運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 岐阜市議会 2003-07-02
    平成15年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日:2003-07-02


    取得元: 岐阜市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-16
    ▼ 最初のヒットへ(全 0 ヒット)  開  議   午前10時1分 開  議 ◯議長(早田 純君) これより本日の会議を開きます。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━  一 諸般の報告 ◯議長(早田 純君) 日程に入るに先立って諸般の報告を行います。            ───────────────────  永年在職議員の表彰伝達 ◯議長(早田 純君) 永年在職議員の表彰伝達を行います。  去る6月19日東京都で開かれた第79回全国市議会議長会定期総会において永年在職議員の表彰が行われ、本市議会から20年以上在職議員として5名の方々が栄誉ある特別表彰を受けられました。  表彰を受けられた方々を御紹介申し上げますので、自席において御起立願います。堀 征二君、大前恭一君、小林幸男君、林 貞夫君及び前市議会議員村瀬正己君、以上の方々であります。              〔被 表 彰 議 員 起 立〕 ◯議長(早田 純君) これより本議場において表彰状の伝達を行います。表彰されました方々を代表して、小林幸男君に伝達します。35番、小林幸男君、御登壇願います。    〔小林幸男君登壇、議長演壇へ移動〕(拍手)            ───────────────────              表      彰      状                          岐阜市 小 林 幸 男 殿  あなたは市議会議員として二十年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績  は特に著しいものがありますので第七十九回定期総会にあたり本会表彰規程によっ  て特別表彰をいたします。
        平成十五年六月十九日                  全国市議会議長会                      会  長  片 山   尹  印            ───────────────────    〔議長代読後表彰状授与〕(拍手)    〔私語する者多し〕(笑声)    〔小林幸男君降壇、議長着席〕 ◯議長(早田 純君) 御着席ください。              〔被 表 彰 議 員 着 席〕 ◯議長(早田 純君) 以上で永年在職議員の表彰伝達を終わります。  以上で諸般の報告を終わります。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◯議長(早田 純君) 本日の日程はお手元に配付申し上げたとおりであります。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━  第1 会議録署名議員の指名 ◯議長(早田 純君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において13番道家康生君、14番林 政安君の両君を指名します。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━  第2 第74号議案から第13 第86号議案まで ◯議長(早田 純君) 日程第2、第74号議案から日程第13、第86号議案まで、以上12件を一括して議題とします。            ───────────────────               〔議 案 掲 載 省 略〕            ───────────────────            総 務 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条  の規定により報告します。                    記 ┌───────┬────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件              名    │ 議決の結果  │ ├───────┼────────────────────────┼────────┤ │第74号議案 │平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)  │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正          │        │ │       │  歳入                    │        │ │       │  歳出中                   │        │ │       │   第2款 総務費              │        │ │       │   第12款 諸支出金            │        │ │       │ 第2条 地方債の補正             │        │ │第76号議案 │岐阜市外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員│原案のとおり可決│ │       │の処遇等に関する条例制定について        │        │ │第77号議案 │岐阜市吏員退職金条例等の一部を改正する条例の一部│原案のとおり可決│ │       │を改正する条例制定について           │        │ │第78号議案 │岐阜市税条例の一部を改正する条例制定について  │原案のとおり可決│ │第79号議案 │岐阜市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定│原案のとおり可決│ │       │について                    │        │ └───────┴────────────────────────┴────────┘   平成15年6月30日                        総務委員長  渡 辺   要  印    岐阜市議会議長  早 田   純 様            ───────────────────            厚 生 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条  の規定により報告します。                    記 ┌───────┬────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件              名    │ 議決の結果  │ ├───────┼────────────────────────┼────────┤ │第74号議案 │平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)  │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正          │        │ │       │  歳出中                   │        │ │       │   第9款 消防費              │        │ │第75号議案 │平成15年度岐阜市老人保健医療給付事業特別会計補│原案のとおり可決│ │       │正予算(第2号)                │        │ │第81号議案 │岐阜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関す│原案のとおり可決│ │       │る条例の一部を改正する条例制定について     │        │ └───────┴────────────────────────┴────────┘   平成15年6月30日                        厚生委員長  丸 山 慎 一  印    岐阜市議会議長  早 田   純 様            ───────────────────            建 設 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条  の規定により報告します。                    記 ┌───────┬────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件              名    │ 議決の結果  │ ├───────┼────────────────────────┼────────┤ │第74号議案 │平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)  │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正          │        │ │       │  歳出中                   │        │ │       │   第8款 土木費              │        │ │第80号議案 │岐阜市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例制定│原案のとおり可決│ │       │について                    │        │ │第84号議案 │市道路線の認定及び変更について         │原案のとおり可決│ │第86号議案 │平成15年度岐阜市下水道事業会計補正予算(第1号)│原案のとおり可決│ └───────┴────────────────────────┴────────┘   平成15年6月30日                        建設委員長  高 橋   寛  印    岐阜市議会議長  早 田   純 様            ───────────────────            文 教 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条  の規定により報告します。                    記 ┌───────┬────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件              名    │ 議決の結果  │ ├───────┼────────────────────────┼────────┤ │第74号議案 │平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)  │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正          │        │ │       │  歳出中                   │        │ │       │   第10款 教育費             │        │
    │第82号議案 │工事請負契約の締結について((仮称)北東部コミュ│原案のとおり可決│ │       │ニティセンター及び岐阜北消防署三輪出張所建築主体│        │ │       │工事)                     │        │ │第83号議案 │工事請負契約の締結について(日野小学校校舎建築主│原案のとおり可決│ │       │体工事)                    │        │ └───────┴────────────────────────┴────────┘   平成15年6月30日                        文教委員長  高 橋   正  印    岐阜市議会議長  早 田   純 様            ─────────────────── ◯議長(早田 純君) これら12件の各常任委員会における審査結果の報告を求めます。厚生委員長、17番、丸山慎一君。    〔丸山慎一君登壇〕 ◯17番(丸山慎一君) おはようございます。    〔「おはようございます」と呼ぶ者あり〕  ただいまより厚生委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は付託されました議案3件について、6月27日及び30日の両日委員会を開会し、審査いたしましたので、その経過及び結果を御報告申し上げます。  審査におきましては、第74号議案平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分、第75号議案平成15年度岐阜市老人保健医療給付事業特別会計補正予算(第2号)及び第81号議案岐阜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定についての3議案については、いずれも異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決したのであります。  以上、厚生委員長報告といたします。    〔私語する者多し〕(笑声) ◯議長(早田 純君) 建設委員長、22番、高橋 寛君。    〔私語する者多し〕    〔高橋 寛君登壇〕 ◯22番(高橋 寛君) ただいまから建設委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は去る6月27日及び30日の両日委員会を開会し、付託されました議案4件につきまして、現場視察も踏まえ慎重に審査いたしましたので、以下、その経過並びに結果を御報告申し上げます。  初めに、第74号議案平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。  まず、基盤整備部関連の質疑について申し上げます。  道路橋梁新設改良費中、ミイゾ川原畑線について用地買収予定地及びその単価を尋ねられたのであります。他の委員からは、長森435号線について、国の踏切道の拡幅に係る指針により、拡幅に伴い周辺の踏切が廃止されること、さらにその例外があることを述べられるとともに、同様に踏切道の統廃合が想定されている左兵衛新田米野線の整備の見通しを尋ねられたのであります。  また、街路新設改良費中、金町那加岩地線について用地買収の進捗状況を尋ねられたのであります。他の委員からは、運動場加茂線について街路整備と区画整理という異なる事業手法で行うことに対して懸念され、それぞれの進捗状況及び今後の見通しを尋ねられるとともに、事業推進に当たっては連携を図られるよう要望されたのであります。  さらに、河川水路新設改良費中、新荒田川の護岸工事について、次年度以降も含めた進捗状況及び工事期間を尋ねられるとともに、橋梁工事及びその取りつけ道路に係る地元住民への説明の有無について問われたのであります。また、他の委員からは、橋梁工事について、岐阜駅那加線の建設が優先的に行われれば、この橋梁工事は不要となるのかどうかを問われるとともに、岐阜駅那加線の事業年度を尋ねられたのであります。  次に、まちづくり推進部関連の質疑について申し上げます。  まちづくり推進費中、土地区画整理について、国、県、市のそれぞれの負担割合を尋ねられたのであります。  また、市街地再開発事業費中、岐阜駅西地区の再開発について、かつて構造物の統一的な美しさを強調したアルド・ロッシ氏の描いた駅周辺の景観に対する認識を問われるとともに、都市計画の重要性を指摘されたのであります。  さらに、中心市街地における住宅事情を例に挙げられ、中心市街地に住宅を建設することは活性化策としては有効な政策であるものの、市民ニーズの観点からの市営住宅建設が必要であるとの認識から、その優先順位等について考え方をただされるとともに、住宅マスタープランの見直しの必要性を指摘されたのであります。  また、コンペ採択時に示された保留床処分金に対する現時点における認識及び今後の見込みについて問われるとともに、その見通しについて懸念を示されたのであります。さらに、長森北団地の建設を引き合いに出され、この再開発事業において、地元企業の参入の保証及び参入するよう指示することの可否について問われるとともに、電気、水道などの設備工事について入札となるのかどうか尋ねられたのであります。  次に、都市建設部関連の質疑について申し上げます。  公園整備事業費中、正木緑地について、その土地の所有者及び契約関係を尋ねられ、また、他の委員からは、今後の管理体制あるいは交通量の多い堤防道路からの出入りとなることから、利用者の安全対策についてただされたのであります。  その後の討論では、一委員から、市街地再開発事業費について、市も地権者として参加する組合施行の駅西地区の再開発事業は、バブル時代の発想に近い典型的な箱物であること、また、莫大な負担が見込まれ、本市の財政状況や市民生活の実態を顧みたとき、身の丈に合った事業とは思えないこと、さらに、都市景観、住宅政策からも一層の吟味が必要であるとの理由により、本件に反対である旨が述べられたのであります。  一方、賛成の立場の委員からは、河川全般について、護岸の修景など空間の積極的な利用は賛成であるが、河川に対する市民の満足度や安全性などを河川ごとに評価するとともに、それをもとに事業を進めるよう要望されたのであります。  さらに、他の賛成の立場の複数の委員からは、道路橋梁新設改良費について、長森435号線に関連して、利用頻度等を踏まえた道路整備を、また、市の財政が緊迫している今日的状況においては、市民の満足する重要施策から順次取りかかるよう、それぞれ要望されたのであります。  かかる討論を踏まえ、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第80号議案岐阜市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、国及び県における占用料の引き上げの動きの有無を尋ねられるとともに、岐阜市が管理する道路においては市が独自に判断すべきとの指摘をされ、今後県と協議の上しかるべき対処をするよう要望されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第84号議案市道路線の認定及び変更についてでありますが、区画整理区域内の市道路線の早期認定もしくは認定前の安全対策上の施策を要望されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、第86号議案平成15年度岐阜市下水道事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、流域関連公共下水道区域内における一層の水洗化の促進を要望されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、建設委員長報告といたします。 ◯議長(早田 純君) 文教委員長、5番、高橋 正君。    〔高橋 正君登壇〕 ◯5番(高橋 正君) 文教委員長報告を行います。  今期定例会において本委員会に付託されました議案3件につきまして、去る6月27日及び30日の2日間にわたり委員会を開会し、慎重に審査いたしましたので、以下、その経過並びに結果を御報告申し上げます。  まず初めに、第74号議案平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。  本件の質疑においては、まず国内における世界宇宙飛行士会議でのコミュニティデーの開催予定、また岐阜市における開催の経緯、負担金などの算定根拠、事業内容及び事業主体についてそれぞれ問われたところであります。さらに、開催期日の本年10月15日及び16日が平日であることから、場所的、時間的に制約がある旨を指摘された上で、その実施方法を尋ねられるとともに、児童生徒との交流には公平性を求められたところであります。  その後、討論へと移行したところ、本議案に賛成の立場の一委員は、本事業が子供たちにとって公平で有意義なものとなるよう、また、15日の夜に予定されている歓迎会においても子供たちができるだけ参加できるよう検討方を要望されたところであります。さらに、他の委員は、計画性のある提案をすべき旨を主張されたほか、一過性のものとならないよう、また、市全体の宇宙に対する関心が高まるよう事業内容の充実を切望されたところであります。  かくして、本件を採決に付したところ、議案そのものには異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、仮称・北東部コミュニティセンター及び岐阜北消防署三輪出張所建築主体工事に係る第82号議案工事請負契約の締結についてでありますが、質疑において、落札価格が予定価格を下回ったことから、低入札価格調査実施の有無及びその調査を必要とする基準について問われたところでありますが、議案そのものには異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、日野小学校校舎建築主体工事に係る第83号議案工事請負契約の締結についてでありますが、その工事期間並びに工事に際しての児童の健康、安全への対応について、また同小学校における児童数増加の見込みについてそれぞれ質疑がなされたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、文教委員長報告といたします。 ◯議長(早田 純君) 総務委員長、15番、渡辺 要君。    〔渡辺 要君登壇〕 ◯15番(渡辺 要君) 総務委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る6月27日及び30日の両日にわたり委員会を開会し、付託されました議案5件を審査いたしましたので、以下、その経過と結果について御報告いたします。  まず初めに、第74号議案平成15年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑においては、歳入に関連して、県補助金である緊急雇用創出特別対策事業費に係る対象事業について、業務内容の精査に対する当局の考え方を問われたほか、岐阜駅西地区の市街地再開発事業では、国、県の補助が伴うものの、市の負担分として多額の補助金を当該事業へ支出することに対する当局の見解を求められ、また、スローライフや岐阜らしさを求めるまちづくりのあり方について、市長の政策立案を所管する政策審議室として、まちづくり推進部とも協議がなされているのかをただされたのであります。  一方、歳出におきましては、総務費の総合交通体系策定に関連して、本年10月から2カ月間にわたって予定されている総合型交通社会実験のうち、トランジットモール実験に伴う通行車両の制限による商店街や民間駐車場等に対する影響、あるいは路面電車やバスといった公共交通と歩行者との関係などについて当局の考え方をただされたほか、バス専用レーンを設ける実験での区間設定や実施時間帯、加えて社会実験の説明会における、これまでの住民の反応や要望及び説明会のあり方についても問われたのであります。  さらに、総合交通体系策定に係る全体経費を尋ねられたほか、これまで執行されてきた多くの総合交通体系関連の委託業務と今回の補正予算との関係を言及されたのであります。  また、過去において、関係者の反対により予算が不執行となった事例を述べられ、社会実験の実施に当たっては、地域住民や関係機関等に対する説明を行い合意形成を図るよう努めるとともに、議会との十分な協議を経て慎重に進めていくことを指摘されたのであります。  さらに、郊外型ショッピングセンターの進出に伴う柳ケ瀬への影響を憂慮され、過去における交通社会実験の成果を踏まえながら、社会実験への理解を示されたものの、鵜飼い大橋の開通に伴って長良橋の通過交通量が減少していること及び名鉄が路面電車撤廃の動きを示している中での市民感情も考慮し、慎重な対応方を求められたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へと移行したところ、反対の立場の一委員は、歳入に関して、駅前の市街地再開発については、国、県からの補助金であっても税金であることに変わりがなく、当該事業への補助には疑問が残ると述べられ、本議案には賛成できないと主張されたのであります。  他方、賛成の立場の複数の委員からは、次の要望がなされたのであります。  すなわち、まず一委員は、今回の総合交通体系策定を実効性のある事業実施に向けて有効に活用すること、交通網が十分でない地域住民の意見を反映させた体系とすること及び全庁的に取り組まれることを要望されたのであります。  また、本議案に関連して、総合型交通社会実験について関係住民への十二分な説明会の開催はもとより、関係する地域住民の理解と了承を得て執行すべきであると要望されたのであります。  さらに、他の委員からは、一定の住民合意が得られるよう努力し、慎重に進めていくことを主張されたのであります。  そのほか、社会実験の実施に当たっては、沿線住民だけでなく岐阜市北部の住民にも協力いただくことが必要であり、場合によっては実験期間を短縮することも求められ、実験結果については幅広く報告されることを要望されたのであります。  かかる討論を経た後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第76号議案岐阜市外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例制定についてであります。  質疑においては、外国の地方公共団体の機関等へは、あくまでも任命権者が業務として職員を派遣するものであることを確認された上で、「当該職員の同意を得なければならない」と規定している、上位法である「外国の地方公共団体の機関等に派遣される一般職の地方公務員の処遇等に関する法律」と条例との関連を問われたのであります。  その後の討論においては、賛成の立場の一委員から、今回の条例制定理由がボランティア活動支援のためではなく、業務としての派遣であることから説明が不十分であったこと。また、条例第2条において、「国際機関の要請で派遣することができる」と規定される部分については、運用上で派遣相手国の合意を前提とすべきであることを指摘されたのであります。  また、同じく賛成の一委員からは、派遣される職員の意欲は理解できるものの、自治体の使命は、本来、そこに暮らす住民の安全と福祉を守ることであることにかんがみ、運用に当たっての慎重な対応方を求められたのでありますが、議案そのものには何ら異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第77号議案岐阜市吏員退職金条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑においては、恩給法の0.9%の減額を受け、遺族年金に係る寡婦加算額のみを引き下げたものであるかを確認された上で、当該条例の適用が4月1日からではなく、8月1日からの施行とし、不利益不遡及の原則に基づき8月分での減額調整とすることから、条例改正の時期について問われたのであります。  その後、討論へと移行したところ、反対の立場の一委員は、今後、年金を頼りにしている方の収入がふえる見込みがなく、むしろ負担がふえる状況の中では、たとえ、わずかな減額でも賛成できない旨を主張されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第78号議案岐阜市税条例の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑において、今回の条例改正による本市における影響及び影響額の見込みについて問われたのでありますが、議案そのものには何ら異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、第79号議案岐阜市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定についてであります。  質疑において、廃止される当該審議会の審議内容及び徴収猶予となっている土地に係る納税免除の審議に対する今後の当局の対応について問われたのでありますが、議案そのものには何ら異議なく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、総務委員長報告といたします。 ◯議長(早田 純君) この際、しばらく休憩します。   午前10時30分 休  憩            ━━━━━━━━━━━━━━━━━   午前10時43分 開  議 ◯議長(早田 純君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  常任委員長報告に対する質疑の通告はありません。  これより討論を行います。  討論の通告がありますので、これを許します。10番、森 久江君。    〔森 久江君登壇〕(拍手) ◯10番(森 久江君) 日本共産党を代表して、反対討論を行います。    〔私語する者多し〕  第74号議案、一般会計補正予算についてであります。    〔私語する者多し〕  駅西地区再開発事業に伴う今回の補正予算計上は、設計に係る補助金ですが、総事業費は128億円、そのうち約35億円という莫大な費用が補助金として、つまり税金が投入される事業です。この事業のために容積率をわざわざ変更して建設される約153メートル、高島屋の3倍にもなる超高層ビルの出現は、統一された都市景観を生み出せないことになります。  事業ごとにばらばらの計画では、せっかくの都市計画が体をなさないことになってしまいます。また、中心市街地での居住機能向上が大切であるということは言うまでもありませんが、岐阜駅の真ん前の分譲住宅ともなれば、入居できる人は限られてくると思われます。
     本郷ハイツ、ハイツ桜木、ハイツ宇佐、ハイツ早田などの市街地の市営住宅は、入居待ちが相当あると聞いていますし、郊外の大洞団地でも単身や高齢者の方の入居待ちがある現状です。この事業計画は、こうした市民の現状を考えたときに時宜を得たものとは言えません。さらに計画では、超高層住宅による付加価値で通常の1.2倍で保留床を処分できると見込んでいます。昨今の経済状況を見るとき、いかにも甘い話で、行政が関与する事業がこのような発想であってよいのか、疑問の尽きないところです。  また、竹中工務店と森ビルの企画提案を採用したものですが、調査設計、土地の整備、補修、建設に至るまで、この先、地元の中小企業に仕事が発注されるかということについても心もとなさが残ります。  第77号議案、岐阜市吏員退職金条例等の一部を改正する条例についてです。  これは退職された岐阜市職員の遺族年金を受給しておられる60歳以上の妻に対する寡婦手当を減額するというものです。恩給法の改定に伴うものとはいうものの、医療費や介護保険など年金生活者の負担が年々増加する中で、このような減額は弱い者いじめとしか言いようがなく、反対であることを申し上げて討論を終わります。(拍手) ◯議長(早田 純君) 以上で討論を終結します。  これより採決を行います。  まず、第74号議案を、分離して起立によって採決します。本件に関する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  お諮りします。本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(早田 純君) 起立多数であります。よって、第74号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第77号議案を、分離して起立によって採決します。本件に関する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  お諮りします。本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(早田 純君) 起立多数であります。よって、第77号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第75号議案、第76号議案、第78号議案から第84号議案まで及び第86号議案、以上10件を一括して採決します。これら10件に関する常任委員長報告は、いずれも原案のとおり可決であります。  お諮りします。これら10件については、いずれも常任委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、これら10件については、いずれも常任委員長報告のとおり決しました。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━  第14 第87号議案から第16 第89号議案まで ◯議長(早田 純君) 日程第14、第87号議案から日程第16、第89号議案まで、以上3件を一括して議題とします。            ───────────────────               〔議 案 掲 載 省 略〕            ─────────────────── ◯議長(早田 純君) 提出者の説明を求めます。市長、細江茂光君。    〔細江茂光君登壇〕 ◯市長(細江茂光君) ただいま上程になりました議案につきまして御説明いたします。  まず、第87号議案につきましては、教育委員会委員の任命同意についてであります。  その任に御努力いただいております岡本知彦さんの任期が7月30日に満了いたします。引き続き岡本知彦さんを教育委員会委員として任命いたしたいと存じます。  次に、第88号議案につきましては、監査委員の選任同意についてであります。  現在、その任に御努力願っております渡辺浩造さんの任期が7月31日に満了し、今期をもって退任されますので、その後任に本市職員として長い間奉職されておりました松波 博さんを監査委員として選任したいと存じます。  第89号議案につきましては、人権擁護委員候補者の推薦同意についてであります。  現在、その任に御努力願っております堀 智子さん及び吉本伶子さんの任期が8月31日に満了いたしますので、引き続き堀 智子さん及び吉本伶子さんを人権擁護委員候補者に推薦したいと存じます。  以上、よろしく御同意のほど、お願い申し上げます。 ◯議長(早田 純君) これより質疑を行います。  これら3件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」「議長、34番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 34番、服部勝弘君。    〔私語する者多し〕(笑声)    〔服部勝弘君登壇〕(拍手) ◯34番(服部勝弘君) ただいま上程されました第88号議案監査委員選任の同意方について、若干の問題についてお尋ねをします。  まず1点は、今日、御承知のように、公務員の天下りについていろいろと社会問題となっております。そういう点から、こういった天下りの指定席的な任命については、いろいろ市民の感情を考えても好ましくないと思いますが、この点について市長のまず所見を求めておきます。  2点目でございますが、いつ、まあ、こういう形で決められたのか、選任の経緯についてもお尋ねをいたしておきます。  もう一つは、職員のOBとなりますと、いわゆる身内が身内の監査をするということで、いろいろと、まあ公平性を欠くのではないかという、そういう見方も、懸念もあります。この点についての対応をどのように考えておられるか。  以上、3点についてお尋ねをいたしておきます。(拍手)(笑声)    〔私語する者多し〕 ◯議長(早田 純君) 市長、細江茂光君。    〔私語する者あり〕    〔細江茂光君登壇〕 ◯市長(細江茂光君) ただいま服部議員から監査委員の選任についての御質問がありました。お答えいたします。  御指摘の公務員の天下りではないか、天下り先になっているのではないかと、住民の意思を考えていかがなものかという御指摘だと思います。  監査委員といたしましては、人格が高潔で、行政運営に関してすぐれた識見を有し、適任と判断しまして、住民の皆様方の代表であります議会の方に御同意をお願いするものでございまして、私どもが勝手に決めてる天下りではないと考えております。    〔私語する者あり〕  次に、選任の経緯あるいはどういう形で選任がなされたのかということだろうと、御質問だと思います。  地方自治法の196条におきまして、監査委員としての要求される資質がうたわれております。人格高潔で、地方公共団体の財務管理、事業の経営管理、その他行政運営に関するすぐれた識見を持っていること、そういう方々について議会の同意を得て長が選任すると、こう規定されております。  監査委員の定数につきましては、御案内のとおり、25万人以上の都市におきましては4名ということになっておりまして、そのうちの2名は議員の方から選任いただくことになっております。残り2名の識見を有する委員2人のうちの1人につきましては、私ども行政運営に精通した方を選任することを基準といたしております。  今回行財政運営に精通しました常勤となる監査委員の任期が7月31日をもって満了いたしますので、後任者の選任を今回お願いしているものでございます。  監査委員の選任に当たりまして、行財政ともに幅広い知識と経験を有しているか、また、継続的な監査体制を確保することができるかといったことを勘案しまして、本市の監査委員として適任であると判断いたしまして人選をいたしたものであります。  第3点、OBである人が岐阜市の監査ができるのかと、身内が身内を監査できるのかという御指摘であると思いますが、これはその個人の方の識見でございまして、しっかりと監査がしていただけると確信をいたしております。  以上、お答えいたしました。    〔「議長、34番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 34番、服部勝弘君。    〔服部勝弘君登壇〕 ◯34番(服部勝弘君) まあ基本的な考えを御答弁いただいたんですが、やはり市民感情としても今日いろいろやっぱり好ましくないと、私まあ思うわけですねえ。例えば、まあ長年勤められて退職されて退職金をもらう。で、また、今回の場合ですと、もし選任されたら、まあ任期は4年でしょうかね、4年間お勤めされると、いわゆる第2の退職金がもらえると    〔私語する者あり〕 いうことになっとるわけです。    〔私語する者あり〕 あります。ほれみんさい、議員さんでもないと思ってみえるんですけど、あるんです。僕は、きのうもこの    〔私語する者あり〕 あれを調べようと思ってねえ、    〔私語する者多し〕 市のある部署で聞いたら、「天下りの場合はない。」というようなことを言われて、「いやあ、あります、あるはずですよ。」てって、資料を寄せたら実はあるんです。規定によりますと、まあ数字のことはあんまり言いたくないんですが、実際4年間勤めますと、約614万ほどの退職金が支給されるということです、今の規定では。こういうこともやはり市民感情からすれば非常に好ましくないと思いますが、その点について、まあ、こういうケースの場合、今後、見直しも考えて対応する必要があるんじゃないかと思いますので、この際、市長の所見を求めておきます。    〔私語する者あり〕 ◯議長(早田 純君) 市長、細江茂光君。    〔細江茂光君登壇〕 ◯市長(細江茂光君) 今、監査委員の退職金についてのお話がございまして、    〔私語する者あり〕 今、公務員そのものの退職金につきましては、御案内のとおり、いろいろと見直しが行われている状況でございます。    〔私語する者あり〕  まあ監査委員につきましては、大変    〔私語する者あり〕 役割、非常に重要な役割を担っておられますし、また、私ども岐阜市の行政について適正な監査をしっかりとやっていただく必要がございます。そのいわゆる常勤であること、また、職務の非常に高度なことであること等を踏まえまして、現在の額が決まっているものと思っております。  将来にわたっての課題としていろんなケースを想定して考えていきたいと、こう思っております。    〔私語する者多し〕 ◯議長(早田 純君) 以上で質疑を終結します。  お諮りします。これら3件については、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、これら3件については、常任委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  これら3件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  まず、第87号議案を採決します。  岡本知彦君を教育委員会委員に任命するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、岡本知彦君を教育委員会委員に任命するについては、同意と決しました。  次に、第88号議案を採決します。  松波 博君を監査委員に選任するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、松波 博君を監査委員に選任するについては、同意と決しました。  次に、第89号議案を採決します。  まず、堀 智子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、堀 智子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。  次に、吉本伶子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(早田 純君) 御異議なしと認めます。よって、吉本伶子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。            ━━━━━━━━━━━━━━━━━  閉 議 閉 会 ◯議長(早田 純君) 以上で今期定例会に付議された事件はすべて議了しました。よって、本日の会議はこれで閉じ、平成15年第3回岐阜市議会定例会を閉会します。   午前11時2分 閉  会    〔閉会後、市長及び議長から次のようなあいさつがあった。〕 ◯市長(細江茂光君) 本議会を終了するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。  今期定例会では、道路、河川、公園などの都市基盤、生活環境の整備に重点を置きまして、「人がいきいきと暮らせる環境づくり」に向けた補正予算を初めとする諸議案について、終始慎重な御審議を賜り、それぞれ適切な御決定をいただきましたことに対し、まずもって、御礼を申し上げたいと思います。  審議に際しまして、市政運営につきまして数々の貴重な御意見、御提案をいただきましたので、今後の施策に生かしてまいる所存であります。  特に補正予算に計上いたしました総合交通体系策定事業は、少子・高齢社会の進展、環境意識の高まりといった社会状況の変化に対応しまして、自動車に過度に依存した従来の交通体系から脱却し、公共交通を大切にする施策を推進する総合交通計画を策定するものであり、さまざまな観点から御審議をいただきました。それに伴う交通社会実験もこの10月から予定をしておりますが、その前提として、市民の理解が得られるよう十分な準備、説明を行い、市民、行政と関係機関が一体となった上で臨んでいきたいと考えておりますので、議員各位の格別の御支援を賜りたいと存じております。  これからの市町村は政策立案能力を高めるとともに、自己責任でまちを運営し、自立したまちづくりをしなければいけないと考えております。  今議会におきまして、新たに岐南町が岐阜広域合併協議会に参加されることを踏まえ、合併に関しましてさまざまな角度から御意見を賜りました。  さらに、今期定例会冒頭に「税源移譲を基本とする三位一体改革の早期実現を求める意見書」を議決され、国に提出されました。  地方分権の時代にありまして、自己決定、自己責任に基づく財政基盤の確立は最も重要なことであると考えております。意見書の内容につきましては私といたしましても全く同感であります。  現行の地方制度のもとで、権限と財源が最も保障されている政令指定都市を目指し、都市間競争に打ち勝つ力強い自治体を構築するため合併を推進しているところでございますので、より一層の御理解と御協力をいただきますようお願いを申し上げます。  さて、夏の観光シーズンが間近に迫ってまいりました。金華山と長良川、岐阜城と鵜飼など、岐阜市が誇る従来からの自然、歴史、伝統文化に加え、本年はスローライフ、お笑いと感動のまちづくりといった新たな施策について御議論をいただきました。今後とも観光客を誘致するのみならず、岐阜市民にも岐阜のよさを再認識していただき、「日本一元気な県都づくり」を目指して、まちのにぎわいをつくってまいる所存であります。  また、このたび岐阜市民病院の医療事故につきましては、まことに遺憾であり、亡くなられました方には心より御冥福をお祈り申し上げますとともに、至急原因の徹底究明を図り、再発防止に万全の体制を整えたいと存じております。  最後になりましたが、議員各位におかれましては、向暑のみぎりでございますので、くれぐれも御自愛をいただきまして、市政発展のため一層の御指導、御支援をいただきますようお願い申し上げまして、議会終了に当たっての御礼の言葉にかえさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手) ◯議長(早田 純君) 閉会に当たり私からも一言お礼を申し上げます。  去る6月16日に開会されました今期定例会は、皆様方の御支援、御指導をいただきまして、付議されました案件審査がすべて議了し、本日ここに閉会を迎えることとなったわけであります。  特に今議会においては、新しく議員となられました方々も登壇され、市町村合併等について活発に議論をいただいたところであります。  この間、議会運営にお寄せいただきました御支援、御協力に対しまして、議員並びに理事者各位に心より感謝を申し上げる次第でございます。  終わりに、酷暑に向かう際であります。皆様方におかれましては十分健康に留意され、さらに、岐阜市発展のために御活躍いただきますことを祈念申し上げまして、私のあいさつとさしていただきます。ありがとうございました。(拍手)  岐阜市議会議長      早 田   純  岐阜市議会議員      道 家 康 生  岐阜市議会議員      林   政 安 Copyright (c) Gifu City Assembly. All Rights Reserved. ページの先頭へ▲...