福井市議会 > 2018-05-02 >
平成30年 5月 2日 議会運営委員会-05月02日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2018-05-02
    平成30年 5月 2日 議会運営委員会-05月02日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成30年 5月 2日 議会運営委員会 − 05月02日−01号 平成30年 5月 2日 議会運営委員会 − 05月02日−01号 平成30年 5月 2日 議会運営委員会             議会運営委員会 顛末書                              平成30年5月2日(水)                                  第2委員会室                               午前10時00分 開会 ○堀江委員長 ただいまから議会運営委員会を開会します。  それでは、次第に従いまして協議を進めさせていただきます。  まず、臨時会についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 臨時会につきまして、お手元の臨時会日程に基づき御説明させていただきます。  まず、日程につきましては、お手元の資料のとおり、初めに各常任委員会委員の選任及び議会運営委員会委員の選任を行います。次に、各一部事務組合議会議員の選任、選挙を行い、その後、市長提出議案の審議になります。  議会役職を決定する組織議会は、申し合わせによりまして毎年5月中に招集されることになっておりますことから、5月15日火曜日午後1時30分から、会期は1日間で臨時会をお願いしたいと存じます。  なお、臨時会の日程について御了承いただくことができましたなら、この議会運営委員会終了後、議長名で市長に対し、先ほど説明いたしました各常任委員会委員の選任及び議会運営委員会委員の選任等を付議事件とする臨時会招集の依頼をしたいと存じます。 ○堀江委員長 ただいまの説明に対し、何か御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 別にないようですので、ただいまの事務局の説明のとおりでお願いします。  それでは、事務局から平成30年5月臨時会会期及び日程表を配付させますので、御確認をお願いします。  (資料配付)
    ○堀江委員長 ただいま配付されました資料について、事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 ただいま配付しましたとおり、臨時会は5月15日火曜日午後1時30分から本会議の開会ということでお願いいたします。また、次の議題で役職の割り振りをしていただきますが、臨時会の当日、5月15日火曜日午前10時から、その議会役職名簿の確認等のための議会運営委員会、また午後1時から議員全員協議会の開催をお願いいたします。 ○堀江委員長 ただいまの説明のとおりとすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。  次に、議会の役職についてを議題とします。  まず、常任委員会の委員割り振りから進めていきたいと思います。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 お手元の資料、議会役職の一覧表をごらんいただきたいと存じます。  役職名についております米印は本会議で選出していただく役職で、4つの常任委員会委員、議会運営委員会委員、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員、鯖江広域衛生施設組合議会議員、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員がこれに当たります。  備考欄の議長、副議長につきましては、これまでの申し合わせによりまして加わることになっております。  なお、参考といたしまして、昨年10月の会派異動後の各会派の委員数を括弧書きで記載させていただいております。  それではまず、常任委員会委員について御説明いたします。  委員会条例により、任期は1年となっております。また、全ての議員に常任委員会に入っていただくことになっておりますので、各会派で4委員会に割り振っていただきたいと存じます。定数は4つの委員会とも8人となっております。  配分でございますが、一真会は11人ですので、3委員会が3人、1委員会が2人となります。志政会は9人ですので、1委員会が3人、3委員会が2人となります。市民クラブは6人ですので、2委員会が2人、残りの2委員会が1人となります。公明党は3人ですので、3委員会に1人ずつとなります。日本共産党議員団は2人ですので、2委員会に1人ずつとなります。無所属は1人ですので、1委員会に1人となります。これに基づきまして割り振りをお願いいたします。  なお、日本共産党議員団は、昨年が総務委員会と経済企業委員会でしたので、交代となりますと、ことしは建設委員会と教育民生委員会となります。また、無所属の議員は、まだ経済企業委員会に就任しておりませんので、経済企業委員会となります。それぞれ調整が必要となりました場合はよろしくお願いいたします。 ○堀江委員長 それでは、割り振りをいかがいたしましょうか。  事務局、何か案はありますか。 ◎松井議事調査課長 それでは、事務局案を御提示させていただきたいと思います。  4年の任期において4つの常任委員会に入れるように各会派に割り振るという前提から、過去3年間の実績を考慮いたしまして、総務委員会、建設委員会、教育民生委員会、経済企業委員会の順で申し上げます。一真会は3、3、3、2。志政会は3、2、2、2。市民クラブは1、1、2、2。公明党は1、1、0、1。日本共産党議員団は0、1、1、0。無所属は0、0、0、1という案でございます。 ○堀江委員長 私らが聞いているのは、4年の任期の中で各委員会に1回ずつ入るようにということで、そういう原則論的なものがあった。ところが、守られていないのが結構ある。議会役職の関係でそうなるのもわかるけれども、一番守っていないのは市民クラブ。 ◆堀川委員 はい。 ○堀江委員長 何でですか。 ◆堀川委員 やはり議会役職……。 ○堀江委員長 そうとも限らないと思う。まあいいけれど。過ぎてしまったことを言ってもどうにもならない。  4年の任期の中で4つの常任委員会に入るという原則論は、もう今回は4年目だから言ってもしようがないけれども、守っていないところがたくさんある。続けて総務委員会に入っているとか。 ◆堀川委員 実際にきのうも会派でそういう話になりましたが、個人的な理由でこの委員会でないといけないといいますか、そういう主張をされる方は今までにも実際はおりませんので、もうほぼ議会役職の関係が理由となります。 ○堀江委員長 議会役職といっても、議長、副議長、監査委員、これは常任委員会はあまり関係ない。どこに入っていようと。委員長の関係で右に行ったり、左に行ったりすることはある。 ◆堀川委員 はい。 ○堀江委員長 やはり何となく割り振りの関係でそうなったという感覚は少ないね。そうなるでしょう。委員長をしないで、もうそのままのところにいればいいので。 ◆堀川委員 ありがたいことに、委員長の役職をいただけるお話があった場合に、それに合わせて異動しているというのが現状であります。 ○堀江委員長 だから、そんなことよりも、やはり4年間で4つの常任委員会を渡り歩くと言うと少し問題があるかもしれないけれども、それのほうが大義名分ありと私は思います。 ◆堀川委員 なるほど。 ○堀江委員長 これから守ってもらわないといけない。  私ももう終わりますからどうでもいいですけれども、ちょっと見てみたら、結構重なっている。だから、これから、やはり原則論というのはある程度守っていただきたいと思いますので、要望だけしておきます。 ◆堀川委員 はい。 ○堀江委員長 それでは、ただいまの事務局の説明のとおりとすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。  事務局、割り振り結果を確認してください。 ◎松井議事調査課長 それでは、確認させていただきます。総務委員会、建設委員会、教育民生委員会、経済企業委員会の順に申し上げます。一真会は3、3、3、2。志政会は3、2、2、2。市民クラブは1、1、2、2。公明党は1、1、0、1。日本共産党議員団は0、1、1、0。無所属は0、0、0、1でございます。 ○堀江委員長 次に、議会運営委員会の委員割り振りを行いたいと思います。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 議会運営委員会について御説明いたします。  議会運営委員会につきましては、申し合わせによりまして3人以上の所属議員を有する会派で構成することになっておりますので、今回の場合、一真会、志政会、市民クラブ、公明党の4会派から委員を選出することになります。委員数は10人でございます。  表の下から2段目の議会運営委員会の欄をごらんください。会派案分比に基づく整数値を申し上げますと、一真会が3人、志政会が3人、市民クラブが2人、公明党が1人となります。整数値の合計は9人となりますので、残り1人の割り振りをお願いいたします。 ○堀江委員長 事務局案を出してください。 ◎松井議事調査課長 それでは、事務局案を御提示させていただきます。  端数が一番大きい一真会を切り上げまして、一真会が4人、あとは整数値と変わらず志政会3人、市民クラブ2人、公明党1人という案でございます。 ○堀江委員長 それでは、ただいまの事務局の説明のとおりとすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。  事務局、割り振り結果を確認してください。 ◎松井議事調査課長 それでは、確認させていただきます。一真会4人、志政会3人、市民クラブ2人、公明党1人でございます。 ○堀江委員長 次に、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員以下の附属機関の役職の割り振りを行いたいと思います。  最初に、議長から発言を求められておりますので、許可します。 ○奥島議長 附属機関の役職の割り振りを行う前に、私のほうから一つ報告をさせていただきます。競輪事業対策特別委員会につきましては、委員会として一定の成果を出せたということで、4月23日に開催されました委員会におきまして、調査を終えることが了承されました。そのような中、皆様のお手元に資料として配付させていただいておりますけれども、4月25日に市長から私宛てに福井競輪事業収益向上対策協議会を設置し、競輪事業の収益向上について検討を行うこととしたので、議会から4人の委員を推選してほしいとの依頼がございました。  競輪事業対策特別委員会で行った福井開催の場外発売については、要請活動によりまして、今年度上期だけで8日間の専売を実施してもらえるなどの成果が出ていることから、この福井競輪事業収益向上対策協議会が引き続き積極的な要請活動を行っていくことが大切だと考えております。  そこで、4人の委員を推選するに当たりまして、私としましては競輪事業対策特別委員会の委員長、それから残り3人につきましては大会派からお1人ずつ出していただくのがいいのではないかなと思っております。  以上のことを御考慮いただきまして、附属機関の役職の割り振りをお願いしたいと思います。 ○堀江委員長 ただいま議長からお言葉がございましたけれども、事務局から何か説明はありますか。 ◎松井議事調査課長 それでは、ただいまの議長発言を踏まえまして、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員以下の附属機関について御説明いたします。  これらその他の役職についてですが、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から今議長がおっしゃいました一番下の福井競輪事業収益向上対策協議会委員までを合計しますと、表のとおり30人です。  この内訳の変更内容ですが、こしの国広域事務組合議会議員が平成30年3月31日をもちまして同広域事務組合が解散しておりますことから3人の減。それから、選出方法の変更に伴います経過措置として在任していただいていた議会選出の農業委員会委員が平成29年7月19日で任期満了となられたことから2人の減。合わせて5人の減となっております。また、今ほどの福井競輪事業収益向上対策協議会委員が4人の増となります。  以上のことから、昨年と比較しまして、全体で1人の減となっております。  それでは、案分比につきまして御説明いたします。  表の下の枠の中のその他役職の案分表をごらんいただきたいと存じます。会派案分比に定数の30を掛けたその他役職案分比は、一真会10.650、志政会8.700、市民クラブ5.820、公明党2.910、日本共産党議員団1.920となり、各会派の整数値を申し上げますと、一真会が10人、志政会が8人、市民クラブが5人、公明党が2人、日本共産党議員団が1人の合計26人となります。残り4人の割り振りをお決めいただき、それぞれの役職に各会派の人数を割り振っていただきたいと存じます。  なお、昨年10月26日の議会運営委員会におきまして、会派は2人以上で構成ということを御確認いただいておりますことから、申し合わせにより、今回、無所属の議員は含めておりません。 ○堀江委員長 それでは、まず、各会派への割り振りをいかがいたしましょうか。  事務局、何か案はありますか。 ◎松井議事調査課長 それでは、事務局案を御提示させていただきます。  端数が大きい順に、日本共産党議員団、公明党、市民クラブ、志政会を切り上げまして、一真会がそのまま10人、志政会が9人、市民クラブが6人、公明党が3人、日本共産党議員団が2人という案でございます。 ○堀江委員長 それでは、今ほどの議長発言をご考慮いただいて、どの役職を取るのかを一真会から大会派順にお願いします。 ◆見谷委員 最後の福井競輪事業収益向上対策協議会委員ですが、先ほど議長の発言にもありましたけれども、今まで競輪事業対策特別委員会の委員長をされていた今村議員がうちの会派にいるんですね。これは別に扱っていただいて、大会派順で一真会、志政会、市民クラブからの3人というんですか、各1人ずつということでお願いしたいんです。きょうまでの経緯ということもありますので。 ○堀江委員長 今の見谷委員の発言について、いかがですか。  簡単に申し上げると、今村委員長をこの中に別枠で1人残すということですね。 ◆見谷委員 はい。そういうことでひとつお願いします。 ○堀江委員長 別枠というのは、4人の枠の中の1人ですか、それとも4人のほかにさらに1人ということですか。 ◎松井議事調査課長 推選依頼は4人ですので、4人の中の1人ということでお願いします。 ○堀江委員長 はい、わかりました。  そういうことでいかがですか。よろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。 ○野嶋副委員長 簡単に言うと、一真会が2人ということの話ですね。今村議員ともう1人ということで。 ○堀江委員長 それでは、どの役職を取るのかを一真会からお願いします。 ○野嶋副委員長 福井競輪事業収益向上対策協議会委員は別でいいということですか。 ◎松井議事調査課長 先ほども申し上げましたとおり、附属機関の一番下に福井競輪事業収益向上対策協議会委員がありますので、志政会でしたらそれを含めて9人ということです。 ◆福野委員 一真会は、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員が1、鯖江広域衛生施設組合議会議員が1、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員が1、土地開発公社理事が1、都市計画審議会委員が1、民生委員推薦会委員が1、青少年問題協議会委員が1、学校給食運営委員会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が今村議員を入れて2で、合計10でお願いします。 ○堀江委員長 次に志政会、お願いします。 ◆水島委員 上から5つ、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から都市計画審議会委員まで1ずつ。それと少年愛護センター運営委員会委員が1、社会教育委員が1、通学区域審議会委員が1でお願いします。 ◆堀川委員 少年愛護センター運営委員会委員がかぶっていないですか。 ◆水島委員 少年愛護センター運営委員会委員ですか。 ◆堀川委員 青少年問題協議会委員はかぶっていないですか。 ○野嶋副委員長 青少年問題協議会委員は1しかないので、もしそれがあれなら違うところで。 ◆水島委員 希望としてということで、ほかに回るのは……。 ◆藤田委員 一真会は、少年愛護センター運営委員会委員が1と言っておられたのですか。 ◆福野委員 いや、言っていないです。 ◆藤田委員 そうですよね。青少年問題協議会委員が1ですよね。 ◆福野委員 一真会は青少年問題協議会委員までと、飛んで学校給食運営委員会委員です。 ◆藤田委員 それならかぶっていないです。 ◆福野委員 少年愛護センター運営委員会委員はかぶっていないです。 ◆堀川委員 青少年問題協議会委員はかぶっているでしょう。
    ◆福野委員 一真会は、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から青少年問題協議会委員までが1、飛んで学校給食運営委員会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が2の合計10でお願いします。 ○堀江委員長 志政会も再度お願いします。 ◆水島委員 それではもう一度言います。福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から都市計画審議会委員までが1、飛びまして少年愛護センター運営委員会委員から通学区域審議会委員までが1、そして福井競輪事業収益向上対策協議会委員が1の合計9でお願いします。 ○堀江委員長 次に市民クラブ、お願いします。 ◆村田委員 福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員が1、鯖江広域衛生施設組合議会議員が1、飛びまして土地開発公社理事が1、飛んで社会教育委員が1、学校給食運営委員会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が1。これで6ですね。 ○堀江委員長 次に公明党、お願いします。 ◆島川委員 少年愛護センター運営委員会委員が1、社会教育委員が1。 ○下畑副議長 あとは通学区域審議会委員か学校給食運営委員会委員ですね。 ◆島川委員 それでは、通学区域審議会委員で。 ○堀江委員長 事務局、日本共産党議員団の御意見は聞いていますか。 ◎松井議事調査課長 聞いておりません。日本共産党議員団は残りの2つになります。 ○堀江委員長 事務局、割り振り結果を確認してください。 ◎松井議事調査課長 それでは、確認させていただきます。  一覧表の上から順に、数字を読ませていただきます。  一真会は、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から青少年問題協議会委員までが1、学校給食運営委員会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が2。志政会は、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員から都市計画審議会委員までが1、少年愛護センター運営委員会委員が1、社会教育委員が1、通学区域審議会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が1。市民クラブは、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員と鯖江広域衛生施設組合議会議員が1、土地開発公社理事が1、社会教育委員が1、学校給食運営委員会委員が1、福井競輪事業収益向上対策協議会委員が1。公明党は、少年愛護センター運営委員会委員が1、社会教育委員が1、通学区域審議会委員が1。日本共産党議員団は、通学区域審議会委員が1、学校給食運営委員会委員が1です。  ただいま割り振りされました役職のうち、通学区域審議会委員につきましては、委員の任期満了日が7月と近いため、現在の委員の任期満了日翌日からの就任となります。  なお、各役職の名簿は、5月9日水曜日の正午までに事務局に御提出いただきますようお願いいたします。 ○堀江委員長 それでは、ただいまのとおり決定させていただきますので、よろしくお願いします。  なお、議会役職の届け出につきましては、今説明がありましたように5月9日水曜日の正午までに事務局に御提出いただきますようお願いします。  次に、予算特別委員会についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 予算特別委員会委員について御説明いたします。  予算特別委員会委員につきましては、委員会を構成する委員は2人以上で構成する会派から会派構成員数の案分比に基づき選出することになっております。  それでは、お手元の予算特別委員会の委員割り振り表をごらんいただきたいと存じます。  会派案分比に定数の15を掛けた委員案分比は、一真会が5.325、志政会が4.350、市民クラブが2.910、公明党が1.455、日本共産党議員団が0.960となり、各会派の整数値を申し上げますと、一真会が5人、志政会が4人、市民クラブが2人、公明党が1人、日本共産党議員団が0人で、合計12人となります。残り3人の割り振りをお願いいたします。  あわせて、年間を通じての委員数の割り振りもお願いいたします。 ○堀江委員長 それでは、ただいまの説明をもとに、委員の割り振りにつきまして御協議をいただきたいと思います。  事務局、何か案はありますか。 ◎松井議事調査課長 それでは、事務局案を御提示させていただきます。  まず、端数の大きい市民クラブ、日本共産党議員団を切り上げます。一真会は5人、志政会は4人、市民クラブは切り上げまして3人、公明党は1人、日本共産党議員団は切り上げまして1人、合計14人となります。  次に、残り1人分でございますが、年4回のうち、端数が近い一真会、志政会、公明党に1回ずつ割り振りをし、残りの1回をこの3会派の中で端数が一番大きい公明党に割り振るという案でございます。この場合、年間の割り振り順につきましてもお決めいただく必要がございますので、よろしくお願いいたします。 ○堀江委員長 ただいま事務局から説明がございましたけれども、それでよろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 それでは、各会派の割り振り数を再度確認させていただきます。事務局、お願いします。 ◎松井議事調査課長 今、一真会、志政会、公明党に1回ずつ割り振って、あとは公明党にもう1回割り振るという話なんですが、6月定例会、9月定例会、12月定例会、3月定例会のどこにどの会派が入るかということをお決めいただいてよろしいでしょうか。 ○堀江委員長 今のことについてどうですか。  一真会はどこでもいいですね。 ◆島川委員 済みません。よろしいですか。できましたら、公明党にもう1回分お願いできたらなと思うんですが。 ◎松井議事調査課長 先ほど申し上げましたとおり、4回の定例会のうち、まず、一真会、志政会、公明党に1回ずつ割り振り、残りの1回を端数が大きい公明党に割り振るという案でございましたので、一真会がどの定例会か、志政会がどの定例会かというのをお決めください。どの順番で行くかということをここでお決めいただきたいと思います。 ◆福野委員 一真会としては6月定例会を希望します。 ○堀江委員長 志政会はどうですか。 ◆水島委員 志政会は12月定例会でお願いします。 ◆見谷委員 残りを公明党とすれば、それでいい。 ◆池上委員 それで問題ない。9月定例会と3月定例会ですね。 ○堀江委員長 事務局、今までどうやっていたのですか。互い違いにやっていたんでしょう。 ◎松井議事調査課長 今までは対象の会派でどの定例会にするかということをこの場でお決めいただいておりました。 ○堀江委員長 どちらが先に行くかということか。 ◎松井議事調査課長 今お決めいただきましたものを整理しますと、一真会は6月定例会に入る、志政会は12月定例会に入るということなので、公明党は残りの9月定例会と3月定例会に入るということになります。 ○堀江委員長 それでは、そのように決定させていただいてよろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 各会派への割り振り数を再度確認してください。 ◎松井議事調査課長 それでは、確認させていただきます。6月定例会、9月定例会、12月定例会、3月定例会の順で言いますと、一真会が6人、5人、5人、5人。志政会が4人、4人、5人、4人。市民クラブが3人、3人、3人、3人。公明党が1人、2人、1人、2人。日本共産党議員団が1人、1人、1人、1人となります。 ○堀江委員長 ただいま委員の割り振りが決定しました。事務局から座席表を配付させますので、席の確認をお願いします。  (資料配付) ○堀江委員長 御異議がなければそのように決定させていただきますが、よろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 御異議がないようですので、そのように決定させていただきます。  なお、今ほども説明がありましたように、5月9日水曜日の正午までに委員届出表及び委員の氏名を入れた座席表を事務局に御提出いただきますようお願いします。  次に、6月定例会の会期及び日程についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 6月定例会の会期及び日程について、お手元の会期及び日程表に基づき御説明させていただきます。  会期ですが、6月4日月曜日から6月26日火曜日までの23日間でございます。  それでは、日程について御説明いたします。本会議は初日6月4日、6月11日から13日、最終日6月26日となります。このうち、6月11日から13日の3日間は一般質問のための本会議です。  また、6月5日火曜日の正午には一般質問の通告締め切りを予定しており、通告締め切り後に質問順位決定のための議会運営委員会を午後3時から開催いたします。  次に、常任委員会は、6月14日木曜日午前10時から総務委員会と建設委員会を、15日金曜日午前10時から教育民生委員会と経済企業委員会を開催いたします。6月15日金曜日午後2時には予算特別委員会の総括質疑通告締め切りを予定しております。6月20日水曜日、21日木曜日、いずれも午前10時から予算特別委員会を開催いたします。6月22日金曜日午前10時から議会運営委員会を開催いたします。  続きまして、関連日程について御説明いたします。  5月28日月曜日午前10時から6月補正予算案説明のための議員全員協議会、終了後に予算特別委員会委員名簿及び席の確認のための議会運営委員会の開催を予定しております。 ○堀江委員長 ただいまの説明に対し、御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 別にないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。  次に、議会の民主的運営と議会経費の改善を求める申し入れの取り扱いについてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長 4月27日に日本共産党福井市委員会委員長、鈴木正樹議員及び日本共産党議員団、西村公子議員から、議長及び議会運営委員長宛てにお手元の資料のとおり申し入れがありました。  議会の民主的運営と議会経費の改善を求める申し入れということで、1、議会経費の透明性を高め、抜本的な見直しを図ることでは、政務活動費を使った海外視察は行わない。また、費用弁償を復活させないなど5項目。2、情報公開と市民にわかりやすい議会改善を進めることでは、議会の決定過程や政策立案における住民参加を進めること、また議会の政策立案を高めるために議員研修会を行うことなど11項目。3、議会の民主的な運営を進めることでは、議長選挙での議論を市民に明らかにすることなど4項目。4、請願、陳情について、提出者が希望する場合は趣旨説明できる場を設けること。5、政治倫理条例の倫理基準の強化や資産公開などの見直し、また、市民の調査請求の要件を緩和すること。6、政策立案能力を高めるため、議会での研修や事務局職員の増員を図ること。7、議員は理事者とのなれ合いを厳しく戒めること。8、各会派の控室の禁煙を徹底すること。以上、大項目8項目の申し入れがありましたことを御報告いたします。 ○堀江委員長 この件につきましてですけれども、福井市議会も議会基本条例を制定し、さまざまな議会改革を進めてきています。ただいまの申し入れの取り扱いにつきましては今後の課題として、申し入れは申し入れとして受けとめておくということで御理解いただきたいと思いますが、それでよろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 それでは、この件につきましては、そのようにさせていただきますので、御了承願います。  次に、その他を議題とします。  事務局、何かございますか。 ◎吉田庶務課長 庶務課から4点御説明させていただきます。  まず1点目でございますが、福井市議会事務局処務規程の一部改正について御説明させていただきます。  先般、職員課から本市職員の役職を本年4月1日付で追加するとの通知がありました。追加いたしますのは係長という役職名でございます。追加の理由ですが、係を統括する職員の位置づけや職務内容を明確化することで、その職員の自覚を促し、マネジメント能力の向上を図るとともに、業務のさらなる効率化や進行管理の徹底を図ることで組織力の強化につなげるためとのことでございます。  係長の具体的な職務でございますが、係員の担当業務の進行管理、係間の業務の連携や調整、その他、係の円滑な運営に必要な業務となっております。  このことに伴いまして、このたび、福井市議会事務局処務規程の一部を改正させていただくことといたしました。  恐れ入りますが、お手元にお配りいたしました新旧対照表をごらんください。表中、ゴシック体で記載の箇所が改正箇所でございます。議会事務局では、これまで市長部局と同様の役職名を使用しております。したがいまして、このたび、規程の一部を改正させていただきたいと存じますので、御報告申し上げます。  また、今回の一部改正は、実質的に既に係長制度が始まっておりますことから、本年4月1日にさかのぼっての適用とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。  次に2点目ですが、政務活動費収支報告書についてのお願いでございます。政務活動費の収支報告書につきましては、提出していただいたものを事務局で審査を行い、今年度で申し上げますと7月2日から一般に供覧する予定となっております。書類の不備などによりまして提出が完了されていない方がいらっしゃいましたら、早目に提出いただきますようお願い申し上げます。  なお、残余が生じた場合の返還金につきましては、事務局のチェックによって返還金に過不足が生じることも考えられますので、事務局による収支報告書のチェックの後、額が確定しましてから返還金を事務局までお持ちいただきますようお願い申し上げます。  次に3点目でございますが、クールビズについてでございます。毎年実施しておりますクールビズでございますが、節電への取り組みの一環といたしまして本年も協力をお願いしたいと存じます。  実施期間でございますが、申し合わせにより5月1日から10月31日までとなっております。既に昨日からスタートしておりますが、この期間内に開催される本会議、委員会等に出席していただく際の服装についてクールビズを実施すると申し合わせておりますので、10月31日までの期間、御協力をお願いいたします。  最後に4点目でございますが、議場の机の撤去についてでございます。3月19日の議会運営委員会で御説明させていただきました議場の机の撤去につきましては、先週金曜日の4月27日までに撤去に係る全ての作業が完了いたしましたので、御報告いたします。  なお、机を撤去した際、お手元にお配りの資料、机撤去後の議場の写真でございますが、その2枚目の写真に赤く丸をつけた場所の床下からマイク用の配線が出ておりまして、周囲が約30センチメートル四方の空洞、いわゆる穴があいた状態になっておりました。そこで、配線につきましては取り除きました。穴については鉄板で塞ぐことで対応させていただき、その上にカーペットを敷き直しました。この部分を踏みますと、中が空洞になっておりますので多少音がするかもしれませんが、安全上は全く問題がございませんので、よろしくお願いいたします。  以上、各会派での周知方、よろしくお願い申し上げます。 ◎松井議事調査課長 議事調査課からは、議会報告会での議会運営委員会関係の質疑内容について御報告させていただきます。  4月4日から12日かけて開催されました議会報告会におきまして、議会運営委員会に関する質疑等がお手元の資料のとおり12点ございましたので、御報告させていただきます。 ○堀江委員長 ただいまの説明に対し、御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長 別にないようですので、ただいま説明のありましたように会派内において御周知をいただきたいと思います。  以上で本日の協議事項は全部終了しました。  これをもちまして議会運営委員会を閉会します。                               午前10時48分 閉会...