運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2017-09-14 >
平成29年 9月14日 建設委員会-09月14日−01号
平成29年 9月14日 総務委員会-09月14日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2017-09-14
    平成29年 9月14日 建設委員会-09月14日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成29年 9月14日 建設委員会 − 09月14日−01号 平成29年 9月14日 建設委員会 − 09月14日−01号 平成29年 9月14日 建設委員会                建設委員会 顛末書                              平成29年9月14日(木)                                  第4委員会室                                午前9時59分開会 ○泉委員長 ただいまから建設委員会を開会します。  それでは、本委員会に付託されております案件の審査及び予算特別委員会から調査依頼を受けております案件の調査に入らせていただきますが、審査及び調査は都市戦略部、建設部の順に行いたいと存じますので、委員各位の御協力をお願いします。なお、理事者におかれましては、議案の説明は簡潔かつ的確にされますようお願いします。  それでは、お手元の審査順序に従いまして、都市戦略部関係の審査に入りますが、理事者の説明、答弁は大きな声で委員にはっきり聞こえるようお願いします。また、委員におかれましても大きな声で質疑していただきますよう御協力をお願いいたします。  まず、第71号議案 町の区域の変更についてを議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎龍崎駅周辺整備課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第71号議案 町の区域の変更については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第72号議案 こしの国広域事務組合の解散並びに解散に伴う財産処分及び事務の承継についてを議題とします。理事者の説明を求めます。
    ◎三谷情報統計室長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆片矢委員 事業負担金が約2億6,100万円とのことですが、これは今まで行ってきたことに対して多いのか少ないのかお聞かせください。 ◎三谷情報統計室長 事業負担金の約2億6,100万円が多いのか少ないのかについてです。これまで事業負担金として約20億円をかけて設備を更新してきましたが、主な財源は約半分が国及び県からの補助金であり、残りは構成市町による負担でした。  将来負担金を予測しますと、通常の運営経費以外で26億円ぐらいかかることになり、今回、約2億6,100万円を負担し、将来負担がなくなるとすれば、決して高い金額ではないと考えています。 ◆片矢委員 今までの福井市からこしの国広域事務組合への支出は毎年幾らぐらいですか。 ◎三谷情報統計室長 ここ3カ年の負担金額を御紹介させていただきます。平成26年度は福井市が1,790万円、永平寺町が1億5,900万円。平成27年度は福井市が1,490万円、永平寺町が1億4,480万円。平成28年度は福井市が1,450万円、永平寺町が1億3,700万円でした。 ◆片矢委員 資料に永平寺町の事業負担金の金額が書いてありませんので、これについてお伺いいたします。 ◎三谷情報統計室長 資料の放送・インターネット設備等の再整備費用の将来負担ですが、福井市分と永平寺町分を合わせて約26億円必要と考えています。建設投資に関する負担金の負担割合は現在、福井市が30.13%、永平寺町が69.69%ですが、その負担割合で試算しますと、福井市が7億9,100万円、永平寺町が18億1,900万円となります。 ◆片矢委員 永平寺町の事業負担金は幾らということですか。 ◎三谷情報統計室長 永平寺町の平成30年から平成48年までの事業負担金は18億1,900万円です。協定書案に記載されています約2億6,100万円を約70%の割合で計算しますと、永平寺町の負担は約1億8,200万円となります。福井市の負担はその残りとなります。  この事業負担金は、こしの国広域事務組合から福井ケーブルテレビ株式会社へ支払いますので、約2億6,100万円につきましては、8月10日のこしの国広域事務組合議会臨時会において補正予算の議決を得ています。 ◆片矢委員 組合から支払うということは、福井市の財布からは出ていかないと理解すればいいのですか。 ◎三谷情報統計室長 現在、組合に資金的な余裕があるということですので、十分支払うことのできる額だと考えており、福井市に新たな負担はありません。 ◆福野委員 資料の(3)移譲後のサービス内容のCATV利用料金について、こしの国プランは移譲後も今までの安い料金を維持するということですけれども、この表の下の米印に、移譲後、激変緩和のためFCTVで減免措置を1年間実施すると記載があります。要は1年後、こしの国プランや既存サービスの料金が上がるという認識でよろしいのでしょうか。 ◎三谷情報統計室長 ただいまの福野委員からのご質問ですが、この米印はあくまでも減免措置に関する経過措置を1年間実施するということですので、移譲前のCATV利用料金税抜き1,400円については移譲後1年を超えても継続します。 ◆福野委員 減免措置がなくなるということは、お客様にとっては料金が高くなるという意味だと思うんですけれども、この記載の意味合いとしては具体的にどこが高くなるのでしょうか。 ◎三谷情報統計室長 これは、現在、組合で行っている減免措置の将来の考え方を記載していますが、対象となるのは生活保護受給者、独居老人で非課税の70歳以上の方、障害者で非課税世帯の方です。  福井ケーブルテレビ株式会社に事業を移譲しますと、激変緩和のため移譲後1年間は減免措置を実施するのですが、福井市内のほかの地域には減免措置がございませんので、1年限りとするということです。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第72号議案 こしの国広域事務組合の解散並びに解散に伴う財産処分及び事務の承継については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、予算特別委員会から調査依頼がありました案件の調査に入ります。第65号議案 平成29年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎三上新幹線推進室長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆片矢委員 北陸新幹線福井駅都市施設整備事業についてお伺いします。鉄骨2階建て、高さ約8メール、延床面積約1,700平方メートルという建物の割には、概算事業費約15億6,000万円は非常に高額に思えますけれども、その内訳をお伺いします。 ◎三上新幹線推進室長 この約15億6,000万円の中には、建物の建設費のほかに、雨水排水管や下水排水管の移設費、埋蔵文化財の調査費、実施設計費などが含まれています。あくまでも本市による概算ですけれども、建物本体に12億円、口径が大きいため埋設管移設に大体1億3,000万円かかると見込んでおります。 ◆片矢委員 その財源をお伺いします。 ◎三上新幹線推進室長 財源につきましては、まだ確定しておりませんが、国と県に強く要望して補助金を受けたいと考えており、国が2分の1、県が4分の1、市が4分の1という負担割合で整備したいと考えています。 ◆片矢委員 補助金を受けるとしても、使われるのは公金ですので、しっかり精査しながら妥当な費用で実施していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。  その施設の中の観光案内所については、資料に県内17市町の観光情報を発信と記載がありますので、福井市以外の市町の観光情報もPRするのだと思いますけれども、ほかの市町に対して費用を求めないのですか。 ◎三上新幹線推進室長 現在、基本設計を始める段階ですので、今のところはそこまでは考えておりませんけれども、県と十分協議をして、いい形で維持管理や情報発信をしていきたいと考えています。 ◆片矢委員 スケジュールについてですが、平成30年度に実施設計をして、平成31年度に埋蔵文化財調査をするとなっています。実施設計をしながら埋蔵文化財調査をすることはできないのですか。 ◎三上新幹線推進室長 確かにスケジュール的に難しくなった場合には、前倒しして埋蔵文化財調査をすることも考えられますが、今のところはこういうスケジュールで考えています。 ◆片矢委員 都市施設を含めて新幹線の駅ですけれども、最終的に駅部だけ早くオープンするのですか、それとも北陸新幹線開通と同時に都市施設もオープンするのですか。 ◎三上新幹線推進室長 都市施設は外側に張り出しますので、工事につきましてはまず駅本体の中を仕上げる必要があり、資料にあるようにこういう時間差があって当然だと思います。都市施設の張り出し部分は駅を建設する際の工事ヤードにもなりますので、どうしても工事の着工には1年ぐらいの差が出ますが、最終的なオープンは同時期と考えています。 ◆片矢委員 デザインの統一感というお話がありましたけれども、新幹線駅舎は既に基本設計に入っており、えちぜん鉄道の駅舎は既に工事にかかっているところもあります。その辺とうまく連携し、デザイン性の統一は図れるのかお伺いします。 ◎三上新幹線推進室長 皆さん御存じのとおり、えちぜん鉄道福井駅舎はさび色といって濃い色になっており、アオッサやJR福井駅舎は白っぽい色になっておりますので、どのように調和させるのかということは大変難しいと思います。  北陸新幹線福井駅舎につきましては、鉄道・運輸機構がいろいろとデザインを組んでおりますが、中心になるのは都市施設となります。本市も基本設計において専門家の意見を踏まえてデザインを提案し、調和を図りたいと考えております。 ◆片矢委員 ぜひ、よいデザインにしていただきたいと思いますのでお願いいたします。  もう1点だけお伺いします。北陸新幹線とえちぜん鉄道や北陸新幹線福井開業後の並行在来線との乗り継ぎは、非常に便利でなければいけないと考えますが、えちぜん鉄道から並行在来線や北陸新幹線への乗り継ぎにはやはり一回下におりなければいけないようです。それはどうしてもそうなるのでしょうか。何か改善方法はないのかと思うんですけれども、いかがでしょうか。 ◎三上新幹線推進室長 今の段階でえちぜん鉄道福井駅舎と北陸新幹線福井駅舎をくっつけて、行き来ができるようにすることはできないということです。したがいまして、えちぜん鉄道福井駅のホームから一回下におりて回り込んでもらうことになりますけれども、都市施設とえちぜん鉄道福井駅舎の間にはひさしを設けて、雨に濡れずに行き来できるように考えております。 ◆片矢委員 乗客の利便性をしっかり検討しながらやっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第65号議案 平成29年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  ここで理事者の入れかえを行います。しばらくお待ちください。  (理事者入替) ○泉委員長 次に、建設部関係の審査に入りますが、理事者の説明、答弁は大きな声で委員にはっきり聞こえるようお願いします。  第69号議案 市道の路線の廃止について及び第70号議案 市道の路線の認定についてを一括議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎農中監理課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第69号議案 市道の路線の廃止について及び第70号議案 市道の路線の認定についてを一括採決します。以上の各議案については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  以上で、本委員会に付託されました案件の審査及び調査依頼を受けました案件の調査は全部終了しました。なお、本会議での委員長報告及び予算特別委員会への調査結果報告につきましては私に御一任願いたいと存じます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午前10時50分閉会...