運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 岐阜市議会 2015-09-01
    平成27年第4回(9月)定例会(第6日目) 本文


    取得元: 岐阜市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-16
    ▼ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 開  議  午前10時1分 開  議 ◯議長(竹市 勲君) これより本日の会議を開きます。  本日の日程はお手元に配付申し上げたとおりであります。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第1 会議録署名議員の指名 ◯議長(竹市 勲君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において27番國井忠男君、28番高橋 正君の両君を指名します。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第2 第87号議案から第34 請願第6号まで ◯議長(竹市 勲君) 日程第2、第87号議案から日程第34、請願第6号まで、以上33件を一括して議題とします。            ───────────────────              〔議 案 等 掲 載 省 略〕            ───────────────────            総 務 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規 則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
    ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第87号議案 │平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳入                     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第2款 総務費               │        │ │       │ 第2条 地方債の補正              │        │ │第90号議案 │岐阜市行政手続における特定の個人を識別するための │原案のとおり可決│ │       │番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に │        │ │       │関する条例制定について(総務)          │        │ │第92号議案 │岐阜市職員定数条例の一部を改正する条例制定につい │原案のとおり可決│ │       │て                        │        │ │第93号議案 │岐阜市職員の再任用に関する条例等の一部を改正する │原案のとおり可決│ │       │条例制定について                 │        │ │第95号議案 │特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条 │原案のとおり可決│ │       │例制定について                  │        │ │第96号議案 │非常勤の特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例 │原案のとおり可決│ │       │の一部を改正する条例制定について         │        │ │第97号議案 │岐阜市職員旅費条例の一部を改正する条例制定につい │原案のとおり可決│ │       │て                        │        │ │第98号議案 │特別職の職員等の退職手当に関する条例の一部を改正 │原案のとおり可決│ │       │する条例制定について               │        │ │第102号議案│岐阜市みんなで創り守り育てる地域公共交通条例制定 │原案のとおり可決│ │       │について                     │        │ │第113号議案│平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算 │認      定│ │       │認定について                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市一般会計歳入歳出決算     │        │ │       │  歳入                     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第1款 議会費               │        │ │       │   第2款 総務費               │        │ │       │    ただし、第6項 企画費については所管分  │        │ │       │   第9款 消防費               │        │ │       │   第12款 公債費              │        │ │       │   第13款 諸支出金             │        │ │       │   第14款 予備費              │        │ │       │ 平成26年度岐阜市競輪事業特別会計歳入歳出決算 │        │ └───────┴────────────────────────┴─────────┘  平成27年9月28日                       総務委員長  須 田   眞  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────          総 務 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書  本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条 第1項の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第5号                            │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │件     名│治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願      │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成27年9月4日                        │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市長良618-6                       │ │住所・氏名  │治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟 岐阜支部代表 上野芙美     │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│松原徳和、服部勝弘、田中成佳、高橋和江、井深正美、原 菜穂子、  │ │       │堀田信夫                             │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                              │ └───────┴─────────────────────────────────┘  平成27年9月28日                       総務委員長  須 田   眞  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────          経 済 環 境 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規 則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第113号議案│平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算 │認      定│ │       │認定について                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市一般会計歳入歳出決算     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第2款 総務費中              │        │ │       │    第6項 企画費中所管分          │        │ │       │   第4款 衛生費中              │        │ │       │    第3項 環境事業費            │        │ │       │    第4項 自然共生費            │        │ │       │   第5款 労働費               │        │ │       │   第6款 農林水産業費            │        │ │       │   第7款 商工費               │        │ │       │ 平成26年度岐阜市廃棄物発電事業特別会計歳入歳 │        │ │       │ 出決算                     │        │ │       │ 平成26年度岐阜市食肉地方卸売市場事業特別会計 │        │ │       │ 歳入歳出決算                  │        │ │       │ 平成26年度岐阜市観光事業特別会計歳入歳出決算 │        │ │       │ 平成26年度岐阜市ものづくり産業集積地整備事業 │        │ │       │ 特別会計歳入歳出決算              │        │ │第115号議案│平成26年度岐阜市中央卸売市場事業会計決算認定に │認      定│ │       │ついて                      │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘  平成27年9月28日                     経済環境委員長  石 井 浩 二  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────            厚 生 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
    則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第87号議案 │平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第3款 民生費               │        │ │第88号議案 │平成27年度岐阜市介護保険事業特別会計補正予算  │原案のとおり可決│ │       │(第1号)                    │        │ │第91号議案 │岐阜市行政手続における特定の個人を識別するための │原案のとおり可決│ │       │番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に │        │ │       │関する条例の一部を改正する条例制定について(厚生)│        │ │第99号議案 │岐阜市手数料徴収条例の一部を改正する条例制定につ │原案のとおり可決│ │       │いて                       │        │ │第100号議案│岐阜市印鑑条例の一部を改正する条例制定について  │原案のとおり可決│ │第101号議案│岐阜市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部 │原案のとおり可決│ │       │を改正する条例制定について            │        │ │第113号議案│平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算 │認      定│ │       │認定について                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市一般会計歳入歳出決算     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第2款 総務費中              │        │ │       │    第6項 企画費中所管分          │        │ │       │   第3款 民生費               │        │ │       │    ただし、第7項 市民参画費については所管 │        │ │       │    分                    │        │ │       │   第4款 衛生費中              │        │ │       │    第1項 保健衛生費            │        │ │       │    第2項 保健所費             │        │ │       │   第10款 教育費中             │        │ │       │    第1項 教育総務費中所管分        │        │ │       │    第8項 社会教育費中所管分        │        │ │       │    第9項 保健体育費中所管分        │        │ │       │ 平成26年度岐阜市国民健康保険事業特別会計歳入 │        │ │       │ 歳出決算                    │        │ │       │ 平成26年度岐阜市母子寡婦福祉資金貸付事業特別 │        │ │       │ 会計歳入歳出決算                │        │ │       │ 平成26年度岐阜市介護保険事業特別会計歳入歳出 │        │ │       │ 決算                      │        │ │       │ 平成26年度岐阜市後期高齢者医療事業特別会計歳 │        │ │       │ 入歳出決算                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市育英資金貸付事業特別会計歳入 │        │ │       │ 歳出決算                    │        │ │第114号議案│平成26年度岐阜市民病院事業会計決算認定について │認      定│ └───────┴─────────────────────────┴────────┘  平成27年9月28日                       厚生委員長  石 川 宗一郎  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────            建 設 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規 則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第87号議案 │平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第8款 土木費               │        │ │第103号議案│岐阜市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定につ │原案のとおり可決│ │       │いて                       │        │ │第104号議案│岐阜市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施 │原案のとおり可決│ │       │設の用途及び規模を定める条例の一部を改正する条例 │        │ │       │制定について                   │        │ │第107号議案│工事請負契約の締結について(荒田論田排水機場機械 │原案のとおり可決│ │       │設備工事)                    │        │ │第109号議案│工事請負契約の変更について(岐阜公園三重塔修復工 │原案のとおり可決│ │       │事)                       │        │ │第112号議案│市道路線の認定及び廃止について          │原案のとおり可決│ │第113号議案│平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算 │認      定│ │       │認定について                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市一般会計歳入歳出決算     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第8款 土木費               │        │ │       │   第11款 災害復旧費            │        │ │       │ 平成26年度岐阜市土地区画整理事業特別会計歳入 │        │ │       │ 歳出決算                    │        │ │       │ 平成26年度岐阜市駐車場事業特別会計歳入歳出決 │        │ │       │ 算                       │        │ │第116号議案│平成26年度岐阜市水道事業会計決算認定について  │認      定│ │第117号議案│平成26年度岐阜市下水道事業会計決算認定について │認      定│ └───────┴─────────────────────────┴────────┘  平成27年9月28日                       建設委員長  富 田 耕 二  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────            文 教 委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規 則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第87号議案 │平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第10款 教育費              │        │
    │第89号議案 │岐阜市附属機関設置条例の一部を改正する条例制定に │原案のとおり可決│ │       │ついて                      │        │ │第94号議案 │岐阜市教育委員会教育長の勤務時間、休日及び休暇並 │原案のとおり可決│ │       │びに職務に専念する義務の特例に関する条例制定につ │        │ │       │いて                       │        │ │第105号議案│岐阜市教育委員会委員定数条例の一部を改正する条例 │原案のとおり可決│ │       │制定について                   │        │ │第106号議案│岐阜市スポーツ交流センター条例制定について    │原案のとおり可決│ │第108号議案│工事請負契約の締結について(加納小学校プール建築 │原案のとおり可決│ │       │主体工事)                    │        │ │第110号議案│工事請負契約の変更について(長良西小学校北舎建築 │原案のとおり可決│ │       │主体工事)                    │        │ │第111号議案│工事請負契約の変更について((仮称)柳津体育館建 │原案のとおり可決│ │       │築主体工事)                   │        │ │第113号議案│平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算 │認      定│ │       │認定について                   │        │ │       │ 平成26年度岐阜市一般会計歳入歳出決算     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第2款 総務費中              │        │ │       │    第6項 企画費中所管分          │        │ │       │   第3款 民生費中              │        │ │       │    第7項 市民参画費中所管分        │        │ │       │   第10款 教育費              │        │ │       │    ただし、第1項 教育総務費については所管 │        │ │       │    分                    │        │ │       │    ただし、第8項 社会教育費については所管 │        │ │       │    分                    │        │ │       │    ただし、第9項 保健体育費については所管 │        │ │       │    分                    │        │ │       │ 平成26年度岐阜市薬科大学附属薬局事業特別会計 │        │ │       │ 歳入歳出決算                  │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘  平成27年9月28日                       文教委員長  田 中 成 佳  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ───────────────────          文 教 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書  本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条 第1項の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第6号                            │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │件     名│非核平和都市宣言を行い、日本非核宣言自治体協議会への加盟を求める │ │       │請願                               │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成27年9月4日                        │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市黒野471-1                       │ │住所・氏名  │別処雅樹                             │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│服部勝弘、田中成佳、高橋和江、松原徳和、井深正美、原 菜穂子、  │ │       │堀田信夫                             │ ├───────┼─────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                              │ └───────┴─────────────────────────────────┘  平成27年9月28日                       文教委員長  田 中 成 佳  印   岐阜市議会議長  竹 市   勲 様            ─────────────────── ◯議長(竹市 勲君) これら33件の各常任委員会における審査結果の報告を求めます。経済環境委員長、8番、石井浩二君。    〔石井浩二君登壇〕 ◯8番(石井浩二君) おはようございます。    〔「おはようございます」と呼ぶ者あり〕  経済環境委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る9月24日、25日及び28日の3日間にわたり委員会を開会し、付託されました議案2件について慎重に審査いたしましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてのうち、本委員会所管分についてであります。  質疑で交わされました主な議論を申し上げます。  まず、農林水産業費に係る質疑では、本市の地産地消推進における取り組みの概要について説明を求められるとともに、地産地消推進の店として認定された店舗の確認方法を問われたところであります。  また、有害鳥獣捕獲に関して、捕獲の主体となる岐阜市猟友会への支援内容を尋ねられたほか、会員の高齢化を懸念された上で、当局の対応方を問われたところであります。  続いて、商工費に係る質疑について申し上げます。  まず、長良川定期航路船運航実験では、乗船客の感想及び岐阜城や長良川うかいミュージアムを初めとする観光施設への周遊効果を尋ねられるとともに、当該実験の結果を踏まえた今後の取り組みについて問われたところであります。  また、中心市街地活性化イベントに関して、実施したイベントの継続、廃止等に対する当局の検証方法を確認されたのであります。  次に、衛生費に係る質疑について申し上げます。  まず、東部クリーンセンター一般廃棄物仮置場用地測量に関し、本市は多くの未利用地を抱えている中、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に係る当該用地の購入に疑問を呈されるとともに、取得価格の算定方法及び住民への説明状況を尋ねられたのであります。  また、衛生施設組合負担金及び施設管理に関連して、岐阜羽島衛生施設組合における新たなごみ処理施設候補地の選定状況及び掛洞プラントの今後のあり方を問われるとともに、同組合が市内に設置している岐阜羽島衛生センターのごみ処理施設の耐用年数を尋ねられたところであります。加えて、同衛生センターで焼却処理される本市のごみ量は、本市全体の約5%である現状から、本市のごみ処理のあり方について検討を求められたのであります。  大略、以上のような質疑の後、討論へと移行したところ、本件を認定できないとする立場の一委員から、東部クリーンセンター一般廃棄物仮置場用地測量に関し、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に係る当該用地を、市民に注意を促す立場である行政が購入し活用することは、土砂災害防止法の理念に相反し、市民の警戒心を弱めることにつながりかねないとの懸念を示されたのであります。  一方、認定の立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見及び要望が述べられたのであります。  まず、農産品創出支援については、農商工連携及び6次産業化の推進を図るため、既存の完熟イチゴを利用した取り組みに加え、枝豆の新たな活用方策など、一層の充実強化を求められたのであります。  次に、有害鳥獣捕獲に関連して、当局の施策を評価された上で、有害鳥獣対策への新しい切り口となるジビエ料理への活用について、当局の検討方を求められたのであります。  また、企業立地促進については、制度の重要性を評価され、一層の取り組み強化を要望されたのであります。  続いて、中心市街地活性化イベントに関して、中心市街地のにぎわいの復活が本市の最重要課題の1つであることから、効果的な事業の企画及び継続について、当局の努力方を求められたところであります。  次に、シルバー人材センター育成に関し、同センターに依頼される作業に求められる技能と会員の技能との間にミスマッチがあると述べられた上で、当局に対し会員のスキルアップにつながる対策の実施を求められたのであります。  続いて、長良川温泉泊覧会実行委員会に助成している滞在型観光資源発掘育成事業補助金は、本市の観光政策の中心となる鵜飼事業への波及効果が十分に及んでいないことに触れられた上で、費用対効果を検証し、補助金交付に努めるよう求められたのであります。  また、観光振興に関連して、本市と信長公に係る歴史を生かし、観光拠点の1つである岐阜公園について、商工観光部のさらなる関与を求められたところであります。  さらに、ごみ減量対策に関連して、ごみ減量・資源化指針2011に掲げた基本施策を推進するための5つの作戦のうち、作戦5のごみ処理有料化制度の導入を行う前に先んじて行うべき取り組みであるほかの4つの作戦について、市民への啓発等、着実な進展を要望されたところであります。  加えて、騒音、振動対策として実施している工場への立入検査に関して、生活環境の保全という観点から、取り組みの継続を求められたのであります。  また、岐阜市版レッドリスト・ブルーリスト作成において、アユが選定されたことに伴い、水産及び観光業への影響を憂慮する声があることを述べられた上で、当局に対して解決に向けた検討方を要望されたのであります。  続いて、観光事業特別会計についてであります。  まず、平成26年4月1日に観覧船運賃を改定したことに関し、旅行客が増加するのは5月以降であるため、今後の運賃改定の実施は、周知期間を考慮した時期とすることについて当局の検討方を求められたところであります。  また、観光事業に関連して、岐阜市が長良川鵜飼の魅力を広めるため、本市にゆかりのある著名人に委嘱している長良川鵜飼大使は、平成18年度以降新たに委嘱していない状況を指摘された上で、積極的な委嘱を求められた次第であります。加えて、岐阜市鵜飼観覧船事業のあり方検討委員会では、PFIなど、さまざまな分野に特化した専門家を選任していることから、委員の意見を尊重して検討するよう求められたのであります。  かかる討論を経て本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  続いて、第115号議案平成26年度岐阜市中央卸売市場事業会計決算認定についてであります。  質疑においては、冷凍魚の取扱数量が対前年度比で減少した主たる要因を確認されたほか、温度管理した状態で競りなどを行う、いわゆるコールドチェーン化へ向けた施設改修の検討など、今後の中央卸売市場のあり方について問われたのであります。  その後、討論へと移行したところ、中央卸売市場の取扱数量を将来にわたって維持していくための方策として、全国の事例を研究するとともに、関係団体と連携し、インターネットを活用した販路の拡大についての検討方を求められたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって認定すべきものと決しました。  以上が審査結果の大略でありますが、このほか、本委員会は岐阜市長良川鵜飼伝承館における指定管理者との協議状況について所管事務調査を行ったところであります。  商工観光部から、当該施設の運営に関するモニタリングの実施状況、主たる集客に向けた取り組みなど今年度の状況について報告がなされた上で、種々活発な議論が交わされた次第であります。  以上、経済環境委員長報告といたします。 ◯議長(竹市 勲君) 厚生委員長、6番、石川宗一郎君。    〔石川宗一郎君登壇〕
    ◯6番(石川宗一郎君) 厚生委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る9月24日、25日及び28日の3日間にわたり委員会を開会し、付託されました議案8件につきまして慎重に審査いたしましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第87号議案平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分について及び第88号議案平成27年度岐阜市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、いずれも異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第91号議案岐阜市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。  討論においては、反対の立場の一委員から、次のような意見が述べられたのであります。  まず、日本年金機構や民間企業による個人情報流出事件が相次ぐ中、多分野にわたる個人情報を1つの番号で管理する社会保障・税番号制度、いわゆるマイナンバー制度は、名寄せや突合を容易にし、危険が伴うものであること。  情報の流出を完全に防ぐシステムの構築は不可能であること。  さまざまな情報が集積するほど利用価値が高まり、盗用、売買など悪用の対象として狙われやすくなること。  一旦流出した情報は流通し、売買されることにより取り返しがつかない事態を招くおそれがあること。  以上の理由から、マイナンバー制度の実施そのものの中止を真剣に検討すべきであると主張されたのであります。  また、新聞社による世論調査及び自治体に対するアンケート結果によれば、個人情報の一元管理に対し、7割の国民が抵抗感を示しており、6割の自治体が安全対策に不安を感じていること。  運用に係る準備が大幅におくれていること。  さらに、国による監視に対する国民の不安の高まりに加え、先行して導入している米国及び韓国においては、制度を悪用した犯罪が後を絶たず、見直しの議論が行われていることに言及され、本議案には賛成できない旨を主張されたのであります。  一方、賛成の立場の一委員は、マイナンバー制度の導入により行政手続が簡素化され、住民サービスの向上につながるとともに、さまざまな分野の個人情報を集約し、関連づけることにより、不正給付の防止にもつながると述べられたのであります。  また、市民の不安に対しては、行政が目的及び利用方法について、丁寧に情報発信等を行い、説明責任を果たすことにより、理解を得られるものであると主張されたのであります。  かかる討論を踏まえ、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第99号議案岐阜市手数料徴収条例の一部を改正する条例制定について、第100号議案岐阜市印鑑条例の一部を改正する条例制定について及び第101号議案岐阜市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する条例制定についての以上3件は、個人番号カードの導入及び利活用に関連する議案であることから、一括して議題としたところであります。  質疑では、まず、個人番号カードを利用したコンビニエンスストアでの印鑑登録証明書等の交付開始時期及び個人番号カードへの印鑑登録証機能の追加時期を問われたのであります。  また、コンビニ交付の利用時間帯及び交付にかかる1件当たりの必要経費を尋ねられたのであります。  さらに、市内の大手コンビニ4社約160店舗のほぼ全てがコンビニ交付に対応している中で、ごく一部の店舗では対応が不可能である理由を問われるとともに、全国の約4万5,000店舗においても利用が可能であることを確認されたのであります。  その後の討論においては、反対の立場の一委員から、第91号議案と同様の理由により、これら3件には賛成できない旨を述べられたのであります。  かくして、これら3件を順次採決に付したところ、いずれも賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてのうち、本委員会所管分であります。  本件審査の過程において交わされました主な質疑の内容を申し上げます。  まず、一般会計についてであります。  福祉部関連では、介護保険サービスの利用等に係る成年後見制度利用支援に関して、市長が行った審判の申し立て件数及びその推移を尋ねられたのであります。  また、生活保護受給者に対する就労体験事業では、事業の効果及び農業以外の体験事業の実施等、事業拡大に対する今後の方針を問われたのであります。  さらに、生活保護制度において、本年7月に住宅扶助基準額の見直しが行われたことを踏まえ、今後の生活保護受給者数及び扶助費総額の推移に対する当局の所見を求められたところであります。  次に、子ども未来部関連では、まず、病児・病後児保育事業に関して、市内在住者の利用者数を確認されるとともに、事業を実施している市内5施設の利用頻度を問われたところであります。  また、児童館・児童センタートイレ改修工事については、今年度以降の計画を尋ねられたのであります。  さらに、認可保育所の要件や、認可外保育施設の概要及び昨年度に実施した支援内容を問われたところであります。  また、子ども・若者総合支援センターに関して、補導、いじめ及びひきこもり等の子どもの問題は密接な関係があると言及された上で、昨年度の組織再編により、いじめ及びひきこもり等の相談は同センターが対応している一方、補導は教育委員会の所管としていることに対する当局の見解を求められたのであります。  さらに、乳幼児相談が子ども未来部、乳幼児健康診査が健康部の所管であることに触れられた上で、相談と健康診査も密接に関係していることから、所管業務のあり方に対して疑問を呈されたところであります。  加えて、特定不妊治療に関して、担当職員として保健師1人が配置されているものの、業務量が増大している現状を踏まえ、職員の増員に対する当局の考え方を問われたのであります。  このほか、福祉部所管の臨時福祉給付金及び子ども未来部所管の子育て世帯臨時特例給付金の併給の可否及び給付状況を確認されたのであります。  続いて、市民生活部関連では、国民年金に関して、自営業や学生などの第1号被保険者の納付免除に係る規定を尋ねられたのであります。  次に、健康部関連では、本年4月に岐阜市医師会へ移管した旧第二看護専門学校に対する支援内容を問われたところであります。  続いて、特別会計についてでありますが、平成26年度岐阜市育英資金貸付事業特別会計歳入歳出決算に関して、子ども未来部への業務移管後の審査方法及び教育委員会の関与の状況を問われたのであります。  また、貸し付けは、学校の種類及び申込者数を勘案した上で決定されてきた経緯を踏まえ、教育委員会から移管されたことに懸念を示されたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へと移行したところ、本件を認定できないとする立場の一委員からは、岐阜市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について、国の補助金が減額されている中、昨年度に実施した保険料の引き下げなど、市の努力に一定の評価を示されたものの、滞納世帯が平成26年5月末時点で約17%、資格証明書の発行が同年3月末時点で2,545人である現状から、依然として保険料は高額であり、昨年度末の国民健康保険財政調整基金残高が約37億円であるため、当該基金の取り崩しによるさらなる負担軽減の余地を指摘されたのであります。  加えて、納付に困窮する世帯の負担軽減に向け、現況の抜本的な解決を要望され、本議案には賛成できないと主張されたのであります。  一方、本件を認定とする立場の一委員は、岐阜市医師会看護学校に対し、今年度から3年間の職員派遣及び5年間の岐阜市医師会看護学校運営費補助金等の支援を行っていく中で、今後、行政の関与のあり方を十分検証していくことを求められたのであります。  さらに、岐阜市育英資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について、従来の教育的見地からの審査に十分配慮し、貸付枠も含め、適正な審査の実施を付言されたのであります。  また、同じく認定の立場の一委員は、昨年度まで文教委員会委員が岐阜市育英資金貸付選考委員会委員に就任していた経緯がありながら、今年度から所管する本委員会委員が就任していない現状に鑑み、従来どおり議員を加えた審査の実施に配慮するよう要望されたのであります。  かかる討論を経て本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  最後に、第114号議案平成26年度岐阜市民病院事業会計決算認定についてであります。  質疑においては、昨年度末の職員数を尋ねられるとともに、業務遂行に必要な人員確保の観点から、現在の職員数に対する当局の見解を求められたのであります。  また、病院ボランティアの活動内容及び人数を確認されたのであります。  さらに、未収金及び債権放棄に関して、事例分析の実施状況を問われたところであります。  その後、討論へと移行したところ、昨年度の赤字計上は会計制度変更による影響があったものの、昨今の厳しい社会情勢を勘案し、将来的に病院経営のあり方が問われる事態に陥る可能性があることを憂慮され、今年度設置した岐阜市民病院経営改善推進本部において十分に議論を重ね、今後も市民病院としての責務を確実に果たしていくよう求められたのであります。  また、未収金の回収においては、事例分析を入念に行った上で、今後、業務委託している弁護士法人との連携を密にして回収業務に当たるよう要望されたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって認定すべきものと決しました。  以上、厚生委員長報告とします。 ◯議長(竹市 勲君) 建設委員長、1番、富田耕二君。    〔富田耕二君登壇〕 ◯1番(富田耕二君) それでは、建設委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る9月24日、25日及び28日の3日間にわたり委員会を開会し、付託されました議案9件について、現場視察を踏まえ、慎重に審査をしましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第87号議案平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分について、第103号議案岐阜市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について、第104号議案岐阜市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模を定める条例の一部を改正する条例制定について及び荒田論田排水機場機械設備工事に係る第107号議案工事請負契約の締結についての以上4件は、いずれも異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、岐阜公園三重塔修復工事に係る第109号議案工事請負契約の変更についてであります。  質疑では、公共工事設計労務単価等の改定に伴い、賃金等の急激な変動に対処するために行われるインフレスライド条項の適用を理由とした契約の変更回数を確認されるとともに、今後において同様な理由による契約変更の可能性について当局の見解を尋ねられたところでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第112号議案市道路線の認定及び廃止については、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてのうち、本委員会所管分であります。  本件審査において交わされました主な質疑を申し上げます。  まず、基盤整備部関連であります。  道路橋梁維持費では、無電柱化推進に関して、当該事業は県策定の計画に基づき実施しているものの、施工には多額の費用を要することから、当該計画に当たっての主体性を確認するとともに、金華地区を初めとする多くの観光客が見込まれる場所での無電柱化の有益性を例に挙げられた上で、一定の基準の作成について言及されたのであります。  続いて、河川水路新設改良費では、境川流域の高田地区等で毎年発生する浸水被害に触れられ、当該地区内の排水路整備工事に係る進捗状況を尋ねられたのであります。  加えて、県に対し、一級河川である境川のしゅんせつなど、さらなる対策を強く要請するとともに、浸水被害の軽減に向けた当局の今後の対応方を確認されたのであります。  また、水防費では、本市の水防団は定期的に訓練を行い、精力的に活動しているものの、昭和51年の9.12豪雨災害など、実際に水害を経験した人が少ないことから、災害発生時に備えて、迅速に対応でき、また、他都市へ直ちに応援や援助を行うためにも災害時対応マニュアルの作成を要請されたのであります。  次に、まちづくり推進部関連の質疑について申し上げます。  建築指導費では、適切に管理されていない空き家等の所有者に対し、一定期間経過時に自動的に指導文書を送付する制度の構築を要望されたのであります。  続いて、都市建設部関連の質疑について申し上げます。  都市建設総務費では、レンタサイクル事業における利用者の大半が観光客であることから、都市建設部が所管していることに疑問を呈された上で、関係部局への移管を視野に入れた協議を要請されたのであります。  さらに、鉄道高架事業対策費では、名鉄名古屋本線連続立体交差事業における県営工事費負担金の支出根拠を尋ねられたのであります。  また、昨年7月に全体事業区間約2.9キロの一括整備方針が岐阜県から示され、加えて、平成28年度中の都市計画決定を目指していることから、県に対して、現在の当該事業における進捗状況を住民に説明するよう働きかけるとともに、当該事業は県事業であるものの、本市の事業でもあるとの認識に立った上で、今後の積極的な当局の対応方を切望されたのであります。  次に、緑化整備事業費について、公園樹木、花壇及び街路樹等は都市建設部が維持管理を行っている一方、ボランティア活動を支援するアダプト・プログラム事業による道路、河川等の公共空間の美化については他部局が担当していることから、事業の連携に向けた検討方を要望されたのであります。  続いて、駐車場事業特別会計に関する質疑であります。  岐阜市駅西駐車場は、毎年、多額の一般会計繰入金により維持されていると述べられた上で、元金及び利子を一括返済した場合、約1億円の財源が節約できることから、その対応に向けた関係部局との協議を要請されたのであります。  加えて、機械式駐車場は相当な維持管理費を要することに触れられ、自走式のみとする変更計画の有無を尋ねられるとともに、民間企業への譲渡等を視野に入れた駅西駐車場運営の撤退を模索するなど、中・長期的な視点に立脚した事業展開の検討を確認されたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へ移行したところ、本決算を認定できないとする立場の一委員は、岐阜市駅西駐車場に関して、建設から15年余り経過する中、借入金返済のために、毎年、一般会計から多額の繰り入れが行われていること、また、平成26年度においては、使用料収入だけでは維持管理できていないことから、JR岐阜駅周辺を活性化させるための投資に見合うものか再考すべきであると指摘されたのであります。  さらに、1日平均の駐車台数は当初計画の半分以下、維持管理費は最終変更計画の2倍以上、繰入額に至っては当初計画の23倍にもなっており、早急な改善を講ずべきであると主張されたのであります。  かかる討論を経て、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  続いて、第116号議案平成26年度岐阜市水道事業会計決算認定についてであります。  質疑では、大規模地下空洞式の鏡岩配水池を金華山の地中に建設した理由を尋ねられるとともに、当該施設での漏水状況及び建設費用を確認されたのであります。  その後の討論においては、地震発生により、下水道施設である北部プラントが倒壊した場合、下水道汚水によって、近隣する上水道施設である一日市場水源地に悪影響が及ぶおそれがあることを認識した時期が不明確であったことに対し、市民の健康を最優先に考えるべき水道事業管理者として、下水道汚水による危険への認識が、一日市場水源地が改築された昭和62年以降も希薄であったことは、実施する耐震化工事の優先順位に問題があるとの指摘を受けることにつながりかねないと危惧されたのであります。  また、雄総水源地との相互連絡により、給水自体には影響がないとする当局の説明は、下水道汚水による危険への認識時期が不明確である理由にはならないと言及されたところであります。  さらに、下水道施設の倒壊による水質悪化の防止策として耐震化を進めているとの答弁に触れられ、地震による事故発生以前に、上水道施設強化の問題として認識すべきであることから、上水道施設の実態把握に努めるとともに、適切な優先順位を見きわめた上で対策を実施するよう当局の努力方を要望されたところでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって認定すべきものと決しました。  最後に、第117号議案平成26年度岐阜市下水道事業会計決算認定についてであります。  質疑では、市街化区域全域での下水道布設工事がほぼ完了したことに伴い、今後は市街化調整区域での当該工事が開始されることを踏まえ、市街化区域において、道路、公園、下水道事業などの都市計画事業等に要する費用に充当する目的税として都市計画税が賦課されているものの、市街化調整区域では都市計画税は賦課されていないことから、公平性の観点に鑑み、下水道整備に伴う受益者負担金についてはその不均衡を十分考慮した当局の対応方を確認されたのであります。  その後、討論へ移行したところ、本決算を認定できないとする立場の一委員は、汚泥焼却灰を利用した焼成れんがの製造及びリンの回収に係る両事業の赤字額の合計は約27億4,000万円であり、特にりん回収事業は今後5年間の稼働が見込まれることから、累積の赤字額は約31億7,000万円に上ることに触れられた上で、この両事業を見直す機会が多々あったにもかかわらず、効果的な対策が見出せなかった結果、下水道事業会計を圧迫するとともに、最終的には赤字を補填するため、下水料金の改定により市民生活に影響を及ぼしかねないと憂慮されたのであります。  加えて、政策判断の適否を総括するとともに、りん回収事業は継続していく限り、毎年度損失が拡大することから、事業の廃止を視野に入れた当局の対応方を求められたのであります。  かかる討論を経て、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  以上、建設委員長報告とします。 ◯議長(竹市 勲君) 文教委員長、34番、田中成佳君。    〔田中成佳君登壇〕 ◯34番(田中成佳君) 文教委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る9月24日、25日及び28日の3日間にわたり、委員会を開会し、付託されました議案9件、請願1件について、現場視察を踏まえ、慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第87号議案平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑では、まず、岐阜薬科大学の科学技術人材育成に関し、女性研究者の人数及び活躍を推進する環境整備の内容、さらには、文部科学省から受ける支援期間を確認された上で、予算の確保に向けた今後の課題を問われたのであります。  また、薬大が連携を予定しているアピ株式会社以外の民間企業への働きかけの状況を確認されたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第89号議案岐阜市附属機関設置条例の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑においては、教育委員会制度改革に伴い、議会へ提出し、公表している岐阜市教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行状況報告書の取り扱いについて尋ねられたのであります。
     また、関連して、制度改革により議会の同意を得て首長が教育長を任命することから、教育行政の中立性に対する当局の見解を問われたのであります。  あわせて教育長の政治的活動の制限及び教育委員会の組織体制について尋ねられたところであります。  さらに、総合教育会議の構成員、設置時期及び会議の日程を確認されたのであります。  その後の討論においては、教育委員会制度の歴史的沿革や制度改革の趣旨に鑑み、教科書採択及び教職員人事等、特に政治的中立性が高い事項に対して、首長から影響を受けることなく進めていくことを要望されたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第94号議案岐阜市教育委員会教育長の勤務時間、休日及び休暇並びに職務に専念する義務の特例に関する条例制定についてであります。  質疑においては、教育長が一般職から特別職に位置づけられたことから、教育長の勤務時間及びそのほかの勤務条件に係る規定の内容を尋ねられたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第105号議案岐阜市教育委員会委員定数条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第106号議案岐阜市スポーツ交流センター条例制定についてであります。  質疑においては、トレーニングルーム等の使用料の算定根拠を問われるとともに、減免の対象団体及び想定している減免の区分を確認されたのであります。  さらに、条例別表の使用料に関する時間区分または期間の表記がわかりにくいため、わかりやすい表記の検討方を当局に求められたのであります。  その後の討論においては、スポーツ交流センターはFC岐阜のクラブハウス機能を有する施設であると同時に、市民の健康増進、市民交流の推進を目的としていること、また、FC岐阜からの寄附金の原資は、岐阜県市長会及び岐阜県町村会の助成金であり、県内の自治体からも支援を受けている現状に鑑み、岐阜市総合型地域スポーツクラブのほか、岐阜市中学校体育連盟を除く岐阜県内各中学校体育連盟及び各高等学校体育連盟の利用についても半額免除から全額免除の検討方を要望されたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、加納小学校プール建築主体工事に係る第108号議案工事請負契約の締結については、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、長良西小学校北舎建築主体工事に係る第110号議案工事請負契約の変更についてであります。  質疑においては、労務単価の急激な上昇に伴うインフレスライド条項が適用されるまでの経緯を確認されたのであります。  また、関連して、基準値を上回るヒ素の検出及び施工が長期化している長良西小学校の現状を憂慮され、過去の土地利用が同様である長良小学校においても校舎改築が予定されていることから、その見通しを確認されたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、(仮称)柳津体育館建築主体工事に係る第111号議案工事請負契約の変更についてであります。  質疑においては、労務単価の急激な上昇に伴うインフレスライド条項が適用されるまでの経緯を確認されたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてのうち、本委員会所管分についてでありますが、本件審査では、民生費においては、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の建設に関連する事項、教育費においては、徹明・木之本統合小学校設置準備の2点について議論が集中したところであります。  最初に、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」に係る質疑から申し上げます。  まず、来館者アンケート結果から、交通手段に関してはバスや徒歩での来館者がともに1割未満である状況を指摘された上で、本市の持続可能な地域公共交通の実現を図ることを目的とする岐阜市みんなで創り守り育てる地域公共交通条例の議案が今期定例会に付議されていることに鑑み、バスや徒歩による来館者増に向けた対策について尋ねられたのであります。  さらに、アンケートの住所区分に関して、市内の場合は小学校区を設問の対象とすることを要望されたのであります。  また、憩い・にぎわい広場の所管部署及び使用の許可条件を尋ねられたほか、開館記念事業のMUSIC&FOODフェスタ「Beat」のような酒類の提供等を伴うイベントは、知の拠点の役割を担う市立中央図書館に隣接した場所であることから、今後は考慮すべきであると所感を述べられたのであります。  加えて、メディアコスモス東側に位置する旧総合庁舎の活用方針を尋ねられたのであります。  また、メディアコスモスの屋根面に水たまりや屋根表層部に設置されているJFEエコラミがその下の防水シートと完全に圧着していない箇所が発生しているにもかかわらず、工事監理業務委託料が支払われている理由を問われ、完了検査時点では水たまりなどが発生していなかったとする答弁に対して疑義を呈されたのであります。  さらに、メディアコスモス屋根面への対応方及び今後の整備計画の見通しを確認されたのであります。  次に、徹明・木之本統合小学校設置準備に係る質疑を申し上げます。  まず、両小学校の統合に関する状況を伝える徹明小学校・木之本小学校統合通信のこれまでの経緯及び統合に関する現在の進捗状況を確認されたのであります。  あわせて徹明及び木之本地区で行った統合に関する説明会の開催状況を尋ねられるとともに、両地区の自治会連合会、PTA、公民館の関係者による当局主催の意見交換会の内容及び開催理由を問われたのであります。  また、統合準備委員会の開催を決定する主体者を確認された上で、当局が発行した統合通信の文面に誤りがあることを指摘されたのであります。  さらに、統合問題における教育委員会のこれまでの対応方を確認されたほか、昭和48年に当時の文部省から通達された公立小・中学校の統合について、住民合意の必要性を言及された上で、当局の見解を問われたところであります。  加えて、当局が統合小学校の設置場所を決定するに当たって、根拠とした考え方に疑義を呈されるとともに、両小学校の統合の進め方について熟慮することを求められたのであります。  このほかの主な質疑を申し上げます。  まず、市民協働参画費では、自治会連合会運営費補助金に関して、自治会連合会が各種事業の補助金により運営されている側面がある一方で、一部の自治会連合会の不適切な支出も見受けられたことから、監査に対する当局の方針を尋ねられたのであります。  また、自治会加入者の減少などにより自治会活動が困難な地域が発生している状況を述べられた上で、さらなる支援のあり方を検討するよう要望されたのであります。  加えて、市内50地区の自治会連合会長から構成される岐阜市自治会連絡協議会の事務局に市職員が従事している理由を問われた上で、連絡協議会は任意の団体であることから、市と連絡協議会の関係を整理する必要があると述べられたのであります。  次に、教育費中、小学校費では、外国籍児童等対応指導に関して市内の外国人児童数を確認されたのであります。  あわせて高等学校費では、市立岐阜商業高等学校が行っている市岐商デパートの開催場所や県立岐阜商業高等学校との連携の方向性を確認されるとともに、市立岐阜女子短期大学との連携を要望されたのであります。  また、幼稚園費では、大洞幼稚園の跡地活用の検討状況を尋ねられるとともに、跡地活用に関して地元住民の意見集約の検討方を要望されたのであります。  さらに、社会教育費では、新成人を祝い励ます会の運営主体を確認された上で、新成人をもっと主役とする運営のあり方を求められたところであります。  加えて、少年自然の家について、施設周辺の生物多様性に言及された上で、今後、老朽化している施設の改修の際には、生物の多様性にも着目した改修計画の作成を要望されたのであります。  あわせて保健体育費では、現場を視察した岐阜市民総合体育館の整備方針を尋ねられたほか、健康意識などの急激な高まりに伴い、スポーツの果たす役割、意義は重要になってくることから、スポーツ施設が担う今後の役割を問われたのであります。  また、関連して、スポーツの重要性に鑑み、東京オリンピック・パラリンピックを契機とした岐阜市出身の元オリンピック選手との交流イベントの開催等を要望されたのであります。  そのほか、公立の小中学校の教職員の勤務時間増の実態に関する当局の見解を求めるとともに、解消に向けた対応方を要望されたのであります。  さらに、小学校内にある各種モニュメントに関して、設置の経緯を尋ねられたのであります。  続いて、大学費中、女子短期大学管理費では、平成26年度の推薦入試における不手際の内容を尋ねられた上で、その後の当局の組織体制を確認されたのであります。  あわせて薬科大学管理費では、薬科大学キャンパスの統合の見通しを尋ねられたほか、平成26年度岐阜市薬科大学附属薬局事業特別会計歳入歳出決算では、岐阜薬科大学附属薬局で薬剤師による公金の横領が発生した原因を確認されるとともに、その後の当局の対応方を問われたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へ移行したところ、賛成の立場の複数の委員から、次のような要望がなされたのであります。  すなわち、憩い・にぎわい広場は、知の拠点の役割を担う市立中央図書館に隣接した場所であることから、落ちつきのあるイベントを実施すること。  また、県に対してメディアコスモスの東側に位置する旧総合庁舎の活用方法について、早急に明らかにするよう申し入れること。  さらには、メディアコスモス屋根面の状況に対する設計業者及び施工業者の責任の所在を明らかにすること。  あわせてメディアコスモス屋根面の状況に課題等があれば、委員会に報告することを求められたのであります。  そのほか、徹明小学校・木之本小学校の統合においては、子どもたちに不安や動揺を与えないこと、加えて、統合準備委員会の決定を重視して推進することは重要であるものの、一方で、地域住民の混乱は地域の疲弊につながることから、住民合意の上、進めることを要望されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、全会一致をもって認定すべきものと決しました。  最後に、請願第6号非核平和都市宣言を行い、日本非核宣言自治体協議会への加盟を求める請願についてであります。  本件の審査においては、平和首長会議への加盟の有無を確認されたほか、日本非核宣言自治体協議会の加盟都市数を尋ねられたのであります。  その後、討論に移行したところ、本件を是とする立場の一委員からは、日本が唯一の被爆国であり、核兵器の恐ろしさを経験していること及び核兵器のない世界の実現に向けた動きが諸外国にも広がっている現況に触れ、全国の自治体と手を携えて活動すべきであるとして、請願の採択に賛成する旨を述べられたのであります。  他方、本件を否とする立場の委員からは、既に昭和63年7月の平和都市宣言において、全ての核兵器をなくすことを宣言していることから、請願の採択には賛成できない旨を主張されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  このほか、本委員会は、本会議でも議論が交わされました岐阜市少年自然の家嘱託職員採用試験における指定管理者の不適切な発言について所管事務調査を行ったところであります。  初めに、これまでの経緯、市の見解及び今後の対応を尋ねられたのであります。  また、本件は新聞報道により明らかになったものであり、議会に対して報告がなかったことは極めて遺憾であり、必要な事項は議会へ報告すべきであると指摘されたほか、種々議論が交わされた次第であります。  以上、文教委員長報告とします。 ◯議長(竹市 勲君) 総務委員長、25番、須田 眞君。    〔須田 眞君登壇〕 ◯25番(須田 眞君) 総務委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る9月24日、25日及び28日の3日間にわたり、委員会を開会し、付託されました議案10件、請願1件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第87号議案平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑において、歳入面からは、諸収入の岐阜市スポーツ交流センター建築に対する日本サッカー協会助成金の算定基準を確認されたのであります。  歳出面では、新庁舎周辺整備について、種々議論が交わされたところであります。  まず、当該補正予算の積算根拠及び物件調査の業務委託先を確認されるとともに、「新庁舎をどれだけ南側に寄せられるか検討が必要」と述べられた8月の市長定例記者会見を受け、当該用地の使用用途及び取得見込み額を問われたのであります。  また、用地取得に係る今後のスケジュールを尋ねられたほか、取得見込み用地を含めた新庁舎建設基本設計の方向性について確認されたのであります。  さらに、新庁舎建設の完成時期を合併特例債の期限に合わせていることが新庁舎建設基本設計と周辺用地取得を同時に実施せざるを得ない要因であると弁駁された上で、合併特例債と切り離して新庁舎建設を実施すべきであると主張され、当局の方針を問われたところであります。  その後の討論において、反対の立場の一委員は、周辺用地取得は新庁舎建設事業と別事業に位置づけられるとの当局の答弁に対し異見を唱え、新庁舎建設用地に含めることを前提とした用地取得であると述べられたのであります。  その上で、隣接する民有地の取得には多額の費用を要し、これまで説明を行ってきた庁舎建設費用である200億円を超えるおそれがあることから、庁舎建設費ではなく庁舎周辺整備費として予算計上したことに疑義を呈されたのであります。  さらに、新庁舎建設タウンミーティングにおいて、新たな用地取得に関する説明が行われなかったことは、市民に対する説明責任を果たしているとは言えないと述べられたのであります。  加えて、反対の立場の複数の委員からは、新庁舎建設用地の面積拡大によって建蔽率及び容積率だけでなく、建設予定の立体駐車場の位置についても変更の可能性が生じることから、建設用地の確定後に事業を実施すべきであると主張され、将来的な基本設計及び設計業務委託契約の変更を余儀なくされると見込まれる対応は問題があると指摘されたのであります。  一方、賛成の立場の一委員は、新庁舎建設事業は百年の大計と言われる大事業であり、新庁舎建設予定地南側の民有地を取得することは、より利便性の高い新庁舎とするために必要不可欠であると述べられ、早急な用地取得の推進を求められたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第90号議案岐阜市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例制定についてであります。  質疑においては、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、いわゆる番号法に対する市民の理解を深めるための方策を尋ねられるとともに、独居高齢者等への十分な対応方を求められたのであります。  また、番号法の制定によるシステム改修等の実施に伴う本市の財政負担について確認されたのであります。  その後、討論に移行したところ、反対の立場の複数の委員から、人為的ミスによる情報漏えいの危険性を懸念されたほか、成り済ましや個人情報を用いた想定外の犯罪が起こる可能性を指摘され、現状では多くの問題が散見されることから、より慎重な検討方を求められたのであります。  さらに、報道機関による世論調査において、個人情報が1つの番号で管理されることに対する抵抗感が「大いにある」「ある程度ある」と回答された方の合計が7割以上ある現状を披瀝され、番号法に対する国民の不安は払拭されていないと主張されたのであります。  一方、賛成の立場の一委員は、今月、改正番号法が成立し、マイナンバー制度の利用範囲が拡大したことを受け、今後も国の動向を注視し、的確な制度の運用に努めるよう要望されたところであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第92号議案岐阜市職員定数条例の一部を改正する条例制定について、第95号議案特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、第96号議案非常勤の特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、第97号議案岐阜市職員旅費条例の一部を改正する条例制定について及び第98号議案特別職の職員等の退職手当に関する条例の一部を改正する条例制定についての以上5件は、いずれも教育委員会制度の改革に伴う議案であることから、一括して議題にしたところであります。  質疑においては、現在の教育委員会制度との相違点、教育委員会の独立性の維持及び新制度移行後の教育長の選出方法について確認されたほか、第95号議案に関しては、現在の教育長の給料を確認された上で、新制度移行後の給料の設定根拠を尋ねられたものの、議案そのものには異議はなく、これら5件を順次採決に付したところ、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第93号議案岐阜市職員の再任用に関する条例等の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑においては、条文中の特定警察職員等に該当する職員を確認されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第102号議案岐阜市みんなで創り守り育てる地域公共交通条例制定についてであります。  質疑においては、今期定例会に本件を提出した意図、期待される効果及び他都市の状況などを確認されたのであります。  また、市職員に対する取り組みとして、現在実施しているスマートエコ通勤の実績を尋ねられたのであります。  さらに、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」来館者への交通手段に関するアンケート結果を披瀝され、バス利用者が7%であったことから、バスでの来館を促す施策が不十分であると述べられた上で、バス利用の促進に対する当局の見解を確認されたところであります。  加えて、本年3月に策定された岐阜市地域公共交通網形成計画と本条例案との関係を確認された上で、郊外部においては、幹線、支線に区別し、乗り継ぎ拠点となるトランジットセンターの設置によって、乗車料金の値上げや乗り継ぎ時間が発生する可能性に言及され、公共交通の利便性向上に向けた当局の対応方を要請されたのであります。  さらに、理念だけにとどまらず、公共交通利用者増加のための具体的な施策に対する財政支援など、事業推進への当局の決意を問われたのであります。  その後、討論へと移行したところ、賛成の立場の複数の委員から地域公共交通に関する理念を条例化する意義を高く評価された上で、それぞれ次のような意見及び要望が述べられたのであります。  まず、一委員は、自動車に過度に依存することのないまちへの転換を進める際には、行政が目標値を明確にするなど、具体的な提案を行うことが肝要であると主張されたのであります。  また、他の一委員は、条例の実効性を高めるため、市民、事業者及び各交通事業者に対し、理解の促進を図り、協力を求めていくための広報手法が重要であると述べられるとともに、本条例の制定を契機に具体的な諸施策の実施に着手し、積極的な事業の推進方を強く求められたのであります。  一方、別の一委員は、運用面において検討する余地が残されているとして、継続審査とすることを主張されたのであります。  そこで、まず、本件の継続審査について採決に付したところ、賛成者少数をもって否決され、続いて、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
     次に、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてのうち、本委員会所管分についてであります。  本件審査において交わされました主な質疑の内容を申し上げます。  まず、歳入面におきましては、市税の滞納状況及び岐阜県へ滞納整理事務の引き継ぎを実施した件数、金額等を確認された上で、財産の差し押さえについては、該当者の経済状況を十分確認し、当局における適切な対応方を求められたのであります。  一方、歳出面におきましては、まず、総務費では、広報ぎふ等配布手数料に関連して、自治会加入率の低下により、3割を超える世帯に広報ぎふ等が配布されていない現状に触れられ、等しく市民に配布するための対応策を尋ねられるとともに、広報ぎふのよりよい配布方法などを検討すべきであると述べられたのであります。  次に、財政調整基金、庁舎整備基金、岐阜大学医学部跡地整備基金及び鉄道高架事業基金においては、それぞれ基金残高を確認されたのであります。さらに、庁舎及び岐阜大学医学部等跡地の基金については、今後の積み立て計画を尋ねられるとともに、新庁舎周辺整備への庁舎整備基金の充当の可否を問われたのであります。  また、岐阜市都市創造会議・分野別創造会議においては、分野別創造会議の設置数を確認されたのであります。  さらに、コミュニティバス事業では、地域におけるスーパー等の閉店に伴う買い物難民対策として、バス路線の見直し及び新規路線の運行等、当局の支援策について尋ねられたのであります。  加えて、職員退職手当基金積立金に関連して、本年度の退職者数及び新規採用職員数を確認されたのであります。  そのほか、柳津地域協議会の今後の見通しについて尋ねられたところであります。  続いて、消防費では、消防機関への緊急通報用電話番号である119番の通報者等に対して、健康部所管の岐阜市AED設置マップを用いてAED・自動体外式除細動器の設置場所を伝えているものの、当該マップはリアルタイムでの更新が困難であり、最新の設置状況と異なっている可能性を否定できない現状を危惧され、当局の見解を求められたのであります。  次に、競輪事業特別会計では、レジャーの多様化、ファンの高齢化等により、車券発売金及び入場者数が今後も減少する可能性を指摘された上で、競輪事業の見通しを尋ねられるとともに、将来への対応方を問われたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へと移行したところ、本件を認定できないとする立場の一委員は、議会費に関し、国内行政視察でのJRにおけるグリーン車両や海外行政視察での航空機におけるビジネスクラスの利用を改めるべきであるとして、制度の見直しを主張されたのであります。  また、同じく本件を認定できないとする立場の一委員は、以下の4点にわたり、その理由を披瀝されたのであります。  すなわち、歳入のうち使用料及び手数料に関し、消費税率引き上げ相当額を転嫁した公共施設使用料などの改定により利用者の負担が増加したこと。  市庁舎のあり方検討について、市庁舎の建てかえを前提とした議論が行われ、最初から岐阜大学医学部等跡地への移転ありきで結論が導き出されたこと。  議会費の海外行政視察について、全国的にも中止、凍結される自治体が見受けられることから、公式行事に限って実施すべきであること。  同じく、議会費の政務活動費について、1カ月当たり13万円への引き下げが妥当であること。  以上の点から、本議案を認定することはできないと述べられたのであります。  他方、賛成の立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見及び要望が述べられたのであります。  まず、少子・高齢化が進展する一方、大型公共事業が絶え間なく推進されている中で、堅実な財政運営が行われている点を高く評価されたのであります。  しかしながら、少子・高齢化の進展による労働者人口の減少、社会保障費の増加及びインフラ施設の老朽化対策など、将来的な見通しについて楽観視できる財政状況ではないため、今後も可能な限り自主財源の確保に努め、市民サービスを低下させない範囲での行財政改革の継続を強く要望されたのであります。  また、一委員は、出ずるを制し、入りを図るため、市税収入の向上だけではなく、国において議論がなされている地方創生の取り組みを積極的に活用することを切望されたのであります。  さらに、一委員は、職員退職手当基金積立金について、現在、退職者数の推移は平準化しており、必要な退職金もピーク時と比較して半減している状況が見受けられることから、当該基金のあり方を見直す時期に来ていると述べられ、早急な検討方を求められたのであります。  加えて、別の一委員は、平成27年9月関東・東北豪雨の発生を受け、本市における水難救助用ボート等の整備状況を確認された上で、より安全で効率的な人命救助の方法について、新たな機器の導入も含めて研究していくことを強く要望されたのであります。  このほか、議案書など議会提出書類の作成に当たっては不備等が発生しないようにチェック体制の強化を当局に求められたところであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって認定すべきものと決しました。  最後に、請願第5号治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願であります。  本請願審査の質疑において、国家賠償法制定に関する国の動向を当局に尋ねられたのであります。  その後の討論においては、本件を是とする立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見が述べられ、請願の願意に賛成し採択を主張されたところであります。  まず、一委員は、治安維持法による言論、思想の弾圧は人権の侵害であり、反人道的行為であることは明らかであること、戦後、同法が反人道的であるとし廃止され、有罪判決を受けた人が無罪になっていること、諸外国においては犠牲者への謝罪及び被害補償が行われているにもかかわらず、日本政府は有罪判決を受けた人への謝罪及び補償を行っていないこと、国際法では戦争犯罪と人道に反する罪に時効はないとされていること、戦後70年を迎え、多くの犠牲者が高齢化するなど一刻の猶予もない状況であることなどの問題点を指摘され、また、全国多数の地方議会において、治安維持法犠牲者の名誉回復実現に関する意見書が可決されている現状に言及されたのであります。  次に、別の一委員は、今日の平和は多くの戦争犠牲者のもとに築かれ、二度と戦争を起こしてはならないという強い意志を示すことが必要であること、天下の悪法と言われる治安維持法によって処罰された犠牲者の名誉回復を実現することが現代に生きる我々の大きな責務であること、犠牲者の実態を一刻も早く調査し、内容について公表すべきであること、日本が犯した戦争犯罪に対して背を向けるのではなく、真摯に向き合い検証を行うべきであること。以上の点について主張されたのであります。  さらに、別の一委員は、治安維持法が制定された時代的背景を考慮しても、当該法が戦時下において日本の政治的運動を抑制する中核を担ったことは事実であり、本来の目的から離れ、民衆の思想に対する強制的な圧迫等に悪用され、社会民主主義や自由主義などの一切の反政府運動に対してその思想そのものに適用された歴史を振り返る際、過去の過ちを悔い改める必要があると述べられたのであります。  一方、本件を否とする立場の一委員は、願意はおおむね妥当であると述べられたものの、治安維持法は1925年の制定後、第2次世界大戦中の1941年に実施された全部改正によって、多くの犠牲者を出したとの認識を示された上で、制定当時は治安の悪化が深刻な状況であり、当該法を制定する意義は一部理解できることから、「治安維持法が人道に反する悪法であったことを認めないこと」という記載について、改正前と改正後の当該法をまとめて悪法と認めることには賛同しがたく、本請願の採択には賛成できない旨を主張されたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  以上、総務委員長報告といたします。 ◯議長(竹市 勲君) この際、しばらく休憩します。  午前11時25分 休  憩             ━━━━━━━━━━━━━━━━━  午前11時37分 開  議 ◯議長(竹市 勲君) 休憩前に引き続き会議を開きます。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 一 発言の訂正の申し出について ◯議長(竹市 勲君) この際、総務委員長須田 眞君から発言を求められておりますので、これを許します。25番、須田 眞君。    〔須田 眞君登壇〕 ◯25番(須田 眞君) 先ほど、総務委員長報告の中で、治安維持法が人道に反する悪法であったことを認めないことと発言しましたが、正しくは認めることでありましたので、訂正しておわび申し上げます。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◯議長(竹市 勲君) 議事を続行します。  常任委員長報告に対する質疑の通告はありません。  これより討論を行います。  討論の通告がありますので、順次これを許します。33番、松原徳和君。    〔松原徳和君登壇〕(拍手)    〔私語する者あり〕 ◯33番(松原徳和君) ありがとうございます。それでは、お許しをいただきまして、発言をさせていただきます。  まず、第87号議案でございます。  平成27年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)でございますけど、新庁舎予定地の隣接地の調査費が含まれています。私ども無所属クラブは、移転条例に反対した経過もありますが、移転条例可決以前の岐阜市開催の新庁舎建設に関する住民説明会では、隣接地の新たな購入については触れられていません。隣接地購入を含まずに、金額は200億円との説明が繰り返し行われています。敷地が拡大されれば、200億円の予定額が大きく増額されることになります。  移転条例可決後の説明会では、隣接地問題は「購入の話もある」程度の説明に終始し、予定額の増額どころか、200億円建設費の圧縮に努めるとの説明が繰り返されています。説明会参加者も、1会場10人前後で、とても市民の関心を呼び起こす課題になり得ていない事実は、一歩踏みとどまって熟慮を求めています。新庁舎建設の無計画性を指摘せざるを得ません。  議案には反対いたします。  第90号、第91号、第99号、第100号、第101号議案についてでございます。  いずれもマイナンバーに関する議案です。  近日、個人情報の管理に関する国家管理等への市民の不安が大きく報道されています。市民の関心拡大が表面化してきました。今日、情報セキュリティーのシステム確立が不十分の指摘の声も大きくなりました。また、消費税10%引き上げ時の軽減税率導入と一体化し、結果としてマイナンバー制導入が消費税10%引き上げへの導火線となろうとしています。景気回復が市民生活の隅々まで感じられている状態ではなく、実質賃金の上昇もない今日、消費税10%引き上げは論外であります。  消費税増税準備となるマイナンバー制度関連の議案には反対いたします。  第113号議案でございます。  平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定でございます。  第87号議案でも述べましたが、市民にとって早急な課題でもないと思われる新庁舎建設関連の決算が含まれています。一般廃棄物仮置場用地買収関連の決算が含まれています。  駅西駐車場の平成26年度決算は、償還計画変更時の一般会計繰入額の23倍の3億7,500万円余ですが、経費縮小の準備ができていません。  メディアコスモス関連決算が含まれています。不良工事の瑕疵担保期間4年間の改修計画が不明確のままです。  白山自治会連合会の会長が、自治会費の一部を細江茂光市長との飲食費に充て辞任した問題の報道で、市長は飲食費を会長に負担してもらったことを認めています。白山自治会連合会平成26年度収支決算によれば、関連と思われる貸付金処理33万504円が計上されていますが、さきの報道後の市長の説明が不十分です。  議案には反対いたします。  第117号議案平成26年度岐阜市下水道事業会計決算認定でございます。  現在、れんがとリンの2つのプラントの赤字合計額は27億4,000万円になります。構造改革の判断を下せずに弱い事業を生き長らえさせた結果は、下水道会計を圧迫し市民生活に結果を押しつけることになります。リンプラントを今後5年間稼働させると、累計赤字は31億7,000万円になります。  現在、下水料金15%引き上げの話題があります。公営企業として、政策の選択を誤ったことを率直に総括する必要があります。当面するリンプラント事業経費の圧縮への方針も示されるべきです。構造改革の機会に、総括も具体的方針も残念ながら示されていません。  議案には反対いたします。  続いて、第102号議案でございます。  岐阜市みんなで創り守り育てる地域公共交通条例制定についてでございますが、大変重要な議案でもあります。とりわけ遠隔地の市民の交通網や料金に関する御意見を私どもも十分お聞きする必要がございます。継続審査を主張するところでございます。  続きまして、請願第5号でございます。  治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願です。  総務委員会では不採択でありますが、採択を主張いたします。  治安維持法により弾圧された方々は、政治家、政治活動家だけではなく、民主主義を願う人や社会活動家、学者、さらには、宗教者など、戦争反対と人間として当然の意見を願った広範な人々がその対象になられたと聞いております。戦争推進の大きな武器となったことは明白であり、人道に反する悪法であることは歴史の事実であるとの請願の主張は当然と考えます。  総務委員会では、悪法ではない旨の請願への反対討論がされたとお聞きし、平和を願う者として大変驚き、また、残念に思うところです。  採択を主張いたします。  請願第6号でございます。  非核平和都市宣言を行い、日本非核宣言自治体協議会への加盟を求める請願です。  文教委員会では不採択でありますが、採択を主張いたします。  戦後70年の本年、国是たる非核三原則を堅持し、平和への取り組みを強化してほしいという市民の願いは当然であります。岐阜市は、国是たる非核三原則を守る意思を市民に明確に示すことの願いに、平和を願う議会は応えるべきと考えます。  採択を主張いたします。  以上で討論を終わります。ありがとうございました。(拍手) ◯議長(竹市 勲君) 20番、井深正美君。    〔井深正美君登壇〕(拍手) ◯20番(井深正美君) それでは、日本共産党を代表して討論を行います。    〔私語する者あり〕  まず最初に、第87号議案平成27年度一般会計補正予算についてであります。  新庁舎の建設予定地南側に隣接する蚕糸会館、岐阜県酒造会館など民有地を取得するとして、新庁舎周辺整備約4,300万円が補正予算に計上されています。本会議での市長答弁では、新庁舎の敷地と一体的に活用としていますが、8月25日の定例記者会見において、メディアコスモスの南側が手狭なことから、新庁舎を少しでも南側へずらすことと市長みずからが明らかにしているように、新庁舎の敷地として取り込むことを前提とした取得であることは間違いのないところであります。  また、市長みずから記者会見をしておきながら、この間、新庁舎にかかわって実施されてきたワークショップやタウンミーティングにおいては、市民に対してただの一言も説明もなく、行政としての市民に対する説明責任を果たしてきておりませんでした。  今後のスケジュールについては、11月をめどに隣接する民有地を取得し、基本設計を取りまとめるとしていますが、新庁舎敷地の拡大に伴って、建蔽率、容積率の変更がいやが応でも必要となり、さらには、立体駐車場の位置についても変更の可能性が出てくることから、基本設計及び契約の変更が余儀なくされることになります。  さらに申し上げれば、買収を予定している民有地は底地だけでも公示価格で約3億7,000万円とのことで、補償費を含めれば事業費はさらに膨らむことは必至であり、これまで説明してきた200億円の総事業費についても変更を余儀なくされることになります。  本来は、新庁舎の敷地の拡大が本来の目的でありながら、新庁舎敷地の周辺整備として隣接する民有地を取得するような今回の予算計上は、欺瞞に満ちた方法としか言いようがありません。よって、第87号議案には賛成できません。  次に、以下、5つの議案、第90号議案、第91号議案、第99号議案、第100号議案、第101号議案については、全てマイナンバー制度にかかわっての条例制定です。  この10月からマイナンバー制度が施行され、市民に12桁の通知カードが郵送されてくることになり、来年の1月からは社会保障と税、災害対策の分野で利用が始まり、希望者には個人番号カードの交付が始まります。そもそもマイナンバー制度は、全ての国民に12桁の背番号をつけ、税金・保険料納付や医療、介護、年金などの情報をデータベース化して、国が一元的な管理、利用をしようとするものです。しかし、幾らセキュリティーを厳重にしたところで扱うのは人間であることから、情報流出を100%防ぎ切れる保証はなく、日本年金機構の125万件もの個人情報の漏えいはそれを物語っています。  新聞でも報道されているように、本当に情報が守られるのか、成り済ましなど不正利用の危険はないのかなど、マイナンバー制度に対する国民の不安はいまだ拭い去られていません。  9月12日、13日に朝日新聞が実施したマイナンバー制度に対する世論調査では、メリットについて「期待しない」が57%、個人情報を1つの番号によって管理されることに71%が「抵抗がある」と答えています。
     また、共同通信が全国の市町村に対して行ったアンケートでは、自治体の60%が安全対策に不安を感じています。  マイナンバー制度に対する国民の不安が拭い去られていない以上、制度の運用を始めるべきではないという立場から、第90号議案以下には賛成できません。  次に、第113号議案平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定についてであります。  最初に、歳入のうち使用料及び手数料にかかわってです。  平成26年度から初めて岐阜市の公共施設などの使用料、利用料に消費税が転嫁されることになりました。コミュニティセンター、公民館を初め、ドリームシアター岐阜、リフレ芥見などの施設、テニスコートや野球場、体育館などを含め、岐阜市の抱える施設の利用料、使用料に消費税8%が上乗せされたことになります。8%の消費税が転嫁されたことによる市民の負担した消費税は、一般会計、特別会計で約2,000万円、指定管理者の関係では約8,000万円となり、合わせて約1億円を市民が負担したことになります。  また、小中学校の給食費についても、消費税の8%への引き上げとともに、給食費の食材費の値上げがセットで実施されて、子育て世帯の負担がふえることになりました。  2点目に、財産管理費、財産管理事務についてですが、市庁舎のあり方検討にかかわって、市庁舎の建てかえを前提とした議論が行われ、岐阜大学跡地への移転ありきで結論が導き出されました。最初から結論ありきの議論の進め方が今も尾を引いており、今回の補正予算における泥縄とも言える新庁舎周辺整備費の計上につながっていると言わざるを得ません。  3点目に、議会費のうち海外視察費ですが、平成26年度も公式行事以外で2人の方が行ってみえるようですが、全国的にも海外視察を中止、凍結する自治体がある中、公式行事に限って実施すべきと申し上げておきます。  さらに、4点目に、同じく議会費のうち政務活動費についても、平成23年度から1カ月15万円に引き下げられたとはいえ、市民の暮らし向きを考えた場合にさらに13万円に引き下げを行うべきと申し上げておきます。  次に、塵芥処理費、施設管理費の中に、東部クリーンセンター隣地の用地取得のための測量調査費が含まれています。この箇所は土砂災害警戒区域の指定がなされているところであり、当該地域は昨年の台風のときにのり面及び東海自然歩道において崖崩れが発生しています。これらの補修工事がことしやっと完了のやさきに新たに崖崩れが発生しました。地権者からは、買ってほしい旨の申し出を受けているとのことですが、こうした地域への公共施設整備は望ましいものではありません。  次に、国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算についてです。  平成26年度において、5.63%、1万422円の保険料の引き下げが行われ、加入世帯にとって朗報となりました。しかし、平成26年度の平均保険料は17万4,764円であり、中核市のうち4番目の高さであり、加入世帯平均所得154万円の1割を超えており、負担限度を超えていると言わざるを得ない状況となっています。さらに、滞納世帯は平成26年度5月末で加入世帯の17.32%、資格証明書の交付は平成26年度末で2,545人となっている状況で、依然として払える保険料になっていないことは明らかであります。一方で、国民健康保険財政調整基金は36億円を超えており、基金の取り崩しでさらなる負担軽減に努めることができたのではないかと考えます。  以上の理由から、第113号議案    〔私語する者あり〕 平成26年度岐阜市一般会計、特別会計歳入歳出決算認定については認定できません。  最後に、請願第5号治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願について賛成討論をさせていただきます。  治安維持法は、1925年5月、天皇の勅令によって施行、その後1945年の敗戦の年に廃止されましたが、20年間にわたって国民の思想、信仰の自由が剥奪されました。そもそもこの法律は、思想そのものが犯罪として取り締まりの対象となり、逮捕、投獄、さらには、拷問によって獄死を余儀なくされた方が約2,000人にも上ります。ポツダム宣言の受諾によって、治安維持法は人道に反するとして廃止となり、有罪判決を受けた人々は刑そのものがなかったとして無罪となりましたが、現在に至っても謝罪、賠償は行われていません。  大戦中、日本と三国同盟を結んでいたドイツでは、連邦補償法において犠牲者となった人に謝罪とともに補償を行い、イタリアでは国家賠償法でファシズム体制によって犠牲となった人に終身年金を支給しています。国際法では、戦争犯罪と人道に反する罪に時効はないとして、ヨーロッパでは現在でも戦争犯罪者の追及を続けています。  戦後70年となり、多くの犠牲者は高齢化しており、中には既に亡くなられた方もあり、一刻の猶予もない状況となっています。既に国に謝罪と当該国家賠償法制定の要請をする請願や陳情は、ことしの8月現在、42都道府県、402市町村となっています。  また、岐阜市域においても、同じ過ちを繰り返さないとして、弁護士の河合良房さん、僧侶の小川淳心さん、児童文学者の平方浩介さんなど31名が、請願の趣旨に賛同しています。  総務委員会では不採択となりましたが、本請願の趣旨にぜひとも御理解をいただきまして、本会議での採択をお願いするものです。  以上をもちまして討論を終わります。ありがとうございました。(拍手)    〔私語する者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 以上で討論を終結します。  これより採決を行います。  まず、第87号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第87号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第90号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第90号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第91号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第91号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第99号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第99号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第100号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第100号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第101号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第101号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第102号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第102号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第113号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、認定であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第113号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第117号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、認定であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、第117号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第88号議案、第89号議案、第92号議案から第98号議案まで、第103号議案から第112号議案まで及び第114号議案から第116号議案まで、以上22件を一括して採決します。これら22件に対する常任委員長報告は、いずれも原案のとおり可決ないし認定であります。  お諮りします。これら22件については、いずれも常任委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、これら22件については、いずれも常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第5号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、請願第5号については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第6号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、請願第6号については、常任委員長報告のとおり決しました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第35 第118号議案 ◯議長(竹市 勲君) 日程第35、第118号議案を議題とします。            ───────────────────               〔議 案 掲 載 省 略〕            ─────────────────── ◯議長(竹市 勲君) 本件に対する提出者の説明を求めます。市長、細江茂光君。    〔細江茂光君登壇〕 ◯市長(細江茂光君) ただいま上程になりました第118号議案公平委員会委員選任の同意方につきまして、御説明をいたします。  現在、その任に御尽力をいただいております松井義孝さんが10月9日で任期満了を迎え、今期をもって退任されますので、その後任として小島浩一さんを選任したいと存じます。  以上、よろしく御同意のほどお願いを申し上げます。 ◯議長(竹市 勲君) これより質疑を行います。  本件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 質疑はなしと認めます。  お諮りします。本件については、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、常任委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  本件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  第118号議案を採決します。  お諮りします。小島浩一君を公平委員会委員に選任するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、小島浩一君を公平委員会委員に選任するについては、同意と決しました。
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第36 議員派遣の件 ◯議長(竹市 勲君) 日程第36、議員派遣の件を議題とします。            ───────────────────             議  員  派  遣  の  件                               平成27年9月30日  地方自治法第100条第13項及び岐阜市議会会議規則第165条の規定により、次の とおり議員を派遣する。                     記 ┌─┬──────┬──────────────────────────────┐ │ │      │ イタリア・フィレンツェ市との姉妹都市提携40周年並びに織田│ │ │      │信長公岐阜入城及び岐阜命名450年に向け、本市における記念事│ │ │      │業の開催に係る協力依頼及び両市友好の促進を図るため、姉妹都市│ │ │      │等岐阜市訪問団を派遣するものである。            │ │ │(1)派遣目的 │ ついては、訪問団の一員として、ポルトガル・リスボン市及びフ│ │ │      │ィレンツェ市を表敬訪問し、親交を図り、国際交流のさらなる進展│ │1│      │に寄与するとともに、公共施設等を視察し、本市における取り組み│ │ │      │の参考とする。                       │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(2)派遣場所 │リスボン市、フィレンツェ市                 │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(3)派遣期間 │平成27年10月22日から10月29日までの8日間     │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(4)派遣議員 │渡辺 要議員                        │ ├─┼──────┼──────────────────────────────┤ │ │      │ 織田信長公岐阜入城及び岐阜命名450年の記念事業開催に向け│ │ │      │た情報収集のため、ポルトガル・リスボン市を表敬訪問するととも│ │ │      │に、公共施設等を視察し、本市における取り組みの参考とする。 │ │ │(1)派遣目的 │ また、姉妹都市提携を結んでいるイタリア・フィレンツェ市を表│ │ │      │敬訪問し、親交を図り、国際交流のさらなる進展に寄与するととも│ │ │      │に、ローマ市では、世界遺産の保存対策について視察及び情報収集│ │2│      │を行い、今後の市政に反映させる。              │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(2)派遣場所 │リスボン市、フィレンツェ市、ローマ市            │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(3)派遣期間 │平成27年10月22日から10月29日までの8日間     │ │ ├──────┼──────────────────────────────┤ │ │(4)派遣議員 │山口力也議員、辻 孝子議員、國井忠男議員、杉山利夫議員   │ └─┴──────┴──────────────────────────────┘ ◯議長(竹市 勲君) 派遣の目的、場所、期間、その他必要な事項については、お手元に配付申し上げたとおりであります。  お諮りします。議員派遣については、これを承認するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣については、これを承認することに決しました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第37 市議第15号議案 ◯議長(竹市 勲君) 日程第37、市議第15号議案を議題とします。  議案はお手元に配付申し上げたとおりであります。            ───────────────────  市議第15号議案     岐阜市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について   岐阜市議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。    平成27年9月30日 提 出           提出者            岐阜市議会 議会運営委員長 高   橋       正            ───────────────────   岐阜市議会委員会条例の一部を改正する条例  岐阜市議会委員会条例(昭和42年岐阜市条例第20号)の一部を次のように改正する。  次の表の改正前の欄中下線が引かれた部分を同表の改正後の欄中下線が引かれた部分に改 める。 ┌────────────────────┬────────────────────┐ │        改正後         │        改正前         │ ├────────────────────┼────────────────────┤ │ (出席説明の要求)          │ (出席説明の要求)          │ │第19条 委員会は、審査又は調査のため、│第19条 委員会は、審査又は調査のため、│ │ 市長、教育委員会の教育長、選挙管理委 │ 市長、教育委員会の委員長、選挙管理委 │ │ 員会の委員長、公平委員会の委員長、農 │ 員会の委員長、公平委員会の委員長、農 │ │ 業委員会の会長及び監査委員その他法律 │ 業委員会の会長及び監査委員その他法律 │ │ に基づく委員会の代表者又は委員並びに │ に基づく委員会の代表者又は委員並びに │ │ その委任又は嘱託を受けた者に対し、説 │ その委任又は嘱託を受けた者に対し、説 │ │ 明のため出席を求めようとするときは、 │ 明のため出席を求めようとするときは、 │ │ 議長を経てしなければならない。    │ 議長を経てしなければならない。    │ └────────────────────┴────────────────────┘    附 則  (施行期日) 1 この条例は、公布の日から施行する。  (経過措置) 2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第  76号)附則第2条第1項の規定により同項に規定する旧教育長が在職する間は、この  条例による改正後の岐阜市議会委員会条例第19条の規定は適用せず、この条例による  改正前の岐阜市議会委員会条例第19条の規定は、なおその効力を有する。    提 案 理 由  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、この条例を定めようとす る。            ─────────────────── ◯議長(竹市 勲君) お諮りします。本件に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、本件に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。  これより質疑を行います。  本件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 質疑はなしと認めます。  これより討論を行います。  本件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  市議第15号議案を採決します。  お諮りします。本件については、これを原案のとおり決するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、原案のとおり決しました。
                ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第38 市議第16号議案及び第39 市議第17号議案 ◯議長(竹市 勲君) 日程第38、市議第16号議案及び日程第39、市議第17号議案、以上2件を一括して議題とします。  議案はお手元に配付申し上げたとおりであります。            ───────────────────  市議第16号議案     地方創生に係る新型交付金等の財源確保を求める意見書   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成27年9月30日 提 出            提出者  岐阜市議会議員  山   口   力   也            賛成者  岐阜市議会議員  高   橋       正            同    同        柳   原       覚            同    同        丸   山   慎   一            同    同        浅   野   裕   司            同    同        和   田   直   也            同    同        郷       英   明            ───────────────────         地方創生に係る新型交付金等の財源確保を求める意見書  将来にわたっての「人口減少問題の克服」と「成長力の確保」の実現のためには、総合 戦略の政策パッケージを拡充強化し、「地方創生の深化」に取り組むことが必要である。  政府は6月30日、平成28年度予算に盛り込む地方創生関連施策の指針となる「まち ・ひと・しごと創生基本方針2015」を閣議決定した。  今後は、全国の自治体が平成27年度中に行う「地方版総合戦略」の策定を推進すると ともに、国はその戦略に基づく事業など「地域発」の取り組みを支援するため、地方財政 措置としての「まち・ひと・しごと創生事業費」や平成28年度に創設される新型交付金 など、今後5年間にわたる継続的な支援とその財源の確保を行うことが重要となる。  よって、国におかれては、地方創生の深化に向けた支援として、下記の事項について実 現するよう強く要請する。                     記 1 地方財政措置としての「まち・ひと・しごと創生事業費」と各府省の地方創生関連事  業及び補助金、さらには、新型交付金の役割分担を明確にするとともに、必要な財源を  確保すること。 2 平成27年度に創設された「まち・ひと・しごと創生事業費」については、地方創生  に係る各自治体の取り組みのベースとなるものであることから、恒久財源を確保の上、  5年間は継続すること。 3 平成28年度に創設される新型交付金については、平成26年度補正予算に盛り込ま  れた「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)」以上の額を確  保するとともに、その活用については、例えば、人件費やハード事業等にも活用できる  など、地方にとって使い勝手のよいものにすること。 4 新型交付金事業に係る地元負担が生じる場合は、各自治体の財政力などを勘案の上、  適切な地方財政措置を講ずるなど意欲のある自治体が参加できるよう配慮すること。  以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日                                岐 阜 市 議 会  国会及び関係行政庁宛            ───────────────────  市議第17号議案     安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成27年9月30日 提 出            提出者  岐阜市議会議員  堀   田   信   夫            賛成者  岐阜市議会議員  柳   原       覚            同    同        松   原   徳   和            同    同        井   深   正   美            同    同        原       菜 穂 子            ───────────────────           安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議  安全保障関連法案提出から4カ月、参議院では2カ月、審議すればするほど法案の憲法 違反の内容が明らかになり、多くの世論調査においては国民の過半数が法案に反対、軒並 み8割が政府の説明は十分ではないとの結果が出ている。  戦闘地域での兵たん、戦乱が続いている地域での治安活動、地球上のどこでも米軍防護 のために行う武器使用、そして、集団的自衛権行使に至るまで、法案はありとあらゆる点 で憲法違反であることは明瞭となっている。  公聴会という国民の声を聞く場を設けておきながら、その声を一顧だにせず、また、豊 かで多面的な、そして、真摯な声に全く耳を傾けることなく、採決を強行することは国会 のルールを踏みにじるものである。  政権党が国会で多数を占めているからといって、その力を持って強行することは、民主 主義の国では許されることではなく、憲法の主権在民の原則に反する暴挙と言わざるを得 ない。  よって、岐阜市議会は、安全保障関連法案の強行採決に対し強く抗議する。  以上 決議する。   平成27年9月30日                                岐 阜 市 議 会            ─────────────────── ◯議長(竹市 勲君) お諮りします。市議第16号議案に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、市議第16号議案に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。  市議第17号議案に対する提出者の趣旨弁明を求めます。38番、堀田信夫君。    〔堀田信夫君登壇〕(拍手) ◯38番(堀田信夫君) 上程になりました市議第17号議案安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議について、読んでいただけりゃわかるところですけども、若干補足的に趣旨を申し述べたいと思います。  市議会の岐阜市民クラブ、そして、無所属クラブの皆さんの御同意もいただいて、提出をさせていただいております。    〔私語する者あり〕  強行採決がなされて以降、各界の方々がさまざまコメントを載せておられます。  京都大学名誉教授、ノーベル物理学賞、益川敏英さん、メディアコスモスの名誉館長であります。『安倍首相は、立憲国家の首相としてむちゃをした。明らかに憲法違反の法律を、国民に十分説明しないまま、オレがいいと思ったことは押し通すんだと。集団的自衛権行使を認めない憲法が今の国際情勢に合わないというなら、合わない理由を説明して、国会で3分の2をとって、立憲国家としての手順をきちんと踏むべきです。そういうのを全部すっとばして、日本を「戦争できる国」にする』。憲法無視の安倍さんのやり方はまさにファッショ。  映画監督の山田洋次さんは、「この国が民主に義の国ならば、この国の政府が誠実に国民の声に耳をかたむけ、真剣に国民の幸福と世界の平和について考える政府であったならば、今回の強行採決という目を覆うような無残な政治はなかったはずです。今日は日本人としてとても悲しい日です」とのコメントを出しておられます。  安倍首相は、成立し、時が経ていく中で間違いなく理解は広がると豪語しておりました。実際はどうか。文中に記載されておりますとおりですが、19、20日の両日、報道各社が実施した緊急世論調査では、「国会審議を尽くしていない」が8割近くに及び、「国民に十分説明していない」「説明が不十分」、これも7割から8割。成立について「反対」「評価しない」はいずれも過半数に上り、「賛成」「評価する」を大きく上回っています。つまり、理解どころか、民意との隔たりが広がっているのです。  最終局面の強行運営ぶりです。公聴会は広く国民の意見を聞き、その上で審議に豊かに反映させるもので、審議の打ち切りは論外、野党の反対で地方公聴会直後の総括質疑はできなくなりましたが、17日にはその質疑さえもやらず、公聴会の報告までも行われず、公聴会での公述内容が議事録に残らないという問題さえも引き起こしているのです。学者や弁護士、作家が呼びかけ人となって、安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める有志が行った賛同署名は、わずか5日間でネット署名を中心に3万2,101人の賛同が集まったとされています。  与党の多数議席は事実ですが、果たして民意を反映したものでしょうか。昨年12月の総選挙で、全有権者に占める自民党の得票数は、小選挙区で24.4%、比例代表では17%にすぎません。多数の議席を得たのは、ひとえに小選挙区制のなせるわざ、つまり虚構の多数と言わざるを得ません。多数を得たなら何をやってもいいのか。安倍首相は安保法制反対のデモに対して、国民の1つの声と言ってのけています。果たして民主主義とは何か。異なった意見や批判に謙虚に耳を傾け、異なる立場であっても事実と道理に立って真剣な議論を尽くすという不断のプロセスが大事ではないかと心得るものです。  以上を申し述べまして、安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議の提案とさせていただきます。  よろしく御同意お願いいたします。(拍手)    〔私語する者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) これより質疑を行います。  これら2件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 質疑はなしと認めます。  お諮りします。これら2件については常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、これら2件については、常任委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  これら2件について討論を許します。討論はありませんか。
       〔「議長、1番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 1番、富田耕二君。    〔私語する者あり〕    〔富田耕二君登壇〕(拍手) ◯1番(富田耕二君) それでは、議長のお許しをいただきましたので、市議第17号議案安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議に賛成する立場で討論をさせていただきます。  9月19日、国会の会期が残っているにもかかわらず、また、多くの国民が、法案に反対、また、今国会での成立にすべきではないという声がある中、連休前に委員会質疑が打ち切られ、参議院本会議で安全保障関連法案が可決されました。  この間を見てみますと、成立を急ぐ余りに、余りに強引な運営を推し進められている、このことはまことに遺憾であります。同時に、立憲主義をないがしろにし、国家の最高機関であるはずの国会のあり方を失墜させたと思っています。  戦後70年、長い間をかけ歴代の内閣が踏襲をしてきた憲法解釈を一内閣の恣意的な解釈によって集団的自衛権行使が許されるとしたら、憲法は法的安定性を失い、国民が憲法を通して権力を律するという立憲主義は根底から覆ることになるんではないでしょうか。仮に集団的自衛権の行使を可能にするのであれば、その賛否は別としても、憲法改正の手続を経て国民の賛否に委ねるのが法治国家として当たり前のやり方であり、それが王道だと思います。    〔私語する者あり〕  今回、11本の法案を2つの法案に束ねて提出し、こうした政府の強引なやり方は許されるべきものではありません。国民に対して説明が不十分である中での強行採決は、国民の代表であるはずの国会議員の立場からも、憲法に違反することになるのではないでしょうか。  私たち岐阜市議会議員も、常に市民の声に耳を傾け、議会活動をしていると思います。市民の声なくしては、市政は成り立ちません。市民の声に真摯に耳を傾ける、その姿勢が大切だと思います。国会も同様ではないでしょうか。国民の声に十分に耳を傾ける、このことが必要だと思います。今回、私たち地方議員といえども、こうした国民の意見を無視した、こうした強引な状況を許すべきではないと思います。政治に携わる者としての使命であるとも思います。この岐阜市議会からも、やっぱり声を上げていかなければいけないと思います。    〔私語する者あり〕  今回、とりわけ今後の国のあり方を大転換する、こうした重要な課題であります。本当に十分な審議が尽くされたのか、そのことを私たちは議会人として訴えていく必要があると思います。こうした政府のやり方は、今後、地方の声を聞く、聞かない、そういうことにもつながりかねません。今回の決議案に対して、この市議会の場からも国に対して訴えていきましょう。  ぜひ決議案に賛同していただきますようお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。ありがとうございました。(拍手) ◯議長(竹市 勲君) ほかに討論はありませんか。    〔「議長、34番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 34番、田中成佳君。    〔私語する者あり〕    〔田中成佳君登壇〕(拍手) ◯34番(田中成佳君) 岐阜市議会無所属クラブを代表して、市議第17号議案安全保障関連法案の強行採決に抗議する決議案の採択を主張します。  安全保障関連法案、いわゆる戦争法案は、去る9月19日未明、参議院本会議で強行採決され成立しました。安倍政権は、多くの国民の反対の声に一切耳を傾けることなく、戦後70年間守り続けてきた平和国家としての日本を、戦争のできる国へと大きく転換させたのであります。戦争法は希代の悪法として、その名を歴史にとどめることになるでしょう。  この法律が憲法違反であることは、大多数の憲法学者や歴代の内閣法制局長官が指摘をしています。また、安倍政権は、法律の違憲性については最高裁が判断することだと声高に繰り返してきましたが、その最高裁の長官を務めた山口 繁氏は、集団的自衛権行使の容認は憲法違反であるとはっきりと述べられておられます。また、最高裁判事をされた濱田邦夫氏も、参議院平和安全法制特別委員会の中央公聴会で政府・与党が法案の合憲性の根拠としている砂川判決について、個別的であろうが、集団的であろうが、自衛隊そのものの存在について争われた事案ではないという意味において、これを理由とするということは非常に問題があると指摘し、法案が憲法に違反すると述べられました。戦争法が憲法違反であることは、もはや誰の目にも明らかです。戦争法は絶対に認められません。  戦争法が日本国の安全を担保するものでないことも明らかです。この戦争法案が審議されていた9月10日には、シリアやイラクなどで活動する過激派組織イスラム国は日本を、イスラム国を敵対視するアメリカを筆頭とする十字軍連合の一員だとして、インドネシアやマレーシア、ボスニア・ヘルツェゴビナにある日本公館を狙うよう指示を出しました。また、中国は、日本が軍備を拡張するならば、中国も軍備の増強を図ると公言したのであります。  井戸を掘る医者として、干ばつで苦しむアフガニスタンで井戸を掘り、農業用の用水路建設などの復興支援活動を続けているNGO・非政府組織ペシャワール会の現地代表である中村 哲氏は、毎日新聞の取材に対して次のように述べています。  「安保法案は、日本が外国で軍事行動していくと打ち出すことだ。イスラム世界ではアメリカ軍の友軍、──これは友の軍です。──アメリカ軍の友軍となる日本は確実に敵視される。我々も引き揚げざるを得ない事態になるかもしれない」と述べ、支援活動を停止する可能性に言及し、さらに、「飢餓に苦しむ住民の生活を安定させる支援こそが本当の安全保障になるのに、日本ではそんな実情が知られていない」「多くの反対を押し切って、法案を採決したことで日本は曲がり角を曲がった」「もし我々が撤退する事態になれば、支援を受ける何十万の現地住民にも影響が出る。安保法案は中東ではいいことがない。改めて廃案にして出直すことを祈る」とコメントをされています。  海外で活動する日本の多くのNGOが身の安全を保障されず、やむなく活動を停止せざるを得なくなる事態は目に見えています。また、海外で活躍する一般の企業や海外旅行者にも危険が及ぶ可能性が増すとともに、日本国内でのテロの脅威も現実味を帯びてきているのです。  戦争法が日本国や日本人の安全を守るという安倍総理の主張は全く欺瞞であり、逆に日本を戦争に巻き込み、日本人を危険な状態に置く法律であることは、中村医師の指摘どおり明らかであります。戦後70年間の長きにわたり堅持されてきた、立憲主義、平和主義、民主主義を踏みにじる行為を絶対に許してはなりません。  戦争法案の強行採決に抗議し、法律の即時廃止を求める立場から、決議案の採択を強く主張します。(拍手)    〔私語する者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) ほかに討論はありませんか。    〔「議長、38番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 38番、堀田信夫君。    〔堀田信夫君登壇〕(拍手) ◯38番(堀田信夫君) たびたび出て恐縮ですけども、これからは賛成討論ではなくて反対のほうなんですけども、よろしくお願いいたします。  市議の提案の地方創生に係る新型交付金等の財源確保を求める意見書についてですが、タイトルはいいんですけども、この制度が抱えている問題の本質が曖昧とされるおそれがありますので、指摘をしておきたいと思います。  総務省が地方財政計画の目玉に位置づけているのが、地方創生に取り組むために必要な経費として歳出に計上した、文書の中にもあります、まち・ひと・しごと創生事業費、約1兆円とされていますが、地方交付税の増額措置とのことです。ただし、1兆円のうち半分の0.5兆円は、地域の元気創造事業費など前年度の既存費目からの振りかえなんです。そして、財源について、「今後、偏在是正を更に進めること等により恒久財源を確保する方針」としています。この文言ですが、これは消費税10%段階で説明されている、他の偏在是正措置を講ずる云々とした与党税制大綱を受けたもので、今後の財源は消費税増税を前提としていることは見逃せないところです。  加えて、特に今回指摘しておきたい問題は算定方法です。地方交付税の算定方法。これが一番の問題です。  地域の元気創造事業費は、申し上げたように、前年までの既存費目からの振りかえによるものですが、算定方法も同じやり方で継承されます。どういうことかというと、行政改革や地域活性化の成果、出来高を基準に交付税を配分する仕組みが継承されます。  本来、地方交付税制度は、地域による条件のよしあしに左右されることなく、格差を是正し、国民が等しく、どこに住んでいても標準的な行政サービスが受けられることを可能とする制度のはずです。交付税が、やれ成果、あるいは成績で足したり引いたりされたら、自治体同士を競争に駆り立てる道具となりかねません。  地方創生大臣は現に、成果が出ない自治体は交付税を減らす旨の発言を行っています。こういう状況だから、全国の町村会からは、まち・ひと・しごと創生事業に係る地方交付税の算定に当たっては、今後、徐々に取り組みの成果、成果指標による算定方式にシフトするとされているが、条件不利地域や財政力の弱い町村において、人口減少の克服、地方創生の目的を達成するためには、長期にわたる取り組みが必要であることを十分考慮することと要望せざるを得ない状況も出てきているわけであります。  今この段階で国に対して物を言うんであるならば、地方交付税算定に当たって成果による算定は撤回すること、あるいは成果による算定であったとしても、全額を必要度と認めるよう算定を改める、このことを国に求めるべきだということを申し上げて、本意見書の提案については賛成できない旨の討論といたします。(拍手) ◯議長(竹市 勲君) ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 以上で討論を終結します。  これより採決を行います。  まず、市議第16号議案を、起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立多数であります。よって、市議第16号議案については、原案のとおり決しました。  次に、市議第17号議案を、起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(竹市 勲君) 起立少数であります。よって、市議第17号議案は否決されました。    〔私語する者あり〕  なお、可決されました意見書の取り扱いについては、これを議長に一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(竹市 勲君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り計らいます。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 閉 議 閉 会 ◯議長(竹市 勲君) 以上で今期定例会に付議された事件は全て議了しました。よって、本日の会議はこれで閉じ、平成27年第4回岐阜市議会定例会を閉会します。  午後0時33分 閉  会    〔閉会後、市長及び議長から次のような挨拶があった。〕 ◯市長(細江茂光君) 本会議を終了するに当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  今期定例会におきましては、昨年度の決算認定を初め、道路、側溝など市民生活に密接した都市基盤整備事業に加え、社会福祉施設の建設助成に係る補正予算など諸議案を提案をいたしましたところ、慎重な審議をいただき、それぞれ適切な御決定を賜りましたことに厚く御礼を申し上げます。  審議におきましては、新庁舎建設や柳ケ瀬の活性化についてなど、多方面にわたり貴重な御意見、御提言を賜りました。今議会での議論を踏まえまして、今後の施策や市政運営に十分生かしてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。  さて、ことしの夏は8月に猛暑が続いた後、一転して不安定な天候となり、たび重なる台風と秋雨前線の影響により日本各地で大雨による被害が発生いたしました。中でも、今月上旬に発生しました関東・東北豪雨により被災をされた地域においては、懸命な復旧活動にもかかわらず、今もなお多くの住民の方々が不自由な避難生活を余儀なくされております。栃木県、茨城県、宮城県で亡くなられました方々とその御遺族に対し、改めて哀悼の意を表するとともに、被災地の一刻も早い復興を重ねて祈念いたします。  本市におきましても、過去において、昭和51年の9.12災害など甚大な被害を受けております。こうした過去の被災経験を教訓として、地震や洪水などの自然災害から市民の皆様の命や財産を守ることが我々基礎自治体の使命であることを改めて肝に銘じ、今後も安全、安心な都市の実現に向け、防災対策の一層の強化に取り組んでまいります。  一方、7月18日にオープンしました「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は連日多くの皆様に御来館いただき、若い人たちを中心に大きな盛り上がりを見せております。来館者数は9月27日現在で既に30万人に上り、目標としております年間来館者数100万人の達成に向け、順調に推移をしております。今後とも市民の皆さんに愛される施設となりますよう、さまざまな取り組みを進めてまいりたいと考えております。  最後になりますが、朝晩は急に冷え込む日もあり、寒暖の差が体にこたえる時節であります。議員各位におかれましては、健康にくれぐれも御留意いただき、市政発展のため一層の御協力を賜りますようお願いを申し上げ、議会終了に当たっての挨拶といたします。ありがとうございました。(拍手) ◯議長(竹市 勲君) 閉会するに当たりまして、私のほうからも一言御挨拶を申し上げます。  今期定例会は、去る9月4日から本日までの27日間にわたり開会し、付議案件の審議を行い、ここに閉会するに至りました。この間、平成26年度決算認定を初め、補正予算、新教育委員会制度や番号法関連の条例改正などの諸議案及び請願について、終始まことに熱心に議論されましたことに対して深く敬意を表するとともに、皆様方の議会運営への御協力に対して厚く御礼を申し上げます。  最後になりますが、あすから10月を迎え、いよいよ秋めいてまいります。皆様方におかれましても、体調管理に十分御留意されますようお願いを申し上げまして、閉会の挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)  岐阜市議会議長      竹 市   勲  岐阜市議会議員      國 井 忠 男  岐阜市議会議員      高 橋   正 Copyright (c) Gifu City Assembly. All Rights Reserved. ページの先頭へ▲...