運営者 Bitlet 姉妹サービス
黒部市議会 > 1996-06-21 >
平成 8年第3回定例会(第3号 6月21日)

黒部市議会 1996-06-21
平成 8年第3回定例会(第3号 6月21日)


取得元: 黒部市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成 8年第3回定例会(第3号 6月21日) 平成8年第3回黒部市議会(6月定例会)会議録 平成8年6月21日(金曜日)                              平成8年6月21日(金)                            午前10時開議  第1 議案第35号 平成8年度黒部市一般会計補正予算(第1号)     議案第36号 平成8年度黒部市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)     議案第37号 平成8年度黒部市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)     議案第38号 黒部市民病院増改築工事請負契約の変更について     議案第39号 土地の取得について     議案第40号 土地の処分について     議案第41号 土地の処分について             (7件 委員長報告、質疑、討論、表決)  第2 議案第42号 農業集落排水事業犬山処理施設建設工事請負契約の締結について     議案第43号 固定資産評価審査委員会委員の選任について     議案第44号 公平委員会委員の選任について             (3件 提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、表決)  第3 請願第 1号 国民の食の安定と、健康を守るための要請を政府に要請する意見採択を求める請願書     請願第 3号 寒冷地手当の改悪に反対する意見書採択を求める請願書     請願第 4号 建設省黒部市工事事務所の機構拡充・大幅増員と防災地域生活関連公共事業費拡大を求める請            願     陳情第 1号 花の苗の販路拡大と移植後の維持管理委託業務の発注を求める陳情書     陳情第 2号 富山地方法務局黒部出張所廃止に反対する意見書提出についての陳情書     陳情第 3号 荻若用排水路並びに関連水路の溢水対策についての陳情書             (6件 委員長報告、質疑、討論、表決)  第4 北陸新幹線及び拠点都市整備について     水資源・地域開発について             (2件 委員長報告、質疑)  第5 議会運営に関する調査について             (委員長報告、質疑) ──────────────────〇──────────────────  本日の会議に付した事件   議 事 日 程   日 程 追 加  議案第45号 寒冷地手当の引下げに反対する意見書について            議案第46号 富山地方法務局黒部出張所の廃止に反対する意見書について            議案第47号 治水事業の推進に関する意見書について ──────────────────〇──────────────────  本日の出席議員     19人(全 員)    1番 吉 田 重 治 君     2番 中 谷 松太郎 君     3番 木 島 信 秋 君    4番 岩 井 憲 一 君     5番 稲 田   弘 君     6番 能 村 常 穂 君    7番 大 野 久 芳 君     8番 山 本 豊 一 君    10番 朝 倉 利 一 君   11番 新 村 文 幸 君    12番 森 岡 英 一 君    13番 板 倉   肇 君   14番 田 中 純 子 君    15番 徳 本 義 昭 君    16番 米 田 康 隆 君   17番 松 野 義 広 君    18番 松 倉 正太郎 君    19番 中 村 脩 治 君   20番 伊 東 忠 孝 君 ──────────────────〇──────────────────  本日の欠席議員     な し  ──────────────────〇──────────────────  説明のため出席した者   市長部局    市     長     荻 野 幸 和 君 助     役      安 原 宗 信 君    収  入  役     南 保 弘 幸 君    総 務 部 長     石 川 正 雄 君 民 生 部 長      松 島 一 郎 君    産 業 部 長     西 坂 邦 康 君 建 設 部 長      飛 弾 悌七郎 君    上下水道部長      能 登 洋 輔 君 総務次長総務課長    平 原 康 光 君    総務次長財政課長   宮 崎 勝 昭 君 民生部次長福祉課長    米 沢 信 良 君    建設次長企画用地課長 木 島 孝 正 君 上下水道部次長下水道課長 中 村 忠 靖 君    秘書広報課主幹     名 越   誓 君 商工水産課長       平 野   忍 君   病  院    病  院  長     高 桜 英 輔 君 事 務 局 長      越 湖   広 君    事務次長       山 本 達 雄 君   消防本部    消  防  長     立 石 邦 夫 君   教育委員会    教育委員長       伊 東 哲 男 君 教  育  長      経 塚 良 雄 君    教 育 部 長     朝 倉 貞 夫 君 事務次長        小 林 春 夫 君   監 査 委 員      八 木   正 君 ──────────────────〇──────────────────  職務のために議場に出席した事務局職員    事 務 局 長     経 塚 吉 美 君 事務次長        吉 本   昭 君    庶 務 係 長     浅 野 芳 幸 君 主   事        神 保   竜 君 ──────────────────〇──────────────────             開           議  午前10時16分 ○議長(米田康隆君) おはようございます。  どなたも続いてご苦労さまでございます。  定足数に達しましたので、これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。  念のため、事務局長に朗読いたさせます。事務局長。           〔事務局長 経塚吉美君議事日程朗読〕 ○議長(米田康隆君) 日程第1、「議案第35号から議案第41号まで」、以上7件を一括議題といたします。  本7件を付託した各常任委員会の審査結果について、委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長の報告を求めます。総務文教委員長 山本豊一君。            〔総務文教委員長 山本豊一君登壇〕 ○総務文教委員長(山本豊一君) 本委員会に付託されております「議案第35号」中の所管部分及び「議案第38号」について審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第35号 平成8年度黒部市一般会計補正予算(第1号)」中の歳出、第10款教育費及び歳入については原案を可とすることに決定。  「議案第38号 黒部市民病院増改築工事請負契約の変更について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。産業建設委員長 稲田弘君。            〔産業建設委員長 稲田弘君登壇〕
    産業建設委員長(稲田弘君) 本委員会に付託されております「議案第35号」中の所管部分、「議案第39号」、「議案第40号」及び「議案第41号」について、審査の結果をご報告いたします。  「議案第35号 平成8年度黒部市一般会計補正予算(第1号)」中、歳出第8款土木費については原案を可とすることに決定。  「議案第39号 土地の取得について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第40号 土地の処分について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第41号 土地の処分について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) 次に、民生環境委員長の報告を求めます。民生環境委員長 能村常穂君。            〔民生環境委員長 能村常穂君登壇〕 ○民生環境委員長(能村常穂君) 本委員会に付託されております「議案第35号」中の所管部分、「議案第36号」及び「議案第37号」について、審査の結果をご報告いたします。  「議案第35号 平成8年度黒部市一般会計補正予算(第1号)」中、歳出第3款民生費及び第4款衛生費については、原案を可とすることに決定。  「議案第36号 平成8年度黒部市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第37号 平成8年度黒部市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論ありませんか。             〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより「議案第35号から議案第41号」まで以上7件について採決いたします。  議題のうち、まず「議案第38号 黒部市民病院増改築工事請負契約の変更について」を、起立により採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。  委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立全員であります。  よって「議案第38号」は、原案のとおり可決されました。  次に「議案第39号 土地の取得について」「議案第40号 土地の処分について」及び「議案第41号 土地の処分について」以上3件を一括して採決いたします。  本3件に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。  委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第39号」、「議案第40号」及び「議案第41号」以上3件は、原案のとおり可決されました。  次に、「議案第35号 平成8年度黒部市一般会計補正予算(第1号)」を起立により採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。  委員長の報告のとおり、決することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立全員であります。  よって「議案第35号」は、原案のとおり可決されました。  次に「議案第36号 平成8年度黒部市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)」及び「議案第37号 平成8年度黒部市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」、以上2件を一括して採決いたします。  本2件に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。  委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第36号」及び「議案第37号」、以上2件は原案のとおり可決されました。 ──────────────────〇────────────────── ○議長(米田康隆君) 日程第2、「議案第42号から議案第44号まで」、以上3件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  市長 荻野幸和君。              〔市長 荻野幸和君登壇〕 ○市長(荻野幸和君) おはようございます。  議員各位には、連日、市政上の重要諸案件につきまして、ご審議を賜っておりますことに対し、深甚の敬意を表するものであります。  それでは、ただいま追加提案いたしました議案につきましてご説明申し上げます。  追加提出いたしましたのは、「議案第42号 農業集落排水事業犬山処理施設建設工事請負契約の締結について」であります。  犬山地区においては、農業集落排水事業を進めておりますが、このたび汚水処理施設建設工事について入札を行いましたので、工費3億591万円、工期平成9年3月20日をもって請負契約を締結しようとするものであります。  「議案第43号」は「固定資産評価審査委員会委員の選任について」であります。  このたび、7月20日をもって任期満了となられます米田外一委員の後任といたしまして、黒部市飛騨912番地 稲沢孝雄君を選任いたしたいので、ご同意をお願いするものであります。  「議案第44号」は「公平委員会委員の選任について」であります。  同じく7月26日をもって任期満了となられます島倉一晃委員の後任といたしまして、黒部市中新166番地 森村勲君を選任いたしたいので、ご同意をお願いするものであります。  以上、本日提出いたしました議案につきましてご説明を申し上げましたが、何とぞ慎重ご審議の上、適切なご決定を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由といたします。 ○議長(米田康隆君) 議案の細部説明を聞くため、暫時休憩いたします。  第1会議室の方へお集まり願います。   休  憩  午前10時29分   再  開  午前11時35分   出席議員  19人 ○議長(米田康隆君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  日程第2の議事を継続いたします。  これより「議案第42号から議案第44号」まで、以上3件を一括して質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております「議案第42号から議案第44号」まで、以上3件につきましては、会議規則第32条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第42号から議案第44号」まで、以上3件につきましては、委員会の付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  討論ありませんか。             〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより「議案第42号から議案第44号」まで、以上3件について採決いたします。  議題のうち、まず「議案第42号 農業集落排水事業犬山処理施設建設工事請負契約の締結について」を、起立により採決いたします。  本件は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立全員であります。  よって「議案第42号」は、原案のとおり可決されました。  次に「議案第43号 固定資産評価審査委員会委員の選任について」を起立により採決いたします。  本件は、原案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立全員であります。  よって「議案第43号」については、これに同意することに決しました。  次に「議案第44号 公平委員会委員の選任について」を起立により採決いたします。  本件は、原案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立多数であります。  よって「議案第44号」については、これに同意することに決しました。
    ──────────────────〇────────────────── ○議長(米田康隆君) 日程第3、「請願第1号」、「請願第3号」、「請願第4号」及び「陳情第1号から陳情第3号」まで、以上6件を一括議題といたします。  本6件を付託した常任委員会の審査の結果について、委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長の報告を求めます。総務文教委員長 山本豊一君。            〔総務文教委員長 山本豊一君登壇〕 ○総務文教委員長(山本豊一君) 本委員会に付託されております「請願第3号」及び「陳情第2号」について審査の結果をご報告申し上げます。  3月定例会において、議会閉会中の継続審査に付されております、「請願第3号 寒冷地手当の改悪に反対する意見書採択を求める請願書」については、請願の趣旨を認め採択すべきものと決定。  次に「陳情第2号 富山地方法務局黒部出張所廃止に反対する意見書提出についての陳情書」については、陳情の趣旨を認め採択すべきものと決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。産業建設委員長 稲田弘君。            〔産業建設委員長 稲田弘君登壇〕 ○産業建設委員長(稲田弘君) 本委員会に付託されております「請願第4号」及び「陳情第3号」について、審査の結果をご報告いたします。  「請願第4号 建設省黒部工事事務所の機構拡充・大幅増員と防災地域活性関連公共事業費拡大を求める請願」については、平成7年6月21日議決されたものと同一趣旨のものであります。よって「みなす採択」と決定。  「陳情第3号 荻若用排水路並びに関連水路の溢水対策についての陳情書」については、陳情の趣旨を認め採択すべきものと決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) 次に、民生環境委員長の報告を求めます。民生環境委員長 能村常穂君。            〔民生環境委員長 能村常穂君登壇〕 ○民生環境委員長(能村常穂君) 本委員会に付託されております「請願第1号」及び「陳情第1号」について、審査の結果をご報告申し上げます。  先の3月定例会に付託され、議会閉会中の継続審査に付されております「請願第1号 国民の食の安全と、健康を守るための要請を政府に要請する意見採択を求める請願書」については、近年、増大する輸入食料に使用されているポストハーベスト農薬や、抗生物質、食品添加物等に対し、一部国民は不安を感じていますが、現在日本はWTO協定の附属書である「SPS協定」を締結しております。  これは世界各国の政府が認めている食品使用される農薬や抗生物質、食品添加物等の安全基準を定めた国際協定であり、日本と世界各国がこの協定を結んで遵守し、食料を輸入している現状において、将来にわたって国民の食の安全性については不安はないものと言えます。このことから、この請願については、不採択すべきものと決定。  「陳情第1号 花の苗の販路拡大と移植後の維持管理委託業務の発注を求める陳情書」については、陳情の趣旨をを認め採択すべきものと決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論ありませんか。             〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 討論なしと認めます。  お諮りいたします。  「請願第4号 建設省黒部工事事務所の機構拡充・大幅増員と防災地域生活関連公共事業費拡大を求める請願」につきましては、委員長の報告のとおり、平成7年6月21日議決された同一趣旨のものであります。よって、議決不要とし、採択されたものとみなすことにいたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって、請願第4号につきましては、採択されたものとみなすことに決しました。  次に「請願第1号」、「請願第3号」及び「陳情第1号から陳情第3号」まで、以上5件について採決いたします。  議題のうち「請願第1号 国民の食の安全と、健康を守るための要請を政府に要請する意見採択を求める請願書」について、起立により採決いたします。  本件に対する委員長の報告は不採択であります。  委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                 〔賛成者起立〕 ○議長(米田康隆君) 起立多数であります。  よって「請願第1号」は不採択と決しました。  次に「請願第3号 寒冷地手当の改悪に反対する意見書採択を求める請願書」について採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、採択であります。  委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「請願第3号」は、採択と決しました。  次に「陳情第1号花の苗の販路拡大と移植後の維持管理委託業務の発注を求める陳情書」について採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、採択であります。  委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「陳情第1号」は、採択と決しました。  次に「陳情第2号 富山地方法務局黒部出張所廃止に反対する意見書提出についての陳情書」について採決いたします。  本件に対する委員長の報告は採択であります。  委員長の報告のとおり、決することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「陳情第2号」は、採択と決しました。  次に「陳情第3号 荻若用排水路並びに関連水路の溢水対策についての陳情書」について採決いたします。  本件に対する委員長の報告は、採択であります。  委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「陳情第3号」は、採択と決しました。  ただいま山本豊一君ほか5人から、「議案第45号 寒冷地手当の引下げに反対する意見書について」及び「議案第46号 富山地方法務局黒部出張所の廃止に反対する意見書について」が、稲田弘君ほか6人から、「議案第46号 治水事業の推進に関する意見書について」がそれぞれ提出されました。  この際、これを日程に追加し、先議いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よってこの際、「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件を日程に追加し、先議することに決しました。  「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件を一括議題といたします。  提出者から、提案理由の説明を求めます。8番 山本豊一君。              〔8番 山本豊一君登壇〕 ○8番(山本豊一君) 「議案第45号」及び「議案第46号」、以上2件について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。  「議案第45号」は、「寒冷地手当の引き下げに反対する意見書について」であります。  意見書の朗読を持って、提案理由の説明にかえさけていただきます。                  寒冷地手当の引き下げに反対する意見書  人事院では、生活水準の向上などを理由に、現在支給されている寒冷地手当について、その支給水準及び方法等について見直すことを検討している。  しかし、生活水準の向上は、無積雪・温暖地域においても同様のことであり、黒部市をはじめとする積雪・寒冷地域では、厳しい冬期間における生計費の増大に加え、寒冷地特有の出費は避けられないことは明らかである。  よって、政府におかれては、寒冷地手当の見直しにあたっては、総合的観点に立ち、かかる地域の実情を十分に賢察され引き下げなどを行わないよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。   平成8年6月21日                               黒 部 市 議 会  次に、「議案第46号」は、「富山地方法務局黒部出張所の廃止に反対する意見書について」であります。  意見書の朗読をもって、提案理由の説明にかえさせていただきます。                富山地方法務局黒部出張所の廃止に反対する意見書  行政改革が強く求められている今日、本市では、市民福祉の低下をきたすことなく行財政改革を推進しているところである。  しかし、法務省は、行政改革の名の下に富山地方法務局黒部出張所を廃止し、富山地方法務局魚津支局に統合しようとしている。  このことが実施されるならば、権利登記申請はもとより、権利関係等の確認はすべて魚津支局へ出向かなければならず、市民は時間的、経済的負担を強いられることになる。  「国民に優しい政治」を目指している政府は、国民の不利益につながる行政改革はすべきでない。  よって、政府におかれては、富山地方法務局黒部出張所の廃止計画を撤回されるよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。   平成8年6月21日                               黒 部 市 議 会  以上、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) 5番 稲田弘君。               〔5番 稲田弘君登壇〕
    ○5番(稲田弘君) 「議案第47号」について、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。  「議案第47号」は、「治水事業の推進に関する意見書」についてであります。  意見書の朗読をもって、提案理由の説明にかえさせていただきます。                    治水事業の推進に関する意見書  国土保全事業は、水害や土砂災害から国民生命財産を守り、安全で豊かな国民生活を実現するために優先的に整備されるべき根幹事業である。  本市を流れる一級河川黒部川」は、3年連続して全国清流度1位を誇っており、黒部川扇状地湧水群は、「黒部の名水」として市民のうるおいと安らぎを与えてくれる財産となっている。  しかし、これまで激甚な災害が発生し、幾多の尊い人命と財産が失われており、黒部市の歴史黒部川の氾濫との闘いの連続であったと言っても過言でない。  特に昭和9年の水害の悲惨な状況を目にした富山県は、被害住民に対し「満州への移民」を提案した。  しかし、「黒部川に屈してはなるものか」と郷土を愛する地域住民は、血がにじむ努力と熱意で復旧に命をかけた。との記録が残されている。  昨年もまた豪雨による大規模な土砂災害を引き起こしたことは記憶に新しいところである。  このことから、安全な社会基盤の形成と、河川の総合的な水環境による地域づくりを実現するため、着実な治水施設の整備が急務である。  このため、平成9年度を初年度とする第9次治水事業5箇年計画を策定し、積極的な投資規模を確保するとともに、治水事業を強力に推進されるよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。   平成8年6月21日                               黒 部 市 議 会  以上、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議いただきまして適切なご決定を願う次第であります。 ○議長(米田康隆君) これより「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件について一括して質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしは認めます。  よって、「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件については委員会の付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  討論ありませんか。             〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより「議案第45号から議案第47号」まで、以上3件について採決いたします。  まず「議案第45号 寒冷地手当の引き下げに反対する意見書について」を採決いたします。  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第45号」は、原案のとおり可決されました。  次に「議案第46号 富山地方法務局黒部出張所の廃止に反対する意見書について」を採決いたします。  本件について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第46号」は、原案のとおり可決されました。  次に「議案第47号 治水事業の推進に関する意見書について」を採決いたします。  本件については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって「議案第47号」は、原案のとおり可決されました。 ──────────────────〇────────────────── ○議長(米田康隆君) 日程第4、「北陸新幹線及び拠点都市整備について」及び「水資源・地域開発について」、以上2件を議題といたします。  本2件を付託した特別委員会の審査の結果について委員長から報告を求めます。  まず、北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長 伊東忠孝君。      〔北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長 伊東忠孝君登壇〕 ○北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長(伊東忠孝君) 本委員会に付託され、継続審査に付されております、「北陸新幹線及び拠点都市整備」についてご報告申し上げます。  6月19日、本特別委員会を開催し、当局から3月定例会以後の経過と今後の事業予定等について報告を受けたものであります。  その概要を申し上げますと、まず、北陸新幹線につきましては、平成8年4月17日北陸新幹線建設促進期成同盟会は、運輸、大蔵、自治の関係省庁並びに連立与党整備新幹線検討委員会の委員に、北陸新幹線の早期全線整備を、今年度中に策定される新しい基本スキームに盛り込むことなどを陳情する。  平成8年5月8日、北陸新幹線建設促進県民総決起大会が県民会館において開催され「全線フル規格による整備」を要望することを盛り込む決議が採択される。  平成8年5月16日、長野市で開催された、第33回北陸新幹線関係都市連絡協議会において、全線フル規格による建設の早期着工等の決議が採択される。  平成8年5月26日、日本鉄道建設公団第二建設局より、高架橋雪害対策試験の延長の申し入れがある、等であります。  次いで、地方拠点都市整備につきましては、平成8年6月11日、富山県新川地方拠点都市地域基本計画が県知事の承認を受ける、等であります。  その後、当局を交えて意見交換を行ったのでありますが、本特別委員会といたましては、北陸新幹線整備促進については、今年度中に新たに策定される,基本スキームに、全線フル規格による建設の早期着工が盛り込まれるよう、市民と市議会が一致協力して、政府与党に強く要請を続け、仮称新黒部駅北陸新幹線全線の1日も早い完成を目指し、努力していくこととする。  また、県知事承認を得られた、新川地方拠点都市地域基本計画により、新川地区の一体的な整備と黒部市の、より一層の都市的発展に向け、支援して行くこととし、継続審査すべきものと決定した次第であります。 ○議長(米田康隆君) 次に、水資源・地域開発特別委員長 田中純子君。         〔水資源・地域開発特別委員長 田中純子君登壇〕 ○水資源・地域開発特別委員長(田中純子君) 本委員会に付託され、継続審査に付されております「水資源・地域開発について」審査の結果をご報告申し上げます。  6月19日、本特別委員会を開催し、まず当局から水資源関係について、今日までの経過の報告を受けたのであります。  その概要を申し上げます。  3月22日、全国の「水の郷」に認定された市町村が一同に会し、全国水の郷連絡協議会が発足し、その第2回目の「全国水の郷サミット」が黒部市を会場に、本年11月初旬に予定されている。  次いで、3月26日、富山県の河川整備の現状と問題点を踏まえて「これからの川づくりについて」提言を行う、第1回とやま河川会議が開催された。  5月に入り、2日には第3回の宇奈月ダム事業審議委員会が開催され、2月18日に行われた公聴会の結果についての審議がなされた。  さらに、5月24日には、梅雨時の出水時等に備え、黒部市水防協議会が開催された等々であります。  その後、当局を交え意見交換を行い、その中で阿古屋野地域開発についての進捗状況及び考え方についての報告を受けたのであります。  現在は遊歩道の整備が進められており、今後は中山間地総合整備事業と併せ、広域的な整備に取り組んでいくとのことであります。  これらのことから、本特別委員会としては、水資源・源地域開発について、さらに継続して審査すべきものと決定した次第であります。 ○議長(米田康隆君) ただいまの、委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  本2件に対する委員長の報告は継続審査であります。  委員長の報告のとおり、議会閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  ご異議なしと認めます。  よって、本2件は、議会閉会中の継続審査に付することに決しました。 ──────────────────〇────────────────── ○議長(米田康隆君) 日程第5、「議会運営に関する調査について」を議題といたします。  本件を付託した議会運営委員会の調査の結果について、委員長から報告を求めます。  議会運営委員長 中村脩治君。            〔議会運営委員長 中村脩治君登壇〕 ○議会運営委員長(中村脩治君) 本委員会に付託され、継続審査に付されております「議会運営の効率化等」について調査の結果を、ご報告申し上げます。  本委員会は、5月9日に開催し、5月臨時会の会期、議案の委員会付託の取り扱いについて審査したのであります。  次いで、議長から諮問された「黒部市議会市政調査会規約及び運営基準について」審議したのであります。  次いで、6月5日、本委員会を開催し、6月定例会会期、会議日程、議案の付託委員会、請願、陳情の取り扱い、任期満了に伴う黒部市農業委員会委員の推薦の日程及び図書室の設置等について審議したのであります。  また本日、本会議開会前に本委員会を開催し、市長提出追加議案、議員提出議案等について審査したのであります。  以上の審査事項を含め、本委員会では、議会運営の効率化等について引き続き調査する必要があると認め、議会閉会中も継続して調査すべきものと決定した次第であります。 ○議長(米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。  質疑ありませんか。             〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  本件に対する委員長の報告は、継続審査であります。  委員長の報告のとおり、議会閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(米田康隆君) ご異議なしと認めます。  よって、本件は議会閉会中の継続審査に付することに決しました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしますた。  これをもって、平成8年第3回黒部市議会6月定例会閉会いたします。   閉  会  午後0時07分 ──────────────────〇──────────────────  上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するために、次に署名する。                        黒部市議会議長  米 田 康 隆                        署 名 議 員  稲 田   弘                           〃     能 村 常 穂                           〃     大 野 久 芳