綾瀬市議会 > 2002-11-26 >
議会運営委員会(平成14年)-11月26日−16号

ツイート シェア
  1. 綾瀬市議会 2002-11-26
    議会運営委員会(平成14年)-11月26日−16号


    取得元: 綾瀬市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-17
    DiscussNetPremium 議会運営委員会(平成14年) − 11月26日−16号 議会運営委員会(平成14年) − 11月26日−16号 議会運営委員会(平成14年) 綾瀬市議会議会運営委員会      1 日時 平成14年11月26日(火)    午前9時00分 開会    午前9時29分 閉会   会議時間 0:29 2 場所 議会棟第3委員会室 3 会議に付した事件  (1) 審査案件   ア 12月定例会会期日程について   イ 12月定例会第1日目の議事日程、議事運営、予算分割付託表及び議案等付託審査一覧表について   ウ 平成15年度議会費予算(案)について  (2) その他 4 出席者  10名    委員長   内藤寛 君    副委員長  山岸篤郎君    委員    松本春男君    委員    本橋哲子君
       委員    石井麒八郎君    委員    笠間城治郎君    委員    吉川重夫君    委員    望月宏治君    委員    森山義雄君    議長    山田晴義君 5 欠席者   0名 6 傍聴議員  0名 7 市側出席者    助役    竹内輝光君    総務部長  山中克治君 8 議会事務局出席者    局長    多田節子    次長    馬場 勉    議事係長  守矢亮三    主査    川本嘉英  午前9時00分 開会 ○委員長(内藤寛君) おはようございます。皆様には大変お忙しいところを早朝より御苦労さまでございます。  ただいまから議会運営委員会を開会いたします。  これより本委員会に審査依頼された事件の審査を行います。  ―――――――――――――――――――――――――― ○委員長(内藤寛君) 12月定例会会期日程についての件を議題として審査を行います。  事務局の説明を求めます。多田事務局長。 ◎議会事務局長(多田節子君) おはようございます。それでは、12月定例会会期日程につきまして御説明いたします。  お手元に配付してございます内容につきましては、既に9月18日の議会運営委員会であらかじめお決めいただきました日程と同様でございます。会期につきましては、12月3日から12月17日までの15日間でございます。  日にち順に御説明いたします。12月3日、本会議でございます。4日、休会でございます。5日、教育福祉常任委員会。6日、経済建設常任委員会。7、8日、休会でございます。9日、総務常任委員会。10日、休会。11日、基地対策特別委員会。12日、本会議、一般質問でございます。最後に議会運営委員会を行います。続きまして、13日、本会議、一般質問でございます。14、15、16日と休会でございます。17日、本会議、最終日でございます。終了後に定例全協を行います。以上でございます。 ○委員長(内藤寛君) それでは、本件について質疑等のある方は御発言願います。   (「なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) 質疑等がないようですので、質疑を終了いたします。  本件につきましては、ただいまの説明のとおりとしてよろしいでしょうか。   (「異議なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。  ―――――――――――――――――――――――――― ○委員長(内藤寛君) ここで、審査の都合上、3、その他の市側からの発言の申し出を先に行わせていただきます。  追加議案等の提出について、市側からの発言の申し出がありますので、許可いたします。  助役・竹内輝光君。 ◎助役(竹内輝光君) おはようございます。12月定例会、よろしくお願いしたいと思います。  今お話がございましたように、追加議案についてお願いしたいと思います。  その内容につきましては、毎年この時期になりますと人事院勧告に基づく給与改定が行われ、それに伴う条例の一部改正あるいは補正予算等をお願いしているところでございますが、本年も同様に人事院勧告が行われました。御案内のとおり、給与勧告制度が創設されて以来、初めての引き下げでございます。平均で2%の引き下げ、期末勤勉手当で0.05カ月分の引き下げ勧告がなされました。それに伴いまして、条例の一部改正、そして、補正予算等を追加議案としてお願いするものでございます。特に、条例改正等につきましては一部改正が5件ございます。それに関連いたします補正予算、一般会計、特別会計を含めまして5件と、都合10件の追加議案ということでございます。これにつきましては、今申し上げましたように人事院勧告に伴うものでございまして、最終日に御提案申し上げますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。  それといま1点、文化会館の改修工事が始まります。それに伴う、工事請負契約、1億5,000万円以上は議会の議決事件でございますので、その工事も1件追加ということで、都合11件を最終日の17日に御提案申し上げますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。  特に、工事請負契約につきましては金額が多うございますし、また、今現在は共同企業体で予定しております。そうした関係でどうしても初日に御提案できないということで、最終日ということでございます。それと、今申し上げました人事院勧告につきましても、組合との交渉、そして事務手続等がございますので、どうしても初日に御提案できないということで、最終日の17日にお願いするものでございます。ひとつよろしくお願いしたいと思います。以上でございます。 ○委員長(内藤寛君) 本件につきましては、ただいまの説明のとおりでよろしいでしょうか。   (「異議なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。  ―――――――――――――――――――――――――― ○委員長(内藤寛君) 次に、12月定例会第1日目の議事日程、議事運営、予算分割付託表及び議案等付託審査一覧表についての件を議題として審査を行います。  事務局の説明を求めます。多田事務局長。 ◎議会事務局長(多田節子君) それでは、議事日程、議事運営、予算分割付託表及び議案等付託審査一覧表につきまして御説明いたします。  今定例会第1日目に提出されます案件は、全体で10件でございます。条例7件、補正予算3件でございます。それでは、順次御説明いたします。  綾瀬市議会12月定例会議事日程第1号について御説明いたします。  日程第1、会期決定について。日程第2、第64号議案・平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)。日程第3、第65号議案・平成14年度綾瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)。日程第4、第66号議案・平成14年度綾瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)。日程第5、第57号議案・綾瀬市表彰条例の一部を改正する条例。日程第6、第58号議案・綾瀬市職員定数条例の一部を改正する条例。日程第7、第59号議案・綾瀬市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例。日程第8、第60号議案・綾瀬市行政組織条例の一部を改正する条例。日程第9、第61号議案・綾瀬市老人医療費助成条例を廃止する条例。日程第10、第62号議案・綾瀬市都市公園条例の一部を改正する条例。日程第11、第63号議案・綾瀬市火災予防条例の一部を改正する条例。以上が議事日程でございます。  続きまして、12月定例会第1日目の議事運営につきまして御説明いたします。  市長の提案説明。第57号議案から第66号議案までの全議案一括でございます。  次に、補足説明でございますが、補正予算、第64号議案から第66号議案、一括でございます。一般会計、企画部長、特別会計、各担当部長でございますが、第65号議案、国保会計につきましては市民部長、第66号議案、下水道会計につきましては建設部長でございます。質疑は3件一括で行います。委員会付託でございますが、3件一括で各所管の委員会に付託いたしますが、一般会計につきましては分割付託となります。  次に、一般議案、第57号議案から第63号議案一括でございます。補足説明は各担当部長でございますが、第57、58、59、60号議案までは総務部長でございます。第61号議案につきましては保健福祉部長でございます。次に、第62号議案につきましては都市部長、第63号議案につきましては消防長の補足説明となります。質疑につきましては7件一括で行います。委員会付託につきましては7件一括で各所管の委員会に付託いたします。  続きまして、予算分割付託表について御説明いたします。  総務常任委員会、平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)のうち、第1条、歳入歳出予算の補正、歳入の部、所管科目、第2条の地方債の補正でございます。  教育福祉常任委員会、平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)のうち、第1条、歳入歳出予算の補正、歳入の部、所管科目、歳出の部、所管科目でございます。  経済建設常任委員会、平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)のうち、第1条、歳入歳出予算の補正、歳入の部、所管科目、歳出の部、所管科目でございます。平成14年度綾瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、そして平成14年度綾瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。  続きまして、12月定例会議案等付託審査一覧表について御説明いたします。付託委員会、番号、件名、所管区分の順に御説明いたします。  総務常任委員会でございますが、第57号議案・綾瀬市表彰条例の一部を改正する条例、秘書課でございます。本件の補足説明につきましては総務部長が行います。第58号議案・綾瀬市職員定数条例の一部を改正する条例、所管区分、総務部でございます。第59号議案・綾瀬市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例、総務部でございます。そして、第60号議案・綾瀬市行政組織条例の一部を改正する条例、総務部でございます。第63号議案・綾瀬市火災予防条例の一部を改正する条例、消防本部でございます。第64号議案・平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)、各部等でございます。陳情第55号・平成15年度固定資産の評価替えにあたっての陳情、総務部でございます。陳情第56号・人権擁護法案の廃案を求める意見書を貴議会から国へ提出してくださるようにお願いする陳情、企画部でございます。ここまでが総務常任委員会でございますが、この中で、第59号議案につきましては都市部の出席を求めてございます。そして、陳情第56号につきましては福祉部の出席がございます。今申し上げました議案・陳情につきましては担当課だけでは審議できませんので、あわせて関係部の出席をいただくようになってございます。  次に、教育福祉常任委員会でございますけれども、第61号議案・綾瀬市老人医療費助成条例を廃止する条例、保健福祉部。第64号議案・平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)、各部等でございます。陳情第57号・障害児者の誰でもが安心し、十分に生きる権利保障に対する支援費制度の改善のために国への意見書の提出を求める陳情書、保健福祉部でございます。陳情第58号・障害福祉サービス水準の維持向上のため、施設や在宅サービスに対する県単独補助金制度の維持向上をはかるよう県への意見書の提出を求める陳情書、保健福祉部でございます。  経済建設常任委員会でございますが、第62号議案・綾瀬市都市公園条例の一部を改正する条例、都市部でございます。第64号議案・平成14年度綾瀬市一般会計補正予算(第3号)、各部等でございます。第65号議案・平成14年度綾瀬市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、市民部でございます。第66号議案・平成14年度綾瀬市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、建設部でございます。続きまして、陳情第59号・地域の中小・零細企業に仕事と資金繰りの保障を求める陳情、市民部でございます。陳情第60号・失業者対策の強化を求める陳情、市民部でございます。  以上で説明は終わりますが、補正予算3件につきましては、本来でしたら最終日に議決となるわけでございますが、先ほど助役より御説明がありましたとおり、人勧絡みの補正が追加で提出されますことから、12月12日の本会議、一般質問の前に補正予算3件につきまして議決をお願いいたすことになります。以上で説明を終わります。 ○委員長(内藤寛君) それでは、本件について質疑等のある方は御発言願います。   (「なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) 質疑等がないようですので、質疑を終了いたします。  本件につきましては、ただいまの説明のとおりとしてよろしいでしょうか。   (「異議なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。 ◆委員(松本春男君) 先ほどの追加議案のほうは最終日になるということですけれども、入札予定日と資料提出はいつ予定されていますか。 ◎助役(竹内輝光君) 28日でございます。これは仮契約ということですが、本会議最終日に御提案したいと。ですから、その前に議運をやりますので、議運のときにお渡しするということです。17日が最終日になりますが、当然、その前に議運を開いていただくということでございます。  それと、1点だけよろしいでしょうか。さっきちょっと落としましたが、期末勤勉手当の0.05カットについては、市側では特別職の職員も一応カットの対象になりますので、議員さんもあわせて0.05カットになるということをひとつ御了承願いたいと思います。ちょっと落としましたので、よろしくどうぞ。これは条例の中で改めて御提案するということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。 ○委員長(内藤寛君) 市側の退席を願います。   〔市側退席〕  ―――――――――――――――――――――――――― ○委員長(内藤寛君) 次に、平成15年度議会費予算(案)についての件を議題といたします。  事務局の説明を求めます。馬場次長。 ◎議会事務局次長(馬場勉君) それでは、お手元に平成15年度議会費当初予算(案)がお配りされていると思いますが、そちらのほうを御覧いただきたいと思います。  それでは、御説明申し上げます。歳出総額でございますが、2億1,188万3,000円となってございます。対前年度予算額では198万6,000円、0.9%の増となるものでございます。  主な科目・内容につきまして御説明申し上げます。  まず、報酬、職員手当等、共済費、こちらの関係につきましては24名分の費用をそれぞれ計上したものでございまして、まず、報酬につきましては対前年度予算6,000円の減額となってございます。こちらにつきましては、通常年度でございますと正副議長の交代によります1日重複分がございますが、そちらが改選期のため生じません。不用になるものということでございます。職員手当につきましては58万3,000円の減になります。これは、この12月定例会の中で人勧に伴います0.05カ月の削減について助役のほうから説明がございましたが、こちらの関係につきましては、対前年度という点で、今回、0.05カ月削減されることにより発生するものでございます。続きまして、共済費でございますが、こちらは増額となります。148万8,000円でございます。負担率が100分の9.5から100分の10.5にアップしたことによるものでございます。  以上、説明欄02に議員報酬及び手当ということで記載してございますが、議員さんの人件費に係る部分といたしましては、こちらの3科目で総合計の86.3%になるものでございます。  続きまして、1つ飛びますが、旅費でございます。旅費452万3,000円につきましては、議会運営委員会、常任委員会、特別委員会及び議会報編集に関します行政視察への議員及び随行職員の旅費を計上したものでございます。減額となります97万4,000円につきましては、前年度と比較して基地対策特別委員会の視察が近距離となること、また、会派行政視察の随行職員分がなくなったこと、また、閉会中の委員会に出席した場合の費用弁償が廃止されたことなどにより減額となるものでございます。  なお、15年度より常任委員会につきましても、他の委員会同様、近距離・遠距離の隔年で行うことを議会運営委員会のほうで御決定いただきましたが、15年度につきましては改選の年ということでもございますので、今回の常任委員会につきましては遠距離で、他の委員会につきましては近距離で計上させていただいております。よって、翌年はその逆になってまいるということでございます。  続きまして、交際費でございますが、こちらにつきましては本年度と同額となるものでございます。  続きまして、需用費456万6,000円につきましては、法令集の追録代などが占めます消耗品と、市議会報発行に要します印刷製本費などが主なものでございます。増額となります18万3,000円につきましては、改選に伴いまして、当選された議員さんへの議員章と、それぞれ個々にお渡しいたします集合顔写真等の印刷経費。また、今回新たに市議会報を写真形式によりホームページに掲載するためのPDF化――これは市議会報をデータ加工するわけですが、そういうふうな経費を今回新たに盛り込ませていただいております。以上が需用費でございます。  続きまして、役務費につきましては賞状筆耕など例年計上いたしておりますものでございますが、増額となります8万2,000円につきましては、やはり改選に伴いまして議員席に固定されております指定柱の書き替えに要します経費を計上したものでございます。  続きまして、委託料1,126万6,000円につきましては、会議録・委員会記録の作成経費や、市議会報の新聞折り込み経費が主なものでございます。増額いたします219万4,000円につきましては、近年、IT情報化の推進によりまして、各市のホームページに会議録の検索システムが導入されてきております。こうしたことを受けまして、本市におきましてもインターネット上で容易に素早く検索できるシステムを経費として計上させていただいたものでございます。  続きまして、使用料及び賃借料39万6,000円につきましては、コピー機のリース料及び有料道路の通行料でございます。減額となっております2万1,000円につきましては経費の見直しを図ったものということでございます。  続きまして、1つ飛びまして、負担金補助及び交付金592万4,000円につきましては、政務調査費交付金と各種協議会負担金等を計上したものでございます。減額となります36万8,000円につきましては、各種協議会負担金が見直しされたことによるものでございます。  以上、15年度の議会費予算でございますが、議員改選に伴います経費やIT情報化等によります新たな事業に係る経費を計上いたしましたことから、本年度より若干アップいたしてございますが、やはり引き続き厳しい財政事情の中で、経常経費などにつきましては新年度の予算編成方針に従いまして、それぞれ対前年度比5%の削減をいたしたものでございます。  以上の内容で財政当局のほうに予算要求したいと思いますが、これから審査を受けまして、確定次第、議会運営委員会、または全員協議会のほうに報告させていただきたい、そのように考えております。以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○委員長(内藤寛君) それでは、本件について質疑等のある方は御発言願います。松本委員。 ◆委員(松本春男君) 職員報酬の引き下げのところなんですけれども、職員全体の問題もまだ解決していないから、この分だけは保留ということで、それ以外のところは問題ないけれども、職員の削減に対しては後で議会でのいろいろな対応もあるだろうから、保留という発言だけをしておきます。 ○委員長(内藤寛君) 馬場次長。 ◎議会事務局次長(馬場勉君) ただいま職員分についてというお話がございましたが、議会費予算の中には職員分は一切入ってございません。報酬、これは24名分の議員報酬、職員手当等ということになっておりますが、最終的には職員課のほうで我々の部分も計上されて議会費予算の中に入ってまいりますが、ここの段階では議員さん分のみでございまして、職員分につきましてはこの中には含まれておりません。以上でございます。 ○委員長(内藤寛君) ほかに。   (「なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) 質疑がないようですので、質疑を終了いたします。
     本件につきましては、ただいまの説明のとおりとしてよろしいでしょうか。   (「異議なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) それでは、そのようにさせていただきます。  ―――――――――――――――――――――――――― ○委員長(内藤寛君) 次に、3、その他でございますが、皆様から何かほかに案件はございますか。   (「なし」の声あり) ○委員長(内藤寛君) ないようですので、3、その他を終了いたします。  なお、定例会初日前3日(11月28日)までに請願等が提出された場合は、12月3日の本会議前に議会運営委員会を開催することになりますが、その場合は事務局より連絡いたします。また、追加議案との絡みで3日の本会議終了後に議会運営委員会を開催いたしますので、よろしくお願いいたします。  以上で議会運営委員会を閉会いたします。  午前9時29分 閉会...