運営者 Bitlet 姉妹サービス
鯖江市議会 > 1991-06-03 >
平成 3年 6月第266回定例会−06月03日-01号
平成 3年 6月第266回定例会−06月03日-01号

ツイート シェア
  1. 鯖江市議会 1991-06-03
    平成 3年 6月第266回定例会−06月03日-01号


    取得元: 鯖江市議会公式サイト
    最終取得日: -
    平成 3年 6月第266回定例会−06月03日-01号平成 3年 6月第266回定例会         第266回鯖江市議会定例会議事日程(第1号)         平成3年6月3日(月) 午前10時開会 第1.会議録署名議員の指名 第2.会期の決定 第3.諸般の報告 第4.議案第35号 平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号) 第5.議案第36号 鯖江市使用料徴収条例の一部改正について 第6.議案第37号 鯖江市農業共済条例の一部改正について 第7.議案第38号 市道路線の認定について 第8.議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(鯖江市税条例の一部改正) 第9.報告第4号 平成2年度鯖江市水道事業会計予算繰越の報告について 第10.報告第5号 鯖江市土地開発公社の経営状況について 第11.報告第6号 専決処分の報告について(道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解) 第12.報告第7号 専決処分の報告について(道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解) 第13.報告第8号 専決処分の報告について(道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解) 第14.報告第9号 平成2年度鯖江市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について 第15.報告第10号 平成2年度鯖江市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について
            第266回鯖江市議会定例会議事日程(第2号)         平成3年6月10日(月)午前10時開議 第1.陳情の受理 第2.議案第35号 平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)ほか11件に対する質疑 第3.一般質問         第266回鯖江市議会定例会議事日程(第3号)         平成3年6月14日(金)午前10時開議 第1.陳情の審査結果    陳情第2号 JR線の高架化促進について(継続審査)                               建設 同日趣旨採択    陳情第3号 国立鯖江病院再編計画の対応について(継続審査)                             教育民生 同日継続審査    陳情第8号 官公労働者の早期賃金決定と労働時間短縮を求める意見書について                                 総務 同日採択 第2.議案の審査結果    議案第35号 平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)                        総務・建設・経企・教民 同日可決    議案第36号 鯖江市使用料徴収条例の一部改正について                               教育民生 同日可決    議案第37号 鯖江市農業共済条例の一部改正について                               経済企業 同日可決    議案第38号 市道路線の認定について                                 建設 同日可決    議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(鯖江市税条例の一部改正)                                 総務 同日承認 第3.市会案第6号 鯖江市議会会議規則の一部改正について                                    同日可決 第4.市会案第7号 鯖江市議会委員会条例の一部改正について                                    同日可決 第5.市会案第8号 官公労働者の早期賃金決定と労働時間短縮を求める意見書について                                    同日可決 平成3年6月第266回鯖江市議会定例会                               (H3.6.10)                 陳情文書表 陳情第8号 受付年月日  3.5.31 件名     官公労働者の早期賃金決定と労働時間短縮を求める意見書について 陳情者    日本労働組合総連合会福井県連合会 会長 花澤和實 他3名 付託委員会  総務 (要 旨)  官公労働者の賃金決定制度は、人事院勧告や仲裁裁定があるとはいえ、民間の実態からは極めて遅い精算となっている。  また、長時間労働が国際的に非難されている今日、労働時間短縮の社会的気運を高めるためには、何よりもまず、金融機関につぐ公務部門の完全週休2日制の実施が求められている。  ついては、住民生活にゆとりを生みだし、多様性に富んだ創造的な暮しの実現のため、また先進国にふさわしい労働条件の確保、内需拡大による活性化を求めるためにも、官公労働者の賃金早期決定と労働時間短縮を求める意見書を提出されたい。                   第266回鯖江市議会定例会会議録   …………………………………………………………………………………………………………………………………               平成3年6月3日(月曜日)午前10時08分開会   …………………………………………………………………………………………………………………………………   〇出席議員(29人)           1 番  牧野清治                        2 番  橋本常夫                        3 番  大森松栄                        4 番  菅原義信                        5 番  島川一男                        6 番  岩野甚四郎                        7 番  岩崎恭司                        8 番  山本利春                        9 番  窪田通夫                        10番  加藤哲朗                        11番  山岸善四郎                        12番  佐々木治                        13番  福田敏夫                        14番  田中実                        15番  田中敏幸                        16番  吉村慶治                        17番  増田光                        19番  宮下善隆                        20番  笹川希                        21番  峰田重雄                        22番  山本又一郎                        23番  服部辰男                        24番  福岡善信                        25番  佐々木左市                        26番  平野佳宥                        27番  飯田市郎                        28番  青山幸治                        29番  松村憲正                        30番  大艸清   …………………………………………………………………………………………………………………………………   〇欠席議員(1人)            18番  山口導治   …………………………………………………………………………………………………………………………………   〇説明のため出席したもの   市長         西沢省三                  助役         熊野弘                  収入役        藤本武司                  市長室長       寺坂智昭                  総務部長       竹内武                  民生部長       吉田勇治                  産業部長       浅野勲                  建設部長       飛田文夫                  水道部長       赤田正実                  鯖江広域衛生施設組合事務局長
                                清水武士                  教育長        植田命寧                  教育委員会事務部長  勝山幸雄                  消防長        青山隆夫   …………………………………………………………………………………………………………………………………   〇説明補助者として出席したもの                  市長室次長      斉藤辰夫                  総務部次長      壬生和男                  民生部次長      竹腰巧                  産業部次長      青山信一                  建設部次長      吉末勲                  水道部次長      川端昭栄                  秘書課長       熊谷忠男                  財務課長       惣宇利尚                  教育委員会次長    一力光男                  監査事務局長     福岡寿彦   …………………………………………………………………………………………………………………………………   〇職務のため出席したもの   議会事務局長     三舛畑慶夫                  議会事務局次長    手鹿忠昭                  議会事務局次長補佐  堀広明                  議会事務局係長    米田康宏                  議会事務局主査    岩壁範幸                     開会 午前10時08分 ○議長(服部辰男君) ただいまより第266回鯖江市議会定例会を開会いたします。  本日の議事日程はお手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。   ………………………………………………………………………………………………………………………………… △日程第1.会議録署名議員の指名 ○議長(服部辰男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、5番 島川一男君、6番 岩野甚四郎君、7番 岩崎恭司君、以上3名を指名いたします。   ………………………………………………………………………………………………………………………………… △日程第2.会期の決定 ○議長(服部辰男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  5月23日および6月3日に議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について議会運営委員長から報告を求めます。  21番、峰田重雄君。   〇21番(峰田重雄君)登壇 ◎21番(峰田重雄君) ご報告申し上げます。  第266回定例会の運営について、5月23日、6月3日に開催いたしました議会運営委員会の審議結果をご報告申し上げます。  今議会に付議されます案件は、議案5件、報告7件であります。  これら案件の審査に要します日程でありますが、本日は、議案に対する提案理由の説明だけにとどめ、明4日から9日までは休会といたします。10日および11日の午前中は本会議を開いて、質疑、一般質問を行います。  なお、一般質問の発言通告書の提出は、5日午後3時までであります。  委員会の審査は12日、13日を予定しておったところ、会計検査院の検査と日程が重なったために、11日の午後にも委員会を開催することとし、重複しない委員会については、予定どおり12、13日の両日に開催することにいたしました。そして14日を最終日として本会議を再開し、各委員長の報告の後、採決となる運びであります。  今議会には、さらに議員提出の案件2件、陳情1件が、追加提案される予定であることも申し上げておきたいと思います。  以上、今期は、本日から14日までの12日間とすることで意見の一致をみた次第でありますが、議員各位のご賛同とご協力をお願いいたしまして、報告といたします。 ○議長(服部辰男君) お諮りいたします。  本定例会の会期は議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月14日までの12日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(服部辰男君) ご異議なしと認めます。  よって、会期は12日間と決しました。   ………………………………………………………………………………………………………………………………… △日程第3.諸般の報告 ○議長(服部辰男君) 日程第3、諸般の報告を行います。  お手元に配付してあります議会報告(第2号)をもって報告といたします。  次に、4月10日の第66回北信越市議会議長会定期総会において、青山幸治君が表彰されましたので、ご報告いたします。  ただいまから表彰状を伝達いたします。。   (表彰状、記念品演壇へ) ◎事務局長(三舛畑慶夫君) 青山幸治君、演壇までお進みいただきたいと存じます。  表彰状 青山幸治殿  あなたは、市議会議員として在職15年、よく市政の振興に努められ、その功績はまことに顕著であります。  よって、第66回定期総会にあたり、本会表彰規程によりこれを表彰いたします。  平成3年4月10日                    北信越市議会議長会会長 長野市議会議長 山岸 勉 代読   (表彰状および記念品贈呈) ○議長(服部辰男君) ただいま表彰状をお受けになられました青山幸治君に市長から感謝状が贈られます。  青山幸治君、演壇まで進んでください。   (感謝状、金一封演壇へ)   〇市長(西沢省三君)登壇 ◎市長(西沢省三君) 感謝状、青山幸治殿  あなたは、15年余にわたり鯖江市議会議員として、市政の発展に尽くされるとともに、地方自治の進展に寄与されました。その功績はまことに多大でありますので、心から感謝の意を表します。  平成3年6月3日                                  鯖江市長 西沢省三 ○議長(服部辰男君) 青山幸治君から発言を求められておりますので、これを許可いたします。  28番、青山幸治君。 ◆28番(青山幸治君) 議長さんのお許しを得まして、一言お礼を申し上げたいと思います。  ただいま身に余る表彰、また、市長さんより感謝状をいただきまして、本当に大変恐縮しておるところでございます。  私がこの議場に初めて寄せていただきました当時は、福島市長さんでいらっしゃいました。当時、駅前再開発が計画されまして施行された時代でございます。お名前を申し上げて大変恐縮でございますけれども、当時、現在部長さんでいらっしゃいます浅野部長さんが駅前で仮住まいをされまして、土地の交渉、物件、移住の移転と大変なるご苦労をおかけされた時代でございます。どういうご縁ですか、今度は産業部長さんとしてお戻りになりまして、どうかひとつこの辺で最後になるようにひとつ希望しておる次第でございます。  そのあと、山本市長さん、西沢市長さんと3代の市長さんにご交際をいただきまして、今日こうして勤めさせていただきましたのも議員の皆さん方の温かいご支援のもと、また、市長さんをはじめ理事者の皆様方のご指導の賜物と心からお礼を申し上げる次第でございます。  当時の予算にいたしましても、確か91億ですか、平成3年度の総額予算にいたしますと、300億、大変な違いがあるわけでございます。本当に今日までこうして発展を遂げましたこの鯖江のますますのご繁栄を祈りまして、一言簡単ではございますけれども、お礼の言葉に代えさせていただきます。どうもありがとうございました。   ………………………………………………………………………………………………………………………………… △日程第4.議案第35号 平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)についてから日程第15.報告第10号 平成2年度鯖江市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてまで ○議長(服部辰男君) 日程第4、議案第35号、平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)についてから日程第15、報告第10号、平成2年度鯖江市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてまで、以上12件を一括して議題といたします。  理事者から提案理由の説明を求めます。   〇市長(西沢省三君)登壇 ◎市長(西沢省三君) 本日ここに、第266回鯖江市議会定例会が開催され、平成3年度一般会計補正予算等のご審議をいただくに当たり、一言ごあいさつ申し上げます。  議員各位におかれましては、現任期中、最後の議会にお揃いでご出席をいただきましたことをまことにありがとうございます。  今日まで、市政の運営につきましては、時宜を得たご指導、ご助言、ご協力を賜り、おかげをもちまして順調に進展いたしておりますこと、ここに、心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。  また、ただいま表彰をお受けになられました青山幸治議員には、多年にわたる議会活動を通して、市民福祉の向上と、市政の発展にご尽力いただき、その功績に対し、市民を代表いたしまして深く感謝申し上げます。  今後ともその貴重な体験をもとに、ますますご健勝で、鯖江市発展にお力添えを賜りますようお願い申し上げる次第でございます。  それでは最近の市政の状況につきまして、ご報告申し上げます。  長年の懸案でありました鯖江河和田線が、関係各位のご尽力によりまして、全線開通し、この5月1日から供用を開始いたしました。  この道路は越前漆器の里、河和田地区から市街地を結ぶ重要な幹線道路でありまして、この開通によりまして、一段と高速道路並びに国道8号バイパスまでの時間、距離が短縮され、東部地域の発展と産業の振興につながるものと確信いたしますとともに、大変喜んでおるところでございます。  次に、1995年世界体操競技選手権大会開催に伴いますその後の状況につきましては、去る4月27日、名誉会長に栗田福井県知事を推挙し、県内各界各層を代表される皆様の参加をいただき、準備委員会が発足いたしました。  平成3年度事業計画としましては、大会基本計画等作成のための調査、情報の収集、各種の広報活動、選手強化に必要な事業、並びにFIG関係者等との渉外活動であります。市民運動の展開につきましても、全市民が何らかの形でかかわりを持っていただく、いわゆる1人1役運動を展開する推進母体としての市民運動推進協議会を6月16日に発足すべく、現在準備を進めているところであります。  また、5月15日には、ミラノ市での国際眼鏡見本市の視察と併せて、スイスのFIG本部にノーベルトブッシェ事務総長を訪ね、準備委員会の設立等、準備状況を説明いたしますとともに、大会に向けての基本計画の策定等について協議をいたし、各種の指導を願ったところであります。  ブッシェ事務総長は、11月に鯖江市でFIGの男子技術委員会が開催されることが本決まりになったこと。また、その折にチトフ会長、ブッシェ事務総長も来鯖される予定であるとの見通しを示されました。  今後とも一連の関係事業を着実に積み重ねながら、組織間の連携を密にいたしますとともに、県をはじめ周辺市町村、関係機関団体のお力添えをいただき、大会成功に向けて最大限の努力をしてまいる所存でありますので、一層のご支援ご協力を賜りたいと存じます。  ミラノ市での国際眼鏡見本市「ミド展91」につきましては、世界25か国から844社が出展するという、規模、質ともに世界最大の眼鏡展であります。本県からは昨年に続いて20社が出展いたしました。  日本の製品に対する評価は高く、産地鯖江のPRと、欧州への販路拡大を図るよい機会になったものと確信をいたしております。
     また、かねてから業界が中心となって交流のありましたイタリアの眼鏡産地でありますベルーノ市を訪問し、エトアルド・ブリスト市長をはじめ、地区知事、商工会議所、ドロミティ輸出組合を訪ね、産業・文化などの交流について親しく意見交換を行う機会を得ました。  昨年に引き続く友好的な話し合いを深める中で、ベルーノ市長から、お互いに眼鏡産地であり、産業、気候もよく似通っている鯖江市とさらに友好を深めるべく、姉妹都市締結をいたしたい旨の提案がなされたところであります。  私は、眼鏡業界が中心となって、今後ともベルーノ市と交流し、行政がこれを支援することは大変意義があるものと考えております。  今後、議会をはじめ、業界の皆様の意向を十分お聞きし、また、ご相談する中で交流を深めるための環境づくりを行う意味で、両市の姉妹都市締結について、前向きに進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。  次に、長崎屋跡地利用につきましては、その後も市と鯖江駅前商店街振興組合、長崎屋の三者間で精力的に解決に向けての話し合いを続けてまいりましたところ、このほど、鯖江駅前商店街振興組合の同意をいただき、解決の運びとなりました。  長い間ご心配をいただきました関係者の皆さんに対しまして、深く感謝申し上げます。  今後は、一日も早く駅前に灯がともり、商店街が活性化されますことを願うものであります。  それでは、議案の概要についてご説明申し上げます。  議案第35号、平成3年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。  今回の補正は、歳入歳出それぞれ2億4,070万円を追加し、予算総額を184億7,670万円にしようとするものであります。  予算の編成に当たりましては、国、県補助金の内定に伴い、早急に設置すべき事業を中心に補正を行ったものであります。  その主なものを申し上げますと、総務費では、糺町のコミュニティーセンター建設補助金に2,500万円と、昨年度自治省の指定を受けて策定いたしました、本市の国際交流のまち推進基本計画に基づく、外国青年招致事業に約600万円、農林関係では2集落の農村環境改善センター建設補助金として1,800万円を計上いたしました。  また、土木費におきましては、徳尾上河端線など3路線の整備費に6,700万円、教育費では、プール建設事業に9,957万円余をそれぞれ追加計上いたしたところであります。  これらの財源といたしましては、国、県支出金等のほか、学校施設等整備基金繰入金5,500万円、繰越金6,824万円余を計上した次第であります。  次に、議案第36号から議案第39号までの条例の一部改正等、並びに報告につきましてご説明申し上げます。  議案第36号は、東公園陸上競技場の改修に伴い、同競技場の使用料について、その使用区分および額につきまして、所要の改正をしようとするものであります。  次に、議案第37号は、農業災害補償法施行規則が一部改正されたことに伴い、鯖江市農業共済条例について所要の改正をしようとするものであります。  次の議案第38号は、市道路線の認定を行い、市道の整備を図るものであります。  次の議案第39号は、地方税法の一部を改正する法律等が公布されたことに伴い、市税条例の一部改正の専決処分を行いましたものであり、ご承認をいただきたく、ご提案申し上げるものであります。  次の報告第4号は、平成2年度鯖江市水道事業会計におきまして、一部予算の繰越を行いましたので、繰越額等につきましてご報告申し上げるものであります。  また、報告第5号は、鯖江市土地開発公社の経営状況につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定により、ご報告申し上げるものであります。  次の報告第6号から報告第8号までは、いずれも道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解をいたすために専決処分を行いましたので、ご報告申し上げるものであります。  次の報告第9号および第10号でありますが、報告第9号は、平成2年度鯖江市一般会計、報告第10号は、鯖江市下水道事業特別会計におきまして、それぞれ一部予算の繰り越しを行いましたので、繰越額等につきましてご報告申し上げるものであります。  以上、補正予算の概要および条例の一部改正その他の議案、報告につきまして、ご説明申し上げましたが、なお細部につきましては、資料をごらん願い、ご質問に応じ、私または関係部長からお答え申し上げたいと存じます。  何とぞ慎重にご審議くださいまして、妥当なご決議を賜りますようにお願いを申し上げます。 ○議長(服部辰男君) 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。  次の本会議は6月10日午前10時から再開し、議案に対する質疑並びに一般質問を行います。  本日はこれにて散会いたします。                     散会 午前10時30分