ツイート シェア
  1. 逗子市議会 1999-03-23
    平成11年  3月 定例会(第1回)-03月23日−08号


    取得元: 逗子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    DiscussNetPremium 平成11年  3月 定例会(第1回) − 03月23日−08号 平成11年  3月 定例会(第1回) − 03月23日−08号 平成11年  3月 定例会(第1回) 平成11年第1回         逗子市議会定例会会議録                         平成11年3月23日(第8日) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯出席議員(22名)       1番  平井竜一君          2番  近藤大輔君       3番  森 典子君          4番  岩室年治君       5番  酒井忠雄君          6番  山口庫男君       議長           池田一音君          8番  塔本正子君       7番       9番  松本治子君         10番  関口正男君      11番  眞下政次君         12番  鈴木安之君      13番  網倉大介君         14番  高橋忠昭君      15番  秋元常彦君         16番  奈須和男君      17番  小谷 章君         18番  須田 隆君      副議長
              岡本 勇君         20番  武藤吉明君      19番      21番  吉田勝義君         22番  千葉謙三君 ◯欠席議員(なし) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯説明のため出席した者  市長      長島一由君     助役      我妻定則君  収入役     鈴木迪夫君     理事兼企画部長 志村哲雄君                    総務部次長・  総務部長    野平寛治君     総務課長    一柳康男君                    事務取扱  市民部長    富沢正美君     福祉部長    菊池武彦君  福祉参事          柏田良満君     環境部長    伊東 進君 (介護保険担当)  都市整備部長  山火哲哉君     消防長     山田 清君  教育長     酒井延雄君     教育部長    宗形枡男君  選挙管理委員会           監査委員          青木康浩君             大谷修一君  事務局長              事務局長 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯事務局職員出席者  議会事務局長  鈴木富雄      議会事務局次長 福田隆男  議事係長    草柳 清      庶務係長    中村美津夫  主査      水野千春      書記      園部 稔 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯議事日程        平成11年              逗子市議会定例会議事日程(第8日)        第1回                  平成11年3月23日(火)午後2時30分開議 日程第1. 議案第3号  市道の廃止について(表決) 日程第2. 議案第4号  市道の認定について(表決) 日程第3. 議案第5号  逗子市参与の職務及び報酬等に関する条例の制定について(表決) 日程第4. 議案第6号  逗子市地域活動センター条例の制定について(表決) 日程第5. 議案第7号  逗子市事務分掌条例の一部改正について(表決) 日程第6. 議案第8号  逗子市職員給与条例の一部改正について(表決) 日程第7. 議案第9号  逗子市市税条例の一部改正について(表決) 日程第8. 議案第11号 逗子市小児の医療費の助成に関する条例の一部改正について(表決) 日程第9. 議案第12号 逗子市国民健康保険条例の一部改正について(表決) 日程第10.議案第13号 逗子市道路占用料条例の一部改正について(表決) 日程第11.議案第14号 逗子市都市公園条例の一部改正について(表決) 日程第12.議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)(表決) 日程第13.議案第17号 平成10年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)(表決) 日程第14.議案第18号 平成10年度逗子市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)(表決) 日程第15.議案第19号 平成10年度逗子市下水道事業特別会計補正予算(第4号)(表決) 日程第16.会期延長の件 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯本日の会議に付した事件  議事日程に同じ ◯委員会付託案件の審査結果                              平成11年3月18日 ┌────────────────┬──────┬──────┬──────┐ │       件名       │付託委員会名│ 審査結果 │  備考  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第3号 市道の廃止について │建設環境  │原案可決  │      │ │                │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第4号 市道の認定について │建設環境  │原案可決  │      │ │                │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第5号 逗子市参与の職務及び│総務    │原案否決  │      │ │      報酬等に関する条例の│      │(賛成なし)│      │ │      制定について    │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第6号 逗子市地域活動センタ│教育民生  │原案可決  │      │ │      ー条例の制定について│      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第7号 逗子市事務分掌条例の│総務    │原案可決  │      │ │      一部改正について  │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第8号 逗子市職員給与条例の│総務    │原案可決  │      │ │      一部改正について  │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第9号 逗子市市税条例の一部│総務    │原案可決  │      │ │      改正について    │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第11号 逗子市小児の医療費の│教育民生  │原案可決  │      │ │      助成に関する条例の一│      │(全会一致)│      │ │      部改正について   │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第12号 逗子市国民健康保険条│教育民生  │原案可決  │      │ │      例の一部改正について│      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第13号 逗子市道路占用料条例建設環境  │原案可決  │      │ │      の一部改正について │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第14号 逗子市都市公園条例の│建設環境  │原案可決  │      │ │      一部改正について  │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第16号 平成10年度逗子市一般│総務    │原案可決  │      │ │      会計補正予算(第6号│      │(全会一致)│      │ │      )         │建設環境  │原案可決  │      │ │                │      │(全会一致)│      │ │                │教育民生  │原案可決  │      │ │                │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第17号 平成10年度逗子市国民教育民生  │原案可決  │      │ │      健康保険事業特別会計│      │(全会一致)│      │ │      補正予算(第2号) │      │      │      │
    ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第18号 平成10年度逗子市老人│教育民生  │原案可決  │      │ │      保健医療事業特別会計│      │(全会一致)│      │ │      補正予算(第2号) │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第19号 平成10年度逗子市下水│建設環境  │原案可決  │      │ │      道事業特別会計補正予│      │(全会一致)│      │ │      算(第4号)    │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第20号 平成11年度逗子市一般│総務    │修正可決  │委員会修正案│ │      会計予算      │      │(全会一致)│(可決)  │ │                │建設環境  │原案可決  │      │ │                │      │(賛成多数)│      │ │                │教育民生  │原案可決  │      │ │                │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第21号 平成11年度逗子市国民教育民生  │原案可決  │      │ │      健康保険事業特別会計│      │(全会一致)│      │ │      予算        │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第22号 平成11年度逗子市老人│教育民生  │原案可決  │      │ │      保健医療事業特別会計│      │      │      │ │      予算        │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │議案第23号 平成11年度逗子市下水│建設環境  │原案可決  │      │ │      道事業特別会計予算 │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │請願第1号 逗子桜山住宅開発計画│建設環境  │採択    │      │ │      の見直しについての請│      │(全会一致)│      │ │      願         │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第1号 市内小・中学校で「憲│教育民生  │継続審査  │      │ │      法」並びに「教育法令│      │      │      │ │      」に従った教育が行わ│      │      │      │ │      れるよう教育委員会に│      │      │      │ │      対する協調支援につい│      │      │      │ │      ての陳情      │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第4号 平成10年4月提出了承│総務    │継続審査  │      │ │      された第14号陳情[祝│      │      │      │ │      祭日や各種行事に国旗│      │      │      │ │      掲揚と国歌斉唱を励行│      │      │      │ │      する事を求める]の徹│      │      │      │ │      底と、新たに市議会定│      │      │      │ │      例会の開催日に本会議│      │      │      │ │      場において国旗を掲揚│      │      │      │ │      し国歌を斉唱すること│      │      │      │ │      の陳情       │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第5号 「(仮称)パイロット│建設環境  │了承    │      │ │      逗子独身寮」建設工事│      │(全会一致)│      │ │      による工事車両通行反│      │      │      │ │      対に関する陳情   │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第6号 (仮称)藤和逗子新宿│建設環境  │了承    │      │ │      ホームズ逗子建設反対│      │(賛成多数)│      │ │      に関する陳情    │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第8号 「名越遺跡」を保護し│教育民生  │継続審査  │      │ │      鎌倉の世界遺産登録に│      │      │      │ │      積極的に取り組むよう│      │      │      │ │      求める陳情     │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第9号 逗子市久木9丁目宅地│建設環境  │了承    │      │ │      開発に関する陳情  │      │(全会一致)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第10号 学童保育を逗子市の委│教育民生  │継続審査  │      │ │      託事業として実施する│      │      │      │ │      陳情        │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第11号 10階建て「(仮称)逗│建設環境  │了承    │      │ │      子駅前共同住宅建設│      │(全会一致)│      │ │      についての陳情   │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第12号 (仮称)「東急ドエル│建設環境  │了承    │      │ │      逗子披露山」新築工事│      │(全会一致)│      │ │      に反対する陳情   │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第13号 聴覚障害者社会参加総務    │了承    │      │ │      を制限する欠格条項の│      │(全会一致)│      │ │      早期改正を求める陳情│      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第14号 周辺事態法等の制定に│総務    │継続審査  │      │ │      反対する陳情    │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第15号 民間保育園送迎用駐車教育民生  │不了承   │      │ │      場確保についての陳情│      │(賛成少数)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第16号 双葉保育園前の歩道設│建設環境  │了承    │      │ │      置と道路整備について│      │(全会一致)│      │ │      の陳情       │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第17号 国民健康保険料の値上│教育民生  │不了承   │      │ │      げに反対する陳情  │      │(賛成なし)│      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │陳情第18号 地蔵山の文化遺跡保存│教育民生  │継続審査  │      │ │      について陳情    │      │      │      │ └────────────────┴──────┴──────┴──────┘ ◯閉会中継続審査中の案件
    ┌────────────────┬──────┬──────┬──────┐ │       件名       │付託委員会名│ 審査結果 │  備考  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10請願第1号 米軍家族住宅地区│基地対策  │継続審査  │平成10年第2│ │        の追加建設に反対│      │      │回定例会より│ │        する意見書の請願│      │      │継続審査  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第20号 逗子市側の名越史│教育民生  │継続審査  │平成10年第2│ │        跡保存に関する陳│      │      │回定例会より│ │        情       │      │      │継続審査  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第21号 米軍小学校建設(│基地対策  │継続審査  │平成10年第2│ │        仮設・本設)に反│      │      │回定例会より│ │        対する陳情   │      │      │継続審査  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第25号 米軍小学校建設計│基地対策  │継続審査  │平成10年第2│ │        画反対の陳情  │      │      │回定例会より│ │                │      │      │継続審査  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第28号 「乳幼児医療費無│教育民生  │継続審査  │平成10年第2│ │        料の制度を国に求│      │      │回定例会より│ │        める」意見書提出│      │      │継続審査  │ │        についての陳情 │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第29号 「30人学級の実現│教育民生  │不了承   │平成10年第2│ │        を国に求める」意│      │(賛成少数)│回定例会より│ │        見書提出について│      │      │継続審査  │ │        の陳情     │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第31号 逗子市の情報公開教育民生  │不了承   │平成10年第4│ │        制度を「より実効│      │(賛成少数)│回定例会より│ │        性のある制度」に│      │      │継続審査  │ │        することを求める│      │      │      │ │        陳情      │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第33号 久木小学校余裕教│教育民生  │不了承   │平成10年第4│ │        室利用計画の一時│      │(賛成なし)│回定例会より│ │        凍結を求める陳情│      │      │継続審査  │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第35号 久木小学校余裕教│教育民生  │不了承   │平成10年第4│ │        室利用計画につい│      │(賛成なし)│回定例会より│ │        ての説明会を求め│      │      │継続審査  │ │        る陳情     │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第39号 民間社会福祉施設教育民生  │継続審査  │平成10年第4│ │        に対する県単独補│      │      │回定例会より│ │        助金(民間社会福│      │      │継続審査  │ │        祉事業振興費等)│      │      │      │ │        を削減しないよう│      │      │      │ │        県に対して意見書│      │      │      │ │        提出を求める陳情│      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第40号 介護保険に関わる│教育民生  │継続審査  │平成10年第4│ │        緊急な基盤整備と│      │      │回定例会より│ │        国の財政措置及び│      │      │継続審査  │ │        制度の抜本改善を│      │      │      │ │        国に求める陳情 │      │      │      │ ├────────────────┼──────┼──────┼──────┤ │H10陳情第44号 久木小学校余裕教│教育民生  │不了承   │平成10年第4│ │        室活用計画に関す│      │(賛成なし)│回定例会より│ │        る陳情     │      │      │継続審査  │ └────────────────┴──────┴──────┴──────┘ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長(池田一音君) 定足数に達しておりますので、ただいまより本日の会議を開きます。               午後2時30分 開議 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○議長(池田一音君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしたとおりであります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会議録署名議員の指名 ○議長(池田一音君) 会議規則第80条の規定によりまして、本日の会議録署名議員2名を指名いたします。     2番 近藤大輔君    12番 鈴木安之君 にお願いいたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第3号 市道の廃止について(表決) △議案第4号 市道の認定について(表決) ○議長(池田一音君) これより議事日程に入ります。  日程第1、議案第3号 市道の廃止について、日程第2、議案第4号 市道の認定について、以上2件一括議題といたします。  本議案は建設環境常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  建設環境常任副委員長、8番、塔本君。          〔建設環境常任副委員長 塔本正子君登壇〕 ◆建設環境常任副委員長(塔本正子君) 初めに、今定例会建設環境常任委員会が開会されました四日間のうち、委員長が病気のため三日間欠席されましたので、副委員長であります私が委員長職を代行して務めさせていただきました。つきましては、本日予定しております当委員会の委員長報告は、委員長が欠席されたときに審査された案件であります関係から、私の方から報告させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。  ただいま議題となりました議案第3号 市道の廃止について及び議案第4号 市道の認定について、以上2件一括付託を受けました当建設環境常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、3月15日及び17日の二日間、都市整備部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  なお、3月15日及び17日の二日間、委員長が病気のため欠席いたしましたことを申し添えます。  初めに、都市整備部長から、市道の廃止については桜山42号線ほか7路線を廃止するもので、終点の変更や道路現況のないものなどが主なものであること。次に、市道の認定については桜山 305号線ほか7路線を認定するもので、開発による帰属部分、私道分の寄附によるものであること。この結果、廃止、認定の差し引きで、延長約14メートルの減となり、本市全体の認定路線は 1,731路線、総延長約 215キロメートルとなるとの詳細なる説明を受けた後、質疑に入りました。  その質疑の主なるものを御報告申し上げます。  「議案で見る限り、廃止、認定箇所の周辺の様子が分かりにくいので、もう少し詳しい資料が欲しいと思うがどうか」とただしたところ、「次回の路線の廃止・認定に当たっては、改める考えを持っている」との答弁がありました。  次に、「道路の廃止に当たって、周辺住民の了解は得られているのか」とただしたところ、「道路の廃止は重要な内容なので、隣接地権者の方にお断りして、その了解を取り付けて廃止している」との答弁がありました。  次に、「開発によってつくられた道路を認定するケースがよくあるが、議案として提案されるのはどの時期か」とただしたところ、「開発が終わって道路分が市に帰属され、登記上も市の名義になってから提案している」との答弁がありました。  次に、討論、採決に入りましたが、その中での意見、討論はなく、採決の結果、議案第3号及び議案第4号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。
     御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  表決は1議題ずつ区分して行います。  採決いたします。  まず、議案第3号 市道の廃止について、委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第3号は原案どおり可決いたしました。  次、議案第4号 市道の認定について、委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第4号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第5号 逗子市参与の職務及び報酬等に関する条例の制定について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第3、議案第5号 逗子市参与の職務及び報酬等に関する条例の制定についてを議題といたします。  本議案は総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員長、18番、須田君。          〔総務常任委員長 須田隆君登壇〕 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいま議題となりました議案第5号 逗子市参与の職務及び報酬等に関する条例の制定について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月15日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、総務部長ほか関係職員の出席を求め、さらには市長の出席を求め、審査に入った次第であります。  審査では市長に対して質疑の展開がされましたので、その質疑の主なるものにつきまして御報告いたします。  まず、「この条例を提案するに当たり、市長は政策会議や部長会議などに諮らず、独断専行で進めたのか」とただしたところ、「全庁的な合意を必要とするものについては政策会議に諮り、また担当と協議して事足りるものであれば政策会議等を開かなくてもよいと認識している」との答弁がありました。  さらに、「この条例は市長自身の政策であり、今回の弁護士には法的な問題について、環境福祉教育などについてさまざまなアドバイスをすると言われているなら、全庁的な観点から、政策会議、部長会議を踏まえるべきではないか」とただしたところ、「担当所管に私の考え方を示し、指示し、事務的な問題、法的な問題、また予算等々も含め、担当と意見交換情報提供を受けながら最終決定して、提案をさせていただいた」との答弁がありました。  続いて、「現在、顧問弁護士がいる中で参与を置いた場合、費用対効果の面ではどのように考えているのか。また、市長は行革と言われているが、なぜ二人の弁護士を置くのか」とただしたところ、「顧問弁護士は、訴訟を含め具体の問題事例について対外的な法律上のトラブル解決のための実行、意見提言の職ととらえている。参与については、施策づくり段階または施策実行段階での法的根拠の裏付けを行うアドバイザーと考えているので、バッティングしない。参与については、より実効性を上げるために必要との判断で行うので、当然に効果があるものと考える。市政運営に有効に機能させたいと考えている」との答弁がありました。  さらに、「市長は参与を置くことで市政運営のより実効性を上げると言われているが、どのように上がるのか」とただしたところ、「本市は開発の危機に常にさらされており、神奈川県内でも最も厳しい行政指導を行っている。法律の枠という位置付けがある中、法解釈をめぐってより厳しい開発抑制を行うために、法律専門家としての弁護士が常に庁内にいる必要性があると考える。開発の問題に限らず、入札、福祉教育環境などの政策立案から政策実行、その後のトラブルの未然防止など、幅広く行政全般の法律のアドバイスを要請するもので、開発の問題に限らず社会現象が複雑化する中で、行政訴訟の際、市が訴えられて裁判で負け、賠償として数億円も支払うケースも目立っており、こうしたトラブルを未然に防止し、またトラブルを恐れ政策展開の幅を狭めることなく市政運営をしていくために、そのような形で実効性を上げていきたいと考えている」との答弁がありました。  さらに、「顧問弁護士参与の区分がはっきりしていない。顧問弁護士訴訟以外の市政にかかわる問題の相談に対応している状況をどのようにとらえているのか」とただしたところ、「確かに顧問弁護士行政全般のアドバイスをしていると認識しているが、庁内に常時いる形でより広く施策づくり段階、または施策実行段階で法的根拠の裏付けを行う必要性があると考え、条例を提案させていただいた」との答弁がありました。  続いて、「市長は参与職として優秀な弁護士と言われているが、その基準は」とただしたところ、「一般的にある程度一線で活躍している弁護士と考えている。例えば、司法研修を終えて四、五年程度の弁護士であれば、優秀かつ1年ぐらいの期間、市役所へ来ていただける可能性はあると伺っている」との答弁がありました。  その他、参与の公募等についても活発な質疑が行われましたが、割愛させていただきます。  採決の結果、議案第5号につきましては、賛成なしにより原案を否決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  議案第5号に対する委員長の報告は否決でありますので、原案について採決いたします。  本案を原案のとおり決するに御賛成の諸員は御起立願います。          〔起立なし〕 ○議長(池田一音君) 起立なしにより、議案第5号は否決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第6号 逗子市地域活動センター条例の制定について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第4、議案第6号 逗子市地域活動センター条例の制定についてを議題といたします。  本議案は教育民生常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  教育民生常任委員長、17番、小谷君。          〔教育民生常任委員長 小谷章君登壇〕 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) ただいま議題となりました議案第6号 逗子市地域活動センター条例の制定について、付託を受けました当教育民生常任委員会における審査の経過概要と結果について、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月15日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、市民部長ほか関係職員の出席を求め、慎重なる審査をいたしました。  本案は、池子にあります消防第4分団詰所に建設されております地域活動センターが平成11年3月末に完成いたしますので、その管理運営に関し条例を制定するものであります。その内容といたしましては、池子会館を地域活動センターとして位置付け、市民が自主的運営を行い、さらに地域社会活動等を支援する目的とし、管理運営は地域の池子区に委託をし、利用料金は地方自治法第 244条の2第4項の規定に基づき、池子区の収入とするものであります。  審査における質疑の主なるものを御報告いたします。  まず、「利用料金が池子区の収入になるとのことだが、維持管理についてはどのような形で行うのか」とただしたところ、「地域の会館を条例で管理運営を行うことは初めてのケースである。ガラスなどの破損等のような小破修繕については利用料の範囲内で賄ってもらうということから、地元に任せ、大きな修繕等は市の予算にて行いたいと考える」との答弁がありました。  次、「今後、市内各地区の自治会館等の管理体制について市が統一して行っていく方向なのか」とただしたところ、「地区の自治会館、町内会または消防分団併設の集会施設などはまだ管理の方法がまちまちであるため、一遍に統一することは難しいが、今回の条例化の様子を見ながら今後については考えていきたい」との答弁がありました。  以上の質疑を踏まえ、採決の結果、議案第6号につきましては、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。  4番、岩室君。 ◆4番(岩室年治君) ただいまの委員長報告に対して質問を1点だけお伺いしたいんですけれども、池子区会が料金の徴収をするという形になると思うんですけれども、その料金設定というのはどのような根拠に基づいて行うということなんでしょうか。その辺のあたりを委員会の審査で行っていれば、御報告願いたいんですけれども。 ○議長(池田一音君) 17番、小谷君。 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) 具体的にはそういう何を基準にというものは審査の中には出ておりませんでした。 ○議長(池田一音君) 4番、岩室君。 ◆4番(岩室年治君) そうすると、改めてお伺いしますけれども、当然、近隣の会館や新しくできたいろいろな施設との関連で、ある一定の目安というものが料金の中で考えられるのかどうか、そのあたりを市当局の説明や委員会の審査の中で明らかにされたかどうかを確認したいと思います。 ○議長(池田一音君) 17番、小谷君。 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) 審査の中ではそういう形での議論はございませんでしたので、明らかになったとは言えないと思います。 ○議長(池田一音君) 4番、岩室君。 ◆4番(岩室年治君) それでは、審査の内容は基本的にこの審査を通じて今後こうした地域活動センターとして条例が制定されて、それぞれの地域の中で施設がつくられていって同様な形になるとは思いますけれども、今回の提案に当たってそうした利用者に対する施設の利用の基準というのは、基本的にはその区会に市としても任せていくという理解でよろしいのかどうか、委員長にお伺いします。 ○議長(池田一音君) 17番、小谷君。 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) 先ほど最後にもございましたけれども、全部が統一してそういう形にしていくのかという質問に対して、各自治会館、また町内会消防分団、全部施設がまちまちであるので、一遍に統一することはできないという答弁がございました。それをもって私は今ここで統一したものを提示する時期ではないんだと、行政側はそういうふうに考えているというふうに解釈をしております。 ○議長(池田一音君) 他に御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第6号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第7号 逗子市事務分掌条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第5、議案第7号 逗子市事務分掌条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員長、18番、須田君。          〔総務常任委員長 須田隆君登壇〕 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいま議題となりました議案第7号 逗子市事務分掌条例の一部改正について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月16日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、総務部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  今回の改正につきましては、平成12年度から施行される介護保険法に備えるため、高齢社会課から高齢福祉に関する事務を分離し、同課を「社会福祉課」と改め、市民健康課から老人保健医療に関する事務を分離し保険年金に統合するほか、介護保険に関する事務を担当する課として「介護保険準備課」を新設し、高齢者福祉に関する事務を統合するものであります。  また、第53回国民体育大会の終了に伴い、国体課を廃止するものであります。  なお、今回の改正の施行日は平成11年4月1日からとし、平成12年度の介護保険の実施の際に新たに機構を見直すこととなる旨の説明がありました。  審査におきましては、さしたる質疑、意見もなく、採決の結果、議案第7号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決するべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     御質疑はありませんか。  4番、岩室君。 ◆4番(岩室年治君) ただいま提案されている事務分掌条例の一部改正についての委員長報告に対してお伺いします。  まず、本市の場合、高齢社会に向かっての取り組みとして、その推進役として高齢社会課が大きな役割を果たしてきて、市民にも定着している課の名前ではないかと思います。また一方で、この提案にもあるように介護保険の準備という形で、この介護保険事務を担当する新設課が必要となっているのは十分理解するところでありますけれども、介護保険そのものに対する取り組みも大変重要でありますし、また高齢社会課のこれまでの市民との関係での定着、また福祉の推進という役割からいっても、その二つを係に分けておりますけれども、それぞれの介護保険準備課の中に含まれている点について、審査の中では高齢社会課の名称の廃止についての御意見などがあればお伺いしたいんですけれども。 ○議長(池田一音君) 18番、須田君。 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいまの御質問に対しては、特に委員会ではそのような質疑はされておりません。 ○議長(池田一音君) 他に御質疑はございませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第7号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第8号 逗子市職員給与条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第6、議案第8号 逗子市職員給与条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員長、18番、須田君。          〔総務常任委員長 須田隆君登壇〕 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいま議題となりました議案第8号 逗子市職員給与条例の一部改正について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月16日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、総務部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  今回の改正につきましては、人事院勧告及び近隣各市の状況等を勘案し、本市一般職職員給与について現行の給料表を全部改正するとともに、扶養手当のうち、子について満16歳の年度初めから満22歳の年度末までの間にある子について、加算額を現行 4,000円を 5,000円に改めるものであります。この改正による給与改定率は0.71%となります。  また、一般職給料表の別表第2を現行の5級制から1級増やして6級制にするものであります。  なお、今回の改正の施行日は、給料表の全部改正及び扶養手当については平成10年4月1日からとし、一般職給料表の別表第2の増設等については平成11年4月1日からとする旨の説明がありました。  審査におきましては、さしたる質疑、意見もなく、採決の結果、議案第8号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第8号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第9号 逗子市市税条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第7、議案第9号 逗子市市税条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員長、18番、須田君。          〔総務常任委員長 須田隆君登壇〕 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいま議題となりました議案第9号 逗子市市税条例の一部改正について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月16日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、総務部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  今回の改正につきましては、平成10年12月1日から特定非営利活動促進法、いわゆるNPO法が施行され、特定非営利活動団体法人格の取得が可能となったことから、これらの法人法人市民税均等割の納税義務者に加え、収益事業を行わないNPO法人に対して、市税を減免する措置を追加するほか、地方税法等の一部改正により、宅地等で用途変更された土地に対する平成11年度分の固定資産税及び都市計画税の税額算定は、平成11年度の予想負担調整率の平均値を乗じて算出する簡素化措置が導入されているが、現状では宅地等の評価額と課税標準額との格差が一定でないため、納税者間の税負担に不公平を生ずることから、従来どおりの算定方法の適用措置も可能となったことを受け、税負担の公平性を維持するために従来どおりの算定方法とするものである旨の説明がありました。  審査におきましては、特に質疑、意見もなく、採決の結果、議案第9号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第9号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第11号 逗子市小児の医療費の助成に関する条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第8、議案第11号 逗子市小児の医療費の助成に関する条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は教育民生常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  教育民生常任委員長、17番、小谷君。          〔教育民生常任委員長 小谷章君登壇〕 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) ただいま議題となりました議案第11号 逗子市小児の医療費の助成に関する条例の一部改正について、付託を受けました当教育民生常任委員会における審査の経過概要と結果について、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月15日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、福祉部長ほか関係職員の出席を求め、慎重なる審査をいたしました。  本案は、小児にかかわる医療費の自己負担分を助成することにより、小児の健康の増進と健全な育成目的として実施されております小児医療費助成事業につきまして、現在、乳児からゼロ歳児の通院、入院についてはすべてを対象とし、また1歳から中学卒業までの小児については、入院のみ所得制限付きで医療費自己負担分の助成を行っているところでありますが、1歳児、2歳児の通院についても所得制限付きで助成対象とするため、所要の改正を行うものであります。  審査における質疑の主なものを御報告いたします。  「少子化対策という点があるならば、対象を全小児ということは考えられないか」とただしたところ、「育成支援としても、福祉施策という観点からは一定の所得制限は致し方ないと考えている」との答弁がありました。  そのほかさしたる質疑、意見もなく、採決の結果、議案第11号につきましては、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。  4番、岩室君。 ◆4番(岩室年治君) 議案第11号の委員長報告に対して質問したいと思います。  今回の提案に対して提案説明の時点でも質問させていただきましたけれども、その後の審査を通じての委員長報告、これとの関係でお伺いしたいと思いますが、今回、先ほども委員長報告にありましたように、少子化対策であればすべての乳幼児に対して対象とすべきだという御意見も委員の中にはおありのようで、それに対する福祉施策との点で一定の所得制限を設けたというお考えのようです。私としては、今回の提案が48%が除外されている点について、審査を通じて十分に行っていただきたいという点では、ある一定質疑はされたように受け止めましたが、もう1点、今回の提案は近隣都市、既に政令指定都市では横浜、川崎などでは年齢を3歳までとしているところなども見受けられますが、本市の場合、今回、通院の医療費に関する負担をゼロ歳児を2歳児まで引き上げるものになっていますが、今回の提案に当たり、2歳として定めた理由というのがどこに根拠を置いて市当局が提案されたか、その点について委員会の中で御質疑があったかどうか、またその内容があれば御報告願いたいと思います。 ○議長(池田一音君) 17番、小谷君。 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) なぜ2歳にしたのかということについての質疑はございませんでした。 ○議長(池田一音君) 他に御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。
     委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第11号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第12号 逗子市国民健康保険条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第9、議案第12号 逗子市国民健康保険条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は教育民生常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  教育民生常任委員長、17番、小谷君          〔教育民生常任委員長 小谷章君登壇〕 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) ただいま議題となりました議案第12号 逗子市国民健康保険条例の一部改正について、付託を受けました当教育民生常任委員会における審査の経過概要と結果について、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月15日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、福祉部長ほか関係職員の出席を求め、慎重なる審査を行いました。  本案は、国民健康保険法等の一部を改正する法律平成10年6月17日に、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律平成9年4月1日にそれぞれ施行されたこと、また県内各市の状況及び社会情勢を勘案し、国民健康保険料の賦課限度額等を改正するため提案されたもので、国民健康保険事務に係る国庫負担金が廃止されたこと及び退職者に係る老人保健医療費拠出金の二分の一を退職者医療制度において負担されたことに伴い、国民健康保険料の賦課総額の算定に係る改正をするとともに、国民健康保険料の賦課限度額を現行の50万円から53万円に改定を行うものであります。  審査における質疑の主なるものを御報告いたします。  「社会経済情勢から見ると、各家庭経済的に厳しいこの時期にあえて賦課限度額の改正を行わざるを得なかった理由は何か」とただしたところ、「法律では平成9年に賦課限度額を53万円に引き上げを行ったが、逗子市ではその後も市民の方々の負担にならないよう抑制してきた経過がある。しかし、国民健康保険の財源が制度繰り入れ部分を含め、一般会計からの繰入金でしのいできた現状である。今後も医療費の増額等も見込まれ、一般会計からの繰出金が増大することが見込まれているため、法律で認められている範囲まで改定したい」との答弁がありました。  そのほかさしたる質疑、意見もなく、採決の結果、議案第12号につきましては、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  議案第12号について討論の通告がありますので、発言を許可します。  岩室年治君。4番、岩室君。          〔4番 岩室年治君登壇〕 ◆4番(岩室年治君) 議案第12号 逗子市国民健康保険条例の一部改正について、日本共産党として反対の立場から討論に参加いたします。  今回の一部改正によって、国民健康保険事務に対する国庫負担の交付が市町村の一部一般財源による負担になり、事務費相当分を地方交付税算定経費とするもので、結果として現実には国が市に少なからず新たな負担を求めるものとなっています。  次に、国民健康保険料の賦課限度額を現行の50万円から53万円に改正するものであります。また、併せて予算の中では国民健康保険料の均等割と平等割の値上げが行われてようとしています。国民健康保険は、国が社会保障国民保健の向上に寄与するものとして取り組まれてきたものであります。  自民党政府は、80年代初めから医療制度の連続改悪の中で国民健康保険に対しても制度改悪を繰り返し、国民医療を受ける権利を踏みにじり、制度が根底から揺さぶられる深刻な実態となっています。これまでにも84年の国民健康保険への国庫負担の大幅削減では、総医療費の45%の国庫負担が38.5%へ6%も削減され、国民負担の引き金となりました。さらに国は自治体への負担転嫁を進め、低所得者に対する保険料の法定減額分の改悪、国民健康保険安定化制度の導入、基準超過費用共同負担制度の導入では、市町村の乳幼児や高齢者障害者の助成を行うことに、補助金に減額する制度をつくり、ペナルティーを課す仕組みがつくられてきました。これらは国民の負担を招き、徴収率を悪化させる悪循環を生んでいます。  現在の年間保険料は一、二年前の数字でありますが、全国の平均で15万 2,518円、所得に対する負担率は、国民健康保険が 6.9%、健康保険組合では 3.7%、政府管掌健康保険では4.3%の負担率であり、国民健康保険が極めて高いことが分かります。  本市の場合も平均13万 7,592円であることからも、負担率に関して国民健康保険加入者にとっては同様にとらえることができます。特に、所得が低いほど負担が増し、低所得者に過重な負担を押しつけられています。国民健康保険の被保険者の高齢化とともに無職世帯も増え、特に社会経済状況の悪化は、保険料の値上げにおいては多くの市民生活を直撃するものであります。本市の保険料の滞納についても年々増加する傾向にあります。  さらに、来年度からは国民健康保険料に介護保険料が上乗せされる一括徴収が行われる予定です。市民は滞納した場合、介護保険の給付がどちらも受けられなくなり、併せて市にとっても滞納をさらに生じさせるおそれがあります。だからこそ、市民からは国民健康保険料の値上げに反対する陳情も提出された経過があり、併せて議会日本共産党を含めた3会派からも値上げを抑制する要望が提出されてきました。  以上のことからも、今回の提案は国の指導に基づく方向を受け入れ、市民の負担を求めるものであり、現時点では市民生活の現状からも国民健康保険の値上げとなる提案に対して反対するものであります。  以上で反対討論を終わります。 ○議長(池田一音君) 以上で通告による討論は終わりました。  お諮りいたします。  これにて討論を打ち切ることに御異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御異議なしと認め、討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔多数起立〕 ○議長(池田一音君) 多数起立により、議案第12号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第13号 逗子市道路占用料条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第10、議案第13号 逗子市道路占用料条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は建設環境常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  建設環境常任副委員長、8番、塔本君。          〔建設環境常任副委員長 塔本正子君登壇〕 ◆建設環境常任副委員長(塔本正子君) ただいま議題となりました議案第13号 逗子市道路占用料条例の一部改正について、付託を受けました当建設環境常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、3月15日及び17日の二日間、都市整備部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  なお、3月15日及び17日の二日間、委員長が病気のため欠席いたしましたことを申し添えます。  初めに、都市整備部長から、今回の改正理由は、本条例が16年間改正されず、この間に算定基準となる道路価格が大幅に上昇したため、道路占用料を改正し、受益者負担の適正化を図るものであること。また、道路法施行令の一部改正に伴い、道路占用料制度が改められたので、これに準拠する形に道路占用料条例を改正するものであること。なお、今回の改正の基準となる平均値道路価格は10万 1,308円となり、現行と比較し約 4.6倍となること。この結果、平成11年度予算では前年度当初予算に比較して約 510万円の増収を見込んでいること。また、今回の改正で個人占用者への影響が出ないように減免要領の制定も予定しているとの詳細なる説明を受けた後、質疑に入りました。  その質疑の主なるものを御報告申し上げます。  「占用物件の現状はどうなっているのか」とただしたところ、「主なものとして、東京電力電柱が 2,474本、地下埋設管が 6,796メートル東京ガスの地下埋設物の総延長が約11万 2,000メートル、NTTの専用電柱が 443本、地下埋設物の総延長が約5万 2,000メートルとなっている」との答弁がありました。  さらに、「今回の改正でこれらの企業にかかる占用料はどうなるのか」とただしたところ、「東京電力は約 410万円の増、NTTは約 350万円の増となるが、東京ガスは地下占用の修正率が下がったことにより約 280万円の減となる」との答弁がありました。  次に、「道路価格は固定資産税評価額を用いているが、評価額が変わるたびに条例改正が行われるのか」とただしたところ、「基本的な考え方としてはそのように思っているが、近隣自治体の動向も重要な要素としてあるので、その兼ね合いから今後取り組んでいきたい」との答弁がありました。  次に、討論、採決に入りましたが、その中での意見、討論はなく、採決の結果、議案第13号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第13号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第14号 逗子市都市公園条例の一部改正について(表決) ○議長(池田一音君) 日程第11、議案第14号 逗子市都市公園条例の一部改正についてを議題といたします。  本議案は建設環境常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  建設環境常任副委員長、8番、塔本君。          〔建設環境常任副委員長 塔本正子君登壇〕 ◆建設環境常任副委員長(塔本正子君) ただいま議題となりました議案第14号 逗子市都市公園条例の一部改正について、付託を受けました当建設環境常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、3月15日及び17日の二日間、環境部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  なお、3月15日及び17日の二日間、委員長が病気のため欠席いたしましたことを申し添えます。  初めに、環境部長から、今回の改正は、開発行為で設置された下田公園、柳原公園及びエルデ公園都市計画法の規定に基づき本市に帰属したので、街区公園として位置付けるとともに、第一運動公園内にあるテニスコート、野球場及び弓道場の3有料施設の供用日を1日延長し、施設利用の拡大を図るため、供用日及び休場日を変更したものであるとの詳細なる説明を受けた後、質疑に入りました。  その質疑の主なるものを御報告申し上げます。  「今回の1日延長は市民サイドからの要望か」とただしたところ、「逗子市行財政改革推進計画の中で、既存施設有効活用を進め、開放施設の拡大を図ることが課題となっており、休場日をできる限り少なくすることで施設利用の拡大を図ることが必要との判断から今回提案したものである」との答弁がありました。  次に、「本市の公園面積建設省基準から見てどの程度足りないのか」とただしたところ、「都市計画法施行令で一人当たり10平方メートルを標準としている。今回3公園増えたことで、本市の一人当たりの面積は5.99平方メートルとなる。ちなみに、本市では『緑の基本計画』で年度ごとの目標値を設定しており、平成12年度の目標値は一人当たり5.84平方メートルとなっている」との答弁がありました。  次に、討論、採決に入りましたが、その中での意見、討論はなく、採決の結果、議案第14号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。
     委員長の報告どおり、原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第14号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)(表決) △議案第17号 平成10年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)(表決) △議案第18号 平成10年度逗子市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)(表決) △議案第19号 平成10年度逗子市下水道事業特別会計補正予算(第4号)(表決) ○議長(池田一音君) 日程第12、議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)、日程第13、議案第17号 平成10年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、日程第14、議案第18号 平成10年度逗子市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)、日程第15、議案第19号 平成10年度逗子市下水道事業特別会計補正予算(第4号)、以上4件一括議題といたします。  議案第16号は総務建設環境及び教育民生の3常任委員会へ、議案第17号及び議案第18号は教育民生常任委員会へ、議案第19号は建設環境常任委員会へそれぞれ付託いたしましたので、各委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  まず、教育民生常任委員長、17番、小谷君。          〔教育民生常任委員長 小谷章君登壇〕 ◆教育民生常任委員長(小谷章君) ただいま議題となりました議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)中付託部分、議案第17号 平成10年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第18号 平成10年度逗子市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)、以上3件一括付託を受けました当教育民生常任委員会における審査の経過概要と結果について、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月15日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、市民部長福祉部長教育長教育部長ほか関係職員の出席を求め、慎重なる審査をいたしました。  議案第16号中付託部分における補正の主な内容について申し上げます。  歳出につきましては、人事異動等に伴う職員給与の不足及び不用見込額の計上のほか、第3款民生費、介護保険準備事務については、介護保険事務処理システムパッケージ購入及び関連機器等整備のため、国の平成10年度第3次補正予算等の国庫補助事業として増額計上するとともに、国民健康保険事業特別会計への繰出金につきましては、国民健康保険事業保険基盤安定国庫負担金及び県負担金の確定並びに国民健康保険事業特別会計補正予算において財源調整が図られたことで同会計への繰出金を減額補正するものであります。  第4款衛生費、小児成人病予防事業におきましては、地域保健推進特別事業国庫補助金の交付が確定したことに伴い、また(仮称)医療保健センター建設事業において市債が確定したことに伴い、それぞれ財源更正するものであります。  また、第9款教育費、地震対策安全対策事業におきましては、久木小学校耐震補強工事に係る市債額が確定したことに伴い、財源更正を行うため計上いたすものであります。  歳入におきましては、国庫負担金につきまして、高齢者施設入所者に係る保護措置費負担金の増額補正及び国民健康保険事業保険基盤安定負担金の確定に伴う減額補正のほか、県補助金につきましては、介護保険事業計画策定事業に係る補助金の確定のほか、日常生活用具貸与事業及び訪問入浴サービスに係る補助金を増額補正するものであります。  次に、議案第17号について申し上げます。  歳出におきましては、人事異動等による職員給与費の不用見込額の計上が主なものであります。  歳入におきましては、一般会計繰入金について、財政安定化支援事業繰入金等について、それぞれ制度に基づく一般会計からの繰入額が確定したため措置するほか、その他一般会計からの繰入金については、前年度剰余金残額の予算化を含めた財源調整の結果、減額補正するものが主なものであります。  次に、議案第18号について申し上げます。  歳出におきましては、人事異動等による職員給与費の不足見込額の計上のほか、医療給付費については、老人保健医療制度の改正の影響等により医療費が減少したことに伴い、医療給付費を減額計上するものであります。  歳入におきましては、医療給付費減額に伴い、支払基金からの医療費交付金、国からの医療費負担金及び県負担金について、それぞれ減額補正するとともに、第三者納付金については、療養費給付費負担分に係る第三者よりの納付金が納付されたことに伴う増額補正が主なものであります。  以上、審査につきましては、議案第16号中付託部分、議案第17号及び議案第18号につきましては、歳入歳出ともにさしたる質疑、意見はありませんでした。  採決の結果、議案第16号中付託部分、議案第17号及び議案第18号につきましては、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 次、建設環境常任副委員長、8番、塔本君。          〔建設環境常任副委員長 塔本正子君登壇〕 ◆建設環境常任副委員長(塔本正子君) ただいま議題となりました議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)中付託部分及び議案第19号 平成10年度逗子市下水道事業特別会計補正予算(第4号)、以上2件一括付託を受けました当建設環境常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、3月15日及び17日の二日間、環境部長、都市整備部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  なお、3月15日及び17日の二日間、委員長が病気のため欠席いたしましたことを申し添えます。  初めに、議案第16号について、環境部長及び都市整備部長から、今回の補正は人事院勧告に基づく一般職職員給与改定等に伴う経費について、各科目にわたり措置するものであること、第4款第2項第2目じんかい処理費について、収集車両整備事業に係る市債確定による財源更正をすること、第7款第1項第2目緑化推進費について、財団法人かながわトラストみどり財団からの助成金等の増額によりみどり基金への積み立てを増額すること、第7款第2項第3目道路新設改良費について、小坪海岸トンネル改良事業ほか工事に係る市債確定による財源更正をするものであるとの詳細なる説明を受けた後、質疑に入りましたが、さしたる質疑、意見はありませんでした。  次に、議案第19号について、都市整備部長から、今回の補正は人事院勧告に基づく一般職職員給与改定等に伴う経費について各科目にわたり措置するものであるとの詳細なる説明を受けた後、質疑に入りましたが、質疑、意見はありませんでした。  採決の結果、議案第16号中付託部分及び議案第19号につきましては、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 次、総務常任委員長、18番、須田君。          〔総務常任委員長 須田隆君登壇〕 ◆総務常任委員長(須田隆君) ただいま議題となりました議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)中付託部分について、当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、去る3月16日及び17日の二日間にわたり、全委員出席のもと、理事総務部長、消防長、選挙管理委員会事務局長、監査委員事務局長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  今回の補正につきましては、人事院勧告に基づく一般職職員給与改定に要する経費、退職者の増加に伴う退職手当の増額及び人事異動等に伴う調整など、人件費について各科目にわたり措置したものが主なるものであります。  その他、前年度の剰余金残額の予算化及び普通交付税の交付並びに地区会館整備事業債をはじめとする市債の確定に伴う財源更正などであります。  審査におきましては特に質疑、意見もなく、採決の結果、議案第16号中当委員会付託部分については、全会一致をもちまして原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(池田一音君) 各委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  表決は1議題ずつ区分して行います。  採決いたします。  まず、議案第16号 平成10年度逗子市一般会計補正予算(第6号)、委員長の報告のとおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第16号は原案どおり可決いたしました。  次、議案第17号 平成10年度逗子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第17号は原案どおり可決いたしました。  次、議案第18号 平成10年度逗子市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)、委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第18号は原案どおり可決いたしました。  次、議案第19号 平成10年度逗子市下水道事業特別会計補正予算(第4号)、委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(池田一音君) 総員起立により、議案第19号は原案どおり可決いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会期延長の件 ○議長(池田一音君) 日程第16、会期延長の件を議題といたします。  本定例会会期は3月24日までと議決されておりますが、議事の都合により、会期を3月25日まで1日間延長いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(池田一音君) 御異議ないものと認めまして、さよう決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △次の議事日程報告 ○議長(池田一音君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。  次の本会議は3月25日を予定しておりますが、改めて御通知いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △散会の宣告 ○議長(池田一音君) 本日はこれで散会いたします。  御苦労さまでした。               午後3時45分 散会                     逗子市議会議長  池田一音                     会議録署名議員  近藤大輔                        同     鈴木安之...