運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福井市議会 2016-05-17
    平成28年 5月17日 議員全員協議会-05月17日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成28年 5月17日 議員全員協議会 − 05月17日−01号 平成28年 5月17日 議員全員協議会 − 05月17日−01号 平成28年 5月17日 議員全員協議会             議員全員協議会 顛末書                              平成28年5月17日(火)                              全員協議会室                              午後1時01分 開会 ○堀江議長 議員全員協議会の開催をお願い申し上げましたところ、議員各位には、何かとお忙しい中を御参集いただき、ありがとうございます。  ただいまから議員全員協議会を開会します。  まず、議会運営委員会で確認し、了承されました事項について議会運営委員長から報告願います。 ◆皆川議会運営委員長 本日開催されました議会運営委員会の協議結果について、御報告させていただきます。  まず、本日の臨時会は、本日1日限りとし、御審議いただくものは、先に御通知いたしました承認案件2件のほかに、市長提出の監査委員の選任及び固定資産評価員の選任の人事案件3件を追加日程として行うこととします。  そのうち人事案件及び第1号報告、第2号報告については、この後理事者から説明を受けた上、本会議において委員会付託を省略し採決することに決定しましたので、格別の御協力をお願いします。  次に、議会役職についてですが、4月28日の議会運営委員会において、各会派の割り振りを決定し、本日の議会運営委員会でお手元の表のとおり確認し、決定した次第であります。  また、各常任委員会、議会運営委員会の各委員の選任は、本会議において議長が指名することになっておりますが、この指名の後、本会議を休憩して各委員会を開催し、正副委員長の互選をすることといたしました。  さらに、福井坂井地区広域市町村圏事務組合議会議員、こしの国広域事務組合議会議員、鯖江広域衛生施設組合議会議員及び、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員は、本会議で選出することになっておりますが、選出の方法は、議長の指名推選により決定願うことで、議会運営委員会でも了承しておりますので、御協力をお願い申し上げます。  以上が、議会運営委員会の協議の結果の概要でございます。  議員各位の御賛同をお願い申し上げ、報告を終わります。 ○堀江議長 ただいまの報告について、御質問等はございませんか。
     (「なし」の声あり) ○堀江議長 別にないようですので、ただいまの報告どおり、御了承願います。  次に、人事案件についてを議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎東村市長 この後開会されます、臨時会に追加上程を予定しております人事案件につきまして、御説明申し上げます。  案件は3件ございまして、監査委員2名及び固定資産評価員の選任でございます。  まず、第54号議案及び第55号議案、監査委員の選任について御説明申し上げます。市議会議員のうちから選任しております監査委員が欠員となっております。つきましては、その補充としまして、堀川秀樹氏並びに島川由美子氏を選任したいと存じますので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の御同意を賜りたく、この案を提出する次第でございます。  堀川秀樹氏は、平成15年5月に市議会議員に当選されて以来、今日まで市勢の発展に多大な御尽力をいただいております。  この間、平成26年6月から福井市議会副議長を務められたほか、経済企業委員会委員長、教育民生委員会委員長、予算特別委員会委員長など、市議会の要職を歴任され、人格、識見ともに監査委員としてまことに適任と存じます。  島川由美子氏は、平成19年5月に市議会議員に当選されて以来、今日まで市勢の発展に多大な御尽力をいただいております。  この間、教育民生委員会委員長、総務委員会副委員長、予算特別委員会副委員長など、市議会の要職を歴任され、人格、識見ともに監査委員として誠に適任と存じます。  御両名につきまして、御同意を賜りますようお願い申し上げます。  次に、第53号議案固定資産評価員の選任について、御説明申し上げます。  固定資産評価員の内田弥昭氏から、一身上の都合により、評価員を辞任したい旨の願いがございましたので、この辞任願いを受理することにいたしたいと存じます。  つきましては、その後任に稲津昌昭氏を選任したいと存じますので、地方税法第404条第2項の規定により、議会の御同意を賜りたく、御提案するものでございます。  稲津氏は昭和54年4月に福井市職員に採用されました。以来、市民税課副課長、議会事務局庶務課長を経て、現在、税務事務所長の職にございます。  同氏は、人格、識見ともに固定資産評価員として適任と存じますので、御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。  以上、3件につきまして、よろしくお願い申し上げます。 ○堀江議長 ただいまの説明に対し、御意見はございませんか。  (「なし」の声あり) ○堀江議長 別にないようですので、ただいま説明のありました監査委員の選任及び、固定資産評価員の選任については、この後の本会議に追加日程で上程し、委員会付託を省略の上、正式にお諮りしたいと存じますので、御協力をお願いします。  次に、第1号報告及び第2号報告について、理事者の説明を求めます。 ◎東村市長 それでは、第1号報告及び第2号報告の議案につきまして、お手元の平成28年5月福井市議会臨時会議案に基づき御説明申し上げます。ページをおめくりいただいて目次をごらんください。  今回の議案につきましては、いずれも地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、専決処分しましたので、同条第3項の規定により、御報告し、御承認をお願いするものでございます。  1ページをごらんください。まず、第1号報告専決処分の承認を求めることについてを申し上げます。  2ページをごらんください。これは、福井市市税賦課徴収条例の一部改正でございます。地方税法施行令等の一部を改正する等の政令が、平成28年3月31日に交付されまして、4月1日から施行されました。これに伴い、直ちに福井市市税賦課徴収条例を一部改正する必要が生じましたので、専決処分したものでございます。  内容としましては、2点ございます。1点目は、国民健康保険税につきまして、基礎課税額に係る課税限度額を52万円から54万円に、後期高齢者支援金等課税額に係る課税限度額を17万円から19万円にそれぞれ引き上げるものでございます。  2点目でございますが、国民健康保険税の減額の対象となる所得の基準についてでございます。対象となります世帯の軽減判定所得の算定におきまして、被保険者の数に乗ずべき金額を、5割軽減につきましては26万円から26万5,000円に、2割軽減につきましては47万円から48万円にそれぞれ引き上げるものでございます。  次、3ページをごらんください。第2号報告を申し上げます。  4ページに記載がございます。平成27年度福井市一般会計補正予算の専決処分についてでございます。内容といたしましては、繰越明許費の補正と地方債の補正でございます。  5ページをごらんください。まず、繰越明許費の補正でございます。事業進捗の関係上、平成28年度に繰り越すこととなりました個人番号カード交付事業及び公民館建設事業を追加したものでございます。  6ページをごらんください。地方債の補正でございます。防災基盤整備事業債以下文化施設整備事業債までにつきましては、事業費の確定に伴い補正したものでございます。そのほか、行政改革推進債の補正でございます。  以上、第1号報告及び第2号報告につきまして、何とぞよろしくお願いします。 ○堀江議長 ただいま説明のありました第1号報告及び第2号報告について、御質疑等はございませんか。  (「なし」の声あり) ○堀江議長 別にないようですので、ただいま説明のありました第1号報告及び第2号報告については、この後の本会議に上程し、委員会付託を省略の上、正式にお諮りしたいと存じますので、御協力をお願いします。  以上で、本日予定しました協議事項は、終了しました。この後、開会予定の5月臨時会の運営につきましても、御協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。  なお、ただいまの会議資料は、本会議の資料を兼ねておりますので、まことに恐縮ですが、議場へお持ちいただきますよう、あわせてお願いします。  これをもちまして、議員全員協議会を閉会します。                               午後1時13分 閉会...