分野別というのは、行政区分の中に、教育、文化、産業等景気対策と、いろんな分野があろうかと思います。  そういう部分を、各担当常任委員会が所管をされるところに振り分けて、向こうから要望があればそこに出向きますし、ここにあるように、アピールするというふうに書いておりますので、これから積極的に議会が市民意見交換会と同じように受け付けをここにしますよということで、分野別に、それに対応するということでございますが。答えていますか。 ○車戸明良委員長 おわかりですか。 ◆村瀬祐治委員 わかりづらい。 ◆今井武男委員 いろいろとこのA3の4ページにわたるやつを熟読してもらったんですが、ここで、今度はこの広報広聴の委員になる人はおるかということだな、今度は。  委員長、常任委員長になる人がおるかということだ、今度は。逆に言えば、これだけのことをやっていくのに。このほかに、まだ委員会に付託されたことをやっていかんならん。それで、そこら辺をちょっと委員長なり副委員長に聞きたいんですけど、2回も3回も、例えば、先ほど回数でいうと、1班で6名で4班制にして5地区は回ると。それの出た意見を、今度は広報広聴のほうへ持っていくわけですから、20ほど。20って、それ、20会場のものを持っていくんですが、果たして広報広聴の委員になる人がおるかどうかということだ、今度は逆に言えば。  ちょっとそのことを聞きたいんだけど。 ○車戸明良委員長 ちょっと待って。岩野委員、関連でもう一回。
    ◆岩野照和委員 議長からそんな消極的な考えを言われたら、それは困ると思います。もうやると決めて向かった以上は、これはやっぱりやるべきだと思います。ちょっと消極的過ぎんですか。 ◆村瀬祐治委員 文章は確かに長いんですが、よく理解をしながらいうと、やっぱりこの班長、要するに常任委員会のほうが、あくまでもメインで動かれます。  広報広聴は、来たものをまとめていくとか全体を見ていくということで、実際に、広報は別ですが、広聴のほうとしては、さほどことし2回、そこをやってきましたが、今のところ、特別な人がやれるとか、そういう思いはなく、今、2回の意見交換会を進めてきていますので、そのように理解をしています。全部がやるんじゃなくて、それぞれ常任委員会、そして、班長さん、班の方がデータで持ってきてやっていただけますのでと私は思いますが、それは私の思いだけかもしれませんが、あとはやらなきゃいけないというところもあります。 ◆牛丸尋幸委員 関連しますけど、その地域別の班長も常任委員長でしょう。分野別も常任委員長がやらんならんじゃないですか。  そうすると、それにおいて、また政策形成も常任委員長が中心でやっていくということは、それはちょっと僕は無理だと思うよ。常任委員長がそれだけのことはやれないので、その地域別は班長は別にするとか、分野別だって相当やらんならんでしょう。本当だったら、趣旨からいけば。  だから、そこはちょっと見直したほうが、常任委員長を地域別の班長にしてしまうというのはいかがという感じはしますよね。 ◆村瀬祐治委員 ここの中に、先ほど米印、委員長連絡会議というのがあるんですが、ここの流れの趣旨としては、例えば、いろんな班のこととかいろんなことは、別に委員長会議によって決定をしなきゃいけないところがありますので、ひとつ、例えば、これは京丹後もこういう形だったんですけど、やっぱり班長さんイコール委員長さんイコール委員長会議、ここに議長さん、そして、議運の委員長がある程度小委員会とかいろいろ名称がありますが、議会の24人体制の中では、1つ、2つ会議をスリム化するというところで選ばさせていただきました。  2つ目の意見でございますが、当然、委員長さんはまとめていかないかん。議長さんはまとめていかないかん。いろんなまとめなきゃいけないんですが、やっぱりここに5名の常任委員がいらっしゃり、また、ここには5名の班長以外の方がいらっしゃいますので、やっぱり全員野球でやっていくということに、1人でやれば、確かに今、牛丸委員が言われたように大変なことでございますが、あくまでもそういうリーダー的な動きというのが、京丹後もそういうような考えを言っておりましたので、みんなで協力をして分担をしていくというような考えでございます。 ◆牛丸尋幸委員 だから、地域別の意見交換会の班長はほかの人がやるといったほうが全員野球じゃないのかね。1人が何もかもやるという、トップをやるというのは、それはちょっと、本来、そうだけど、本当に大変だよ。まとめていって、課題を抽出したりいろいろやらんならんということでいけば、僕は相当大変だと思うよ、現実問題としては。  だから、そこは少し分けておいたほうがいいのでないのかと僕は思うよ。 ◆岩野照和委員 今の意見ですが、常任委員長は決算予算の報告も全部これからするということに、今、試行ですけど、なったんですので、やっぱりこれについては、その班で互選によって委員長を決めたほうがスムーズに進むのではないかなというようなことを思います。 ◆藤江久子委員 4班、6人体制というのも、1つのそういう流れで決められたと思うんですけれども、結局、今、6人で6班でやっているんですけど、結局6人もいるとというとおかしいんですけど、やる人、やらない人が結局出てしまって、6人いると。4人だけだと必ず何かやらなくちゃいけないみたいな話になって、6班で機密にきめ細かく地域を見ていったほうがいいような気はするんですけれども、またちょっと議論していただきたいと思います。 ○車戸明良委員長 議論してください。 ◆村瀬祐治委員 じゃ、委員会の中の話をさせていただきます。その議論も出ました。  今、私たちは4年を過ぎましたので、ある程度、皆さんそういうことになると思いますが、改選期を迎えて、例えば4人で常任委員会を代表された部分の方が、果たしてそれだけ全般の話ができるのかどうかというのが、話し合いました。とりあえず、もう改選期を迎えて、4人体制、常任委員会を代表、そして、各地区代表、この部分の代表というのは、改選期だけは6人という意見で、こういう形になりました。 ◆藤江久子委員 今のことなんですけど、よく政治家に求められるものではないかなとは思いますけれども、政治家は行政マンではないものだから、そのキャリアの中で、これはどうなっていますか、さっき書いてあります答弁をしなくてもいいと。  だから、もし議員としてキャリアはゼロであって、1年目の方であっても、ほかの分野ではスペシャリストかもしれませんし、そういった人が新しい風を吹かせて、議会は、私は活性していると思いますので、それは、そういうことも、現場へ行けば、あっ、これは余り知らないから答えられないわということがあって、恥をかいたり、恥ずかしい思いをしたりすることはあるかもしれないんですけど、私は、政治家は、別にそれを求められていることじゃないと思うので、初めてだったらわからなくて当たり前だと思うんですよ。だから、それもありますけれども、ちょっとウエートを別なところに置いていただけないかなとは思います。 ○車戸明良委員長 参考にして、また議論を積み重ねてもらいたいというふうに思います。 ◆牛丸尋幸委員 もう一つは、このいわゆる地域割りのローテーションの問題ですけど、メンバーは、例えば、まだ今後どうなるかわかりませんけど、毎年毎年、常任委員会のメンバーが変われば、毎年メンバーが変わっちゃうんですよね。  だから、ローテーションもくそも関係ないと思うんだけど、だって、メンバーが変わっちゃうんだから。だから、常任委員会は何年やるのか、そこをきちっとまだ合意がつくれていないけど、政策形成の上では、常任委員会のメンバーの交換をどうするかということも含めていかないと、このローテーションだとか、あるいは班長をどうするかというのは、ちょっといろいろかかわってくるなと思うんです。政策形成を本当にやろうと思ったら、1年交代でいいのかどうかを本当に決めていかないと、ここだけ決めても、何かちょっと、より根本的なところを決めていかないと難しいかなという感じがしますけど。 ◆岩垣和彦委員 おっしゃるとおりだと思います。  ただ、先ほどもありましたように、委員会の任期がまだ決まっていませんし、どういうふうにしたらいいのかというのは、正直言って、ざっくりとした段階でしかないんです。地区を固定化するのがどうなのかという議論も一方には出てくると思いますので、そこら辺を、今の段階では、まず、ローテーションはしなきゃいけないということを前提に、固定化はいけないよということだけで、ここに文言として落としてあるだけなので、今後、その委員会の任期も含めて出てきた段階に、正式に成文化していけたらなというふうには考えています。 ○車戸明良委員長 今回、これで合意をとる事案でありませんので、今、こういうふうなことで検討をしているということですので、また議論を深めてもらいたいというふうに思います。  一番大事なことは、やはり制度化してやることが大事なんですけれども、岩野委員からも発言がありましたように、24人にして、全市1区にした、それでも市民のみなさんが不安にならないよう、システムとして意見交換会を各地で開きますよというのが目的なんですから、やはりこうやって形成サイクルの部分は大きな大義といいますか、大事な部分で、もう少しグレーな部分といいますか、楽な部分で、やはり市民の意見の、例えば丹生川地区でやったら、今度の丹生川の意見交換会は東部地区でやってくださいよとか、朝日地区だったら、今度は秋神地区でやってくださいというような幅広い中で、逆に言えば、1回ぐらいはがやがや会議くらいの、何でも言えるよと、何でも話し合いたいよと、将来、この地区、この高山東部なら東部地区をどうしたらいいかというようなことを言えるような、ちょっと肩の荷がおりたような意見交換会も模索していかないと、市長がやる、市長と市民との語る会と同じような整合性になっちゃうと、何をやっておるんだと、両方一緒にやれよということになりかねませんので、議会独特の形成サイクルの部分と、もう一つは、肩の荷を軽くおろして、いろんなことをみんな言おうよと。  だから、そういうことになると、専門の議員でなくても、新人議員さんがいても、十分そういうことはキャッチボールできますので、逆に、新しい目線で聞けるという部分がありますので、余りこだわらない部分と両方、ちゃんと今からやらないと、市民意見交換会がちょっと市民からかけ離れていきますので、そこら辺はやっぱりもう一回、みんなで検討して、精度を高めたほうがいいんじゃないかというふうに思いますので、また、お互いに考えて前へ進みたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。 ◆牛丸尋幸委員 3ページの取扱手順の6番目、執行機関との関係のことで、これ、市長側に回答せよということをある程度義務づけていこうとすると、やっぱり何か規則か何かでルールづくりをしておいたほうが、これだけのものだけではいかがなのかなという感じがしますので、基本条例までは入れるのかどうかわかりませんけど、何かでちょっとルールづくりをしておいて、こういうことができることにしておいたほうがいいのかなという気がしますけれども。 ○車戸明良委員長 また、そういう検討の中に入れてください。  それでは、これは随分議論しなければなかなか難しい問題ですし、やっぱり市民ベースで物事を考えたりせんならん部分が非常にあるし、それから、24人、全市1区のこの全市1区という広い地域を担っている市民意見交換会となると、逆に言えば、手の届きにくいところへ我々が出向いていって市民の意見を聞くという、そういうベースも、議会の中で、優しさの部分も何かの形で今後考えていかんならんと。  分野別もいいですけど、分野別で専門分じゃなくて、手の届かないところ、意見を言いにくいところの場所へわざわざ行ってやるということが、やっぱりどこかで構築をしていかんならんなというふうなことも出てきますので、またみんなで検討をして進めたいというふうに思います。  それでは、事件3につきましての、今のことは、手順につきましては、このような形で随時検討していただくということで、この件については終了したいと思いますが、よろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 続きまして、分科会長、広報広聴委員長の報告。3の4、説明会の開催についてを少し議論したいと思いますので、よろしくお願いします。 ◆小井戸真人委員 私、小委員長という立場でちょっと皆さんの合意をいただきたいというふうに思っています。この一月かけまして、基本条例の案をつくらせていただく予定になっております。それを、市民の皆さんにどういった形かでお知らせをしなくちゃいけない。当然、ホームページにも掲載しますけれども、ただ、その日程的なもので、どのような形で市民の皆さんに、どのような時期も含めて、時期も含めてどのような形で市民の皆さんにお示しをするのかということについて、きょう持って出られればよかったんですけれども、まだちょっと具体的に方針が決まっていないというところがございます。  したがいまして、これは全体会で諮って合意をいただくというのが前提かというふうに思いますけれども、もうある程度、準備も進めていかなくちゃいけない。2月といいますと、もう1か月後ということになりますので、2月中には開催するという、その説明会ということになりますと、もう準備もしていかなくちゃいけないということですので、できましたら、その時期、方法について、第1分科会、さらにはそういった市民の関係することに関しましては、広報広聴委員会も当然かかわってまいりますので、そちらのほうにお任せをいただいて、検討させていただきたいということをちょっと御確認して、第1分科会及び広報広聴委員会のほうでお任せをいただくという形です。  ただ、意見交換会みたいに、市民の皆さんから出た意見を反映させようと思っても、もう既にその段階ではかなり厳しいもの、大きな変えなくちゃいけない課題が出てくれば、当然、それは3月の上程に向けて修正は必要かというふうに思いますけれども、趣旨としては、どちらかというと、この基本条例の説明というような形になろうかと思います。市民の皆さんに、こういったものを私たちはつくっているんだという、趣旨としては説明というような形になりますので、今回、設営会の開催ということにさせていただいておりますが、そのあたりも踏まえて皆さんの合意をいただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。 ○車戸明良委員長 前も、かねてからこの基本条例をつくる場合、市民の声をどうするのかということで、市民意見交換会へも提示をしておりますが、今度は、大体素案が出てまいりますので、それを、小井戸小委員長のほうは市民に説明する会をどこでか設けたいという、その検討に入ってもいいのかということで、第1分科会と広報広聴委員会で検討をするということで、説明して意見を聞く会というふうなことをやりたいが、そんな方向でいいかということですが、どうですか。よろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、議会基本条例についての市民への説明会の開催については、第1分科会、それから、広報広聴委員会に検討していただくということで御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それじゃ、そのような方向で進めます。  続きまして、事件4、分科会長、広報広聴委員長の報告をお願いいたします。  第1分科会長。 ◆小井戸真人委員 報告書の1ページをごらんいただきたいというふうに思います。そこの1番ですけれども、専門家の意見聴取ということで、今、この基本条例の案をつくらせていただいて、これが法的に見てどうなのかというようなことも含めて、専門家の意見を聞かせていただくということで進めさせていただいております。  この件につきましては、昨年、議員研修会で講演していただきました鈴木先生のほうからの御紹介で、こちらに記載されております名古屋大学の大学院の法学部教授、市橋克哉先生という方を紹介していただきまして、1月に入ったところで、事務局のほうから伺っていただきまして、御依頼、また御指摘もいただいております。  今、御検討をいただいて随時やりとりもさせていただいておりますが、最終的にこちらのほうでまとめましたものにつきまして、2月4日に、第1分科会正副分科会長が先生のもとにお伺いをいたしまして、御指導いただくということで進めさせていただいておりますので、よろしくお願いしたいと思います。 ○車戸明良委員長 続きまして、第2分科会長。 ◆水門義昭委員 この時間でどうなのか、あれなんですが、ちょっとお願いしたいこともあります。  きょうの報告書の4ページをお願いしたいと思いますが、まず、全員審議会につきまして、ここまでにつきまして、先ほど議論もしていただきました。3番、4番、5番、6番、7番とあるわけですけど、3番につきましては、委員長連絡会議がどうあるべきなのか。それから、議会運営委員会がどうあるべきなのかということで、委員会という担当がありますので、その辺を、話し合いをさせていただきました。  それで、特に1人会派のことにつきまして、前回も会派の趣旨としては第1分科会のほうでやっていただいておるんですが、議会運営委員会としては、どういう体制がいいのかということで議論をしました。  3番の丸をちょっと見てもらいますけど、体制はこれまでどおりとするというのは、委員長連絡会議も議会運営委員会も今までどおりでいいのではないかということです。2つ目の丸ですが、会派は、1人会派の方々は諸派として、1人を議会運営委員会のメンバーに加えたらどうかと。1人会派が何会派あろうとも、諸派として1人とする。1人会派が例えば5つも6つも7つもあったとしても、その中で1人が代表として議会運営委員会のメンバーとして出ていただいたらどうかと。  今までもそういう話があったようですが、できれば今年度中にこれをルール化して、まとめて、次年度の改選期後にも加えていったらどうかということです。  主な意見もここのところで挙げておりますが、委員長連絡会議で、4常任委員会の委員長説明を一度に行うことが、本質的にいいのか悪いのか。自分と関係ない委員会で質問できないし、時間もかかるというようなことで、委員長連絡会議で議案説明という話もありましたが、これは無理ではないかということもありました。  そういうことで、幾つか意見がありますが、まず、会派としての議会運営委員会に出る場合、1人会派の場合は諸派として扱ったらどうかということを、議論をお願いしたいということです。  それから、どうしたらいいんでしょうか、順番に話をして。 ○車戸明良委員長 全部言ってください。 ◆水門義昭委員 4つ目ですが、一問一答方式についてということで、一問一答方式を採用する場合は、これも改選期後ですが、理事者側の答弁も含めて一問一答方式の場合は、全部で60分ならどうかと。答弁も質問も含めて60分。  これまでの質問方式を選択する場合は、今までどおりの40分、5回の質問という制限も、これまでどおりでやったらどうかと。代表質問制は、現在は取り入れなくていいのではないかと。自分たちで会派の中でも代表としてということは今までもありましたので、それはそれなりに続けていっていいのでないかと。改めて代表質問制は、取り入れる必要はないのではないかということです。  市長、教育長はその都度登壇し、これは一問一答方式の場合ですが、その他の部長は自席で答弁する。来年度に向けて議場の改装も行われるようですが、一問一答方式を採用する場合については、質問席を設けますので、そこで質問をしていただいて、60分ということでお願いしたいと思います。  それから、5ページ目の反問権についてですが、反問権を与える者は市長等とするというふうにしたらどうかと。今までは、反問できる人を、市長、教育長、教育委員長にという形で考えておりましたが、条文の前に、その前に市長等という言葉が出てきております。その中で、基本条例ではそういうふうにうたっていますので、わざわざここで市長とか教育長、教育委員長と限定しなくても、常識的には、市長が議長の許可を得て反問をできるというふうになりますので、改めて、市長、教育長、教育委員長に限定しなくてもいいんじゃないかということです。  万が一、そういうことが出てきても、我々は堂々と受ければいいのでないかというような御意見もありました。  そういうことで、反問権については、反問権を与える者は、今までは限定しておりましたが、市長等でいいのではないかという合意でありました。  6つ目、議会基本条例の中の議決事件だったと思いますが、丸のところを見てもらいたいと思いますが、基本条例に根拠規定を置き、別条例で制定しますと。議決の追加事項は基本構想に基づき作成する基本計画とするということをまず挙げておきまして、これは別条例でありますが、必要に応じて改正をしていければいいのではないか。基本条例を改正するのではなくて、別条例の議決事件の条例をつくりまして、それについて変えていったらどうかということで、その条例案は、次回までにまた提出させていただきたいと思います。  それから、7番目、専門的知見の活用についてということで、現状は、高山市で適用しております旅費規程等でしか謝礼が払うことができませんので、基本条例、また、その中で要綱をつくりまして、謝礼基準に関してをつくりまして、旅費やら、それから、日当というのを出していくべきではないかということで、これも検討中ですので、済みません、7番は、また次回に提出させていただきますのでお願いします。できましたら、5番まで御意見をいただきたいと思いますが、お願いいたします。 ○車戸明良委員長 それでは、報告が第2分科会からありましたように、委員長連絡会議はこれまでのとする。議会運営委員も今までどおりとする。  それから、今まで委員外議員として出席を認めていた1人会派のメンバーは、1人、諸派という形で1人を加えるということです。そういう形でルール化したらどうかというふうですが、これについて御意見はありませんか。 ◆牛丸尋幸委員 1つだったらどうなるんです。 ◆水門義昭委員 その議論もありました。1人の場合は出ません。2つ以上の1人会派があっ た場合には、代表で1人出るということです。 ○車戸明良委員長 委員外議員ということですね。1人の場合は、委員外議員。2人以上の場合はグループとして認めて、1人議会運営委員を出すということですか。 ◆水門義昭委員 はい、諸派として。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、その委員外議員で出られるのは、例えば諸派で出てきた人がいる場合は、その他の人は委員外議員で出られるの、出られないの。 ◆水門義昭委員 委員外議員という場合は、1人会派が1人の場合。あと、1人会派が2つ以上出た場合には、諸派として、どんなに諸派があっても1人が出ていただくと。1人代表で出ていただくという案でございます。 ◆牛丸尋幸委員 例えばさっきの説明だと、何人みえても1人しかだめと言われたのは、それは、そうだけど他の会派との扱いでいくと、ちょっと不公平じゃないの。1人の権利、議員の権利からいくと、例えば、会派の人数がふえてくると、2人、3人出てこられるわけでしょう。それは、1人の議員の権利からいって、そういうふうになっているんだけど、何で、1人会派だけそういう権利を弱めるわけなの。 ◆水門義昭委員 権利を弱めているわけではなくて、権利を余計ふやしておるわけですけど、今までは委員外議員だったんですが、今回はメンバーとして、議会運営委員会のメンバーとして出ていただくという形で、諸派という形で意見もちゃんと出してもらいますし、委員外議員という扱いではないふうにしていったほうがいいのではないかということです。 ◆牛丸尋幸委員 だから、今までよりは進むけど、本来のあり方からいっても、まだ後退しておるんじゃないかという論議をしておるの、僕は。  だから、本来の1人の権利からいけば、例えば、1人会派が3人とか4人みえたら2人出すとかという、それが対等な考え方じゃないんですか。  何でそこだけ議員の権利を縮めるのかという、そこを僕は問題にしておる。 ◆藤江久子委員 私も、第2分科会メンバーですけど、今のを認めたわけではなくて、議論中でこういった意見が多くあったと。大きい会派の方からの意見がこうやってあったというだけで、第2分科会で全部で合意しているわけではありませんので、私も今、牛丸委員がおっしゃってくださったようなことは主張して、1人会派であれば、来年度以降、もし入るようなことになれば主張していきたいなと思っていますし、来年度のメンバーがどうなるかわからない時点で、今、ここまで決めるべきではないというふうには思っています。 ◆丸山肇委員 先ほど牛丸委員がおっしゃったので、繰り返しになりますけれども、なぜそこで諸派だけを人数を無視して1人に抑えてしまうのかというところが、非常に今までおっしゃっていたことと整合性がないわけですよ。片方では、そういう1人の会派に特別な権利を与えると、それは多数の人が所属される会派とのバランスが悪くなっておかしいことになるとおっしゃっているにもかかわらず、片方では、そうやって抑えられるというのは整合性がないことだなと思ってお聞きしたわけです。 ○車戸明良委員長 この辺も、今、そういう議論がなされるということで、今後検討したり、また全体で会派についての、特に会派よりも議運の体制ということです。ただ、ここの申し合わせ事項の中で、高山市議会は会派制をとるという原則があり、会派というのは2人以上という原則を定めている限り、今のような、水門委員の報告されたようなことは、おのずとして出ることが必然になってきているということですね。ただ、それと、今の言ったように、議会運営をどうするかという形になると、また別枠になりますけれども、そういうことを踏まえて、今後、議会運営のあり方も、もう少し議論をしなきゃならんなというふうになりますので、よろしくお願いします。 ◆牛丸尋幸委員 委員長が今言われたので間違っているのは、会派は1人以上認めておる、政務調査費で。だから、高山市は、1人以上を会派にしておるんだから、議運のメンバーだけのことで言うだけで。 ○車戸明良委員長 申し合わせ事項と言ったでしょう。 ◆牛丸尋幸委員 会派ということでは認めておる。 ○車戸明良委員長 だから、申し合わせ事項の中では、そういうふうにしているんだよと。それを、議運の申し合わせ事項を変えなければできませんよということを言っているんです。そうでしょう。これについては、議論をまた深めてもらいたいというふうに思います。  3の一問一答につきましては、ここに、これも合意は検討中ということでしたけれども、一問一答を選択する場合は、理事者の答弁を含めて60分、これまでの選択をされる場合は40分、5回原則ということです。  それから、代表質問性は取り入れない。市長、教育長は一問一答の場合、登壇するが、ほかの部長は自席で答弁するという、こういうようなルール化したらどうかということで、今、議論中だということですが、どうですか。 ◆牛丸尋幸委員 1つは、幾つか言いたいことはあるんだけど、1つは、何で一問一答、質問時間40分ということではだめなの。同じようにしないと、一問一答でやろうが何であろうが、質問時間は40分ということですれば、それでいいのではないの。 ◆水門義昭委員 いろいろ意見もありましたけど、何度でも質疑ができるということになると、ほとんど倍かからんかと。40分あれば倍かからんかということで、そうすると、時間的な部分もあるので、他市も見てみますと、大体一問一答方式をやられているところは、1人に対して60分というのがありましたので、そういう意見が合意されました。 ◆牛丸尋幸委員 そうすると、根拠はないということだね。そうではないかというだけだわね。だから、延びるか延びんかを、一度やってみるとか、どのくらいになるのか。一度、その辺は検証してみないと、一問一答が長くなるということが本当にあり得るのかどうなのかは、僕はちょっとわからないと思うんだけど、だから、その辺が、答弁を長々とされると、質問できないんですよ、前の弊害が。だから、一問一答にすれば、そういう弊害がなくなるかといったら、そういう根拠は何もないので、そこの辺もぜひ考えていただかないと、答弁をべらべらしゃべられると、質問時間がなくなっていくようなことがあって、今までに。それを、質問時間だけに区切ろうという、やってきた経過があるわけですから、ぜひその辺も検討してほしいなというのが1つですね。  それから、もう一つは、反問権を認めるので、反問権は加えないか何かにしてもらわないと、反問権に答えるために質問時間がなくなっては困るので、これはやっているんですよ、ほかの伊賀かどこかは。反問権については時間を含めないとかとやらないと、反問権は認めておきながら、それで時間をとられては、質問の権利が狭められるので、それは、よそでも反問権を認めておるところはそういう考慮はしているので、それは検討してほしいということですね。  それから、もう一つは、このやり方でいくと、要は、今までのような一括質問方式の場合は、議員も登壇する、理事者側も、市長、教育長、部長もみんな登壇してやると。そのかわり、一問一答方式になると、議員は登壇せずにこっちでやって、答弁者も、登壇するのは市長と教育長だけで、あとはみんな自席でという、そういう使い分けをするという意味だね。 ◆水門義昭委員 そのとおりです。 ◆村中和代委員 私も、一問一答方式の理事者の答弁も含めてというところに疑問を持ちます。やっぱり質問者の時間の確保だけはする必要があるんじゃないかと思いますので、よろしくお願いします。 ◆杉本健三委員 一問一答になりますと、例えば50秒で切ったり、1分25秒で切ったりとかなりますと計算をしにくいものですから、やっぱり含めて60分のほうがいいということでございます。 ◆牛丸尋幸委員 やりにくいの。だから、事務局に聞いておるの、事実なのかというの、それが。とめるだけでしょう、ストップウオッチを。違うのかね。 ◎野川議会事務局長 具体的には検証しないとわかりません。今現在、ストップウオッチではかってやっているわけではないものですから、アナログというか、それで入り切りの中で、機械的に合計をして40分を出しているという状況ですので、その何秒までのところを詳しくやるということが果たしてできるのかどうなのか、それはちょっとやってみないとわかりません。 ◆牛丸尋幸委員 だから、あれはボタンをとめるか動かすかだけでしょう、事務的には。ただ、それが正確な時間かどうかがわからんと、そういう意味でしょう。  事務的にはボタンを押すだけよ、とめるか動かすか。 ◎野川議会事務局長 厳密なことを言われると、この押す人によって、0.何秒とか、そういうことも出てきますので、ここが切れ目とか、そういうところの正確性に、それが何回も重なってくるとタイムロスが出てくる可能性が出てくる。だから、実際にやってみないとわからないということです。 ◆牛丸尋幸委員 だから、杉本委員が言ったのとは違うという。その正確性がないかもしれんというだけでしょう。それでも、合意しておけばそれで済むわけでしょう。
    ◎野川議会事務局長 そうですね。 ◆牛丸尋幸委員 手間的に面倒くさいわけじゃないんでしょう。時間が正確かどうかだけの話でしょう。 ○車戸明良委員長 そういうことも含めて、ちょっと精査します。  ただ、一問一答の場合を、我々議員もそうですし、一般の人も勘違いして、国会の予算委員会と同じふうにダブらせちゃうと、例えば、市長答弁、もう一回答弁してくださいよと出ていって、こっちが3秒ほどいって戻って、向こうは答えんならんという、あの想像すると、やはり今みたいなことが出てくるんです。  ところが、こちらの良識があって、一問一答を利用させてもらうけど、しっかりした質問で、内容で、こうこうこうで、もう一回聞きたいんですとか、1回やればいいんですけれども、そこの精度が高まらないと、今みたいなロスとか、逆に今、牛丸委員が指摘されましたように、市長側がべらべらと30分も演説しちゃうと、それはやはり質問時間を奪われるというような、両方リスクがあるというのが、一問一答方式というのは事例がいっぱい上がっていますので、ここら辺はもう一回精査をせんならんということがありますので、皆さんも何かいい意見とか指摘があったら、またその都度、第2分科会のほうへ御指摘いただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。 ◆牛丸尋幸委員 もう一つは、一問一答ですけど、例えば5つの問題を通告しておいて、1つの問題について3問ぐらい質問すると。答弁があると、もう一回3問ぐらい質問すると。関連するといって、このこと、それに関連してこういうこともあるが、もう一つ関連してこうといって、1つの問題の中での3問ぐらい質問して、答弁受けると、これを何回かやると。  次の2問目の問題で、またそういってやるという、こういうこともできるわけでしょう。一問一答方式の中には、それも含めてくれるということでいいんでしょう。とにかく、一問しか言うなということじゃなくて、何回か質問し、答弁を受けるという、こういう形にすることを一問一答方式とするという考え方でいいわけでしょう。 ○車戸明良委員長 そういうふうになると思いますので、もう少しルール化すれば、通告制ということがありますので、ひょっとしたら、そんなに時間の問題も心配しなくてもできる可能性は大きいかなというふうに思いますので、もう少し精査をして、ちょっとやらないかんなというふうですので、また一問一答がいいのか、今までどおりでいいのかということも、また御意見があったら出していただきたいというふうに思いますので、お願いいたします。  続きまして、いろいろ反問権も出てきましたが、こんなようなふうで、検討中ということでよろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それじゃ、出た意見をもとに、また2分科会で検討していただきたいというふうに思います。  次に、3分科会長、溝端分科会長、その後、何か報告することがありましたか。よろしいですか。何か市民のほうから意見があったとかということもないでしょうか。ないですか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、広報広聴委員会、もし連絡事項がありましたらお願いします。 ◆木本新一委員 2回の意見交換会の抽出課題、それぞれ委員会で出していただきました。ありがとうございました。  きょう午後の委員長連絡会議で決定させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたしたいと思います。  それから、政策討論会でございますけれども、2月の中旬、22日あたりを基準に、きょう、委員会のほうで検討させていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。  また、広報のほうですが、1月30日に発刊を目指して、第2号、広報グループ、汗をかきながら、年始から取り組んでおります。皆さん方の御協力もいただきまして、今、校正中ということでございまして、特に題字につきましては、丹生川小学校5・6年生、99点の出品がありまして、そこから最終的には議長に選んでいただいて、決定しているということでございます。そういう状況でございますので、よろしくお願いいたします。  以上です。 ○車戸明良委員長 ほかにございませんか、何か連絡。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、4は以上のようで終了します。  続きまして、5、その他に入ります。  次回の日程ですが、議会基本条例のことが、2月中に素案を出さなきゃならんという状況に差し迫っておりますが、1月24日月曜日、9時半ころに開催しないと間に合わないのではないかということで分科会長から伺っておりますので、どうしても1月24日月曜日、9時半から開催をしたいと思いますが、よろしいですか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 それでは、二十四日市というのは恒例の行事もありますが、24日、午前9時半、できる限り議論はスピードアップして、午前中には終了するような形をとっていきたいと思いますので、御協力いただきたいというふうに思います。  ほかにございませんか。事務局、いいですか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○車戸明良委員長 以上をもちまして、議会改革等に関する特別委員会を閉会といたします。      午後0時36分 閉会  以上のとおり記載して、その相違ないことを証するため、高山市議会委員会条例第28条の規定によりここに署名する。    委 員 長...