運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福井市議会 2014-05-23
    平成26年 5月23日 建設委員会-05月23日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成26年 5月23日 建設委員会 − 05月23日−01号 平成26年 5月23日 建設委員会 − 05月23日−01号 平成26年 5月23日 建設委員会                建設委員会 顛末書                              平成26年5月23日(金)                                  第2委員会室                                午後1時30分 開会 ○今村委員長 ただいまから建設委員会を開会します。  それでは、先日開催しました議会報告会において、市民からいただいた要望、質問に対する対応についてを協議します。  まず、要望、質問に対する対応の流れにつきまして、事務局から説明させます。 ◎毛利議事調査課主事 それでは、議会報告会における質問等に対する対応の流れについて御説明申し上げます。  まず、先日の議会報告会で市民からいただいた質問等につきましては、5月12日の広報広聴部会で所管の委員会に振り分けております。そのうち、本委員会の所管する部局に関係する要望、質問の一覧につきまして、事前に資料として配付させていただきました。  これらについて、委員会で御協議いただきます。  資料の1ページから3ページの9番までは要望事項となっておりまして、理事者に申し送るか、または議会として政策立案等の検討をするかを決めていただきます。  4ページの10番以降は質問事項となっておりまして、報告会の場ですでに回答済みのものと、その場では回答できなかったため、後日理事者に確認したものとがございます。これらについて、内容を御確認いただきます。  各委員会で決定していただいた結果は再び広報広聴部会に集約しまして、議長に報告し、理事者に申し送るものは議長を通じて申し送ります。そして、いただいた要望、質問及びその回答については、ホームページや市議会だよりを通じて市民に公表するという流れになります。 ○今村委員長 それでは、資料をごらんください。  本委員会が所管する部局に関する要望、質問の一覧が記載されております。これらにつきまして、内容を理事者に申し送るかどうか、もしくは議会で検討するかどうかを御協議いただきたいと存じます。  まず、要望事項についてです。資料は事前にお配りしておりますので事務局朗読は省略します。これらの要望について、議会として特に意見がなければこの内容で理事者に申し送りたいと存じますが、御意見はございませんか。
    ◆青木委員 いいと思います。 ◆下畑委員 理事者への申し送りでいいと思います。 ○今村委員長 ほかにないようですので、この内容で理事者に申し送らせていただきます。  次に、質問事項についてです。各質問に対する議会としての回答について、特に意見がなければこの内容で御了承いただきたいと存じますが、御意見はございませんか。 ◆下畑委員 越廼地区もそうですし麻生津地区でも土地を提供したにもかかわらず固定資産税がかかっているという話が出ています。自治会からそれを要望して優先順位を決めて市が対応するということですかね。たくさんあってなかなか手が回らないということですけれども、やはりこれが現状ですか。こういう回答でいいんですかね。 ◆西村委員 それは私が回答するために担当課へ行って聞きましたので、今おっしゃったとおりです。市は、たくさんあるのでどれぐらいあるかも今のところ把握できていないということです。余りにもたくさんあるから自治会から上がってきた分を順次対応しているという話をされていました。 ○今村委員長 それは麻生津地区についてですか。 ◆西村委員 私が出たのは越廼地区ですので、その回答をつくるために市の担当課へ尋ねたということです。 ○今村委員長 そのときに説明していただけたのですか。 ◆西村委員 私は聞いて、担当課に御本人へ直接連絡するように話しました。 ○今村委員長 回答は済んでいるということですね。 ◆西村委員 はい、依頼しました。 ◆下畑委員 そういった現状を一般質問でも取り上げられたことがあったと思います。やはりどうしても道路を広げたくて土地を提供してもらわないといけない場合ってありますよね。そういうときに固定資産税の減免を説明していないのでしょうね。 ◆堀川委員 結局、部署によってその問題意識がなく、道路課でもそういったことが全く頭にないです。税制についての横のつながりというか、道路がこうなったので、これについても変更してくださいとは言わないというのが現状としてあって、そういったことが世の中にいっぱいあるわけです。それを今回のように指摘されるまで気がつかないということはいっぱいあって、なおかつその都度言われて改善しているけれど、市から調査はしない。なので、これからもどんどん出てくるし、調査をする人足が足りないと言われればそのままになってしまうけれど、実は土地家屋調査士からも業界を挙げてそういった提案があって、手が足りないならそれを受託してやるからどうですかということも言われているのに、市は動こうとしていない。なおかつ、それは費用がかかるからと言うけれど、実際はこういったケースばかりではなくて、市民側が勝手に家を建てかえたりして違う用途に使っていることによって課税対象になるケースも出てくる。それを土地家屋調査士が調べて福井市に提案して税金を徴収することもできるので、プラスマイナスでいうとプラス面のほうが多いのに、何でしないのかという土地家屋調査士側の意見もあります。それを議員は何遍も議会で質問しているけれど改善されていないからこうやって質問が出てくる。 ◆下畑委員 そうですね。 ○今村委員長 下畑委員の御質問については、西村委員が理事者に確認されて、そして理事者から御本人さんに回答をしていただいているということですね。 ◆西村委員 はい。 ◆堀川委員 続けますと、今のことに関しては解決しているけれど、根底となっている大もとの問題点は解決していないので、委員会としてそれを解決するよう求めることもこの中に盛り込んでおいたほうがいいと思います。 ○今村委員長 それをつけ加えるということですね。 ◆西村委員 少し前に、こういった件に関して国のほうも予算化するということが報道されたように思ったんですが、そうではなかったですか。 ○今村委員長 そこまでは確認しておりません。 ◆西村委員 やはり余りにも全国的に問題があるということで、先ほどおっしゃったように自治体が消極的です。積極的ではないという点が今のところの問題なので進んでいないようなことを聞いた記憶があるんです。それなら、今さっきおっしゃたようにやはり理事者にももっと積極的に進めてほしいということを提案したほうがいいのではないかと思います。 ○今村委員長 委員会としての提案ですね。 ◆堀川委員 そうしましょう。 ◆石丸委員 測量するとかで相当費用がかかりますね。私の地元でも6メートルの幅があって市道に認定するような道については行政が対応してくれるんですけれども、そうではないと測量から何から相当お金がかかると自治会から聞いています。 ○今村委員長 大変な作業と経費がかかるということで、おくれぎみになっているということですね。さらに細かく調査していただくという形で委員会からの要望事項として取り扱いますか。 ◆石丸委員 スムーズにやってもらうようにしましょう。そうでないと、固定資産税等のいろんな問題が出てくるので。 ◎小林議事調査課長 済みません。お手元の資料6ページ、16番、麻生津地区の質問に対する回答の欄が「持ち帰り検討する」という文面になっているかと思いますが、持ち帰って検討するという形になりますと、議会のほうで検討するというような形に捉えられると思います。次ページにも「持ち帰り検討する」という回答があるんですけれども、例えば「持ち帰って確認する」というような修正をかけてよろしいでしょうか。 ○今村委員長 そうですね。我々もいただいた意見に対して即答できない場合は持ち帰って検討して、また確認できた事項に対しては御本人に御返事させていただきますということで対応してきました。 ◆石丸委員 検討と確認では違いますね。 ○今村委員長 確認でいいですね。 ◆青木委員 ほかの委員会ではその字句はどうですか。 ○今村委員長 ほかの委員会の文言はどうなっていますか。 ◆青木委員 やりやすいようにしてもらえばいいんですけれど。 ◆西村委員 例えば6ページの15番、越廼地区ですと「確認をして回答したい」というふうになっているから、調査結果を調べて事務局に伝えたんですけれども、そういうふうに変えていただければいいと思います。 ○今村委員長 「確認して回答する」というほうが、相手にとっても確約がとれるからいいかもしれません。検討しただけでその後の対応はどうなるのかということもあります。 ◆西村委員 議会で検討ということと、市で検討ということとは違います。ちょっとその辺が誤解されやすいということがありますので、「確認して回答したい」や、「調査をして回答します」とかにしてはどうですか。 ○今村委員長 委員会や本会議にかけるのではなくて、担当部局に聞いて正しい返事をするんだから、「確認して回答する」というような文言のほうがいいかもかしれません。「持ち帰り検討する」ってどこで検討するのか、またどういうふうに相手に対応するのかということもわからないから、「持ち帰って確認して回答する」というほうが正確さは出ますね。  そういう形でこの文言を変えますか。 ◆堀川委員 私は麻生津の会場で司会をしていましたので、「持ち帰り検討する」という意味について申し上げますと、そこでは回答できないので持ち帰らせていただきますということです。検討するというのは、一度このことを議会の中でもむのか、もしくは理事者のほうへ送るのかということを検討するという意味で言っているんです。ですから、受け取り方にもよりますが、言っていることは間違いないと思ってそういうふうに言いました。 ○今村委員長 どちらにしても趣旨は一緒なんだけれど、解釈の仕方がどうかということですね。 ◆堀川委員 それともう一つ。回答についても、議会改革特別委員会では個人的な回答はしませんというふうになっていたんです。けれども、現状としてはああいう感じで積極的に意見を述べられた方に対して、広報紙なりで回答しますというわけにいかないのが現状ですので、議会改革特別委員会でそれも検討しないといけないと思います。そのときには特に税金のことで不利益を受けている人ですと速やかに回答しないといけないので御住所をお聞きしてちゃんと回答しますと言っていますが、次回からその辺のところを明確にしていただけるといいかと思います。意見を述べられた方にちゃんと回答するのかしないのかというところは、今はあやふやでしょう。そこをちょっと検討してほしい。これは議会改革特別委員会に投げかけておいてください。 ◆青木委員 広報広聴部会です。 ◆堀川委員 議会改革特別委員会でどうするかを決めて、広報広聴部会がそれに従って動いているわけでしょう。 ◆下畑委員 この件については、議会改革特別委員会からは離れたんです。 ◆堀川委員 広報広聴部会ですか。 ◆青木委員 現状はこうだということで、それで議会運営委員会で検討してもらおうということですか。 ○今村委員長 広報広聴部会へ報告して、それからまた議会運営委員会とかで協議するような格好になるのではないですか。 ◎小林議事調査課長 建設委員会でこういう意見があったということは、来週月曜日に広報広聴部会がありますので、その中で出してもらって、そこで皆さんの意思統一というか、同じ方向性を持った議会報告会にしていただければと思います。 ◆堀川委員 そのようにお願いします。 ○今村委員長 ほかにありませんか。  (「なし」の声あり) ○今村委員長 ほかにないようですので、この内容で御了承願います。  本日の協議事項は以上でございます。  ただいまの御協議いただいた結果につきましては、広報広聴部会に報告させていただきます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午後1時49分閉会...