運営者 Bitlet 姉妹サービス
小松市議会 > 2016-09-16 >
平成28年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2016-09-16
平成28年予算決算常任委員会総括質疑 名簿 開催日: 2016-09-16

ツイート シェア
  1. 小松市議会 2016-09-16
    平成28年予算決算常任委員会総括質疑 名簿 開催日: 2016-09-16


    取得元: 小松市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-03-28
    ナビゲーションをスキップする ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1    予 算 決 算 常 任 委 員 会 総 括 質 疑 会 議 記 録 1.日  時  平成28年9月16日(金)          午前9時30分 開会   午前11時48分 休憩          午後1時00分 再開   午後2時44分 休憩          午後3時00分 再開   午後4時38分 閉会 2.場  所  本会議場 3.出席委員  【予算決算常任委員会】         川崎順次委員長、吉本慎太郎副委員長、南藤陽一委員、宮橋勝栄委員、         井田秀喜委員、木下裕介委員、新田寛之委員、吉村範明委員、浅村起嘉         委員、梅田利和委員、高野哲郎委員、片山瞬次郎委員、出戸清克委員、         二木攻委員、宮西健吉委員、宮川吉男委員、橋本米子委員、表靖二委員、         浅野清利委員、北出隆一委員、杉林憲治委員、灰田昌典委員 4.欠席委員  なし 5.説明員として議場に出席した者         和田市長、竹村副市長、石黒教育長、早松参与兼総合政策部長、吉田財         政課長、野村総合政策部付部長、越田行政管理部長、谷口市民福祉部長、         中西予防先進部長、望月経済観光文化部長、小林環境共生部長、前多ふ         るさと共創部長、藤岡ふるさと共創担当部長、藤田都市創造部長、山本         教育次長
    6.職務のため議場に出席した事務局職員         村中事務局長、本谷課長、西瀧参事、川崎主幹、神谷主査、河上主査 7.傍聴人   一 般 4名         記 者 2名 2      予 算 決 算 常 任 委 員 会 総 括 質 疑 一 覧                  9月16日(金)        予算:自民創生会1番/自民党こまつ2番/自民クラブ3番 会派名 自民創生会  1 吉村 範明   1.中学校「イングリッシュ・テーブル」開設費について             (1)運営方法について             ・E.Troomは空き教室を利用するのか             ・異文化を体験できるとのことだが,どのような体験ができる              のか             ・ICTを活用するとのことだが,どのようなものを活用して              いくのか             ・豊富な海外の情報が得られるとのことだが,どのような情報              が得られるのか             ・ALTが常駐とのことだが,現行のように各学校を回らずに              1つの学校に常にいるのか。また,子どもたちは授業時間以              外にいつでも利用できるのか             (2)今後の展開について             ・ALTの確保は大丈夫なのか             ・平成30年度までに10校にするとのことだが,1校あたりに掛              かる費用は             ・また,ランニングコストは幾らを想定しているのか             ・小学校への波及はどう考えているのか             ・ロボットの役割とは。すべてに設置するのか。1機あたり幾              らを想定しているのか 会派名 自民党こまつ  2 宮西 健吉   1.親水スポーツ公園企画費について             (1)小松市共同艇庫の移設について             ・北陸新幹線梯川橋梁工事に伴い,移設しなければならない理              由は             ・補償について,鉄道・運輸機構の考え方は             ・移設場所についての考え方は             ・安全性対策は 会派名 自民クラブ  3 表  靖二   1.保育料第2子無料化推進費について             ・現行の保育料について             ・補正予算のうち,第2子の無料化について             ・更なる深ぼりはできないか             ・子育て支援策と合計特殊出生率の関係について      決算:自民創生会4~7番/自民党こまつ8番/自民クラブ9番/         みどりの風10~11番/無会派12~14番 会派名 自民創生会  4 新田 寛之   1.平成27年度小松市歳入歳出決算の認定について             (1)経常収支比率について             ・自由度の高い財源はどの程度か             (2)実質公債費比率について             ・単年度として上がった理由は             (3)投資的経費について             ・過去最低水準となったが,繰上償還金とのバランスについて  5 宮橋 勝栄   1.平成27年度小松市歳入歳出決算の認定について             (1)歳入について             ・市税の推移と平成27年度の総括             ・今後の見込みについて             ・地方消費税交付金について             (2)財政フレームについて             ・今後の歳出見込みについて             ・債務負担行為について             ・税収増に向けた取り組みについて  6 高野 哲郎   1.芸術文化振興費等について             ・平成28年度への繰越金額が多くなった理由は             ・繰り越した予算は現在どのように使われているのか             ・多額の予算を繰り越す場合の考え方について  7 南藤 陽一   1.病児保育推進費について             (1)利用率向上について             ・委託内容             ・平成27年度の利用状況             ・キャンセル待ちの実績(月別)             ・キャンセル待ちがあるが,定員に満たない要因             ・利用率向上の改善策             (2)今後の推進策について             ・現在の施設の整備に伴う,最大受入定員             ・公立保育所と病児ルームの連携は可能か 会派名 自民党こまつ  8 宮西 健吉   1.こまつまるごと観光物産推進費について             ・こまつ観光物産ネットワークの活動運営補助金の内訳は             ・空の駅,空カフェ,ぶっさんやの運営状況は 会派名 自民クラブ  9 表  靖二   1.公立4年制大学設立検討費について             (1)内容について             ・使途について             ・準備作業の現況及び今後のスケジュールについて             ・学生数と交付金の関係について             (2)学生募集について             ・どのような教育をするのか,建学の精神は             ・産業界との協力関係について             ・国際文化交流学部の在り方について
    会派名 みどりの風  10 杉林 憲治   1.庁舎管理費について             (1)庁舎トイレ洋便器取替工事             ・工事内容と工事費             ・今後の取替工事の計画             (2)本市の体育・観光・文化・教育施設のトイレの現状と対応             ・主な施設(公会堂,市民センター,こまつ芸術劇場うらら,              サイエンスヒルズこまつ,末広体育館,小松総合体育館,こ              まつドーム,航空プラザ,小松市民病院,芦城公園)の現状              と今後の取り組みは             ・小学校,中学校,小松市立高校,保育所の現状は。特に避難              所に指定されている体育館(講堂)の洋式化は             ・JR小松駅,小松空港の現状は             ・市内の県施設の現状は。中でも木場潟公園は             ・徒歩で観光する人達へのトイレの案内をどうするのか             (3)女性のトイレへの要望について             ・女性からの要望の多いものとして1)公園などのトイレは汚く,              安全面に不安がある2)人が集まる施設では数が少なく,スト              レスを感じる3)男性より広いスペースが必要だが,狭くて子              連れの時は使いづらい等があるが,こうした声にどのように              対応するか             ・金沢市は今月,体育・観光・文化施設のトイレを見直すため,              女性職員で専門チーム「これからのトイレSOZOチーム」              を発足させた。本市でも女性視点でトイレを見直す考えは            2.選手育成強化費について             ・選手育成強化についての事業のねらいと内容について             ・こども体育大学,ジュニアスポーツセミナーについて             ・スポーツ医科学サポートを取り入れているが,その内容は。              これまでに何名の支援を実施し,その成果は             ・近年,本市の小中学生や高校生が全国大会で優秀な成績をあ              げている。毎年,何名の選手が出場しているか             ・4年後の東京オリンピック・パラリンピックで活躍する選手              はいるか             ・選手育成強化を推進していく中で,各種競技団体から施設整              備の要望はあるか。ある場合,どのように対応するのか  11 宮川 吉男   1.授業力スキルアップ費について             ・決算の内訳と実績             ・事業の成果             ・今後の展開と拡充の考えは             ・学力アレッベプルアップ事業の成果と今後の展開             ・小松市独自の新教員に対する実社会体験研修制度の導入は 会派名 無会派  12 木下 裕介   1.平成27年度小松市歳入歳出決算の認定について             (1)国民健康保険保健事業について             ・レセプト点検             ・ジェネリック医薬品差額通知  13 橋本 米子   1.社会保障・税番号普及促進費及びコンビニ交付推進費につい             て             (1)通知カード発送数,マイナンバーカード交付数と活用状況              について             ・国内に住民登録がある全ての人に12桁の番号を割り振りをす              るマイナンバー制度が昨年10月より始まった             ・今年1月より税や社会保障の行政手続きなど,マイナンバー              利用が行われているが,マイナンバーとマイナンバーカード              の活用状況について             (2)コンビニ交付推進費について             ・地方自治体の本来業務である住民票や印鑑証明等の発行業務              をコンビニエンス・ストアで行っているが,その発行状況に              ついて            2.北陸新幹線建設推進費について             (1)騒音と振動について             ・長野-金沢間の沿線ルート地点で予想以上の騒音に沿線住民              が悲鳴をあげているとの報道されているが,小松市内での騒              音と振動についてどう考えるか             (2)島町の高架橋の高さはどの位になるか             ・新幹線が通過する島町は高台になっているので,どれ位の高              さになるのか  14 片山瞬次郎   1.平成27年度小松市心身障害者医療費助成事業について             (1)助成対象者の所得制限の緩和を             ・助成対象の要件及び範囲             ・所得制限の県内各市町の状況             ・所得制限を受けている人数             ・やさしいまちづくりのための条例一部改正を            2.ごみ処理対策費について             (1)容器包装プラスチックの回収について             ・どれくらいの回収量で,リサイクルの収入は             ・生活ごみのうち,ビニール袋等はこの対象となるか             ・容器包装プラスチックごみとプラスチック・ビニール製品を              一緒に出す人は多数なので,解りやすい広報と丁寧な対応を Copyright © Komatsu City Council, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...