逗子市議会 > 1991-07-16 >
平成 3年  7月 臨時会(第2回)-07月16日−02号

ツイート シェア
  1. 逗子市議会 1991-07-16
    平成 3年  7月 臨時会(第2回)-07月16日−02号


    取得元: 逗子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    DiscussNetPremium 平成 3年  7月 臨時会(第2回) − 07月16日−02号 平成 3年  7月 臨時会(第2回) − 07月16日−02号 平成 3年  7月 臨時会(第2回) 平成3年第2回          逗子市議会臨時会会議録                          平成3年7月16日(第2日)  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●出席議員(25名)    1番  有安八重子君         2番  橋本正博君    3番  澤 光代君          4番  酒井忠雄君    5番  小田鈴子君          6番  東 律子君    7番  池田一音君          8番  山口庫男君    9番  葉山 進君         10番  森川泰治君   11番  堀内愛治君         12番  松本治子君   議長   平井義男君         14番  奈良弘司君   13番   15番  赤埴和晴君         17番  岡本 勇君   18番  鈴木安之君         19番  岩室年治君   20番  岡崎敏雄君         副議長  奈須和男君                      21番
      22番  小嶋三郎君         23番  吉田勝義君   24番  宮川敏郎君         25番  斎藤忠司君   26番  武藤吉明君 ●欠席議員(なし)  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●説明のため出席した者 市長       富野暉一郎君  助役       金井 茂君 収入役      翁川隆二君   市長公室長    根田良子君 都市政策室長   渡邉毅一君   総務部長     我妻定則君 総務部次長    梶谷照雄君   総務部行政課長  伊東 進君 市民生活部長   石渡璋典君   環境部長     下木秀雄君 都市整備部長   白渡公一君   消防長      菊池和文君 教育長      高木栄一君   教育次長     志村哲雄君 選挙管理委員会  武藤貞雄君   監査委員     五十嵐 忠君 事務局長             事務局長  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●事務局職員出席者 議会事務局長   石田純一    議会事務局次長  鈴木富雄 主幹兼議事係長  久保田一興   庶務係長     福田隆男 書記       水野千春    書記       舘 兼好  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●議事日程         平成3年 逗子市議会臨時会議事日程(第2日)         第2回                  平成3年7月16日(火)午後3時00分開議 日程第1.議案第27号 工事請負契約締結について(表決) 日程第2.議案第28号 工事請負契約締結について(表決)  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●本日の会議に付した事件  議事日程に同じ  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ●委員会付託案件の審査結果                               平成3年7月15日 ┌−−−−−−−−−−−−−−−−┬−−−−−−┬−−−−−−┬−−−−−−┐ │    件      名    │付託委員会名│審査結果  │備  考  │ ├−−−−−−−−−−−−−−−−┼−−−−−−┼−−−−−−┼−−−−−−┤ │議案第27号 工事請負契約締結に│ 総  務 │原案可決  │      │ │ついて             │      │(全会一致)│      │ ├−−−−−−−−−−−−−−−−┼−−−−−−┼−−−−−−┼−−−−−−┤ │議案第28号 工事請負契約締結に│ 総  務 │原案可決  │      │ │ついて             │      │(全会一致)│      │ └−−−−−−−−−−−−−−−−┴−−−−−−┴−−−−−−┴−−−−−−┘  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長(平井義男君) 定足数に達しておりますので、ただいまより本日の会議を開きます。                午後 3時08分 開議  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○議長(平井義男君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしたとおりであります。  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会議録署名議員の指名 ○議長(平井義男君) 会議規則第80条の規定によりまして、本日の会議録署名議員2名を指名いたします。     4番 酒井忠雄君    18番 鈴木安之君 にお願いいたします。  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第27号 工事請負契約締結について(表決) ○議長(平井義男君) これより議事日程に入ります。  日程第1、議案第27号 工事請負契約締結についてを議題といたします。  本議案は、審査を総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員会委員長。          〔24番 宮川敏郎君登壇〕 ◆24番(宮川敏郎君) ただいま議題となりました、議案第27号 工事請負契約締結について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、7月15日、全委員出席のもと、総務部長、都市整備部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  質疑の主なものを御報告申し上げますと、まず、「このたびの随意契約にあたり、その契約金額と契約の相手方が今回の第2回目の入札で入れた価格との間に 500万円の差があるのが、この 500万円の差を埋めるに当たって、例えば契約保証金とか履行期限というものについて、変更措置がとられたのか」とただしたところ、「条件については、変えるような提案はしていない」との答弁がありました。  この答弁に対し、さらに「デイサービス施設建設工事にかかる最初からの入札を考えた場合に、これらに関わった事業者は全部で24社あり、そのうちの23社は市が持っている予定価格では事業ができないという判断を示した。しかし、今回の契約の相手方だけが入札価格より 500万円落として、しかも履行期限を延ばさないで契約を結ぼうとしているが、果たして本当に設計図どおりに、きちんと工事ができるのか疑義を持つが、その担保というのは、どこに置いてあるのか」とただしたところ、「予定価格以下のところで随意契約出来たところに、私どもが考えていることができるという判断をした」との答弁がありました。  また、「今回の指名競争入札に当たり、前回の入札に応じた6社を入れているが、これは契約基本理念である結ぶ方と結ばれる側の対等の原則とか、自由の原則、信義誠実の原則など、公平な契約をすることからいって、非常に片手落ちがあったのではないかと思う。設計変更をしないで、単価の計算だけをやり直しているだけの中において、前回の入札で最低価格の札を入れた業者に有利な形での入札が行われたのではないかと思うが、どうか」とただしたところ、「御指摘のとおり積算の時間があった社については有利であろうが、各市の状況を見ても、半分ぐらいの社を取り替えている例もあるので、この辺のところを、指名業者選考委員会契約しなければならないという、この事業の重要性から考えて選考したことについては、それをよしとするということが契約担当としての判断である」との答弁がありました。  これに対し、さらに「やはり6社は今回の入札からはずした方が非常に分かりやすい契約ではないかと思うが、何か分かりにくい、誤解されやすい形になっている。これを分かりやすい入札結果だと胸を張って言えるか」とただしたところ、「今回の2回にわたる入札の不調と、異例の補正予算議決ということを踏まえて、本市として異例のことであったが、契約ということが、時期的な問題も抱えており、その中ではぎりぎりの選択をしたと考えており、率直に申し上げて、なかなかそこまでは難しかろうと思っている」との答弁がありました。  意見、討論としては、まず全体的に見て、今回の入札に当たり、過去2回にわたり入札が不調になった経過を含め、事業者に十分な理解を得られる方法をとってこなかったことを強く感ずる、しかも、市民のために一日も早く建設をしたいとの姿勢においては、行政側の取り組みの認識の甘さが現れていると考えている。十分な答弁が得られなかった面があるが、現状の質疑の到達点を踏まえ、賛成せざるを得ない、という意見がありました。  また、委員より、入札については市民の関心の強いところなので、今後は明朗な、分かりやすい方法をとってもらいたい。さらには、将来の契約の問題として、経済情勢に敏感に対応する姿勢を求めてやまない、などの強い要望がありました。  以上、採決の結果、議案第27号につきましては、全会一致をもちまして原案どおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(平井義男君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。  21番。 ◆21番(奈須和男君) ただいまの委員長報告につきましてお伺いいたしたいと思います。  今回入札の打ち切り後、随意契約に移行した関係でございますけれども、今回の指名参加入札業者は10社とのことでした。しかし、業者は入札を10社中9社は辞退したとのことでありましたが、本市は指名参加入札の資格者の届け出制度はどのような方法で進めておりますかについて委員会での御審議がありましたか、まず1点お伺いします。  2点目に、本市の入札に関する契約上の行為で、過去に入札等で辞退ないしその取り扱いについて、現在に至る処理で、そういう業者の辞退扱いをどのような形で業者に対して現在も扱っているかについて、その事実があったか、委員会でそのような審議がなされていたかいないかをお伺いしたいと思います。 ○議長(平井義男君) 24番。 ◆24番(宮川敏郎君) ただいま奈須議員さんの方から2点の質問がございました。10社中9社のそれら契約事項でございますが、議論は大分長時間にわたって行いました。内容等につきましては、それらに関したこともございましたが、さらに明確性を期するために理事者の方から答えさせていただきたいと、こういうように思います。 ○議長(平井義男君) 総務部長。 ◎総務部長(我妻定則君) それでは、委員長さんからの御指名でございますので、奈須議員さんの御質問に対しまして、私自席より御答弁させていただきます。  まず1点の入札の参加の問題でございますけれども、これは本市の規則等にのっとりまして、毎年2月に業者の方からその参加名簿等を受けまして、それに基づきまして審査をした結果、名簿に登載をしているものでございまして、指名入札につきましても、その名簿に登載されている中から選考委員会の中で業者を決定するという内容でございます。  それから第2点目でございますけれども、これもかつての例ということの中で、今後どういうふうにその辺のことも対応していくのかということでございますけれども、確かに過去の例といたしましては、こういう入札等の辞退につきましては、相当厳しく対応した時代もあったかとも思います。しかしながら、現在のところこのあたりにつきましては、建設省といたしましても、その業者の指名を受けた段階での入札の辞退、あるいはその当日の入札の中での辞退ということにつきましても、そのあたりのことは業者の自由ということでございますので、私どももその建設省通達等を受けまして、今後ともそういう形で対応をしてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(平井義男君) 21番。 ◆21番(奈須和男君) 今そのような答弁を受けたわけでございますけれども、本来指名参加願を出した資格者につきましては、当然契約を辞退するというようなことは本来あり得る問題じゃないと私は考えるわけです。当然この契約を結びたいからこそ、そういうものに対する入札の届け出をしてあると推定するわけです。こうやった形がこれからも続いていきますと、市内における契約すべての問題で非常に支障を来してしまうと、このようなことはあってはならないと私は考えるから、その辺の質問をしたわけです。さらにこのような関係の中で、委員会においてそういう点の質疑応答があったかないか、委員長にお伺いしておきます。  次に、過去において物品の関係で「さいか屋」さんの辞退で、今もなおその物品関係の購入関係は行われていないということを私なりに聞き及ぶところでございます。これもすべて契約の関係で申せば、当然辞退をした業者が、次にその物品の購入等の関係をさらに契約をしていくというような形はあり得ないと私は思うんで、その辺の状況も今の取り扱いの中で、委員会でそういう審議がなされたかなされないかをお伺いしておきたいと思います。 ○議長(平井義男君) 24番。 ◆24番(宮川敏郎君) 契約と物品ということで論議はありましたが、さらにこれらについて理事者の方から明確にひとつお答えをいただければと思っております。 ○議長(平井義男君) 総務部長。 ◎総務部長(我妻定則君) 再度の御質問でございますが、まず第1点の御質問でございますが、今奈須議員さんは、契約の辞退というお言葉を使われておりますけれども、私どもが今回認識しておりますのは、デイサービス施設につきます入札の段階での辞退ということでございますので、そのあたりのことはどうぞ御理解をいただきたいと思います。  それから、第2点目の問題ですが、具体的な固有名詞を出しての御質問でございますけれども、私どもとしては、そのような取り扱い方はしていないというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(平井義男君) 21番。 ◆21番(奈須和男君) 私が契約と言ったのは、少なくとも指名参加の入札業者が入札を行って、落札した時点で契約成立するという過程を踏んでの一つの市と入札業者の考え方においては、逗子市契約規則、一般入札に関する関係の規則に基づいて申し上げたんでございます。これは、逗子市契約規則の中でそうした一つの一般入札とか指名入札とかいう説明、内容のものがあるから、そういう契約規則に基づく内容をもって申し上げたんで、その辺の本市の逗子市契約規則に基づく一般入札に準ずる指名入札業者の問題点について申し上げた。だからその辺について、過去においてそういう業者は、結ばれた時点から本市と契約を遂行していくんだという過程においては、本市で行った指名の資格者の辞退を重く見て、辞退したということは、当然本市としてはこの取り扱いについて十分考えていかなきゃならない問題だと、私はかように思いますので、その点について委員会でもさらに深めた審議があったかないかをお伺いしております。 ○議長(平井義男君) 24番。 ◆24番(宮川敏郎君) 前回の理事者の答えと関連がございますので、あわせてお願いしたいと思います。
    議長(平井義男君) 総務部長。 ◎総務部長(我妻定則君) 再度の御質問でございますけれども、いずれにいたしましても、私どもは委員会の中でも御答弁申し上げましたけれども、やはりこういう異例なことの結果につきましては、一つの貴重な教訓といたしまして、今後こういうことのないように、所掌に当たりましては十分に対応してまいりたいというふうに考えておりますので、よろしく御理解をいただきたいと思います。 ○議長(平井義男君) 他に御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(平井義男君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(平井義男君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(平井義男君) 総員起立により、議案第27号は原案どおり可決いたしました。  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第28号 工事請負契約締結について(表決) ○議長(平井義男君) 日程第2、議案第28号 工事請負契約締結についてを議題といたします。  本議案は、審査を総務常任委員会へ付託いたしましたので、委員長より審査の経過と結果の報告を求めます。  総務常任委員会委員長。          〔24番 宮川敏郎君登壇〕 ◆24番(宮川敏郎君) ただいま議題となりました、議案第28号 工事請負契約締結について、付託を受けました当総務常任委員会における審査の経過概要と結果につきまして、御報告申し上げます。  当委員会は、7月15日、全委員出席のもと、総務部長ほか関係職員の出席を求め、審査に入った次第であります。  本案は、処理場建設機械公共第1号工事請負契約であり、去る7月8日、指名業者10社により競争入札を行った結果、株式会社クボタ東京本社が落札したので、契約金額2億 7,398万円で、履行期限平成4年9月30日として7月9日に仮契約締結したもので、本契約をするため提案するものであります。  審査においては、さしたる質疑、意見もなく、採決の結果、全会一致をもちまして原案のとおり可決するものと決定した次第であります。  以上で当委員会の報告を終わります。 ○議長(平井義男君) 委員長の報告を終わります。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  御質疑はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(平井義男君) 御質疑がなければ、これにて質疑を打ち切ります。  これより討論に入ります。  御意見はありませんか。          〔「進行」と呼ぶ者あり〕 ○議長(平井義男君) 御意見がなければ、これにて討論を打ち切ります。  これより表決に入ります。  採決いたします。  委員長の報告どおり原案を可決することに御賛成の諸員は御起立願います。          〔総員起立〕 ○議長(平井義男君) 総員起立により、議案第28号は原案どおり可決いたしました。  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会の宣告 ○議長(平井義男君) 以上をもって本臨時会の付議事件は全部終了いたしましたので、平成3年逗子市議会第2回臨時会閉会いたします。  御苦労さまでした。                午後 3時29分 閉会                      逗子市議会議長  平井義男                      会議録署名議員  酒井忠雄                         同     鈴木安之...