運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2012-09-14 >
平成24年 9月14日 経済企業委員会-09月14日−01号
平成24年 9月14日 教育民生委員会-09月14日−01号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2012-09-14
    平成24年 9月14日 経済企業委員会-09月14日−01号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成24年 9月14日 経済企業委員会 − 09月14日−01号 平成24年 9月14日 経済企業委員会 − 09月14日−01号 平成24年 9月14日 経済企業委員会               経済企業委員会 顛末書                              平成24年9月14日(金)                                  第4委員会室                                午前10時01分開会 ○吉田委員長 ただいまから経済企業委員会を開催します。なお、中村委員から欠席の連絡がありましたので、御報告申し上げます。  それでは、本委員会に付託されております案件の審査及び予算特別委員会から調査依頼を受けております案件の調査に入らせていただきますが、審査及び調査は、まず商工労働部及び農林水産部、理事者の入れかえの後に企業局の順に行いたいと存じますので、委員各位の御協力をお願いします。なお、理事者におかれましては、議案の説明は簡潔かつ的確にされますようお願いします。  それでは、お手元の審査順序に従いまして、商工労働部及び農林水産部関係の審査に入ります。  予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査を行います。  まず、第65号議案 平成24年度福井市一般会計補正予算のうち、本委員会所管分を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎大浦林業水産課長 (説明) ◎山本マーケット戦略室長 (説明) ◎大浦林業水産課長 (説明) ◎山本マーケット戦略室長 (説明) ○吉田委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆谷本委員 白浜漁港の詳細設計業務委託ですけれども、どういう内容を委託するのか教えてください。 ◎大浦林業水産課長 防波堤の延伸やかさ上げ等の工事を計画しておりまして、ことしはボーリング調査並びにその詳細設計を業務委託いたします。
    ◆谷本委員 ボーリング調査は自前ではできないのはわかるんですけれども、詳細設計については、農林水産部にはたくさん技術職員がいると思うので、委託に出さないといけないような中身ではないように私は判断いたしますけれども、なぜ委託に出すのか、その理由をお尋ねいたします。 ◎大浦林業水産課長 本事業は、港内の静穏度をよくすることを目的にいろいろな工事をするわけでございますが、その詳細設計としまして、防波堤をどの高さまで持っていけば静穏度がよくなるか、防波堤をどの程度延長すれば静穏度がよくなるかという調査もしますので、業務を委託させていただきたいと思っております。 ◆谷本委員 最近は何でもかんでも委託へ出すような傾向にあるんですけれども、我々の時代は全部自前でやってきました。自前でやる努力を全くしなくて、コンサルタントへ出せばそれで済むというような甘い考えを持っておられるが、これは農林水産部だけではなくほかの部局も同じですけれども、何のために技術職員がいるのか。すべて委託に出すのなら技術職員はいらない、事務職員だけでいいんです。こういうことをやるのが技術職員の本来の仕事だと私は思うんですけれども、この事業についてはそういういろいろな準備をしてきたということでございますので、これからはなるべく自前でできることは自前でやる方向で検討をお願いしたいと思います。要望しておきます。 ◆島川委員 マーケット開発支援事業の新技術開発補助金が800万円ということで、この対象事業のことについて、どういうものなのか教えていただけますか。 ◎山本マーケット戦略室長 この事業につきましては、財団法人地域総合整備財団、通称ふるさと財団が、民間の力を活用した地域の総合的な振興及び整備に資する業務を行うということで、新技術開発補助金、地域資源開発補助金というものを設けていまして、そこに各市町を通して申請をして、採択されたものについて補助金が交付されるというものです。今回は企業から市へ4件の申請がございまして、ふるさと財団に申請書を提出し、そこでいろいろ審査した結果、そのうちの一つの企業について補助の採択がされたということで、福井市を通して補助金が企業へ交付されるという形になっております。 ◆島川委員 それはもうお聞きして存じ上げているんですが、この補助金の対象事業のことをお聞きしたいんです。 ◎山本マーケット戦略室長 高耐圧半導体デバイス用SOIについてですね。SOIというのはなかなかわかりにくいかとは思うんですが、基本的に事業の内容を御説明いたしますと、半導体といいますのは、電気を使う機器の電力量の制御とか、それを大きくする制御装置、切りかえ装置のようなものです。例を挙げますと、ハイブリッドカーとか電気自動車の動力がありますが、アクセルを踏み込むときは流れる電力量を多くする、アクセルを緩めた場合は電力量を少なくするというようなパワーのコントロール装置に使います。そういうものは一時的に大きな電力を必要とする場合がございますので、それに使用される半導体というのは、そういうことで高電圧に耐える半導体でなければならないということがあります。  現在使用されている半導体は製造工程や構造が複雑でありまして、若干のリスクというか、副作用を伴う場合がございますので、シンプルで高電圧に耐える半導体が必要となっているというのが現状でございます。従来の高耐圧半導体というのは、シリコンの単体だけでつくられていましたが、先ほど申しましたような副作用が生じる可能性があるということで、ガラスなどの絶縁体とシリコンを重ね合わせたSOIを用います。SOIといいますのはシリコン・オン・インシュレーターの略で、インシュレーターというのは絶縁体ということです。つまり、ガラスなどの絶縁体とシリコン等の半導体を重ね合わせた構造になっているものを用いて行いますと誤作動を引き起こす可能性がなくなる。その工程も簡単になるということで、このSOIという構造を用いた高耐圧の半導体の基盤を開発するのが今回の事業であります。  今回開発しますケイ・エス・ティ・ワールド株式会社は、基本的には光通信用の部品基盤の製造において世界シェアの約80%を占める企業でございまして、その技術を利用して今回、ハイブリッドカーなどに必要な高耐圧半導体用のSOIをつくる。SOIというのは元の部分です。その上に電気回路とかを載せて基本的に半導体ができ上がるんですけれども、その基盤の部分をつくるということです。なかなか専門的なことでわかりにくいかと思いますけれども、そういう事業の内容です。 ○吉田委員長 この企業の所在地はどこですか。テクノポート福井か福井市中央工業団地か、あるいはまた別のところにあるのか。 ◎山本マーケット戦略室長 この企業は下六条町にあります。誘致した企業ではなく、既に事業を展開していた企業でございます。 ○吉田委員長 ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○吉田委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第65号議案 平成24年度福井市一般会計補正予算のうち、本委員会所管分については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように報告することに決しました。  次に、第66号議案 平成24年度福井市競輪特別会計補正予算を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎松川公営競技事務所長 (説明) ○吉田委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。  (「なし」の声あり) ○吉田委員長 別にないようですので、質疑を終結します。  それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第66号議案 平成24年度福井市競輪特別会計補正予算については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように報告することに決しました。  ここで理事者の入れかえを行います。しばらくお待ちください。  (理事者入替) ○吉田委員長 次に、企業局関係の審査に入ります。第72号議案 福井市ガス供給条例の一部改正について及び第73号議案 福井市簡易ガス供給条例の一部改正についてを一括議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎坂口経営企画課長 (説明) ○吉田委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。 ◆石丸委員 環境税ということですが、これは福井市では総額どれぐらいになるのですか。 ◎坂口経営企画課長 後ほど補正予算議案のところでも御説明いたしますけれども、平成24年度分につきましては10月1日以降に購入する原料費で約287万円でございます。平成25年度以降につきましてはその1年分ということになりますので、約550万円と考えております。 ○吉田委員長 1つだけお聞きします。環境税というような形での税制改正ということですが、石炭だとか、石油のほうがむしろCO2排出量が高いと思うんです。液化天然ガスみたいに、環境にいいんだと言って切りかえてやっているところが料金が高くなるという矛盾点についてはどう考えているのか。 ◎坂口経営企画課長 確かに天然ガスにつきましては環境面で非常にすぐれていると私どもも考えております。お手元の資料1ページの左側の表でございますが、原油・石油製品、ガス状炭化水素、石炭、それぞれに現行税率に上乗せされる金額が書いてあります。ガス状炭化水素であります天然ガスにつきまして環境性能がすぐれているといいますのは、同じ熱量を得るために必要な原料から排出するCO2という意味では、石炭の約6割、石油よりも2割少ないと私どもも考えております。ただ、同じ1キロリットル当たり、1トン当たりとかという形で、同じ量の石油とか石炭とか天然ガスの量で比較しますと、排出するCO2というのは、ガス状炭化水素のほうが非常に大きくなるということで、今回のこのCO2排出量に応じた税率の上乗せがされているとお聞きしております。  そういうことで、ちょっと話がややこしいんですが、同じ熱量を得るためには、CO2の排出は非常に少なくて済むというのが天然ガスの特性でございますが、1キロリットルとか1トンとかという同じ量で比較しますと、非常に大きなエネルギーを得ることができますけれども、CO2の排出もそれなりにあるということでございます。 ○吉田委員長 よくわかりませんので、別途聞きます。  ほかにございませんか。  (「なし」の声あり) ○吉田委員長 ほかにないようですので、質疑を終結します。  それでは、採決します。まず、第72号議案 福井市ガス供給条例の一部改正については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、第73号議案 福井市簡易ガス供給条例の一部改正については、原案どおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、予算特別委員会から調査依頼のありました案件の調査に入ります。第68号議案 平成24年度福井市ガス事業会計補正予算を議題とします。理事者の説明を求めます。 ◎坂口経営企画課長 (説明) ○吉田委員長 ただいまの説明に対し、質疑を許可します。別にございませんか。  (「なし」の声あり) ○吉田委員長 別にないようですので、質疑を終結をします。  ここで私のほうから皆さんにお諮りしたいのですが、先ほど第72号議案、第73号議案を審査する中で、石丸委員からこの補正予算に関する質疑がございましたが、ここの第68号議案 平成24年度福井市ガス事業会計補正予算のところで質疑があったということにさせていただきたいと思うんですが、よろしいでしょうか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 それでは、石丸委員、先ほどの質疑はこの議案の中で発言したということでよろしくお願いします。  (「はい」の声あり) ○吉田委員長 それでは、予算特別委員会への報告についてお諮りします。第68号議案 平成24年度福井市ガス事業会計補正予算については、原案が適当であると報告することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように報告することに決しました。  以上で本委員会に付託されました案件の審査及び調査依頼を受けました案件の調査は全部終了しました。  なお、本会議での委員長報告及び予算特別委員会への調査結果報告につきましては、私に御一任願いたいと存じます。  これをもちまして委員会を閉会します。                                午前10時42分閉会...