運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2014-06-16 >
平成26年 6月16日 建設委員会-06月16日−01号
平成26年 6月16日 総務委員会-06月16日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2014-06-16
    平成26年 6月16日 建設委員会-06月16日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成26年 6月16日 建設委員会 − 06月16日−01号 平成26年 6月16日 建設委員会 − 06月16日−01号 平成26年 6月16日 建設委員会                建設委員会 顛末書                              平成26年6月16日(月)                                  第4委員会室                                午前10時02分開会 ○泉委員長 ただいまから建設委員会を開会します。  それでは、本委員会に付託されております案件の審査及び予算特別委員会から調査依頼を受けております案件の調査に入らせていただきますが、審査及び調査は都市戦略部、建設部、下水道部の順に行いたいと存じますので、委員各位の御協力をお願いします。なお、理事者におかれましては、議案の説明は簡潔かつ的確にされますようお願いします。  それでは、お手元の審査順序に従いまして都市戦略部関係の審査に入ります。  まず、第49号議案 工事請負契約の締結について(駅補11号西口駅前広場シェルター新築工事)を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎桑原駅周辺整備課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆西本委員 次の第50号議案にもかかわってくるんですけれども、第50号議案のほうが早く着手すると思うんですが、この工事自体はいつから着手されるのですか。 ◎桑原駅周辺整備課長 今回の工事の手順について簡単に御説明させていただきます。まず、工事自体は土木工事から先に入ると思いますが、これを御承認いただいてからの本契約になりますので6月末に本契約となります。それ以降、現地の工事に入らせていただきますのは、8月中旬ごろになろうかと考えております。工事の手順としますと、まず自家用車及びタクシー出入り口の南側、ちょうどひょうたんのような形になっています歩道部分、こちらの工事に着手いたします。次に、タクシーの乗降場と待機場を一旦将来のバスターミナルになる場所に移設いたしまして、駅コンコース前のタクシー乗降場から東横イン福井駅前に向かいまして上屋と歩道、車道の整備を進めてまいります。簡単に言いますと、北側から整備に入るということです。広場でいきますと図面上は右側から整備に入ります。タクシー乗降場と待機場の工事が完了いたしますとバスシェルターの設置及び歩道、車道の工事に着手し、平成28年3月を目指して完成させたいと考えております。 ◆西本委員 第50号議案と一体的に行うということで理解しました。  もう1つ、一般質問等でも出ていましたけれども、いわゆる交差点上にかかるシェルターの設置時期並びに路面電車の福井鉄道福井駅前線のほうのシェルターの設置時期等はどのように考えていますか。 ◎桑原駅周辺整備課長 先ほど建築工事の一部の発注と御説明させていただきました。残っておりますのが今委員から御指摘いただきました横断歩道上の上屋と路面電車の電停で、こちらは土木工事も建設工事も残ってございます。それと、そこに接続します歩道上の上屋、あとは自由通路から西口広場、プリズム福井から西口広場までの短い区間ですが、そこにも上屋をかけます。そういった建築土木工事が残ってございまして、現在設計を進めているところです。年内には何とか発注手続に入れるように鋭意設計を進めているところでございます。 ◆西本委員 最後ですけれども、この第49号議案と、今私が申し上げた残っている部分の完成時期は同じという理解でよろしいですか。
    ◎桑原駅周辺整備課長 20億8,000万円を3カ年の継続費として設定しております。工期としましては平成28年3月までで、平成27年度中の完成を目指してございます。 ◆西本委員 はい、わかりました。 ◆宮崎委員 工期は2年間ということだけれども、設計は大分詰めたんだろうと思いますが、この長い工期で設計変更はないのか。設計変更があったりするとまた延びるんです。そういうおそれは絶対にないのか。 ◎桑原駅周辺整備課長 今ほど御指摘いただきました調査設計、それと関連工事との十分な協議を踏まえた上で、当然、公安委員会といった関係機関との協議を踏まえた上で今回発注させていただいています。現在のところ変更は考えておりませんが、当然、途中いろいろな工事の影響が出てこようと思います。2カ年ではございますけれども、3月いっぱいという工期は変えずに、いろいろな工夫をして何とか仕上げていきたいと考えております。 ◆宮崎委員 大変混雑する場所ですので、市民の皆さんに御迷惑をかけないように工事のやり方、それから進め方、いろんなことを考えてほしいと思います。  それと、バスにしてもタクシーにしてもどれだけの量を予想しているのか。観光客誘致を盛んに言っているので、ふえてきたら当然混雑するだろうと思うけれども、そこら辺を踏まえて、ここを使うのは何台ほどを予定しているのか。それによっては工事が大分おくれたりする。工事をしながらのことですから、そこら辺はどういう考え方をしているのか。 ◎桑原駅周辺整備課長 今ほど御説明させていただきましたように、タクシーは、現状のところから一旦仮にバスターミナルのところに移設しまして、工事期間中も現在と同じような形で使っていただけるようにします。さらに完成しました際はまた今の北側のところに戻しまして、なるべくタクシー利用者には影響のないように工事を進めていきたいと考えています。  バスにつきましては、新たに西口駅前広場のほうに入ります。おととしからバス事業者と、進入あるいは待機、乗車場所についていろいろと協議を進めてまいりました。今のところ、現状のバス運行は、現在計画しています7バースの中で、降車1、乗車6という形で十分運行可能というような見解でバス事業者と進めておりますが、今後、どこにどういうバス路線を割り当てるかというのは引き続き供用開始までにはきちんと協議を進めていきたいと考えております。よろしくお願いします。 ◆宮崎委員 こんなことは私が質問するまでもない、当たり前のことなんだけれども、市民の人に迷惑をかけないように、それから、工事が途中で変更されないように、いろいろなことを考えて工期内に完了するように努力してほしい。その念のための質問だと思ってください。きちんとやってほしいということですので、よろしく頼みます。 ◆見谷委員 今、工期内という話が出ましたが、これは今、共同企業体でやるんですけれども、聞くところによると、下請の職人が少ないとか、また東京オリンピックや東日本大震災等の影響で鋼材の値上がりとか人手不足ということを聞いているんですけれども、今西口で工事をしていますが、現状でのそういう影響や、また今こういう工事が入ってくることによる影響を行政はどのように見ているのか。うまくいくのか。いくだろうという見方でやっているのか。そこら辺の見解をお願いします。 ◎堀内都市整備室長 現在やっている工事ということで、私から現状について御報告させていただきます。確かに委員御指摘のように、下請職人等の不足については危惧されているところでございますが、そこのところを元請のほうで管理し、工程におくれが出ないように職人の数も検討しながら、現在のところは進められております。それが今後もきちんと継続されていくように、私どもでも現場の工事進捗についてきちんと管理しながら進めていくようにしているところでございます。 ◆見谷委員 これは今、西口だけの問題ですけれども、今後福井市では北陸新幹線とか、えちぜん鉄道の高架化事業とかいろいろなインフラの事業がめじろ押しになってくるんです。大体この期間中にいろんなことが重なってくる。ということで、職人不足でこれがおくれるということになると非常に問題ですし、またそういった建設業界の死活問題でもあるし、行政側の問題でもあるし、そこら辺は本当にきちんと対応していっていただかないと、先ほど宮崎委員が言うような工期のおくれにつながっていくのではないかと思います。そういったことが懸念されますので、ひとつよろしくお願いします。 ◆加藤委員 今いろいろと話が出ましたけれども、歩行者の安全確保というか、西口再開発事業の工事もあって、ここはほとんど工事をしている状況ではないかと思うんですけれども、いろいろ観光客も含めて、学生もたくさんいるので、歩行者を市役所側とかユアーズホテルフクイ側とか、どのように流すのかということは何か考えているのでしょうか。 ◎桑原駅周辺整備課長 工事期間中の歩行者動線についてですが、ちょうど駅前ということもございまして、現在は福井駅あるいは正面のシンボルロード、駅前商店街、県庁方面などの歩行者動線がございます。この現在の歩行者動線につきましては、当然、工事期間中も歩行者の方が安全に通行できるように計画してまいりますし、工事の進捗状況によっては一部で少し迂回していただくような形になるかもわかりませんが、基本的には通行どめなどは行わない。今言った現状の歩行者動線につきましては確実に確保しながら進めていくという計画でおります。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第49号議案 工事請負契約の締結について(駅補11号西口駅前広場シェルター新築工事)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第50号議案 工事請負契約の締結について(駅補12号西口駅前広場整備工事)を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎桑原駅周辺整備課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆西本委員 今福井駅の前にある観光案内所の建物ですけれども、あれがいつごろ撤去されて、撤去された後はその機能はどうなるのか。それについてお伺いします。 ◎桑原駅周辺整備課長 まず、現在の撤去時期の計画でございますが、先ほど工事手順でも御説明しましたように、現地に入っていきますのは8月の中旬ごろという話をさせていただいていますので、計画としては9月いっぱいは現在のところで運用していただけるのではないかというところでございます。今後、もう少しいろいろな詳細を詰めまして、時期についてはまた御連絡させていただきたい。今のところは9月いっぱいまでは大丈夫といったところでございます。 ◎堀内都市整備室長 続きまして、観光案内所機能のことでございますが、撤去することに伴いまして今の場所の担当の方がいらっしゃらなくなるということで、その点につきましておもてなし観光推進室と協議いたしまして、JR駅構内に設けられております観光案内所と連携していただきながら、そちらのほうで機能を強化していただくような形でおもてなしというか、案内をきちんと継続して、低下しないようにやっていただくということでございます。 ◆西本委員 つるつるいっぱいのおもなし運動を福井市が取り組み始めていますが、今現在2カ所の観光案内所があって両方でやっているという状況の中で1カ所に集約されることになるので、どんなに頑張ったとしても恐らく機能は落ちると思います。だからそれを県外のお客さんにしっかりとわかるように、相談件数とか、来られる件数とかも落ちないようにしてください。伸びなくてはいけないことですので。ましてや、北陸新幹線金沢開業でデスティネーションキャンペーン期間もありますから、そういったところでアピールする部分も出てくるかとは思いますけれども、その点はどうなるのか。今後また質問もしていくかもしれませんけれども、しっかりと取り組んでいただきたいというのが1点です。  もう1点だけ。今喫煙場所が設けられていますけれども、私もかつてたばこを吸っていましたが、やはりどうしても駅へ出ると特急で吸えない分、出たところで吸ってしまう。今この喫煙場所が設けられているときでさえ、ここの側溝の目ざらの下を掃除すると吸い殻が1,000本ぐらい出てくるという状況です。これはどうされるのか、お伺いします。 ◎桑原駅周辺整備課長 喫煙場所につきましては、現在、西口に仮設という形でJRが設置した喫煙場所がございます。今、観光案内所と一緒に9月いっぱいまでは今の場所に設置していただけるというようなお話をさせていただいています。その中で、従来から委員会や議会の中でも喫煙場所をどうするのかというような御質問をいただいておりまして、引き続き検討していくというお答えはさせていただいています。最終的には9月いっぱいまでの期間の中で、当然駅利用者の利便性も含め、ポイ捨ての問題といったことも含めまして、設置するかしないか、あるいは設置するとすればどこに設置するのかといったところを検討していきたいと考えております。 ◆西本委員 設置しない場合はポイ捨てさせないように、そこはやはりしっかりと取り組んでいただきたいと思います。駅前に灰皿がない駅もいっぱいあるわけでございますので、そこのところだけしっかりやっていただきたいということです。福井駅におりたら何かいっぱいたばこの吸い殻が落ちているのではどうにもならないので、それこそ先ほど言いましたつるつるいっぱいのおもてなしに反するような状況になりますから、その点だけお願いします。要望で結構です。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第50号議案 工事請負契約の締結について(駅補12号西口駅前広場整備工事)は、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。  第40号議案 平成26年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎堀内都市整備室長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆見谷委員 1つだけ。地方債の補正なんですけれども、これは地方債は大体何%ぐらいで…。 ◎山先議会事務局長 それは総務委員会の案件です。 ◆見谷委員 総務委員会でしたか。 ◎山先議会事務局長 はい。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第40号議案 平成26年度福井市一般会計補正予算のうち、都市戦略部所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第41号議案 平成26年度福井市福井駅周辺整備特別会計補正予算を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎桑原駅周辺整備課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆見谷委員 1つだけ参考までに教えてください。今、年率幾らぐらいで地方債を借りているのですか。 ◎桑原駅周辺整備課長 今議案では利率5%以内ということで5%でお借りしているのが現状です。実際、利率につきましては、現在、過去の償還している分納分も含めまして、直近では0.57%ですとか1.3%といった、1%、2%以内の利率で借りております。それ以前の少し高い利率、4%台とか3%台のものにつきましては、借換債で今年度対応していくということでございます。 ◆見谷委員 はい、わかりました。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第41号議案 平成26年度福井市福井駅周辺整備特別会計補正予算については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第3号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市一般会計補正予算)のうち、都市戦略部所管分を議題とします。理事者の報告を求めます。 ◎大原都市計画課長 (報告) ○泉委員長 ただいまの報告に対し、質疑を許可します。 ◆加藤委員 今の高木市場線ですけれども、ちょうど県立聾学校の陸橋からおりてきたところの交差点の工事が大分終わりかけているかと思いますが、多分今、交差点部分はまだ移転交渉が済んでいないということで、少し閉塞的な部分が残ったまま交差点ができ上がっているのではないかと思います。これはいつごろ工事ができるのかと思うのと、あそこの交差点は、聾学校を北進して福井市のほうからおりてきて、もともとの左折する道路と高木市場線とがまた交差するのではないかと思うんですけれども、非常に危険で、私はあそこ一帯を土地区画整理事業か何かで移転して十字路にするのかと思っていたんですが、何かまたおかしな道路が残ったなと思います。あそこの安全確保というのはどのように考えているのですか。信号ばかりできるのでしょうか。 ◎大原都市計画課長 まず、最初の御質問の工事工程でございますが、確かに委員御指摘の角の1軒がまだ動いていないということで、その部分は車線を少し狭くしまして、今週中に今の概成の状態で一旦開通させます。そのときにはそこの交差点の信号機を作動させまして、一旦は開通させます。それと、角の移転物件でございますが、今年度に入りまして移転の契約が済んでおります。大体秋過ぎをめどに物件を移転し、今年度中には完全な形での開通を目指しているところでございます。  それと、今後の交通の状況ですけれども、まず先ほどの陸橋からおりてきて左折していく市道北部2−3号線でしたか、これについては今ある信号機を撤去させていただきます。左折することは可能でございますけれども、北のほうから今の市道を通ってきてフェニックス通りと交差するときには、一旦停止をして右左折をしていくということになります。信号機はなくなってしまうということでございます。それで、今の市道を南進してきた車両はどうするのかというと、高木市場線との交差点で左折していただいて、フェニックス通りとの交差点の信号で右折していくというような流れに多分変わっていくのではないかと思っております。今の南北に通る市道につきましては高木市場線との交差点で両方ともとまれの交通規制を行います。  現在、踏切から市場のほうに向かう道路がその市道との交差点でとまれになっておりますが、こちらを優先道路として直通させて、フェニックス通りの信号機まで一挙に進入可能にするような交通体系とすることを今考えております。 ◆加藤委員 そうすると、森永北陸乳業株式会社から南進してきた車は一旦停止で左にしか曲がれないということでしょう。すぐそこに信号機ができると、また信号待ち。市場へ向かう信号待ちの車と南進してきて左折する車が大きな交通渋滞を起こすのではないか、危険な場所になるのではないかと思うんです。これはこれで警察とも協議したんだろうと思いますけれども、何か工夫できないのかと思いますが、これはこのぐらいにします。  それと1軒まだ立ち退きしていないところの交差点部分ですが、今は何か白い仮線みたいなのが引いてあって、多分右折レーンと直進、左折レーンとするんでしょうけれども、あれはやはり立ち退きしてからにしたほうがいいのではないかと私は思います。今までどおり直進して、今度は陸橋のほうへ上っていこうとすると、今のままでは細く感じます。移転してからだときちんと交差点部分ができるので、急がなくてもいいのではないかと思うけれども、その辺はどう考えているのか。立ち退きしてもらわないと少し車線が狭いのではないかと思うんです。その辺はどうですか。 ◎大原都市計画課長 今の角の1軒が移転した場合でも、県道側の幅員は広がりません。したがって、今、薄く仮線が引いてありますが、あの幅をそれ以上広げることができないというのが現状でございます。将来、県道の拡幅事業が行われるようなときには広げることが可能かと思います。  それと、先ほどの森永北陸乳業株式会社から来る車両でございますが、あそこの市道の南北の交通量は現在のところそんなに多いとは私どもは思っておりませんので、一旦停止して左折のときの譲り合いといいますか、それで高木市場線のほうに入っていただきたいと考えております。ただ、今後、交通量調査等をする予定となっておりますので、その結果を踏まえて、不都合であればまた考えていきたいと思います。 ◆加藤委員 そういうことならわかりましたけれども、特に初めのうちは、今までの直進の流れが今度逆になったり、高木市場線が通れるようになるので、そこの交差点を真っすぐ来るような方もやはりいると思います。森田北東部土地区画整理事業でもよくあったものですから、事故が多発すると思うので、警察とか交通安全協会等に、しばらくの間は見守っていただけるように要望して終わります。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第3号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市一般会計補正予算)のうち、都市戦略部所管分については、適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  ここで理事者の入れかえを行います。しばらくお待ちください。  (理事者入替) ○泉委員長 次に、建設部関係の審査に入ります。  それでは、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。第40号議案 平成26年度福井市一般会計補正予算のうち、建設部所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎北川公園課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆西本委員 このコンポスト設置で3カ所選ばれているんですけれども、この3カ所を選んだ理由を教えていただけますか。 ◎北川公園課長 昨年、こういうコンポストを設置してはどうかという話がございまして、昨年の秋から公園とかに街路樹の葉っぱを入れるコンポストを試行的に何カ所かに設置しております。そういった話題が新聞等に出る中で、公民館単位で引き合いがございます。この3カ所につきましては、とりあえず公民館単位でお話があったところを上げております。今後、こういった話をまち美化パートナー制度を活用している団体とか、そういった地元の方等にお話しする中で必要に応じてふやしていくことはまた今後検討していきたい。とりあえず、設置場所につきましてはそういうことでございます。 ◆西本委員 これは、コンポストで腐葉させて肥料化させるんだと思いますけれども、基本的には地元がそういう形で要望したということですから、肥料化されたものは地元で使って、管理は全部地元で行うという考え方でよろしいですか。 ◎北川公園課長 基本的な考え方はそういう形ですが、今後の市民協働の中でこういったリサイクルとかということを皆さんに啓発等をしていきながら、街路樹の維持管理につなげてまいりたいと考えております。 ◆西本委員 それと、今、アダプトプログラムで美化運動をしているところに案内していくということでしたけれども、公民館とか、例えば自治会連合会に案内していくということも大事かと思いますので、ぜひそれもお願いしたいと思います。これは要望で結構です。  もう1つ。今回、街路樹健康診断の9番に城勝線が入っていますけれども、城勝線は全て道路整備をやり直すというような話を聞いています。そういった計画等は道路課になると思うんですけれども、ここ一、二年の話かと思ったんですが、それについては今計画はどうなっていますか。公園課ではなく道路課に聞かないとわからないと思いますが。 ◎増永道路課長 済みません。まだ具体的に協議していないので、今後具体的に協議した上でお話ししたいと思っています。 ◆西本委員 要望で結構です。またお知らせいただければと思いますので、よろしくお願いします。 ◆見谷委員 樹木医というのは福井市に何人ほどいるのですか。公園課とか、農林水産部もありますけれども、福井市の職員には誰もいないのですか。全部外部から呼んできてやるわけですか。 ◎北川公園課長 今ほどの樹木医の人数ですけれども、県の総合グリーンセンターに樹木医の方が何人か嘱託でおられると聞いております。そのほかに、業者というか、造園業者の職員で2名ほどいらっしゃると聞いております。今回の樹木医につきましては、県内で市との関係がある方、近い方の協力をいただきながらやっていきたいと考えております。 ◆見谷委員 これからもずっとそのような考え方でいくのか。街路樹の路線は結構長いと思うし、福井市には公園も四百何カ所ある中で、やはりそういうものを管理していくことになると結構樹木医の需要というのがあるのではないかと思います。そういう中で、福井市ではそういうものを持つ考えはないのですか。 ◎北川公園課長 今ほどの樹木医と連携して行う健康診断といいますのは、つい先ごろ川崎市での枝折れの事件もありまして、パトロール等も行っているわけですけれども、そのことを受けてというわけではないんですが、街路樹というのは、やはり倒木等がございますとかなり影響がございます。通行者に対しての影響もございますので、まず市内の街路樹の巨木化、老木化したような路線をとりあえず47路線ほど選定しております。ことしはそのうちの17路線をやっていくということです。この計画は2カ年計画でまず一応市内全体のそういった危険度というのを調査いたしまして、今後につきましてはその状況によりということになるかと思いますが、当面はそういうことを考えております。 ◆見谷委員 わかりました。 ○泉委員長 ほかにございませんか。
     (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第40号議案 平成26年度福井市一般会計補正予算のうち、建設部所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第3号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市一般会計補正予算)のうち、建設部所管分を議題とします。理事者の報告を求めます。 ◎増永道路課長 (報告) ○泉委員長 ただいまの報告に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第3号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市一般会計補正予算)のうち、建設部所管分については、適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第4号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市宅地造成特別会計補正予算)を議題とします。理事者の報告を求めます。 ◎上道区画整理課長 (報告) ○泉委員長 ただいまの報告に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第4号報告 専決処分の承認を求めることについて(平成25年度福井市宅地造成特別会計補正予算)については、適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  ここで理事者の入れかえを行います。しばらくお待ちください。  (理事者入替) ○泉委員長 次に、下水道部関係の審査に入ります。  まず、第46号議案 福井市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎三谷下水管理課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第46号議案 福井市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第47号議案 福井市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例及び福井市公共下水道事業及び九頭竜川流域関連福井市公共下水道事業に係る分担金に関する条例の一部改正についてを議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎三谷下水管理課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。第47号議案 福井市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例及び福井市公共下水道事業及び九頭竜川流域関連福井市公共下水道事業に係る分担金に関する条例の一部改正については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。第42号議案 平成26年度福井市下水道事業会計補正予算を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎三谷下水管理課長 (説明) ○泉委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆加藤委員 土地区画整理事業区域内の特に森田新保町、漆原町での管渠建設事業がようやく始まるんですけれども、あと北部には河合寄安町というのもあるんですが、どれぐらいで整備する見込みですか。 ◎坂本下水管路課長 森田地区の公共下水道の整備につきましては、今年度も予算を計上しましたけれども、準幹線、幹線の整備を行っております。また、ちょうどこの図面でいきますと北陸新幹線のルートの東側の区域でございますけれども、ここの詳細設計を今年度やる予定でございます。その設計が終わりましたら整備に入っていきます。大体3年ほどをめどに整備を進めていきたいと考えております。 ◆加藤委員 3年ほどで土地区画整理事業区域内は整備できて、供用開始できるということですか。 ◎坂本下水管路課長 はい。そのように考えております。 ◆加藤委員 新幹線ではないですけれども、これも平成28年に一応土地区画整理事業が完了する予定で、特にこの漆原町、森田新保町につきましてはここ4年ほどで約40軒ぐらいふえて、戸建ての世帯が今200軒を超えているんです。今は1カ月に5軒ぐらい建っているんです。やはり集中して早く整備していかないと、今家を建てようとする人はまだ下水道が入っていないので、多分合併処理浄化槽を使って処理しているんだろうと思うんです。例えは変ですけれども、腹がぽんぽんに膨れているところに、これから御馳走を食ってくれというようなものです。今住宅が建っているんですから、やはりできるだけ早目早目に集中してやってもらえないかと思います。要望とお願いですけれども、下水道部長、何かありましたらお願いします。 ◎前川下水道部長 今委員からいろいろと要望がございましたけれども、土地区画整理事業につきましては大体いつの時代もそういう要望がございます。それで、今森田地区も、あとは北陸新幹線の東側を主体的にやれば大体終わるということですので、今あと3年ということを下水管路課長が申し上げましたけれども、もし家が建つということがあれば、その管が近くまで来ていればその取りつけとか、そういったことついては別途優先的にやっていこうということで、事前に話をしてほしい、相談してほしいと思います。できるものについては前向きに取り組んでいく。しかし、大分離れているところについてはもう少し待ってほしいという形で、相談してもらいながらやっておりますので、そのような形で今後も進めていきたいと思います。よろしくお願いします。 ◆加藤委員 住宅だけではなくて、コンビニエンスストアとかいろいろな商業施設も建っているので、またそういった相談に乗っていただいて、前向きにお願いします。要望です。 ○泉委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○泉委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第42号議案 平成26年度福井市下水道事業会計補正予算については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○泉委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  以上で、本委員会に付託されました案件の審査及び調査依頼を受けました案件の調査は全部終了しました。なお、本会議での委員長報告及び予算特別委員会への調査結果報告につきましては私に御一任願いたいと存じます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午前11時42分閉会...