運営者 Bitlet 姉妹サービス
鯖江市議会 > 2003-03-04 >
平成15年 3月第333回定例会−03月04日-01号
平成15年 3月第333回定例会−03月04日-01号

鯖江市議会 2003-03-04
平成15年 3月第333回定例会−03月04日-01号


取得元: 鯖江市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成15年 3月第333回定例会−03月04日-01号平成15年 3月第333回定例会            第333回鯖江市議会定例会会期日程           会期 平成15年3月 4 日(火)開会                     24日(月)閉会 21日間  ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐  │ 月  日 │曜│   │       内       容       │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │ 3月 4日│火│10時│ 本会議(施政所信表明、提案理由説明、議案審査、│  │      │ │   │委員会審査、委員長報告、質疑、討論、採決)  │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │    5日│水│   │ 休 会                   │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │    6日│木│12時│ 一般質問〆切                │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │    7日│金│   │ 休 会                   │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │    8日│土│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │    9日│日│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   10日│月│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   11日│火│10時│ 本会議(質疑、代表質問、一般質問)     │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   12日│水│10時│ 本会議(一般質問)             │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   13日│木│ 9時│ 常任委員会                 │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   14日│金│ 〃 │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   15日│土│   │ 休 会                   │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   16日│日│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   17日│月│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   18日│火│10時│ 市町村合併対策特別委員会          │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   19日│水│   │ 休 会                   │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   20日│木│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   21日│金│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   22日│土│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   23日│日│   │  〃                    │  ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤  │   24日│月│10時│ 本会議(委員長報告、質疑、討論、採決)   │  └──────┴─┴───┴───────────────────────┘                議案審議結果一覧                           市長提出 (3月4日議決) ┌─────┬──────────────────────┬─────┬────┐ │ 議案番号 │       件      名       │付託委員会│ 結 果 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │     │                      │総務・建設│    │ │ 第13号 │平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5  │経済・教民│ 可 決 │ │     │号)                    │市町村合併│    │ │     │                      │対策特別 │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第14号 │平成14年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補│ 教育民生 │  〃  │ │     │正予算(第2号)              │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第15号 │平成14年度鯖江市老人保健特別会計補正予算 │  〃  │  〃  │ │     │(第1号)                 │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第16号 │平成14年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算│ 経済企業 │  〃  │ │     │(第4号)                 │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第26号 │鯖江商店街振興基金条例の廃止について    │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第29号 │鯖江市監査委員の選任について        │     │ 同 意 │ └─────┴──────────────────────┴─────┴────┘                           市長提出 (3月24日議決) ┌─────┬──────────────────────┬─────┬────┐ │ 議案番号 │       件      名       │付託委員会│ 結 果 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │     │                      │総務・建設│    │ │ 第 3 号 │平成15年度鯖江市一般会計予算       │経済・教民│ 可 決 │ │     │                      │市町村合併│    │ │     │                      │対策特別 │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 4 号 │平成15年度鯖江市国民健康保険事業特別会計予│ 教育民生 │  〃  │ │     │算                     │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 5 号 │平成15年度鯖江市老人保健特別会計予算   │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 6 号 │平成15年度鯖江市介護保険事業特別会計予算 │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 7 号 │平成15年度鯖江市農業集落排水事業特別会計予│ 経済企業 │  〃  │ │     │算                     │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 8 号 │平成15年度鯖江市ラポーゼかわだ特別会計予算│  〃  │  〃  │
    ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第 9 号 │平成15年度鯖江市総合開発事業特別会計予算 │ 建  設 │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第10号 │平成15年度鯖江市土地区画整理事業特別会計予│  〃  │  〃  │ │     │算                     │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第11号 │平成15年度鯖江市下水道事業特別会計予算  │ 経済企業 │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第12号 │平成15年度鯖江市水道事業会計予算     │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │     │鯖江市の議会議員および長の選挙における電磁│     │  〃  │ │ 第17号 │的記録方式による投票に関する条例の制定につい│ 総  務 │    │ │     │て                     │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第18号 │鯖江市の一般職の任期付職員の採用に関する条 │  〃  │  〃  │ │     │例の制定について              │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第19号 │鯖江市男女平等参画推進条例の制定について  │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第20号 │鯖江市課設置条例の一部改正について     │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第21号 │鯖江市の合併についての意思を問う住民投票条例│市町村合併│  〃  │ │     │の一部改正について             │対策特別 │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第22号 │鯖江市電算共同処理に係る請求者識別カードの交│ 教育民生 │  〃  │ │     │付等に関する条例の一部改正について     │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第23号 │鯖江市税条例の一部改正について       │  〃  │ 可 決 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第24号 │鯖江市介護保険条例の一部改正について    │  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第25号 │鯖江市老人居室整備資金貸付条例の廃止について│  〃  │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │     │鯖江勤労者体育センター設置および管理に関する│     │    │ │ 第27号 │条例および鯖江勤労者野外活動施設設置および管│ 総  務 │  〃  │ │     │理に関する条例の廃止について        │     │    │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第28号 │市道路線の認定について           │ 建  設 │  〃  │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第30号 │鯖江市教育委員会委員の任命について     │     │ 同 意 │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼────┤ │ 第31号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつ│     │  〃  │ │     │いて                    │     │    │ └─────┴──────────────────────┴─────┴────┘                            議員提出 (3月24日) ┌───────┬──────────────────────────┬────┐ │ 市会案番号 │        件        名        │ 結 果 │ ├───────┼──────────────────────────┼────┤ │ 市会案第2号 │平和の意見書について                │ 可 決 │ └───────┴──────────────────────────┴────┘                請願・陳情の審査結果一覧 ┌────┬───────────┬─────────────┬─────┬───┐ │ 番 号 │  件     名  │   提  出  者   │付託委員会│結 果│ ├────┼───────────┼─────────────┼─────┼───┤ │ 請 願 │「平和の意見書」の提出│鯖江『地球村』      │ 総  務 │採 択│ │ 第1号 │について       │代  表  石本 豊昭  │     │   │ ├────┼───────────┼─────────────┼─────┼───┤ │ 請 願 │健康保険本人医療費の3│丹南社会保障推進協議会  │     │趣 旨│ │ 第2号 │割負担実施凍結を求める│代表委員 奥村 宗市他3名│ 教育民生 │採 択│ │    │意見書の提出について │             │     │   │ ├────┼───────────┼─────────────┼─────┼───┤ │ 請 願 │アメリカのイラク攻撃に│南越革新の会       │     │趣 旨│ │ 第3号 │反対し平和的解決を求め│世 話 人        │ 総  務 │採 択│ │    │る決議について    │   広田 精利(きよとし)│     │   │ └────┴───────────┴─────────────┴─────┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌────┬───────────┬─────────────┬─────┬───┐ │ 番 号 │  件     名  │   提  出  者   │付託委員会│結 果│ ├────┼───────────┼─────────────┼─────┼───┤ │ 陳 情 │有事法制反対に関する │南越地域革新懇話会    │ 総  務 │趣 旨│ │ 第3号 │意見書の提出について │世 話 人        │     │採 択│ │    │           │   広田 精利(きよとし)│     │   │ └────┴───────────┴─────────────┴─────┴───┘            第333回鯖江市議会定例会会議録    ──────────────────────────────────        平成15年3月4日(火曜日)午前10時05分開会    ──────────────────────────────────   〇出席議員(26人)            1 番  山 田 利 信                         2 番  加 藤 拓 雄                         3 番  若 林 政 幸                         4 番  佐々木 敏 幸                         5 番  山 崎 文 男                         6 番  山田 彦左衛門                         7 番  岩 佐 常 守                         8 番  黒 田 重 治                         9 番  水 津 達 夫                         10番  末 本 幸 夫                         11番  蓑 輪   昇                         12番  蓑 輪 安兵衞                         13番  小 林   太
                            14番  石 橋 政 之                         15番  田 中 茂一郎                         16番  玉 邑 哲 雄                         17番  橋 本   勇                         18番  高 島 哲 夫                         19番  吉 田 寿 幸                         20番  大 森 松 栄                         21番  橋 本 常 夫                         22番  菅 原 義 信                         23番  岩 野 甚四郎                         24番  山 口 導 治                         25番  笹 川   希                         26番  増 田   光    ──────────────────────────────────   〇欠席議員(0人)    ──────────────────────────────────   〇説明のため出席したもの  市長           辻  嘉右エ門                 副市長          若 林 みや子                 副市長          岸 本 秀 治                 副市長          瓜 生 守 幸                 収入役          梅 田 幸 雄                 教育長          田 中 榮 一                 特命監          飯 嶋 信 次                 特命監          岡 山 和 市                 特命監          森 本   茂    ──────────────────────────────────   〇説明補助者として出席したもの                 未来政策課長       五十嵐 嘉 也                 市長課長         福 田 栄 喜                 総務課長         天 谷 武 博                 監理課長         山 本 信 英                 税務課長         福 岡 敏 男                 地域づくり課長      千 秋 冨 秀                 市民課長         堀   勝 子                 福祉課長         野 村 かよ子                 おじいちゃん・おばあちゃん課長                              平 井 勝 治                 健康課長         斉 藤   勉                 環境課長         福 田 末 隆                 ファッションタウン課長  伊 部 孝 幸                 産業と生活課長      田 中 憲 男                 農林課長         末 本 勝 志                 道路建設課長       夏 梅 孝 夫                 道路維持課長       宮 川 敬 一                 公園住宅課長       田 中 伯太郎                 土地開発課長       山 川 光 雄                 上水道課長        西 澤 義 明                 下水道課長        横 田 繁 一                 こども課長        酒 井   誠                 教育委員会事務局長兼庶務課長                              三田村   勉                 生涯学習課長       小 泉 昭 一                 文化課長         竹 内 信 夫                 スポーツ課長       佐々木 繁 樹                 出納課長         松 村 里 見                 監査委員事務局長     齋 藤 久 義                 デザイン振興室長     宇 野 徳 行                 地場産業振興支援室長   軽 部 利 宣                 IT推進室長       竹 内 秀 博                 市民広聴室長       加 藤 政十司                 男女平等推進室長     友 兼 由紀子                 市町村合併推進室長    塚 崎 明 男    ──────────────────────────────────   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       山 田 功 治                 議会事務局次長      樫 原 義 美                 議会事務局参事      丸 田 時 雄                 議会事務局参事      高 尾 副 次                 議会事務局主任      笠 島 一 芳                 議会事務局主査      宮 田 幹 夫               開会 午前10時05分 ○議長(岩野甚四郎君) ただいまから第333回鯖江市議会定例会を開会いたします。  本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。    ────────────────────────────────── △日程第1.会議録署名議員の指名 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、9番 水津達夫君、10番 末本幸夫君、11番 蓑輪 昇君、以上3名を指名いたします。    ────────────────────────────────── △日程第2.会期の決定 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。  議会運営委員長、小林 太君。            〇議会運営委員長(小林 太君)登壇 ◎議会運営委員長(小林太君) 第333回定例会の運営につきまして、去る2月4日、2月25日および3月4日に開催いたしました議会運営委員会における審議の結果につきまして、ご報告を申し上げます。  今期定例会に付議されます案件は、現時点で、議案27件、報告4件、請願3件であります。また、会期最終日までに人事案件が追加提案される予定であります。  さて、これらの案件の審査に要する日程でありますが、本日は、市長の施政所信表明ならびに各議案に対する提案理由の説明を行い、その後、予算の執行を配慮して、議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)から議案第16号 平成14年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第4号)の議案4件および議案第26号 鯖江商店街振興基金条例の廃止についての以上5件について審査を行います。  委員会審議の後、各委員長の審査結果報告、質疑、討論のうえ、採決いただきたいと存じます。  なお、議案第29号 鯖江市監査委員の選任については、3月22日で任期満了のため、本日の本会議において採決をお願いしたいとのことであります。  明5日から10日までは休会といたし、11日、12日の両日に本会議を開き、各議案に対する質疑の後、代表質問ならびに一般質問を行います。これら質問に対する発言通告書の提出期限は、6日の正午までといたします。各常任委員会の審査日程につきましては、13日、14日および17日の3日間とし、17日を予備日といたします。また、市町村合併対策特別委員会につきましては、18日に審査を行うことといたします。そして、24日を最終日として本会議を開き、各委員長から委員会における審査結果の報告を求め、質疑、討論のうえ、採決を行う運びであります。  以上のとおりの議会日程をもって、本定例会会期は、本日から24日までの21日間とすることで意見の一致を見た次第であります。本委員会の決定どおり、議員各位のご賛同とご協力をお願い申し上げまして、ご報告といたします。 ○議長(岩野甚四郎君) お諮りいたします。  今期定例会会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月24日までの21日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ご異議なしと認めます。  よって、会期は21日間と決しました。    ────────────────────────────────── △日程第3.諸般の報告 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第3、諸般の報告を行います。
     お手元に配付してあります議会報告第1号をもって報告といたします。    ────────────────────────────────── △日程第4.請願の受理 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第4、請願の受理について、報告いたします。  本日までに受理いたしました請願3件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり所管の委員会に付託をいたします。    ────────────────────────────────── △日程第5.議案第3号 平成15年度鯖江市一般会計予算から日程第35.報告第4号 株式会社さばえいきいきサービスの経営状況についてまで31件 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第5、議案第3号 平成15年度鯖江市一般会計予算から日程第35、報告第4号 株式会社さばえいきいきサービスの経営状況についてまで、以上31件を一括議題といたします。  理事者の提案理由の説明を求めます。  市長、辻 嘉右エ門君。             〇市長(辻 嘉右エ門君)登壇 ◎市長(辻嘉右エ門君) 市町村合併の真っただ中でございますので、この本会議場の議員各位はもとより、丹南CATVを通じまして、お聞きできる範囲内の鯖江市民の皆さんは当然のことながら、丹南広域圏の関係のお方におかれましても、お聞きいただければ非常に大変ありがたいと、こんな気持ちでございます。  今日は当初予算でもございまして、スタートでもございます。そしてまた、重要案件が山積しておりますので、いつもよりは少しお時間をちょうだいいたしたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。  まずはじめに、ご病気のため入院されておられました天皇陛下におかれましては、2月8日に東大病院を退院されまして、御所におかれましてご静養中でありましたが、術後の経過も順調で、18日には公務に復帰されまして、21日にはカルザイ・アフガニスタン大統領と会談されるなど、お元気なご様子を報道等により拝見させていただきまして、鯖江市民といたしまして、皆様ともどもに心からお喜びを申し上げるところでございます。  さて、最近における我が国においては、少子高齢化、国際化、そして、情報化などが急速に進展し、これまでの我が国を支えてきた社会経済システムは、その見直しを迫られております。  さらには、景気は引き続き大変厳しい状況が続いており、社会全体の構造改革は今や待ったなしの情勢となっております。  国は、日本社会の再生を図る道は「聖域なき構造改革」を迅速かつ着実に推進する以外にないとして、1つには「歳出改革」、2つ目には「税制改革」、そしてまた、3つ目には「金融改革」、そして4つ目には「規制改革」の四本柱の構造改革を一体的かつ整合的に実行しようとしているところでございます。  一方、こうした変革の流れは、地方においても同様でございまして、地方はこれまでのように国に頼っているだけではなく、地方自らが変革する意識を持って、自立していかなければならない時代となりつつございます。  今まさに、地方分権が実行の段階を迎えているのでございます。  私は、このような時代の変化を敏感にとらえ、的確に対応することにより、常に市民の負託にこたえていかなければならないという強い使命感のもとに、市政のテーマでございますところの「市民が主役で人間味豊かなまちづくり」の実現に向けまして、生活者視点に立った市民本位の行政運営に誠心誠意取り組んでいるところでございます。特に、市制50周年にあたるところの2005年には、これまでのファッションタウン運動の取り組みを総括・集大成をいたしまして、新たな飛躍への展望を図るため、ファッションタウンサミットをメインに、1年間を通しまして、メモリアル事業を展開したいと考えているところでございます。  残された時間は、あと2年足らずとわずかではありますが、一つには国際産業都市、そして一つには、環境国際都市を目指した今日までの取り組みにさらに拍車をかけて、2年後の2005年にはその節目の年といたしまして、それまでの成果が目に見えるものとしたうえで、次への新たな展開へとつなげていきたいと考えているところでございます。  本年をこうしたメモリアル事業に向けたスパートの年としてとらえまして、ユニバーサルデザインの実践を視点として取り入れながら、より一層、ファッションタウン計画の推進に力を傾注し、人が元気で、街が元気で、そして産業も元気な「元気さばえ」を合言葉に「幸せまちづくり」を強力に推し進め、成長という「進化」を遂げたいと考えていますので、議員各位のなお一層のご理解とご協力をお願い申し上げる次第でございます。  「進化論」を著しましたダーウィンは、「強いものが生き残るとは限らない。賢いものが生き残るとは限らない。変化するものだけが成長する。」としております。一つの場所にたどり着くと安心し、変えるのはおっくうで不安にもなります。けれども、同じ場所で同じやり方をするのに満足せずに、さらに創意工夫し、次の場所、次のやり方へと絶えず自分を変えていくよう心がけていくことが大切なことではないでしょうか。  私は、地方自治を取り巻く状況が大きく変化する中で、市町村合併に関し、あるべき鯖江市の未来像実現のために、あらゆる機会、場所、媒体等を活用いたしまして、私の考えを訴え続けてきたところでございます。確かに、これまで培ってきた鯖江市を変える必要がなく、このままでいけるならば、これにこしたことはございません。しかし、確実に訪れる少子高齢化社会をはじめといたしまして、こうした社会変動にしっかりと対応していかなければ必然的に埋没してしまうことは自明の理でございます。  愛すべき我がまち鯖江を少しでもすばらしいものにしていきたいとの思いは、だれにも負けないと自負しております。停滞から展開、そして成長を図っていくことが新しい創造へとつながるものであり、その実現に努めることが私に課せられました職責であると信ずるものでございます。  次に、本市をめぐる最重要課題でございます市町村合併について申し上げたいと存じます。  地方を取り巻く状況は、まさに激動の感がございまして、地方交付税制度の見直しなど、大きな変革期を迎えているなか、市町村の運営は非常に難しいかじ取りが求められています。このようななかにあって、市町村合併は近々にその結論を出していかなければならない喫緊の課題となっています。  平成17年3月の合併特例法の期限が迫るなか、全国においては、既に幾つかの市町村において合併の手続を終えられた地域もございます。また、合併をしないという選択をされておられる市町村もございます。今まさにそれぞれの地域において市町村合併の議論を通して住民と議会行政が一体となって、自分たちの地域のあり方や今後のまちづくりをどのように進めていくのか、そして、その取り組みを次代を担う若い人たちにいかに引き継いでいくのかなどについて、真摯で活発な議論が求められております。市町村合併は、住民に最も身近な存在でございます。そして、基礎的な自治体としての市町村のあり方、さらにはこれからの地方自治制度のあり方そのものを問う極めて重要な問題であり、また、地域にとってまさに百年の大計とも言える大きな問題でございます。また、この合併問題は押しつけられた、やむ得ないものと、受動的に受け止めるものではなく、この機会をチャンスとして、将来を見据えて元気のある暮らしやすいまちづくりを創造していく、クリエートしていくためとの絶好のチャンスであるととらえていくべきものであり、名実ともに、住民・議会行政が三位一体となって、この問題を真剣に受けとめ、他市町村との信頼関係に基づく検討や協議などの過程を大事にしながら、精力的に取り組んでいかなければならない課題であると考えております。  本市のまちづくりは、大きな変革のときであればこそ、改めて市の特性や地域性、そして課題やあるべき姿、このことを鯖江市の現状を再確認し、小異にこだわらず大同を求め、まさに老若男女・世代・地域を越えた人材の総力を結集した力強い取り組みによって、「元気さばえ」の実現を目指し、鯖江市として大切にしていかなければならない文化産業環境を守り、創造しながら前進していかなければならないと考えているところでございます。  私は、これまでも申し上げてまいりましたように、日常生活圏の拡大や地方分権の推進、少子高齢化の進展、国・地方における財政状況の逼迫などの山積する諸課題を解決し、個性と、そして創造力に満ちた魅力あるまちづくりを推進していくには、住民に身近な行政サービスの提供や自己決定、自己責任による行政運営を行うことができる自治権限の充実とそれを支えるところの財政基盤の強固な都市になることが不可欠であると考えているところでございます。  また、今後ますます厳しさを増すであろう都市間競争に立ち向かっていくにも、中核市の実現に向けた取り組みを進めていくことが将来の地域の発展にとって有効な方策であると考え、これらの考えを議員各位をはじめ市民の皆様、産業界の皆様方とともに、お訴えをしてまいりました。  こうした基本的な考えのもと、昨年10月8日、福井市および近隣3町村との任意合併議会を設置させていただき、おかげさまをもちまして、去る2月12日の第5回目の任意協議会におきまして、「まちづくりプラン」の構想案と12の優先協議項目につきまして調整方針が確認をされたところでございます。  この間の議員各位の深いご理解とご支援に対しまして厚くお礼申し上げるところでございます。  先般の1月の臨時議会におきまして、昨年12月議会での議論を踏まえ、市町村合併の方向性を市民の皆様にお決めいただくため、住民投票条例をご提案させていただきました。  その趣旨は、市町村合併は、鯖江市の存立そのものに関わる最大の問題であり、住民投票により市民全体の意思を直接お尋ねしたいということでありました。  また、住民投票の実施日に関しましては、本3月定例会までを一つの目途として、議会ともご協議をさせていただきながら決めてまいりたいとの考えもお示しをさせていただいたところでございます。  しかし、その後、合併特例法に基づき、鯖江市と武生市の2市によるところの法定合併議会設置協議についての住民投票を求める署名活動が開始をされたことから、その取り組みを見守ってまいりましたが、去る2月12日、鯖江市選挙管理委員会にその署名簿が掲出されました。このことを受けまして、条例による住民投票の実施時期につきましては、法令との整合を考慮いたしまして、4月以降に繰り下げることにいたしたいと考えておるところでございます。具体的な期日につきましては、今後、議会ともご相談をしながら、決定をしてまいりたいと存じますので、ご理解のほどよろしくお願いを申し上る次第でございます。  なお、この署名簿につきましては、現在、市選挙管理委員会の審査を経て縦覧に付されております。この手続が終了し、鯖江市と武生市による法定合併議会の設置を求める請求があった場合には、その設置の賛否について、住民の皆様の投票に委ねられるものでございますので、その推移を見守っていきたいと思っているところでございます。  いずれにいたしましても、市町村合併につきましては、合併そのものが目的ではございません。合併という手法を通じまして、住みよいまちづくりための基礎というべき地域環境の保全や生活基盤の整備などを図り、市民が、安心・安全で快適に暮らせる地域づくりの推進が求められているものと思っております。  今後、市民の意思として示された方向を受けとめ、その方向の中で市民の皆様方とともに歩んでまいりたいと考えておりますので、議員各位のご理解を賜りますよう、お願いを申し上げる次第でございます。  それでは、本日ここに第333回鯖江市議会定例会が開催され、平成15年度一般会計予算を含めた議案等について、ご審議をいただくにあたりまして、その概要と市政運営についての私の基本的な考えを申し上げたいと存じます。  国は、平成15年度予算において、活力ある経済社会と持続的な財政構造の構築を図るために、改革断行予算と位置づけた平成14年度予算の基本路線を踏まえ、国債発行30兆円以下の基本精神を受け継ぎ、歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、一般会計歳出全体について実質的に前年度の水準以下に抑制するとともに、公共投資関係費の3.7%削減などを行いました。そして、活力ある経済社会の実現に向け、将来の発展につながる「人間力の向上・発揮」そして「個性と工夫に満ちた魅力ある都市地方」、「公平で安心な高齢化社会・少子化対策」、「循環型社会の構築・地球環境問題への対応」の4分野に重点的に配分しております。  また、地方財政につきましては、地方財政計画規模の抑制を図るとことによる地方交付税総額の抑制、そして事業費補正や段階補正の見直しによる地方交付税制度の改革が引き続き行われるなど、その影響が大きいことが予想されます。  こうしたなかで、地方自治体にあっては、このような財政への圧迫と長引く不況による地方税の減収を深刻に受けとめ、国の歳出予算と歩をひとつにして歳出の徹底した見直しと重点的な配分を図っていくことが求められております。  さて、本市の平成15年度の当初予算についてでありますが、平成14年度当初予算では、財政健全化の推進を基本に、多様化する市民ニーズや増大する行政需要に的確かつ柔軟に対応しつつ、変革の時代を乗り切っていくにふさわしい市政運営を図るための事務事業の見直しを行ったために、骨格予算とさせていただきましたが、新年度予算の編成にあたりましては、市政のテーマである「市民が主役で人間味豊かなまちづくり」の実現に向けて、特に、「ユニバーサルデザイン実践都市としての取り組み」、そして「ファッションタウン計画の推進」、そして「環境国際都市を目指した取り組み」、また、「鯖江型教育の推進」のために、限りある財源を重点的かつ効率的に配分をいたしまして、「元気さばえ」の実現に取り組んでいきたいと考えております。  最初に、ユニバーサルデザインの実践について申し上げます。  デザインとは、ご高尚のとおり、本来、「みんなが幸せに生きていくうえでの問題を創造力を働かせて解決し、心の豊さを感じられる生活を創造していく」という一連の行為のことだと言われております。  特に、少子高齢化、国際化、高度情報化社会を迎えた今、年齢、そしてまた、性、国籍、障害の有無を超えて、すべての人が暮らしやすく活動しやすい社会をつくっていくことが重要な課題となっており、そのキーワードがユニバーサルデザインでございます。  昨年3月、鯖江市は鯖江市デザイン基本計画を策定いたしました。その中で、「人に優しく、そして易しく、人が優しいまち 鯖江」を実現するために、ユニバーサルデザインの推進による21世紀のまちづくりの方向性を示しました。その基本理念は思いやりでございます。  同じく3月議会では、「ユニバーサルデザイン実践都市宣言」をしていただきました。  これを受けまして、10月には、名古屋市立大学大学院教授の川崎和男先生に「ユニバーサルデザイン実践都市 鯖江づくり」の顧問にご就任をいただきました。川崎先生は、皆様ご承知のとおり、ユニバーサルデザインでは第一人者であり、また、昭和63年に創設されました鯖江市立インテリジェントデザイン講座SSIDの主任講師を今日まで務めていただいております。このSSIDで今日まで受け継がれてまいりました理念こそ思いやりであり、ユニバーサルデザインの考え方でございます。  このユニバーサルデザインという言葉は、最近、多くの自治体で取り入れられるようになってまいりましたが、「実践」という言葉を打ち出しているのは全国でもこの鯖江市だけでございます。単に勉強したり研究したりするだけではなくて、できることから具体的に目に見える形で実践していこうという意味であり、今後、ソフト、ハードを問わず、すべての施策にこのユニバーサルデザインの理念を積極的に導入いたし、より一層「ユニバーサルデザイン実践都市 鯖江」の実現に取り組んでまいりたいと考えているところでございます。  例えば、後ほど申し上げますが、市議会議員選挙における電子投票システムの導入なども、ユニバーサルデザインの実践の一例であり、また、男女平等参画事業関係や福祉複合施設整備なども、ユニバーサルデザインの理念を念頭に事業を推進しようとするものでございます。  まず、電子投票についてでありますが、既にご承知のとおり、4月には知事選挙、そして、県議会議員選挙、また、7月には市議会議員選挙と3つの選挙を控えております。このようななかにあって、近年、国民の政治離れとか、投票離れとかが言われておりますが、民主政治の共生理念であるところの「投票による政治参加の拡大で、幅広い民意の反映」は極めて重要であり、そのためには市民の政治や行政の参画が不可欠でございます。そういう意味において、民主政治における政治参加促進という共生理念の実践は、すなわちユニバーサルデザインの実践でもあるとの認識のもとに、その理念にのっとり、7月の市議会議員選挙において、ユニバーサルデザインを配慮した電子投票に取り組みたいと考えております。  言いかえれば、ユニバーサルデザインの理念なくして、今回、電子投票の導入はあり得なかったと思っております。  市議会議員選挙は、市民の皆さんにとって一番身近な選挙であると同時に、幸せなまちづくりを議論していただく大切な選挙でございます。この大切な選挙に、機械に苦手意識のある方やご高齢の方にも、簡単・簡便に行える電子投票を導入し、身体がご不自由などの理由から、従来の方法では投票が困難であった市民の方々にも参加しやすくすることで、1人でも多くの有権者の方に投票を行っていただきたいと思っております。  従来の投票では、選挙権を行使した人たちの意思が、書き誤りや書き損じにより無効になることがありましたが、電子投票においては、そういう危惧が回避されることになり、有権者の意思が正確に選挙結果に反映されることにもなります。  また、導入にあたっては、指で押すだけのタッチパネル方式や画面操作をわかりやすくするナビゲーション機能の採用、目のご不自由な方には音声で案内を行うバリアフリー機能を採用するなど、障害者の方々にご満足いただけるものにしたいと考えておるところでございます。  なお、残念ながら、法的な制約があるために、不在者の電子投票までは実施できませんが、それでも、開票時間が従来に比べ2分の1から3分の1に短縮されますので、いち早く結果を市民の皆様にお知らせできるものと思っております。  さらに電子投票の導入は、もう一方でITのまち鯖江の推進目標であるITの活用による市民の声の行政への反映につながるとともに、投票用紙をなくすことで、環境国際都市を目指す本市の地球環境保全活動の一環にもなると思っております。  いずれにいたしましても、市民の皆様に電子投票に慣れ親しんでいただくことが大事でございますので、ご自分の手で機器を操作し投票してもらう模擬体験の実施や、広報紙による機器操作手順の説明、ホームページによる模擬投票などを通じまして、1人でも多くの市民の皆様に参加していただけるよう、しっかりと啓蒙活動を行っていきたいと考えております。  今回、提案いたしました市議会議員選挙への電子投票の導入は、市民の分け隔てのない社会参加を目指すユニバーサルデザイン実践都市鯖江としての本年度の大きな取り組みでもありますので、議員各位のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げるところでございます。  次に、男女共同参画の推進についてでありますが、少子高齢化の進展、経済産業構造の変化、家族地域社会の変化のなか、女性も男性も、互いにその人権を尊重しつつ、責任を分かち合い、性別にかかわりなく、一人一人の個性と能力を充分に発揮できる社会の実現が求められております。  国では、平成11年6月に男女共同参画社会基本法が成立いたしまして、男女共同参画の実現を21世紀の最重要課題と位置づけ、さまざまな政策に取り組んでおります。  本市におきましても、平成13年3月に鯖江市男女平等参画プランを策定をいたしまして、さらに、このプランの実効性をより高めるとともに、施策を推進する際の根拠ともなる条例を制定するため、昨年2月、鯖江市男女平等参画地域推進委員会を設置いたしまして、男女平等参画推進条例に盛り込むべき内容等について検討をお願いしておりましたが、このほど、条例に求められる基本的考え方を示した提言をいただきましたので、その内容を基本に、鯖江市男女平等参画推進条例の制定を今議会に提案させていただくものでございます。  この条例制定を機会に、男女が性別にかかわりなく、その個性と能力を充分に発揮することができる社会、また、性別による差別を受けることなく、対等なパートナーとしてさまざまな分野に参画し、利益も責任も分かち合っていける男女平等参画社会に向けた取り組みをさらに進めることが重要であり、そのため、担当組織の整備、そして専門スタッフの配置を行っていきたいと考えております。  次に、旧平和堂跡地利用につきまして、ユニバーサルデザインの基本理念であります思いやりを念頭に置いた福祉複合施設として整備するための事業概要がまとまりましたので、申し上げたいと存じます。  まず、整備の目的と方法でありますが、この施設は、平成12年3月に策定いたしましたところの鯖江市中心市街地活性化基本計画を踏まえまして、高齢社会に対応し、高齢者が安全で安心して住むことができる住宅等を整備するとともに、地域住民の交流の場としての整備を行い、中心市街地の定住人口の増加とにぎわいの創出を図ろうとするものでございます。具体的には、高齢者市民の皆様が集い、憩うことのできる地域交流センターを中心に本格的な高齢社会に対応した福祉施設として、高齢者の方々に入居してもらうケアハウス、そして、定住人口を確保するための特定公共賃貸住宅など、一体化した福祉複合施設として整備するものでございます。  地域交流センターにつきましては、多様な世代が交流できる施設として、世代間交流の促進、健康づくりと生きがい活動の促進およびにぎわいの創出機能を有するものといたしまして整備したいと考えております。  また、ケアハウスについては、収容人員50人程度を想定いたしまして、全室個室で、食堂・談話室をグループで使用するところのグループケアユニットの新型ケアハウスといたしまして、入居者の方の生活、健康に関する相談や助言、食事サービス・入浴サービスなどを行い、安心して生活ができる施設にしたいと考えております。  また、特定公共賃貸住宅につきましては、中堅所得者層を対象とした賃貸の市営住宅でありまして、入居戸数は14戸前後を想定しておりますが、特に、高齢者の入居に配慮したものにしたいと考えております。  なお、この整備にあたっては、民間の運営ノウハウや資金を使って社会資本を整備するところのPFIの手法を採用したいと考えております。  今後のスケジュールといたしましては、平成16年度から施設の着工に入りまして、市制50周年に当たる平成17年度にはオープンを予定しております。  昨年の12月から2月中旬にかけて関係団体の方々に事業内容等の説明をいたしまして、ご理解をいただいているところでございます。今後は、中心市街地の核施設として、整備に全力を傾注したいと考えております。  次に、介護保険制度についてでございます。  平成12年4月にスタートしてから3年が経過しようとしております。介護サービスを利用されている方は、現在、1,400人であり、被保険者や関係各位のご理解とご尽力によりまして、適切に介護サービスが実施され、円滑に運営されているところでございます。  この制度につきましては、3年ごとに事業計画の見直しをすることとされており、このため、今年度、鯖江市介護保険運営協議会におきまして、一つには第2期介護保険事業計画と、それから保健福祉事業全般に関するところの高齢者保健福祉計画の両計画を一体的なものとした「さばえ長寿プラン2003」について見直しを行っていただきました。  このプランは、「みんなの支えですべての高齢者がいきいきと、安心して暮らせる社会づくり」を基本理念といたしまして、介護保険事業計画においては、利用者本位の質の高いサービスを提供できる体制づくりと適正なケアマネジメントの推進を図ることといたしております。この中で、高齢化率が高くなり、要介護の方が増えること、また、在宅施設サービスの利用が増加することが見込まれることなどを踏まえまして、介護サービス必要量や介護保険料等についてご協議をいただいたところであります。それに基づき、新年度から介護保険料の改定を行いたいと考えております。また、高齢者保健福祉計画におきましては、地域ケア体制の充実を図るとともに、介護予防、生活支援事業等について保健、医療、福祉の連携のもと、市民の方を含めたシステムづくりが重要とさており、今後、協働して取り組まなければならないと考えております。  次に、国民健康保険税の改定についてでございますけれども、国保の財政状況は、長引く景気の低迷、そして就業形態の変化などによりまして、保険税収入が伸び悩むとともに、高齢化の進展、リストラなどによりまして、被保険者の加入が増え、保険給付費が伸びるなど、厳しい財政運営となっております。  こうした中で、医療費の適正化、保険事業の充実を推進しながら、被保険者の方々の健康維持増進に努め、市民の皆様が安心して暮らすことができる国民保険制度を維持していくためには、事業の安定的な運営を確保することが不可欠でありまして、今回、そのための税率の改定をご提案させていただいたところでございます。ご理解を賜りたいと存じます。  次に、ファッションタウン計画の推進について申し上げます。  鯖江ファッションタウン計画は、本市の個性であり、また、強みでもある眼鏡・繊維・漆器に代表される地域産業を元気にすることにより、市民が幸せを感ずることができるまちづくりを推進しようとするものでございます。  これまでの計画の進捗状況についてでございますけれども、ファッションタウン推進協議会を中心に、ものづくり、まちづくり、くらしづくりの各分野において、167の実施事業のうち半数以上が市民の皆様の手によって順調に進められております。  さらに、今後は、節目の年でございますところの2005年に向けて、メモリアル事業の取り組み、また、地場産業や農林業の支援に努めるとともに、まちづくりのための「21鯖江の華」推進事業に対しましても、支援を強化していきたいと考えております。  まず、仮称でございますけれども、2005年ファッションタウンさばえメモリアル事業についてでありますが、2005年には、市制を施行して50周年目を迎えるわけでございますけれども、鯖江の主産業である眼鏡産業も生誕をいたしまして100周年の年でもございます。さらには、ファッションタウン運動をスタートさせて5年を経過するなど、いろいろな面での節目の年でもあります。  このようなときに、これまでの市政を振り返りつつ、中心施策でありますファッションタウン運動を総括するとともに、この運動に磨きをかけるためのけじめ、あるいは節目として、この運動の総括・集大成と新たな飛躍への展望を図り、そして、これらの施策・運動をさらによりよいものにしていくことを目的に、ファッションタウンサミットを中心に、幾つかの魅力ある事業を実施いたしまして、その取り組みを鯖江情報として内外に発信していきたいと考えております。  現在、庁内にプロジェクトチームを設置いたしまして、その基本的な方向性について検討を行っているところでございまして、具体的には多くの市民のこれまでの活動を集大成するもの、特徴ある行政施策の総括、愛知万博博覧会を活用した鯖江情報の発信など、年間を通じましてさまざまな催しを開催して、よりよいまちづくりにつなげようと検討しているところでございます。新年度には、基本的な方向性を踏まえまして、各種調査を行いながら、具体的な事業内容等を固めていきたいと考えております。  なお、昨年度1年間の鯖江ファッションタウン運動のすべてを市民の皆様に発信するため、3月21日に2003ファッションタウン市民発表会を鯖江市文化センターで開催したいと考えているところであります。2005年に向けまして、鯖江ファッションタウンメモリアル事業の目的などを市民の皆様に報告いたしまして、なお一層、市民の皆様に参加していただける運動に発展できるよう啓発に努めてまいりたいと考えておるところでございます。  この市民発表会では、ファッションタウン大賞の選考を行い、市民投票を受けての第一次審査でノミネートされた団体に活動を発表していただき、審査・表彰するとともに、地場産品の販売や手作り広場での世代間の交流、「元気さばえ」の紹介コーナーなどを設けまして、情報の発信を行うほか、夜は、各団体の発表を踏まえまして、ファッションタウンの実践者、全国の関係者、アドバイザーの方々との意見交換を行う全体交流会を開催し、さらにファッションタウン運動の新しい発見や展開につなげていく場にしたいとの計画となっております。今後とも2005年に向けまして、国際産業都市の創造に向けて積極的に取り組むとともに、さらなる飛躍を目指し、なお一層事業展開に拍車をかけていきたいと考えております。  次に、地場産業の振興支援についてであります。  株価の低迷、デフレスパイラルへの懸念や長引く不良債権処理問題等の社会不安が経済情勢の先行き不透明感をますます増大させております。こうしたなかにございまして、本市の地場産業の現状は、平成13年の工業統計調査において、全国の工業製造品出荷額等の対前年比4.7%の減少に対しまして、この3つはそれぞれ眼鏡産業で9.9%、繊維産業で8.6%、漆器産業において13.3%と軒並み大幅な減少をしており、積極的な支援策が求められているところでございます。  このため、まず、眼鏡産業につきましては、生産地としてとらえてきた中国が、これからは大きな可能性を秘めた消費地、市場として注目され始めていることから、来年度に北京で開催されるところの国際眼鏡展示会に初めて福井県眼鏡協会が出展されるのを受けまして、これを支援したいと考えております。また、既存の技術やノウハウを生かした新事業の開発および市場の創設に取り組む新事業創出研修事業や眼鏡産業生誕100周年事業の企画立案への支援も行っていきたいと考えております。なお、昨年来、眼鏡産業活性化のためのビジョンづくりを進めてまいりましたが、いよいよ今月末には、眼鏡産地さばえの再生を図るべき、地場産業としての新しい形態の内容を盛り込んだ充実したビジョンの報告会が開催される予定となっており、今後、このビジョンに基づきまして、市といたしましても、関係機関と連携をとりながら、産地の活性化を図っていきたいと考えているところでございます。  また、新しい支援策といたしまして、総務省のIT活用型地域活性化モデル事業というのがございまして、これは通称「eまちづくり事業」でございますけれども、その事業に眼鏡協会と連携をしながら、取り組んでいきたいと考えており、先般、総務省から内示をいただいたところでございます。  この事業は、インターネットを利用いたしまして、鯖江の眼鏡・サングラスを全国的にアピールするとともに、眼鏡産業の活性化を図ろうとするもので、他業種のブランド力の強い商品との連携や、イージーオーダーからそれぞれお好みのものを注文して応ずることのできるパーソナルオーダーによるショッピング機能などを盛り込んだ特徴あるサイトの構築を考えております。このサイトを通しまして、生産者と消費者消費者同士のコミュニケーションの場を提供し、消費の拡大や交流人口の増加、そして新しいものの創出を図るなど、モデル事業としてさらに繊維、漆器などの地場産業にも応用できるようなシステムを目指したいと思っております。  次に、繊維産業につきましては、繊維ビジョンに基づく事業展開が2年目に入り、徐々にではございますけれども、その成果が出てまいっております。昨年のミラノにありますマランゴーニ学園との交流におきましても、同学園の卒業コンペティション作品に鯖江産テキスタイル素材が使用され、世界に鯖江の名が大きく発信されました。また、鯖江で開催されましたマランゴーニコンペティションでは、優れたデザイン情報も産地にもたらすことでできたところでございます。新年度におきましても、こうしたマランゴーニ学園との交流が2年目を迎えることから、さらなる事業の充実、発展が期待されているところでございます。  また、神戸ファッション協会とのタイアップでございますが、この大手アパレルメーカーへの販路開拓を視野に入れた産地間連携新素材開発事業やユニバーサルファッション推進事業を推進することによって、自社製品や自社ブランドの確立など、従来の下請け体質からの転換に向けた活動にも積極的な支援をしたいと考えているところでございます。  また、漆器産業につきましては、需要拡大のための漆器展覧会の開催や出展事業への支援、そして、伝統工芸士育成事業等の産地活性化事業への支援に加えまして、つくる産地から得ることもできる産地への飛躍を目指しまして、産地の新たな事業開拓、また、消費者と直接触れ合うことでの付加価値の高いものづくりを促進するための産業観光PR事業への支援を行いたいと考えているところでございます。この事業は、漆器の直売を行う漆のれん会、職人工房の見学ができる軒下工房、そして、作り手が直接販売する工房ショップ等の一連の活動を集大成するものといたしまして位置づけられるものでありました。越前漆器の事業の拡大と産地PRに大きな期待が寄せられる事業であり、市といたしましても、できる限りの支援をしたいと考えているところでございます。  さらに、漆器のイメージアップと活性化を図る取り組みの1つといたしまして、小学校の給食用食器に越前漆器協同組合によって開発されましたところの木製の漆器を導入することにしており、鯖江の将来を担う子供たちが木製漆器のぬくもりを肌で感じ、ゆとりと安らぎのある給食の時間を過ごすことで地場産業文化への関心を高めてもらうため、今後も引き続き各小学校への導入を進めていきたいと考えているところでございます。  また、越前漆器伝統産業会館の整備についてでございます。漆器産業振興機能を中心にファッションタウンのコア施設としての機能をあわせ持つところの施設といたしまして、また、2005年度に開催予定のジャパンサミットの主会場として、全国に話題を提供できるユニークな施設として整備を進めてまいりたいと考えております。現在は、産業界や地域の皆様の意見等をくみ上げまして、関係者の意見をきめ細かく調整して設計に反映するために、地元関係者の皆様を含めた検討委員会を設置いたしまして協議を進めているところでございます。本年度中には実施設計を行いまして、平成15年度の着工、平成16年度の完成を目指しまして、産業基盤の整備として地域産業の創生、そして産業人材育成、そして産業観光の推進がより一層図られますように、積極的に取り組んでまいりたいと考えております。  なお、漆器産業ビジョンにつきましては、策定委員会において熱心な意見を交わされ、越前漆器産業の特色を生かした活性化策を検討していただいているところであり、今月末に報告会が開催される運びとなっております。
     今後、このビジョンに基づきまして、関係機関と連携をとりながら産地の活性化を図っていきたいと考えております。  また、従来からご利用いただき、好評をいただいておりますところの新製品・新技術開発事業や新事業創出・異業種転換事業等の中小企業等高度化等補助金についてでありますが、引き続き挑戦する元気企業に対しまして支援してまいりたいと思っております。  さらに、新たな支援策といたしまして、地場産業コラボレーション推進事業を実施したいと考えております。この事業は、眼鏡・繊維・そして漆器産業界の小規模企業が各企業の得意な分野、また、特化された技術、特殊な技術を持ち寄りまして、企業グループーとして協力し合って行う販路および市場開拓事業や、新商品開発事業に支援するものでございます。こうした事業を通じまして、地場産業全体の活性化につなげていきたいと考えているところでございます。  さらに、グローバル経済に対応し、世界に飛躍する地場産業の創生に向けましたところの市としての産業振興施策の方向性を確立するため、産業ビジョンを新たに策定したいと考えていますので、関係各位のご理解とご協力をお願い申し上げるところでございます。  次に、農林業の振興についてでございますが、昨年12月に国は米政策改革大綱を決定いたしました。米の生産調整が始まってから実に33年が経過いたしまして、この間、幾度にわたって政策の見直しが行われてきましたが、需給調整はじめといたしまして、流通制度、経営・構造政策に及ぶ抜本的な改革は今回が初めてであり、この大綱に基づき、平成16年度から具体的な政策がスタートいたします。  これは、米を取り巻く環境の変化に対応しつつ、消費者・市場重視の考え方に立って、需要に応じた売れる米作りの推進を通じて、水田農業経営の安定と発展を図るものでございます。平成22年度を目標に米作りの本来あるべき姿の実現を図っていくもので、市といたしましても、県と連携をしながら、農業者、そして農業団体が主役となる需給調整システムの構築に取り組んでいきたいと考えております。  本市における平成15年度の生産調整は、米の作付け面積に関するガイドライン1,533.1ヘクタール、生産調整目標面積が612.6ヘクタールで、平成14年度より48ヘクタール増の過去最大規模の面積で実施されるとともに、生産調整率28.5%という厳しい状況にございます。また、平成16年度からは米の生産数量配分に移行することが決定されております。これらの対応につきましては、去る1月に開催いたしました鯖江市水田農業推進協議会の中で調整水田等の不作付けの対応ではなく、県下で先進地であるところのコシヒカリの直播、加工米や大豆等の作物作付けによる対応をお願いしたところでございまして、平成15年度につきましても、県事業の有効な活用を図りまして、より一層の麦、大豆、そばの本格的な推進を推進したいと考えております。  また、転作率が高くなる情勢のなかで、米の生産調整の推進は、集落、地区として将来の営農体制と深く関係してまいりますので、転作の集団化が少ない地区から利用権設定状況、そして集落座談会等を実施するとともに、経営試算の提示を行いながら、地域の実態に合わせた21世紀の水田農業生産体制を構築してまいりたいと考えており、農家の皆様のご理解とご協力を得ながら、県、JA等関係機関と一致協力いたしまして推進を図っていきたいと思っております。  また、鯖江型農業の推進につきましては、マルセイユメロン、ブロッコリー、ミディトマト、大玉トマト、ホウレンソウ等の軟弱野菜を中心に特産物としての取り組み面積も拡大してまいりました。これを踏まえまして、本年より取り組む鯖江型農業振興事業を柱に、機械・施設および出荷助成等により、鯖江特産物の振興支援策を講じまして、産地としての定着を図ってまいりたいと思いますので、議員各位の一層のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。  次に、地方分権時代に対応した自治コミュニティの確立を目指すために、平成12年度からスタートした「21鯖江の華」推進事業についてでありますが、今日までそれぞれの地区や町内において、事業の基本的理念でありますところの心、花、自然、歴史、街といった地域の資源を生かし、住民が主体となって英知あふれる独創的な取り組みをいただいているところであり、文字どおり、住民自らが行う元気なコミュニティづくりの実現に向けて、一歩一歩着実に進展していると実感しております。  新年度におきましては、この「21鯖江の華」推進事業の一層の充実を図るために、新たにコンクール事業を導入したいと考えております。これは、地区または町内会が切磋琢磨し、競争しながら地域の活性化に取り組んでいただこうとするもので、応募いただいた中から特に優秀であった地区または町内を表彰するものでございます。  このコンクール事業の導入によりまして、さらに質の高い地域づくり活動が市内各地で展開され、元気あふれる鯖江市の創造につながるものと期待しております。  一方、地域づくりの活動拠点でありますところの各公民館における各種講座による生涯学習活動につきましても、新年度から「21鯖江の華」推進事業の一環として、お取り組みをいただきたいと考えております。これは、公民館を拠点とする市民活動について、地域住民が行う生涯学習活動も自治会が行う地域づくり活動も基本的には地域の活力あるコミュニティづくりの一環であることから、「21鯖江の華」推進事業が目指す住民主体の地域づくり活動として、地域の特色を生かした自主的、弾力的な推進を図ろうとするものでございます。  また、区長事務委託料につきましては、これまで地区への交付金としておりましたが、新年度から区長会連合会を通しまして、各町内会への交付とさせていただき、その自己判断、自己責任で各町内において、より有効かつ適切にお使いいただこうと考えていますので、ご理解を賜りたいと存じます。  次に、環境施策の推進について申し上げたいと思います。  社会経済が急速に発展し、生活の利便性が高まるなかで、限りある資源やエネルギーが大量に消費されることによって、地球全体の環境に大きな影響を及ぼすようになってまいっております。  良好な環境を享受する権利はもとより、市民に等しく与えられたものであり、将来にわたって恵み豊かな環境を維持し、次の世代に引き継ぐためには、我々もまた自然を構成する一員であることを深く認識をいたしまして、自然の生態系の保護に配慮しながら、環境保全に努める必要がございます。  私たちは、自らの積極的な行動により、地域の特性を生かした環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な都市の形成を目標に、豊かな自然に恵まれた環境を保全し、さらにより良い環境づくりを目指すことが求められております。  市では、こうした考えのもとに、鯖江市環境基本計画に基づきまして、各種施策に取り組んでいるところであり、環境保全施策が一歩一歩でありますけれども、着実に進展しております。これらの取り組みの中で、今後は、環境教育環境学習の推進に重点を置いて取り組んでいくことが重要と考えており、このため、現在、人にやさしく環境に配慮した、木造を中心として建設の準備を鋭意進めている中河小学校に併設をいたしまして、環境情報の発信基地、また、環境教育学習の活動の場としての拠点の整備を図っていきたいと考えているところであり、今後、その整備に積極的に取り組み、それぞれの施設とも2005年には見える形にしたいと考えております。  また、環境国際都市を目指した取り組みといたしまして、まず、市内事業所における地球環境保全活動を推進するために、鯖江市環境ISOネットワークの皆様とともに、エコポレーションSABAE(さばえ)事業を創設いたしました。これは、ISO14001の規格を簡略化いたしまして事業所が環境改善活動に容易に取り組むことができ、将来ISO14001認証取得に向けて無理なくステップアップしていただくことを目的とするものでございまして、今後、その普及促進に努め、広く市内に展開したいと思っております。  また、多くの市民の皆様に環境市民になっていただき、環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な社会を実現するためにモデル町内を設定いたしまして、わが家の環境ISOの普及促進活動や環境美化活動など、自主的かつ積極的な環境まちづくり活動を支援するところの環境モデル町内会づくり推進事業を実施したいと考えております。  さらには、環境に関しての先進国の環境活動の現状を視察いただくことによりまして、国際的な視野を広めていただくとともに、海外先進国の活動団体との交流を図ることを目的といたしまして、市民による環境国際交流事業を実施したいと考えております。  また、ごみの分別収集につきましては、市民の皆様のご協力のもとで、6大区分16分別により分別収集を実施しておりますが、廃棄物のさらなる資源化を図るとともに、焼却処分により発生するダイオキシンなどを抑制いたしまして、一つには環境型社会の構築と、そして、もう一つには、地球的規模での環境保全を一層進めるため、新たにその他のプラスチック製容器包装と蛍光灯の分別収集を開始し、適正な資源化を図りたいと考えていますので、市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げる次第でございます。  次に、コミュニティバス・みらい21についてでございますが、電車やバスなどの公共交通機関は、環境にやさしいシステムでありまして、今後はこれらの公共交通機関の果たす役割には実に大きなものがございます。現在、市内全域で9路線の運行を行っておりますが、単に市民の交通手段としてではなく、地球環境保全という大きな観点から市民の皆様にさらにご利用いただけるよう、利便性の追求に向けた継続的な改善を実施したいと考えております。今回は、各路線におきまして新たにバス停留所を21カ所増設するほか、神明線、鯖江・新横江線のコースの一部を変更するとともに、一部のバス停について利用者にとって場所がイメージしやすくなるよう、わかりやすい停留所名に変更するなど、利用者の利便性により配慮したものにしていきたいと考えております。地球規模の環境問題が深刻になっている今日、地球温暖化の主たる要因がありますところの二酸化炭素の削減は、大変重要な課題となっており、その原因の1つである自動車から排出される二酸化炭素の削減についても、私たち一人一人が努力していかなければなりません。  マイカー時代にあって、公共交通機関の利用率が年を追うごとに減少してきておりますが、日常生活の中で通勤や通学、あるいは買い物などにコミュニティバスなどの交通機関をご利用いただくちょっとした心遣いが地球環境保全に大きな力を発揮するわけでございます。また、こうした公共交通機関の利用拡大とマイカーの利用削減を図る取り組みは、今日の車社会において自動車が専有している公共空間の一部を歩行者や自転車のために振り向け、新たな都市空間として市民の手に取り戻そうとする「公共空間の再配分」という考え方に基づくものであり、市民の快適な生活環境生存権を確保し、環境と調和したまちづくりを進めるうえで極めて重要な視点であると考えていますので、市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げる次第でございます。  また一方では、環境への負荷が大きい行為に対しましては、その原因となるところから経済的な負担をお願いして、環境保全の施策に役立てようとする環境税の導入が、国・県・市町村それぞれのレベルにおいて検討され始めております。  鯖江市におきましても、マイカー依存体質から脱皮し、公共交通機関の高度利用によって環境保全を達成しようとするための負担のあり方について検討を始めたところでございます。  コミュニティバス・みらい21は、スタート以来、市民の移動手段としてようやく定着し始め、今年は年間延べ9万5,000人の皆様にご利用いただくまでに成長しておりますが、これをさらに便利なものにするため、また、鯖江市が国際環境都市として大きく成長するために、負担のあり方についても具体的な検討を進めていきたいと考えておるところでございます。  次に、鯖江型教育の推進について申し上げたいと思います。  鯖江型教育は、子供一人一人の人権や個性を大切にするかかわりを第一義といたしまして展開する教育であります。学校授業に期待していることは、新しい知識を先生から学び、そして、友達と意見交換をする、それを通して子供が新しい自分に成長していってほしいということでございます。これらの3つの場面がうまくつながりを持つ「つながりの教育」、これが私の考える鯖江型教育であります。本市においては、この鯖江型教育を推進するため、新学習指導要領のもとで児童や生徒の人権を尊重しながら、個性を伸ばし、行き届いた教育環境づくりを目指して、総合的学習の推進や教育助手の配置を行い、地域市民の起点に立脚した学校運営の支援に努めてきたところでございます。  こうしたなかで、今日、市民の視点に立脚し、地域の信頼にこたえ、開かれた学校づくりを進め、確かな学力向上を図るために、学校の自己点検・自己評価の取り組みが求められております。  市におきましても、新年度より各小中学校において、各小中学校長の学校経営ビジョンのもと、それぞれが目指す子ども像を明確にいたしまして、教職員の共通理解のもとに学校の自己点検、自己評価を積極的に行い、評価の結果を学校改善・授業改善に生かせるシステムづくりに着手したいと考えております。  この自己点検・自己評価にあたっては、学校評価が適切に行われるよう、評価対象や目標の重点化・具体化を図り、評価基準を定めまして、数量的に把握をし、また、目標内容等を吟味するなど、評価方法についても工夫したいと考えております。  また、自己点検、自己評価に加えまして、必要に応じて、保護者・児童生徒・第三者機関等によるところの外部評価を取り入れ、この結果を家庭地域にフィードバックし、さらなる改善を図る評価システムづくりを行い、地域学校の共通理解や相互信頼関係が深まるような点検・評価を推進していきたいと考えておるところでございます。  次に、保・幼・小一貫の複合施設整備についてでありますが、近年の子供を取り巻く社会環境家庭環境は、劇的に変化し、幼児期から児童期にかけてのさまざまな経験不足が、子供の豊かな感情や人とよりよくかかわる力の育ちを妨げ、学級という集団活動の場がつくれないというような子供が増えてきており、そのことが大きな社会問題となってまいっております。  私は、21世紀における幼児教育を考えたときに、保育所と幼稚園の幼児教育の整合性を高めた施設整備ができないか検討しておりましたところ、王山保育所が築後29年を経過いたしまして、改築の時期に来ているところから、惜陰小学校と鯖江幼稚園の敷地に同施設の一部を利用いたしまして、保・幼・小一貫の複合施設としての整備を行っていきたいと考えているところでございます。  幼児期および児童期の教育は、生涯にわたる人間としての健全な発達や社会の変化に対応できる能力を培う生涯教育の基礎となるものでございまして、その知性・完成を育てるための教育でなければなりません。そのためには、保育所、幼稚園における幼児期にふさわしい主体的な遊びを中心とした総合的な指導と、小学校低学年にふさわしい学習の指導とを円滑につなげていくことが重要であり、こうした保・幼・小の連携を強化するために、保育所、幼稚園、小学校がそれぞれの教育内容について理解し、望ましい連携の方法を探りながら、ゼロ歳から小学校低学年までの幼児期および児童期にふさわしい教育の実現に取り組んでいきたいと考えているところでございます。  次に、文化の館(鯖江市図書館)でございますけれども、文化の館の通年開館についてであります。  図書館は、生涯学習の振興を図るうえで、住民の身近にあって学習活動を支援する極めて重要な社会教育施設でございます。  社会情勢の大きな変革の中で余暇時間の増加等に伴い、住民の方々の学習意欲は多様化、高度化をいたしまして、図書館を取り巻く環境もまた大きく変化してきております。  現在、土曜日・日曜日・祝祭日は開館しておりますが、さらに住民へのサービス向上と、より利用しやすい図書館づくりのために、6月を目途に、休館日であるところの月曜日も開館することとし、特定非営利活動法人の鯖江市民活動交流センターに業務委託をすることによりまして、対応していきたいと考えているところでございます。  今後、さらに住民が心の豊さや生きがいを得ようとすることを支援する場となり、また、地域の活性化につながり、コミュニティの拠点、文化活動の中心になるよう取り組みを進めていきたいと考えております。  次に、行政体制の整備について申し上げたいと思います。  まず、任期付職員の採用についてでありますが、今日、行政の高度化、また、多様化、そして、予想以上のスピード化を要請される今日、それらに的確に対応して、市民の期待する行政を遂行していくためには、内部における育成だけではやれない高度な専門的知識、また、経験を有する民間人の人材を活用していくことが求められております。  このような視点から、民間人材の採用の円滑化を図るために、平成12年11月に国家公務員の一般職の任期付職員の採用および給与の特例に関する法律施行され、平成14年7月には地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律施行されました。  本市におきましても、この法律に基づき、条例を制定し、任期付職員制度を導入することにより、スピード化のなかでますます高度化する行政需要に対応していきたいと考えているところでございまして、当面、各地域で自己判断・自己責任のもとに進めていただいているところの「21鯖江の華」推進事業によるまちづくりに対して指導・助言を行うアドバイザー、または、男女平等参画推進条例に盛り込む提言で、意見書の中で要望がございました専門職への配置などを念頭に進めていきたいと考えているところでございます。  また、組織体制についてでありますけれども、市町村合併問題、ITの推進、男女平等参画の推進、民間活力(NPO)の推進、ユニバーサルデザインの実践、地場産業の振興支援といった重要な課題に、より迅速かつ効率的に対応するために、これまで課内室として位置づけていたもののうち6つの室を独立した課として設置をいたしまして、組織の充実を図っていきたいと考えております。  以上、平成15年度予算の概要と市政運営の考え方を中心にご説明を申し上げました。  それでは、次に、本日、ご提案いたしました議案について、ご説明を申し上げたいと存じます。  はじめに、議案第3号から議案第12号までの平成15年度一般会計および特別会計等の当初予算でございますけれども、鯖江市一般会計予算は215億4,800万円となり、対前年度6月比4.5%の減となりました。  また、国民健康保険事業など8つの特別会計の合計は2.2%増の203億1,520万円、水道事業企業会計が10.5%減の15億8,875万円で、総計が434億5,195万円となり、前年度6月比1.7%の減となっております。  続きまして、議案第13号から議案第16号までの平成14年度一般会計および特別会計の補正予算でございますけれども、今回の補正は、事務事業の確定等に伴い、調整を必要とする経費や施設の維持補修に伴うもの、住民投票に伴う経費、また、繰り越しを要する事業経費の繰越明許の設定などについて、所要の措置を講ずるものでございます。  補正予算の規模といたしましては、一般会計は1億6,167万円の追加となりまして、補正後の総額を231億5,260万円とするものでございます。また、国民健康保険事業など2つの特別会計の合計は、5億7,410万円の追加となります。  議案第17号は、先ほどご説明申し上げましたが、市議会議員および長の選挙において電磁的記録式投票機による投票を行うため、所要の事項を定めるものでございます。  議案第18号は、地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律施行に伴う所要の整備を行うため、所要の事項を定めるものでございます。  議案第19号は、男女平等参画の推進に関する施策を総合的・計画的に推進し、男女平等参画社会を形成するため、所要の事項を定めるものでございます。  議案第20号は、行政組織の効率的運用を図るために、新たな課の設置について所要の改正を行うものでございます。  議案第21号は、市町村合併に関する住民投票の期日について弾力的な運営を図るため、所要の改正を行うものでございます。  議案第22号は、自動交付機による資産証明書の交付の事務をするため、所要の改正を行うものでございます。  議案第23号は、地方税法等の一部改正に伴い、所要の改正を行うとともに、国民健康保険事業の適正な運用を図るため、国民健康保険税率の改定について所要の改正を行うものでございます。  議案第24号は、介護保険事業の適正な運営を図るために、介護保険料率の改定について所要の改正を行うものでございます。  議案第25号は、老人居室整備資金貸付事業を廃止するため、条例の廃止を行うものでございます。  議案第26号は、鯖江商店街振興基金を廃止するため、条例の廃止を行うものでございます。  議案第27号は、鯖江勤労者体育センターおよび鯖江勤労者野外活動施設を他の公の施設に統合することに伴い、条例の廃止を行うものでございます。  議案第28号は、新たに市道として1路線を認定しようとするものでございます。  次に、議案第29号 鯖江市監査委員の選任についてでございますけれども、鯖江市監査委員の川中清司氏には、この3月22日をもちまして任期満了となりますけれども、引き続き同氏を鯖江市監査委員に選任いたしたいと存じるところでございます。  川中清司氏は、税理士としてご活躍をされておりまして、卓越した能力と公正な人柄は最も適任と考えますので、よろしくご賛同賜りますようにお願いを申し上げる次第でございます。  以上、私の施政に対する所信の一端と予算案の概要等について申し上げましたが、その他の報告については、それぞれの記載の理由に基づき提案いたしました。  なお、細部につきましては、説明書等をごらんいただきまして、ご質問に応じまして、私または関係課長等からお答えを申し上げたいと存じます。  何とぞ慎重にご審議くださいまして、妥当なるご決議をいただきますようにお願いを申し上げる次第でございます。    ────────────────────────────────── △日程第36.議案第13号から第16号および議案第26号の5件に対する質疑 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第36、議案第13号から第16号および議案第26号の5件について質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。  これより議案の付託を行います。  ただいま議題となっております議案第13号から第16号および議案第26号の5件については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の委員会等に付託をいたします。  お諮りいたします。  ただいま各委員会に付託いたしました議案5件については、会議規則第44条第1項の規定により、常任委員会を本日午後3時までに審査を終え、引き続き市町村合併対策特別委員会を3時30分までに審査を終えるよう、期限をつけることとしたいと思います。これにご異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第13号から議案第16号および議案第26号については、本日3時30分までに審査を終えるよう期限をつけることと決しました。  本会議再開は午後4時30分を予定しております。  また、あらかじめ時間の延長をしておきます。  それでは、各委員会の付託議案の審査をお願いいたします。  休憩いたします。               休憩 午前11時40分               再開 午後 4時25分 ○議長(岩野甚四郎君) 再開いたします。    ────────────────────────────────── △日程第37.議案第13号から第16号および議案第26号の5件に対する審査結果ならびに議案第29号の採決 ○議長(岩野甚四郎君) 日程第37、議案第13号から第16号および議案第26号の5件に対する審査の結果について、各委員長の報告を求めます。  最初に、総務委員長の報告を求めます。  総務委員長、蓑輪 昇君。             〇総務委員長(蓑輪 昇君)登壇 ◎総務委員長(蓑輪昇君) 総務委員会に付託を受けました議案につきまして、審査の経過ならびに結果について、ご報告を申し上げます。  議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表歳入歳出予算補正(歳入)全般、(歳出)款2総務費(コミュニティセンター費、住民投票費を除く)款9消防費、第3表地方債補正についてであります。  本件につきまして、主な質疑を申し上げますと、はじめに、歳入についてでありますが、市営住宅改善事業費補助金について、市営住宅のピッキング防止のため、玄関のかぎを取り替えたとのことであるが、対象となる住宅はどこか。との質疑があり、これに対しまして、市営住宅411戸すべてのかぎを取り替えるものである。との答弁がありました。  次に、歳出でありますが、退職手当費として、1億1,194万円計上されているが、当初予定した退職者よりなぜ増えたのか。との質疑があり、これに対しまして、病気のため3名、そのほか子供の養育など家庭の事情のためなどである。との答弁がありました。  以上のような経過を踏まえて、議案第13号を採決いたしました結果、全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
     以上で、総務委員会の報告を終わります。 ○議長(岩野甚四郎君) 次に、建設委員長の報告を求めます。  建設委員長、水津達夫君。             〇建設委員長(水津達夫君)登壇 ◎建設委員長(水津達夫君) 建設委員会に付託を受けました議案について、審査の概要ならびに結果について、ご報告申し上げます。  議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表歳入歳出予算補正(歳出)款8土木費、第2表繰越明許費、款8土木費でありますが、審議の中で特に議論となりましたのは、住宅建設費の市営住宅玄関かぎ取り替えについてでありますが、全国的にピッキング犯罪が多発しており、その防止対策として、防犯性の高いかぎに交換するものである。との説明があり、これに対して、対象となる市営住宅は何カ所か。また、どのようなかぎにするのか。との質疑があり、これに対して、特定公共賃貸住宅を除く鉄筋コンクリート造市営住宅411戸が対象となるものであり、かぎの種類は、かぎの形状が複雑なもので、玄関戸に1カ所取り替えるものである。との答弁がありました。これを受けて、鯖江市の市営住宅において、ピッキングの被害はあるのか。との質疑があり、これに対して、現在、鯖江市の市営住宅ではそのような被害の連絡は受けていない。との答弁がありました。  次に、繰越明許費についてでありますが、土木費の繰越額が多いが、年度内に予算執行はできないのか。との質疑があり、これに対して、繰越明許費という予算は、その性質上または、予算成立後の事由により繰り越すものである。相手との交渉等でどうしても繰り越さざるを得ない場合もあるが、予算執行にあたっては、できるだけ年度内の予算執行に充分留意していきたい。との答弁がありました。  以上のような経過を踏まえて採決いたしました結果、全員の挙手をもって、議案第13号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、建設委員会の報告を終わります。 ○議長(岩野甚四郎君) 次に、経済企業委員長の報告を求めます。  経済企業委員長、山田利信君。            〇経済企業委員長(山田利信君)登壇 ◎経済企業委員長(山田利信君) 経済企業委員会に付託を受けた議案3件について、主な審査の概要および結果について、主な点をご報告申し上げます。  はじめに、議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表歳入歳出予算補正(歳出)款4衛生費、合併処理浄化槽費、款6農林水産業費、第2表繰越明許費、款6農林水産業費、および議案第16号 平成14年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第4号)については、特段申し上げる質疑はありませんでした。  次に、議案第26号 鯖江商店街振興基金条例の廃止について、主な質疑の内容を申し上げます。  商店街振興基金を廃止しても、商店街の振興には今後も従来同様に支援すべきとの意見があり、これに対して、商店街の支援は、今後とも従前どおり実施したい。との答弁がありました。  以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第13号、議案第16号および議案第26号、すべて全員の挙手をもって、原案どおり可決すべきものと決しました。  以上で、経済企業委員会の報告を終わります。 ○議長(岩野甚四郎君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。  教育民生委員長、田中茂一郎君。           〇教育民生委員長(田中茂一郎君)登壇 ◎教育民生委員長(田中茂一郎君) 教育民生委員会に付託を受けた議案3件について、主な審査の概要および結果について、主な点をご報告申し上げます。  はじめに、議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表歳入歳出予算補正(歳出)款2総務費、コミュニティセンター費、款3民生費、款4衛生費(合併処理浄化槽費を除く)、款10教育費、第2表繰越明許費、款10教育費につきまして、主な質疑の内容を申し上げます。  学校管理費の給食施設管理諸経費で、漆器の食器を導入するとのことだが、現在の進捗状況はどうか。との質疑に対し、今年度は鯖江東小学校と北中山小学校の2校を予定しており、既に河和田小学校には導入されており、3校となります。以後、順次導入していく予定である。との答弁がありました。  また、木製漆器の食器の種類はどのようなものか。との質疑に対し、木製の御飯碗、汁碗と、APS樹脂製の副食皿・お盆をセットにしたものだ。との答弁がありました。  繰越明許費で、小学校建設事業の内容はどのようになっているのか。との質疑に対し、中河小学校改築に向けての準備行為として地質調査費、解体工事設計費および木造化のための専門調査費1,351万5千円の繰越明許費をお願いするものです。との答弁でありました。  次に、議案第14号 平成14年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、主な質疑の内容を申し上げます。  国庫支出金で特別調整交付金の減はどういう理由なのか。との質疑に対し、補助対象事業が一部対象外になったためである。との答弁であった。  そのほかには、特段申し上げる質疑はございませんでした。  最後に、議案第15号 鯖江市老人保健特別会計補正予算(第1号)については、特段申し上げる質疑はありませんでした。  以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第13号、議案第14号および議案第15号、いずれも全員の挙手をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、教育民生委員会の報告を終わります。 ○議長(岩野甚四郎君) 次に、市町村合併対策委員長の報告を求めます。  市町村合併対策特別委員長、高島哲夫君。         〇市町村合併対策特別委員長(高島哲夫君)登壇 ◎市町村合併対策特別委員長(高島哲夫君) 市町村合併対策特別委員会に付託を受けました議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表歳入歳出予算補正(歳出)款2総務費(住民投票費)についての議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。  議案第13号について、理事者から詳細な説明を受け、審査をいたしましたが、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。  以上のような経過を踏まえ、議案第13号を採決いたしました結果、全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、理事者から任意合併議会の負担金30万円を追加したい。との説明があり、これを了とした次第であります。  以上で、市町村合併対策特別委員会の報告を終わります。 ○議長(岩野甚四郎君) ただいまの各委員長の報告に対し質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ないようですので、質疑を終結いたします。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ないようですので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  最初に、議案第13号 平成14年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。  本案に対する各委員長の報告は可決であります。  各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(岩野甚四郎君) 起立全員であります。  よって、議案第13号は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第14号 平成14年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。  本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(岩野甚四郎君) 起立全員であります。  よって、議案第14号は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第15号 平成14年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。  本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(岩野甚四郎君) 起立全員であります。  よって、議案第15号は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第16号 平成14年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。  本案に対する経済企業委員長の報告は可決であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(岩野甚四郎君) 起立全員であります。  よって、議案第16号は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第26号 鯖江商店街振興基金条例の廃止についてを採決いたします。  本案に対する経済企業委員長の報告は可決であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(岩野甚四郎君) 起立全員であります。  よって、議案第26号は、原案のとおり可決されました。  次に、議案第29号 鯖江市監査委員の選任についてを議題といたします。  お諮りいたします。  ただいま議題になっております議案第29号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第29号については、委員会の付託を省略することに決しました。  本案に対し質疑はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ないようありますので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  議案第29号 鯖江市監査委員の選任について、本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(岩野甚四郎君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第29号は、原案のとおり同意することに決しました。  以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。  次の本会議は3月11日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。ご苦労さまでございました。               散会 午後4時43分