黒部市議会 > 2000-05-23 >
平成12年第3回定例会(第1号 5月23日)

ツイート シェア
  1. 黒部市議会 2000-05-23
    平成12年第3回定例会(第1号 5月23日)


    取得元: 黒部市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成12年第3回定例会(第1号 5月23日) 平成12年第3回黒部市議会(6月定例会会議録 平成12年5月23日(火曜日)                             平成12年5月23日(火)                           午前10時開議  第1  会議録署名議員指名  第2  会期決定  第3  議案第50号 平成12年度黒部一般会計補正予算(第1号)      議案第51号 平成12年度黒部老人保健医療事業特別会計補正予算(第1             号)      議案第52号 黒部納骨堂条例の一部改正について      議案第53号 黒部市営住宅設置条例の一部改正について      議案第54号 新川広域圏事務組合規約変更について             (5件 提案理由説明)      報告第3号 平成11年度黒部一般会計繰越明許費繰越計算書      報告第4号 平成11年度黒部公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計            算書                 (2件 報告) ────────────────────〇────────────────────
    本日の会議に付した事件     議事日程に同じ ────────────────────〇──────────────────── 本日の出席議員     20人     1番 伊 東 景 治 君      2番 金 屋 栄 次 君     3番 辻   泰 久 君      4番 中 田 利 次 君     5番 橋 本 文 一 君      6番 牧 野 和 子 君     7番 松 原   勇 君      8番 村 椿 宗 輔 君     9番 山 内 富美雄 君     10番 山 本 達 雄 君    11番 木 島 信 秋 君     12番 中 谷 松太郎 君    13番 吉 田 重 治 君     14番 稲 田   弘 君    15番 岩 井 憲 一 君     16番 新 村 文 幸 君    17番 能 村 常 穂 君     18番 森 岡 英 一 君    19番 山 本 豊 一 君     20番 徳 本 義 昭 君 ────────────────────〇──────────────────── 本日の欠席議員    な し ────────────────────〇──────────────────── 説明のため出席した者  市長部局   市   長       荻 野 幸 和 君 助  役        安 原 宗 信 君   収 入 役       南 保 弘 幸 君   総務部長        平 原 康 光 君 民生部長        米 澤 信 良 君   産業部長        能 登 健 次 君 建設部長        木 島 孝 正 君   上下水道部長      森 岡 辰 清 君 総務部次長総務課長   稲 澤 義 之 君   民生部次長福祉課長   小 柳 龍 一 君 建設部次長都市計画課長 本 崎   智 君   上下水道部次長水道課長 中 谷 三 嗣 君 財政課長        名 越   誓 君   農政課長        平 野 正 義 君 秘書広報課主幹     太 田 孝 雄 君  病  院   市民病院長       高 桜 英 輔 君 市民病院事務局長    大 門 祐 則 君   市民病院事務局次長   森 家 和 哉 君  消防本部   消防長消防監      藤 澤 秀 光 君  教育委員会   教育委員長       高 倉 盛 安 君 教 育 長       西 坂 邦 康 君   教育次長        櫻 井   麗 君  監 査 委 員      木 下 光 久 君 ────────────────────〇──────────────────── 職務のために議場に出席した事務局職員   事 務 局 長  宮 崎 勝 昭 君   事務局次長  幅 口 文史朗 君   主     幹  浅 野 芳 幸 君   主   事  能 登 隆 浩 君 ────────────────────〇──────────────────── ○(一般質問通告)            一般質問代表)  ・1.黒部市勢の発展について    (1)交流人口増加策について    (2)定期借地権付き宅地開発は考えられな       いか    (3)事業者に対する金融支援について    (4)JR駅周辺活性化について  ・2.今後の高齢者対策について    (1)介護認定について    (2)認定者の予測と実態    (3)民間介護サービス参入状況    (4)自己負担の変化    (5)健康老人対策  ・1.介護保険について    (1)在宅介護利用料(10%負担)の軽減       措置をとること    (2)高齢者に対する10月からの保険料を再       検討すること    (3)介護サービス基盤実態について    (4)介護認定生活実態が反映できるよう改       善すること  ・2.農業問題について  ・3.未就学児医療費無料化について  ・1.介護保険制度 その成果と相談等について  ・2.土地開発公社財政的支援について  ・3.本市水田農業について  ・4.新教育長基本方針について            一般質問(個人)  ・1.生地浜海岸侵食とその保全について    (1)生地浜海岸侵食、特に黒部漁港より下       手側(南側)の侵食防止とその保全の推………松原 勇議員………       進  ・2.本市道路環境整備状況    (1)道路環境バリアフリー化状況  ・1.河川環境整備    (1)布施川下流維持管理について    (2)片貝川右岸整備について       ………中谷松太郎議員……  ・2.農業問題    (1)公特黒部二期工事について  ・1.環境基本条例環境保全への取り組み    (1)条例の進捗と課題    (2)既存の関連条例との整合性    (3)罰則条項について          ………伊東景治議員………    (4)基本施策と市の取り組み  ・2.エコポートについて    (1)稼働・運用について    (2)今後の市民への情報提供について
     ・1.中小自営業者のための融資制度の拡充と改善     について    (1)小口事業資金について    (2)中小企業振興資金について    (3)中小企業年末資金について      ………橋本文一議員………    (4)緊急つなぎ融資制度新設について    (5)生活安定のために融資制度新設につい       て  ・2.市が発注する工事及び物品購入についての支     払期日について             開  会  の  宣  告                午前10時08分 ○議長稲田弘君) 本日、6月定例会が招集されましたところ、ただいまの出席議員は、「全員」であります。定足数に達しましたので、これより平成12年第3回黒部市議会6月定例会を開会いたします。  会議に先立ち、これより「諸般報告」を行います。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。念のため、事務局長朗読させます。  事務局長。           〔事務局長 宮崎勝昭議事日程朗読〕 ○議長稲田弘君) 次に、監査委員からの例月出納検査の3月分の結果報告がありました。  お手元に配付したとおりであります。  朗読は省略いたします。  次に、市長から平成11年度黒部一般会計繰越明許費繰越計算書及び平成11年度黒部公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書提出がありました。  朗読は省略いたします。  全員協議会において説明を聞くことにいたします。  次に、第75回北信越市議会議長会定期総会及び全国自治体病院経営都市協議会第53回理事会、同第28回定期総会の経過について、事務局長から報告させます。  事務局長。 ○事務局長宮崎勝昭君) 命により報告いたします。  去る4月27日、第75回北信越市議会議長会定期総会新潟市で開催され、議長及び副議長が出席したのであります。  初めに、会長新潟市議会議長あいさつ新潟市長新潟県知事等祝辞があり、続いて永年在職議員等に対する表彰が行われ、議事に入ったのであります。  まず、平成11年度会務報告会計決算報告、各特別委員会経過報告を承認したあと会長提出議案として平成12年度予算原案どおり可決、続いて各県市議会議長会から提出された政府要望議案について慎重審議が行われ、本市提出の「北陸新幹線整備促進」のほか「地方分権の推進に対する財政措置」、「政府系地方債繰上償還」など、15議案満場一致で可決されたのであります。  なお、このうち全国市議会議長会提出する3議案へのとりまとめについては、会長に一任したのでありますが、後日の連絡によりますと、「北陸新幹線建設促進について」が提出議案の1つに決定したとの報告を受けております。  次に、特別委員会の存続について協議がなされ、従来どおり交通対策」、「豪雪等災害対策」、「産業経済対策」の3つの特別委員会を引き続き存続することに決定し、本市議長交通対策特別委員会の幹事に選任されたのであります。  続いて役員改選が行われ、各県からの推薦のとおり役員が選出され、本市議長は、加賀市、勝山市とともに北信越市議会議長会会計監事に選任されたのであります。  最後に、次期総会開催地を長野市に決定し閉会したのであります。  次に、5月11日、全国自治体病院経営都市議会協議会第53回理事会及び第28回定期総会が東京都において開催され、議長が出席したのであります。  理事会では、同日午後から開催される定期総会提出する議案並びに総会運営等について協議がなされ、原案どおり承認されたのであります。  続いて定期総会では、会長豊橋市議会議長あいさつ、来賓の厚生大臣自治大臣等祝辞あと新規加盟市として、宮城県石巻市の紹介があり議事に入ったのであります。  まず、平成11年度事務報告会計決算が承認され、続いて自治体病院経営安定のための財政支援等累積赤字解消抜本対策、病床の増転床を規制している医療法改正等を求める、平成12年度運動方針や、事業計画並びに会計予算原案どおり可決されたのであります。  続いて「自治体病院経営安定対策医療提供体制整備を求める決議」が満場一致で採択され、総会終了後、直ちに要望運動を展開することに決定したのであります。  最後役員改選があり、役員選考委員会原案どおり会長に盛岡市、副会長に高岡市ほか8市が選任され、閉会したのであります。  閉会後、本市議長は、指定された地元選出国会議員への要望を行ったのであります。  以上、議長会関係報告といたします。 ○議長稲田弘君) 以上で「諸般報告」を終わります。 ────────────────────〇──────────────────── 開         議   午前10時16分 ○議長稲田弘君) これより、本日の会議を開きます。  日程第1、「会議録署名議員指名」を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、「金屋栄次君」及び「辻 泰久君」を指名いたします。 ────────────────────〇──────────────────── ○議長稲田弘君) 日程第2、「会期決定」を議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会会期は、本日から6月2日までの「11日間」とすることにしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長稲田弘君) ご異議なしと認めます。  したがって、会期は「11日間」と決定いたしました。 ────────────────────〇──────────────────── ○議長稲田弘君) 日程第3、「議案第50号から議案第54号」まで、以上5件を一括議題といたします。  市長から提案理由説明を求めます。  市長荻野幸和君。              〔市長 荻野幸和君登壇〕 ○市長荻野幸和君) おはようございます。  本日ここに、平成12年第3回黒部市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員各位のご参集を賜り、市政上の重要諸案件につきまして、ご審議いただきますことに対し、深く敬意を表するものであります。  議案説明に先立ちまして、市政概要等についてご説明を申し上げます。  まず、国政関係について申し上げますと、4月5日に小渕内閣の総辞職を受けて森内閣が発足をいたしました。日本経済が低迷する中、1年8カ月の間、小渕内閣はまさに経済再生に向けて懸命の努力を傾注されたところでありますが、小渕前総理には志半ばにして急逝され、その基本路線は森新内閣に継承されることとなりました。  今日、我が国政が抱える大きな課題といたしましては、経済再生問題や、7月に開催される沖縄サミット等があり、国民生活のみならず国際的にも大変重要な時期であります。  また、北陸地方におきましても、経済問題のみならず、北陸新幹線問題等数多くの問題が山積している時期でもあります。  このような中、6月25日には衆議院議員選挙の執行が報道されております。このたびの選挙はこのような問題を抱える日本の21世紀の方向を決める、大変重要な選挙であると認識しております。議員並びに市民皆さんとともに、投票の棄権防止等を声を大にし呼びかけてまいりたいと思っております。  次に、北陸新幹線関係について申し上げます。  昨年12月、長野南越間を十数年でフル規格整備することなど、連立与党で合意されたことを踏まえて、4月21日に第1回政府与党整備新幹線検討委員会開催をされました。  新しい区間の着工については、その財源の確保並びに採算性等基本条件が確認された場合、認可されることとなっております。整備新幹線議論が長いトンネルを抜け、私たちの悲願であります北陸新幹線フル規格による整備が、ようやく実現しようとしているこの時に、将来に明るい展望の抱ける明確な政府決定がなされるよう望むものであります。  このような状況の中、連立与党合意に沿って、北陸新幹線フル規格による整備と、駅及び駅周辺一体的整備促進等実現等に向け、駅が設置される県内3市が一丸となって取り組むため、去る4月18日、県議会議員市議会議員市当局構成員とする「富山県北陸新幹線建設促進設置自治体協議会」が設置されたところであります。  今が北陸新幹線フル規格化に向けた正念場であり、いままで以上に積極的な運動を展開していく必要があるものと考えており、皆さん方の強力なご支援とご協力をお願い申し上げるものであります。  次に、スポーツ関係について申し上げます。  国体開催まで、あと144日となりました。去る4月20日には国体受入れ体制の一環といたしまして、市民総ぐるみで対応する民泊受入れブロック決定がなされ、また、5月9日には各競技別地区応援体制の了承がなされたところであります。  黒部市に集う選手監督皆さん地域の人々とのふれあいを通じ、交流を深めていただき、また、各ブロック代表選手皆さん地域をあげて応援することにより、より一層大会が盛り上がるものと思います。  さらに「名水の里 黒部」を全国に紹介する絶好の機会ととらえ、民泊や地区応援体制の充実により、皆さんを温かい歓迎でもてなしをし、心に残る大会にいたしたいと考えております。  また、昨日、第4回黒部実行委員会総会開催されました。国体本番に向けた体制等が了承されたところであります。  国体開催につきましては、いままで以上に細心の注意を払いながら万全を期してまいる所存でありますので、市民皆さん市民協力員をはじめとした関係機関方々のより一層のご理解とご協力をお願いするものであります。  また、国体100日前イベントとして、第47回黒部市民体育大会及びエブリバディスポーツディを7月9日に開催いたします。  本年の市民体育大会は、例年の大会とは日数や内容を大幅に変更し、総勢1,100名の方々参加予定のもと、市で開催する国体3種目にちなんだ競技を内容とし、市民をあげて国体を盛り上げる大会にいたしたいと考えております。  議員皆さん並びに市民皆さん方、多数の参加をお願い申し上げ、国体成功に向け、ご協力のほどをよろしくお願い申し上げます。  次に、第17回カーター記念黒部名水ロードレース大会が5月28日に開催されます。  今大会には、大会史上最多の3,555名の参加予定があり、それぞれのコースで健脚を競いあわれます。名実とも県内最大大会となったものと確信をいたしております。  今年も招待選手につきましては、積水化学女子陸上部のご協力を得ることができ、さらに昨年から始めた10キロ車椅子レース県内初正式レースとして14名の参加を得ながら開催するものであります。  このロードレース市民方々健康増進と優秀な選手の育成の場として、ますます発展していくよう期待するものであります。  また、今年はシドニーオリンピック開催されます。このオリンピック女子マラソン日本代表として、昨年の黒部名水ロードレース参加いただいた高橋尚子選手決定いたしております。積水化学女子陸上部小出監督並び高橋選手には、シドニーオリンピックでの輝かしい活躍を期待するとともに、市民皆さんとともに応援してまいりたいと思います。  次に、災害防止について申し上げます。  3月31日に北海道有珠山で噴火があり、大きな災害が発生いたしました。以来、 噴火活動長期化の現象がみられ、人的被害こそないものの、長期避難生活を余儀なくされている方々が、今なお多数おられます。  また、大韓民国江原道では、山火事災害があり、4月7日に出火して15日に鎮火いたしました。山林消失面積は、江原道全体で1万4,460ヘクタール、死者2名、けが人15名、建物614棟が消失し、そのうち三陟市では黒部市の面積に匹敵する8,600ヘクタールが被害にあわれたのであります。
     これらの災害によって被害を受けられた方々や、今なお長期避難生活を余儀なくされている方々には、心よりお見舞い申し上げ、一日も早く復興されんことを念願するものであります。  さて、これから梅雨の時期を向かえます。本市におきましては、特に豪雨による出水、土砂崩れ等災害対策につきましては、日頃から国県等関係機関との連携のもとに危機管理体制整備危険箇所の点検、整備等を図っているところでありますが、今後とも細心の注意を払いながら、災害防止に努めてまいりたいと存じます。  それでは、本日提案いたしております議案についてご説明申し上げます。  まず、予算関係について申し上げます。  議案第50号は、「平成12年度黒部一般会計補正予算(第1号)」であります。  補正額は1,345万円でありまして、補正後の予算総額を157億9,345万円とするものであります。  歳入歳出予算補正概要について申し上げますと、民生費では、篤志寄附によります社会福祉振興事業基金への積立金を計上いたしました。  教育費では、教育文化振興基金への積立金(財)吉田科学館振興協会及び(財)黒部体育協会への補助金を計上いたしました。  これら補正に要します財源といたしましては、篤志家による寄附金をもって充当することといたしております。  次に、議案第51号は、「平成12年度黒部老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)」であります。  平成11年度において歳入不足が生じましたので、翌年度歳入繰上充用を行うものであります。そのほか事務費返納金でありまして、補正に要します財源は、支払基金交付金国庫支出金及び県支出金をもって充当いたしております。  次に、条例関係について申し上げます。  一部改正するものといたまして、「黒部納骨堂条例の一部を改正する条例」ほか1件を提出いたしております。  改正の主な理由といたしまして、納骨堂の増設に伴う永年使用料改正及び市営住宅老朽化による用途廃止に伴う条例改正であります。  その他、議案といたしまして、「新川広域圏事務組合規約変更について」であります。  このほか、報告事項といたしまして、平成11年度黒部一般会計繰越明許費繰越計算書ほか1件を提出いたしております。  以上、本日提出いたしました議案につきまして概要を申し上げましたが、なお詳細につきましては、質疑委員会等でご説明申し上げます。  何とぞ、慎重ご審議のうえ、適切なご決定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。 ○議長稲田弘君) 以上で本日の日程は終了いたしました。  お諮りいたします。  議事の都合により、5月24日と25日は、本会議を休会とすることにしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長稲田弘君) ご異議なしと認めます。  よって、5月24日と25日は、本会議を休会とすることに決定いたしました。  なお、5月26日は午前10時開議議案に対する質疑委員会付託一般質問代表及び個人質問を予定しております。  一般質問代表及び個人質問通告書は、5月24日正午まで提出願います。  本日は、これをもって散会いたします。  散  会  午前10時31分...