黒部市議会 > 2003-02-12 >
平成15年第1回臨時会(第1号 2月12日)

ツイート シェア
  1. 黒部市議会 2003-02-12
    平成15年第1回臨時会(第1号 2月12日)


    取得元: 黒部市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成15年第1回臨時会(第1号 2月12日)   平成15年第1回黒部市議会(2月臨時会)会議録 平成15年2月12日(水曜日)           議 事 日 程(第1号)                           平成15年2月12日(水)                           午前10時開議 議事日程その1 第1  仮議席の指定 第2  議長の選挙 議事日程その2 第1  議席の指定 第2  会議録署名議員の指名 第3  会期の決定 第4  副議長の選挙 第5  常任委員会委員の選任 第6  議会運営委員会委員の選任
    第7  議案第1号 黒部市総合振興計画基本構想を定めることについて     (提案理由説明、質疑、委員会付託委員長報告・質疑、討論、表決)     議案第2号 監査委員の選任について     (提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決) 第8  新川広域圏事務組合議会議員の選挙 第9  新川育成牧場組合議会議員の選挙 第10  新川地域介護保険組合議会議員の選挙 第11  議会運営に関する調査について               (委員長報告、質疑、表決) ────────────────────〇─────────────────── 本日の会議に付した事件  議事日程に同じ ────────────────────〇─────────────────── 本日の出席議員      20人      1番 辻   靖 雄 君       2番 寺 田 仁 嗣 君      3番 吉 松 定 子 君       4番 伊 東 景 治 君      5番 辻   泰 久 君       6番 中 田 利 次 君      7番 橋 本 文 一 君       8番 牧 野 和 子 君      9番 松 原   勇 君      10番 山 内 富美雄 君     11番 山 本 達 雄 君      12番 木 島 信 秋 君     13番 中 谷 松太郎 君      14番 吉 田 重 治 君     15番 稲 田   弘 君      16番 岩 井 憲 一 君     17番 新 村 文 幸 君      18番 能 村 常 穂 君     19番 森 岡 英 一 君      20番 山 本 豊 一 君 ────────────────────〇─────────────────── 本日の欠席議員    な し ────────────────────〇─────────────────── 説明のため出席した者  市長部局    市長          荻 野 幸 和 君    助役          安 原 宗 信 君    収入役         南 保 弘 幸 君    総務部長        平 原 康 光 君    民生部長        米 澤 信 良 君    産業部長        能 登 健 次 君    建設部長        木 島 孝 正 君    上下水道部長      森 岡 辰 清 君    総務部次長総務課長   稲 澤 義 之 君    民生部次長福祉課長   小 柳 龍 一 君    産業部次長農政課長   平 野 正 義 君    建設部次長都市計画課長 山 田 丈 二 君    上下水道部次長水道課長 中 谷 三 嗣 君    財政課長        名 越   誓 君    総務課主幹       能 沢 雄 二 君  病  院    市民病院長       高 桜 英 輔 君    市民病院事務局長    森 家 和 哉 君    市民病院事務局次長   島   邦 夫 君  消防本部    消防長消防監      藤 澤 秀 光 君    消防本部次長      田 中 幹 夫 君  教育委員会    教育委員長       廣 瀬 捷 負 君    教育長         西 坂 邦 康 君    教育部長        櫻 井   麗 君    事務局次長       吉 本   昭 君  監査委員          木 下 光 久 君 ────────────────────〇─────────────────── 職務のため議場に出席した事務局職員    事務局長        宮 崎 勝 昭 君    事務局次長       幅 口 文史朗 君    主事          能 登 隆 浩 君    主事          籠 浦 尚 樹 君 ────────────────────〇─────────────────── ○事務局長宮崎勝昭君) おはようございます。  開議に先立ち、ご紹介申し上げます。  一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。  出席議員中、稲田弘議員最年長者でありますのでご紹介申し上げます。  議長席にお着き願います。             〔臨時議長 稲田 弘君議長席に着席〕 ○臨時議長(稲田 弘君) それでは臨時議長を務めさせていただきます。  ただいま紹介いただきました稲田弘でございます。  地方自治法第107条の規定によりまして、臨時に議長の職務を務めさせていただきますので、何とぞよろしくご協力のほどをお願い申し上げます。 ────────────────────〇───────────────────               開 会 の 宣 告   午前10時27分 ○臨時議長(稲田 弘君) ただいまの出席議員は「20人」であります。  定足数に達しましたので、これより平成15年第1回黒部市議会2月臨時会を開会いたします。  臨時議長として作成いたしました議事日程はお手元に配布したとおりであります。  念のため、事務局長に朗読させます。  事務局長。            〔事務局長 宮崎勝昭議事日程朗読〕 ────────────────────〇───────────────────               開      議   午前10時28分 ○臨時議長(稲田 弘君) これより、本日の会議を開きます。  日程第1、「仮議席の指定」を行います。  議席は、黒部市議会会議規則第4条第1項の規定により、議長が定めることになっておりますので、議長が選挙されるまでの間、仮議席により議事を進行させていただきます。  仮議席は、ただいまご着席の議席といたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○臨時議長(稲田 弘君) 日程第2、「議長の選挙」を行います。  選挙の方法など協議のため、暫時休憩いたします。  議員の方は、301会議室の方へお集まり願います。   休  憩  午前10時29分   再  開  午前11時13分   出席議員  20名 ○臨時議長(稲田 弘君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第2の議事を継続いたします。
     これより議長の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○臨時議長(稲田 弘君) ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。  さらにお諮りいたします。  臨時議長において指名いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○臨時議長(稲田 弘君) ご異議なしと認めます。  よって、臨時議長において指名することに決定いたしました。  議長に「能村常穂」君を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま臨時議長において指名いたしました「能村常穂」君を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○臨時議長(稲田 弘君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました「能村常穂」君が議長に当選されました。  ただいま議長に当選されました「能村常穂」君が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。  議長よりごあいさつがあります。                〔議長 能村常穂君登壇〕 ○議長(能村常穂君) 皆様、おはようございます。  ただいまは、歴史と伝統ある黒部市議会の議長に、不肖私能村常穂、皆様方議員各位の、熱意と情熱をもって指名推選をいただきましたことに、心からの感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございます。  もとより浅学非才の身ではございますけれども、議員各位には、このたびの厳しい選挙を勝ち抜いてこられましたその力と、皆様方の黒部を思う気持ちを1つにしていただければ、これからの議会運営も、必ずや円滑に進むものと思っております。重ねてのご協力をよろしくお願いいたします。  また、荻野市長をはじめ、この議場におられます幹部職員の皆様、さらにはモニターテレビを見ておられるかと思いますが、職員の皆様、関係の皆様のご協力もこの場をかりましてよろしくお願いを申し上げるわけであります。  黒部市が誕生いたしましてから50年になろうとする今日まで、その時々、大変な問題、難問を先輩の方たちは乗り越えて、今日の黒部市をつくっていただいたと思っております。そのことをこれからも皆様と一緒になって引き継いで発展させていくことが使命だと思っております。  私ども議会も、市当局も目指すところは1つだと思っています。いわゆる市民の幸せを願いつつ大黒部市の建設にあると思います。今たくさんの課題がありますけれども、特に市町村合併は避けて通れない問題と皆様方も認識しておられることと思います。そのことに携われる、今その時期にいる我々議員は責任があります。責任もありますが、またそれに携わることの喜びもあります。どうかそのことを1人1人が肝に銘じて、正々堂々と、この後の議会運営に協力をいただきたいというふうに思っています。  私は初めて、12年前に議員にならさせていただいたときに、多分、10年ぐらい前だったと思いますが、この席で、森丘実元教育長の言葉にありました「理想は高く上げ生活は質素に」という言葉を、ずっと忘れることができません。お互いにこれを糧として頑張っていきたいと思いますので、どうか重ねてのご協力をよろしくお願い申し上げます。  議長就任に当たりまして、皆様方にお礼を兼ねて就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。よろしくお願いいたします。 ○臨時議長(稲田 弘君) 以上で議長と交代いたします。  ご協力ありがとうございました。        〔臨時議長 稲田 弘君退席 議長 能村常穂君議長席に着席〕 ○議長(能村常穂君) 議事の都合により暫時休憩いたします。  議員の方は301会議室の方へお集まり願います。   休  憩  午前11時19分   再  開  午前11時36分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  会議規則第20条の規定により作成いたしました議事日程は、お手元に配布したとおりであります。  念のため、事務局長に朗読させます。  事務局長。             〔事務局長 宮崎勝昭議事日程朗読〕 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第1、「議席の指定」を行います。  議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。  議員諸君の氏名と、その議席番号事務局長に朗読させます。  事務局長。 ○事務局長宮崎勝昭君) 命により朗読します。  「1番 辻 靖雄議員」、「2番 寺田仁嗣議員」、「3番 吉松定子議員」「4番伊東景治議員」、「5番 辻 泰久議員」、「6番 中田利次議員」、「7番 橋本文一議員」、「8番 牧野和子議員」、「9番 松原 勇議員」、「10番 山内富美雄議員」、「11番 山本達雄議員」、「12番 木島信秋議員」、「13番 中谷松太郎議員」、「14番 吉田重治議員」、「15番 稲田 弘議員」、「16番 岩井憲一議員」、「17番 新村文幸議員」、「18番 能村常穂議員」、「19番 森岡英一議員」、「20番 山本豊一議員」、以上。 ○議長(能村常穂君) ただいま朗読したとおり、議席を指定いたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第2、「会議録署名議員の指名」を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、「辻 靖雄君」、「寺田仁嗣君」、以上2名を指名いたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第3、「会期の決定」を議題といたします。  お諮りいたします。  今期臨時会の会期は、本日「1日間」といたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、会期は「1日間」と決定いたしました。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第4、「副議長の選挙」を行います。  選挙の方法など協議のため、暫時休憩いたします。  議員の方は301会議室にお集まり願います。   休  憩  午前11時40分   再  開  午後 0時02分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第4の議事を継続いたします。  これより副議長の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。  さらにお諮りいたします。  議長において指名いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、議長において指名することに決定しました。  副議長に「吉田重治」君を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました「吉田重治」君を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました「吉田重治」君が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました「吉田重治」君が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。  副議長よりごあいさつがあります。                〔副議長 吉田重治君登壇〕 ○副議長(吉田重治君) ただいま議員各位の温かい心で副議長選挙指名推選による当選ということで、大変ありがたく、うれしく思っております。本当にありがとうございました。  もとより浅学非才な私でございますが、能村議長の補佐役として、皆様方議会運営の推進に一生懸命頑張ることをお誓い申し上げ、簡単でございますが、当選させていただいたごあいさつとさせていただきます。  本当にありがとうございました。
    ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第5、「常任委員会委員の選任」を行います。  常任委員会の所属についての協議のため、暫時休憩いたします。   休  憩  午後0時05分   再  開  午後1時41分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第5の議事を継続いたします。  お諮りいたします。  常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、「辻 靖雄君」、「中田利次君」、「牧野和子さん」、「山本達雄君」、「木島信秋君」、「吉田重治君」、「新村文幸君」、以上7名を総務文教委員会委員に、 「吉松定子さん」、「橋本文一君」、「松原 勇君」、「山内富美雄君」、「岩井憲一君」、「山本豊一君」、以上6名を民生環境委員会委員に、 「寺田仁嗣君」、「伊東景治君」、「辻 泰久君」、「中谷松太郎君」、「稲田 弘君」、「能村常穂」、「森岡英一君」、以上7名を産業建設委員会委員に、それぞれ指名いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を、それぞれの常任委員会の委員に選任することに決定しました。  各常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。  議員の方は301会議室へお集まり願います。   休  憩  午後1時43分   再  開  午後2時26分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  各常任委員会委員長及び副委員長の互選が行われましたので、その結果をご報告いたします。  総務文教委員会委員長に「山本達雄君」、副委員長に「辻 靖雄君」が、  民生環境委員会委員長に「山内富美雄君」、副委員長に「吉松定子さん」が、  産業建設委員会委員長に「辻 泰久君」、副委員長に「寺田仁嗣君」がそれぞれ当選されました。  以上、報告を終わります。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第6、「議会運営委員会委員の選任」を行います。  議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、「伊東景治君」、「山内富美雄君」、「木島信秋君」、「稲田 弘君」、「岩井憲一君」、「山本豊一君」、以上6名を指名いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を、議会運営委員会委員に選任することに決定しました。  議会運営委員会開催のため、暫時休憩いたします。   休  憩  午後2時28分   再  開  午後4時28分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議会運営委員会の正副委員長の互選が行われましたので、その結果をご報告いたします。  委員長に「岩井憲一君」、副委員長に「木島信秋君」が当選されました。  以上、報告を終わります。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第7、「議案第1号」及び「議案第2号」を一括して議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  市長、荻野幸和君。                〔市長 荻野幸和君登壇〕 ○市長(荻野幸和君) 議員の皆様方には、大変ご苦労さんであります。  本日ここに、任期満了に伴います黒部市議会議員選挙後、初の黒部市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、ご多忙のところご参集を賜りまして、当面いたしております市政上の案件につきましてご審議いただきますことに対し、深く敬意を表するものであります。  議員各位には、先般の選挙におかれまして、市民の厳粛な審判のうち見事当選の栄誉を勝ち取られましたことに対して、心からお祝いを申し上げます。  また、このたびは人格識見とも卓越されました能村常穂議長さん並びに吉田重治副議長さんがご就任され、さらには各常任委員会委員もそれぞれ選任され、ここに名実とも3万7,000市民の負託に応える議会が新たに組織されましたことは、市民各位とともに喜びにたえないところであります。  とりわけ、このたびご就任されました議員の皆様方におかれましては、新しい世紀の始まりのこの大切な時期に、また黒部市といたしましても、将来にかかわる重要な課題であります合併問題の方向を決めるべきこの時期に、その役割を担っていただくわけであります。  新しい世紀を輝ける世紀とするために今後とも議会制民主主義の確立と地方自治の発展のためにご活躍されますことを心からご期待申し上げるものであります。  さて、昨今の地方自治を取り巻く環境は、長寿化社会少子化社会の進行や情報化や国際化等グローバル化が進む一方で、日々新たな課題が生じるなど、まさに激動のときであります。  市政の運営に当たりましては、あらゆる情報を的確にとらえながら、時代の変化に対応できるよう心がけるとともに、地方自治の原点をしっかりと踏まえ、黒部市のあるべき姿を目指し、市民の負託に応えるよう努力してまいる所存であります。  そしてこれからの黒部市のより一層の発展のためには、長期的視野に立った計画に基づく施策の推進が重要であります。議決機関であります市議会の議員の皆さんと、執行機関であります私どもが、お互いにその機能を十二分に発揮しながら、黒部市勢の発展と、市民福祉の向上に邁進したいと思うのであります。  どうか議員の皆様におかれましては、格別のお力添えを賜りますようお願い申し上げるものであります。  それでは本臨時会に提出いたしました議案につきましてご説明を申し上げます。  議案第1号は、「黒部市総合振興計画基本構想を定めることについて」であります。  本市の目指す理想の都市像を描くため、昭和32年以来、これまで6次にわたりまして総合振興計画基本構想を定め行政を進めてまいりました。  第7次の黒部市総合振興計画基本構想は、平成15年度から10年間にわたる行政運営の指針でありますとともに、市民と行政がパートナーシップで進めるまちづくりのシナリオとなるものであります。  計画の策定に当たりましては、市民意識調査の実施により市民各層の意向の把握に努めるとともに、各分野の代表の方々からなる黒部市総合振興計画審議会を設置し、慎重なるご審議を賜り、答申をいただいたところであります。  第7次黒部市総合振興計画基本構想は、都市将来像を「名水の里 住みよい黒部」とし、市民憲章の理念のもと、「心豊かで笑顔あふれるまち」、「人と環境にやさしいまち」、「快適で活力に満ちたまち」、「創意と協働ではばたくまち」の4つの施策の目標を設定し、本市がこれまで進めてまいりましたまちづくりの方向性を基調とし、時代の変化に対応する施策を定め、これからのまちづくりの指針として策定しようとするものであります。  議案第2号は、「監査委員の選任について」であります。  議員のうちから選任する監査委員の任期が満了となっておりますので、新たに「中谷松太郎議員」を選任することにつき、議会の同意をお願いするものであります。  以上、本議会に提出いたしました議案につきましてご説明申し上げました。  何とぞ、慎重ご審議をいただきまして、適切なる決定を賜りますようお願い申し上げる次第であります。よろしくお願い申し上げます。 ○議長(能村常穂君) 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。  この際、議案の細部説明を聞くため、しばらく休憩をいたします。  全員協議会を開催いたしますので、301会議室へお集まり願います。   休  憩  午後4時34分   再  開  午後4時56分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第7の議事を継続いたします。  ただいま議題となっております2案件のうち、「議案第2号」につきましては、議事の都合により「議案第1号」に先立って審議をいたします。  これより「議案第2号」の質疑を行います。  質疑ありませんか。               〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております「議案第2号」については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、「議案第2号」については、委員会の付託を省略することに決定しました。  これより討論を行います。  討論ありませんか。               〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 討論なしと認めます。  これより「議案第2号 監査委員の選任について」を採決いたします。  本件については、これに同意することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、「議案第2号」については、これに同意することに決定しました。  次に、「議案第1号」の審議を行います。  これより質疑を行います。  質疑ありませんか。               〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  「議案第1号 黒部市総合振興計画基本構想を定めることについて」は、全議員、20人で構成する「総合振興計画特別委員会」を設置し、これに付託のうえ審査をいたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、「議案第1号」については、20人で構成する「総合振興計画特別委員会」を設置し、これに付託のうえ審査することに決定いたしました。  特別委員会開催のため、暫時休憩をいたします。   休  憩  午後4時58分   再  開  午後5時08分   出席議員  20名 ○議長(能村常穂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  「議案第1号」を付託した「総合振興計画特別委員会」の審査の結果について、委員長から報告を求めます。  総合振興計画特別委員長、稲田弘君。            〔総合振興計画特別委員長 稲田 弘君登壇〕 ○総合振興計画特別委員長(稲田 弘君) 今ほど本特別委員会を開会し、正副委員長の互選を行った後、付託された「議案第1号 黒部市総合振興計画基本構想を定めることについて」を審査したのであります。  以下、経過及び結果をご報告申し上げます。  まず、委員長の互選を行った結果、不肖私が委員長に選任されたのであります。  続いて副委員長の互選を行った結果、「松原 勇君」が副委員長に選任されたのであります。  ともども、どうかよろしくお願い申し上げます。  次に付託された「議案第1号」の審査について審議を行った結果、黒部市総合振興計画の基本構想の決定は、今後10年の本市発展のもととなり、軸となる重要な案件であり、今臨時会会期中に審議を十分に尽くすことが至難であり、議会閉会中の継続審査として慎重に審査すべきものと決定した次第であります。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なるご決定を願う次第であります。 ○議長(能村常穂君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論ありませんか。               〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 討論なしと認めます。  これより「議案第1号 黒部市総合振興計画基本構想を定めることについて」を採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、継続審査であります。  委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、「議案第1号」は、委員長の報告のとおり継続審査と決定いたしました。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第8、「新川広域圏事務組合議会議員の選挙」を行います。  選挙すべき議員は4人であります。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。  さらにお諮りいたします。  議長において指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、議長において指名することに決定しました。  新川広域圏事務組合議会議員に「木島信秋君」、「岩井憲一君」、「能村常穂」、「森岡英一君」を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました4人の方を、新川広域圏事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました4人の方が、新川広域圏事務組合議会議員に当選されました。  ただいま新川広域圏事務組合議会議員に当選されました「木島信秋君」、「岩井憲一君」、「能村常穂」、「森岡英一君」が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第9、「新川育成牧場組合議会議員の選挙」を行います。  選挙すべき議員は2人であります。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。  さらにお諮りいたします。  議長において指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、議長において指名することに決定しました。  新川育成牧場組合議会議員に「辻 泰久君」、「山内富美雄君」を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました2人の方を、新川育成牧場組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました2人の方が、新川育成牧場組合議会議員に当選されました。  新川育成牧場組合議会議員に当選されました「辻 泰久君」、「山内富美雄君」が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第10、「新川地域介護保険組合議会議員の選挙」を行います。  選挙すべき議員は4人であります。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。  これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。  さらにお諮りいたします。  議長において指名することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。
     よって、議長において指名することに決定しました。  新川地域介護保険組合議会議員に「中田利次君」、「橋本文一君」、「新村文幸君」、「能村常穂」を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました4人の方を新川地域介護保険組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました4人の方が、新川地域介護保険組合議会議員に当選されました。  ただいま新川地域介護保険組合議会議員に当選されました「中田利次君」、「橋本文一君」、「新村文幸君」、「能村常穂」が議場におられますので、本席から当選の告知をいたします。 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 日程第11、「議会運営に関する調査について」を議題といたします。  地方自治法第109条の2第3項の審査の結果について委員長から報告を求めます。  議会運営委員長岩井憲一君。              〔議会運営委員長 岩井憲一君登壇〕 ○議会運営委員長岩井憲一君) 本日、2月12日、本委員会を開会し、正副委員長の互選及び地方自治法第109条の2第3項に規定する事項について調査、審査をした結果をご報告申し上げます。  まず、委員長の互選を行った結果、不肖私が委員長に選任されたのであります。  続いて副委員長の互選を行った結果、「木島信秋君」が副委員長に選任されたのであります。  ともに、どうかよろしくお願いを申し上げます。  次に、新川広域圏事務組合議会議員新川育成牧場組合議会議員新川地域介護保険組合議会議員の選挙の方法、市長提出議案2件の取り扱いについて審査し、また議会の運営に関する事項、議会の会議規則委員会条例等に関する事項、議長の諮問に関する事項等の調査、審査の方法等について協議をしたのであります。  本委員会では、今後の定例会等の審査事項を含め、議会運営の効率化等について引き続き調査する必要があると認め、議会の閉会中も継続して審査すべきものと決定した次第であります。 ○議長(能村常穂君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  本件に対する委員長の報告は、議会閉会中の継続審査であります。  委員長の報告のとおり、議会閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(能村常穂君) ご異議なしと認めます。  よって、本件は、議会閉会中の継続審査に付することに決定しました。  本臨時会の会議に付された案件はすべて議了いたしました。  これをもって平成15年第1回黒部市議会2月臨時会を閉会いたします。   閉  会  午後5時20分 ────────────────────〇─────────────────── ○議長(能村常穂君) 市長からごあいさつがございます。                〔市長 荻野幸和君登壇〕 ○市長(荻野幸和君) 市議会2月臨時会の閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。  まず初めに、本日提案いたしておりました議案につきまして、慎重ご審議を賜り、それぞれ適切なご決定をいただき心から感謝申し上げます。  また、ただいまは、本組織議会におきまして、新しい議会の組織が決まりました。まことにご同慶にたえないところであります。輝かしい黒部市議会の歴史に、新たなすばらしい1ページを加えていただきますことを心からご期待申し上げます。  さて、黒部市は、まもなく市制施行以来、平成16年には50周年の節目を迎えようといたしております。私たちの諸先輩が汗と努力の中で築き上げてこられました黒部市が誕生してから50年の歳月が経ようとしているのであります。これまでの先人の苦労に思いをいたし、さまざまな課題に立ち向かってきた、その足跡を振り返りますと感謝の気持ちでいっぱいになるところであります。  そして、私たちは今、新しい時代の幕開けとなる21世紀を迎えたところであり、この大変重要な時期におきまして、新体制が整いました議員の皆様とお互いに議論を交わすことができますことを光栄に思うところであります。  地方分権の推進や行政ニーズの広域化など、喫緊の課題をはじめといたしまして、さまざまな行政課題がある中で、新しい世紀にふさわしい黒部市のあるべき姿について、皆様とともに汗と知恵を絞っていきたいと思います。  そして、地域の活性化や市民福祉の向上のための諸施策の推進につきましては、今後、50年、100年という大儀の中で、歴史の目にも耐え得るものでありたいと願っております。これからの時代を担っていく人々の夢を実現していくために、今後とも議員の皆様とともに努力してまいりたいと考えております。  どうか、議員の皆様方におかれましては、3万7,000市民の代表として多忙な毎日でありますが、どうぞ健康に十分ご留意をくださいまして、ご活躍いただきますようご祈念申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。  ありがとうございました。 ○議長(能村常穂君) ご協力、ありがとうございました。  全員協議会を再開いたしますので、301会議室へお集まりをお願いいたします。 ────────────────────〇───────────────────  上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。                     黒部市議会議長     能 村 常 穂                     臨時議長        稲 田   弘                     署名議員        辻   靖 雄                     署名議員        寺 田 仁 嗣...