運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福井市議会 2014-06-05
    平成26年 6月定例会-06月05日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成26年 6月定例会 − 06月05日−01号 平成26年 6月定例会 − 06月05日−01号 平成26年 6月定例会              福井市議会会議録 第1号          平成26年6月5日(木曜日)午後2時44分開会 ──────────────────────  平成26年6月5日,定例会が福井市議会議事堂に招集されたので,会議を開いた。 ────────────────────── 〇議事日程  日程 1 会議録署名議員の指名  日程 2 会期の決定について  日程 3 各特別委員会の付託案件について  日程 4 各常任委員会委員の選任について  日程 5 議会運営委員会委員の選任について  日程 6 予算特別委員会委員の選任について  日程 7 第40号議案 平成26年度福井市一般会計補正予算  日程 8 第41号議案 平成26年度福井市福井駅周辺整備特別会計補正予算  日程 9 第42号議案 平成26年度福井市下水道事業会計補正予算
     日程10 第43号議案 福井市西口中央地区市街地再開発ビル観光物産館の設置及び管理に関する条例の制定について  日程11 第44号議案 福井市市税賦課徴収条例等の一部改正について  日程12 第45号議案 福井市市税賦課徴収条例の一部改正について  日程13 第46号議案 福井市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について  日程14 第47号議案 福井市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例及び福井市公共下水道事業及び九頭竜川流域関連福井市公共下水道事業に係る分担金に関する条例の一部改正について  日程15 第48号議案 福井市火災予防条例の一部改正について  日程16 第49号議案 工事請負契約の締結について              (駅補11号西口駅前広場シェルター新築工事)  日程17 第50号議案 工事請負契約の締結について              (駅補12号西口駅前広場整備工事)  日程18 第51号議案 製造請負契約の締結について              (福井市自然史博物館分館展示物等設計製作業務)  日程19 第52号議案 工事請負契約の変更について              (明道中学校校舎改築工事)  日程20 第53号議案 福井市国民宿舎鷹巣荘の指定管理者の指定について  日程21 第 1号報告 専決処分の承認を求めることについて              (福井市市税賦課徴収条例の一部改正)  日程22 第 2号報告 専決処分の承認を求めることについて              (福井市地域交流プラザの指定管理者の指定について)  日程23 第 3号報告 専決処分の承認を求めることについて              (平成25年度福井市一般会計補正予算)  日程24 第 4号報告 専決処分の承認を求めることについて              (平成25年度福井市宅地造成特別会計補正予算)  日程25 第 5号報告 専決処分の承認を求めることについて              (平成26年度福井市国民健康保険特別会計補正予算)  日程26 第 6号報告 平成25年度福井市一般会計継続費の繰越しに関する報告について  日程27 第 7号報告 平成25年度福井市一般会計繰越明許費の繰越しに関する報告について  日程28 第 8号報告 平成25年度福井市一般会計事故繰越しの繰越しに関する報告について  日程29 第 9号報告 平成25年度福井市簡易水道特別会計繰越明許費の繰越しに関する報告について  日程30 第10号報告 平成25年度福井市宅地造成特別会計繰越明許費の繰越しに関する報告について  日程31 第11号報告 平成25年度福井市集落排水特別会計繰越明許費の繰越しに関する報告について  日程32 第12号報告 平成25年度福井市福井駅周辺整備特別会計継続費の繰越しに関する報告について  日程33 第13号報告 平成25年度福井市福井駅周辺整備特別会計繰越明許費の繰越しに関する報告について  日程34 第14号報告 平成25年度福井市下水道事業会計予算の繰越しに関する報告について  日程35 第15号報告 平成25年度福井市ガス事業会計予算の繰越しに関する報告について  日程36 第16号報告 平成25年度福井市水道事業会計継続費の繰越しに関する報告について  日程37 第17号報告 平成25年度福井市水道事業会計予算の繰越しに関する報告について  日程38 第18号報告 福井市土地開発公社の平成25年度決算に関する報告について  日程39 第19号報告 福井市土地開発公社の平成26年度予算に関する報告について  日程40 第20号報告 財団法人越廼振興会の平成25年度決算に関する報告について  日程41 第21号報告 公益財団法人福井市ふれあい公社の平成25年度決算に関する報告について  日程42 第22号報告 公益財団法人福井市ふれあい公社の平成26年度事業計画等に関する報告について  日程43 第23号報告 公益財団法人福井観光コンベンションビューローの平成25年度決算に関する報告について  日程44 第24号報告 公益財団法人福井観光コンベンションビューローの平成26年度事業計画等に関する報告について  日程45 第25号報告 公益財団法人歴史のみえるまちづくり協会の平成25年度決算に関する報告について  日程46 第26号報告 公益財団法人歴史のみえるまちづくり協会の平成26年度事業計画等に関する報告について  日程47 第27号報告 一般財団法人福井市漁業振興会の平成25年度決算に関する報告について  日程48 第28号報告 一般財団法人福井市漁業振興会の平成26年度事業計画等に関する報告について  日程49 請願第21号 日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める意見書提出について  追加日程 議長辞職の件  追加日程 議長の選挙  追加日程 副議長辞職の件  追加日程 副議長の選挙  追加日程 各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について ────────────────────── 〇出席議員(31名)  1番 中村 綾菜君   2番 田中 義乃君  3番 後藤 裕幸君   4番 伊藤 洋一君  5番 玉村 正人君   6番 片矢 修一君  7番 藤田  諭君   8番 村田 耕一君  9番 泉  和弥君   10番 谷本 忠士君  11番 堀江 廣海君   12番 奥島 光晴君  13番 峯田 信一君   14番 鈴木 正樹君  15番 島川由美子君   16番 下畑 健二君  17番 田村 勝則君   19番 今村 辰和君  20番 石丸 浜夫君   21番 青木 幹雄君  22番 西本 恵一君   23番 野嶋 祐記君  24番 堀川 秀樹君   25番 見谷喜代三君  26番 皆川 信正君   27番 谷口 健次君  28番 宮崎 弥麿君   29番 吉田 琴一君  30番 山口 清盛君   31番 加藤 貞信君  32番 西村 公子君 ────────────────────── 〇欠席議員(0名) ────────────────────── 〇説明のため出席した者  市長         東 村 新 一 君  副市長        山 田 義 彦 君  副市長        清 水 正 明 君  企業管理者      西 行   茂 君  教育長        内 田 高 義 君  特命幹        中 西 賢 也 君  都市戦略部長     谷 澤 正 博 君  総務部長       吉 村 匡 弘 君  財政部長       高 山 浩 充 君  市民生活部長     木 村 郁 夫 君  福祉保健部長     河 上 芳 夫 君  商工労働部長     浅 野 信 也 君  農林水産部長     梅 田 精 一 君  建設部長       谷 川   茂 君  下水道部長      前 川   孝 君  工事・会計管理部長  森 川 清 和 君  消防局長       武 澤 正 美 君  企業局長       渡 辺 優 治 君  教育部長       森 川 亮 一 君 ────────────────────── 〇事務局出席職員  議会事務局長     山 先 勝 男  議会事務局次長    峠   尚 太  議事調査課長     小 林 秀 樹
     議事調査課主任    坂 下 哲 也  議事調査課主幹    阪 本 喜 浩  議事調査課副主幹   笹 野 直 輝  議事調査課主査    秦   裕 美 ────────────────────── ○議長(吉田琴一君) 平成26年6月福井市議会定例会は本日招集され,出席議員が定足数に達しておりますので,議会は成立しました。  よって,これより開会し,本日の会議を開きます。 ────────────────────── ○議長(吉田琴一君) それでは,日程1 会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は,会議規則第88条の規定により,11番 堀江廣海君,12番 奥島光晴君の御両名を指名します。 ────────────────────── ○議長(吉田琴一君) 次に,日程2 会期の決定についてを議題とします。  お諮りします。  今定例会の会期は,本日より27日までの23日間としたいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  なお,会期中の会議予定につきましては,お手元に配付しました会期日程表のとおりでございますので,御了承願います。 ────────────────────── ○議長(吉田琴一君) 次に,日程3 各特別委員会の付託案件についてを議題とします。  去る3月定例会において継続調査となりました各特別委員会の付託案件について,これより委員会終了の順に従い,経過の報告を求めます。  まず,公共交通・まちづくり対策特別委員長 26番 皆川信正君。  (26番 皆川信正君 登壇) ◆26番(皆川信正君) 去る3月定例会において継続調査となりました公共交通・まちづくり対策に関する諸問題を調査するため,5月19日に委員会を開催いたしましたので,その調査経過の概要について御報告申し上げます。  まず,福井駅西口中央地区市街地再開発事業について理事者から,現在,西口再開発ビル及び屋根つき広場上屋新築工事においては掘削工事を行っており,6月上旬ごろからは基礎躯体工事に着手していく予定である。次に,市施設である自然史博物館分館,屋根つき広場,多目的ホール,観光関連施設については,管理運営計画の策定や指定管理者選定の準備などの具体的な検討をそれぞれ進めているところである。また,再開発ビル1,2階の商業施設については,店舗配置イメージを整理しており,6月12日にテナント募集説明会を行う予定である。フロアごとの内容については,1階は福井の玄関口として福井らしい食を情報発信するフロア,2階はカップルやファミリーが気軽に立ち寄れる飲食,物産販売等の空間をイメージしているとの報告がありました。  この報告に対して委員から,自然史博物館分館のドームシアターに採用する8Kという超高解像度については,全国的に導入されているプラネタリウムはあるが,コンテンツの費用が2倍以上かかる,また,4Kとの差が余り感じられないといったことから,実際には8Kのコンテンツの放映は少なく,ほとんどが4Kのコンテンツを放映している状況である。本市でも同様の状況が考えられることから,8台のプロジェクターを有効活用するため,ドームシアター内では4台のプロジェクターで4Kのコンテンツを放映し,残りの4台を使って屋外でプロジェクション・マッピングを行ってはどうかとの問いがあり,理事者から,現在は8台のプロジェクターを複合して全天ドーム映像を映し出す計画となっており,選定業者からは,一度動かすともとの設定に戻すことが技術的に難しいと聞いている。しかし,当面は4Kの映像コンテンツが主体になることが想定されることから,8台のプロジェクターの弾力的な運用ができないか,今後検討していきたいとの答弁がありました。  また委員から,能舞台は平成27年度中に市民福祉会館から多目的ホールに移設するとのことだが,市民福祉会館はいつまで利用できるのかとの問いがあり,理事者から,工事の進め方については現在検討中だが,能舞台については部分的に解体しながら搬出していくことになり,スケジュールでは平成27年5月ごろまでの利用を予定している。市民福祉会館全体については,能舞台の移設の際に工事が施設全体のどの範囲まで及ぶのかということも含めて検討を進めていくとの答弁がありました。  次に,県都デザイン戦略について理事者から,4月に開催した県都デザイン戦略推進会議において,主要事業の進捗と今後も県,市の連携により短期・中期・長期的に県都のまちづくりを推進していくことを確認した。今年度は,中央公園周辺再整備事業については,第1期工事の実施設計と土塁や路上駐車場等の撤去工事を進めていく。また,県庁線整備事業は,地元協議及び実施設計を行う。グリフィス記念館整備事業については,実施設計,用地取得を行い,建築工事に着手するとの報告がありました。  この報告に対して委員から,中央公園周辺再整備事業の実施設計はいつまでに行うのかとの問いがあり,理事者から,6月上旬に業務委託を発注し,年度内に策定する予定であるが,来年度当初からの工事着手を想定しているため,今年の秋ごろには概算的な設計を完了したいと考えているとの答弁がありました。  また委員から,県庁線には幅員が狭く除雪車が入れない枝道が幾つかあり,地元住民が除雪を行っていることから,県庁線での融雪設備の整備に合わせて枝道にも融雪設備を延長できないのかとの問いがあり,理事者から,現在の市の融雪設備の整備基準に照らし合わせると,枝道への整備は難しいが,先日行われた地元協議においても融雪も含めさまざまな要望があったことから,今後の検討課題として地元との協議を進めていきたいとの答弁がありました。  次に,自転車利用推進課の概要について理事者から,各部局に分散していた自転車に関する事業を今年度から一元化し,JR福井駅周辺における分散型自転車駐車場の整備や福井市自転車利用環境整備計画(ふくいサイクルプラン)の見直し,自転車駐車場整備,放置自転車対策等の各種施策を行い,自転車を活用したまちづくりに取り組んでいく。具体的な取り組みとして,現在行っているサイクルシェア社会実験事業については,11カ所の貸し出しポートに全34台の自転車を配備している。平成25年度には2,440回の利用があり,うち7割が県外客が観光,散策を目的としているという結果が出た。また,放置自転車対策事業については,平成25年度には1,588台を撤去,943台を処分,48台を再利用したとの報告がありました。  この報告に対して委員から,今後,自転車専用道路等のハード整備を行う計画はあるのかとの問いがあり,理事者から,今年度中に福井市自転車利用環境整備計画の見直しをすることから,関係団体,関係部局等と協議しながら,この計画の中で示す予定であるとの答弁がありました。  以上が当委員会での調査経過の概要でありますが,当委員会は今後も継続してこれら諸問題の調査研究に当たることに決しましたので,議員各位の御賛同をお願い申し上げます。  なお,去る6月2日,中心市街地における今後のまちづくりについて調査するため,その核として重要な役割を担う西武福井店の本社である株式会社そごう・西武を訪問し,活発な意見交換をしてまいりましたことを申し添えて報告を終わります。 ○議長(吉田琴一君) 次に,産業活性化対策特別委員長 27番 谷口健次君。  (27番 谷口健次君 登壇) ◆27番(谷口健次君) 去る3月定例会において継続調査となりました産業活性化対策に関する諸問題を調査するため,5月20日に委員会を開催いたしましたので,その調査経過の概要について御報告申し上げます。  まず,労働環境調査の結果と今後の取り組みについて理事者から,育児休業の利用状況,新規学卒者の離職状況,雇用形態及び発達障害者の雇用状況等について把握し,労働政策の基礎資料とするためアンケート調査を実施したところ,小規模企業ほど育児休業者の代替要員の確保が困難なため,早期復帰を余儀なくされ,育児休業取得期間が短くなる傾向にある。また,新規学卒者において4分の1が早期離職しており,若者への技能継承が課題となっている等の結果を得た。これらを受け,今後の取り組みとして,女性が長く活躍できる労働環境づくりが重要であるので,男性の育児参加促進に対する支援及びワーク・ライフ・バランスの改善に対する支援を進めていく。また,新規学卒者の早期離職の原因として,大企業志向に伴う中小企業研究の不足による入社後の現実と理想とのギャップが考えられることから,学生と中小企業のマッチングに視点を置いた就職支援セミナーの開催や中小企業における離職防止の取り組みに対する支援を検討していくとの報告がありました。  これらの報告に対して委員から,40代前後の方のUターン転職希望者が就職について厳しい状況にあるが,市として何か取り組んでいるのかとの問いがあり,理事者から,ホームページで企業情報を紹介しており,今後さらに施策の検討を進めていきたいとの答弁がありました。  さらに委員から,福井市内の企業に就職してもらうことが重要であるから,そのための対策をとってほしいとの要望がありました。  次に,中小企業者の経営支援について理事者から,中小企業者が抱える経営上の課題や融資後の経営状況に応じた適切な経営支援を行っている。また,市内中小企業者が円滑に資金を調達できるよう企業ニーズを捉えながら市制度融資を実施している。今後も景気状況や国,県の経済政策を注視しながら,引き続き経営と金融の両面から中小企業者を支援していくとの報告がありました。  これらの報告に対して委員から,融資利用件数が減少しているが,景気が回復してきたと判断してよいのかとの問いがあり,理事者から,融資利用件数の増減だけでは判断できない。今後,個別に企業を訪問しながら状況を把握した上で見きわめたいとの答弁がありました。  また委員から,市の制度融資の効果がなかった事例はあるかとの問いがあり,理事者から,市の制度融資を利用して返済不能となった事例は幾つかあるとの答弁がありました。  これに対して委員から,支援が必要な事業者に的確に対応し,効果的に運用してほしいとの意見がありました。  次に,農業を支える施策について理事者から,国の農業施策見直しにより,農業を足腰の強い産業としていくための産業政策と農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域政策を推進する農林水産業・地域の活力創造プランが取りまとめられた。米政策の見直しにより,米の生産過剰や米価の変動が懸念されるが,福井米の高付加価値化や大麦,大豆,ソバ,野菜等を組み合わせた水田農業を推進し,農家所得の安定を図る。また,本市は,稲作に特化した生産農家が極めて多く,米価低迷が農業経営に影響を与えていることから,園芸振興による農業経営の複合化推進を図るとの報告がありました。  これらの報告に対して委員から,農業経営の複合化推進は米価が安定していた時代の農家の収入に近づくことができるのかとの問いがあり,理事者から,米価は今後も低迷が見込まれ,稲作だけに特化した農業経営はかなり苦しい。園芸農業を少しでも取り入れて農家所得の安定につなげていきたいとの答弁がありました。  また委員から,園芸農業の振興について,もともと水田であった土地に園芸作物を栽培するには排水が重要であり,土壌の状態によっては生産推奨品目を栽培できない。行政側の適切な指導が必要と考えるが,市はどのような取り組みをしているのかとの問いがあり,理事者から,生産推奨品目はJAや福井県農林総合事務所とともに取りまとめたものであり,栽培においても県等の技術指導を仰ぎながら,生産推奨に取り組みたいとの答弁がありました。  以上が当委員会での調査経過の概要でありますが,当委員会は今後も継続してこれら諸問題の調査研究に当たることに決しましたので,議員各位の御賛同をお願い申し上げます。  なお,去る6月2日,本市の産業活力の向上について調査するため,中心市街地の産業の核となる西武福井店の本社である株式会社そごう・西武を訪問し,活発な意見交換をしてまいりましたことを申し添えて報告を終わります。 ○議長(吉田琴一君) 次に,議会改革特別委員長 21番 青木幹雄君。  (21番 青木幹雄君 登壇) ◆21番(青木幹雄君) 去る3月定例会において継続調査となりました議会改革に関する諸問題を調査するため,5月20日に委員会を開催いたしましたので,その調査経過の概要について御報告申し上げます。  今回の委員会では,予算特別委員会のあり方について検討を行いました。予算の審査については,前回の委員会において,現在行われている予算特別委員会の審査方法を変更しないで総括質疑の実施回数の変更を検討することとしましたので,今回,複数の案を提示し,課題等について検討しました。  協議の中では,総括質疑の回数を変更すべきではないという意見として,総括質疑を3月と9月の2回にすることは予算・決算常任委員会を設置する前提で検討したものであり,その前提がなくなっている。市政に対するチェック機能を高め,市民に開かれた議会という議会が目指すべき姿に逆行するなどの意見が出されました。  また,総括質疑の回数を変更したほうがよいという意見として,一般質問を一問一答方式に変更したことなど,これまでのいろいろな変遷を踏まえて,時代の流れに応じた形に見直す必要があるなどの意見が出されました。  その結果,提示された予算審査の案を一旦各会派に持ち帰り,会派内で協議してもらった上で,再度,委員会において検討を行うこととなりました。  以上が当委員会での調査経過の概要でありますが,当委員会は今後も継続してこれら諸問題の調査研究に当たることに決しましたので,議員各位の御賛同をお願い申し上げ,報告を終わります。 ○議長(吉田琴一君) 以上をもちまして各特別委員長の報告は全部終了しました。  ただいまの報告に対し,質疑を許可します。  (「なし」と呼ぶ者あり)  御質疑なしと認めます。よって,質疑を終結します。  お諮りします。  各特別委員会の付託案件につきましては,各委員長の報告どおり継続調査と決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  なお,ただいま継続調査と決しました各特別委員会の付託案件につきましては,閉会中も調査をお願いします。  ここで暫時休憩します。              午後3時7分 休憩 ──────────────────────              午後3時25分 再開 ○副議長(野嶋祐記君) 休憩前に引き続き本会議を再開します。  ただいま議長 吉田琴一君から議長の辞職願が提出されました。  お諮りします。  この際,議長辞職の件を日程に追加し,議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  まず,その辞職願を事務局に朗読させます。  (事務局朗読)          辞職願  今般一身上の都合により議長を辞職したいので,地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。    平成26年6月5日           福井市議会議長 吉田琴一  福井市議会副議長 野嶋祐記殿 ○副議長(野嶋祐記君) お諮りします。  吉田琴一君の議長辞職を許可することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○副議長(野嶋祐記君) ただいま議長が欠員となりました。  お諮りします。  この際,議長の選挙を日程に追加し,選挙を行いたいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  それでは,議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。  (議場閉鎖) ○副議長(野嶋祐記君) ただいまの出席議員は31名であります。  投票用紙を配付させます。  (投票用紙配付) ○副議長(野嶋祐記君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり)
     配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。  (投票箱点検) ○副議長(野嶋祐記君) 異状なしと認めます。  ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,点呼に応じて順次投票願います。  記載は前の記載台でお願いします。  点呼を命じます。  (事務局より氏名点呼,投票) 1番 中村 綾菜君  2番 田中 義乃君 3番 後藤 裕幸君  4番 伊藤 洋一君 5番 玉村 正人君  6番 片矢 修一君 7番 藤田  諭君  8番 村田 耕一君 9番 泉  和弥君  10番 谷本 忠士君 11番 堀江 廣海君  12番 奥島 光晴君 13番 峯田 信一君  14番 鈴木 正樹君 15番 島川由美子君  16番 下畑 健二君 17番 田村 勝則君  19番 今村 辰和君 20番 石丸 浜夫君  21番 青木 幹雄君 22番 西本 恵一君  23番 野嶋 祐記君 24番 堀川 秀樹君  25番 見谷喜代三君 26番 皆川 信正君  27番 谷口 健次君 28番 宮崎 弥麿君  29番 吉田 琴一君 30番 山口 清盛君  31番 加藤 貞信君 32番 西村 公子君 ○副議長(野嶋祐記君) 投票漏れはございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり)  投票漏れなしと認めます。よって,投票を終了します。  議場の閉鎖を解きます。  (議場開鎖) ○副議長(野嶋祐記君) これより開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により,立会人に泉和弥君,片矢修一君,伊藤洋一君を指名します。よって,3名の方の立ち会いをお願いします。  (開票) ○副議長(野嶋祐記君) 選挙の結果を報告します。  投票総数 31票  これは先ほどの出席議員数に符合しております。  そのうち,有効投票 31票,無効投票 0票,有効投票中 今村辰和君 29票,西村公子君 2票。  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は8票であります。よって,今村辰和君が議長に当選されました。  ただいま議長に当選されました今村辰和君が議場におられますので,会議規則第32条第2項の規定により,本席から当選の告知をします。  ただいま議長に当選されました今村辰和君から御挨拶を受けることにします。 ◆19番(今村辰和君) 御参会いただいております議員並びに理事者の皆様方に一言御礼とお願いの御挨拶を述べさせていただきます。  ただいまは,多数の皆様方の御賛同をいただき,福井市議会議長を拝命させていただきましたことに対し,身に余る光栄と,改めまして感謝と御礼を申し上げる次第でございます。本当にありがとうございました。  御参会いただいております議員,理事者の皆様方も御承知のように,私たちの福井市,大小さまざまな問題が山積しております。国,県レベルの問題も多数ございますが,かいつまんで言いますと,ことし7月には舞鶴若狭自動車道が開通いたします。開通によって中国地方への交通アクセスが大変便利になると同時に,福井県の知名度も高まり,観光誘客の機運も高まってくるのではなかろうかと思います。そして,来春には北陸新幹線が金沢まで開業します。これによっても,北陸ルートで福井県の観光誘客の機運が高まってくるのではなかろうかと思います。平成28年には市民待望の西口再開発ビルがオープンします。そして,平成30年には福井国体が開催されます。福井県を初め,この福井市も数多くの競技会場となっております。全国の皆さんにこの福井をPRできる絶好の機会ではなかろうかと思っております。  北陸新幹線は金沢開業から8年というスパンで敦賀開業するという早期開業について,今,国に本県挙げて陳情しております。また,中部縦貫自動車道の福井北インターチェンジから白鳥インターチェンジ間の工事も着々と進んでいくものと思っております。また,足羽川ダムは,先般,総会でもお話がございましたように,平成三十七,八年ごろの完成にめどが立つという報告もございます。  こうして,5年先,10年先を見ますと,私はこの福井県,福井市が大きくさま変わりするのではなかろうかと思うと同時に,やはり若い人が帰ってきたくなるまちづくり,そして私たちの子や孫が安全で安心して定住できるまちづくり,そういうまちづくりをすることが,私たち議員に与えられた責務ではなかろうかと思うと,これからの5年,10年は非常に大切な時期ではなかろうかとも思っております。これらの諸問題を,議員の皆様方,そして理事者の皆様方の御指導,御助言を仰ぎながら,一つ一つ解決に努めてまいりたいと思います。  終わりに当たりまして,議員並びに理事者におかれましては,時には叱咤激励等も頂戴しながら,円満な対話を持った議会運営,市政推進に頑張ってまいりたいと思うところでございます。任期は限られておりますが,どうか議員の皆様方には,何とぞよろしく御支援,御協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げ,一言御礼とお願いの御挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手) ○副議長(野嶋祐記君) 次に,このたび議長を辞職されました吉田琴一君から御挨拶を受けることにします。 ◆29番(吉田琴一君) 一言御礼の御挨拶を申し上げたいと思います。  昨年の9月3日の議長選に当たりまして,皆様方の温かい御推挙によりまして第69代目の議長をさせていただきました。その間,ちょうど丸9カ月,本当に短い期間でありましたが,私なりに精いっぱい任務を全うさせていただいたつもりでございます。まだまだ余裕はあるわけですけれども,私どもがかねがね申し上げてきましたように,今日まで,議会改革あるいは議会の円滑な運営という基本的な路線を貫いてまいりました。  こと本来ですと,1年が慣例の任期となっておりますから9月まで承るのが本来の筋かもしれませんけれども,6月に議長を交代するというこれまでの慣例もございました。あえて私は,その基本どおりにさせていただき,そして議会の円滑な運営をしていただきたい,そんな思いで,後任に譲ったという,譲ったという言葉は余り適切ではございませんけれども,お願いを託し,これからの頑張りを期待申し上げたいと同時に,私も一議員として精いっぱい応援していきたいと思っております。  ただ,この9カ月という大変短かな期間でございましたけれども,市内外問わず多くの議員さんと交流を深めることができ,そしてまた,新たにそれぞれの地方の議員の活躍ぶり,そんなこともいろいろと勉強させていただきました。今後,福井市にそういったことが導入できるかどうかはわかりませんけれども,精いっぱい学び取ってきたところ,また改革すべきところは大いに意見として申し上げながら,一緒になって汗をかいていきたいと思っております。  ちょうど昨年4月からでございましたけれども,議会基本条例が制定されまして今日に至っているわけでありますが,その間,議員の皆様方の多くの御協力,そして御同意をいただきまして,その基本条例に基づく議会の活性化といいますか,開かれた議会ということで,市民に対する議会報告会や,あるいはまた一問一答方式の導入,加えてこの6月からは新たにインターネット中継,さらには議員が編集に携わる議会広報紙の発刊など,議会の果たす役割というのはますます重要視されてくるわけであります。  これまで皆様方からいろいろと教えをいただきました,その御礼が少しでもできるよう残された期間,精いっぱい汗をかいていきたいと思ったところであります。  また一方,この福井市の問題につきましても,先ほど今村新議長からもお話がありましたように,課題は山積しておりますが,何といっても大きな歯車が回り始めております。県都の顔づくりとして一歩も二歩も先んじて,福井市の行政と,そしてまた議会とが一丸となって,西口再開発ビルの一日も早い完成を目指し,そしてまた議会としてはある面チェック役として,さらに盛り上げた議論を交わしていけるようなバックアップも個人的に考えていきたいと思っているところであります。  これまで大変未熟ではございましたけれども,大きく皆様方に支えていただきました御礼と,あわせて,私の決意の一端を申し上げまして御挨拶にかえさせていただきたいと思います。大変ありがとうございました。お世話になりました。(拍手) ○副議長(野嶋祐記君) それでは,今村議長,議長席にお着き願います。  (野嶋副議長議長席退席,今村議長議長席着席) ○議長(今村辰和君) ここで暫時休憩します。              午後3時52分 休憩 ──────────────────────              午後4時9分 再開 ○議長(今村辰和君) 休憩前に引き続き本会議を再開します。  ただいま副議長 野嶋祐記君から副議長の辞職願が提出されました。  お諮りします。  この際,副議長辞職の件を日程に追加し,議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  まず,その辞職願を事務局に朗読させます。  (事務局朗読)          辞職願  今般一身上の都合により副議長を辞職したいので,地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。    平成26年6月5日          福井市議会副議長 野嶋祐記  福井市議会議長 今村辰和殿 ○議長(今村辰和君) お諮りします。  野嶋祐記君の副議長辞職を許可することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) ただいま副議長が欠員となりました。  お諮りします。  この際,副議長の選挙を日程に追加し,選挙を行いたいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  それでは,副議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。  (議場閉鎖) ○議長(今村辰和君) ただいまの出席議員は31名であります。  投票用紙を配付させます。  (投票用紙配付) ○議長(今村辰和君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり)  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。  (投票箱点検) ○議長(今村辰和君) 異状なしと認めます。  ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,点呼に応じて順次投票願います。  記載は前の記載台でお願いします。  点呼を命じます。  (事務局より氏名点呼,投票)
    1番 中村 綾菜君  2番 田中 義乃君 3番 後藤 裕幸君  4番 伊藤 洋一君 5番 玉村 正人君  6番 片矢 修一君 7番 藤田  諭君  8番 村田 耕一君 9番 泉  和弥君  10番 谷本 忠士君 11番 堀江 廣海君  12番 奥島 光晴君 13番 峯田 信一君  14番 鈴木 正樹君 15番 島川由美子君  16番 下畑 健二君 17番 田村 勝則君  19番 今村 辰和君 20番 石丸 浜夫君  21番 青木 幹雄君 22番 西本 恵一君  23番 野嶋 祐記君 24番 堀川 秀樹君  25番 見谷喜代三君 26番 皆川 信正君  27番 谷口 健次君 28番 宮崎 弥麿君  29番 吉田 琴一君 30番 山口 清盛君  31番 加藤 貞信君 32番 西村 公子君 ○議長(今村辰和君) 投票漏れはございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり)  投票漏れなしと認めます。よって,投票を終了します。  議場の閉鎖を解きます。  (議場開鎖) ○議長(今村辰和君) これより開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により,立会人に泉和弥君,片矢修一君,伊藤洋一君を指名します。よって,3名の方の立ち会いをお願いします。  (開票) ○議長(今村辰和君) 選挙の結果を報告します。  投票総数 31票  これは先ほどの出席議員数に符合しております。  そのうち,有効投票 21票,無効投票 10票,有効投票中 堀川秀樹君 19票,鈴木正樹君 2票。  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は6票であります。よって,堀川秀樹君が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました堀川秀樹君が議場におられますので,会議規則第32条第2項の規定により,本席から当選の告知をします。  ただいま副議長に当選されました堀川秀樹君から御挨拶を受けることにします。 ◆24番(堀川秀樹君) 一言御礼の御挨拶をさせていただきます。  今ほどは福井市議会副議長として御指名いただきましてまことにありがとうございました。とても意気に感じておる次第でございます。  先ほど新しく議長になられました第70代今村議長におかれましては,先ほどの御挨拶の中で御自分のビジョンを述べられました。そのビジョン一つ一つを実現していくために,一生懸命補佐として頑張っていきたいと思いますので,どうかよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手) ○議長(今村辰和君) 次に,このたび副議長を辞職されました野嶋祐記君から御挨拶を受けたいと存じます。 ◆23番(野嶋祐記君) 私としては,見谷議長,そして先ほど辞職されました吉田議長の2代の議長にお仕えすることができました。本当に2年間,皆様方には大変お世話になり,私なりに精いっぱいやったつもりではございますけれども,本当にこうして2人の議長にお仕えできましたことに心より感謝を申し上げたいと思っております。  また,新しく今村議長,そしてまた堀川副議長が誕生されました。2人,しっかりタッグを組んで,御奮闘いただきますことを祈念申し上げたいと思います。  また,理事者の皆様方にも大変お世話になりまして,この場をかりまして厚く御礼を申し上げたいと思います。  最後になりますけれども,私も一議員として,これから残された期間,また精いっぱい頑張ってまいりたいと思っておりますので,皆様方に重ねて心より感謝を申し上げ,お礼の言葉とさせていただきたいと思います。大変お世話になりました。ありがとうございました。(拍手) ○議長(今村辰和君) ここで暫時休憩します。              午後4時27分 休憩 ──────────────────────              午後4時54分 再開 ○議長(今村辰和君) 休憩前に引き続き本会議を再開します。  この際,あらかじめ会議時間を延長します。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) 次に,日程4 各常任委員会委員の選任についてを議題とします。  お諮りします。  各常任委員会委員の選任につきましては,委員会条例第8条第1項の規定により議長から指名したいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  それでは,各常任委員会委員の氏名を事務局に朗読させます。  (事務局朗読) 〇総務委員会 2番 田中 義乃君  3番 後藤 裕幸君 7番 藤田  諭君  8番 村田 耕一君 24番 堀川 秀樹君  27番 谷口 健次君 29番 吉田 琴一君  32番 西村 公子君 〇建設委員会 1番 中村 綾菜君  4番 伊藤 洋一君 9番 泉  和弥君  17番 田村 勝則君 22番 西本 恵一君  25番 見谷喜代三君 28番 宮崎 弥麿君  31番 加藤 貞信君 〇教育民生委員会 6番 片矢 修一君  10番 谷本 忠士君 14番 鈴木 正樹君  15番 島川由美子君 19番 今村 辰和君  20番 石丸 浜夫君 21番 青木 幹雄君 〇経済企業委員会 5番 玉村 正人君  11番 堀江 廣海君 12番 奥島 光晴君  13番 峯田 信一君 16番 下畑 健二君  23番 野嶋 祐記君 26番 皆川 信正君  30番 山口 清盛君 ○議長(今村辰和君) 以上の諸君を各常任委員会委員に選任することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) 次に,日程5 議会運営委員会委員の選任についてを議題とします。  お諮りします。  議会運営委員会委員の選任につきましては,委員会条例第8条第1項の規定により,議長から指名したいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  それでは,議会運営委員会委員の氏名を事務局に朗読させます。  (事務局朗読) 〇議会運営委員会 4番 伊藤 洋一君  5番 玉村 正人君 6番 片矢 修一君  10番 谷本 忠士君 16番 下畑 健二君  20番 石丸 浜夫君 21番 青木 幹雄君  25番 見谷喜代三君 26番 皆川 信正君  27番 谷口 健次君 ○議長(今村辰和君) 以上の諸君を議会運営委員会委員に選任することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) 次に,日程6 予算特別委員会委員の選任についてを議題とします。  このほど予算特別委員会委員のうち,8番 村田耕一君,9番 泉和弥君,11番 堀江廣海君,13番 峯田信一君,16番 下畑健二君,19番 今村辰和,21番 青木幹雄君,24番 堀川秀樹君,26番 皆川信正君,32番 西村公子君,以上10名の諸君から辞任願が提出されましたので,委員会条例第14条の規定により議長において許可しました。  お諮りします。  ただいま欠員となっております予算特別委員会委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,議長から指名したいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)
     御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。  それでは,指名します。  2番 田中義乃君,3番 後藤裕幸君,4番 伊藤洋一君,5番 玉村正人君,6番 片矢修一君,14番 鈴木正樹君,15番 島川由美子君,22番 西本恵一君,25番 見谷喜代三君,27番 谷口健次君,以上10名の諸君を予算特別委員会委員に選任することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) ここでお知らせします。  正副委員長互選のため,議会運営委員会,各常任委員会及び予算特別委員会をこの後の休憩時に開催します。  まず,議会運営委員会を第2委員会室で開催した後,総務委員会を第1委員会室,建設委員会を第2委員会室,教育民生委員会を第3委員会室,経済企業委員会を第4委員会室でそれぞれ開催します。  さらにその後,予算特別委員会を特別会議室で開催します。  ここで暫時休憩します。              午後5時0分 休憩 ──────────────────────              午後5時57分 再開 ○議長(今村辰和君) 休憩前に引き続き本会議を再開します。  休憩中に開催されました各常任委員会,議会運営委員会及び予算特別委員会におきまして,正副委員長の互選が行われましたので,その結果を御報告します。  総務委員長 後藤裕幸君,副委員長 田中義乃君,建設委員長 泉和弥君,副委員長 伊藤洋一君,教育民生委員長 島川由美子君,副委員長 片矢修一君,経済企業委員長 堀江廣海君,副委員長 皆川信正君,議会運営委員長 見谷喜代三君,副委員長 石丸浜夫君,予算特別委員長 石丸浜夫君,副委員長 玉村正人君,以上であります。  ただいま各常任委員長及び議会運営委員長から,委員会条例第2条第2項及び地方自治法第109条第3項に掲げる事項について,今期委員の任期中,閉会中も継続して所管事務調査を行いたい旨の申し出がありました。  この際,各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件を日程に追加し,議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) それでは,各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査についてを議題とします。  お諮りします。  本件は各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり,閉会中も継続して所管事務の調査を行うことに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決しました。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) 次に,日程7ないし日程48を会議規則第35条の規定により一括議題とします。  事務局朗読は省略します。  提出者の提案理由の説明を求めます。  (市長 東村新一君 登壇) ◎市長(東村新一君) 本日ここに平成26年6月福井市議会定例会が開会され,各種の重要案件の御審議をいただくに当たり,提案いたしました補正予算案の概要等につきまして御説明申し上げます。  さて,今月28日,不死鳥のねがい(福井市市民憲章)が制定されてから50周年を迎えます。  この不死鳥のねがいの5つの憲章文には,戦災を初め,震災,水害とたび重なる災害,災禍を乗り越え,復興をなし遂げた先人のまちづくりへの思いが込められております。  50年の節目となることし,新たな実践目標を設定いたしましたが,今後も,市民の皆様と行政が同じ目標を持ち,それぞれが役割を担いながら協力し,目標の実現に向けて真摯に取り組むことで,先人が残したこのすばらしい福井市をさらに発展させてまいりたいと考えております。  ところで,国が発表した5月の月例経済報告では,先月に引き続き,景気は緩やかに回復基調が続いているが,消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動により,このところ弱い動きも見られるとの景気判断が示されております。  一方,先行きについては,当面は弱さが残るものの,次第に消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動の影響が薄れ,各種政策の効果もあり,緩やかに回復していくことが予想されております。  本市といたしましても,公共工事等の早期発注に努めるとともに,国や県と連携し,市民生活の安全・安心の確保と地域経済の活性化に向けた各種施策に着実に取り組んでまいります。  それでは,6月補正予算案について御説明申し上げます。  このたびの補正予算案は,国,県の補助金の内示等に対応するもののほか,新たな事業を展開するために予算措置が必要になったものについて計上いたしました。  今回の補正予算案の規模は,一般会計で36億9,434万5,000円,福井駅周辺整備特別会計で1億6,738万8,000円,下水道事業会計で1億875万3,000円を追加するもので,これらを合わせますと,補正後の予算額は一般会計で1,095億3,934万5,000円,特別会計で757億7,438万8,000円,企業会計で302億7,075万3,000円,全会計では2,155億8,448万6,000円となります。  その主な事業の内容につきまして,順次,御説明申し上げます。  第1に,国,県補助関連事業でございます。  円滑かつ着実な事業推進のため国に要望してまいりました事業の補助内示を受け,事業費を増額いたします。  また,県の補助制度の拡大に伴い,所要額の補正を行います。  まず,福井駅西口中央地区市街地再開発事業につきましては,再開発組合への補助及び多目的ホールなど市施設の整備に35億889万2,000円を増額し,事業推進を図ってまいります。  また,福井駅周辺土地区画整理事業につきましては,福井駅西口交通広場の整備に1億6,738万8,000円を増額します。  また,下水道整備事業につきましては,汚水管布設工事及び老朽化した施設の更新費用に1億875万3,000円を増額し,事業進捗を図るものです。  さらに,消防法施行令の改正に伴い,小規模多機能型居宅介護事業所及びサービスつき高齢者向け住宅における防火安全対策を図るため,4,005万8,000円を計上し,スプリンクラー等の整備を支援します。  加えて,交流人口の拡大と地域の活性化を図るため,市内で合宿を行う県外の学生団体に対する宿泊補助に加え,合宿に合わせて行う地域交流活動に対する支援として320万円を追加します。  第2に,その他の事業の補正です。  平成26年10月からの定期予防接種化の決定を受け,成人用肺炎球菌と水痘ワクチンの接種に要する費用1億3,000万円を計上し,疾病の発症及び蔓延,重症化予防を図ってまいります。  また,本年3月に策定した福井市街路樹指針に基づき,倒木の危険回避や美しい並木道を創出するため,街路樹の健康診断及び更新,植栽に要する費用900万円を計上します。  以上が今回の補正予算案の内容であります。  なお,一般会計における財源としては,国庫支出金で15億1,180万3,000円,県支出金で1億3,354万9,000円,繰越金で2億4,649万3,000円,市債で18億250万円を追加するものです。  予算案以外の議案及び報告につきましては,それぞれ提案理由の記載に基づき,御提案した次第です。  細部に関しましては,いずれも一般質問あるいは各委員会での審議等におきまして詳細に御説明申し上げたいと存じます。何とぞ十分に御審議の上,妥当な御議決を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(今村辰和君) ただいま説明のありました第40号議案ないし第53号議案,第1号報告ないし第28号報告について質疑を許可します。  (「なし」と呼ぶ者あり)  御質疑なしと認めます。よって,質疑を終結します。 ────────────────────── ○議長(今村辰和君) 次に,日程49を議題とします。  事務局に朗読させます。  (事務局朗読)  日程49 請願第21号 日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める意見書提出について ○議長(今村辰和君) それでは,先ほど上程しました第40号議案ないし第53号議案,第1号報告ないし第5号報告,請願第21号については,お手元に配付しました付託案件表のとおり,それぞれ所管の常任委員会及び予算特別委員会に付託します。  〔付託案件表は本号末尾参照〕  なお,第6号報告ないし第28号報告については,関係法の規定により議会に提出,報告するだけでよいことになっておりますので,御了承をお願いします。  以上で本日の議事日程は全部終了しました。  これをもちまして散会します。              午後6時8分 散会  地方自治法第123条第2項の規定により,本会議の顛末を証するため,ここに署名する。 福井市議会議長                   平成  年  月  日 福井市議会議長                   平成  年  月  日 福井市議会副議長                  平成  年  月  日 署名議員                      平成  年  月  日 署名議員                      平成  年  月  日 △〔参照〕
                   付 託 案 件 表          総    務    委    員    会 番 号件            名第44号議案福井市市税賦課徴収条例等の一部改正について第48号議案福井市火災予防条例の一部改正について第2号報告専決処分の承認を求めることについて (福井市地域交流プラザの指定管理者の指定について)請願第21号日本政府に核兵器全面禁止のための決断と行動を求める意見書提出について          建    設    委    員    会 番 号件            名第46号議案福井市下水道事業の設置等に関する条例の一部改正について第47号議案福井市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例及び福井市公共下水道事業及び九頭竜川流域関連福井市公共下水道事業に係る分担金に関する条例の一部改正について第49号議案工事請負契約の締結について (駅補11号西口駅前広場シェルター新築工事)第50号議案工事請負契約の締結について (駅補12号西口駅前広場整備工事)          教   育   民   生   委   員   会 番 号件            名第45号議案福井市市税賦課徴収条例の一部改正について第51号議案製造請負契約の締結について (福井市自然史博物館分館展示物等設計製作業務)第52号議案工事請負契約の変更について (明道中学校校舎改築工事)第1号報告専決処分の承認を求めることについて (福井市市税賦課徴収条例の一部改正)(継続審査案件)  陳情第18号ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書提出について          経   済   企   業   委   員   会 番 号件            名第43号議案福井市西口中央地区市街地再開発ビル観光物産館の設置及び管理に関する条例の制定について第53号議案福井市国民宿舎鷹巣荘の指定管理者の指定について(継続審査案件)  陳情第17号労働者保護ルール改悪反対を求める意見書提出について          予   算   特   別   委   員   会 番 号件            名第40号議案平成26年度福井市一般会計補正予算第41号議案平成26年度福井市福井駅周辺整備特別会計補正予算第42号議案平成26年度福井市下水道事業会計補正予算第3号報告専決処分の承認を求めることについて (平成25年度福井市一般会計補正予算)第4号報告専決処分の承認を求めることについて (平成25年度福井市宅地造成特別会計補正予算)第5号報告専決処分の承認を求めることについて (平成26年度福井市国民健康保険特別会計補正予算)...