ツイート シェア
  1. 逗子市議会 1997-06-12
    平成 9年  6月 議会運営委員会(第2回)-06月12日−03号


    取得元: 逗子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    DiscussNetPremium 平成 9年  6月 議会運営委員会(第2回) − 06月12日−03号 平成 9年  6月 議会運営委員会(第2回) − 06月12日−03号 平成 9年  6月 議会運営委員会(第2回) 議会運営委員会(第3日)                            平成9年6月12日(木)   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●出席委員(10名)     委員長   鈴木安之君        副委員長  須田 隆君     委員    川村智子君        委員    草間 優君     委員    中村照子君        委員    秋元常彦君     委員    池田一音君        委員    網倉大介君     委員    眞下政次君        委員    千葉謙三君 ●欠席委員(なし)   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     議長    武藤吉明君        副議長   山口庫男君 ●オブザーバー(1名)           有安八重子君   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●事務局職員出席者  富沢局長、福田次長、草柳議事係長、中村庶務係長、水野主査
      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●決定事項 ・建設環境常任委員会の日程変更と追加について ・基地対策特別委員会の日程変更と追加について ・一般質問質問事項の締め切り日時の変更について   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開会の宣告 ○(鈴木委員長) おはようございます。  本日は、何かとお忙しい中を議会運営委員会に御出席いただきまして、まことにありがとうございます。  ただいまより議会運営委員会を開会いたします。  なお、オブザーバーとして有安議員が出席いたしておりますので、御報告を申し上げます。               午前10時00分 開会   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △傍聴者について ○(委員長) 次に傍聴についてお諮りいたします。  傍聴希望がありますが、許可することに御異議ありませんでしょうか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) では、傍聴許可することに決定いたしました。  暫時休憩いたします。               午前10時01分 休憩   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−               午前10時02分 再開 ○(委員長) 休憩前に引き続き会議を開きます。  傍聴の皆様には静粛に傍聴されますようお願いを申し上げます。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議長のあいさつ ○(委員長) それでは、議長のあいさつをお願い申し上げます。 ◆(議長) 皆さんおはようございます。  昨日は遅くまで審査をいただきまして御苦労さまでございました。  御承知のとおり、本日は基地対策特別委員会の審査日と決定されているところでございますけれども、建設環境常任委員長さんより委員会の審査が終了しないので、本日も建設環境常任委員会を開会すべく日程をつくっていただきたいとの申し出がございましたので、建設環境常任委員長の趣旨を理解をいたしまして日程の変更の件を議会運営委員長さんに諮問いたしました。  その内容は、建設環境常任委員会の日程の追加及び変更ということで御審議をいただきたいということでお願いをしたいと存じますので、よろしくお願いしたいと思います。  簡単ですけれども、ごあいさつにかえさせていただきます。  それでは、委員長さんよろしくお願いいたします。 ○(委員長) ただいま議長のあいさつが終わりましたけれども、日程の変更ということで申し出がございました。早速協議事項に入りたいと思います。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △建設環境常任委員会の日程変更と追加について ○(委員長) 建設環境常任委員会の日程追加についてを議題といたします。  議長のあいさつにありましたとおり、建設環境の委員長さんから建設環境常任委員会の日程追加についての要請がございます。  お諮りいたします。  本日、この議会運営委員会終了後に建設環境常任委員会を開いていただくことで御異議ありませんでしょうか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) ありがとうございます。  異議なしと認め、さよう決定いたします。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △基地対策特別委員会の日程変更と追加について ○(委員長) 次に、建設環境常任委員会の日程追加に伴い、本日予定しておりました基地対策特別委員会は、委員会予備日となっている明13日に行い、一般質問質問事項の締め切りを同日、明日ですね、午前10時にしたいと思いますが、これに御異議ありませんでしょうか。 ◆(千葉委員) 今委員長が言われたことはよくわかりますので、ただ問題は、建設環境常任委員会、その流れによっては終わり次第私は基地対策特別委員会開いてもいいと思うよ、時間帯を見ながら。初めからそのような明日ということじゃなしに。  それと、前回のこの議会運営委員会の中で、やっぱり申し合わせというか、同じような建設環境委員会の中で質問すると余計時間がかかるわけだよね。AならAという人がある問題をとらえて言った場合には、その内容について同じような私は質問をしてもらいたくないんだよ。そういうことで、これは申し合わせで前回も委員会でやっているんだから、議会運営委員会の中で。これね、委員長の方からそのように各委員さんにひとつ連絡していただきたい。 ○(委員長) 今、千葉委員からこういうような御提案がございました。できるならば、建設環境常任委員会が午前中なら午前中ということで、もし終わった場合は基地対策特別委員会を今日やっちゃったらどうだと、こういう御提案で受け取らせていただいております。  これは、お諮りする前に何か御意見ございますか。 ◆(草間委員) 建設環境常任委員長よりそういう趣旨の申し入れがあったということですから、それは、本来内容については建設環境常任委員会の中で審議するべき中身だろうというふうに私は理解いたします。したがって、この議会運営委員会の席においては日程についてどうするのかと。  今、委員から言われましたように、建設環境常任委員会の内容にまでこの議会運営委員会でやるということは、私は趣旨が違うだろうというふうに思いますので、あくまでも建設環境常任委員長が議長に申し出た中身で私は理解すべきだと思う。  日程等につきましても、協力するということについてはそのとおりだというふうに思いますので、それは委員長が判断された中身、議長と話し合った中身との関係で言えば今日の提案されている内容でよろしいかというふうに思いますので、その旨お諮りいただきたい思います。 ○(委員長) 今、草間委員からの御意見もございました。  今、千葉委員からの方は、柔軟性を持ってその枠でできるならばその枠でやってほしいと。それから、日程の中ではその中で日程を考えていけばいいという、柔軟性を持ってもっと考えろよと。それから今、草間委員の方からは、一応委員長からそういう要請があって議長に申し出て日程追加を申し出ているんだからそのとおりやっていけばいいと。  で、この二つの意見が今出されておりますけれども、皆様からの御意見をお伺いしたいと思います。いかがでしょうか。 ◆(川村委員) 建設環境の常任委員長より申し出がありました今日1日、日程を追加してほしいという申し入れをそのまま容認したいと思います。というのは、やはり審議の内容につきまして十分に審議するのに、今日の午前中だけではどうかなという疑問もありますので、よろしくお願いします。 ○(委員長) 他に御意見ございませんでしょうか。 ◆(池田委員) 日程的に1日必要だという話で最初から言われているものだというふうには聞こえておりません。そんなことから考えると柔軟的に終わり次第やっていこうというふうな形で進めるべきじゃないのかと、こういうふうに考えます。 ○(委員長) 他に御意見ございませんか。 ◆(千葉委員) 委員長ね、いろいろこれは意見があろうかと思うけど、私は柔軟性を持ってやるべきだろうと思うよ。それと同時に、もう一点申し上げたいのは、審査する過程の中で意見まで言っている委員さんがいるわけ、だから余計時間が食うんだよ。そういう問題も私は自重してもらいたいと思うんだよ。いまだかつて私も長い間議員させてもらっているけれど、そんな審査している中で自分の意見を言う時期があるんだよ、ときが。それを事前に審査の過程の中で意見を言うということは私は枠から外れていると思うよ。それはやはり各委員さんも気をつけて私は発言していただきたい。  以上です。 ○(委員長) 今、いろいろ御意見をお伺いいたしました。  川村委員と草間委員の御意見の中で、例えば今日の午前中なら午前中に仮に−−仮にですよ、仮に建設環境常任委員会が終了したとした場合、それも日程として柔軟性を持って基地対策特別委員会をお昼ならお昼から立ち上げるという、そういうこともあり得るということを含んで日程追加ということというのは考えられないことでしょうか。ちょっとお諮りしたいんですか。 ◆(草間委員) 私も建設環境常任委員会の副委員長ということで委員長からの相談も受けました。その判断として、やはり今日1日とっておいていただいた方が無難であろうと。しかし、早目に終わるような状況が出ましたならそれはそういう努力はすべきだろうというふうに思いますが、ただし、基地対策特別委員の方について言いますと、それまで今日やるのかやらないのかを待っていただくということについては、基地対策特別委員のメンバーの方に御迷惑がかかるということも考慮するならば、今日1日そういう流動性を持たずに明日の10時というふうにして、建設環境常任委員会の方としては今日中に終わらせるというふうにした方が私は適切な措置であろうというふうに考えます。 ○(委員長) 御意見を賜りました。今、御意見の中で日程追加は日程追加としておいて、今日中に終わるか終わらないかは建設環境常任委員会とそれから基地対策特別委員会の委員長の話し合いの中でそれがつけばいいじゃないかと、それがついた場合はそれでも結構だろうと。ただし、つかないということもあって基地対策特別委員会にも迷惑がかかる、それから建設環境常任委員会にも時間が余り狭まってしまって十分な審議ができないとすれば日程追加もやむを得ないと、こういう考え方でよろしいですか。 ◆(草間委員) 私はその程度の柔軟性はよろしいかと思います。 ◆(千葉委員) 委員長ね、これね、例えば2時とか3時とか時間帯を見ながらやって、それで後は建設環境常任委員会の委員長と基地対策特別委員会の委員長との話し合いの中でどうするかという、例えば時間3時に終わった場合、それから基地対策特別委員会が開けるかどうか、相対の委員長同士で話し合いでやりゃあいいじゃないですか。それなら委員さんに対したって迷惑かかるわけはないし、私も過去においてもそういうような流れがあったように私は記憶してますよ。 ○(委員長) 千葉委員からの御意見もありました。 ◆(草間委員) ここは、議会運営委員会議会の日程等について決める中身ですから、基本的には建設環境常任委員長の要請に基づいて議長さんから諮問されたような中身で、やはり日程は決めといていただくと。で、当然日程変更等を固定化しないで今各委員から述べられているような事態が起こったときにはそれはそのように柔軟に扱っていただいて私は結構だというふうに思います。そのように思います。 ○(委員長) 今、お二人の御意見が出ました。お二人の御意見の中に共通点もかなりあります。もう一度ここでお諮りしたいと思いますけれども、いかがでしょうか。          〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) よろしいですか。  では、日程は日程として明日までということに決定させていただきまして、附帯条件としまして、今日中に建設環境常任委員会の委員長がそれなりに終わる時間が見通せた場合は、基地対策特別委員会の委員長と話し合いの上で今日中にそれを処理すると〔「おかしいよ」と呼ぶ者あり〕いうような考え方……〔「おかしくないよ、何言っているんだ」と呼ぶ者あり〕それでよろしいでしょうか。  お諮りいたします。〔発言する者あり〕いかがでしょうか。 ◆(草間委員) 基本的にはそういう日程というふうに決めていただいておいて、そういう事態が出てきたときにはもう一度議会運営委員会で諮っていただきたいと、そういう柔軟性は私どもはありますので〔発言する者あり〕日程は日程できちっとしておけばいいですよ、今の中身は。 ○(委員長) それではお諮りいたします。  今の御意見に御賛成の方は、御異議ございませんでしょうか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) よろしいですか。          〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) 御異議なしと認め、さよう決定いたします。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △一般質問質問事項の締め切り日時の変更について ◆(草間委員) 一般質問の通告時間が明日の10時ということで提案されておりますが、これは私も一般質問をする立場から見て、今日の建設環境常任委員会で精力的に質疑を行いたいというふうに、また表決態度表明もしなきゃいけないということも考えますと、明日の10時までというのはちょっと私としては自信がないので、せめて明日の基地対策特別委員会が終わるという時点まで、基地対策特別委員会のメンバーで質問される方もおられますけれども、ダブる方がおられなければ、明日の基地対策特別委員会が終わるということで、時刻的には明日の3時ということでお諮り願いたいと。 ◎(議会事務局次長) ただいま草間委員さんの方から一般質問質問事項の締め切りを13日の午前10時では難しいという御意見でございますが、この点につきましては、事前に事務的に市長部局と調整をさせていただいております。その結果、当初本日の午後3時という中で全体の日程を決めた中で動いております。ここのところにきまして、急きょ日程の変更ということで13日の10時に変更という案を示させていただいておりますが、これは当初、順調に市長答弁書が作成されるという日程の中でこの10時というのはその対応がぎりぎりのところということで確認をしておりますので、ぜひこの10時ということで御理解をいただきたいと思います。 ◆(草間委員) それは事務当局の方としてはそういう事情があるということは理解いたします。しかし、一般質問する側としては、当然基地対策特別委員会の審議等も踏まえた上で質問の最終準備をしていくと。で、本議会の決まりとして質問項目に載せない内容については質問できないというあれがありますので、そういう意味では、こういう日程変更との関係から見ても、どう見てもその10時というのには私はあれがありますので、せめて13日の10時から基地対策特別委員会が行われるその午前中だけの時間を、質疑を経た上で質問を決めていきたいと。これは議員としての当然の要求でありますので、ぜひそういうことで検討し直してほしいということであります。 ◎(議会事務局長) 確認させてください。午前中、昼までならオーケーという意味でいいんですか。 ◆(草間委員) 12時までの議論を恐らく基地対策特別委員会は12時まではかかるだろうというふうに、早く終わってもですね。それを踏まえた上でその質問の内容についても若干考える時間がありますので、まあ3時が遅過ぎるということであればせめて2時ごろまでにお願いしたいということであります。 ◎(議会事務局長) 基地対策特別委員会のその時間の中の内容もあると思うんですけれども、実際に午後1時から基地対策特別委員会が開かれていますと2時と言っても実際質問事項つくっている時間がないと思いますので、昼休みということで1時でいかがですか。刻むようですけれど、その辺ならば交渉の余地ありという感じがするんですが。 ○(委員長) 事務局長さんのお話にありましたけれども、その辺は妥協点を見出だして物理的な可能性のところでひとつよろしくお願いします。 ◆(草間委員) ぎりぎり譲って私も2時だろうというふうに思ったんですが、せめて1時間考えてそれからまとめる時間が1時間ぐらいあればいいなというふうに思って2時というふうに、私は議員の立場でそういう趣旨で意見述べたわけですが、まあ1時ですか。ちょっとほかの皆さんの意見も……。 ◆(川村委員) 草間委員さんだけのやりとりみたいなんですけど、日程が一日延びたということで、私は明日の15時に一日延びたということで、15時ということで、3時に丸一日延びるということを……。 ○(委員長) それはお話ですけれど、事務局の御説明も一応考えた上で御質問願いたいと思います。 ◆(川村委員) 十分考えておりますが。 ○(委員長) これ、言いっこしたらどちらも我通しっこになっちゃいますので、そこら辺はひとつ妥協点を見出だしていただきたいと思います。〔「一般質問だからいいんだよ」「譲り合いなよ、そんなことは」と呼ぶ者あり〕 ◆(池田委員) とにかく一刻も早く決めて、進めていかなきゃいけないんだから、まず一般質問については、その基地対策特別委員会の話が決まんなきゃ、やんなきゃできないようなもんだったらやんなきゃいいんだよ、ねえ。それをあれですよ〔「それはちょっと違う」「なんだそれは」「ふざけんじゃないわよ」と呼ぶ者あり〕それ以前の話で質問はできると思います。まあ、そういう点で譲り合いしても〔「審査をほっといてやれないよ」と呼ぶ者あり〕建設環境常任委員会の審議と基地対策特別委員会の審議が早くできるようにここで折り合いつけて早くいきましょう。〔「はい」と呼ぶ者あり〕先ほどの話で私は結構です。 ◆(草間委員) ここはやっぱり市民代表として、それぞれ市政上の問題について一般質問しようということで時間が与えられるわけですから、当然のこと一般質問をする意見を私はぜひとも認めていただきたいと。そういう意味から見ても1日日程が延びた、それから今、基地対策特別委員会の審議がわからなきゃ質問できないなんていうふうに、大事な問題なんですよ、基地対策特別委員会というのは。その審議を若干なりとも聞いといて、知っといて、それから一般質問の項目について検討したいということが、そういう形で同じ同僚から否定されるとは私考えもしませんでした。〔「委員長、早く進めなよ」と呼ぶ者あり〕しかし、そういう意味ではやっぱり最低でも私は2時ということでお願いしたいと。 ○(委員長) 今、お話が出ましたけれども、確かに審議を尽くした上での質疑ということについては理解できる立場なんですが、今、物理的な条件も考えまして2時というのも、もし2時までに審議をしている場合だったらば、そこから質問事項を書くというのも問題です。先ほどちょっと草間委員がおっしゃったように、そのお昼の時間で目安をつけてそこら辺で質問事項の打ち切りをさせていただけませんでしょうかね。 ◆(千葉委員) 委員長、まずね、もう時間も議会運営委員会をやって開いて20分も経過しているわけだよね。ここで余り時間を浪費しないで、早いとこ建設環境常任委員会に入り込むと、それによっての流れというのがどうなるか、やってみなきゃわからない。とば口でつべこべ言ったってしようがないでしょう、委員長頼みますよ、これは。まず、委員会を開こうよ。〔発言する者あり〕
    ○(委員長) それでは、こういうことでどうでしょうか。  今御提案をちょっと申し上げたいんですが、一般質問出せる方は出していただくと。で、もしそこが調整とれて出さない方については事務局側が理事者側と折衝するということでいかがでしょうか。こういう御提案。          〔「はい、いいですよ」「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) よろしいですか。  どこかで妥協点を見出していただかないと、この時間の問題で、〔「わかりました」「もったいないよ」と呼ぶ者あり〕やりとりやっていることはこれだけ無駄になる……。 ◆(草間委員) 今の委員長さんの提案でいけば、なるべく一般質問される方で早目に出される人は出すと、しかし、どんなに遅くても3時までには出すという、〔「そういうことだ」と呼ぶ者あり〕そういう提案でよろしいですね。 ○(委員長) 3時。 ◆(草間委員) 時間を決めていただかないと1時なのか3時なのか。 ◆(千葉委員) また話変えちゃってるじゃないか。 ○(委員長) 草間委員、先ほど言いましたとおりに2時なら2時で、2時までに……。 ◆(草間委員) 私が2時って言ったんですが、隣の委員では3時という意見もありますから、どういうことなんでしょうか。 ◆(秋元委員) この間の議会運営委員会でも私申し上げましたけれども、そもそも一般質問を各議会定例会の初日に持ってこいと言っている会派が2時だ3時だ、1時間どうだこうだなんて本当はおかしいですよ、これ。そんなのいつまでも聞いているべきじゃない。今私が話してる、ちょっと待ってなさいよ。ですから、先ほどからほかの委員からも出ているように、今1時間があれがどうでこうでなんていうことを言ってるんじゃなくて、ともかく委員会初めて、そこで若干柔軟性を持たせて、今日するか云々ってさっき話があったわけですから、そこで妥協点あったわけですから、それで早く進めましょうよ。  それと、議員のサイドだけがあしたの3時云々と、先ほどからも話出ているように理事者側の都合もあるわけですよ、これ。そこで、どうでこうでするんであれば、日程全体を今度理事者側答弁が間に合わないとなれば延ばさなきゃいけなくなってくるし、そういうようなことも考えて、ただこちらサイドだけでどうこうじゃなくて、あれしていかなきゃいけない話であって、それで今度は答弁がどうでこうで内容がなかった、答弁が十分じゃないとかというまた話になってくるんであって、だから、その辺の1時間の、2時か3時がどうだじゃなくて早く委員会初めて、例えば午後の1時とか2時とか議会運営委員会を再度開くなら開いて、それでその様子によって建設環境常任委員会の、それでじゃあどうしようという話になるんであって、先がぴしっと見えてなくて、今ここで1時間のことをどうとかやってもしようがないんで、先に進めましょうよ。 ◆(草間委員) 今の秋元委員は、私にとってはとんでもない暴論だというふうに思うんです。というのは、現行制度の中で今の議会運営委員会が開かれているんです。私どもが議会の終わりに一般質問をするという今の現行制度を、主張としては初日に一般質問をしてからというふうに提案しているのは確かに私たちです。しかし、現行制度で今議会運営委員会が開かれて、その制度のもとで日程が討議されているわけですから、そういう問題を持ち出して、そしておかしいと、これは私はとんでもない暴論だというふうに思いますので、やはり現行制度の中でこの日程が組まれているんだという点を私は秋元委員は理解すべきだろうというふうに思います。したがって、今の中身についてはそのことで……。 ◆(千葉委員) とにかく各委員さんからいろいろそれなりの発言されておるけど、そこでひとつ、委員長の方で議事整理をお願いします。 ○(委員長) ただいま議事整理の問題を承りました。  これ今、意見の討論の問題ではなくて日程の問題。その日程の問題で一般質問の締め切りの時間の問題なんです。時間の問題については、どこまでなければいけないかと言えば、最後までというのはそれはあるかもしれませんけれど、基本的にそこまでいったら質問の内容がどこまで変わるのかというのは、これは物理的に考えまして、それはちょっと横車だなという感じもするわけです。だから、先が見えて、これは質問の事項がまとまるとすれば、少なくとも12時で見えてくるはずですから、1時間なら1時間の間にその質問事項を整理して、1時なら1時で締め切らせていただきたいと思うんですけれども、いかがでしょうか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) よろしいですか、それで。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) それでは、そのように決定させていただきます。 ◆(有安議員) ちゃんとあれしてくださいね、委員長さんの方から。 ○(委員長) 分かりました。  異議なしと認め、さよう決定いたします。  なお、全員協議会は省略したいと思いますが、御異議ありませんでしょうか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○(委員長) それでは……。 ◆(有安議員) すいません。うちの方は、それについて全員協議会省略異議なしとは言い切れないので、議会運営委員長さん、ぜひ責任を持ってやってください。 ○(委員長) はい、分かりました。  それでは、他の皆さんによろしく御周知ください。   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会の宣告 ○(委員長) 以上で本日の協議事項はすべて終了いたしました。  これをもちまして、議会運営委員会閉会いたします。  御苦労さまでした。               午前10時25分 閉会...