運営者 Bitlet 姉妹サービス
鯖江市議会 > 1998-12-01 >
平成10年12月第310回定例会−12月01日-01号
平成10年12月第310回定例会−12月01日-01号

鯖江市議会 1998-12-01
平成10年12月第310回定例会−12月01日-01号


取得元: 鯖江市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成10年12月第310回定例会−12月01日-01号平成10年12月第310回定例会  第310回鯖江市議会定例会会期日程            会期 平成10年12月 1日(火)開会               平成10年12月15日(火)閉会 15日間 ┌──────┬─┬────────────────────────────┐ │ 月  日 │曜│        内          容        │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │12月 1日│火│本会議(決算議案委員長報告・採決・提案理由説明)    │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    2日│水│休 会                         │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    3日│木│一般質問〆切(正午)                  │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    4日│金│休 会                         │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    5日│土│ 〃                          │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    6日│日│ 〃                          │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    7日│月│ 〃                          │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    8日│火│本会議(質疑・代表質問・一般質問)           │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │    9日│水│ 〃 (一般質問)                   │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │   10日│木│総務・建設・経済企業教育民生委員会          │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │   11日│金│総務委員会                       │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │   12日│土│休 会                         │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │   13日│日│ 〃                          │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │   14日│月│地域医療対策特別委員会                 │ ├──────┼─┼────────────────────────────┤ │      │ │   (委員長報告・採決)               │ │   15日│火│本会議(追加議案提案・採決)              │ │      │ │   (市会案提案・採決)               │ └──────┴─┴────────────────────────────┘                 議案審議結果一覧                          市長提出(12月 1日議決) ┌────┬─────────────────────┬─────┬────┐ │議案番号│     件         名     │付託委員会│ 結 果 │ ├────┼─────────────────────┼─────┼────┤ │第50号│平成9年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定│ 決算特別 │継続審査│ │    │                     │     │    │ │    │について                 │     │    │ │    │                     │     │    │ │第51号│平成9年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │入歳出決算の認定について         │     │    │ │    │                     │     │    │ │第52号│平成9年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │算の認定について             │     │    │ │    │                     │     │    │ │第53号│平成9年度鯖江市農業共済事業特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │出決算の認定について           │     │    │ │    │                     │     │    │ │第54号│平成9年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │入歳出決算の認定について         │     │    │ │    │                     │     │    │ │第55号│平成9年度鯖江市農林業体験実習館特別会計歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │入歳出決算の認定について         │     │    │ │    │                     │     │    │ │第56号│平成9年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │出決算の認定について           │     │    │ │    │                     │     │    │ │第57号│平成9年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │入歳出決算の認定について         │     │    │ │    │                     │     │    │ │第58号│平成9年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │決算の認定について            │     │    │ │    │                     │     │    │ │第59号│平成9年度鯖江市水道事業会計決算の認定につ│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │いて                   │     │    │ └────┴─────────────────────┴─────┴────┘                          市長提出(12月15日議決) ┌────┬─────────────────────┬─────┬────┐ │第61号│平成10年度鯖江市一般会計補正予算(第4 │総務・建設│ 可 決 │ │    │                     │     │    │ │    │号)                   │経企・教民│    │ │    │                     │     │    │ │第62号│平成10年度鯖江市国民健康保険事業特別会計│ 教育民生 │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │補正予算(第1号)            │     │    │ │    │                     │     │    │
    │第63号│平成10年度鯖江市農業共済事業特別会計補正│ 経済企業 │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │予算(第1号)              │     │    │ │    │                     │     │    │ │第64号│平成10年度鯖江市下水道事業特別会計補正予│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │算(第3号)               │     │    │ │    │                     │     │    │ │第65号│平成10年度鯖江市水道事業会計補正予算例の│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │(第1号)                │     │    │ │    │                     │     │    │ │第66号│鯖江市情報公開条例の制定について     │  総務  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │第67号│鯖江市個人情報保護条例の制定について   │  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │第68号│鯖江市の議会議員および長の選挙における選│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │挙運動用自動車使用の公営に関する条例およ│     │    │ │    │                     │     │    │ │    │び鯖江市の議会議員および長の選挙における│     │    │ │    │                     │     │    │ │    │選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例│     │    │ │    │                     │     │    │ │    │の一部改正について            │     │    │ │    │                     │     │    │ │第69号│鯖江市一般職の職員の給与に関する条例の一部│  総務  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │改正について               │     │    │ │    │                     │     │    │ │第70号│鯖江市税条例の一部改正について      │  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │第71号│鯖江市使用料徴収条例の一部改正について  │ 教育民生 │  〃  │ │    │                     │     │    │ │第72号│鯖江市小中学校設置および管理に関する条例の│  〃  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │一部改正について             │     │    │ │    │                     │     │    │ │第73号│市道路線の認定について          │  建設  │  〃  │ │    │                     │     │    │ │第74号│遠心濃縮棟建設工事土木建築)請負契約の│ 経済企業 │  〃  │ │    │                     │     │    │ │    │締結について               │     │    │ └────┴─────────────────────┴─────┴────┘                          議員提出(12月15日議決) ┌──────┬─────────────────────────┬────┐ │市会案第7号│災害復旧制度の拡充に関する意見書について     │ 可 決 │ │      │                         │    │ │市会案第8号│30人学級の早期実現を求める意見書について    │  〃  │ │      │                         │    │ │市会案第9号│国民年金の改善を求める意見書について       │  〃  │ └──────┴─────────────────────────┴────┘                 陳情の審査結果 ┌────┬─────────────┬────────────┬───┬───┐ │     │             │             │付 託│   │ │番  号│   件      名  │   提  出  者   │   │結 果│ │     │             │             │委員会│   │ ├────┼─────────────┼────────────┼───┼───┤ │    │             │福井の教育をよくする県民│   │   │ │    │             │            │   │   │ │陳  情│小中高30人学級の早期実現│会議          │教 育│一 部│ │    │             │            │   │   │ │第 7 号│について         │ 代表委員  石田一宏 │民 生│採 択│ │    │             │            │   │   │ │    │             │       黛千恵子 │   │   │ ├────┼─────────────┼────────────┼───┼───┤ │陳  情│市内の失業対策、雇用の改善│福井県労働組合総連合  │経 済│継 続│ │    │             │            │   │   │ │第 8 号│について         │ 議   長 北出芳久 │企 業│審 査│ ├────┼─────────────┼────────────┼───┼───┤ │    │             │全日本年金者組合福井県本│   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │部           │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │ 執行委員長 義江修二 │   │   │ │陳  情│国民年金年金制度の改善に│            │教 育│一 部│ │    │             │全日自労建設農林一般労働│   │   │ │第 9 号│関する意見書の提出について│            │民 生│採 択│ │    │             │組合          │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │福井農村労組      │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │ 執行委員長 浜崎 勉 │   │   │ └────┴─────────────┴────────────┴───┴───┘ (継続審査となっていたもの) ┌────┬─────────────┬────────────┬───┬───┐ │    │             │全国トンネルじん肺補償福│   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │井請求団        │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │じん肺り患患者の救済とトン│ 団長 浜崎 勉    │   │   │ │陳  情│             │            │経 済│趣 旨│ │    │ネルじん肺根絶を求める意見│全国トンネルじん肺福井弁│   │   │ │第 2 号│             │            │企 業│採 択│ │    │書の提出について     │護団          │   │   │
    │    │             │            │   │   │ │    │              │ 団  長 吉村 悟  │   │   │ │    │             │         他2名│   │   │ ├────┼─────────────┼────────────┼───┼───┤ │    │             │福井県労働組合総連合  │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │ 議  長 北出芳久  │   │   │ │    │             │            │地域医│   │ │陳  情│国立鯖江病院に対する診療機│国立鯖江病院存続、拡充 │   │継 続│ │    │             │            │療対策│   │ │第 4 号│能拡充の要望書提出について│し、地域医療をよくする会│   │審 査│ │    │             │            │特 別│   │ │    │             │ 代表委員 水野忠二  │   │   │ │    │             │            │   │   │ │    │             │         他7名│   │   │ └────┴─────────────┴────────────┴───┴───┘            第310回鯖江市議会定例会会議録 ───────────────────────────────────────        平成10年12月1日(火曜日)午前10時06分開会 ─────────────────────────────────────── 〇出席議員(25人)                1 番  石 橋 政 之                           2 番  小 林   太                           3 番  蓑 輪   昇                           4 番  蓑 輪 安兵衞                           5 番  田 中 茂一郎                           6 番  橋 本   勇                           7 番  吉 田 寿 幸                           8 番  玉 邑 哲 雄                           9 番  高 島 哲 夫                           10番  山 本 利 春                           11番  嶋 川 一 男                           12番  菅 原 義 信                           13番  牧 野 清 治                           14番  橋 本 常 夫                           15番  岩 野 甚四郎                           16番  大 森 松 栄                           17番  山 本 又一郎                           18番  山 口 導 治                           19番  増 田   光                           20番  笹 川   希                           21番  佐々木   治                           22番  田 中 敏 幸                           23番  宮 下 善 隆                           25番  平 野 佳 宥                           26番  福 岡 善 信 ─────────────────────────────────────── 〇欠席議員(0人) ─────────────────────────────────────── 〇説明のため出席したもの       市長          辻  嘉右エ門                    助役          窪   清 行                    収入役         竹 内   武                    総務部長        惣宇利   尚                    企画部長        長谷川   繁                    市民生活部長      古 村 正 史                    健康福祉部長      神 戸 勝 則                    産業部長        斎 藤 辰 夫                    建設部長        窪 田   貢                    水道部長        杉 本 忠 義                    教育長         大 森 仁 平                    教育委員会事務部長   小 林 美智雄                    鯖江広域衛生施設組合事務局長                                笠 嶋 恒 克                    消防長         南 部 俊 三                    市長課長        岸 本 秀 治 ─────────────────────────────────────── 〇職務のため出席したもの       議会事務局長      熊 谷 忠 男                    議会事務局次長     田 中 喜代栄                    議会事務局次長補佐   竹 内 秀 博                    議会事務局次長補佐   窪 田 育 男                    議会事務局係長     西 川 法 昭                開会 午前10時06分 ○議長(佐々木治君) ただいまから第310回鯖江市議会定例会を開会いたします。  本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。    ───────────────────────────────── △日程第1.会議録署名議員の指名 ○議長(佐々木治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、11番 嶋川一男君、12番 菅原義信君、13番 牧野清治君、以上3名を指名いたします。    ───────────────────────────────── △日程第2.会期の決定 ○議長(佐々木治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について委員長から報告を求めます。  5番、田中茂一郎君。              〇5番(田中茂一郎君)登壇 ◎5番(田中茂一郎君) 第310回定例会の運営につきまして、去る11月6日、24日及び本日に開催いたしました議会運営委員会における審議の結果についてご報告申し上げます。  今期定例会に付議されます案件は、現時点で議案13件、報告1件、陳情3件であります。また、会期最終日までに議案1件などが追加提案される予定であります。  さて、これら案件の審査に要する日程でありますが、本日は、初めにさきの第309回定例会で決算特別委員会の閉会の継続審査とされました平成9年度の一般会計、その他特別会計等の決算議案10件について、委員長から委員会における審査結果の報告を求め、質疑討論の上採決いたします。その後、市長の施政所信表明並びに各議案報告に対する提案理由の説明を行い、散会といたし、引き続き全員協議会を開催いたします。  明日2日から7日までは休会といたし、8日、9日の両日に本会議を開き、各議案報告に対する質疑の後代表質問並びに一般質問を行います。なお、これら質問に対する発言通告書の提出期限は3日正午までといたします。各常任委員会の審査日程につきましては、10日、11日の両日とし、地域医療対策特別委員会は14日に審査を行うことといたします。15日を最終日として本会議を開き、各委員長からの委員会における審査結果の報告を求め、質疑、討論の上、議案の採決を行う運びであります。  以上のとおり、議会運営をもって本定例会会期は、本日から15日までの15日間とすることで意見の一致を見た次第であります。本委員会の決定どおり、議員各位のご賛同とご協力をお願い申し上げまして、ご報告といたします。  以上よろしくお願いします。 ○議長(佐々木治君) お諮りいたします。  今期定例会会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月15日までの15日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。             (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(佐々木治君) ご異議なしと認めます。  よって、会期は15日間と決しました。
       ───────────────────────────────── △日程第3.諸般の報告 ○議長(佐々木治君) 日程第3、諸般の報告を行います。  お手元に配付してあります議会報告(第4号)をもって報告といたします。    ───────────────────────────────── △日程第4.陳情の受理 ○議長(佐々木治君) 日程第4、陳情の受理について報告いたします。  本日までに受理いたしました陳情3件については、お手元に配付いたしました陳情文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。    ───────────────────────────────── △日程第5.議案の審査結果(継続審査) ○議長(佐々木治君) 日程第5、議案の審査結果(継続審査)を議題といたします。  9月定例会において継続審査となりました議案第50号 平成9年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第59号 平成9年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてまで、以上10件について、閉会中審査を終えておりますので、決算特別委員長から審査の経過並びに結果について報告を求めます。  19番、増田 光君。              〇19番(増田 光君)登壇 ◎19番(増田光君) さきの第309回定例会におきまして、決算特別委員会に付託され、閉会中の継続審査となっておりました議案第50号 平成9年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第51号 平成9年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第52号 平成9年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第53号 平成9年度鯖江市農業共済事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第54号 平成9年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第55号 平成9年度鯖江市農林業体験実習館特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第56号 平成9年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第57号 平成9年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第58号 平成9年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第59号 平成9年度鯖江市水道事業会計決算の認定についての決算議案10件につきまして、10月16日、19日、20日及び11月16日、17日、18日の計6日間にわたり決算の審査を行いましたので、審査の経過と結果をご報告申し上げます。  決算の審査に当たりましては、決算書及び主要な施策の成果に関する説明書に基づいて理事者の説明を受け、監査委員の歳入歳出決算審査意見書を参考に、その執行が市政に適正に反映されているか、また今後の市政方針などについて審議をいたしました。  なお、今回の審査における質疑の中には、昨年度の審査と同様の質疑があり、これらにつきましては、改善結果、その後の経過など、報告を受けておりますので、ここでは省略させていただきます。この報告につきましては、議会事務局に置いてありますので、一度ご覧をいただきたいと思います。  それでは、本10件につきまして、各常任委員会ごとの所管に分けて主な質疑を申し上げます。  初めに、一般会計の歳入全般及び総務委員会関係の一般会計歳出であります。  1つ目に、平成8年度決算総括審査の指摘事項に対する次年度への予算反映や改善点等について、平成9年度の決算審査を行うときに報告を受けたが、本来なら新年度の予算編成に反映させるために12月議会ごろまでに報告があってもよいのではないか。また、関連して主要な施策の成果に関する説明書の記載内容は、成果があったかどうかを判断するために、前年度との対比が必要ではないのか。さらに事業執行に伴う経済効果も記載すべきであるとの質疑がありました。  これに対し、12月以降は新年度予算を編成する時期でもあるので、そういった意味で今回の平成9年度決算の指摘事項は新年度予算に反映するようにしていく。反映点や改善点については、できるだけ早く報告できるように来年度から改めていきたい。また、成果に関する説明書については、比較できるものと比較できないものがあると思うが、比較できるものはそのような資料に改善するように検討していく。経済効果についても、把握できるものと把握できないものとがあり、特に行政行為は客観的に事業効果というものが表わせにくいと思うが、効果があったものについては記載できるように検討していきたい。との答弁がありました。  2つ目に、歳入の使用料、市営住宅使用料に82万円の不納欠損と、268万円余の収入未済額があるが、滞納して敷金3カ月分の期間が過ぎたら保証人に催促するような対応を考えるべきである。入居時に書類が整っていても、更新時に保証人のなり手がおらず催促できなかったものと思われるが、もっと滞納を少なくするように努力すべきであるとの質疑があり、これに対し景気低迷の時期でもあり滞納整理には苦慮している、そのようなことから現在担当課にチームをつくり、徴収に全力を挙げている。また、更新時の保証人は、更新時に滞納があると保証人が見つからない状況もあることから難しい面もあるが、今後は家賃の安いところに移転してもらうとか、そういった指導も含めて考えたい。との答弁がありました。  3つ目に、財政調整基金と減債基金について、平成9年度末の財政調整基金13億9,900万円余と減債基金9億6,900万円余は、平成10年度予算どおりにそれぞれ9億円余、4億7,000万円余を取り崩すと平成10年度末の残高はともに5億円程度になるとの説明を受けた。さらに、平成11年度の予算編成においても、両基金を取り崩す必要があると思っているとも聞いた。健全財政を目指す上で、基金に対する期待は大きく、積み立てに努力することは当然のこと、預け入れ金利もアップさせていくことが大事であるとの質疑があり、これに対しまして、財源には一般財源、補助金、起債、基金の取り崩しがあるが、当初において不透明な部分、あるいは財源不足と思われるものは、財政調整基金なりを崩して充当する場合がある。このような場合は事業執行の中でできるだけ少ない額で効果を上げ減額になるよう努力する。さらには、交付税のある起債処置や単独であっても補助の手だてなどを検討し、決算でできる限り余剰金が出るよう努力していく。そして、最終的に予算の組み替えなりで基金に戻したいと思っている。いずれにしても、財政調整基金は年度調整の指針であるので、今後財政計画を立てる上においても財政調整基金、減債基金、その他の基金をできる限り確保するよう努めたい。預け入れについては、今後とも利率のいいところに預けるとともに、効率のいい方法で運用を図っていきたいとの答弁がありました。  次に、建設委員会関係の一般会計歳出及び特別会計であります。都市計画街路で、鳥羽中・芦山線の整備を行っているが、今後の見通しについてどう考えているのか、早期完成を目指して努力してほしいとの質疑があり、これに対し鳥羽中・芦山線の整備は、現在本町3、4丁目の全長390メートルの区間で行っているが、毎年用地の評価が下がっており、用地買収が厳しい状況である。また、道路幅員を5メートルから16メートルにするため残地が少なく居住不可能になるのに、便利のよい場所なので残りたいという人もいる。反面、商店経営者は人通りの多い場所へ行きたいと言っており、そうなるとまちづくりや地域の活性化とはかけ離れることになってしまう。そのようなことから、従来行ってきた全区間対象の用地買収方法では、空洞化を助長する恐れがあるため、今後はその手法を改め平和堂の交差点から竹部ムセンまでの一連の区間を集中的に買収し整備を進めていくつもりである。今後とも一日も早い完成を目指して努力していくとの答弁がありました。  2つ目に、土地区画整理事業特別会計の雑入の収入未済について、これは北部第1区画整理事業と神明東区画整理事業のときのものとの説明であるが、毎年のことである。徐々に収入未済が減ってきており、努力していることは認めるが、未済になっている原因が本人の死亡、会社倒産などいろいろ事情もあるとのことだが、それなりの事務処理も含めさらなる努力をすべきであるとの指摘がありました。  次に、経済企業委員会関係の一般会計歳出及び特別会計であります。農業振興費の新規就農者経営支援事業は、40歳未満の就農者が激減のため、将来の農業に不安があるということで県が定めた事業で、40歳未満と他産業からの就農者を対象に条件整備奨励金として120万円を3年間交付するものであるということだが、今はそうした人こそ大事であり、3年といわずある程度軌道に乗るまで支援できないのかとの質疑があり、これに対しこの事業は市が県事業に合わせて行っているもので、1年目は経営安定奨励金180万円と条件整備奨励金120万円、2年目、3年目が条件整備奨励金だけの120万円という計3年間の支援を行うもので、一般的に言えば3年あれば軌道に乗るとの判断でこの期間を決めたと聞いている。これは県・市の両方の事業であるので、今後県とも相談しながら検討したいとの答弁がありました。これに対し、あと2年ぐらいは追加し、5年として、新規に就農した人が立派に成功したんだというような安定した新規就農者の位置づけを考えるべきである。県と相談というが市単独ででも検討してほしい。さらに、現在会社員として勤めている30代、40代の人たちがリストラを考えて、親の跡を継いで農業経営をやってみたいというようなこともあるので、これらも含めて幅広く検討してほしいとの要望が出されました。  2つ目に、上水道の石綿管布設替えと道路舗装の関わりについて、道路舗装を建設部に相談すると、石綿管の布設替えをするので待ってほしいと言われ、布設替えの実施計画がわからず住民が戸惑うこともあるので、関係部課の縦割り弊害をなくし、横のつながりを密に対応すべきである。また、道路連絡協議会を開催し、石綿管布設替えと道路舗装について協議しているというが、ある程度計画がはっきりしていればしばらくは待てると思うが、計画が10年先というようなことであれば、先に舗装すべきではないか。ある程度の計画でもよいから住民に早く知らせる必要があるとの質疑がありました。これに対し、指摘どおり特にここ一、二年以内に石綿管の布設替えをするところについては、地元に対してよく説明し理解を求める必要があると思っている。道路連絡協議会については、国、県、市で構成しているが、もう少し綿密に連携をとって布設替えがスムーズに進展するよう努力していきたい。ただ、計画が大分先ということであれば舗装も考えていきたい。また、要望に応じて布設替えを早くするとか、上水、下水の新設、修繕のときに舗装も一緒にするとか、さらにどうしても布設替えをしなくてはならないときは下水も先に管を入れるとか、その場所場所に応じて関係部課の連絡調整を十分にとり、市民の理解を得ながら実施していきたいとの答弁がありました。  3つ目に、下水道事業がこれだけの大きな投資をして整備を進めてきたにもかかわらず、水洗化率が昨年度に比べ2.4%のアップにとどまっている。これは現在整備を進めている区域が、中心市街地を外れ人口の少ない農村地域に入っているのが原因で、工事するときには地元説明会を開き、チラシを配布し、水洗化の向上を図っているというが、全域についてなお一層の努力をしてほしい。また、水洗便所改造資金貸付金は、農業集落排水事業を含めて平成10年度から80万円を100万円に増額したということで、とてもよいことであるが、まだ利用者が非常に少ないと思う。水洗化の向上を図るためにも、もっとこの制度をPRし活用してもらうべきであるとの強い指摘がありました。  次に、教育民生委員会関係の一般会計歳出及び特別会計であります。教育委員会には施設が130あり、その補修は要望に応じて人命にかかわるものを優先して行っているというが、体育施設などの建物や周辺器具・備品など、どうして今まで補修しなかったのかと思われるほど傷んでいるものがある。毎年補修をしていれば長く持たせることができ、新しくするより経費節減につながる。早急に調査を行って予算を確保し継続的に行うべきであるとの質疑があり、これに対し教育委員会の多くの施設の補修については、財政状況も十分に勘案しながら行わなければならないと考えているが、現在も逐次行っているところである。今後も現状についてよく実態調査し、所管委員会の協議会で十分協議いただきながら、一遍にはできないと思うが、継続して補修できるよう努力していくとの答弁がありました。  2つ目に、中河小学校の耐力度測定調査と、鯖江東小学校耐震診断調査を行い、その結果中河小学校基準を割って改築の国庫補助の対象となり、鯖江東小学校はAからEのBランクで、阪神大震災程度の地震でも大丈夫とのことだが、ほかの学校も結果を知らなければ対応がとれない、順次調査を進めるべきであるとの質疑があり、これに対し、この耐震診断調査については昭和56年までに建築されたもののすべてを対象に行うもので、校舎について平成9年度から順次調査を実施している。特に中河小学校は早く建てかえてほしいとの要請を受けているとの答弁がありました。これに対し、平成8年度に行った避難施設の調査で、豊小学校の体育館がCランクの判定を受け現在補強策などについて検討しているらしいが、豊小学校でもPTA、区長会で期成同盟会をつくって対応を考えている。いつも子供がいるところであり、また災害時の避難施設でもあるので早急に対処してほしいとの強い要望がありました。  3つ目に、予防接種やがん検診などの保健事業は、以前から同じ手法で行っている。時代も変わり、休日や夜間にまで事業を拡大させるなどもっと時代のニーズに合った対応をする必要があるのではないか。また、医療に係る費用は増大するばかりで、特に国保や老人医療の伸びが著しいので、長寿で有名な長野県の佐久市などを研究して関係部課でプロジェクトチームをつくり、医療費のかからない長寿対策に取り組むつもりはないかとの質疑があり、これに対し予防接種の任意接種については翌年に再度通知するなど接種機会の拡大を行っている。ただ、指摘の休日、夜間となると、ドクターや看護婦の確保が大変難しいと思っている。現に休日正月の担当医制度も、医師会から今の3つの医療機関を2つの機関に減らしてほしいとの要請を受けている。医師と医師会とも協議はしてみるが、なかなか難しい課題であると思っている。また、確かに国保や老人の医療費が大変増えており、どこの市町村でも苦慮している。そのようなことから、プロジェクトチームの設置は、食生活の改善や運動活動の促進など健康によいライフスタイルを定着させる運動の展開にあわせて庁内で議論していきたいと思っているとの答弁がありました。  4つ目に、市内各地で土壌や地下水の汚染調査を行っているが、結果についての報告がないようである。特に立待地域は汚染されている場所がかなり広く、浄化策を検討しているというが、汚染全地区の対応を早急に行ってほしい。また、地下水汚染が発見されたときは「飲むな」とかの注意を行ったが、その後どうなっているのか何も報告されていない。市民は不安感を持っている。これは行政の怠慢とも言えることで、もっと継続して地元に説明していくべきではないかとの質疑があり、これに対し、調査については市内全域を幅広い範囲で定期的に行っているが、特に立待地区については糺地区を中心に幅広い地域で地下水が汚染されている。今後の対応については、地下のことでもあり、狭い部分ならば土壌の入れかえという方法もあるが、家もたくさん建っており、これだけ範囲が広いとそれもできない。また、揚水設備を設け、ばっ気処理による浄化方法もあるが、いま少し対応について手法を研究させてほしい。また、汚染された地域の住民には地下水飲用の自粛をお願いするとともに、有機塩素系化合物を取り扱っている事業所などには取り扱いの指導、啓発を行っているが、今後とも汚染状況などの報告を続けていきたいとの答弁がありました。  以上のような審査経過をもちまして、最後に今回の決算審査での意見、感想を各委員に求めましたところ、1つ目に補助を国や県からもらって安易に事業を行ったけれど、結果的に余り効果がなかったとか、補助が終わっても単独で事業を継続していかなければならないものがあると思う。このような補助事業のあり方については、市民のニーズに十分に配慮しながら対応を考えてほしい。  2つ目に、一般会計の不用額が5億9,000万円余があるが、これは担当者が適正な効果を上げつつ節減に努めたことの表われであると思うが、こうした財政難の中、トップとしては今後の財政計画、指針を示していくべきである。  3つ目に、基金には利子運用をするための取り崩せない基金と、取り崩していく基金の両方があると思うが、こうした時期でもあるので取り崩せない基金を崩して財源に充てることができないかなど、研究していく必要があるのではないか。  4つ目に、教育委員会の予算については、施設の建設費や人件費を除いた教育本来の事業費というものが少ないと思う。市長は教育に力を入れていくといった考えがある中で、もっとそのような予算を充実させていくべきである。  5つ目に、今回の決算委員会でとても驚いたことがあった。それは10月の審査が時間の都合で11月に繰り延べになった部署のことで、時間切れ前にいろいろ質疑を行い、調査、報告するよう要請したところ、大変な努力をしたという経過が見られた。非常に短期間で物事を解決できる調査ができるということがわかった。今後ともそのような姿勢を見せてもらえば、さらなる市政発展につながると思う等々の意見、感想が述べられたところでございます。  以上のような審議の経過を踏まえまして採決いたしました結果、議案第50号から議案第59号までの決算議案10件は、いずれも全員一致で原案のとおり認定すべきものと決しました。なお、11月18日に行いました決算総括審査の内容につきましては、会議録を作成して議会事務局に置いておきますので、ご覧いただき、当初予算の審査などの参考資料としてご活用いただきたいと存じます。また、この総括審査の指摘事項については、理事者から3月議会の前までにこれらの反映点や改善点などを報告してもらうことになっておりますことを申し添えます。  以上、決算特別委員会に付託されました議案の審査経過並びに結果の報告とさせていただきます。 ○議長(佐々木治君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。  17番、山本又一郎君。 ◆17番(山本又一郎君) ただいまの説明の中の、議案の中には入っていないんですけども、平成9年度鯖江市基金運用状況報告書がこの決算の中にあるんですけども、その中の土地開発基金の運用の内容の中で、今年度土地購入代3億2,366万2,740円の土地購入代金が載ってるんですけども、これらについての理事者の説明と委員の質問の内容を一遍聞かせていただきたいと思います。225ページ。 ○議長(佐々木治君) 19番、増田 光君。 ◎19番(増田光君) 鯖江市基金運用状況報告書でございますが、これらは今の議案の中にありませんし、そのような審議をした覚えもございません。 ○議長(佐々木治君) ほかに、質疑はございませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(佐々木治君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。  討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(佐々木治君) ないようでありますので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  議案第50号 平成9年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第50号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第51号 平成9年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第51号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第52号 平成9年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第52号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第53号 平成9年度鯖江市農業共済事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第53号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第54号 平成9年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第54号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第55号 平成9年度鯖江市農林業体験実習館特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第55号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第56号 平成9年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第56号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第57号 平成9年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第57号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第58号 平成9年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
     本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第58号は原案のとおり認定されました。  次に、議案第59号 平成9年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてを採決いたします。  本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。  委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                (起 立 全 員) ○議長(佐々木治君) 起立全員であります。  よって、議案第59号は原案のとおり認定されました。    ───────────────────────────────── △日程第 6.議案第61号 平成10年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)から △日程第19.報告第18号 専決処分の報告について(交通事故に係る損害賠償額の決定および和解)まで ○議長(佐々木治君) 日程第6、議案第61号 平成10年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)から日程第19、報告第18号 専決処分の報告について(交通事故に係る損害賠償額の決定および和解)まで、以上14件を一括議題といたします。  理事者から提案理由の説明を求めます。  市長、辻 嘉右エ門君。              〇市長(辻 嘉右エ門君)登壇 ◎市長(辻嘉右エ門君) 皆さん、おはようございます。  第310回鯖江市議会定例会が開催され、平成10年度補正予算等のご審議をいただくに当たりまして、その概要についてご説明を申し上げたいと思います。また、当面する市政の運営に関しまして、所信もあわせて申し上げたいと存じております。  今、日本は株価崩落、地価の下落から始まった7年以上にも及ぶ平成不況は、不倒神話のございました都市銀行や大手証券会社倒産など、いよいよ金融恐慌の危険性すらはらんでおるところでございます。  また、自治体経済でもゼネコン建設会社や大手商社等の倒産が頻発しておるところでございます。バブル経済の景気加熱がまるで別世界の出来事だったかのような現在の危機的状況であり、20世紀最後の10年間は戦後初めて経験する多難の時代であり、私どもの眼前にはどちらに舵をとってよいのか判断ができない、時代の大きな激変期に直面しているとき、行財政改革や地方分権の推進など新たな時代を先取りする社会経済システムの構築が、今まさに求められておるところでございます。  このような状況のもと、本市におきましても「市民が主役で人間味豊かなまちづくり」を目指し、キラリと光る施策の展開を図っているところであり、今議会はまさに新年度に向けてのさらなる飛躍を目指すための大事な助走議会と考えているところでございます。その中で、私が市政運営の中心テーマとして位置づけているファッションタウンの取り組みについてご報告を申し上げたいと思います。  先日、イタリアを訪問した際、貴金属細工の集積産地でありますところのヴィチェンツァのバッサーノを訪れてまいりました。イタリアの製造業の特徴として、常に新たなものを求める革新性と、製品の品質などからも高い国際競争力を持つに至ったと言われておりますが、古い町並みの中に風格のあるたたずまいと、荘厳さを秘めながらも生産と販売が一体となったMONOまちづくりのモデルとも言える都市を視察いたし、まさに鯖江が目指すところの方向性として再認識したところでございます。  今さら申すまでもありませんけれども、ファッションタウンとは、「ものづくり」と「まちづくり」を連結させながら住民の皆様にとって住みよい生活圏を構築しようとするものでございます。つまり、本市の眼鏡産業、また漆器産業、繊維産業といった地域産業をモチーフにしたまちづくりを一貫して展開し、特徴ある製品と個性的な町並みが一体となって地域ブランドとそのイメージを形成し、ここだけのもの、日本国内だけでなく世界から多くの方が訪れるような産業観光を推し進めようとするものでございます。これを進めるに当たりましては、行政が先走ることなく市民の皆様が主人公となって、住んでいて誇りの持てるまち、若者が定着できるまち、活気に満ちたまちを市民運動として創ろうとするものであります。現在、ビジョンづくりのために現地に直接赴き、事業者や活動しているグループなどとひざ詰めでヒアリングを行っております。その中で、日本一や世界一の技術を持った企業ユニークな企業、新しい産業を起こそうとしている企業国際戦略を持った企業など、鯖江産地の強みを改めて発見しているところでございます。  一方、設備の老朽化や他産業との交流、土地利用計画の規制と工場の増設との関係など多くの課題も山積していることも事実でございます。この調査に基づき、アドバイザーからはポテンシャルの高い街と評価していただき、従来の観光産業から産業観光都市とともに、そしてまた鯖江で起こした企業は必ず成功するという起業神話都市、または先般ISO14001のキックオフをさせていただきましたけれども、ISO9000などとかいう世界標準都市としてのイメージアップを図る提案をいただいておるところでございます。今後、構想策定委員会や推進協議会で検討していただく中で、議員各位にもご協議申し上げながら基本方向、構想、さらに計画へと進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご理解ご支援を賜りますようにお願いを申し上げる次第でございます。  また、ファッションタウン構想の代表的な事業でありますところの「うるしの里づくり」につきましても、先般セミナーを開催し多くの皆様のご参加のもと、河和田地区の活性化並びに漆器産業の活性化に向けた議論を行ったところでございます。このようにファッションタウン構想は、新たな市民ライフスタイルの創造でもございます。このため、市民行政が手を携えてまちづくりのデザインを考え推進することが事業を進める上で大変大事でございます。このような観点に立って、開かれた行政を目指すため、市・市役所自らが足元の庁舎内の間仕切りを撤去し、バリアフリー化された、しかもファッショナブルで明るく、市民の皆様に開かれた利用しやすい庁舎に一新し、ファッションタウンの発信拠点とすることが急務と考えておりますのでご理解を賜りたいと存ずるところでございます。一方、昨今の行政に対する要望は、産業構造の変革や高齢社会、環境を重視した施策への転換が強く求められております。このような社会変化に対応していくために、市民の皆様に仕事ぶりが見える庁舎で、そして新しい機構で、心機一転活力ある鯖江市の創造と市民福祉向上に全力を傾注してまいりたいと存じております。  さて、この新しい組織のあり方につきましては、庁舎の改装と併せ、かねて検討中でありましたが、このたび基本とする方向性がまとまってまいりました。先ほど申し上げましたように、地方分権の進展に伴い、まちづくりの主人公は住民自身であり、住民のニーズに早く、そしてしっかりと的確に対応する体制の強化が求められております。こういう激変の中で、市民にとって最重要な企画と政策を行うという役割を、経験が最も豊富な職員に担ってもらいたいと考え、現在の部長制を廃止し理事制度を新たに設けたいと考えておるところでございます。通常の事務につきましては、課長に大幅な権限移譲を行いますとともに課の統廃合を行い、係制を廃止し、グループ制を導入するほか、職制の簡素化を行い、大幅な事務処理の迅速化と効率化を図ってまいりたいと考えておるところでございます。こういったことをとおしまして、来年度の職員不採用による現行職員の負担増を軽減し、スリムな組織体制の構築を進めたいと存じますので、議員各位の特段のご理解をお願いを申し上げるところでございます。  さて、私は昨今の厳しい経済情勢のもと、先月何とかして「元気のある鯖江」を回復しようと、イタリアを訪問させていただきました。まず、世界最大の眼鏡の見本市であるミド展の事務局長と会談をいたしまして、業界から高品質を誇る鯖江産地の世界市場での一層の販路拡大を図るために、強い要望を受けているところの展示小間、つまりブースの拡大への協力を重ねて要請をいたし、協力への快諾を取りつけたところでございます。このほか、世界最大の眼鏡総合企業を訪問し、徹底した合理化や生産力増強を図っている最前線を目の当たりにし、これからの産地のあり方について再認識をいたしました。今回の訪問を通じ、世界のボーダーレス化が進む中で、本市のような中小企業を中心とする地場産業が生き残っていくには、まず業界として強い危機意識を持つことであり、その上で国内にとどまらない広く世界に向けた明確な戦略と、それを実行に移す行動力の必要性を痛感したところでございます。そのために市としても、関係業界や有識者の皆様から産業活性化のためのご意見をお伺いし、業界の自助努力を基本としながらも行政として支援できるものについて、最大の努力をしていきたいと考えておるところでございます。具体的には、ミド展など海外の見本市に出店する企業への助成や、ミッションの派遣など、その単位はバサッと一括ではございませんので、業種別とか、そういう少人数で真剣に海外に学ぼうとする企業への支援を積極的に行うとともに、よい品物と言われております品質の日本、そして販売力のイタリアと言われる中で、両産地を高めるような施策の展開を自治体としてできないか。イタリアのベルーノ市との連携も含めて検討していきたいと考えておるところでございます。  また、ミラノにございますところのジェトロの所長との会見の中で、眼鏡だけではなくて漆器など鯖江メードの漆器、繊維を含めまして鯖江メードの販路拡大を図るため、職員の派遣も検討したいと考えておるところでございます。  また、さきに申し述べましたが、我が国の経済は依然として低迷を続け、長引く不況にその厳しさを増している現状でございます。国におきましては、このほど24兆円に上る大規模な緊急経済対策が発表されました。一日も早くこれが実施に移され、不況から速やかに脱却する活路が見出されますよう強く期待するところでございます。  一方、本市を支える地場産業について申し上げますと、眼鏡産業については海外需要がある程度堅調ながら、国内需要の低迷により厳しさを増しております。また、繊維産業につきましても、在庫高が幾分改善されたと言われておりますけれども、消費不振による減産と工賃の低下が続いております。さらに、漆器産業でありますけれども、伝統的な漆器についてはライフスタイルの変化などで特に需要が低迷をしております。雇用関係におきましても、10月の武生公共職業安定所の有効求人倍率が0.59とさらに低下し、本市の企業倒産もことし10月に入りまして12件と大変厳しい状況となっておるところでございます。このような状況の中で、本市は金融施策として制度融資の利子補給や、信用保証料の補てん、返済猶予、据置期間の延長、さらには今回貸し渋り特別保証の証明などを通じまして精いっぱいの支援をさせていただいているところでございます。また、このようなときこそ技術力の向上が産地の差別化になるという観点から、新技術、新製品開発に対する支援に加えまして、新たに特許出願・パテントの関係におきましても支援制度を設けまして、足腰が強く国際競争力のある企業の育成に努めてまいりたいと考えているところでございます。これまで国の施策とも呼応しながら、できるところから実行するという基本的な考え方のもとに、財源の許す範囲内で経済対策としての補正予算の編成に精いっぱい努めてまいりました。この結果、本市議会定例会ごとに規模の大きな補正予算を提出するという過去に例を見ない形となっておりますが、今は起債率上昇抑制も考慮に入れながら、可能な限り積極的に事業に取り組むべき時期にあると考えますので、ご理解を賜りたいと思うところでございます。  今回、このような観点に立ちまして、建設事業の中でもさきに述べました必要性、重要性の高いお話を申し上げましたけれども、経済波及効果が高いということも評価されておりますところの建設事業として、市庁舎のリニューアル化に要します経費や旧図書館跡を生涯学習の拠点施設、(仮称)市民活動交流センターとして改修するための経費、またはデザイン力の充実を図るため、SSID講座をめがね会館に移転するための施設整備費等を計上いたしましたところでございます。  次に、さきの議会において承認いただきました旧図書館の基本計画を策定いたしました結果、生涯学習関係諸団体の活動の拠点として、また寄贈をいただいておりますところの西山画伯や久里画伯の作品の収蔵庫として整備することで、関係者の協議が整いましたので、今回所要の経費の予算補正をお願いするものであります。新しい社会はボランティア活動の活発化を強く要請しております。余暇活動を有効に活用し、生きがいのある生活を送るため、自らの意思で社会に参加する、社会に役に立つことを実行する、こういった機運が急速に高まっております。21世紀に向けて潤いとゆとりのある生活空間をつくるファションタウン事業を推進するには、ボランティアを含めた幅広い市民運動の盛り上がりがぜひとも必要でございます。本日施行されましたNPO法と相まって、本市においても法人化への支援を行いますほか、こういった多くの方々へ活動の場を提供しようといたすものでございます。また、福祉施設の充実を図るため、事業実施者に対する支援措置も講じているところであります。社会福祉法人光道園が建設します身体障害者の授産施設や、社会福祉法人ふじ保育園が建設しますところのデイサービス施設と保育園の建設に対し、今年度分の所要の補助金を計上いたしたところでございます。  次に、環境施設の推進についてでありますが、去る11月16日市役所が率先してISO14001の認証取得を進めるため、職員が一丸となって取り組むことを宣言するキックオフ大会を開催いたしたところでございます。地球の温暖化に対応される地球規模での環境問題は、私たちの生活に大きな影響をもたらしつつございます。現在の恵まれた環境を次の世代に引き継いでいくためには、私たちは一人一人がこれ以上環境を破壊しないような生活を送るように努力することが必要と考えるところでございます。  こういう意味で、市役所自らが計画的に資源エネルギーの節減に意を用いますとともに、行政面におきましても今後環境に優しいまちづくりを目指して最善を尽くしてまいりたいと考えておるところでございます。今回の補正予算におきましても、風力と太陽光を利用する発電システムを西山公園に設置し、環境保全に対する意識の高揚に努めてまいりたいと考えておりますので、ご支援を賜りますようお願いをいたします。  次に、情報の公開につきましては、さきに各界代表や公募委員で構成するところの鯖江市情報公開制度懇話会を設置し検討を続けていただいておりましたが、このほど提言をいただきました。今回ご提言いただきました内容を基本にいたしまして、来年の4月1日を施行日とする条例案を本議会にご提案いたしました。また、情報の公開に伴い、個人情報について保護が必要となりますので、市役所内にあります個人情報の管理を徹底するため、個人情報保護条例をあわせて制定いたしたくご提案申し上げました。今後とも開かれた市役所づくりに邁進いたしたいと存じますので、ご理解をお願いする次第でございます。  次に、防災関係についてでございますけれども、ことしも降雪期を迎え、本日から除雪対策本部を設置いたしました。ここ数年雪の少ない年が続いておりますが、国や県及び関係機関との連携を一層密にしながら、雪害の少ないまちづくりに努めてまいりたいと考えております。  また、浅水川改修につきましては、先般近畿直轄治水事業促進懇談会におきまして、建設大臣、国会議員建設省幹部に今回の災害状況をつぶさに訴えてまいりました。その席上、発言の機会を与えられ、私は新たな手法として現在の災害復旧制度を拡充をし、越水による被災に対し河川拡幅等を同時に実施できる「河川災害普及関連緊急事業」制度を創設し、上流部では災害普及に対応し、下流部では集中的、機動的な対策を実施することを強く訴えてまいりました。その結果、私の施策が認められたようでございまして、その制度の実施に向けて国の関係機関におかれまして調整が図られ、近く実現するものと思っておるところでございます。そういう意味では、浅水川河川改修につきまして抜本的な道が出てまいったと思っておるところでございます。一方、地元におきましても、県とともに地元地権者の合意を得る努力を重ねており、引き続き改修の促進に全力を傾注してまいりたいと考えております。  さて、新年度予算の編成期に入りましたが、厳しい経済環境の中で健全財政を堅持しながら、従来のように「どのようにやるのか」から「何をやるのか、やめるのか」へ平成7年の行革答申のもとにその軸足を大きく移すという大原則のもと、事務、事業の評価を行い、補助金使用料も含めまして事業を大幅に見直し、市民の皆様にも負担をお願いするものはお願いしなければならないと考えており、その前提として思い切った行財政改革を進め、自らも血を流す覚悟でございます。特にラポーゼかわだに引き続き、民間と競合する事務の民間委託を積極的に推進したいと考えております。  また、ファッションタウン構想と相まって、人の住む、人の集う市街地の活性化に取り組むほか、下水道事業など都市基盤の整備促進を図り、市民の皆様の生活環境の充実に努めてまいりたいと考えております。  以上、申し上げました結果、議案第61号 平成10年度鯖江市一般会計補正予算は、7億1,880万円を追加し、補正後の予算総額を245億9,960万円にいたすものでございます。  これに対する歳入でありますけれども、地方交付税は各事業に見合う特定財源として、国・県支出金及び起債などを充当いたしております。  次に、議案第62号 平成10年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算は、給与改定に伴う人件費を追加いたすものでございます。  次に、議案第63号 平成10年度鯖江市農業共済事業特別会計補正予算は、さきの台風7号等の水害により、大豆、ソバによる被害を受けた農家の共済金等を追加補正するものでございます。  次に、議案第64号 平成10年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算でありますが、歳出補正の主なものは、給与改定に伴う人件費と、浅水川改修工事に係る環境衛生センターの工作物移転工事などでございます。これに伴います歳入補正は、県よりの移転補償費と一般会計繰入金等を充当いたしております。  次に、議案第65号 平成10年度鯖江市水道事業会計補正予算は、給与改定に伴う人件費を追加するものであり、財源といたしましては料金収入のほか県補助金などを見込んでおります。  次に、議案第68号 鯖江市の議会議員および長の選挙における選挙運動用自動車使用の公営に関する条例および鯖江市の議会議員および長の選挙における選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例の一部改正につきましては、公職選挙施行令の一部改正に伴いまして、市の議会議員及び長の選挙についても、これに準じて所要の改正を行おうとするものでございます。  次に、議案第69号 鯖江市一般職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、人事院勧告に基づく本市の一般職の職員給与を改定しようとするものであります。  その他の議案並びに報告につきましては、それぞれ記載の理由に基づき提案いたしました次第でございます。  以上、市政に対する所信と補正予算案の概要等について申し上げました。議員各位の格別のご理解とご支援を賜りたいと存ずるところでございます。なお、細部につきましては資料をご覧願いましてご質問に応じ、私または関係部長からお答えを申し上げたいと存じます。何とぞ慎重にご審議くださいまして妥当なご決議を賜りますようにお願いを申し上げます。 ○議長(佐々木治君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。  次の本会議は、12月8日午前10時から再開することとし、これをもって散会いたします。                散会 午前11時19分