黒部市議会 > 1995-12-21 >
平成 7年第5回定例会(第3号12月21日)

ツイート シェア
  1. 黒部市議会 1995-12-21
    平成 7年第5回定例会(第3号12月21日)


    取得元: 黒部市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成 7年第5回定例会(第3号12月21日) 平成7年第5回黒部市議会(12月定例会会議録 平成7年12月21日(木曜日)                             平成7年12月21日(木)                           午前10時開議  第1 議案第65号 平成7年度黒部一般会計補正予算(第2号)     議案第66号 平成7年度黒部農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)     議案第67号 平成7年度黒部公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)     議案第68号 平成7年度黒部病院事業会計補正予算(第1号)     議案第69号 平成7年度黒部水道事業会計補正予算(第1号)     議案第70号 政治倫理確立のための黒部市長資産等公開に関する条例制定について     議案第71号 黒部選挙公報発行に関する条例及び黒部市議会議員又は黒部市長選挙における選挙運動公費負担に関する条例の一部改正について     議案第72号 黒部市の職員給与に関する条例の一部改正について     議案第73号 高規格救急自動車購入について     議案第74号 富山市町村消防補償組合規約等変更について             (10件 委員長報告質疑討論表決)  第2 議案第75号 人権擁護委員候補者の推せんについて             (提案理由説明質疑委員会付託省略討論表決
     第3 請願第 6号 「日米地位協定抜本的見直しを求める」意見書提出請願書     陳情第 3号 漁業資料館設置についての陳情書     陳情第 4号 栃沢水公園前農道市道に昇格し、舗装工事依頼に関する陳情書             (3件 委員長報告質疑討論表決)  第4 北陸新幹線及び拠点都市整備について     水資源地域開発について             (2件 委員長報告質疑)  第5 議会運営に関する調査について             (委員長報告質疑) ──────────────────〇─────────────────  本日の会議に付した事件   議 事 日 程   日 程 追 加  議案第76号 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書について ──────────────────〇─────────────────  本日の出席議員     19人    1番 吉 田 重 治 君     2番 中 谷 松太郎 君     3番 木 島 信 秋 君    4番 岩 井 憲 一 君     5番 稲 田   弘 君     6番 能 村 常 穂 君    7番 大 野 久 芳 君     8番 山 本 豊 一 君    10番 朝 倉 利 一 君   11番 新 村 文 幸 君    12番 森 岡 英 一 君    13番 板 倉   肇 君   14番 田 中 純 子 君    15番 徳 本 義 昭 君    16番 米 田 康 隆 君   17番 松 野 義 広 君    18番 松 倉 正太郎 君    19番 中 村 脩 治 君   20番 伊 東 忠 孝 君  ─────────────────────────〇────────────  本日の欠席議員      1人    9番 松 倉   靖 君 ──────────────────〇─────────────────  説明のために出席した者   市長部局    市     長      荻 野 幸 和 君 助     役     安 原 宗 信 君    収  入  役      南 保 弘 幸 君    総 務 部 長      石 川 正 雄 君 民 生 部 長     浜 屋 哲 夫 君    産 業 部 長      西 坂 邦 康 君 建 設 部 長     井 村 達 男 君    上下水道部長       能 登 洋 輔 君 理事会計課長      籠 浦   嘉 君    総務部次長総務課長    松 島 一 郎 君 総務部次長秘書広報課長 平 原 康 光 君    民生部次長市民課長    経 塚 吉 美 君 建設部次長企画用地課長 木 島 孝 正 君    上下水道部次長下水道課長 中 村 忠 靖 君 財 政 課 長     宮 崎 勝 昭 君   病  院    事 務 局 長      越 湖   広 君 事務局次長       山 本 達 雄 君   消防本部    消  防  長      立 石 邦 夫 君    教育委員会    教育委員長        澤 田 邦 男 君 教  育  長     経 塚 良 雄 君    教 育 部 長      朝 倉 貞 夫 君 事務局次長生涯学習課長 小 林 春 夫 君   監 査 委 員       八 木   正 君 ──────────────────〇─────────────────  職務のために議場に出席した事務局職員   事 務 局 長       飛 弾 悌七郎 君 事務局次長       吉 本   昭 君   庶 務 係 長       浅 野 芳 幸 君 主     事     神 保   竜 君 ──────────────────〇─────────────────             開           議  午前10時29分 ○議長米田康隆君) どなたも続いてご苦労さまでございます。定足数に達しましたので、これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。念のため、事務局長朗読いたさせます。事務局長。            〔事務局長 飛弾悌七郎議事日程朗読〕 ○議長米田康隆君) 日程第1、「議案第65号から議案第74号まで」、以上10件を一括議題といたします。  本10件を付託した各常任委員会審査の結果について、委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長報告を求めます。総務文教委員長 山本豊一君。             〔総務文教委員長 山本豊一登壇〕 ○総務文教委員長山本豊一君) 本委員会付託されております「議案第65号」中の所管部分、「議案第70号」、「議案第71号」、「議案第72号」、「議案第73号」、「議案第74号」について、審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第65号 平成7年度黒部一般会計補正予算(第2号)」中の歳出第1款議会費、第2款総務費、第9款消防費、第10款教育費及び歳入については、原案を可とすることに決定。  「議案第70号 政治倫理確立のための黒部市長資産等公開に関する条例制定について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第71号 黒部選挙公報発行に関する条例及び黒部市議会議員又は黒部市長選挙における選挙運動公費負担に関する条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第72号 黒部市の職員給与に関する条例の一部改正について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第73号 高規格救急自動車購入について」は、原案を可とすることに決定。  「議案第74号 富山市町村消防補償組合規約等変更について」は、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長米田康隆君) 次に、産業建設委員長報告を求めます。産業建設委員長 稲田弘君。             〔産業建設委員長 稲田弘登壇〕 ○産業建設委員長稲田弘君) 本委員会付託されております「議案第65号」及び「議案第66号」について、審査の結果をご報告いたします。  「議案第65号 平成7年度黒部一般会計補正予算(第2号)」中、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款第4項都市計画費下水道事業費を除く土木費については、原案を可とすることに決定。  「議案第66号 平成7年度黒部農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)」については、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切な決定を願う次第であります。 ○議長米田康隆君) 次に、民生環境委員長報告を求めます。民生環境委員長 能村常穂君。             〔民生環境委員長 能村常穂君登壇〕 ○民生環境委員長(能村常穂君) 本委員会付託された「議案第65号」中の所管部分、「議案第67号」、「議案第68号」、「議案第69号」について、審査の結果をご報告申し上げます。  「議案第65号 平成7年度黒部一般会計補正予算(第2号)」中、歳出第3款民生費、第4款衛生費、第8款土木費中第4項都市計画費下水道事業費については、原案を可とすることに決定。  「議案第67号 平成7年度黒部公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」については、原案を可とすることに決定。  「議案第68号 平成7年度黒部病院事業会計補正予算(第1号)」については、原案を可とすることに決定。  「議案第69号 平成7年度黒部水道事業会計補正予算(第1号)」については、原案を可とすることに決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切な決定を願う次第であります。 ○議長米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。討論ありませんか。              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより、「議案第65号から議案第74号」まで、以上10件について採決いたします。  議題のうちまず、「議案第70号 政治倫理確立のための黒部市長資産等公開に関する条例制定について」を起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は、「原案を可とするもの」であります。委員長報告のとおり決することに賛成諸君起立を求めます。                  〔賛成者起立
    議長米田康隆君) 起立全員であります。よって、「議案第70号」は、原案のとおり可決されました。  次に、「議案第71号 黒部選挙公報発行に関する条例及び黒部市議会議員又は黒部市長選挙における選挙運動公費負担に関する条例の一部改正について」、「議案第72号 黒部市の職員給与に関する条例の一部改正について」、以上2件を一括して採決いたします。  本2件に対する委員長報告は、「原案を可とするもの」であります。委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第71号」及び「議案第72号」、以上2件については、原案のとおり可決されました。  次に、「議案第65号 平成7年度黒部一般会計補正予算(第2号)」について、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は、「原案を可とするもの」であります。委員長報告のとおり決することに賛成諸君起立を求めます。                  〔賛成者起立〕 ○議長米田康隆君) 起立全員であります。よって、「議案第65号」は、原案のとおり可決されました。  次に、「議案第66号 平成7年度黒部農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)」、「議案第67号 平成7年度黒部公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」、「議案第68号 平成7年度黒部病院事業会計補正予算(第1号)」及び「議案第69号 平成7年度黒部水道事業会計補正予算(第1号)」、以上4件を一括して採決いたします。  本4件に対する委員長報告は、「原案を可とするもの」であります。委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第66号」、「議案第67号」、「議案第68号」及び「議案第69号」、以上4件は、原案のとおり可決されました。  次に、「議案第73号 高規格救急自動車購入について」及び「議案第74号 富山市町村消防補償組合規約等変更について」、以上2件を一括して採決いたします。  本2件に対する委員長報告は、「原案を可とするもの」であります。委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第73号」及び「議案第74号」、以上2件は、原案のとおり可決されました。 ──────────────────〇───────────────── ○議長米田康隆君) 日程第2、「議案第75号」を議題といたします。  提出者より、提案理由説明を求めます。市長 荻野幸和君。               〔市長 荻野幸和登壇〕 ○市長荻野幸和君) おはようございます。議員各位には、連日市政上の重要諸案件につきまして、慎重ご審議を賜っておりますことに、心から深甚なる敬意を表するものであります。  それでは、議案第75号は、「人権擁護委員候補者の推せんについて」であります。このたび、任期満了となられますお2人の委員につきまして、黒部市三日市3018番地、寺田康五郎君、黒部市岡627番地、中村初枝君をそれぞれ推せんしようとするもので、ご意見をお願い申し上げるものであります。何とぞ慎重ご審議の上、適切なご決定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長米田康隆君) これより質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題となっております「議案第75号」については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第75号」については、委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。討論ありませんか。              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより、「議案第75号 人権擁護委員候補者の推せんについて」を採決いたします。  本件については、原案のとおり、適任と認めることにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第75号」は、原案のとおり、適任と認めることに決しました。 ──────────────────〇───────────────── ○議長米田康隆君) 日程第3、「請願第6号」、「陳情第3号」及び「陳情第4号」、以上3件を一括議題といたします。  本3件を付託した各条任委員会審査の結果について、委員長から報告を求めます。  まず、総務文教委員長報告を求めます。総務文教委員長 山本豊一君。 ○総務文教委員長山本豊一君) 本委員会付託されております「請願第6号」について、審査の結果をご報告申し上げます。  「請願第6号 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書提出請願書」については、請願趣旨を認め、採択とすべきものと決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長米田康隆君) 次に、産業建設委員長報告を求めます。産業建設委員長 稲田弘君。             〔産業建設委員長 稲田弘登壇〕 ○産業建設委員長稲田弘君) 本委員会付託されております「陳情第3号」及び「陳情第4号」について、審査の結果をご報告いたします。  「陳情第3号 漁業資料館設置についての陳情書」については、陳情の内容に具体性が乏しい点もあるが、当局において陳情者と十分協議することの意見を付し、採択すべきものと決定。  「陳情第4号 栃沢水公園前農道市道に昇格し、舗装工事依頼に関する陳情書」については、陳情趣旨を認め、採択すべきものと決定。  以上、審査の結果をご報告申し上げましたが、よろしく審議くださいまして、適切なご決定を願う次第であります。 ○議長米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  これより討論を行います。討論ありませんか。              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより、「請願第6号」、「陳情第3号」及び「陳情第4号」、以上3件について採決いたします。  議題のうち、まず、「請願第6号 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書提出請願書」及び「陳情第4号 栃沢水公園前農道市道に昇格し、舗装工事依頼に関する陳情書」、以上2件を一括して採決いたします。  本2件に対する委員長報告は、いずれも「採択すべきもの」であります。委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「請願第6号」及び「陳情第4号」は、採択と決しました。  次に、「陳情第3号 漁業資料館設置についての陳情書」を採決いたします。  本件に対する委員長報告は、「一部意見を付して採択すべきもの」であります。委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「陳情第3号」は、採択と決しました。  お諮りいたします。ただいま、山本豊一君ほか5名から、「議案第76号 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書について」が、提出されました。この際、これを日程に追加し、先議いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、この際、「議案第76号」を日程に追加し、先議することに決しました。  「議案第76号」を議題といたします。提出者から提案理由説明を求めます。  8番 山本豊一君。 ○8番(山本豊一君) 「議案第76号」について、提出者を代表して提案理由説明を申し上げます。  議案第76号は、「日米地位協定抜本的見直しを求める意見書について」であります。意見書朗読をもって、提案理由説明にかえさせていただきます。                 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書  去る9月4日、沖縄県で発生した米兵による少女暴行事件は、日本国民に大きな衝撃を与えた。しかし、犯人逮捕はできず、日米地位協定により、起訴後、初めて犯人の身柄を日本側に引き渡すことになった。  日本独立国である。憲法、刑事訴訟法等により、被疑者あるいは被告人基本的人権は保障されているにもかかわらず、日米地位協定では、米軍が犯罪を犯した場合、起訴前の段階では逮捕・拘禁ができない。また、「公務執行中」と認定した事件については、裁判権すら保障されていない不平等な協定である。  よって、政府におかれては、日本国民の平和と安全を守るためにも、かかる事件再発防止に万全を期すとともに、早急に日米地位協定抜本的見直しを求める。  以上、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出する。   平成7年12月21日                                   黒部市議会  以上、提案理由説明を申し上げましたが、よろしくご審議くださいまして、適切なご決定を願う次第でございます。 ○議長米田康隆君) これより、「議案第76号」について質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題となっております「議案第76号」については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第76号」については、委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。討論ありませんか。              〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 討論なしと認めます。  これより、「議案第76号 日米地位協定抜本的見直しを求める意見書について」を採決いたします。  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、「議案第76号」は、原案のとおり可決されました。 ──────────────────〇───────────────── ○議長米田康隆君) 日程第4、「北陸新幹線及び拠点都市整備について」及び「水資源地域開発について」、以上2件を一括議題といたします。  本2件を付託した特別委員会審査の結果について、委員長から報告を求めます。  まず、北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長報告を求めます。北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長 伊東忠孝君。  〔北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長 伊東忠孝登壇〕 ○北陸新幹線及び拠点都市整備に関する特別委員長伊東忠孝君) 本特別委員会付託され、継続審査に付されております「北陸新幹線及び拠点都市整備について」、12月19日、特別委員会を開催し、当局から9月定例会以後の経過と今後の事業予定等について報告を受けたのであります。
     その概要を申し上げますと、まず、北陸新幹線につきましては、9月29日、運輸省は、第2次補正予算案で、整備新幹線関係で166億円を計上する。(糸魚川・魚津間で4億円)  10月30日、北陸新幹線建設促進同盟会は、来年度予算編成に向け、大蔵省と運輸省陳情する。  11月6日、北陸新幹線沿線地区懇談会を、若栗地区中村公民館において開催される。  11月28日、整備新幹線関係18都道府県期成同盟会主催建設促進決起大会が、東京で開催される。  次いで、拠点都市整備については、  11月8日、富山関係部長新川広域圏各市町長との懇談会が開催される。  12月4日、富山新川地方拠点都市地域整備推進協議会幹事会が開催される。  その後、当局を交えて意見交換を行ったのでありますが、北陸新幹線整備は、新世紀を目前に控え、環日本海時代高速交通体系の柱であり、沿線地域の飛躍的な発展に欠かすことのできない事業であります。  そのため、本特別委員会として、全線の整備スケジュール早期明確化により、一日も早い完成を目指して、市民沿線各自治体と連携して、国・県・鉄道建設公団等に、今後とも強く働きかけていくものとする。  また、拠点都市整備につきましては、黒部市の将来にとって、若者の流入・定着化や、長寿社会への対応、地域活性化に欠かすことのできない施設や機能の充実を図ることが必要です。  それに、高速交通体系整備という意味でも、富山県東部の拠点としての北陸新幹線・仮称新黒部駅周辺の整備計画を盛り込んだ、地方拠点都市整備に関する基本計画の県知事承認が早期に得られるよう、支援していくこととし、今後とも継続審査にすべきものと決定した次第であります。 ○議長米田康隆君) 次に、水資源地域開発特別委員長報告を求めます。水資源地域開発特別委員長 田中純子君。          〔水資源地域開発特別委員長 田中純子君登壇〕 ○水資源地域開発特別委員長(田中純子君) 本委員会付託され、継続審査に付されております水資源地域開発について審査の結果をご報告申し上げます。  12月19日、本特別委員会を開催し、当局から今日までの経過等の報告を受けたのであります。  その概要を申し上げます。  まず、10月26日、7月豪雨による黒部川災害について、黒部川災害復旧対策関係機関連絡調整開議が県民会館で開催された。  この会議での決定により、翌日27日から29日にかけて、豪雨により出し平ダムに堆積した土砂排出のため、緊急排砂が実施された。  次いで11月18日から19日にかけて、黒部市国際文化センター・コラーレにおいて、「ふるさとみらい21・黒部」が開催され、「名水ロマン」をメインテーマに、シンポジウムやトークショー等「名水の里 黒部」の将来像について、様々なイベントが行われた。  今月に入り、12月18日には、黒部市アクアパークモデル事業として建設が進められていた下水処理水を再利用した「人工滝」が完成し、その完成式典が行われた。  以上であります。 その後、当局を交え意見交換を行ったのでありますが、本特別委員会といたしましては、水資源地域開発について、さらに継続して審査すべきものと決定した次第であります。 ○議長米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。本2件に対する委員長報告は、「継続審査」であります。委員長報告のとおり、議会閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、本2件は、「議会閉会中の継続審査」に付することに決しました。 ──────────────────〇───────────────── ○議長米田康隆君) 日程第5、「議会運営に関する調査について」を議題といたします。  本件付託した議会運営委員会の調査の結果について、委員長から報告を求めます。議会運営委員長 中村脩治君。             〔議会運営委員長 中村脩治君登壇〕 ○議会運営委員長(中村脩治君) 本委員会付託され、継続審査に付されております「議会運営の効率化等」について、調査の結果をご報告申し上げます。  本委員会は、12月6日に開催し、12月定例会の会期、会議日程議案付託委員会陳情の取り扱い及び図書室の設置等について審査したのであります。  また、予算特別委員会についても審査したのであります。  その中で、次年度一般会計当初予算を集中的に審査するため、予算特別委員会設置するということで意見の一致を見、その日程の取り方及び審査方法などについて協議したのでありますが、本委員会として、1月中旬まで基本方針を示すこととしたのであります。  次いで、本日21日、本会議開会前に本委員会を開催し、市長提出追加議案及び議員提出議案について審査したのであります、  以上の審査事項を含め、本委員会では、議会運営の効率化等について引き続き調査する必要があると認め、議会閉会中も継続して調査すべきものと決定した次第であります。 ○議長米田康隆君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。              〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。本件に対する委員長報告は、「継続審査」であります。委員長報告のとおり、議会閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長米田康隆君) ご異議なしと認めます。よって、本件は、「議会閉会中の継続審査」に付することに決しました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  これをもって、平成7年第5回黒部市議会12月定例会を閉会いたします。   閉  会  午前11時05分  上記会議の次第等を記録し、その正確なることを証するため、次に署名する。                        黒部市議会議長  米 田 康 隆                        署 名 議 員  徳 本 義 昭                           〃     松 野 義 広                           〃     松 倉 正太郎...