黒部市議会 > 2020-12-21 >
令和 2年第8回定例会(第4号12月21日)

ツイート シェア
  1. 黒部市議会 2020-12-21
    令和 2年第8回定例会(第4号12月21日)


    取得元: 黒部市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    令和 2年第8回定例会(第4号12月21日)   令和2年第8回黒部市議会12月定例会会議録 令和2年12月21日(月曜日)                  議事日程(第4号)                            令和2年12月21日(月)                               午前10時25分開議 第1 議案第73号 令和2年度黒部市一般会計補正予算(第6号)    議案第74号 令和2年度黒部市病院事業会計補正予算(第3号)    議案第75号 黒部市道駅KOKOくろべ条例の制定について    議案第76号 黒部市生涯学習文化スクエア条例の制定について    議案第77号 黒部市国民健康保険税条例の一部改正について    議案第78号 黒部市林業者等スポーツ研修館条例の廃止について    議案第79号 黒部市防災行政無線デジタル化整備工事請負契約の締結について    議案第80号 黒部市地域観光ギャラリー外9施設に係る指定管理者の指定につい           て    議案第81号 市道の路線の認定及び変更について               (委員長報告、質疑、討論、表決)
    第2 (追加議案)    議案第82号 監査委員の選任について          ( 提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決 ) 第3 各常任委員会及び新型コロナウイルス感染症対策特別委員会議会閉会中の継続審           査について 第4 学校統合及び学校跡地の利活用について                (委員長報告、質疑、表決) 第5 観光振興及び交流人口増加による都市活性化について    議会改革に関わる事項について                (委員長報告、質疑、表決) 第6 議会運営に関する調査について                (委員長報告、質疑、表決) ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の会議に付した事件  議事日程に同じ ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の出席議員   17人     1番 谷 村 一 成 君         2番 中 野 得 雄 君     3番 大 辻 菊 美 君         4番 柳 田   守 君     5番 助 田 要 三 君         6番 金 屋 栄 次 君     7番 柴 沢 太 郎 君         8番 成 川 正 幸 君     9番 高 野 早 苗 君        10番 中 村 裕 一 君    12番 小 柳 勇 人 君        13番 木 島 信 秋 君    14番 辻   靖 雄 君        15番 伊 東 景 治 君    16番 橋 本 文 一 君        17番 辻   泰 久 君    18番 新 村 文 幸 君 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の欠席議員   なし ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 説明のため出席した者  市長部局   市長               大 野 久 芳 君   副市長              上 坂 展 弘 君   総務企画部長           有 磯 弘 之 君   市民生活部長           村 田 治 彦 君   産業経済部長           山 本 稔 浩 君   都市建設部長           島 津   博 君   総務企画部次長総務課長      長 田   等 君   市民生活部次長福祉課長      平 野 孝 英 君   産業経済部次長農業水産課長    霜 野 好 真 君   都市建設部次長道路河川課長    山 本 浩 司 君   会計管理者            柳 原 真美代 君   総務企画部次長企画情報課長    藤 田 信 幸 君   財政課長             川 添 礼 子 君   総務課行政係長          吉 田 雅 之 君  市民病院   市民病院事務局長         長 田 行 正 君   市民病院事務局次長総務課長    池 田 秀 之 君  教育委員会   教育長              中   義 文 君   教育部長             鍋 谷   悟 君   教育委員会事務局次長学校教育課長 高 野   晋 君  代表監査委員            松 野   優 君 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 職務のため議場に出席した事務局職員   議会事務局長           魚 谷 八寿裕 君   議会事務局次長議事調査課長    朝 倉 秀 篤 君   議事調査課課長補佐        宮 崎 香 織 君   主事               宮 津   健 君 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――                    開    議   午前10時25分 ○議長(木島信秋君) おはようございます。どなた様もご苦労様でございます。  定足数に達しましたので、会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第1、「議案第73号から 議案第81号まで」以上、9件を一括議題といたします。  本9件を付託した各委員会の審査の結果について、各委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長の報告を求めます。  総務文教委員長柴沢太郎君。              〔総務文教委員長 柴沢太郎君登壇〕 ○総務文教委員長柴沢太郎君) 本委員会に付託されております、「議案第73号中の所管部分」、「議案第76号」、「議案第77号」、「議案第78号」及び「議案第79号」、以上、5件について、慎重に審査を行いましたので、その結果についてご報告申しあげます。  「議案第73号 令和2年度 黒部市一般会計補正予算(第6号)の所管部分」については、原案を可とすることに決定。  なお、(仮称)くろべ市民交流センター整備事業費に関する工事監理業務における旅費については、本市に来る専門的知識を有した技師の出張分との説明を受けたところであるが、その勤務実態を適時、議会へ報告するよう申し上げたのであります。  「議案第76号 黒部市生涯学習文化スクエア条例の制定について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第77号 黒部市国民健康保険税条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第78号 黒部市林業者等スポーツ研修館条例の廃止について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第79号 黒部市防災行政無線デジタル化整備工事請負契約の締結について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。             〔総務文教委員長 柴沢太郎君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) 次に、生活環境委員長の報告を求めます。  生活環境委員長成川正幸君。              〔生活環境委員長 成川正幸君登壇〕 ○生活環境委員長成川正幸君) 本委員会に付託されております、「議案第73号の所管部分」及び「議案第74号」、以上2件について、慎重に審査を行いましたので、その結果についてご報告申しあげます。  「議案第73号 令和2年度 黒部市一般会計補正予算(第6号)の所管部分」については、原案を可とすることに決定。  「議案第74号 令和2年度 黒部市病院事業会計補正予算(第3号)」については、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。             〔生活環境委員長 成川正幸君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。  産業建設委員長、柳田 守君。              〔産業建設委員長 柳田 守君登壇〕 ○産業建設委員長(柳田 守君) 本委員会に付託されております、「議案第73号の所管部分」、「議案第75号」、「議案第80号」、及び「議案第81号」、以上4件について、慎重に審査を行いましたので、その結果についてご報告申し上げます。  「議案第73号 令和2年度 黒部市一般会計補正予算(第6号)の所管部分」は、原案を可とすることに決定。  「議案第75号 黒部市道駅KOKOくろべ条例の制定について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第80号 黒部市地域観光ギャラリー外9施設に係る指定管理者の指定について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第81号 市道の路線の認定及び変更について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。             〔産業建設委員長 柳田 守君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) 次に、新型コロナウイルス感染症対策特別委員長の報告を求めます。  新型コロナウイルス感染症対策特別委員長高野早苗君。
           〔新型コロナウイルス感染症対策特別委員長 高野早苗君登壇〕 ○新型コロナウイルス感染症対策特別委員長高野早苗君) 去る、12月4日、本会議終了後に、本委員会を開催し、委員長及び副委員長の辞任に伴い、委員長及び副委員長の互選を行った結果、委員長に私が、副委員長中野得雄君が選任されたのであります。  次に、12月16日に開催し、本委員会に付託されております、「議案第73号の所管部分」について、慎重に審査いたしましたので、審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第73号 令和2年度 黒部市一般会計補正予算(第6号)の所管部分」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。       〔新型コロナウイルス感染症対策特別委員長 高野早苗君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑は、ありませんか。                〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 質疑なしと認めます。これをもって、質疑を終結いたします。  これより討論を行います。討論はありませんか。                〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  これより採決を行います。  議題のうち、まず「議案第75号 黒部市道駅KOKOくろべ条例の制定について」、「議案第76号 黒部市生涯学習文化スクエア条例の制定について」、「議案第77号 黒部市国民健康保険税条例の一部改正について」、「議案第78号 黒部市林業者等スポーツ研修館条例の廃止について」、以上、4件を一括して採決いたします。  本4件に対する各委員長の報告は、原案を可とするものであります。  各委員長の報告のとおり、決することにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第75号から 議案第78号まで」以上、4件は原案のとおり可決されました。  次に、「議案第73号 令和2年度 黒部市一般会計補正予算(第6号)」、及び「議案第74号 令和2年度 黒部市病院事業会計補正予算(第3号)」、以上、2件を一括して採決いたします。  本2件に対する各委員長の報告は、原案を可とするものであります。各委員長の報告のとおり、決することにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第73号及び 議案74号」以上、2件は原案のとおり可決されました。  次に、「議案第79号 黒部市防災行政無線デジタル化整備工事請負契約の締結について」、及び「議案第80号 黒部市地域観光ギャラリー外9施設に係る指定管理者の指定について」、以上、2件を一括して採決いたします。  本2件に対する各委員長の報告は、原案を可とするものであります。各委員長の報告のとおり、決することにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第79号及び 議案第80号」以上、2件は原案のとおり可決されました。  次に、「議案第81号 市道の路線の認定及び変更について」を起立により採決いたします。本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   〔賛成者起立〕 ○議長(木島信秋君) 起立多数であります。よって、「議案第81号」は、原案のとおり可決されました。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第2、「議案第82号」を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  市長、大野久芳君。                 〔市長 大野久芳君登壇〕 ○市長(大野久芳君) おはようございます。ただいま上程されました議案第82号は、「監査委員の選任について」であります。  議員のうちから選任されておられました木島信秋議員監査委員を辞任されましたので、後任の監査委員として辻靖雄議員を選任いたしたく、議会の同意をお願いするものであります。  木島信秋監査委員におかれましては、平成30年11月から2年1か月にわたり、財務の適切な執行はもとより、各種施策の効率的、効果的な執行について、ご指導いただきましたことに深く感謝を申し上げるものであります。  以上追加提出いたしました議案につきましてご説明申しあげましたが、何卒慎重ご審議のうえ、適切なるご決定を賜りますようお願い申しあげ、提案理由とさせていただきます。               〔市長 大野久芳君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) 議案の細部説明のため、暫時休憩いたします。   休  憩  午前10時40分   再  開  午前10時50分 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第2の議事を継続いたします。  「議案第82号」について、質疑を行います。質疑はありませんか。                〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 質疑なしと認めます。これをもって、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題になっております「議案第82号」については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第82号」については、委員会の付託を省略することに決しました。  これより、討論を行います。討論はありませんか。                〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 討論なしと認めます。これをもって、討論を終結いたします。  これより、「議案第82号 監査委員の選任について」を起立により採決いたします。  本件については、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。                   〔賛成者起立〕 ○議長(木島信秋君) 起立全員であります。よって、「議案第82号」は、これに同意することに決しました。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第3、「各常任委員会及び新型コロナウイルス感染症対策特別委員会議会閉会中の継続審査について」を議題といたします。各委員長から会議規則第111条の規定により、お手元に配布いたしました申出一覧表のとおり、所管事務の審査について議会閉会中の継続審査申し出があります。  お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり継続審査に付することに、ご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって各委員長からの申し出のとおり、議会閉会中の継続審査に付することに決しました。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第4、「学校統合及び学校跡地の利活用について」を議題といたします。  本件を付託した学校統合及び跡地利用対策特別委員会の審査の結果について、委員長から報告を求めます。  学校統合及び跡地利用対策特別委員長、辻 靖雄君。         〔学校統合及び跡地利用対策特別委員長 辻 靖雄君登壇〕 ○学校統合及び跡地利用対策特別委員長(辻 靖雄君) 本特別委員会に付託され、継続審査に付されております「学校統合及び学校跡地の利活用について」審査の結果をご報告申し上げます。  本特別委員会は、平成30年12月16日、9名の議員を委員として設置され、学校統合及び学校跡地の利活用について、閉会中審査も含め11回の委員会を開催し、調査・研究を行ってまいりました。  これまで、旧宇奈月中学校と旧桜井中学校との統合、旧鷹施中学校と旧高志野中学校との統合における統合準備委員会協議状況施設整備通学対策等について、子ども達心身ともに健やかに学校生活を送る環境が整えられているかを検証してきましたが、本年4月に清明中学校明峰中学校が開校し、その後も新型コロナウイルス感染症の影響もあるなか、両校とも概ねスムーズに学校運営がなされております。  また、学校跡地等の取扱いについては、今後、現況の旧学校施設に関しサウンディング型市場調査をはじめとする手法により、ニーズ把握が行われ、利活用方向性が検証されていくとのことであります。  以上のことから、本委員会付託事件である「学校統合及び学校跡地の利活用について」の審査が一定程度、所期の目的に達したとし、その審査を終了すべきものと決定した次第であります。  しかしながら、小学校の再編については、議会でも議論を重ねてきたにも関わらず、市当局におかれましては、今一度、小学校再編計画の再検討が必要と判断されたところであります。  小学校再編は、子ども達への影響はもちろんのこと、学校を中心としてきた地域の存続にも大きな影響を及ぼすものであり、今後も引き続きあらゆる場面で議論は続け、注視していく必要があるものと考えます。  当局には、これまでの委員会での議論を踏まえ、諸施策を着実に実施され、次代を担う子どもたちにとって望ましい教育環境を整えるとともに、また跡地利活用実効性のあるものとなるよう要望いたします。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。       〔学校統合及び跡地利用対策特別委員長 辻 靖雄君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) ただいまの、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。                〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 質疑なしと認めます。これをもって、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本件に対する委員長の報告は、「付託事件審査終了」であります。  委員長の報告のとおり審査を終了することとし、学校統合及び跡地利用対策特別委員会を廃止したいと思います。これにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。よって、学校統合及び跡地利用対策特別委員会については、廃止することに決しました。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第5、「観光振興及び交流人口増加による都市活性化について」、及び「議会改革に関わる事項について」、以上、2件を一括議題といたします。  本2件を付託した各特別委員会の審査の結果について、各委員長から報告を求めます。  まず、観光・都市活性化振興特別委員長の報告を求めます。  観光・都市活性化振興特別委員長新村文幸君。          〔観光・都市活性化振興特別委員長 新村文幸君登壇〕 ○観光・都市活性化振興特別委員長新村文幸君) 本特別委員会に付託されております、「観光振興及び交流人口増加による都市活性化について」ご報告申し上げます。  12月17日に、本委員会を開催し、まず、当局から所管事項に係る経過報告を受けたのであります。  次に、当局から道の駅KOKOくろべの概要について説明を受けたのであります。その概要を申しますと、まず、最新版工事等のスケジュールにより、進捗状況を確認し、現在のところ、令和4年春の開業に向けて特段の遅延が生じているものはないことを確認したのであります。  次に、12月11日まで募集していた、地域振興施設内のテナント事業者の募集について、応募のあった事業者数や出店を希望する位置等の状況について確認したのであります。  その後、当局と所管事項における今後の事業促進方向等について、意見交換したのであります。  その結果、本市における観光振興及び交流人口増加による都市活性化について、引き続き調査・研究する必要があることから、今後とも付託事件の審査が終了するまで、継続審査すべきものと決定した次第であります。
            〔観光・都市活性化振興特別委員長 新村文幸君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) 次に議会改革特別委員長の報告を求めます。  議会改革特別委員長小柳勇人君。             〔議会改革特別委員長 小柳勇人君登壇〕 ○議会改革特別委員長小柳勇人君) 本特別委員会に付託されております「議会改革に関わる事項について」ご報告申し上げます。  去る、12月4日、本特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の辞任に伴い、委員長及び副委員長の互選を行った結果、委員長に私が、副委員長谷村一成君が選任されたのであります。  本年、進めてまいりました黒部市議会議員政治倫理条例の制定については、幹事会での協議並びに委員会での審議を重ねながら、素案を作成し、パブリックコメント手続きを経て、今定例会初日に、委員会提出議案として上程し、全会一致のもと可決されたのであります。  今後は、議員一人ひとりが本条例の趣旨を常に念頭に置き、政治倫理の一層の向上に努め、市民に信頼される議会づくりを進めてまいります。  また、去る12月17日に本委員会を開催し、今後さらなる議会改革に取り組むべく、諸課題を整理するとともに、「黒部市議会のあり方」について、協議していくことを確認したのであります。  本特別委員会では、「議会改革に関わる事項について」引き続き調査・研究する必要があることから、今後とも付託事件の審査が終了するまで継続審査すべきものと決定した次第であります。            〔議会改革特別委員長 小柳勇人君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) ただいまの、各委員長報告に対する質疑を行います。  質疑はありませんか。                〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 質疑なしと認めます。これをもって、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。本2件に対する各委員長の報告は、いずれも付託事件の審査が終了するまでの継続審査であります。  各委員長の報告のとおり、継続審査に付することにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。  よって、本2件は、付託事件の審査が終了するまでの継続審査に付することに決しました。 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― ○議長(木島信秋君) 日程第6、「議会運営に関する調査について」を議題といたします。  本件を付託した議会運営委員会の調査の結果について、委員長から報告を求めます。  議会運営委員長新村文幸君。              〔議会運営委員長 新村文幸君登壇〕 ○議会運営委員長新村文幸君) 本委員会に付託され、議会閉会中の継続審査に付されております議会運営に関する調査について、その結果をご報告申し上げます。  本委員会は、10月13日に開催し、常任委員会及び議会運営委員会の委員改選について、並びに特別委員会の改編について協議したのであります。  次に、10月21日に開催し、12月定例会の会期及び会議日程について協議したのであります。  次に、11月17日に開催し、11月臨時会の市長提出議案3件の説明を受けた後、その付託委員会について協議したのであります。また、11月臨時会の日程等について協議をいたしました。  次に、11月20日、本会議休憩中に開催し、議会運営委員会委員の構成及び選出について協議したのであります。加えて、本会議終了後再開し、常任委員会及び議会運営委員会の委員改選に伴う人事案件について協議したのであります。  次に、11月27日に開催し、12月定例会の市長提出議案9件の説明を受けた後、その付託委員会について協議したのであります。また、黒部市議会議員政治倫理条例の上程について、協議をいたしました。加えて、各特別委員会方向性について協議するとともに、新たな特別委員会について、意見交換をいたしました。  次に、12月4日、本会議前に開催し、議員提出議案一件の取扱いについて協議したのであります。また、本会議休憩中に再開し、議長及び副議長の辞職及び選挙方法等について、並びに、議長及び副議長の交代に伴う人事案件について協議をいたしました。  次に、12月17日に開催し、会議の欠席、遅刻の取扱いについて協議したのであります。  次に、本日、本会議前に開催し、議員選出の監査委員の推せんについて協議したのであります。その協議において、議員選出の監査委員のあり方について、今後、議会改革の一環として協議していくべきとの意見が出ました。また、本会議前に再開し、市長追加提出議案1件の取扱いについて協議したのであります。  以上の審査事項を含め、本委員会では議会運営の効率化等について、引き続き調査する必要があると認め、議会閉会中も継続して審査すべきと決定した次第であります。             〔議会運営委員長 新村文幸君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) ただいまの、委員長報告に対する質疑を行います。  質疑はありませんか。                〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) 質疑なしと認めます。  これをもって、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本件に対する委員長の報告は、「議会閉会中の継続審査」であります。委員長の報告のとおり継続審査に付することにご異議ありませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(木島信秋君) ご異議なしと認めます。  よって、本件は、「議会閉会中の継続審査」に付することに決しました。  以上で、本日の日程はすべて終了し、本定例会に付議されました議案は、すべて議了いたしました。市長からごあいさつがございます。  市長、大野久芳君。                 〔市長 大野久芳君登壇〕 ○市長(大野久芳君) 市議会12月定例会の閉会にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。  議員各位には、今月4日から本日まで18日間にわたり開会されました今定例会におきまして、補正予算と条例及びその他案件について、慎重かつ熱心なご審議を賜り、滞りなく議了され、ご承認いただきましたことに対し、深く感謝申し上げます。審議の中で賜りましたご意見やご要望につきましては、十分に調査、そして検討を加え、適切に対応してまいります。  さて、今年を振り返りますと、今なお世界中で感染の猛威を振るう新型コロナウイルス感染症にまさに翻弄された一年でありました。この目に見えないウイルスの感染拡大は、私たちの日常生活に大きな不安と恐怖を与え、日々の行動や活動を大きく変えました。そして地域の経済活動を停滞させるなど、今もって多大な影響を及ぼしているところであります。  こうした中にあっても、様々な分野において、市民の皆様や関係者が、知恵と工夫を凝らした感染防止策を実践され、各種活動や事業の再開と展開に果敢に取り組まれた一年であったと感じております。  新型コロナウイルス感染症の一日も早い沈静化を願いつつ、それぞれのお立場において、連日、連夜にわたり、使命感と連帯感、そして助け合いの心をもって、感染症への対応等にあたられた全ての皆様に対し、改めて深甚なる敬意と感謝を申し上げる次第であります。  迎える令和3年は、本市が誕生して15周年となる記念すべき節目の年であります。  コロナ禍にあって、本市を取り巻く財政状況は一層厳しさを増す中ではありますが、黒部市15年の歩みを1つの節目とし、4万1千黒部市民がより一層絆を深める施策の展開に取り組むとともに、第2次黒部市総合振興計画に掲げる各種事業を着実に推進させ、市勢の伸展と市民福祉の向上に向け、誠心誠意取り組んでまいる所存であります。引き続き、議員各位そして市民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  本年も残すところ10日余りとなりました。議員各位には、年末を迎え何かとご多用なこととは存じますが、体調管理などに十分留意され、輝かしい新春をお迎えいただきますとともに、新年が幸多き年でありますようお祈り申し上げ、閉会のご挨拶とさせていただきます。               〔市長 大野久芳君自席に着席〕 ○議長(木島信秋君) これをもって、令和2年第8回黒部市議会12月定例会を閉会いたします。   閉   会  午前11時12分  上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。                             黒部市議会議長  木 島 信 秋                            黒部市議会副議長  中 村 裕 一                                署名議員  伊 東 景 治                                署名議員  橋 本 文 一...