黒部市議会 > 2012-01-20 >
平成24年第1回臨時会(第1号 1月20日)

ツイート シェア
  1. 黒部市議会 2012-01-20
    平成24年第1回臨時会(第1号 1月20日)


    取得元: 黒部市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成24年第1回臨時会(第1号 1月20日)   平成24年第1回黒部市議会1月臨時会会議録 平成24年1月20日(金曜日)                 議事日程(第1号)                            平成24年1月20日(金)                               午前10時25分開議 第1 会議録署名議員指名 第2 会期決定 第3 議案第1号 平成23年度黒部一般会計補正予算(第5号)    ( 提案理由説明質疑委員会付託委員長報告質疑討論表決 )    議案第2号 専決処分承認について    ( 提案理由説明質疑委員会付託省略討論表決 ) ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の会議に付した事件  議事日程に同じ ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の出席議員   20人     1番 川 本 敏 和 君         2番 中 村 裕 一 君
        3番 村 井 洋 子 君         4番 山 田 丈 二 君     5番 小 柳 勇 人 君         6番 谷 口 弘 義 君     7番 木 島 信 秋 君         8番 辻   靖 雄 君     9番 寺 田 仁 嗣 君        10番 伊 東 景 治 君    11番 橋 本 文 一 君        12番 辻   泰 久 君    13番 山 内 富美雄 君        14番 松 原   勇 君    15番 山 本 達 雄 君        16番 吉 田 重 治 君    17番 川 上   浩 君        18番 新 村 文 幸 君    19番 森 岡 英 一 君        20番 坂 井   守 君 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 本日の欠席議員    な  し ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 説明のため出席した者  市長部局   市長                   堀 内 康 男 君   副市長                  中 谷 延 之 君   まちづくり戦略統括監           浜 屋 孝 之 君   総務企画部長               能 澤 雄 二 君   市民生活部長               太 田 孝 雄 君   産業経済部長               米 陀 峰 信 君   都市建設部長               岩 井 宏 道 君   上下水道部長               小 崎 敏 弘 君   会計管理者                米 生 利 弥 君   総務企画部次長企画政策課長        本 多   茂 君   総務企画部次長総務課長          柳 田   守 君   市民生活部次長福祉課長          林   高 好 君   産業経済部次長農業水産課長        能 登 直 幸 君   都市建設部次長建設課長          朝 倉   実 君   工務課長                 西 田 重 雄 君   財政課長                 寺 嶋 和 義 君   総務課行政係長              藤 田 信 幸 君  市民病院   市民病院事務局長             沢 井 利 夫 君   市民病院事務局次長            飯 野   勇 君  消防本部   消防長                  佐々木   隆 君   消防本部次長               岡 島   茂 君  教育委員会   教育委員長                池 田   宏 君   教育長                  中 山 慶 一 君   教育部長                 大 川 信 一 君   教育委員会事務局次長生涯学習スポーツ課長 山 本 芳 夫 君  代表監査委員                勇 永 三 郎 君 ――――――――――――――――――――〇――――――――――――――――――― 職務のため議場に出席した事務局職員   事務局長                 中 田 博 己 君   議事調査課長               山 本   勝 君   議事調査係長               寺 林 佳 子 君   主査                   山 口 真 二 君 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――               開 会 の 宣 告   午前10時25分 ○議長新村文幸君) 皆さん、おはようございます。  本日、1月臨時会が招集されましたところ、ただいまの出席議員全員であります。  定足数に達しましたので、これより、「平成24年第1回黒部市議会1月臨時会」を開会し、直ちに本日の会議を開きます。 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――                   開    議   午前10時26分 開議議長新村文幸君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。  日程第1、会議録署名議員指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、「村井洋子君」及び「山田丈二君」を指名いたします。 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――議長新村文幸君) 日程第2、会期決定議題といたします。  お諮りいたします。  今臨時会会期は、本日1日間といたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) ご異議なしと認めます。  よって会期は、本日1日間と決定いたしました。 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――議長新村文幸君) 日程第3、「議案第1号」及び「議案第2号」の以上、2件を一括議題といたします。  市長から提案理由説明を求めます。  市長堀内康男君。                〔市長 堀内康男登壇〕 ○市長堀内康男君) おはようございます。どちら様も大変ご苦労さまでございます。  本日は、田家小学校6年生のみなさんが傍聴に来ておられます。今日の議案には、田家小学校についての議案もあります。みなさんが卒業してからになると思いますが、地震に強く、そしてみなさんの弟や妹や後輩たちが、安心して伸び伸びと勉強できる学校にするための工事をしたいというふうに思っております。今日は、市議会議員皆さん方と一緒に、相談しながら、学校の事など黒部市の大事なことを決める様子や雰囲気を一部ではありますが、体験していっていただきたいと思います。  それでは、提案理由説明をさせていただきます。  本日ここに、平成24年第1回黒部市議会1月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位のご参集を賜り、付議しております議案につきまして、ご審議いただきますことに対し、深く敬意を表するものであります。  本臨時会に提出いたしております議案についてご説明を申し上げます。  「議案第1号」は、「平成23年度黒部一般会計補正予算(第5号)」であります。  補正額は3億7,577万円でありまして、補正後の予算総額を224億5,242万2,000円とするものであります。  補正予算の概要について申し上げます。小学校規模改造事業につきましては、学校施設環境改善交付金の内定により、田家小学校耐震化及び大規模改造事業に係る基本設計及び実施設計委託費耐震補強や大規模改造に要する工事費を計上するものであります。幼稚園規模改造事業につきましては、統合幼稚園建設事業追加経費を計上するものであります。これらは、国の第3次補正予算による交付金財源に、来年度に予定しておりました事業を前倒しして計上するものであります。  また、子育て支援センター運営費につきましては、黒部子育て支援センター移転改修工事及び備品購入費を計上するものであり、県の基金を活用した地域子育て創生事業を来年度に実施することとしておりましたが、今年度を期限に終了することが急遽決まりましたので、今回補正予算での計上となったものであります。  歳入につきましては、補正財源として国庫支出金県支出金、繰越金及び市債をもって充当するほか、財政調整基金繰入金を減額するものであります。  また、統合幼稚園建設事業につきましては、先の12月定例会における継続費の設定を廃止し、併せて、今回補正する事業費のうち年度内に完了しない見込みの部分を翌年度に繰り越して執行しようとするものであります。  「議案第2号」は、「専決処分承認について」であります。  除雪経費を追加するため、「平成23年度黒部一般会計補正予算(第4号)」として、去る1月10日に専決処分いたしましたので、議会のご承認をお願いするものであります。  以上、本臨時会に提出いたしました議案につきましてご説明を申し上げました。何とぞ慎重ご審議のうえ、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げて、提案理由とさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。              〔市長 堀内康男自席着席〕 ○議長新村文幸君) ただいま議案となっております諸案件のうち、「議案第2号」につきましては、議事の都合により、「議案第1号」に先立って審議いたします。  これより、「議案第2号」の質疑を行います。  質疑はありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  「議案第2号」については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。  これに、ご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第2号」については、委員会付託を省略することに決しました。
     これより、「議案第2号」について討論を行います。  討論はありませんか。              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) 討論なしと認めます。  これより、「議案第2号 専決処分承認について」を、起立により採決いたします。  本件については、これを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。                  〔賛成者起立〕 ○議長新村文幸君) 起立全員であります。  よって、「議案第2号」は承認することに決しました。  次に、「議案第1号」について質疑を行います。  質疑はありませんか。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) では、質疑をさせていただきます。  第3款民生費児童福祉費子育て支援センター運営費についてであります。これは生活環境委員会の中で随分と議論されてきたと思います。そう伺っておりますが、以前、市長答弁しておられる議事録を聞かせていただきましたが、既存の市の施設を使ってそういったものも検討していきたいという議論だったと思います。  先ほど全員協議会説明で、市民会館あるいは働く婦人の家、勤労青少年ホーム等、そういった中で、問題は駐車場であったと聞いております。それはそれとしまして、今、変わろうしている所、メルシーについてでありますが、この話は生活環境委員会の中であまり議論がなかったと私は伺っています。  まず最初に伺いますが、メルシーはいつ建設されたわけでしょうか。  もう一つ、当初メルシーにはどれだけの店舗が入っていて、現在どれだけの店舗があるのか。なぜ、そのようなことを聞くかといいますと、当初メルシーはこうであって、それがだんだん出店数が減り、2階の部屋が空いてきたためそこに入ればいいということになったのか、その点について聞かせていただきたいと思います。  もう1点、借上げ料は4万4,000円だと伺っています。下水道料金駐車料金も入っていると。しかし、広い駐車場のどの部分駐車場として確保されているのか、どこでもいいのか、その点についてお願いいたします。                〔市長 堀内康男挙手〕 ○議長新村文幸君) 市長堀内康男君。                〔市長 堀内康男起立〕 ○市長堀内康男君) メルシー建設時期あるいは店舗数等につきましては、担当部長の方からお答えをさせたいと思います。              〔産業経済部長 米陀峰信挙手〕 ○議長新村文幸君) 産業経済部長米陀峰信君。              〔産業経済部長 米陀峰信起立〕 ○産業経済部長米陀峰信君) 今、持ち合わせの資料が無いわけでありますけれども、メルシー昭和57年か58年だと思います。当時、店舗数につきましては約30でございます。現在は、20店舗をきっている状況であります。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) 産業経済部長の方から答弁がありましたが、20店舗をきっていると。20店舗をきっているというのは、11店舗も20店舗をきっているという事ですよ、19店舗も。産業経済部長、その辺どうなんですか。知っていて当然でしょう。              〔産業経済部長 米陀峰信挙手〕 ○議長新村文幸君) 産業経済部長米陀峰信君。              〔産業経済部長 米陀峰信起立〕 ○産業経済部長米陀峰信君) 現在の店舗数につきましては、17店舗だというふうに記憶しております。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) もう1点伺いたいのですが、建設時期が57年か58年と、あやふやなことを言われても困るんです。なぜかというと、耐震がどうなっているのかという事です。「耐震はいいよ」と言われますが、その辺がどうなのかを含めて私は知りたいわけなんです。市民生活部長、その辺どうなっていますか。              〔市民生活部長 太田孝雄挙手〕 ○議長新村文幸君) 市民生活部長太田孝雄君。              〔市民生活部長 太田孝雄起立〕 ○市民生活部長太田孝雄君) 先ほど議員のご質問の中に、駐車場利用の関係も言われましたので、それについてお答えをいたします。  現在、メルシーにございます駐車可能台数でございますが、地上部分では542台、地下で158台、計700台というふうにお聞きをしているところございます。これまでの打ち合わせの中では、特段どこを使ってほしいということではございません。空いていればどこでもいいということでございます。降雪時や雨天時は地下駐車場利用も空いていれば使ってほしいということでございますので、特段の指定はございません。  メルシーの態勢については、細かく話をしておりません。協同組合ということでございますので、こちらからの質問に対しては、それぞれ協同組合でご議論されたものを、その都度その都度返答していただいているものと理解をしております。  耐震につきましては調査していないところでございます。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) 私はその辺を聞きたいと思っていました。昨年の3月11日に大きな地震があって、まず安心・安全と市長は常々言っておられるのに、子育て支援センターが移転する、そういった部分について耐震がどうなのか、そういったことも調査しないで、議案として突然でてきて私達に判断をするようにというのは、間違っているのではないですか。市長、その辺をどう思いますか。                〔市長 堀内康男挙手〕 ○議長新村文幸君) 市長堀内康男君。                〔市長 堀内康男起立〕 ○市長堀内康男君) 橋本議員のおっしゃるとおりだというふうに思います。私が聞いているのは、耐震については問題ないというふうには聞いておりますが、その点、再度確認させていただきたいと思います。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) 議長質疑は3回と言われてるらしいのですが、よろしいですか。  やはり、急遽こういった予算があるから取りつけるという事では無くて、そういった場合についてはよっぽど注意しなければならない問題があるはずです。それを抜きにして物事を進めて、お金が安上がるからといってそういった事を含めて、考え方がずいぶん抜けているのではないかと思います。そういった事を考え、私は質疑したのであります。              〔産業経済部長 米陀峰信挙手〕 ○議長新村文幸君) 産業経済部長米陀峰信君。              〔産業経済部長 米陀峰信起立〕 ○産業経済部長米陀峰信君) 先ほどのことを訂正させていただきたいと思います。  メルシーの竣工でございますが、昭和57年8月でございます。店舗については、当初31店舗でございます。現在22店舗でございまして、インフォメーションも含めると24店舗ということです。申し訳ございません。 ○議長新村文幸君) ほかに質疑はありませんか。               〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) 質疑なしと認めます。  これをもって質疑を終結いたします。  これより、「議案第1号」の委員会付託を行います。  「議案第1号」は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管常任委員会付託いたします。  総務文教委員会生活環境委員会の開会のため、暫時休憩いたします。  総務文教委員会は、302会議室へ、生活環境委員会は、301会議室へお集まり願います。   休  憩  午前10時42分   再  開  午後 1時00分 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――議長新村文幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第3の議事を継続いたします。  各委員会審査の結果について、各委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長報告を求めます。  総務文教委員長橋本文一君。             〔総務文教委員長 橋本文一登壇〕 ○総務文教委員長橋本文一君) 本委員会付託されております、「議案第1号中の所管部分」について審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第1号 平成23年度黒部一般会計補正予算(第5号)中の所管部分」については、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切な決定を願う次第であります。            〔総務文教委員長 橋本文一自席着席〕 ○議長新村文幸君) 次に、生活環境委員長報告を求めます。  生活環境委員長小柳勇人君。             〔生活環境委員長 小柳勇人登壇〕 ○生活環境委員長小柳勇人君) 本委員会付託されております「議案第1号中の所管部分」について審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第1号 平成23年度黒部一般会計補正予算(第5号)中歳出第3款民生費」については、原案を可とすることに決定。  なお以下のような意見がございました。  子育て支援センター開所日が週1.5日から5日に増えるなど、利用者にとって利便性が高くなることや、市街地に設置されることにより中心市街地活性化の一助となること。そして、昨年3月から議会閉会中の生活環境委員会を開会し、子育て支援センターについて協議してきたことの経緯を、当局は真摯に受けとめ再認識するべきであるという意見があったことをご報告申し上げます。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。            〔生活環境委員長 小柳勇人自席着席〕 ○議長新村文幸君) ただいまの各委員長報告に対する質疑を行います。  質疑はありませんか。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立
    ○11番(橋本文一君) 委員会傍聴をさせていただきましたが、子どもたちが行く施設について、いろんな議論がなされたわけでありますけれども、その前に子どもたちの安全・防犯というものについて全く議論がなかったと思うわけであります。その点について、あったのか無かったのか委員長お願いします。             〔生活環境委員長 小柳勇人挙手〕 ○議長新村文幸君) 生活環境委員長小柳勇人君。             〔生活環境委員長 小柳勇人起立〕 ○生活環境委員長小柳勇人君) 委員会の中で、運営については今後鋭意検討していくという議論がなされております。 ○議長新村文幸君) ほかに質疑はありませんか。               〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論はありませんか。               〔11番 橋本文一挙手〕 ○議長新村文幸君) 11番、橋本文一君。               〔11番 橋本文一起立〕 ○11番(橋本文一君) 私は日本共産党を代表して、討論をさせていただきます。  議案の中で、子育て支援センター部分についてであります。これまで、生活環境委員会議会閉会中の審査の中で、数回にわたり子育て支援センターについて議論がなされたと聞いております。その中で、当局は、市民会館あるいは働く婦人家等の市の施設を活用して検討を行っていきたい、そういった答弁であったと私どもの委員から聞いているわけであります。市の施設が十二分に検討されたと見受けられないわけであります。今臨時会に提案されるまで、十二分な時間があったわけであります。  私は生活環境委員会傍聴いたしましたが、当局委員会にそういった明確な答弁がなされなかったと、私はこのように感じられたわけであります。  今回提案されている場所は、民間施設であります。民間施設には、借用するには、さまざまな問題の検討がなされなければならないわけであります。今回提案されている施設は、大型商業施設メルシーであります。メルシーには1日どれくらいの人が出入りするのか、そういったことも議論していただきたいと私は思います。そしてその中で、民間施設を借り受ける場合、民間施設の継続性、安全性、耐震アスベスト等、さまざまな問題も検討すべきであります。また、不特定多数の人が出入りする商業施設にもかかわらず、子どもたちにとって最も重要な問題である防犯などの問題等、委員会での議論がなかったように思います。  私どもの党の委員は、この問題を継続審査とすべきという議論に結論し、表決に加わったと思います。私どもの委員の判断は、妥当なものだったと思います。  しかし、この予算については他の補正部分もあります。  市民の皆さんにとって、重要な学校耐震あるいは除雪等の問題もありますので、私どもは苦渋の結果、賛成といたしますが、当局はこういった臨時議会において議案なされる場合は十二分な説明検討をなされて提案されるべきだと私は思います。委員会の中でもそのような意見がたくさんあったと思います。それを十分に検討なされて、今後やっていただきたいと思います。 ○議長新村文幸君) ほかに討論はありませんか。               〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長新村文幸君) 討論なしと認めます。  これより、「議案第1号 平成23年度黒部一般会計補正予算(第5号)」を採決いたします。  本件に対する各委員長報告は、原案を可とするものであります。  各委員長報告のとおり、決することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔「賛成者起立」〕 ○議長新村文幸君) 起立全員であります  よって、「議案第1号」は原案のとおり可決されました。  以上で、本日の日程はすべて終了し、本臨時会に付議されました議案はすべて議了いたしました。  これをもちまして、平成24年第1回黒部市議会1月臨時会を閉会いたします。  ご苦労さまでありました。   閉  会  午後 1時10分 ――――――――――――――――――――〇―――――――――――――――――――  上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。                        黒部市議会議長 新 村 文 幸                       黒部市議会議長 松 原   勇                           署名議員 村 井 洋 子                           署名議員 山 田 丈 二...