運営者 Bitlet 姉妹サービス

敦賀市議会 1989-08-08
1989.08.07 平成元年第4回臨時会(第1号) 本文


取得元: 敦賀市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 1989.08.07 : 平成元年第4回臨時会(第1号) 本文 ( 44 発言中 0 件ヒット) ▼最初の箇所へ(全 0 箇所) / 5.議 事             午前10時13分開会 ◯議長(沢崎 貢君) ただいまから平成元年第4回敦賀市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。  日程第1 会期決定の件 ◯議長(沢崎 貢君) 日程第1 会期決定の件を議題といたします。  お諮りいたします。本臨時会会期は、本日1日といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。   〔「異議なし。」の声あり〕 ◯議長(沢崎 貢君) 御異議なしと認めます。よって会期は本日1日と決定いたしました。  日程第2 会議録署名議員指名の件 ◯議長(沢崎 貢君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。  本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、   20番 村 上 哲 雄 君   21番 岸 本 幸之介 君   22番 内 池 宏 行 君  以上3名を指名いたします。  報 告 ◯議長(沢崎 貢君) この際、諸般の報告をいたします。  まず、地方自治法第121条の規定により、議長から出席を求めた者を報告いたします。   市    長 高 木 孝 一 君   助    投 栗 原   正 君   収 入 役  吉 村   栄 君   企業管理者  藤 本 秀 夫 君   総務部長   坂 本 直 夫 君   建設部長   山 脇 正 敏 君  教育委員会   教 育 長  竹 内 幸 一 君  以上であります。  次に、事務局長をして、その他の報告をいたさせます。 ◯事務局長(下野悦二君) 御報告いたします。  市長より、平成元年8月2日付総第585号をもって今臨時会に提出する議案の送付がありました。すなわち第67号議案から第71号議案までの5件であります。件名につきましては、お手元に配付してありますので、朗読は省略いたします。以上です。 ◯議長(沢崎 貢君) 以上で報告を終わります。  市長提案理由概要説明 ◯議長(沢崎 貢君) この際、市長から議案の提案理由の概要につき説明を承ることにいたします。   〔市長 高木孝一君登壇〕 ◯市長(高木孝一君) 本日ここに第4回市議会臨時会を開催いたしましたところ、議員各位には暑さ厳しき折、しかも公私極めて御多端の中を御出席賜り厚くお礼を申し上げます。  今臨時会に提案いたしました議案は、清掃センター建設に関連する市道花城1号線用地取得の件と、総合運動公園体育館新築工事等工事請負契約4件の計5件でありますが、それぞれ記載の理由に基づき提案いたした次第であります。  なお、細部につきましては御質問に応じ、私または助役、関係部長よりお答え申し上げます。  何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。  さて、私は、小川産業経済常任委員長、河瀬総務常任委員長等一行5名をもって日韓親善使節団として、去る7月3日より8日までの6日間訪韓してまいりました。  今回の訪韓は、姉妹都市東海市との友好親善を更に深めるとともに、敦賀港の活性化のための経済交流について、韓国の現状をつぶさに調査考究してまいることを目的といたしておりましたが、東海市においては金市長を初め多くの方々の心温まる歓迎を受け、日一日と発展の様相を呈し、変貌している市内を視察するとともに、両市における経済、文化、スポーツ等の交流を一層拡大してまいることを確認しあったところであります。  フェリーの就航につきましては、韓国政府の陳海運港湾庁長を初め、李東海地方海運港湾庁長等、関係要路の方々と面談の機会を得ましたが、韓国側としては、既に日本政府に対し正式に文書を提出し、9月ごろ日韓両国政府において協議の上、年内にも就航させたいという前向きの意向を伺ったところでありますが、何しろ事業そのものは企業がやることであり、今後は企業サイドの努力に期待したいということでありました。  私といたしましても、本航路の重要性にかんがみ、就航実現に更なる努力を傾注してまいりますことをお伝えしてきたものであります。  また、韓国の船会社(釜山商船)が、昨年10月より、新潟、金沢、釜山を結ぶ定期貨物船を就航させておりますが、更に敦賀、舞鶴、釜山を結ぶ定期航路を新しく開設したいという情報をかねてから得ておったものでありますが、同社の最高幹部と面談いたしたところ、非常に積極的で意欲十分であり、ぜひとも実現を期するよう話し合いを進めてきたところであります。  このため、来る16日より3日間の予定で、港湾管理者であります粟田知事とともに再度訪韓し、航路開設実現に向けて、更に具体的な折衝を重ねてまいる予定であります。  短期間ではありましたが、所期の目的達成に多くの成果をおさめることができましたことをここに御報告申し上げます。  日程第3 第67号議案〜第71号議案 ◯議長(沢崎 貢君) 日程第3 第67号議案から第71号議案までの5件を一括議題といたします。  順次、説明を求めます。 ◯建設部長(山脇正敏君) 第67号議案 市道花城1号線用地取得の件について御説明いたします。  市道花城1号線新設道路用地の一部を取得したいので、地方自治法第96条第1項第8号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。 1.土地の所在地 敦賀市櫛川43号山下新田3番1ほか8筆。区の共有地が3、個人が5でございます。 2.土地の地目及び面積 宅地1124.60m2、山林977.01m2、合計2101.61m2。 3.所得予定価格 2789万5156円。 4.契約の相手方 敦賀市櫛川29号11番地 景山みさをほか8名でございます。  次に第68号議案から第71号議案の4件につきましては、いずれも工事請負契約でございます。地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。  まず第68号議案 敦賀市総合運動公園体育館新築工事請負契約の件につきましては、 1.契約の目的 敦賀市総合運動公園体育館新築工事。 2.契約の方法 指名競争入札。 3.契約の金額 22億5570万円。 4.契約の相手方 株式会社大林組北陸支店・村中建設株式会社・敦賀協栄建築株式会社敦賀市総合運動公園体育館新築工事共同企業体 代表者 金沢市片町1丁目5番20号 株式会社大林組北陸支店支店長 田次襄一。構成員 福井市日之出3丁目2番1号 村中建設株式会社代表取締役 村中久蔵。敦賀市蓬莱町11番地 敦賀協栄建築株式会社代表取締役 福地昭一。 5.工事完成保証人 新潟万代1丁目3番4号 鹿島建設株式会社北陸支店取締役支店長 大塚 寿。 6.工期 着工 平成元年8月8日。完成 平成3年3月7日の2カ年継続工事でございます。  次に第69号議案 敦賀市総合運動公園体育館新築附帯電気設備工事請負契約の件につきましては、 1.契約の目的 敦賀市総合運動公園体育館新築附帯電気設備工事。 2.契約の方法 指名競争入札。 3.契約の金額 2億5235万円。 4.契約の相手方 日東電気株式会社・谷口電気株式会社敦賀市総合運動公園体育館新築附帯電気設備工事共同企業体 代表者 敦賀市呉竹町1丁目38番5号 日東電気株式会社代表取締役 田中司朗。構成員 敦賀市市野々13号4番地の3 谷口電気株式会社代表取締役 谷口仁吉。 5.工事完成保証人 敦賀市長沢44号1−1 北陸電気工事株式会社敦賀支店常務取締役支店長 大谷清夫。 6.工期 着工 平成元年8月8日。完成 平成3年3月7日の2カ年継続工事でございます。 ◯企業管理者(藤本秀夫君) 第70号議案 敦賀市公共下水道事業松島幹線(汚水)築造工事請負契約の件でございまして、地方自治法並びに関係条例の規定に基づき、議会議決をお願いするものでございます。  契約の目的は、敦賀市公共下水道事業松島幹線(汚水)築造工事でございまして、昭和町地係におきまして推進工を行いたいというものでございます。  契約の方法は、指名競争入札。
     契約の金額は、1億2205万5000円。  契約の相手方 敦賀市三島町1丁目13番3号 みつば工業株式会社敦賀出張所所長 奥野博文。  工事完成保証人 敦賀市栄新町6番15号 石黒建設株式会社敦賀支店支店長 三木利雄。  工期は、平成元年8月8日から平成2年3月23日までといたしたいというものでございます。よろしくお願いを申し上げます。 ◯建設部長(山脇正敏君) 続きまして第71号議案 敦賀市立敦賀北幼稚園改築及び北地区公民館新築工事請負契約の件につきましては、 1.契約の目的 敦賀市立敦賀北幼稚園改築及び北地区公民館新築工事。 2.契約の方法 指名競争入札。 3.契約の金額 1億8488万5000円。 4.契約の相手方 敦賀市松島133号813番地 株式会社吉田工務店代表取締役 吉田貞夫。 5.工事完成保証人 敦賀市三島町2丁目1番24号 株式会社川北技建代表取締役 川北 幸。 6.工期 着工 平成元年8月8日。完成 平成2年2月15日。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ◯議長(沢崎 貢君) これより質疑を行います。  まず、第67号議案について御質疑ありませんか。 ◯19番(河内 猛君) 清掃センター関係の用地取得、まだ残されておるというふうに思いますが、どれくらい残されておりますか。これで完了するのか、その点お聞きをいたします。 ◯建設部長(山脇正敏君) ただいまの御質問でございますが、私の方の建設部所管といたしましては、この道路新設工事に係るものという解釈でお答えいたしたいと思うんですが……。  この新設道路につきましては、全延長1550mでございますが、今回第1期計画といたしまして県道花城の所から一般廃棄物の取り付け道路までの区間につきまして用地買収の交渉を進めておるわけでございますが、この現在の計画では約8840m2の規模の計画でございます。  あと永大側の方の、原から入る分につきましては、次回ということになろうかと思います。以上でございます。 ◯18番(上野修一君) 宅地並びに山林の単価を教えていただきたいなと思うんですが、よろしくお願いします。坪単価。 ◯建設部長(山脇正敏君) 単価でございますが、御承知のとおり県道から一般廃棄物までの入口の間相当距離がございますが、それぞれの土地の評価というもののいたしておりますので、宅地におきましても、あるいは山林におきましても、県道の入口と奥とは大分差がございます。  で、現在山林につきましては2500円から9300円のものもございます。宅地につきましては2万8000円、これはそれぞれm2単価でございます。 ◯議長(沢崎 貢君) 次に第68号議案について御質疑ありませんか。 ◯19番(河内 猛君) 3階の入札結果の公表されていますが、それで見ますと、落札金額が21億9000万ということになっております。契約金額と6570万、この辺の内容ですね、これをひとつお聞きをいたしたいというふうに思います。 ◯建設部長(山脇正敏君) 入札結果につきましては、検査室の前に掲示いたしておりますが、それに今度の契約金額の差でございます6600万、これは消費税3%相当額をプラスいたしております。 ◯19番(河内 猛君) 更にお聞きをいたしますが、指名された業者が落札したこの共同企業体のほかに7共同体があるわけですね。入札金額をずっとこう見てみますと、ほかの7共同体は26億台なんですね。26億7000万、26億5500万、26億7500万、26億5000万、26億7000万、26億5000万、26億6000万ということです。  この落札をした共同企業体は、かなり──落札金額が21億9000万ですから、差がひどいんですね。大体5億近く、4億七、八千万ぐらいですか、こういう結果なんですね。  大体今までの入札の結果なんか見てみますと、そんな差というのは余りないように思います。差がないということもちょっとこれ一面では問題が出てくるということにもなるかも分かりませんが、しかしこれはもうはっきりと1共同体だけが21億9000万でしょう。あとは26億台と、この辺のところちょっとおかしく思うんですね。  ですから、その辺はどういう事情だったか。それは理事者側として把握しておる範囲内で、入札の経過ですか、どういう経過だったんか。一遍に入札結果が出たということなのか、その辺のところをお聞きをしたいというように思います。 ◯建設部長(山脇正敏君) ただいま御質問の中で、他の企業体の入札金額との比較を申されたわけでございますが、最初に入札いたしました金額は、それ以上の額でございましたので、その結果かなりの開きがあるということで各業者に見積りの見積り違いをしているんではないかと、こういうふうなことでしばらく時間をとりましてですね、その内容の検討をさしたわけでございます。その結果こういうふうな金額の決定ということになったわけでございます。 ◯19番(河内 猛君) そうしますと、入札をしてかなりの差があるので、それで見積りが違うんではないだろうかということで、再度その点について話をしたと、そしてその結果がこうだと、こういうことなんですか。そういうように理解したらいいんですか。 ◯建設部長(山脇正敏君) 先ほど私申し上げました過程での入札の結果がそういうような金額になったわけでございます。 ◯19番(河内 猛君) 私思うんですが、入札の結果、じゃあ一番低いんだからこれで落札しましたということだけで済んでしまうわけですね、実際のとこ言いますとね。  ところがちょっと見積りの額が違うんではないかということで、再度話をしたという経過でございますね。その辺のところがちょっと分からんのですけれども……。  それと幾ら安けれりゃ安いでいいというものでもありません。それはどれくらいの金額で──設計の段階もあります。敷札もあるでしょうし、ですから最低保証、最低の額というものもあるでしょうし、それより低かったら、これはちょっとやり直しということもあるでしょうし、そういう関係もあると思いますので、じゃあこんだけの差が出る──実際設計段階でどうだったのかということもいろいろとこう私ちょっとおかしく思うんですが。  まあ設計はこれで十分いいですよということなんでしょうか。21億9000万ですか。いやその辺のところはどういうことだったんですか。よけりゃあいいでね、それではい落札いたしましたということで終わるわけですが、それはどういうことなんですか。ちょっと私専門家でないんで分かりませんのですけれどもね。 ◯市長(高木孝一君) 今この体育館の入札の件での御質問でございますが、今入札を執行した部長からの答弁は、今部長から答弁をしてきたとおりでございますが、私どもやはり財源はより効果的に使わなきゃならない。したがってりっぱなものを安くつくるということが、これはもう使命でございますので、設計に当たりましても十分精査をいたしました。  あるいはまた直すべきところは十分直してきたようなことでございまして、ところが設計者といたしましては、これで責任持って私は完成をさせますと、こういうふうな設計者の設計を組んであるわけでございますので、私どもは設計者を信じておりまして、この金額ならば必ずできると、こういうふうに思い込んでおるわけでございまして、その金額の範囲内に入ったところの入札の金額でございますので、その業者との請負契約を締結をしたいと、これのみでございまして、あるいはどういうふうに聞いたか、あるいはどうなったかということはですね、これは私どもはそれぞれの業者、まあこれは9社でしたか、日本の屈指の、あるいは大林であれ、大成であれ、鹿島であれですね、清水であり、といったような日本での大手企業9つの入札でございますので、どういうふうな見積りをそれぞれなさったかは、これは私どもの知る限りじゃございませんけれども、いわゆる信頼するところの設計業者の設計の範囲内で落札を最低者がしたというものでございますから、私どもはその業者との締結をいたしたいと、こういうものでございます。 ◯議長(沢崎 貢君) 次に第69号議案について御質疑ありませんか。 ◯10番(奥山裕二君) ちょっと3階の所まだ見てないんで分からないんですけれども、この附帯電気設備の指名業者がたしか共同企業体組んで2社でなかったかなというふうに思うんですけど、敦賀には共同企業体組まないということになると、1社ずつという考え方でいきますと、電気工事の工事屋さんというのは、僕もよく分かりませんけど、大体8社かそれくらいあるんでないかと思うんですけども、そうすると、それぞれが共同企業体を例えば2社で組んでいきますと、4社ぐらいになるんですけれどもね、なぜこの2社ぐらいしか指名をしないのかなという、非常に指名業者が少ないというふうに思うんですけども、その辺はどうなのかなというふうに思うんですけども、お聞しておきます。 ◯市長(高木孝一君) 業者のいわゆる会社の業態、あるいは能力等を十分勘案をして指名をいたしておるものでございます。 ◯議長(沢崎 貢君) 次に第70号議案について御質疑ありませんか。   〔「なし。」の声あり〕 ◯議長(沢崎 貢君) 次に第71号議案について御質疑ありませんか。   〔「なし。」の声あり〕 ◯議長(沢崎 貢君) 以上で質疑を終結いたします。  これより議案の付託を行います。  まず文教民生常任委員会に第71号議案を。  次に建設常任委員会に第67号議案から第70号議案までの4件をそれぞれ付託いたします。  委員会は本日審査をいただき、結論を得て御報告くださるようお願いいたします。  委員会審査のため、暫時休憩いたします。             午前10時42分休憩             午前11時41分開議 ◯議長(沢崎 貢君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  先刻付託いたしました第67号議案から第71号議案まで、5件の審査経過並びに結果について委員長の報告を求めます。  まず文教民生常任委員長 橋本昭三君。
      〔文教民生常任委員長 橋本昭三君登壇〕 ◯文教民生常任委員長(橋本昭三君) 文教民生常任委員会審査結果を御報告いたします。  今臨時会において、本委員会に付託されました案件審査のため、先ほど委員全員出席のもと、第1委員会室において委員会を開催いたしました。  ただいまから、審査の結果について御報告をいたします。  第71号議案 敦賀市立敦賀北幼稚園改築及び北地区公民館新築工事請負契約の件については、全会一致原案どおり認めることに決しました。  以上が本委員会に付託されました議案の審査結果報告であります。議員各位の御賛同をよろしくお願いをいたします。 ◯議長(沢崎 貢君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。   〔「なし。」の声あり〕 ◯議長(沢崎 貢君) 次に建設常任委員長 岸本敦夫君。   〔建設常任委員長 岸本敦夫君登壇〕 ◯建設常任委員長(岸本敦夫君) 建設常任委員会の審査結果を報告いたします。  今臨時議会において、本委員会に付託されました案件審査のため、先ほど委員全員出席のもと、第2委員会室において委員会を開催いたしました。  ただいまから、審査の結果について御報告いたします。  第67号議案 市道花城1号線用地取得の件については、全会一致原案どおり認めることに決しました。  第68号議案 敦賀市総合運動公園体育館新築工事請負契約の件  第69号議案 敦賀市総合運動公園体育館新築附帯電気設備工事請負契約の件  以上2件については、全会一致原案どおり認めることに決しました。  第70号議案 敦賀市公共下水道事業松島幹線(汚水)築造工事請負契約の件については、全会一致原案どおり認めることに決しました。  以上が本委員会に付託されました議案の審査結果であります。議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。 ◯議長(沢崎 貢君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。   〔「なし。」の声あり〕 ◯議長(沢崎 貢君) 以上で質疑を終結いたします。  これより採決いたします。  第67号議案から第71号議案までの5件について、委員長報告のとおり、これを決することに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 ◯議長(沢崎 貢君) 起立全員。よって第67号議案から第71号議案までの5件については、委員長報告のとおり可決いたしました。  閉会のあいさつ ◯議長(沢崎 貢君) 以上で本臨時会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。  この際、市長から発言を求められておりますので、承ることにいたします。   〔市長 高木孝一君登壇〕 ◯市長(高木孝一君) 閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。  今回の臨時会に御提案申し上げました議案第67号から第71号までの5件につきまして、議員各位には終始熱心に御審議をいただき、原案どおり議決を賜りましたことをここに厚くお礼を申し上げます。各位の御意見等十二分に尊重しながら、その執行に万遺漏なきを期してまいる所存であります。  今後の議員各位の特段の御支援、御協力を切にお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。  どうもありがとうございました。 ◯議長(沢崎 貢君) これをもって平成元年第4回敦賀市議会臨時会閉会いたします。             午前11時47分閉会  上記会議のてんまつに相違ないことを証明するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。   平成元年 月 日                  議  長   沢 崎   貢                  署名議員   村 上 哲 雄                   同     岸 本 幸之介                   同     内 池 宏 行