運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福井市議会 2014-05-23
    平成26年 5月23日 教育民生委員会-05月23日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成26年 5月23日 教育民生委員会 − 05月23日−01号 平成26年 5月23日 教育民生委員会 − 05月23日−01号 平成26年 5月23日 教育民生委員会               教育民生委員会 顛末書                              平成26年5月23日(金)                                  第4委員会室                                午前10時01分開会 ○宮崎委員長 ただいまから教育民生委員会を開会します。  なお、中村委員から本日の委員会を欠席したいとの連絡がございましたので御報告します。  それでは、先日開催しました議会報告会において、市民からいただきました要望、質問に対する対応についてを協議します。  まず、要望、質問に対する対応の流れにつきまして、事務局から説明させます。 ◎秦議事調査課主査 それでは、議会報告会における質問等に対する対応の流れについて御説明申し上げます。  まず、先日の議会報告会で市民からいただいた質問等につきましては、5月12日の広報広聴部会で所管の委員会に振り分けております。そのうち、本委員会の所管する部局に関係する要望、質問の一覧につきまして、事前に資料として配付させていただきました。  これらについて、委員会で御協議いただきます。  資料の1ページから3ページの9番までは要望事項となっておりまして、理事者に申し送るか、または議会として政策立案等の検討をするかを決めていただきます。  4ページ10番以降は質問事項となっておりまして、報告会の場で回答済みのものと、その場では回答できなかったため、後日理事者に確認したものとがございます。これらについて、内容をご確認いただきます。  各委員会で決定していただいた結果は再び広報広聴部会に集約しまして、議長に報告し、理事者に申し送るものは議長を通じて申し送ります。そして、いただいた要望、質問及びその回答については、ホームページや市議会だよりを通じて市民に公表するという流れになります。 ○宮崎委員長 それでは、資料をごらんください。  本委員会が所管する部局に関係する要望、質問の一覧が記載されております。これらにつきまして、内容を理事者に申し送るかどうか、もしくは議会で検討するかどうかを御協議いただきたいと存じます。
     まず、要望事項についてです。資料は事前にお配りしておりますので事務局朗読は省略します。これらの要望について、議会として特に意見がなければこの内容で理事者に申し送りたいと存じますが、御意見はございませんか。  要望は2点です。 ◆青木委員 申し送りしてもらえば結構かと思います。 ○宮崎委員長 別にないようでございますので、この内容で理事者に申し送らせていただきます。  それで結構ですか。  (「はい」の声あり) ○宮崎委員長 次に、質問事項についてです。各質問に対する議会としての回答について、特に意見がなければこの内容で御了承いただきたいと存じますが、御意見はございませんか。  既にほとんど回答はしていますけれども。 ○野嶋副議長 3番、4番だけですよね。 ○宮崎委員長 そうです。あとは全部回答しております。 ○野嶋副議長 あとは回答済みになっていますからね。 ○宮崎委員長 回答済みの意見のことを言われてもどうにもならない。 ○吉田議長 10番の回答は「持ち帰って検討する」となっています。それが済みとなっていますけれども、どうもその理屈がわかりません。 ○宮崎委員長 県のことなので市としては答えられないということです。 ○吉田議長 そういうことですか。 ○宮崎委員長 それだけのことです。 ○吉田議長 持ち帰って検討とありますが、「検討」は要らないのですね。 ○宮崎委員長 検討も何もないんです。県に伝えて県から答えてもらって終わりでしょう。 ◆堀江委員 何かそういうことを言っていましたね。 ○宮崎委員長 会場は旭公民館でしたが、その場では県へ言っておきますと言っていました。 ◆堀江委員 もちろん県の内容でしたけれども、その方は大分きつい口調で言っていました。 ○宮崎委員長 所管が違うことを議会報告会で取り扱って答えるというのもおかしな話です。何でも言ってきて、県や国のことまで、内閣総理大臣に対することまで言ってきてもどうにもなりません。伝えておきますとしか答えようがないんです。 ○吉田議長 それはどなたか知りませんが、名前はお聞きしたのでしょう。どなたが言ったのかというのはわかるのでしょう。市から県へそのことを言ったのであれば、県のどこの所管へ申し伝えましたとか、何かそのような返事はしなくていいのですか。どのように回答したのかはわかりませんが。 ○宮崎委員長 その場では県へ言っておきますという程度のものでした。そんなに難しいことではなかったです。 ◆堀江委員 たしか渡辺本爾前教育長がいらっしゃったので、御存じだろうと思います。 ○野嶋副議長 渡辺さんが質問されたのですか。 ◆堀江委員 いいえ、渡辺さんが旭公民館に見えていたので、渡辺さんに聞くと名前はわかるということです。 ○野嶋副議長 そういうことですか。 ◆堀江委員 恐らく教職員関係の方で、どちらかというときついほうです。だから、一般の人とはちょっと違います。 ○吉田議長 質問するときには名前を言っていて、事務局で誰というのがわかるんならその返事はしなくていいのですか。委員会としていいというならそれでいいけれども、一応基本的にはまた後日返事しますとかそういうものではないのですか。 ◆堀江委員 ただ、御本人も県からの通達ということをおっしゃっていましたから。 ○宮崎委員長 県にはまた何かこういう質問があったということだけは伝えておきますということです。県に対する内容なので、市としては本来なら関係ないんです。市へ質問してきても、実際に窓口で聞かれても、実際の取り扱いとしては県へ言っておきますというようなものでしょう。 ○吉田議長 そういう場合もありますから、そう言ったのであれば県のどこへ言いましたということぐらいは言わなくていいのですか。 ○宮崎委員長 本人もその場で市から返事をもらおうとは思っていなかった。私は司会をしていましたけれども、わかりましたと、そんな程度のものでした。 ○吉田議長 その辺の感触ややりとりがわからないからですけれども、ただ、今この10番の回答を見るとそういうふうにするのかと思ったんです。検討すると言っているんですからその結果を言わないといけない。 ○宮崎委員長 こういう質問が出ると検討しますと回答しますが、その中には県へ言うものもあって、県でどうにもならないというならどうにもならないですし、そんな程度のものだと思います。 ○吉田議長 ですから例えばほかの会場なんかでも、質問されましたが回答しにくい。その部分については、持って帰ってまたお返事しますとか、そういうような形でやりとりする場合もありますよね。そういうイメージがあったものですから。 ○宮崎委員長 私も司会をしていて、市の問題については持ち帰って回答は直接担当からしますという回答はしますが、これは県の場合ですから、県の問題には答えにくい。 ◆堀江委員 あの方の質問は旭公民館の会場の班長が克明に記録されていると思います。 ○宮崎委員長 班長は西村議員でした。西村議員はきちんとしているだろうと思います。  とにかく、全然市に関係ないことについては答えにくいというか、答えるのがおかしい。 ○吉田議長 県にかかわることならそうですね。 ○島川副委員長 やはり市民の方が読んで、ああ、そうなのかとわかるような形に文章を変えるということで、ここを直したほうがいいのではないかと思いますが、どうでしょうか。 ○宮崎委員長 県へ連絡したので県から回答してもらうようにしましたとすればいいんですけれども。 ◎小林議事調査課長 今お話がありましたように、この回答の文章につきましては、委員長、副委員長に御相談させていただきまして、もう一度見直しをさせていただきます。 ○宮崎委員長 ほかにございませんか。 ○吉田議長 あとはこれでいいのではないですか。 ○宮崎委員長 それなら、もうないということでいいですね。  (「はい」の声あり) ○宮崎委員長 ほかにないようですので、この内容で御了承をお願いします。  10番の文章については少し書きかえるかもしれませんが、こちらに任せてください。よろしくお願いします。  本日の協議事項は以上でございます。  ただいま御協議いただいた結果につきましては、広報広聴部会に報告させていただきます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午前10時14分閉会...