福井市議会 > 2015-07-02 >
平成27年 7月 2日 建設委員会-07月02日−01号
平成27年 7月 2日 総務委員会-07月02日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2015-07-02
    平成27年 7月 2日 建設委員会-07月02日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成27年 7月 2日 建設委員会 − 07月02日−01号 平成27年 7月 2日 建設委員会 − 07月02日−01号 平成27年 7月 2日 建設委員会                建設委員会 顛末書                              平成27年7月2日(木)                                  第4委員会室                                午前10時01分開会 ○後藤委員長 ただいまから建設委員会を開会します。  それでは、本委員会に付託されております案件の審査及び予算特別委員会から調査依頼を受けております案件の調査に入らせていただきますが、審査及び調査は都市戦略部、建設部の順に行いたいと存じますので、委員各位の御協力をお願いします。なお、理事者におかれましては、議案の説明は簡潔かつ的確にされますようお願いします。  それでは、お手元の審査順序に従いまして、都市戦略部関係の審査に入ります。  まず、第46号議案 福井市グリフィス記念館の設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎宮下都市整備室長 (説明) ○後藤委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  別にございませんか。  (「なし」の声あり) ○後藤委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第46号議案 福井市グリフィス記念館の設置及び管理に関する条例の制定については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○後藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     次に、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。  第45号議案 平成27年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎宮下都市整備室長 (説明) ○後藤委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○後藤委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第45号議案 平成27年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○後藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  ここで理事者の入れかえを行います。しばらくお待ちください。  (理事者入替) ○後藤委員長 それでは次に、建設部関係の審査に入ります。  まず、第48号議案 工事請負契約の締結について(中央公園整備工事)を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎佐野公園課長 (説明) ○後藤委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆吉田委員 きのう、さきおとといの一般質問の中で出ていたんですけれども、この第2期工事の中に入るのかなと思うんですが、銅像の話がありましたね。この地図でいうと場所はどこら辺ですか。 ◎佐野公園課長 銅像の位置ですが、熊谷三太郎氏、熊谷太三郎氏の銅像につきましては、順化公民館の近くにあります遊具広場のところになります。あと、岡田啓介氏……。 ◆吉田委員 いや、場所はどこですか。 ◎佐野公園課長 場所についてはここには記載しておりません。 ○後藤委員長 だから、この地図ではどこかということです。 ◎佐野公園課長 失礼しました。熊谷三太郎氏と熊谷太三郎氏については、サンクンガーデンの近くになります。 ◆吉田委員 言葉ではわからない。 ○後藤委員長 公園課長、前に出て来て、委員に図面が見えるようにして説明してください。言葉と思いが違うといけないから。特に質問者に見えるように。まず、こちら側の3人の委員に見せて、それから、こちら側の3人の委員に見せて、あと、私と副委員長に見せてもらえればいいです。 ◎佐野公園課長 失礼しました。こちらのほうでございます。 ○村田副委員長 岡田啓介氏の銅像はどこになりますか。 ◎佐野公園課長 岡田啓介氏の銅像はここでございます。 ○後藤委員長 それなら、もう一つの銅像はどこになりますか。全部で4体あるでしょう? ◎佐野公園課長 はい、4体あります。 ○後藤委員長 今の質問には入っていないかもしれないけれども、ついでに言ってあげてください。 ◎佐野公園課長 失礼しました。岡倉天心像につきましては、こちらの岡田啓介像の東側のところでございます。 ○後藤委員長 吉田委員、よろしいでしょうか。 ◆吉田委員 はい。 ◎竹内建設部次長 皆さんにお示ししている資料の図面は、第1期工事分のものです。第2期工事分の箇所の白塗りのところは、今回の定例会で議決された後に実施設計を発注する予定です。詳細の部分につきましては今後となりますけれども、大体の位置関係については今公園課長が示したような場所でございますので、よろしくお願いします。 ○後藤委員長 よろしいでしょうか。 ◆吉田委員 はい。 ◆島川委員 この契約の相手は株式会社辻広組、山田建設株式会社の特定建設工事共同企業体(JV)ということなんですが、業者募集のときに応募されたのは何社ぐらいあって、落札業者と次点業者ではどれぐらいの評価点数の差があったのかを教えてください。 ◎佐野公園課長 応募数は10社ありまして、そのうちの1社が今の契約相手の辻広組・山田建設JVでございます。あと、点数差につきましては、総合評価方式をとっていまして、技術評価点を入札金額で割りまして、高得点だったのが辻広組・山田建設JVでございます。 ◆島川委員 どれぐらいの点数差があったのかというのはわかりますか。 ◎佐野公園課長 今手持ち資料を持っておりませんが、僅差でありました。 ○後藤委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○後藤委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第48号議案 工事請負契約の締結について(中央公園整備工事)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○後藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。第45号議案 平成27年度福井市一般会計補正予算のうち、建設部所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎佐野公園課長 (説明) ○後藤委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆谷本委員 第2期工事の実施設計として3,000万円が上げてあるんですけれども、これは事前に予備設計とか概略設計とかは行っていますか。行っていましたら金額はどれくらいか、お尋ねいたします。 ◎佐野公園課長 詳細設計に反映させるための予備設計は行っておりません。 ◆谷本委員 普通は実施設計をやる前に大体予備設計とか概略設計とかをやります。最初から実施設計をするというのは普通はあまりしないんですけれども、今回の場合は予備設計とかをしていないということですか。 ◎佐野公園課長 基本計画、基本設計においてゾーニングとか配置とか、そういった大まかなことについてはしております。 ◆谷本委員 しているのなら、その金額はどれぐらいですか。 ◎佐野公園課長 基本計画、基本設計で898万8,000円でございます。 ◆谷本委員 この第2期工事の実施設計として3,000万円が上げてあるんですけれども、これは市職員の中には技術者がたくさんいるので、自前でこの3,000万円という数字を算出したのか、それともコンサルタント業者とか、どこかから見積もりをとってこの金額を出しているのか、どちらですか。 ◎佐野公園課長 コンサルタント業者から見積もりをとっています。 ◆谷本委員 これは、私が今までも言っているように、市役所の職員の中には技術者が350人ぐらいいるんです。それで、昔ですけれども、私が現役時代にはいろんな工事の設計のほとんどは自前でやってきたんです。最近はもう自前でやれることでもコンサルタント業者に発注します。コンサルタント業者に発注するのが悪いと言うのではないんですが、特に専門的な工事をコンサルタント業者に発注するのはいいんですけれども、自分たちでやろうという気が全くないんです。ところで、今、この実施設計3,000万円の内訳はどのようになっているのですか。お尋ねします。 ◎佐野公園課長 今手元に資料がないので、内訳については大まかですが、二千数百万円が実施設計で、あと数百万円が土質調査となっております。 ◆谷本委員 コンサルタント業者にかけるということですので、それを今からどうこうということではないんですけれども、要望として自前でやれる範囲内のことは自前でやってもらう。市職員の中に技術者はたくさんいるんですから、やはりいろんな能力を発揮していただいて、経費削減にもつなげていただくのがいいと思います。  それと、若い職員がこれからいろんな勉強をするのに、やはりそういう機会を与えてあげる。自分たちが鉛筆を持ってやらないと、コンサルタント業者へ発注して、そこから成果品が上がってきてもそれがいいのか悪いのかなかなか見られない。誤っていてもそのまま通す例があるんです。そういうことのないように、ぜひお願いしたいと思います。要望です。 ○後藤委員長 公園課の中央公園周辺再整備事業については、ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○後藤委員長 ほかにないようですので、公園課の案件については質疑を終結します。  申しわけありません。第45号議案 平成27年度福井市一般会計補正予算の理事者の説明の中で、建築指導課長の説明が抜けましたので、説明してください。 ◎金谷建築指導課長 (説明) ○後藤委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆島川委員 この大規模建築物の耐震改修ということなんですけれども、これに当てはまる対象の建物が大体何件ぐらいあるのかというのは把握されているのでしょうか。 ◎金谷建築指導課長 対象となる建物数の御質問でございますが、平成26年度に調査していまして、15棟ございます。そのうち、9棟が県、市の建物で、6棟が民間の建物でございます。 ◆島川委員 そうすると、その民間の建物を対象にしているということでよろしいのですね。 ◎金谷建築指導課長 民間の建物も対象に入っております。建築指導課で直接対応するのは民間の建物について補助制度を設けるということです。 ◆吉田委員 関連ですけれども、その民間の6棟のうち、具体的にこういう建物、例えば病院が幾つとか、旅館が幾つとか、そういう件数は把握されていると思うんですけれども、どうですか。 ◎金谷建築指導課長 今ほどの委員の御質問でございますが、ことし創設するものでございまして、事業としてはこれから進める計画になっておりまして、今、民間の建物でいいますと補助対象となるのは4棟という勘定です。 ◆吉田委員 聞き方が悪いのかどうかわからないけれども、今これを予算化するのにはある程度要望に基づいてこれだけの予算を獲得する。あるいはまた、随時申請、要望が出てきたときに補正予算を組んでというふうになるのかなと思うんです。そういう状況から判断すると、今現在、民間からこれだけ申請、要望が出ているとか、市の建物ではこういうものがあるとかということで、だからこれだけの事業に対しての予算を組むというような具体的な話を聞きたいんです。 ◎金谷建築指導課長 具体的な内容を把握しているかどうかという問いでございますが、既に内容については把握してございます。建築物の耐震改修の促進に関する法律の規定に基づきまして、その所有者が平成27年12月末までに耐震診断の結果を福井市に報告する義務がございます。その後、福井市で用途別にまとめまして、その対象となる施設の名称と概略について公表するという形になっておりますので、今の段階で具体的に施設の内容とかについては公表前ということで、申し上げられません。 ◎伊東建築事務所長 今の御質問ですが、今回は民間の対象建築物1棟についての補正予算をお願いするということです。 ◆吉田委員 今の説明はわからない。もう一度、わかるように、もう少しかみ砕いて説明してください。 ◎伊東建築事務所長 要緊急安全確認大規模建築物で耐震性能が劣ると想定される民間の建物は6棟ありまして、そのうち、耐震改修工事の補助対象となる可能性のある建物が4棟ございます。  今回補正予算をお願いするのは、そのうち耐震改修工事を計画している1棟でございます。そのほかの3棟については今後の話になります。 ◆吉田委員 だから、その1棟というのはどういう建物なんですかということを聞いているだけで、そんな難しい……。 ○堀江議長 今の段階では言えないということですか。 ◆吉田委員 言えないのですか。 ◎伊東建築事務所長 まことに申しわけございませんが、民間の建物ですので、風評被害等が想定されまして、公表に当たりましては国の指導により、県と足並みをそろえて、その内容を含めて公表していくことになっております。まだ公表の段階ではないので、対象となる建物の内容につきましては控えさせていただきたいと思っております。 ◆吉田委員 それはルール上そうかもしれないけれども、予算を通す以上、何かこういう建物ですというぐらいの話は聞かないと、例えばその中でも病院とか店舗とか、この事業の対象がありますよね。聞きますと、それがあるのかないのかよくわからないけれども、我々も予算を通す上では、そういうふうな架空の話で予算を通してほしいという、そんな話が通じるんですかと私は思うんです。 ◎渡辺建設部長 今、建築事務所長から御説明いたしましたとおり、今年度末には公表の義務があるということを捉えまして、また事業費等もその申請状況を捉えまして、新年度予算に計上させていただく計画となっております。  今、風評被害という表現をさせていただきましたが、耐震改修工事の申請をされる方で、そういったことが公になりますと、あの建物は少し弱いのではないかとか、そういうふうなお話が出回ることにもなりますので、我々としては耐震改修工事を計画されている事業者等の方に配慮していくというふうな状況でございます。  いずれにしましても、新年度の予算要求までには正確な事業費等をつかんだ上で予算を計上する計画をしております。今回につきましては、もう工事の実施が本格化しております建物について予算を把握した上で計上させていただきました。 ○後藤委員長 吉田委員、名前は出せないということです。 ◆吉田委員 何となくわからないわけではない。 ○後藤委員長 よろしいですか。 ◆吉田委員 今話しているうちに何となくそういう意味かなということはわかりました。あとは詳しいことは個人的に聞きます。 ◎渡辺建設部長 先ほどの第48号議案 工事請負契約の締結について(中央公園整備工事)の中で、吉田委員から銅像の位置関係を明確にするようにというようなお話でございました。その資料の用意ができましたので、現段階での完成計画平面図でございますけれども、配付させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。 ○後藤委員長 配付してください。  (資料配付) ◎渡辺建設部長 申しわけございません。島川委員からお話のありました総合評価方式での点数差についても資料がそろいました。小分けにして申しわけありませんが、配付させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○後藤委員長 配付してください。  (資料配付) ○後藤委員長 今ほど理事者に配付させましたのは、先ほどの議案で質問があった分でございますので、御了承願いたいと思います。 ○後藤委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○後藤委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。
     それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第45号議案 平成27年度福井市一般会計補正予算のうち、建設部所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○後藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  以上で、本委員会に付託されました案件の審査及び調査依頼を受けました案件の調査は全部終了しました。  なお、本会議での委員長報告及び予算特別委員会への調査結果報告につきましては、私に御一任願いたいと存じます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午前10時44分閉会...