福井市議会 > 2013-09-04 >
平成25年 9月 4日 議会運営委員会-09月04日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2013-09-04
    平成25年 9月 4日 議会運営委員会-09月04日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成25年 9月 4日 議会運営委員会 − 09月04日−01号 平成25年 9月 4日 議会運営委員会 − 09月04日−01号 平成25年 9月 4日 議会運営委員会             議会運営委員会 顛末書                             平成25年9月4日( 水 )                             第 2 委 員 会 室                             午後3時02分  開 会 ○奥島委員長 ただいまから議会運営委員会を開会します。  それでは、次第に従いまして進めさせていただきます。  まず、一般質問の順位についてを議題とします。事務局から説明をお願いします。 ◎小林議事調査課長 それでは、9月定例会の一般質問の順位でございますが、本日正午に通告を締め切りました。お手元に一般質問通告者の一覧がございますが、資料のとおり19人の議員から通告がありました。内訳を申し上げますと、志政会が4人、一真会が5人、市民クラブが4人、公明党が3人、政友会が1人、日本共産党議員団が2人で、合計19人でございます。  そこで質問順位をお決め願うわけですが、これまでの申し合わせにより、1巡目は3人以上の大会派順で行うことになっております。今定例会はローリング方式により、志政会、一真会、市民クラブ、政友会、公明党の順になります。  まず、1番から5番まで各会派から御報告いただきたいと存じます。2巡目以降については抽せんによることになっております。  なお、質問時間については、総括質問時間が20分、2回目以降の一問一答による質問時間が10分となっておりますので、よろしくお願いします。 ○奥島委員長 ただいまの説明に対し、御質問等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○奥島委員長 ないようでございますので、ただいま事務局から説明がありましたとおり、今回、19人の議員から通告がございました。申し合わせにより、1巡目は3人以上の大会派順とします。2巡目以降は抽せんにより順位を決めさせていただきます。  それでは、1巡目の質問議員名をまず志政会、お願いします。 ◆峯田委員 質問議員は、通告順の8番目、議席番号21番、青木幹雄議員でお願いします。
    ○奥島委員長 次に、一真会、お願いします。 ◆泉委員 通告順の2番目、堀江議員でお願いします。 ○奥島委員長 3番目に市民クラブ、お願いします。 ◆堀川委員 通告順位の1番目、村田議員でお願いします。 ○奥島委員長 4番目に政友会ということになりますが、質問議員はお一人ということで、皆川議員でいいですか。 ○皆川副委員長 はい。 ○奥島委員長 それでは、皆川議員でお願いします。  5番目に公明党の西本委員、お願いします。 ◆西本委員 通告順9番の私です。 ○奥島委員長 それでは、今お聞きいただいたとおりの順位でお願いします。  次に、2巡目以降は抽せんとなりますので、くじ棒による抽せんを行います。くじ棒は6番から19番までの14本を用意しております。今ほどの5人を除いた質問者の数に合わせております。  通告順に各会派の代表の方あるいは私がくじを引かせていただき、引いた番号がその通告者の質問順位となります。  それでは、くじを引き、通告者名及び質問順位を読み上げさせていただきます。事務局、お願いします。  (抽せん) ○奥島委員長 確認のため、再度、事務局に読み上げさせます。 ◎小林議事調査課長 それでは、一般質問の質問順位を読み上げます。議席番号、通告議員、質問順位の順で読み上げさせていただきます。8番村田議員、質問順位3。11番堀江議員、質問順位2。4番伊藤議員、質問順位11。19番今村議員、質問順位12。2番田中議員、質問順位6。12番奥島議員、質問順位13。3番後藤議員、質問順位19。21番青木議員、質問順位1。22番西本議員、質問順位5。9番泉議員、質問順位9。24番堀川議員、質問順位17。6番片矢議員、質問順位16。31番加藤議員、質問順位7。16番下畑議員、質問順位14。26番皆川議員、質問順位4。1番中村議員、質問順位10。15番島川議員、質問順位15。14番鈴木議員、質問順位8。32番西村議員、質問順位18でございます。 ○奥島委員長 聞き漏れ等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○奥島委員長 それでは、ただいまの結果のとおり御了承願います。総括質問で20分、2回目以降の一問一答方式による質問時間が10分でございますので、通告された議員へ周知方、よろしくお願いします。  次に、議会役職の変更についてを議題とします。事務局から説明をお願いします。 ◎小林議事調査課長 議会運営委員会委員に変更の届け出がありましたので、お手元の名簿のとおり改めて御確認をお願いいたします。  変更の内容は、志政会の峯田議員と後藤議員が、青木議員と伊藤議員に変更となりました。 ○奥島委員長 ただいまの説明に対し、御質問等はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○奥島委員長 別にないようでございますので、事務局の説明のとおり御了承願います。  次に、その他を議題とします。議長から発言を求められておりますので、許可します。 ○吉田議長 私のほうからは、意見書の提出とJ−ALERT訓練による庁内放送の2点について説明したいと思います。  まず、意見書の提出につきましてですが、地方税財源の充実確保を求める意見書と森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書について説明させていただきます。  最初に、お手元の資料のとおり、全国市議会議長会会長から、8月8日付で地方税財源の充実確保を求める意見書の提出についての依頼がありました。  地方の財政につきましては、社会保障関係費などの財政需要の増加や税収の低迷などにより大変厳しい状況ですが、住民サービスやまちづくりなどを安定的に行うためには地方税の財源確保が大変重要であります。  全国市議会議長会では、5月22日に開催の第89回定期総会において、地方税財源の充実確保について決議し、その後、7月23日開催の地方財政委員会及び8月1日開催の国会対策委員会において、政府・与党など関係各方面に実行運動を行ったところです。  このようなことから、本議会に対しましても地方税財源の充実確保を求める意見書を提出いただきたいとのことであります。  次に、森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書についてでございます。  全国森林環境税創設促進議員連盟の会長市である新潟県の村上市議会議長から、森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書の提出についての依頼がありました。  この議員連盟は、平成6年から森林の公益的機能を継続して確保するため、その保全を担う市区町村の森林・林業・山村対策の抜本的強化を図ることを目的とし、新たな税財源として全国森林環境税を創設することを目指し、全国の加盟市町村長で組織する全国森林環境税創設促進連盟とともに活動を続けており、本議会もこの議員連盟に加盟しているところであります。  当議員連盟が求める森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保の仕組みについては、平成25年度税制改正大綱で「早急に総合的な検討を行う」といった表現にとどまり、制度の創設にはいま一歩のところで実現には至りませんでした。  連盟は、石油石炭税の税率の特例措置による税収の一定割合を森林面積に応じて市区町村に譲与する制度の創設について、本年度が最も重要なタイミングであると考えており、本議会に対して、この9月定例会において森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書を提出していただきたいとのことであります。  以上、この2件の取り扱いにつきましては、9月20日に開催される議会運営委員会にお諮りし、意見書の提出について協議願いたいと思いますので、よろしくお願いします。 ○奥島委員長 今の2つの意見書につきましては、今議長がお話しになったように、20日に開催します議会運営委員会で協議させていただきますので、よろしくお願いします。  もう一点ありました。どうぞお願いします。 ○吉田議長 もう一点につきましては、先ほど言いましたように、J−ALERT訓練による庁内放送についてでございますが、9月11日水曜日、本会議さなかであります11時と11時30分にJ−ALERT(全国瞬時警報システム)の全国一斉情報伝達訓練が実施されます。当日は、一般質問3日目になりますが、J−ALERTは緊急放送のため、議場におきましても訓練放送が流れてしまうことになります。先ほど質問順位を決めたわけですけれども、今回、通告者が19人でございますので、この訓練放送時間帯を避け、開議予定を繰り下げまして開議しても議会運営に差し支えがないと判断いたします。11日の開議時間につきましては、13時からにさせていただきたいと思いますので、御了承願います。 ○奥島委員長 ただいまのJ−ALERTにつきまして、議長から一般質問の最終日は13時開議でいかがかという話でございますが、御質疑はございませんか。 ◆見谷委員 これは訓練ですので、私は一般質問の3日目といっても、1時間でも早く一般質問を終わればいいということと、やはりこれを避けてやるのでは意味がないのではないかと思います。私はきのうまで議長をやらせていただきましたが、このことについて、いかなるときにでもこういう放送が入ったとき、本会議であろうと委員会であろうと、その本会議、委員会でどう対処するかというのも一つの訓練ではないかと話しました。そのまま流して、そこでそれを受けとめる。一般質問をやっていれば、そこでとめる。答弁をしていればそこでとめる。私はそれが訓練の一つではないかと思って、そのようにこの間話したんです。それを避けてしまうのでは何の意味もないと思います。 ○奥島委員長 J−ALERTについての今の御意見は、生で体感するということが重要ではないかということで、訓練放送を避けないで通常どおり会議を進めればいいのではないかというお話でございます。  いかがいたしましょうか。 ◆峯田委員 両方とも理由があるけれども、後のほうがいいかと思います。 ○奥島委員長 後のほうがいいという意見です。 ◆堀川委員 今、一般質問の通告順番が決まったわけですけれども、決まる前にそのことをお伝えいただいて、順番が決まった状態で御了承いただけるようにということだとよかったと思うんです。そのままするとなると、多分、対象となるのは下畑議員か島川議員になるかと思うんです。その御両人が御了承いただけるのならばよいかと思いますけれども、一応その方々に打診しないといけないのではないかと思うんです。 ◆後藤委員 私はそこまでの確認をとってまでする必要はないと思います。これは、緊急ですから。それは今、見谷議員がおっしゃったようなことですればいいかと思います。 ○吉田議長 それに関して、もしそういう日程でいくとするならば、当日の朝、一番にそのようなことを皆さん方にお知らせしながら議会運営をしていくということになろうかと思います。 ◆片矢委員 私もそのまま本会議をすることには賛成です。議会としてどういう対応をするのかということですけれども、どういう対応をするのが議会でしょうかね。 ○吉田議長 見谷前議長は当時どういうふうに思われたのかわからないんですが、きょう聞いた範囲の中では、情報が入ってきたら、即そこでとめて、また再開という程度のもので、情報が入ったらそこで席を立って、一時避難してまた入ってくるとかという、そのような作業的行動はないと聞いています。ただ、情報が正確に伝わるかどうかというだけの伝達訓練ということです。  あとの細かいことは事務局、補足があったらお願いします。 ◎小林議事調査課長 もし質問及び答弁の最中にJ−ALERTの訓練放送が入るという場合になりますと、その一定の時間帯だけ質問及び答弁が聞き取りにくくなるということは考えられますので、その間、一時中断させていただいて、放送が終了次第また再開する。その中断時間につきましては、タイマーを一時停止して、また再開時からタイマーをスタートするということも可能でございます。  時間的に、その訓練放送は約30秒程度です。それが11時と11時30分、それぞれ1回ずつ入る予定でございます。 ○奥島委員長 今お聞きになったとおりです。 ◆片矢委員 J−ALERTの放送は議場に流れるのですか。 ◎小林議事調査課長 議場にも流れます。 ◆西本委員 市長に対して報告とか何かがあるのですか。J−ALERTがなったときに誰か職員が市長のところまでやってきて、報告とかをするのですか。そんな訓練ではないのでしょう。 ○吉田議長 そんな訓練ではない。 ◎小林議事調査課長 この訓練放送は、全国一斉的に流して、放送が入るかどうかというその確認でございます。 ◆西本委員 そうだと思うんです。私もJ−ALERTを鳴らすだけだと思うので、別に、先ほど議長から提案があった昼から開会してもいいのかなという気はします。どちらでもいいです。 ○奥島委員長 わかりました。 ◆西本委員 だから、これで訓練するのではなく、ただ放送の訓練ですから。 ○奥島委員長 ほかに御意見はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○奥島委員長 ないようでございますが、議長、どうしますか。 ○吉田議長 意見が出尽くしたといってもまだ半分半分の意見かと思うんですけれども。 ○皆川副委員長 いや、半分半分ではないと思います。そのまま続行しても影響がないという判断の人が圧倒的にとは言わないけれども多数であったと私は認識したので、議長から御提案がありましたけれど、この委員会で決めることですから、改めて、10時から開会して、訓練放送が入れば入ったでそのときの対応をするということで、それを経験するのもいいかと思います。  なるほど見谷議員のおっしゃることを聞いて、ああ、なるほどそうだなと思い直したので、引き続きすればいいということで意見を申し上げます。 ○奥島委員長 今、副委員長から御意見がありましたように、引き続き一般質問を行うということで、もちろん、その当日は議長のほうからきょうの一般質問はこういうことが途中にあるということをあらかじめ議員の皆様方に周知していただいて、議会を予定どおり10時から始めるということになろうかと思いますけれども、それでどうでしょうか。 ○吉田議長 もう一つ、見谷前議長の考え方をかりるとすると、これは今相談なんですが、実際は、警報システムの作動がうまくいくかどうかだけのことなんですけれども、例えば2回目の11時半の訓練で再度鳴ったときに、ついでに5分間ほど休憩して、一遍、議場から出るという、そういった訓練のやり方もあるのか。議場から出るだけではだめなんですよ。だめなんですけれども、それを速やかにするというようなこともあるかと思うんです。ただ、そんなことをしなくても、もうそれだけで済ますというのならそれでいいです。 ◆見谷委員 とにかく本会議は10時からと決まっているんですから、やはり午前中があいてしまうとよくない。1分か2分程度のことですから、午前中に一人でも多く一般質問を済ませたほうが、私は後の段取りがいいのではないかという思いもあります。 ○奥島委員長 それでは、今、副委員長、あるいは議長のお話等々含めまして、一般質問の最終日も予定どおり10時開会ということでお願いします。  J−ALERTの件は以上でございます。  事務局、ほかにございませんか。 ◎小林議事調査課長 議員研修会についてですが、2件説明させていただきます。  最初に、6月21日の議会運営委員会で説明させていただきました平成25年度市町議会議員合同研修会の案内がございました。お手元の資料のとおり、本年度の市町議員合同研修会は10月30日水曜日、福井県自治会館多目的ホールで午後1時から開催されます。なお、この研修会に引き続きまして、不当要求防止に関する出前講座も開催されますので、あわせて御案内します。  なお、この申し込み期限は10月15日火曜日となっておりますが、事務局のほうへは9月定例会最終日の9月25日水曜日、本会議終了までに参加者名を各会派から報告していただきたいと思います。  また、そのときにあわせましてバス利用か自家用車での参加か、参加手段についても御報告をお願いいたします。  次に、福井県市議会議長会主催の議員研修会について説明します。  この件につきましては、まだ正式な案内は届いておりませんので、口頭のみの説明とさせていただきます。開催日時は、平成25年11月14日水曜日午後2時から。場所は大野市の学びの里めいりんで、講師は被災者支援システム全国サポートセンターセンター長 吉田稔氏で、演題は「災害時における業務継続と議会の関わり方」です。まだ正式な案内はございませんが、案内があり次第、各会派を通じて出欠の取りまとめをさせていただきますので、お願いします。 ◎三上庶務課長 庶務課から1点御報告申し上げます。  姉妹都市であるニューブランズウィック市との交流事業につきましては、去る8月27日の議会運営委員会におきまして参加議員9人の御決定をいただいたところでございます。  このたび議長が交代されましたが、お手元の資料にございますように、御参加いただく9人の議員に変更はございません。このことを御報告いたします。  なお、派遣決議につきましては、全国市議会議長会海外都市行政調査団の派遣とあわせまして、来週9日月曜日の一般質問初日におきましてお願いしたいと思います。 ○奥島委員長 ただいまの御説明に対しまして、御質問等はございませんか。 ◆西本委員 聞き間違えていなければいいんですけれども、11月14日に福井県市議会議長会の議員研修があるとのことですか。11月14日ですか。 ◎小林議事調査課長 11月14日でございます。 ◆西本委員 14日というのは2つの特別委員会が視察に行くと思うんですけれども。14日、15日に公共交通・まちづくり対策特別委員会と、もう一つ行きます。 ◎小林議事調査課長 今確認します。お待ちください。 ○奥島委員長 いましばらくお待ちください。今、正確にお知らせします。 ◎小林議事調査課長 訂正をさせていただきます。  福井県市議会議長会主催の議員研修会につきましては、平成25年11月13日でございます。申しわけございませんでした。 ○奥島委員長 11月13日でございます。この件につきましては、また正式な文書が来てから正確にお知らせします。  それでは、ただいまいろいろと説明を受けましたけれども、御質疑はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○奥島委員長 ないようでございますので、以上をもちまして議会運営委員会を閉会します。                               午後3時34分 閉会...