運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2017-10-26 >
平成29年10月26日 議会運営委員会-10月26日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2017-10-26
    平成29年10月26日 議会運営委員会-10月26日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成29年10月26日 議会運営委員会 − 10月26日−01号 平成29年10月26日 議会運営委員会 − 10月26日−01号 平成29年10月26日 議会運営委員会             議会運営委員会 顛末書                             平成29年10月26日(木)                               第 2 委 員 会 室                           午 前 1 0 時 0 0 分 開 会 ○堀江委員長  ただいまから議会運営委員会を開会します。  最初に、議長から発言を求められておりますので、許可します。 ○奥島議長  今月18日、近藤議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されました。それを許可しましたので、御報告します。 ○堀江委員長  それでは、次第に従いまして協議を進めさせていただきます。  会派の異動についてを議題とします。  まず、会派の順位について事務局から説明願います。 ◎吉田庶務課長  会派の順位について御説明いたします。  去る10月18日付で、志政会から会派異動届、青空の会から会派結成届がそれぞれ提出されました。これによりまして、議員お一人が志政会を脱会し、新たに青空の会が結成されることになりました。  そこで、会派の順位でございますが、今回の異動によりまして、第1会派が一真会、第2会派が志政会、第3会派が市民クラブ、第4会派が公明党、第5会派が日本共産党議員団、第6会派が青空の会ということになります。 ○堀江委員長  ただいまの説明に対し、何か御質疑等はございませんか。 ◆見谷委員  会派、会派と言っていますが、青空の会も何か会派とかという発言があったんですけれども、この会派というのはどういうふうな定義になりますか。 ◎吉田庶務課長  今の場合のいわゆる一人会派というものについてですが、辞書などによりますと、所属議員が1人しかいない無所属の議員の俗称というふうに書かれています。
     それで、福井市議会では議会基本条例を制定しておりまして、その第5条第1項では、「議員は、議会活動を行うため、会派を結成することができる」。また、第2項では、「会派は、政策を中心とした同一の理念を共有する議員で構成するものとする」と規定しております。  このことから、会派とは2人以上の複数人で構成するものと解釈するのが妥当であり、一人会派につきましては正式な会派ではなく、事実上の会派であると考えております。  なお、福井市議会政務活動費の交付に関する条例では、政務活動費は、福井市議会の会派及び議員に対して交付するとしております。この場合の会派というのは、所属議員が1人の場合を含むというふうに規定しておりまして、政務活動費の交付に限り、一人会派も会派と同等とみなしているということになります。 ◆見谷委員  ですから、青空の会は会派というより、やはり会と呼んだほうがいいのではないか。  会派というと、2人以上で構成するものということですから、今後予算特別委員会とか、いろんな割り振りに関してもこれがひっかかってくるんです。そこら辺は、やはりはっきりしておいたほうがいい。 ◎吉田庶務課長  福井市議会の申し合わせでは、議会運営委員会委員は3人以上の所属議員を有する会派を対象とする。それから、予算特別委員会委員は2人以上で構成する会派から選出する。また、代表質問は2人以上で構成する会派で行うとなっております。  さらに、福井市議会各派代表者会議規程というものがございまして、そこでは2人以上で構成する会派からそれぞれ選出される代表者又は会派役員等をもって組織すると規定しております。  これらのことから、例えば各会派から誰々を選出してくださいとかという場合の会派につきましては、2人以上で構成する会派ということになろうかと考えております。 ◆見谷委員  はい、わかりました。 ○堀江委員長  それでは、会派ということに関して、皆さんどうですか。 ◆池上委員  私も一人でいたときがありました。そのときには自分自身の中では会派という意識ではなくて、やはり1人の無所属、どこにも属さないものと思っておりましたので、会派という定義の中で言われるようなことが妥当なのかなというふうに私は認識しておりました。 ○堀江委員長  堀川委員、どうですか。 ◆堀川委員  このことが多分あしたの新聞に掲載されるんだろうと思うんですけれども、その際に、会派という表現でなく、会という表現にされたほうがいいと思います。それを読まれる読者の方々に我々と同等な会派ができたというふうに思われるのは心外だなと思いますので、その辺を報道関係の方々には申し上げたいと思います。 ○堀江委員長  島川委員、どうですか。 ◆島川委員  今の説明をお聞きしていて、一人会派は会派とは少し違うのかなと思いました。ほかのところではなく、無所属。御自分でそういうお名前をつけられたということはそれでいいとは思いますけれども、会派というのとはまた違うかなと思います。 ○堀江委員長  志政会は当該会派だったものですから、一番最後になりましたけれども、水島委員か、野嶋副委員長に聞きます。野嶋さんは副委員長の立場なので、水島委員が答えないといけない。 ◆水島委員  今のお話のとおり、きちんと議会基本条例でも規定されていますし、皆さんがおっしゃるようなことでいいと思います。 ○堀江委員長  野嶋副委員長、いかがですか。 ○野嶋副委員長  それで結構です。 ○堀江委員長  私はちょっと違いまして、会というような呼び方はないと思います。したがって、どこにも属さない議員として表現するべきだと思うんです。まあそれは皆さんのお考えで、会でいいと言うのでしたら、会でいいですけれど。  会なんて言ったら、一真会、志政会、市民クラブはクラブだから違うのか。何やらいろんな形が出てくるんです。これについて、事務局どうですか。 ◎吉田庶務課長  会派の定義につきましては、地方自治法などに明記されているわけではなく、各市議会で定めているというような現状でございます。  県内各市議会や金沢市議会、富山市議会の状況などをお聞きしますと、県内では4つの市議会が2人以上で構成するものを会派と定義しております。それらにつきましては、一人会派はもちろん議会運営委員会などの構成委員にはなれないというふうになっています。あと、金沢市議会につきましては3人以上で構成するものを会派と定義しております。  会派の構成を見ますと、金沢市議会では2人のところのお名前が「創生かなざわ」となっています。1人しかいないところにつきましては「会派みやび」という名前をつけているようでございます。  それから、富山市議会につきましては、会派結成届が提出されたものは全て会派と定義しているようで、1人の会派でも「フォーラム38」というお名前をつけられております。ただし、富山市議会につきましては、議会運営委員会委員の選出は3人以上の会派が対象というふうにお聞きしております。 ○堀江委員長  私はどういう表現でもいいんですが、もともと福井市議会の議会運営委員会委員の選出は3人以上で構成する会派が対象であったし、代表質問も3人以上で構成する会派で行っていた。ある日突然、2人の会派でも代表質問ができるようなシステムができたということを、現在の議員で知っておられる方は何人かいる。4期、5期の人は知っているか。 ◆見谷委員  知っています。 ○堀江委員長  代表質問ができるのは、それまでは3人以上の会派だった。それはともかくとして、今、一人会派をどうするかということについてまとめさせていただきますと、議会運営委員会は3人以上の会派から選出するということで決まっている。予算特別委員会も2人以上の会派からということで決まっている。そのほか、束縛されることは何もないようには思うんですが、例えば各派代表者会議とかというのが、正式な名称として現在あるのかどうかは知りませんけれども、かつてはあった。  これは議長の要請において各派代表者会議というものが時たま開かれて、一番多いのは選挙後の一番初めぐらいのいろんなことを決めるときに、議会運営委員会がまだ設置されていないから各派代表者会議に寄っていただいて決めるというのが大体現状だと思うんです。今、大体皆さんの発言で、一人会派については会派ではないということはわかったんですけれども、いろんな言い方があって、御自分で何を名乗られようとそれはお好きなようになされればよろしいですが、福井市議会としては2人以上を会派とするということについて、御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  それでは、一応会派というのは2人以上、複数ということにさせていただきます。  ほかに何かございますか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  ほかにないようですので、会派の順位は事務局の説明のとおりとさせていただきます。  次に、議員控室について事務局から説明願います。 ◎吉田庶務課長  議員控室についてでございますが、このたびの青空の会の議員控室の場所につきまして御協議をお願いしたいと思います。  なお、関連しまして、出退表示板につきましては、現在並びかえ作業に取りかかっているところでございますので、あわせて御報告させていただきます。 ○堀江委員長  今、庶務課長の説明の中で、青空の会何とかと出てきた。それは一人会派と言わないで、必ずどこにも属していない青空の会とか何とかと言ってください。  それでは、議長から発言を求められておりますので、許可します。 ○奥島議長  どこにも属さない青空の会の議員控室ですけれども、今庶務課長からるる説明がありましたが、現在日本共産党議員団控室の隣にあります第3応接室として使用している場所にしてはどうかと考えております。皆さんの御意見をお聞かせいただけたらと思います。図面をお出ししておりますので、ごらんください。 ○堀江委員長  あまり待遇がいいと、みんな一人会派になってしまうな。32人が一人会派になる。 ◆堀川委員  第3応接室のことをおっしゃっておられるのだと思いますが、本来ですと会派の、今回は会派ではないにしても、今までの経緯の中でその人数によってその平米数が割り当てられているということがありましたし、この場所はかつて3人が入られていた場所でもあります。ですから、ふさわしくない場所だとは思うんですが、それに伴いましてまた経費をかけることもこれまた心外なので、やむなくこの場所かなと思います。 ◆見谷委員  今、堀川委員が言ったように、これは少しぜいたく過ぎるな。私も一人会派でいたときには……。 ○堀江委員長  一人は会派ではないんですよ。 ◆見谷委員  一人でいたときには、市民クラブの控室と志政会の控室の間にあるような広さの部屋にいたんです。それにしても経費がかかる。こんなところを半分に割るというのもどうかなと思うけれども、割ってもらっても結構でないのかなという気はしないでもない。 ○堀江委員長  あの部屋を半分に割ると、あとの半分は何かに使えるのですか。 ◎吉田庶務課長  現在、ソファーセットなどが置いてあるんですが、あの部屋を半分にすると、もうロッカーしか置けないぐらいのスペースになるかと思います。 ○堀江委員長  はい、わかりました。そういうことでございますので、議員控室はなるべくさわらないということでお願いします。もし見谷委員が一人会派のほうがいい待遇だと思ったら、一人会派になっていただいて結構でございますので。  それでは、議員控室につきましては、議長発言のとおり決定させていただきますのでよろしくお願いします。  次に、会派異動に伴う議会運営委員会委員及び予算特別委員会委員の割り振りを行いたいと思います。  初めに、議会運営委員会委員について、事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長  議会運営委員会委員の割り振りについて御説明いたします。  このたび、近藤議員が会派を異動され、議会運営委員会委員を辞任されましたので、現在、1人欠員となっております。このことにつきまして、御協議をお願いいたします。 ○堀江委員長  それでは、割り振りをいかがいたしましょうか。 ◆池上委員  何かいろいろと改めて人数を操作するよりも、私はこのままの数でいかれてはどうかなと思います。 ○堀江委員長  ということは、志政会から選出していただくということですね。 ◆池上委員  はい、そうです。 ○堀江委員長  ほかにはどうですか。 ◆堀川委員  会派異動に伴いまして、案分比でどれくらいの変化があったのかという資料が手元にないんですが。 ◎松井議事調査課長  今資料を分けさせていただきます。  (資料配付) ○堀江委員長  これを見て、数字だけで考えると公明党ということになるんですかね。ただ、今一人会派にこだわったのには一つ理由がございまして、以前から私は小数点以下の人間はいないということを申し上げてきました。しかし、一人会派は1.0なんです。だから、余り小数点にこだわりたくなかったから池上委員はそういうぐあいに発言されたのではないかなと思うんですが、そういうことも頭に置きながら議論をしていただきたいと思います。  だから、これは四捨五入という感覚をどうするかだけの話です。  ほかに御意見はございますか。 ◆見谷委員  今、とにかくもう1年の半分が済んで、いろいろこの数字を見ると細かいことは出てきますけれども、志政会から選んでいただいて現状どおりやっていけば、私は問題ないのではないかなと思います。 ○堀江委員長  これはほかの会派から御発言願うとして、もう一真会と市民クラブの御意見は聞いた。公明党の委員も当該者であるし、志政会の委員も当該者になってくる。  議長、どうしましょうか。 ○奥島議長  見谷委員からもお話がありましたように、もう1年の半分が済んだことでありますし、そのまま志政会でお引き受けをしていただいて、今年度はこのままでお願いできたらと思います。 ○堀江委員長  議会運営委員会というのは、一応議長の諮問機関という性格がございますから、議長のおっしゃるとおり御了承願いたいと思いますが、よろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  それでは、そのように決定させていただきますので、よろしくお願いします。  次に、予算特別委員会委員について、事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長  予算特別委員会委員の割り振りについて御説明いたします。  委員の割り振りにつきましては、5月2日の議会運営委員会におきまして、6月の予算特別委員会の委員数を一真会が5人、志政会が4人、市民クラブが3人、公明党が2人、日本共産党議員団が1人。9月以降の予算特別委員会の委員数を一真会が5人、志政会が5人、市民クラブが3人、公明党が1人、日本共産党議員団が1人とお決めいただいたわけですが、このたびの会派異動に伴い、委員案分比に変更が生じ、志政会が1人減って4人、公明党が1人ふえて2人となります。したがいまして、12月以降の委員割り振りの御協議をお願いいたします。 ○堀江委員長  今事務局から説明がございましたが、予算特別委員会委員の割り振りをいかがいたしましょうか。 ◆池上委員  議事調査課長から割り振りの人数案がお示しされたんですけれども、公明党がお二人になりますと、副議長も含めて全員がその場に毎回出るようなことになるのかなと思うんです。  それを思うと、やはり今までどおりの一真会5人、志政会5人、市民クラブ3人、公明党1人、日本共産党議員団1人というような形を維持したほうが、どちらかというと公平性がある。数字のことではなくて、そのほうがいいのかなと思うんです。今までどおりの数でやっていただければというふうに思います。 ○堀江委員長  一真会も1人ぐらいは減ってもいいんですけれど。  ほかに御意見はございませんか。堀川委員、どうですか。 ◆堀川委員  これも日本共産党議員団が入ってくると、案分比が議会運営委員会委員の割り振りのときとは変わるんだろうと思うので、その数字があるならば参考までに見せていただきたいと思います。 ◎松井議事調査課長  それでは、今資料を分けさせていただきます。  (資料配付) ○堀江委員長  資料を見た上での御意見を伺います。 ◆見谷委員  現状のままでいいと思います。 ○堀江委員長  それでは、予算特別委員会委員の割り振りについては、現状のまま変更しないということでよろしいですか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  それでは、そのように決定させていただきますので、よろしくお願いします。  それから、その他の役職につきましても、現在のまま継続していただいてよろしいですか。今近藤議員がどういう役職を割り振られているのかわかりませんけれども、割り振りは一応会派に委ねるという決め方だったと思いますから。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  それでは、そのように決定させていただきますので、よろしくお願いします。  次に、12月定例会の会期及び日程についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長  12月定例会の会期及び日程について、お手元の会期及び日程表に基づき御説明いたします。  まず会期は、11月27日月曜日から12月19日火曜日までの23日間でございます。  それでは、日程について御説明いたします。本会議は、初日11月27日、12月4日から6日、最終日19日となります。このうち12月4日から6日の3日間は一般質問のための本会議です。  11月28日火曜日の正午には一般質問の通告締め切りを予定しており、通告締め切り後に質問順位決定のための議会運営委員会を午後3時から開催します。  次に、常任委員会については、12月7日木曜日午前10時から総務委員会と建設委員会を、8日金曜日午前10時から教育民生委員会と経済企業委員会を開催します。  8日金曜日午後2時には予算特別委員会の総括質疑通告締め切りを予定しております。13日水曜日、14日木曜日、いずれも午前10時から予算特別委員会を開催します。15日金曜日午前10時から議会運営委員会を開催します。  次に、関連日程について御説明いたします。11月6日月曜日午前9時30分から競輪事業対策特別委員会の開催を予定しております。また、11月20日月曜日午前10時から12月補正予算案説明のための議員全員協議会、終了後に予算特別委員会委員名簿の確認のための議会運営委員会の開催を予定しております。 ○堀江委員長  ただいまの説明に対し、御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり)
    ○堀江委員長  別にないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。  次に、予算特別委員会についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎松井議事調査課長  12月13日水曜日及び14日木曜日の2日間開催を予定しております予算特別委員会の委員について御説明いたします。  委員数につきましては、先ほどお決めいただきましたとおり、12月定例会では一真会が5人、志政会が5人、市民クラブが3人、公明党が1人、日本共産党議員団が1人となっております。  最初に、会派ごとの座席表の位置を確認していただき、よろしければお手元の委員届出表及び座席表に委員のお名前を記入し、11月10日金曜日正午までに事務局に御提出いただきますようお願いいたします。  先ほど御説明いたしましたが、11月20日月曜日の議会運営委員会において名簿及び座席の確認をしていただきましたならば、11月27日月曜日の本会議におきまして委員の辞任及び選任を議長指名で行っていただきます。なお、質疑順位でございますが、一真会、志政会、市民クラブ、公明党、日本共産党議員団の順となります。 ○堀江委員長  委員の割り振り等につきましては、事務局から説明がありましたとおりでございます。ただいまの説明に対し、御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○堀江委員長  別にないようですので、そのように決定させていただきます。  なお、今ほども説明がありましたように、会派によっては委員の差しかえがあると思いますので、変更のある会派につきましては11月10日金曜日の正午までに委員届出表及び委員の氏名を入れた座席表を事務局に提出していただきますようお願いします。  以上で本日の協議事項は全部終了しました。  これをもちまして議会運営委員会を閉会します。                                  午前10時28分 閉会...