運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2014-08-26 >
平成26年 8月26日 議会運営委員会-08月26日−01号
平成26年 8月26日 議員全員協議会-08月26日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2014-08-26
    平成26年 8月26日 議会運営委員会-08月26日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成26年 8月26日 議会運営委員会 − 08月26日−01号 平成26年 8月26日 議会運営委員会 − 08月26日−01号 平成26年 8月26日 議会運営委員会             議会運営委員会 顛末書                              平成26年8月26日(火)                              第2委員会室                              午前10時21分 開会 ○見谷委員長 ただいまから議会運営委員会を開会します。  それでは、次第に従いまして協議を進めてまいりますので、よろしくお願いします。  まず、予算特別委員会委員名簿及び席の確認についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎小林議事調査課長 それでは、9月17日水曜日及び18日木曜日の2日間で開催を予定しております予算特別委員会委員の名簿及び座席表が各会派から提出されましたので、御確認をお願いいたします。名簿及び座席表を御確認いただきましたら、9月2日火曜日の本会議におきまして委員の辞任及び選任を議長指名で行っていただきます。質疑時間につきましては、お手元の資料の時間配分となります。なお質問順位でございますが、今定例会はローリング方式により志政会、一真会、市民クラブ、政友会、公明党、日本共産党議員団の順となりますので御了承願います。 ○見谷委員長 ただいまの説明に対して御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 別にないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。  次に、決算特別委員会委員名簿の確認についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎小林議事調査課長 それでは、各会派から決算特別委員会委員名簿が提出され、それをお手元の名簿として取りまとめましたので、御確認をお願いいたします。御確認いただきましたならば、9月24日水曜日の9月定例会最終日の本会議で決算特別委員会の設置及び委員の選任を行い、その後、本会議を休憩しまして正副委員長の互選を行いたいと存じますので、よろしくお願いいたします。実質審議につきましては、閉会中の継続審査とさせていただきたいと存じます。なお、閉会中の審査日程につきましては事務局で9月30日火曜日から10月3日金曜日までの4日間を審査日程案として確保しておりますので、よろしくお願いいたします。 ○見谷委員長 ただいまの説明に対し御質疑等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 別にないようでございますので、ただいまの説明のとおり御了承願います。
     次に、姉妹友好都市交流事業についてを議題とします。事務局から説明願います。 ◎稲津庶務課長 姉妹都市でございます熊本市との交流事業につきましては、実施の御決定をいただいたところでございます。これを受けまして各会派から代表される議員を募集させていただきましたので、その結果について御報告させていただきます。  お手元の訪問団名簿をごらんください。  前副議長の野嶋議員、志政会からは山口議員、一真会から谷本議員、市民クラブから片矢議員、公明党から島川議員、政友会から田村議員、日本共産党議員団から西村議員の計7人の方からお申し込みをいただき、今村議長を含めまして合計8人ということになりました。本日、参加議員の御確認をいただき、9月定例会本会議におきまして派遣の議決をいただきたいと考えております。  以上、御報告を申し上げ、参加議員の決定についてお諮りさせていただきます。 ○見谷委員長 ただいまの説明に対し、御質問等はございませんか。 ◆皆川委員 議決に関しては何ら申し分ありません。賛成であります。  確認の意味でお尋ねしますが、今村議長は当然ですが、副議長が入っていないのは、当然、福井市議会の以前からの了解の中で、議長がお出かけになるときには副議長は残るということであろうと思いますが、その確認が一つです。  それから、前議長が一応メンバーに入っていたけれども今回入らないというのは、どうしても本人が行けないということであると私は理解します。従前からそういう周年記念というのは現議長もしくは現副議長がトップで、前の議長、副議長が5年、10年、15年という周年記念には必ず参加することになっていて、今後もそうなるのかどうかというのが、2つ目の確認です。  それからもう一つは、一応各会派から参加議員の名簿が出てきて、これで確認するんですけれども、途中でどうしてもどこかの会派の誰かに不都合があって、まだ手続上間に合うタイミングでこの人でということになった場合にはどうなるのか。  この3つについて、2つは確認、1つは質問です。 ◎稲津庶務課長 まず1点目の議長、副議長の関係でございますが、これは皆川委員がおっしゃるとおりでございます。危機管理のこともございまして、どちらかにお残りいただくという形になってございます。  それから2点目の前正副議長が派遣されるかどうかということにつきましては、今回につきましては熊本市からの要請ということもございまして、こういった形でお願いさせていただきました。今後につきましては、また相手方にもよると思いますが、要請がございましたら、また改めてお願いしていくつもりでございます。  3点目でございますが、参加議員の変更につきましては、時間的に間に合えば変更も可能でございますので、よろしくお願いしたいと思います。 ○見谷委員長 庶務課長、議員の派遣には議会で議決が要るんですけれども、変更したときは議会での派遣の議決はいらないのですか。 ◎山先議会事務局長 定例会で議員の派遣を議決しますけれども、その後の、議決した後の日程の変更などいろいろ問題が生じたときは議長に一任をいただいており、変更などがあった場合は次の定例会の初日に変更があったことを報告することとなっておりますので、よろしくお願いします。 ○見谷委員長 ほかにございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 ほかにないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。  次に、その他を議題とします。事務局、何かございますか。 ◎稲津庶務課長 それでは、庶務課から1点お願い申し上げます。  全員協議会室への発言残時間表示システムの設置について御報告いたします。  昨年度、議場に発言の残時間を表示するシステムを設置させていただいたところでございますが、今年度は、全員協議会室に議場と同じ設備を設置させていただきます。9月定例会の予算特別委員会より使用できますよう今月中に設置を予定しておりますので、よろしくお願い申し上げます。 ○見谷委員長 ただいまの説明に対し、御質問等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 別にないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。また、各会派内において御周知のほどよろしくお願いします。 ◆皆川委員 その他の中で私から皆さんに、もしお願いできたらということが前提ですが、定例会前あるいは定例会の開会中であっても、理事者から会派説明というのが往々にしてあります。その場合、基本的には、定例会前であればもちろん大会派順ということになります。それはそれで崩す必要はないと思います。  ただ、その大会派からの順が、例えば1日なり2日なりに限定して、この間の大会派順という場合はいいんですが、それが10日も2週間も大会派の説明が遅くなってしまうと、後で日程が詰まってしまうという場合も往々にしてあるわけです。  その場合に、日にちを限定してこの日が説明です、この2日間ですという場合は当然、大会派から合間を見て小会派に移っていくという方法で、しかし1週間、10日の間にという場合に、大きい会派が3日、4日、5日間おくれた場合に、私らは小さい会派だからという切なる思いもあるかもしれませんが、できれば、会派の大小にこだわらず柔軟な運営をしていただくとありがたいと思います。これは事務局というのではなくて会派の問題ですから、こだわるのかこだわらないのか。こだわるのなら、やはり2日なら2日、3日なら3日に限定して、こことここですとしてほしいと思います。それは大事なことですから、余りにも事務局が、あるいは庁内の理事者が大会派順ということにこだわることと、かたくなにそれを守ろうとして少し運営上ぎすぎすするという部分があって、私もこだわるものではないんですが、説明の日程が詰まってくると困ったなという場合がありますので、少し論議していただくとありがたいです。 ○見谷委員長 今、皆川委員から理事者の会派説明についての話がありましたが、私としましてはある程度の期間の中で、基本は守っていただきたいですけれども、いろいろ皆さんの都合がありますから、若干の入れかえはいいのではないかと思います。皆さんの御意見はどうですか。 ◆谷本委員 私もそのような意見に賛成です。原則は原則で、あとは運用の中でいろいろ、各会派の都合もありますので、順番にこだわることはないと思います。 ○見谷委員長 ほかの委員はどうですか。 ◆峯田委員 基本的にはそれでいいと思うんです。私どももよくやるんですけれども、会派全員に説明するとなるとなかなか日程調整が難しいので、会派の執行部だけにあらかじめ説明してもらって、そのまま次の会派に行ってもらうという手もあると思うんです。今まではそういうふうにしています。どうしてもうちの会派は最初に説明させてほしいということで来ますけれども、できないこともあるので、執行部で一応受けて、あとは次の会派に行ってくださいとなります。その後は執行部なり、また改めて会派全員に説明してほしいときには開くというやり方をしていますので、それは決めてもらえばいいんですけれども、どちらでも私はいいと思います。 ◆野嶋委員 それぞれの会派の会長なり執行部の幹事長なりにいいよという了解だけもらっていただいた上で、都合によっては次の会派なりのできるところに先に説明してくださいということで、前提は前提として、了解をもらいながら説明してもらえればいいのではないかと思います。  今、峯田幹事長が言ったみたいな、会派として志政会はそういうふうに執行部で承って、了解だけもらえれば、次へということもさせてもらっています。 ○見谷委員長 大体の御意見が出たかと思うんですけれども、皆川委員の発言に関しましては、基本は守りながら、了解をいただいて会派の大小にこだわらずに説明会を行っていただく。この議会運営委員会で一応一遍皆さんに了解していただいて、また各会派に戻りましたらそのような旨をひとつ御周知おき願いたい。  それでよろしいですか。  (「はい」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 ほかにないようですので、ただいまの説明のとおり御了承願います。 ◆谷口委員 次の議会運営委員会というのは、一般質問の順番を決めるのでしょう。 ○見谷委員長 それもあります。 ◆谷口委員 一般質問の順番を決めるのに、わざわざ午後3時から出てこいなんて無駄なことはやめてはどうですか。委員長と副委員長で順番を決めたらいいのではないですか。 ○見谷委員長 一般質問の抽せんだけではなく、議会運営委員会にかけるほかの案件もあるかとは思いますけれども、事務局、今の谷口委員の発言に関してはどうですか。 ◆谷口委員 抽せん以外にもあるということでしたけれども、私の今までの経験ではそんなことは一回もないです。抽せんだけして終わり。そんなものならしないほうがいいと言っているんです。わざわざこれだけの委員が全員、福井市内から出てこないといけないんです。経費の無駄遣いもいいところです。 ○見谷委員長 もし万が一、抽せんだけになった場合に、今、谷口委員が言うような、それだけでこの議会運営委員会を開催するというのは事務局、どうですか。 ◎山先議会事務局長 午後3時からの議会運営委員会が抽せんだけになった場合、正副委員長だけで抽せんして決める。事務局としては、やり方としては問題ありません。ただ、それ以外のものもありますので、そのときの取り扱いをどうするか。ですから、抽せんのときだけは議会運営委員会を開催しないとか、抽せん以外に案件があった場合は来ていただく。その辺を決めていただかなければいけませんが、別段、申し合わせでは議会運営委員会の中で抽せんするというのはなかったと思うんです。抽せんの方法というのは決めていただければいいと思います。 ○見谷委員長 皆さん、谷口委員の発言についてどうですか。もしほかの案件がなくて、一般質問の抽せんだけになったときには正副議長、正副委員長等で順位を決めてしまうかどうか。 ◆皆川委員 異論ありません。 ○見谷委員長 一般質問の抽せんだけの場合ですよ。ほかの案件があるときには、正副委員長で決めるわけにはいきませんので、やはり皆さんに出てきてもらわないといけない。 ◆下畑委員 各会派のトップバッターで質問する人は決めないといけないでしょう。そういう場合は、事前に議長に言っておかないといけないということになるのですか。 ◆皆川委員 その場合は当然、谷口委員の提案でいくとすれば、締め切りのときにはもう既に事務局へ、あるいは委員長へ、1、2、3、4の大会派順はうちの会派は誰ですと申し上げておく。あとは抽せんで、公平に引くだけですから。そういう手続はとれると思うんです。 ◎山先議会事務局長 先ほど申し合わせの中に、運用例の中にないと申し上げましたけれども、順位というところに、個人質問の順位は議会運営委員会で決定し、議長はその順位に従い順次指名するとあります。議会運営委員会で決定するという書き方をしてありますので、今、変更するとなりますと、この部分の申し合わせを外すということになります。 ◆谷本委員 外せばいいのではないですか。ほかの例で恐縮ですけれども、この間、金沢市の事務局で、抽せんのやり方を聞いたのですが、金沢市は抽せんなんかしていない。大会派順と、それから会派で連続してやらないという原則で決めるので、抽せんなんかしなくても何も問題ありませんと言っている。 ◆片矢委員 私も基本的に今の意見に賛成なので、外すということでよろしいと思いますし、抽せんのやり方も今までを踏襲してやる。それを代理で委員長と副委員長にやってもらうという形でいいかと思います。 ○見谷委員長 議会事務局長、そうすると、大体皆さんの意見は、もし抽せんだけの場合には今言うように委員長、副委員長あたりで決めてもらえばいいということになるんですけれども、そこを変更しないといけないですね。一応議員提要の申し合わせに書いてあるのでしょう。 ◎山先議会事務局長 個人質問の順位は議会運営委員会の正副委員長が代理で抽せんするという、大まかに言えばこういう書き方で決定していただければ、問題ございません。 ○見谷委員長 そうすると、今回の9月定例会の一般質問は一応今までの方法にのっとってやって、変更はその後ですね。 ◎山先議会事務局長 この場で決定していただければいいです。 ○見谷委員長 次の委員会からそうすればいいということですね。 ◎山先議会事務局長 ここで決定していただければ、あとは申し合わせの部分を事務局で改正するだけのことですから、次の9月定例会から運用できると思います。 ○見谷委員長 ちょっとまとめておきます。抽せんだけの場合には、範囲を正副委員長までか正副議長までか、どこまで入れるか。正副委員長だけでいいのか。正副委員長となると2人ですね。正副議長をそこへ入れると4人になるんですけれども、どこまでにしておきますか。 ◆谷口委員 委員長と副委員長だけでいいのではないですか。 ○見谷委員長 よろしいですか。皆さんの意見はどうですか。 ◆谷口委員 そんなところまで議長、副議長に出てきてもらう必要はないと思う。 ○見谷委員長 谷口委員は正副委員長だけでいいという意見です。どうですか。  みんなうなずいているけれども、しゃべってもらわないと困るんです。 ◆下畑委員 それでいいと思います。 ○見谷委員長 正副委員長だけでよろしいですか。  (「はい」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 それでは、そのように決定したいと思います。 ◆皆川委員 今の件はそれでいいです。  事務局の立ち会いはどなたですか。 ◎山先議会事務局長 管理職です。 ◆皆川委員 わかりました。 ◎小林議事調査課長 今ほど御決定いただいたんですけれども、次は9月3日の議会運営委員会になろうかと思います。ここで一般質問の順位を決めるわけですけれども、実は3日の日ですが、先日の監査委員の決算特別委員会委員なり予算特別委員会委員になれるかなれないかという話があり、その件で各市に調査依頼をかけました件を含めまして御報告させていただきたいので、3日の日は皆さん……。 ◆谷本委員 それを今やればいいのではないか。私はそういうことはすぐ決めていくべきだと前回も言ったけれども、そんなものは次、次と言わずに、きょう時間があるんだから決めてしまえばいいんです。全国の例を言ってもらって、皆さんに諮ってもらえばいいと思います。 ○見谷委員長 谷本委員、今調査をかけている段階です。 ◎小林議事調査課長 今、取りまとめの最中でございますので、もう少し時間をいただきたいと思います。 ◆谷本委員 そんなものは参考のために聞くのであって、我々の意見は別です。全国の市を調べる必要もないし、福井市とよく似た主なところだけ幾つか調べればいいので、そんなに時間がかかるはずはないと思います。 ○見谷委員長 わかりました。谷本委員、一応段取りとしましては、きょうはここまでで、今度の9月3日の議会運営委員会まで、あと1週間お待ちください。 ◆谷本委員 そんなに難しいことではないのに、今の時代に合わせて、もっとスピーディに物事はやってもらわないといけない。 ○見谷委員長 それでは、一般質問の抽せんにつきましては、そのように御了承願いたいと思います。  事務局、その他に関してはほかにないですか。  (「はい」と呼ぶ者あり) ○見谷委員長 それでは、以上で本日の協議事項は全部終了しました。これをもちまして議会運営委員会を閉会します。                               午前10時46分 閉会...