運営者 Bitlet 姉妹サービス

海老名市議会 2018-01-29
平成30年 1月 第1回臨時会−01月29日-01号


取得元: 海老名市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成30年 1月 第1回臨時会−01月29日-01号平成30年 1月 第1回臨時会           平成30年1月29日(平成30年第1回臨時会平成30年1月29日午前9時30分、第1回海老名市議会臨時会海老名市役所議事堂に招集した。 1.出席議員   21名              相原志穂 議員    吉田みな子議員              森下賢人 議員    市川洋一 議員              松本正幸 議員    西田ひろみ議員              田中ひろこ議員    永井浩介 議員              久保田英賢議員    日吉弘子 議員              戸澤幸雄 議員    中込淳之介議員              佐々木弘 議員    氏家康太 議員              鶴指眞澄 議員    藤澤菊枝 議員              市川敏彦 議員    倉橋正美 議員              福地 茂 議員    志野誠也 議員              宇田川希 議員 2.欠席議員   なし 3.議事日程   日程第1 議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号) 4.付議事件   日程第1 議案第1号  平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)   日程第2 議案第60号 海老名市すみよいまちづくり条例の制定について        議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正について                          (以上2件総合まちづくり特別委員会報告)   日程第3 議案第1号  平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)                               (以上1件総務常任委員会報告) 5.説明のため出席した者 25名   市長         内野 優    副市長        秦 恭一   副市長        畑めぐみ    教育長        伊藤文康   総務担当理事     柳田信英    市長室長       萩原圭一   財務部長       柳田理恵    市民協働部長     深澤 宏   保健福祉部長     橋本祐司    経済環境部長     清田芳郎   建設部長       御守 伸    まちづくり部長    武石昌明   消防長        小林直樹    教育部長       岡田尚子   市長室次長      藤川浩幸    財務部次長      伊藤 修   市民協働部次長    江成立夫    保健福祉部次長(福祉担当)   保健福祉部次長(健康担当)                  小澤孝夫              木村 洋    経済環境部次長    谷澤康徳   建設部次長      渋谷明美    まちづくり部次長   平本和彦   消防本部次長     二見裕司    教育部次長      金指太一郎   教育部参事      小宮洋子 6.出席した事務局職員  4名   事務局長       鴨志田政治   事務局次長      安齊准子   議事調査係長     武井慶博    主事         伊藤 穣 7.速記員出席者     1名   株式会社 澤速記事務所  速記士       阿 部  勝 8.会議の状況                    (午前9時30分 開会) ○議長(倉橋正美 議員) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達し、会議は成立いたしましたので、これより平成30年第1回海老名市議会臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  会期の決定についてお諮りいたします。本臨時会の会期を本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) ご異議なしと認めます。よって本臨時会の会期は本日1日と決しました。  次に、会議録署名議員の指名を行います。本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、久保田英賢議員、日吉弘子議員を指名いたします。  本日の議事日程及び専決処分報告については、お手元に配付のとおりでありますのでご了承願います。  それでは、市長から、本日提案されます議案の説明を求めます。                 〔市長(内野 優) 登壇〕 ◎市長(内野優) おはようございます。  それでは、本日ご提案申し上げます議案の提案理由について説明をさせていただきます。  日程第1 議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)でございます。今回の補正は、第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5023万円を追加いたしまして、予算総額を歳入歳出それぞれ414億7744万7000円とするものでございます。また、第2条で繰越明許費の追加を、第3条で債務負担行為の追加を、第4条で地方債の変更をそれぞれいたしたいものでございます。内容につきましては柳田財務部長から説明いたします。  以上、本日提案いたします議案の提案理由をご説明申し上げました。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、説明を終わります。                 〔市長(内野 優) 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) これより日程に入ります。      ――――――――――――――――― ○ ――――――――――――――――― ○議長(倉橋正美 議員) 初めに、 △日程第1 議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。  財務部長の説明を求めます。                〔財務部長(柳田理恵) 登壇〕 ◎財務部長(柳田理恵) それでは、議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)につきましてご説明申し上げます。  別冊補正予算書の2ページをお開きいただきたいと存じます。第1表 歳入歳出予算補正の歳入でございます。各款項の補正額とその主な内容につきましてご説明申し上げます。  14款国庫支出金2項国庫補助金655万6000円の増は、特殊地下壕等対策事業費の増額でございます。  18款繰入金2項基金繰入金2987万4000円の増は、新まちづくり基金繰入金及び財政調整基金繰入金の増額でございます。  21款市債1項市債1億1380万円の増は、(仮称)消防署西分署整備事業債の増額でございます。歳入合計は1億5023万円の増でございます。  3ページでございます。歳出でございます。こちらも款項の補正額とその主な内容につきましてご説明申し上げます。  9款消防費1項消防費1億5023万円の増は、本郷特殊地下壕埋戻し工事に伴います防災対策事業費の増額及び(仮称)消防署西分署整備事業費の増額によるものでございます。歳出合計は1億5023万円の増でございます。  4ページをお開きいただきたいと存じます。第2表 繰越明許費補正の1 追加でございます。9款消防費1項消防費、(仮称)消防署西分署用地取得等は、事業の早期完成に向け、年度をまたいで執行したいため、繰越明許費を設定するものでございます。翌年度繰越額は1億3711万8000円でございます。同じく本郷特殊地下壕埋戻し工事は、国庫補助金を活用しまして、翌年度以降の事業を前倒しして執行したいため、繰越明許費を設定するものでございます。翌年度繰越額は1311万2000円でございます。  第3表 債務負担行為補正の1 追加でございます。危機対処型起震車購入は、年度をまたいだ執行による早期の購入により事業効果を高めるため、債務負担行為の期間平成29年度から平成30年度までとし、限度額を5150万円と定めたいものでございます。  第4表 地方債補正の1 変更でございます。消防施設整備事業につきましては、対象事業費の増額に伴いまして、地方債の限度額3340万円を1億1380万円増額し1億4720万円といたしたいものでございます。  次の5ページから11ページまでは歳入歳出補正予算事項別明細書でございます。後ほどご高覧いただきたいと存じます。  以上、大変雑駁な説明ではございましたが、よろしくご審議いただき、ご決定賜りますようお願い申し上げまして説明を終わります。                〔財務部長(柳田理恵) 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) これより質疑に入ります。松本正幸議員。 ◆(松本正幸 議員) それでは、何点か質疑したいと思います。  消防署西分署整備について伺いたいと思います。詳細については委員会で聞きますけれども、西分署についてはやっぱり必要だと思っています。そういう立場で聞きますけれども、以前、市長が、今回購入を予定している用地を保育園あるいは学童保育の施設に活用しようという話がありました。具体的には進まなかったのかどうか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。 ○議長(倉橋正美 議員) 市長。 ◎市長(内野優) 基本的には、西分署の必要性というのは松本議員と私は同じでございます。場所についてはどこかという形で、経過の中では、以前、河原口地区という話がありました。しかしながら、どんどんどんどん西口開発とか、今回駅周辺に住宅地あるいはマンションが建ち始めました。そういった中では、学校の隣接したところというのは重機がありまして、前から学校あるいは児童に対する安全管理というのはどうかという形の中で疑問を持っていました。そういう中で、地権者の方も知っておりまして、数年前から購入できるのではないか、いわゆる教育財産として購入したほうがいいのではないか。そういった部分では、西口開発によって学校の児童増もあるわけでありまして、学校の教育施設として用地を確保し、特別教室とか、いろいろな教室がありますから、そういった関係の中でやったほうがいいだろうという考え方を持ちました。そういったときに、やはりマンション建設等も喫緊の状況にありますので、学校では今の敷地内でこれから増加する児童数、あるいはそういった施設が今の学校の敷地内にできるのか、できないのかという検討を行った結果、別に土地を確保しなくても、市街化調整区域でありますけれども、十分今の敷地内で足りるだろうという方向を出しました。そういった中では、学校の周辺の環境整備と、そして西分署の早期実現ということがちょうど合った段階で今回の提案になったことであります。よって、学校周辺の環境はよくなりますし、あるいは学校の施設についても、今の敷地内で問題ないという結論が出た段階でこういった提案をさせていただいているということでご理解いただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(倉橋正美 議員) 松本正幸議員。 ◆(松本正幸 議員) 私たちも、やはりあそこの重機を置いているところが一番理想的だというふうに考えていました。一番学校に近くていいなと思っていました。今、市長にお聞きしたら、学校の土地の範囲で十分活用できるという話なのですけれども、今後今泉小学校周辺に土地を買って、施設をつくるという考えもあるのでしょうか。その辺をお聞きしたいと思います。 ○議長(倉橋正美 議員) 教育長。 ◎教育長(伊藤文康) 学校の児童数増等の対応については、今泉小学校はご承知のように非常に広い校庭を持つ敷地です。それから、体育館の横にプール跡地もそのままの形で、今は駐車場等には使っていますけれども、それらも活用できるということで、学校施設再整備計画で検討はしておりますけれども、それが定まり次第、それには校地内で対応したいと考えています。  以上です。 ○議長(倉橋正美 議員) ほかに。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第1号については総務常任委員会に付託いたします。      ――――――――――――――――― ○ ――――――――――――――――― ○議長(倉橋正美 議員) お諮りいたします。議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定について、議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正について、以上2案の委員会審査報告書が提出されております。この際、この2案を急施事件と認め、一括議題として日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                    (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) ご異議なしと認めます。よって議案第60号及び議案第65号を急施事件と認め、一括議題として日程に追加いたします。      ――――――――――――――――― ○ ――――――――――――――――― ○議長(倉橋正美 議員)  △日程第2 議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定について、議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正について、以上2案を一括議題といたします。  この2案に関する委員長の報告を求めます。志野誠也総合まちづくり特別委員会委員長。                  〔志野誠也議員 登壇〕 ◎(志野誠也 議員) それでは、総合まちづくり特別委員会の審査結果を報告いたします。  当委員会では、平成29年11月29日に付託されました議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定について、議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正についての2議案について、平成29年12月8日、11日、18日、平成30年1月11日、18日及び25日の6日間にわたり、審査を行いました。  採決の結果は、お手元に配付されております委員会審査報告書のとおり、どちらも全員賛成による原案可決であります。  まず、議案第60号の審査については、本条例が全6章、89条から構成されていたことから、内容ごとに分けた上で、詳細な説明を求め、審査を行いました。  その中で、市民によるまちづくり部分に関しては、まちづくり重点計画及びまちづくり市民活動計画を条文化することによる効果について、まちづくり重点計画認定の過程において市民等が開催を求めることができる公聴会の考え方について、まちづくり重点計画をハード系、まちづくり市民活動計画をソフト系と定義した理由について、市民活動グループに認定することによる効果について、施設管理型市民活動計画の実行に際しての市のフォローと計画実行後の情報連携について、提案型地区計画制度を条文化した事例について、活動費を必要とするまちづくり市民活動計画への財政的な支援についてなどの質疑があり、地域へ配慮するまちづくり部分に関しては、条例施行後の開発事業に伴う地区計画及び建築協定の対象について宅地開発事業における開発事業区域の面積を5000平方メートル以上とした理由とこれまでの導入事例について、特定開発事業の建築等抑制区域の設定理由について、想定される開発基本計画書についての周知及び説明会開催の方法について、公園等整備協力金を設定した理由と今後の運用方法について、小中学校の受け入れ協議を求めることができる基準を100戸以上の住宅建築を目的とする開発事業とした理由と協議が想定される地域について、工事停止、中止等の勧告を条文化することによる効果についてなどの質疑がありました。  また、意見としては、市民が積極的にまちづくりにかかわることのできる運用方法の工夫と既存のまちづくりに寄与する団体だけでなく、今後かかわることが想定される団体などへの積極的な周知がされることを望む。開発事業の手続においては、構想段階から市が積極的にかかわり、周辺住民も含め「住みたい、住み続けたいまち海老名」の実現に向けた取り組みに期待する。条例の趣旨が実現できているかを常に点検し、見直しも含めた積極的な運用を期待する。条例制定により、市民に寄与する優しいまちづくりにつながり、無秩序な開発が行われなくなることを期待する。周知や事業者との調整などの課題を解決し、条例施行までに議論を深めていただくよう要望するといった意見がありました。  次に、議案第65号の審査については、本条例海老名市住みよいまちづくり条例の制定を前提としていたことから、同条例の内容を踏まえた審査を行いました。その中で、専門部会の設置を条文化した理由について、条例施行後の都市計画審議会の開催頻度の見込みについてなどの質疑がありました。  6日間という限られた時間内ではありましたが、充実した内容の審査ができたと思っております。  議員各位におかれましては、当委員会の決定にご賛同くださいますようお願い申し上げまして、審査結果の報告といたします。                  〔志野誠也議員 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) これより委員長に対する質疑に入ります。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 質疑を終結いたします。  これより1議案ごとに討論及び採決をいたします。  初めに、議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定についての討論に入ります。  初めに、反対意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 次に、賛成意見の発言を許します。森下賢人議員。                  〔森下賢人議員 登壇〕 ◆(森下賢人 議員) 創志会の森下賢人でございます。議長からのお許しをいただきましたので、ただいま議題となっております議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定について、会派代表いたしまして、賛成の立場から討論をさせていただきます。  現在の海老名市では、海老名駅西口などを中心に土地利用の多様性が増し、大規模な開発事業を初め、さまざまな土地利用が進められようとしています。その一方で、海老名駅周辺以外でも新たな市街地整備が課題となっており、さらには、まちづくりそのものに対する市民参加も重要になっていると思います。そのような中で、住民参加によるまちづくりを推進するための制度と開発に対する一定のルールを定めた制度の両方を兼ね備えた自主条例として本条例が検討され、上程されたことは、これからの「住みたい、住み続けたいまち海老名」の実現に向けて、まさに適切な対応であったと理解いたします。  本条例の具体的な効果という点では、住民参加によるまちづくりの推進として、重点まちづくり計画やまちづくり市民活動計画を定めることにより、市民のまちづくりに対する意識の高揚やまちづくり事業の促進を図ることを目指していると理解いたしました。さらに、工業、準工業地域での住宅への転用や墓地、ラブホテルなど、これまで市が抱えてきた課題に対しても条例での規定がなされ、解決が期待されるものです。  加えて、大型マンションの建設などでは、小中学校での受け入れ協議が事前に必要になるなど、子どもたちに不利益が出ないよう事前の準備についても効果が期待されます。ただし、これらは部をまたいだ横断的な連携が必要になってくると考えます。そして、それら効果を最大限発揮するためには、運用面での工夫が最も重要かと思います。運用に当たっては、条例制定段階では想定もされないことが起こり得るものだとも思いますので、運用規定の整備と継続的な点検、見直しに取り組んでいただくことを要望いたします。  加えて、89条にもわたる条例の制定時の条文趣旨は、先進市の例を見ても、担当者がかわるなどして忘れ去られていくものだとのことです。そこで、逐条解説の整備なども含めて、可能な限り将来にわたって本条例が「住みたい、住み続けたいまち海老名」に寄与していけるような生きた条例としていただくことをお願いいたします。また、本条例が制定されることにより、今後、重点まちづくり計画などがつくられてくると、将来の海老名市像を規定しているさまざまな計画やプラン、例えば都市マスタープランなどとの調整や整合なども重要になってくると考えます。それら計画やプランの定期的な見直しを含め、適切に対応いただくことを要望いたします。  最後に、今回、これだけのしっかりとした条例が時間をかけて準備されてきました。これも、まさにまちが成長段階にある海老名市だからと考えます。そして、これだけの発展を遂げている海老名市だからこそ、本条例制定の後には、建築基準法に基づく行政行為を行うことができる特定行政庁を目指していただきたい。ぜひともよろしくお願いいたします。  議員各位におかれましては、我が会派に賛同いただき、賛成いただけますようお願い申し上げまして、賛成の立場からの討論とさせていただきます。よろしくお願いいたします。                  〔森下賢人議員 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) 次に、反対意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 次に、賛成意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 討論を終結いたします。  これより議案第60号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の方の挙手を求めます。                   (挙 手 全 員) ○議長(倉橋正美 議員) 挙手全員であります。よって議案第60号 海老名市住みよいまちづくり条例の制定については委員長報告のとおり原案可決することに決しました。  次に、議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正についての討論に入ります。  初めに、反対意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 次に、賛成意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 討論を終結いたします。  これより議案第65号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の方の挙手を求めます。                   (挙 手 全 員) ○議長(倉橋正美 議員) 挙手全員であります。よって議案第65号 海老名市都市計画審議会条例の一部改正については委員長報告のとおり原案可決することに決しました。  ここで、委員会開会のため、暫時休憩といたします。                            (午前9時53分 休憩)      ――――――――――――――――― ○ ―――――――――――――――――                            (午前11時40分 再開) ○議長(倉橋正美 議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。  お諮りいたします。議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)の委員会審査報告書が提出されました。この際、本案を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) ご異議なしと認めます。よって議案第1号を議題として日程に追加いたします。      ――――――――――――――――― ○ ――――――――――――――――― ○議長(倉橋正美 議員)  △日程第3 議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。  本案に関する委員長の報告を求めます。久保田英賢総務常任委員会委員長。                  〔久保田英賢議員 登壇〕 ◎(久保田英賢 議員) それでは、総務常任委員会の審査結果を報告いたします。  当委員会では、議案第1号について本日審査を行いました。  採決の結果は、お手元に配付されております委員会審査報告書のとおり、全員賛成による原案可決であります。  審査の中では、(仮称)消防署西分署整備事業費では、西分署整備により想定される現場到着までの短縮時間について、今回購入する土地を最適と判断した理由について、配備人員の想定人数についてといった質疑のほか、説明会などにより周辺住民への理解を得るよう要望する、近隣への騒音対策をしっかりと検討することを要望するといった意見がありました。  また、防災対策事業費では、本郷特殊地下ごう埋め戻しの理由について、埋め戻しがされていない特殊地下ごうの数について、危機対処型起震車購入の債務負担行為補正では、起震車を前回購入した時期、予算額と活用状況及び効果について、危機対処型起震車としての特別仕様の内容について、起震車に災害対策本部機能を持たせる理由についてなどの質疑がありました。  議員各位におかれましては、当委員会の決定にご賛同くださいますようお願い申し上げて、審査結果の報告といたします。                  〔久保田英賢議員 降壇〕 ○議長(倉橋正美 議員) これより委員長に対する質疑に入ります。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。  初めに、反対意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 次に、賛成意見の発言を許します。                  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(倉橋正美 議員) 討論を終結いたします。  これより議案第1号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の方の挙手を求めます。                   (挙 手 全 員) ○議長(倉橋正美 議員) 挙手全員であります。よって議案第1号 平成29年度海老名市一般会計補正予算(第5号)は委員長報告のとおり原案可決することに決しました。  以上で本日の議事は全て終了いたしました。  これをもちまして平成30年第1回海老名市議会臨時会閉会いたします。大変お疲れさまでございました。                            (午前11時44分 閉会)      ――――――――――――――――― ○ ―――――――――――――――――  以上は、会議の顛末であるが、その内容に相違ないことを証するために、ここに署名する。    平成30年1月29日              海老名市議会議長   倉 橋 正 美               同  署名議員   久保田 英 賢               同  署名議員   日 吉 弘 子