運営者 Bitlet 姉妹サービス
福井市議会 > 2003-12-18 >
平成15年12月定例会-12月18日−04号

ツイート シェア
  1. 福井市議会 2003-12-18
    平成15年12月定例会-12月18日−04号


    取得元: 福井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    DiscussNetPremium 平成15年12月定例会 − 12月18日−04号 平成15年12月定例会 − 12月18日−04号 平成15年12月定例会                福井市議会会議録 第4号            平成15年12月18日(木曜日)午後1時31分開議 〇議事日程  日程1 会議録署名議員の指名  日程2 第62号議案ないし第77号議案,第81号議案ないし第88号議案,第31号報告,請願第8号ないし請願第12号,陳情第4号  日程3 第89号議案 教育委員会委員の任命について ────────────────────── 〇出席議員(36名)  1番 谷出 共栄君   2番 後藤 勇一君  3番 大森 哲男君   4番 巳寅 令子君  5番 青木 幹雄君   6番 嶋田勝次郎君  7番 高田 訓子君   8番 谷本 忠士君  9番 野嶋 祐記君   10番 堀川 秀樹君  11番 西本 恵一君   12番 浜田  篤君  13番 石丸 浜夫君   14番 見谷喜代三君
     15番 川井 憲二君   16番 稲木 義幸君  17番 皆川 信正君   18番 松山 俊弘君  19番 石川 道広君   20番 早川 朱美君  21番 木村 市助君   22番 山口 清盛君  23番 谷口 健次君   24番 宮崎 弥麿君  25番 吉田 琴一君   26番 田中 繁利君  27番 皆川 修一君   28番 近藤 高昭君  29番 栗田 政次君   30番 加藤 貞信君  31番 田辺 義輝君   32番 西村 公子君  33番 中谷 勝治君   34番 中谷 輝雄君  35番 若山 樹義君   36番 伊東 敏宏君 ────────────────────── 〇欠席議員(0名) ────────────────────── 〇事務局出席職員  議会事務局長      吉 村 邦 栄  議会事務局次長     松 北 俊 彦  庶務課長        大 谷 藤 一  議事調査課長      竹 内 正 己  議事調査課副課長    小 川 眞一郎  議事調査課主任     奥 田 芳 文  議事調査課主幹     細 田 貴 晴  議事調査課主幹     有 田 康 弘  議事調査課副主幹    吉 村 瞬 潤  議事調査課主査     廣 瀬 峰 雄  議事調査課主事     高 橋 伸 枝 ────────────────────── 〇説明のため出席した者  市長         酒 井 哲 夫 君  副市長        奈 良 一 機 君  収入役        堀 江 廣 海 君  企業管理者      桑 野 正 暁 君  教育長        渡 辺 本 爾 君  市長室特命理事    澤 井 照 男 君  企画政策部長     矢 野 憲 一 君  総務部長       村 尾 敬 治 君  財政部長       吹 矢 清 和 君  市民生活部長     酒 井 道 治 君  福祉保健部長     麋 山 昭 然 君  商工労働部長     大 村 順 一 君  農林水産部長     嶋 田   榮 君  都市政策部長     大久保 洋 一 君  建設部長       児 玉   忠 君  下水道部長      伊 藤 隆 允 君  企業局長       森 本 喜 一 君  教育部長       樟 本 立 美 君  工事検査室長     笠 嶋 主 宏 君  代表監査委員     奥 津 正 男 君 ────────────────────── ○議長(田辺義輝君) 出席議員が定足数に達しておりますので,議会は成立いたしました。  よって,これより会議を開きます。 ────────────────────── ○議長(田辺義輝君) 日程に入ります前に,議員の派遣について御報告いたします。  本件については,会議規則第160条の規定により,お手元に配付いたしましたとおり,議長において議員の派遣を行いましたので,御報告いたします。 ────────────────────── ○議長(田辺義輝君) それでは日程1 会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,23番 谷口健次君,26番 田中繁利君の御両名を指名いたします。 ────────────────────── ○議長(田辺義輝君) 次に日程2 第62号議案ないし第77号議案,第81号議案ないし第88号議案,第31号報告,請願第8号ないし請願第12号及び陳情第4号,以上31件を一括議題といたします。  以上の各案件につきましては,去る11月26日及び12月8日の本会議において各常任委員会及び議会運営委員会に付託され,それぞれ審査が終了した旨,報告を受けましたので,これより審査の順序に従い,結果の報告を求めます。  〔各委員会審査結果報告書は本号末尾参照〕  建設委員長 22番 山口清盛君。  (22番 山口清盛君 登壇) ◆22番(山口清盛君) 去る11月26日の本会議において建設委員会に付託されました案件を審査するため,12月10日に委員会を開催いたしましたので,その結果を御報告申し上げます。  付託されました案件は議案5件であり,いずれも原案どおり可決いたしました。  以下,審査の過程で論議されました主な事項について申し上げます。  第68号議案 平成15年度福井市宅地造成特別会計補正予算に関して委員から,現在手がけている土地区画整理事業において,保留地売却がそれぞれどの程度進捗しているのかとの問いがあり,理事者から,平成15年度末時点において,森田北東部土地区画整理事業では4.4%,市場周辺土地区画整理事業では26.1%,また北部第7土地区画整理事業については29.6%の進捗率となる予定であります。今後とも売却に向け,鋭意努力していくとの答弁がありました。  これに関連して委員から,事業完了が間近な南部地域の区画整理事業においても,個人ではなかなか取得できにくい大きな保留地が売れ残っている。今後,何か売却に向け,方策を検討しているのかとの問いがあり,理事者から,東部第7土地区画整理事業について,以前大きな保留地が2筆ほど売れ残っていたが,分筆して売却を行った。南部第7土地区画整理事業についても,要望があれば時点修正をかけ,分筆しながら売却していきたいとの答弁がありました。  以上が当委員会での審査の結果並びに審査経過の概要でございます。議員各位の御賛同をお願い申し上げます。  なお,去る10月6日から8日までの3日間,今後の委員会運営と建設行政課題に関する審査の参考に資するため,市町村合併に伴う新市都市建設計画の手法について,参議院議員会館において国土交通省の担当官から講義を受け,またJR沼津駅周辺の道路の整備,また鉄道高架化や旧国鉄用地の再開発について,静岡県沼津市へ行ってまいりました。さらに新市発足時における都市建設計画,まちづくりの課題について静岡市を視察研修してまいりましたことを申し添えて,報告を終わります。 ○議長(田辺義輝君) 次に総務委員長 16番 稲木義幸君。  (16番 稲木義幸君 登壇) ◆16番(稲木義幸君) 去る11月26日の本会議において総務委員会に付託されました案件を審査するため,12月10日に委員会を開催いたしましたので,その結果について御報告申し上げます。  付託されました案件は議案7件,報告1件であり,審査の結果,議案はいずれも原案どおり可決し,報告は報告どおり承認いたしました。  以上が当委員会での審査結果でございます。議員各位の御賛同をお願い申し上げます。  なお,去る10月7日から9日までの3日間,今後の委員会運営の参考に資するため,「国際知的産業都市構想」を目指した構造改革特区及び高齢者,障害者が利用しやすいホームページの取り組みについて仙台市を,また男女共同参画の推進及び市民情報センターについて結城市を視察してまいりましたことを申し添え,報告を終わります。 ○議長(田辺義輝君) 次に経済企業委員長 17番 皆川信正君。  (17番 皆川信正君 登壇) ◆17番(皆川信正君) 去る11月26日の本会議におきまして経済企業委員会に付託されました案件を審査するため,12月11日に委員会を開催いたしましたので,その結果を御報告申し上げます。  付託されました案件は議案7件であり,いずれも原案どおり可決いたしました。  なお,第62号議案,第67号議案,第69号議案ないし第71号議案,第74号議案及び第75号議案につきましては,挙手採決の結果,賛成多数で可決されました。  以下,審査の過程で論議されました主な事項について申し上げます。  第62号議案 平成15年度福井市一般会計補正予算を初めとする7件の予算議案に対し委員から,今回で5年連続となる大幅な職員給与の引き下げは,民間はもとより,社会全体に及ぼす影響が大きく,現在の厳しい経済情勢をさらに悪化させかねないことから賛同しかねるとの意見がありました。  また第74号議案 平成15年度福井市ガス事業会計補正予算に関連して委員から,現在建設中の県立病院を初め,本市にある県の施設については,そのほとんどがランニングコストの面から熱源として重油を使用しているとのことであるが,国が二酸化炭素濃度の削減等,環境政策を進める中,天然ガス転換完了を期に,市長以下一丸となって県に対し環境面でのメリットを強力にアピールするとともに,都市ガスへの理解とその利用協力について強く働きかけ,一層の販売促進を図ることにより,ガス事業会計の改善に努めてほしいとの要望がありました。  以上が当委員会での審査の結果並びに審査経過の概要でございます。議員各位の御賛同をお願い申し上げます。  なお,去る10月8日から10日までの3日間,今後の委員会運営の参考に資するため,伝統的建造物群保存地区保存整備による観光行政について埼玉県川越市を,また「首都圏情報産業特区・八王子」構想推進について東京都八王子市を視察し,さらに衆議院議員会館において,中小企業庁の担当者から「TMOの今後のあり方」についての講義を受け,活発な意見交換をしてまいりましたことを申し添え,報告を終わります。 ○議長(田辺義輝君) 次に教育民生委員長 15番 川井憲二君。  (15番 川井憲二君 登壇) ◆15番(川井憲二君) 去る11月26日の本会議において教育民生委員会に付託されました案件を審査するため,12月11日に委員会を開催いたしましたので,その結果について御報告申し上げます。  付託されました案件は議案8件で,審査の結果,いずれも原案どおり可決いたしました。  以下,審査の過程で論議されました主な事項について申し上げます。  第76号議案 福井市立郷土歴史博物館の設置及び管理に関する条例の制定について委員から,現在の郷土歴史博物館の跡地利用についてどのような考えなのかとの問いがあり,理事者から,市民から笏谷石資料館としての整備など現施設の再利用の要望もあったが,耐震上の問題から大規模な改修が必要となり,多額の費用がかかることから,隣接する橘曙覧記念文学館や愛宕坂茶道美術館,また自然史博物館の利用者を含めた足羽山観光客向けの駐車場として当面は利用していきたいとの答弁がありました。  また委員から,多くの市民に来ていただくための施設ではあるが,貴重な資料の保存や管理には万全を期するため,館の適正な管理運営のための観覧心得あるいは閲覧規則などは十分に検討してほしいとの要望がありました。  次に第82号議案 福井市印鑑条例の一部改正について委員から,印鑑登録証明書等の自動交付機に関して,稼働時間や設置場所及びセキュリティー対策について問いがあり,理事者から,平常時対応機として市民課のカウンターの一角に一台を設置し,午前9時から午後5時までの運用とするほか,もう一台を主に時間外及び閉庁日対応機として本館西側の出入り口付近に設置し,午前9時から午後7時まで利用できるようにする。なお,時間外及び閉庁日対応機については,セキュリティー対策のため,防犯カメラの監視モニター設備を整備する予定であるとの答弁がありました。  以上が当委員会での審査結果並びに審査経過の概要でございます。議員各位の御賛同,お願いを申し上げます。  なお,10月7日から9日までの3日間,今後の委員会の運営の参考に資するため,福祉のまちづくり条例等について宮崎市へ,ごみの分別・減量化,リサイクルの推進について熊本市へ視察をしてまいりましたことを申し添え,報告を終わります。 ○議長(田辺義輝君) 次に議会運営委員長 23番 谷口健次君。  (23番 谷口健次君 登壇) ◆23番(谷口健次君) それでは御報告申し上げます。  去る11月26日及び12月8日の本会議におきまして議会運営委員会に付託されました請願5件及び陳情1件を審査するため,15日,委員会を開催いたしましたので,その結果を御報告いたします。
     まず請願第8号 小学校就学前までの医療費無料化と妊産婦検診に対する補助拡充を求める請願については,趣旨は理解できるが,国に対して制度化を求めるのは問題があるとして,また請願第10号 支援費制度の改善を求める請願については,制度が発足してまだ日が浅く,いましばらく様子を見るべきとして,いずれも継続審査と決定いたしました。  請願第9号 介護保険制度の改善・拡充を求める請願については,財政状況を考えると,この要求は余り現実的でないとして不採択,同じく請願第11号 年金制度充実と消費税大増税中止を求める請願については,高齢化社会が加速してきている状況では,財源の問題が重要になってくるが,消費税の増税と絡めることは直截過ぎるとして不採択と決定しました。  また請願第12号 医療制度の充実を求める請願につきましても,趣旨としては理解できる面はあるが,制度をもとに戻すことは現状を見る限り不可能として不採択となりました。  次に陳情第4号 教育基本法の改定でなく,その理念の実現を求める陳情につきましては,教育基本法を改定してはならないという前提で議論を進めることは一方的であり,またこの内容はすべての教職員の意見が反映された主張とは言えないとして不採択と決定いたしました。  以上が当委員会での審査結果並びに審査経過の概要でございます。議員各位の御賛同をお願い申し上げます。 ○議長(田辺義輝君) 以上をもちまして各常任委員会及び議会運営委員会の審査報告は全部終了いたしました。  ただいまの各委員長報告に対し,一括質疑を許可いたします。  (「なし」と呼ぶ者あり)  御質疑なしと認めます。よって,質疑を終結いたします。  ここでお諮りいたします。  第76号議案,第77号議案,第83号議案ないし第88号議案,第31号報告,請願第8号及び請願第10号については,討論の通告がございませんので直ちに採決したいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  それでは採決いたします。  第76号議案,第77号議案,第83号議案ないし第88号議案,第31号報告,請願第8号及び請願第10号に対する委員会の決定は可決,承認,継続審査であります。  お諮りいたします。  以上の各案件は各委員長の報告どおり決定することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決定いたしました。  それでは第62号議案ないし第75号議案,第81号議案及び第82号議案,請願第9号,請願第11号,請願第12号及び陳情第4号については,討論の通告がありましたので,許可いたします。  32番 西村公子君。  (32番 西村公子君 登壇) ◆32番(西村公子君) 日本共産党の西村公子です。  私は,ただいま討論の対象となっております第62号議案 平成15年度福井市一般会計補正予算ないし第75号議案 福井市水道事業会計補正予算の14の議案,そして第81号議案 職員の退職手当に関する条例等の一部改正について,第82号議案 福井市印鑑条例の一部改正について,反対の立場から討論を行います。また請願第9号 介護保険制度の改善・拡充を求める請願,請願第11号 年金制度充実と消費税など大増税中止を求める請願,請願第12号 医療制度の充実を求める請願及び陳情第4号 教育基本法の改定でなく,その理念の実現を求める陳情については,不採択とした委員長報告に反対し,討論を行います。  まず第62号議案 福井市一般会計補正予算など14の補正予算について理由を述べます。  これは第80号議案 福井市職員の給与に関する条例の一部改正の討論で述べましたように,今回の人事院勧告を受けて職員給与を削減する補正を行うものです。給与については1.11%,期末手当を0.25%,配偶者手当を1万4,000円から1万3,500円に,住居手当を3,600円から3,000円にそれぞれ引き下げるものです。職員1人当たりの平均引き下げ額は17万5,000円,職員全体では3億7,000万円となり,5年連続の引き下げの中でも最大のものです。5年連続の引き下げで11億9,000万円となり,福井市の場合,昇給の延伸も行われ,職員の働く意欲をそぐようなやり方です。一方で,職員の大幅な削減が行われ,実際の退職者数が職員削減計画を大幅に上回っており,職員1人当たりの責任は重くなっている中での給与引き下げは認められません。  また公務員給与引き下げは,社会全体に波及することからも大きな問題です。JAや保育園,福祉施設職員,その他民間の賃金引き下げ,さらに年金や生活保護にまで影響し,国民生活を圧迫する大きな要因となります。この深刻な不況を打開するには経済の6割を占めている国民の消費を高めることこそ必要なときに,このような逆行したやり方ではますます消費を落ち込ませ,深刻な経済危機をもたらす悪循環に拍車をかけることになります。経済破綻や財政破綻のツケを労働者に負わせるような今回の給与削減は認められません。よって,第62号議案ないし第75号議案の各会計補正予算に強く反対いたします。  次に第81号議案 職員の退職手当に関する条例等の一部改正については,国家公務員退職手当法等の一部改正を受けて,地方公務員の退職手当を国に準じて改正しようというものです。  これは20年以上の長期勤続後の退職者に対する支給率を,来年1月から3ポイント下げ107にし,再来年1月からはさらに3ポイント下げて104にすること,そしてもう一つは,退職手当の最高支給率を現在の62.7から,再来年には59.28に下げることになっています。これは民間企業従業員の退職金水準に合わせることを目的としていますが,公務員の条件切り下げであり,今後の労働者全体の条件をさらに引き下げる要因ともなりかねない問題であり,容認することはできません。よって,第81号議案 職員の退職手当に関する条例等の一部改正について反対するものです。  次に第82号議案 福井市印鑑条例の一部改正について述べます。  今回の改正の内容は,住民基本台帳ネットワークのカードに関するものですが,国民,市民の理解が得られている状況ではありません。先日も長野県で住民基本台帳ネットワークの安全性を検証する実験結果が公表されましたが,情報を改変することも可能として,個人情報の保護をめぐり,住基ネットの欠陥があるという考えが示されました。報道によると,個人情報を消去したり,新しく作成し,住基ネットに流すことも可能で,CS端末を使えば全国民の個人情報を検索することもできると指摘されております。安全性の問題でも個人情報保護法の問題でも,国民の不安や疑問に答えたものとなっていない状況の中で,国の方針どおり住基ネットを推進し,住基カードを実施させることは到底認められません。よって,第82号議案 福井市印鑑条例の一部改正について反対するものです。  次に請願第9号,第11号,第12号及び陳情第4号について,議会運営委員会で不採択としたことについて反対理由を述べます。  まず請願第9号 介護保険制度の改善・拡充を求める請願については,請願の要旨で言われているとおり,介護保険制度発足以来,低所得者層を中心に保険料,利用料の負担が重く,利用したいが利用を控えざるを得ないとの声が広がっています。ことしの保険料の引き上げで,その声が一層高まっております。このようなとき,介護保険における国の負担をふやし,保険料や利用料の低所得者への軽減を行うこと,認定基準の改善など,当然の要求です。しかも,要求項目にある国の負担をふやし,国の責任で低所得者の軽減策を行うことや,市町村への財政支援拡大や自治体独自の減免制度への国のペナルティーや干渉を行わないよう求めることは,市の財政にとっても,被保険者や利用者の状況を改善する上でも必要なことであり,採択すべきです。  請願第11号 年金制度充実と消費税など大増税中止を求める請願については,これまでの相次ぐ国民負担増により高齢者の生活破壊,現役世代の負担増により将来不安と年金制度の空洞化を生み出す状況になってきています。来年度の公的年金制度改革で与党は,厚生年金の保険料を現行の13.58%から将来的に18.35%まで引き上げ,給付水準は50%とほぼ10%引き下げる案をまとめました。しかも,4年後の2007年には社会保障全般を見直し,消費税増税を含む税制改革を行うというものです。このような保険料の大幅な引き上げと給付の大幅削減,その財源を消費税の増税で行おうという大改悪です。  請願にある保険料の引き上げ,給付の削減を行わず,安心できる年金制度を確立することや最低保障年金制度の確立は,国民の切実な願いです。今やるべきことは,大型公共事業中心の公共事業費が主役になっている逆立ちした税金の使い方をただして社会保障の予算を生み出すことです。そうすれば,消費税の増税を行うことなく社会保障を充実することは可能です。国民負担を一層ふやすやり方では,消費拡大も地域経済も立て直すことはできないばかりか,国民生活や経済を破壊する方向です。国民,市民の切実な願いであるこの請願は採択するべきです。  請願第12号 医療制度の充実を求める請願については,要旨で指摘しているように,さきの医療費負担増で受診抑制が始まっており,病気の重症化により医療費がかえって跳ね上がるという悪循環になっていきます。請願項目の高齢者の窓口負担上限の復活と負担軽減,本人負担を2割に戻すこと,保険料の引き下げは,すべての国民が平等に医療を受ける権利を保障した国民皆保険という制度の本旨を実現するために必要なことであります。  陳情第4号 教育基本法の改定でなく,その理念の実現を求める陳情についてですが,文部科学省は,中央教育審議会の答申を受けて教育基本法の改定案を検討しています。なぜ今見直しなのかという国民の疑問に対して納得できる理由を示せず,国民的な議論も不十分なまま,改定案の検討が進められています。教育基本法は,戦前の国家主義的な教育へのあり方への反省に立って制定されたもので,その内容は,人格の完成や教育の機会均等など誇るべきものです。国が見直しを進める本当のねらいは能力主義の導入で,小・中学校から教育内容に差をつけるエリート教育と,国を愛する心を法で規定しようというものです。そして,教育基本法の改定とあわせて義務教育費国庫負担制度の見直しも検討されており,これは憲法の原則にも反するものです。このような改定ではなく,教育基本法の理念の実現を求めることこそ国民が求めているものであり,採択するべきです。  議会運営委員会の審議や決定が市民の世論を反映していないことを指摘し,以上述べましたように3つの請願と陳情は採択すべきとの立場から,委員長報告に反対するものです。  以上で私の反対討論を終わります。 ○議長(田辺義輝君) 以上で討論を終結いたします。  それでは採決いたします。  第62号議案ないし第75号議案,第81号議案及び第82号議案,請願第9号,請願第11号,請願第12号及び陳情第4号に対する委員会の決定は可決,不採択であります。  お諮りいたします。  以上の各案件は,各委員長の報告どおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。  (賛成者起立)  起立多数であります。よって,そのように決定いたしました。 ────────────────────── ○議長(田辺義輝君) 次に日程3 第89号議案 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。  提出者の提案理由の説明を求めます。  (市長 酒井哲夫君 登壇) ◎市長(酒井哲夫君) ただいま上程されました第89号議案 教育委員会委員の任命につきまして提案理由を御説明申し上げます。  教育委員会委員の吉田耿介氏が9月25日付で辞任されまして,現在教育委員会の委員1名が欠員となっているところでございます。つきましては,この欠員を補充するため,舟澤茂樹氏を任命いたしたいと存じますので,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により,議会の御同意を賜りたく,この案を提出した次第でございます。  舟澤氏は,人格,識見ともに教育委員会の委員としてまことに適任と存じますので,御審議の上,御同意を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。 ○議長(田辺義輝君) ただいまの説明に対し質疑を許可いたします。  (「なし」と呼ぶ者あり)  御質疑なしと認めます。よって,質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております第89号議案については,会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略し,直ちに採決いたしたいと存じますが,これに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,そのように決定いたしました。  それでは採決いたします。  ただいま議題となっております第89号議案 教育委員会委員の任命については,舟澤茂樹君を任命することに同意を求められております。これに同意することに御異議ございませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。よって,教育委員会委員の任命については,舟澤茂樹君に同意することに決定いたしました。  ただいま教育委員会委員の任命に同意を得られました舟澤茂樹君からあいさつを受けたいと思います。 ◎教育委員会委員(舟澤茂樹君) 舟澤茂樹でございます。ただいま教育委員の御同意を賜りましてまことにありがとうございます。  21世紀に入りまして,これから心豊かでたくましい時代を切り開いていく上で教育は極めて重要なものでありまして,また福井市民も教育に対する期待が大変深いわけでございます。したがいまして,大変微力ではございますけれども,これから全力を傾けまして教育委員の重責を果たさせていただきたいと思っております。  議員各位の御指導と御鞭撻を賜りまして,その重責を果たしたいと思いますが,御指導,そしてまた御鞭撻のほどをお願い申し上げまして,簡単ですがお礼の言葉にかえさせていただきます。どうもありがとうございました。よろしくお願いいたします。(拍手) ○議長(田辺義輝君) 以上をもちまして本日の議事日程は全部終了いたしました。  ただいま市長から発言を求められておりますので,許可いたします。  (市長 酒井哲夫君 登壇) ◎市長(酒井哲夫君) 一言お礼の言葉を申し上げます。  今12月定例市議会におきましては,議員各位の御理解と御協力をいただきまして,御提案申し上げました補正予算案並びに重要案件を慎重に御審議いただき,御承認を賜りましたことに対し,厚くお礼を申し上げる次第でございます。  また今議会での一般質問や各委員会を通じましてお寄せいただきました御意見,御要望等は十分に尊重し,市政に反映するよう最善を尽くす所存でございますので,よろしくお願い申し上げます。  さて,ことし1年を振り返ってみますと,大河ドラマの佐々木小次郎の「燕返し」で1年が明け,ゆかりの一乗谷に多くの観光客が訪れました。また福井市生まれのリサイクル戦隊「ワケルンジャー」が好評を博し,ごみの新分別のPRに活躍し,全国的にも話題となり,福井のイメージアップにもつながりました。4月には,民間調査機関の調査「住みよさランキング」で福井市が2年連続総合1位に選ばれ,6月には5市町村による合併協議会が設置され,合併協議が本格化し,また10月にはえちぜん鉄道が全線開通,11月には安全で環境に優しい天然ガス転換作業が完了いたしました。  議員各位の御尽力を賜り,市民の皆様の御協力で21世紀の福井市の礎を築く音がさまざまな方面から響いてまいります。この場をおかりをいたしまして,心から厚くお礼を申し上げます。  ところで,春嶽公の「たのしめる歌」に,「楽しみは いやふりしきる雪はれて 朝日に匂う山をみる時」という歌があります。昨今の社会情勢は,イラク戦争問題や北朝鮮問題など非常に複雑で難しい問題を抱え,北陸の冬空のごとく雪雲に覆われ,雪起こしの鳴り響く状態ですが,新たに迎える年には雪晴れの青空が広がることを切に望むものであります。  また,間もなく新年度予算の編成に取りかかります。国においては税源委譲を基軸とした三位一体の改革の議論がなされている中ではございますが,引き続き本市の健全な財政構造の確立に努めてまいる所存でございます。議員各位の一層の御支援,御協力を賜りますようお願い申し上げます。  いよいよことしも余すところあとわずかとなりました。これからは寒さも一段と厳しくなってまいります。議員各位におかれましては,何かと御多忙の日々をお過ごしになられることと存じますが,この上とも御自愛を賜りまして,市勢発展にさらなる御尽力いただきますようお願い申し上げますとともに,輝かしい新年を御家族の皆様とともに御健勝でお迎えいただきますよう心から御祈念を申し上げまして,お礼の言葉といたします。ありがとうございました。(拍手) ○議長(田辺義輝君) これをもちまして平成15年12月福井市議会定例会を閉会いたします。              午後2時12分 閉会  地方自治法第123条第2項の規定により,本会議の顛末を証するため,ここに署名する。 福井市議会議長                     平成  年  月  日 署名議員                        平成  年  月  日 署名議員                        平成  年  月  日
    △〔参照〕              各 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書            建    設    委    員    会 番 号件            名審査結果第62号議案平成15年度福井市一般会計補正予算  第1条中   歳 出    第8款 土木費中     第1項 土木管理費     第2項 道路橋りょう費     第3項 河川水路費     第4項 都市計画費     第7項 住宅費    第11款 災害復旧費中     第2項 土木施設災害復旧費原案可決第68号議案平成15年度福井市宅地造成特別会計補正予算原案可決第72号議案平成15年度福井市福井駅周辺整備特別会計補正予算原案可決第73号議案平成15年度福井市下水道事業会計補正予算原案可決第85号議案字の区域の変更について原案可決            総    務    委    員    会 番 号件            名審査結果第62号議案平成15年度福井市一般会計補正予算  第1条中   歳 入   歳 出    第1款 議会費    第2款 総務費中     第1項 総務管理費     第2項 徴税費     第4項 選挙費     第5項 統計調査費     第6項 監査委員費    第9款 消防費原案可決第77号議案福井市部等設置条例の一部改正について原案可決第81号議案職員の退職手当に関する条例等の一部改正について原案可決第84号議案工事請負契約の締結について (本郷小学校体育館新築工事)原案可決第86号議案福井坂井地区広域市町村圏事務組合規約の一部変更について原案可決第87号議案福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の一部変更について原案可決第88号議案福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少について原案可決第31号報告専決処分の承認を求めることについて (平成15年度福井市一般会計補正予算)承  認             経  済  企  業  委  員  会 番 号件            名審査結果第62号議案平成15年度福井市一般会計補正予算  第1条中   歳 出    第5款 労働費    第6款 農林水産業費    第7款 商工費    第11款 災害復旧費中     第1項 農林水産施設災害復旧費原案可決第67号議案平成15年度福井市競輪特別会計補正予算原案可決第69号議案平成15年度福井市国民宿舎特別会計補正予算原案可決第70号議案平成15年度福井市中央卸売市場特別会計補正予算原案可決第71号議案平成15年度福井市農業集落排水特別会計補正予算原案可決第74号議案平成15年度福井市ガス事業会計補正予算原案可決第75号議案平成15年度福井市水道事業会計補正予算原案可決             教  育  民  生  委  員  会 番 号件            名審査結果第62号議案平成15年度福井市一般会計補正予算  第1条中   歳 出    第2款 総務費中     第3項 戸籍住民基本台帳費    第3款 民生費    第4款 衛生費    第8款 土木費中     第5項 総合交通費    第10款 教育費原案可決第63号議案平成15年度福井市国民健康保険特別会計補正予算原案可決第64号議案平成15年度福井市老人保健特別会計補正予算原案可決第65号議案平成15年度福井市介護保険特別会計補正予算原案可決第66号議案平成15年度福井市交通災害共済特別会計補正予算原案可決第76号議案福井市立郷土歴史博物館の設置及び管理に関する条例の制定について原案可決第82号議案福井市印鑑条例の一部改正について原案可決第83号議案福井市養浩館庭園設置及び管理に関する条例の一部改正について原案可決             議  会  運  営  委  員  会 番 号件            名審査結果請願第8号小学校就学前までの医療費無料化と妊産婦検診に対する補助拡充を求める請願継続審査請願第10号支援費制度の改善を求める請願継続審査請願第9号介護保険制度の改善・拡充を求める請願不 採 択請願第11号年金制度充実と消費税など大増税中止を求める請願不 採 択請願第12号医療制度の充実を求める請願不 採 択陳情第4号教育基本法の改定でなく,その理念の実現を求める陳情不 採 択...