福井市議会 > 2016-06-29 >
平成28年 6月29日 教育民生委員会-06月29日−01号
平成28年 6月定例会-06月29日−05号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2016-06-29
    平成28年 6月29日 教育民生委員会-06月29日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成28年 6月29日 教育民生委員会 − 06月29日−01号 平成28年 6月29日 教育民生委員会 − 06月29日−01号 平成28年 6月29日 教育民生委員会               教育民生委員会 顛末書                              平成28年6月29日(水)                              第4委員会室                              午前9時01分開会 ○谷本委員長 ただいまから教育民生委員会を開会します。  17日の本委員会において可決となりました第66号議案 工事請負契約の締結について(中藤島公民館移転新築工事)でございますが、28日に日本共産党議員団より、お手元の資料のとおり再審査の申し入れが議長と教育民生委員長の私にございました。この申し入れは、第66号議案の採決を行った後に理事者の答弁が大幅に修正され、賛否に影響したとして、再審査を求めるものでございます。  そこで、再審査をするか、委員会として決定したいと存じます。  それでは、お諮りします。第66号議案 工事請負契約の締結について(中藤島公民館移転新築工事)は、申し入れのとおり、再審査をすることに賛成の方の挙手を求めます。  (賛成者挙手) ○谷本委員長 挙手少数であります。よって、第66号議案を再審査することは否決されました。 ◆鈴木委員 意見として発言はいいですか。  一応申し入れの文書にも書かせていただいたように、審査、採決する前には80人と答えていたものが、審査、採決が終わった後でその10分の1の人数だったということなんです。一般的に考えれば、それほど少ない人数で2件合わせて5億円近い工事を落札するということは、かなりの部分を下請業者に受けさせるということが予測されるわけなんです。そういうことを議会として許していいのかどうかということが問われていると思うんです。  皆さんの議員としての良識のもとに再審査すべきではないかなと思うんですが、どうでしょうか。  皆さんの意見を一人一人聞きたいです。 ○谷本委員長 いや、それはもう皆さんに諮った結果、再審査しないということで否決されております。これをもう一回もとに戻すことはあり得ません。  いろいろ問題のあることはわかりますけれども、この中藤島公民館の倍ぐらいの工事費の福井競輪場の工事が経済企業委員会では認められている。
     私見ですけれども、建設、特に建築関係は部分下請が多いんです。そして、普通は1社の元請がほとんどやるということはないんです。それらをいろいろ考えれば、この業者はこの工事をやれるだけのいろんな能力があるのではないか。これは技術力とかいろんな面を総合して理事者側が決定していると思います。私はそれを認めたいと思っております。  (「異議なし」の声あり) ◆吉田委員 鈴木委員の言っていることも一理あるが、それは公契約条例の延長線の話になると思うし、それを改めて議会改革なり、個人的な質問でもいいから、いろいろな形の中でただしていくのがいいだろうと思います。  今回の件につきましては、80人と8人の違いから何だこれはという感情的な部分はあったかもしれません。しかし、委員長がおっしゃったようにそういう構成の中で入札が行われてきている現状がありますので、鈴木委員の提言に対しては、ただすべきはただして、個人的に言っていただきたいと希望します。 ○谷本委員長 これをもちまして委員会を閉会します。                                午前9時06分閉会...