運営者 Bitlet 姉妹サービス
神奈川県議会 > 2016-09-08 >
平成28年 第三回 定例会-09月08日−01号

ツイート シェア
  1. 神奈川県議会 2016-09-08
    平成28年 第三回 定例会-09月08日−01号


    取得元: 神奈川県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-11
    DiscussNetPremium 平成28年 第三回 定例会 - 09月08日-01号 平成28年 第三回 定例会 - 09月08日-01号 平成28年 第三回 定例会 ◎《本会議録-平成28年第3回-20160908-027960-諸事項-議会日程-》 平成28年第3回神奈川県議会定例会議会日程 (月日) 9月8日 (曜)  木 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(黙祷、会期の決定、決議案説明・採決、提案説明、議員派遣案採決)、議案説明会 (月日) 9日 (曜)  金 (会議内容) (月日) 10日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 11日
    (曜)  日 (会議内容) (月日) 12日 (曜)  月 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 13日 (曜)  火 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 14日 (曜)  水 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 15日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 16日 (曜)  金 (会議内容) 本会議(一般質問)、常任委員会(総務政策)、議会運営委員会 (月日) 17日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 18日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 19日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 20日 (曜)  火 (会議内容) 本会議(一般質問) (月日) 21日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 22日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 23日 (曜)  金 (会議内容) 本会議(一般質問)、議会運営委員会 (月日) 24日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 25日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 26日 (曜)  月 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(追加議案(補正予算、一般・特別会計決算)の説明、一般質問、議案付託、決算特別委員会の設置、決算特別委員及び同正副委員長の選任、請願付託、議員派遣案採決、意見書案採決) (月日) 27日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 28日 (曜)  水 (会議内容) 常任委員会(総務政策、防災警察、県民・スポーツ、環境農政) (月日) 29日 (曜)  木 (会議内容) 常任委員会(厚生、産業労働、建設・企業、文教) (月日) 30日 (曜)  金 (会議内容) 常任委員会(総務政策、防災警察、県民・スポーツ、環境農政) (月日) 10月1日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 2日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 3日 (曜)  月 (会議内容) 常任委員会(厚生、産業労働、建設・企業、文教) (月日) 4日 (曜)  火 (会議内容) 特別委員会(全委員会) (月日) 5日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 6日
    (曜)  木 (会議内容) 予算委員会 (月日) 7日 (曜)  金 (会議内容) 常任委員会(厚生) (月日) 8日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 9日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 10日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 11日 (曜)  火 (会議内容) 常任委員会(全委員会) (月日) 12日 (曜)  水 (会議内容) 決算特別委員会、常任委員会(厚生) (月日) 13日 (曜)  木 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(追加議案(憲章)の説明・付託)、常任委員会(厚生)、常任委員会(総務政策) (月日) 14日 (曜)  金 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(議案(憲章)討論・採決、議案(一般議案)・請願討論・採決、追加議案(人事案件)の説明・採決、議員派遣案採決、意見書案採決) (月日) 15日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 16日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 17日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 18日 (曜)  火 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 19日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 20日 (曜)  木 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 21日 (曜)  金 (会議内容) (月日) 22日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 23日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 24日 (曜)  月 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 25日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 26日 (曜)  水 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 27日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 28日 (曜)  金 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 29日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 30日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 31日
    (曜)  月 (会議内容) (月日) 11月1日 (曜)  火 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 2日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 3日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 4日 (曜)  金 (会議内容) 決算特別委員会 (月日) 5日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 6日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 7日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 8日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 9日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 10日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 11日 (曜)  金 (会議内容) (月日) 12日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 13日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 14日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 15日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 16日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 17日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 18日 (曜)  金 (会議内容) (月日) 19日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 20日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 21日 (曜)  月 (会議内容) 議会運営委員会 (月日) 22日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 23日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 24日 (曜)  木 (会議内容) 特別委員会(経済活性化・産業振興) (月日) 25日
    (曜)  金 (会議内容) (月日) 26日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 27日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 28日 (曜)  月 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(議席の変更、提案説明、決算認定議案討論・採決)、議案説明会 (月日) 29日 (曜)  火 (会議内容) (月日) 30日 (曜)  水 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 12月1日 (曜)  木 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 2日 (曜)  金 (会議内容) 本会議(代表質問) (月日) 3日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 4日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 5日 (曜)  月 (会議内容) (月日) 6日 (曜)  火 (会議内容) 本会議(一般質問) (月日) 7日 (曜)  水 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(一般質問、追加議案の説明、議案付託、請願付託) (月日) 8日 (曜)  木 (会議内容) (月日) 9日 (曜)  金 (会議内容) 常任委員会(総務政策、防災警察、県民・スポーツ、環境農政) (月日) 10日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 11日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 12日 (曜)  月 (会議内容) 常任委員会(厚生、産業労働、建設・企業、文教) (月日) 13日 (曜)  火 (会議内容) 特別委員会(教育・スポーツ振興対策、安全安心推進、健康・社会問題対策) (月日) 14日 (曜)  水 (会議内容) (月日) 15日 (曜)  木 (会議内容) 常任委員会(全委員会) (月日) 16日 (曜)  金 (会議内容) (月日) 17日 (曜)  土 (会議内容) (月日) 18日 (曜)  日 (会議内容) (月日) 19日 (曜)  月 (会議内容) 議会運営委員会 (月日) 20日
    (曜)  火 (会議内容) 議会運営委員会、本会議(議案、請願討論・採決、追加議案の説明・採決、選挙管理委員及び補充員の選挙、議員派遣案採決、意見書案採決、議長あいさつ) ◎《本会議録-平成28年第3回-20160908-027961-諸事項-出席議員等・議事日程-》         平成28年第3回神奈川県議会定例会会議録第1号 〇平成28年9月8日 午後1時2分開議    ─────────────────────────────────────── 〇本日の出席議員 議長共105名        出 席 議 員                        綱   嶋   洋   一                        お ざ わ   良   央                        武   田       翔                        田   村   ゆうすけ                        田   中   信   次                        川   崎   修   平                        神   倉   寛   明                        米   村   和   彦                        中   村   武   人                        京   島   け い こ                        石   川   裕   憲                        木 佐 木   忠   晶                        君   嶋   ち か 子                        古   賀   照   基                        佐 々 木   ゆ み こ                        高   橋   延   幸                        西   村   く に こ                        谷   口   かずふみ                        石   川       巧                        芥   川       薫                        川   本       学                        市   川   和   広                        山   本       哲                        新   堀   史   明                        瀬   戸   良   雄                        い と う   康   宏                        斉   藤   た か み                        さ と う   知   一                        浦   道   健   一                        青   山   圭   一                        大   山   奈 々 子                        藤   井   克   彦                        飯   田       満                        池   田   東 一 郎                        亀   井   たかつぐ                        佐 々 木   正   行                        田   中   徳 一 郎                        山   口   貴   裕                        藤   代   ゆ う や                        渡   辺   紀   之                        原       聡   祐                        高   橋   栄 一 郎                        あ ら い   絹   世                        守   屋   てるひこ                        市   川   よ し 子                        早 稲 田   夕   季                        岸   部       都                        作   山   友   祐                        加   藤   な を 子                        井   坂   新   哉                        赤   野   た か し                        楠       梨 恵 子                        髙   橋       稔                        渡   辺   ひ と し                        小 野 寺   慎 一 郎                        柳   下       剛                        八   木   大 二 郎                        細   谷   政   幸                        河   本   文   雄                        加   藤   元   弥                        内   田   み ほ こ                        長   田   進   治                        国   松       誠                        松   本       清                        てらさき    雄   介                        長   友   よしひろ                        と う ま   明   男                        菅   原   直   敏                        北   井   宏   昭                        馬   場   学   郎                        鈴   木   ひ で し                        赤   井   かずのり                        杉   本       透                        し き だ   博   昭                        小   島   健   一                        いそもと    桂 太 郎                        梅   沢   裕   之                        桐   生   秀   昭                        佐   藤       光                        森       正   明                        土   井   りゅうすけ                        杉   山   信   雄                        近   藤   大   輔                        山   口   ゆ う 子                        日   下   景   子                        曽 我 部   久 美 子                        た き た   孝   徳                        中   村   省   司
                           相   原   高   広                        藤   井   深   介                        小   川   久 仁 子                        持   田   文   男                        竹   内   英   明                        国   吉   一   夫                        松   田   良   昭                        齋   藤   健   夫                        嶋   村   た だ し                        牧   島       功                        堀   江   則   之                        久 保 寺   邦   夫                        松   崎       淳                        大   村   博   信                        高   谷       清                        茅   野       誠                        はかりや    珠   江        説明のための出席者          知事            黒   岩   祐   治          副知事           黒   川   雅   夫          同             中   島   正   信          同             浅   羽   義   里          理事            首   藤   健   治          政策局長          大   竹   准   一          総務局長          中   村   正   樹          安全防災局長        和   田       久          県民局長兼          子どもみらい担当局長    茂   木   吉   晴          スポーツ局長        宮   越   雄   司          環境農政局長        金   子   眞 理 子          保健福祉局長        佐 久 間   信   哉          産業労働局長        藤   巻       均          県土整備局長        平   野   浩   一          会計管理者兼会計局長    水   田   豊   人          ヘルスケア・ニュー          フロンティア推進統括官   山   口   健 太 郎          情報統括責任者       藁   科   至   德          労務担当局長        河   原   知   德          マグカル担当局長      堀   江   信   夫          拉致問題担当局長兼          グローバル戦略担当局長   河   合   宏   一          健康・未病担当局長     井   上   従   子          エネルギー担当局長     松   浦   治   美          教育委員会教育長      桐   谷   次   郎          同  教育局長       田   代   良   一          同  県立高校改革担当局長 久   我       肇          警察本部長         島   根       悟          警察本部総務部長      野   田   次   郎          人事委員会事務局長     山   田       学          監査事務局長        井   立   雅   之          労働委員会事務局長     田   中   維   彦          公営企業管理者企業庁長   二   見   研   一          企業庁企業局長       菅   野       隆    ───────────────────────────────────────        議会局出席者          議会局長          松   森       繁          議会局副局長        森       清   司          同  総務課長       花   上   光   郎          同  議事課長       田   中       隆          同  政策調査課長     多   田   彰   吾    ───────────────────────────────────────            平成28年第3回神奈川県議会定例会議事日程 第1号                             平成28年9月8日午後1時開議 第1 会期決定について 第2 てらさき雄介議員外12名提出 県立津久井やまゆり園で発生した事件の再発防止と共生社会の実現を目指す決議案 第3 定県第 89 号議案 平成28年度神奈川県一般会計補正予算(第2号)    定県第 90 号議案 事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例    定県第 91 号議案 住民基本台帳法施行条例の一部を改正する条例    定県第 92 号議案 収入証紙に関する条例の一部を改正する条例    定県第 93 号議案 神奈川県県税条例の一部を改正する条例    定県第 94 号議案 地方税法第37条の2第1項第4号の規定により控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を指定するための基準、手続等を定める条例の一部を改正する条例    定県第 95 号議案 地方税法第37条の2第1項第4号に掲げる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人等を定める条例の一部を改正する条例    定県第 96 号議案 神奈川県地球温暖化対策推進条例の一部を改正する条例    定県第 97 号議案 民生委員定数条例の一部を改正する条例    定県第 98 号議案 港湾の臨港地区内の分区における構築物の規制に関する条例の一部を改正する条例    定県第 99 号議案 神奈川県建築基準条例の一部を改正する条例    定県第 100号議案 神奈川県立の高等学校等の設置に関する条例の一部を改正する条例    定県第 101号議案 神奈川県立の博物館条例等の一部を改正する条例    定県第 102号議案 警察組織に関する条例の一部を改正する条例    定県第 103号議案 工事請負契約の締結について(県立海洋科学高等学校大型実習船建造工事請負契約)    定県第 104号議案 工事請負契約の締結について(歴史博物館空調設備等改修工事(空調)請負契約)    定県第 105号議案 不動産の取得について    定県第 106号議案 訴訟の提起について    定県第 107号議案 和解について    定県第 108号議案 和解について 第4 認第1号 平成27年度神奈川県公営企業決算及び神奈川県病院事業決算の認定について 第5 議員派遣について    ─────────────────────────────────────── ◎《本会議録-平成28年第3回-20160908-027962-諸事項-開会・諸報告等-》    〔議会局長報告〕   出席議員 議長共105名 〇議長(森 正明) ただいまから、平成28年第3回神奈川県議会定例会を開会いたします。   これより会議を開きます。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) 本定例会の会議録署名議員を、本職からご指名申し上げます。         神  倉  寛  明 議員
            斉  藤  た か み 議員         渡  辺  ひ と し 議員         君  嶋  ち か 子 議員         相  原  高  広 議員         と う ま  明  男 議員   以上、6名の方々にお願いいたします。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) この際、申し上げます。   去る7月26日、県立津久井やまゆり園において大変痛ましい事件が発生し、19名のとうとい人命が失われました。   亡くなられた方々に対しまして、ここに謹んで哀悼の意を表するとともに、ご冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。   ご起立を願います。-黙祷。   〔総員起立、黙祷〕 〇議長(森 正明) ご着席を願います。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) 本職あて文書が提出されておりますので、書記に朗読させます。   〔書記朗読〕    ───────────────────────────────────────                                   政総第106号                                平成28年9月8日  神奈川県議会議長 森   正 明 殿                          神奈川県知事 黒 岩 祐 治 議案の提出について  平成28年第3回神奈川県議会定例会に提案する予算議案ほかを別冊のとおり提出します。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) この際、申し上げます。   お手元に配付いたしましたとおり、決議案1件が提出されておりますので、ご了承を願います。   受理いたしました陳情書は、お手元に配付いたしました文書表のとおり、所管委員会に付議いたしますので、ご了承を願います。   地方自治法第243条の3第2項の規定により、経営状況説明書が提出されておりますので、あらかじめ配付してありますから、ご了承を願います。   地方独立行政法人法第28条第5項等の規定により地方独立行政法人神奈川県立病院機構平成27年度業務実績評価書が提出されておりますので、あらかじめ配付してありますから、ご了承を願います。   神奈川県債権管理条例第7条の規定に基づき、債権の放棄について報告がありましたので、さきに送付してありますから、ご了承を願います。   神奈川県県営上水道条例第46条第2項の規定に基づき、水道料金の免除について報告がありましたので、さきに送付してありますから、ご了承を願います。    ─────────────────────────────────────── ◎《本会議録-平成28年第3回-20160908-027963-諸事項-会期決定・決議案採決等-》 〇議長(森 正明) これより日程に従い、審議を行います。   日程第1、会期決定についてを議題といたします。   お諮りいたします。   本定例会の会期は、本日から12月20日までの104日間といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(森 正明) ご異議がないと認めます。   よって、本定例会の会期は、本日から12月20日までの104日間と決しました。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) 次に、日程第2、てらさき雄介議員外12名提出 県立津久井やまゆり園で発生した事件の再発防止と共生社会の実現を目指す決議案を議題といたします。   決議案の朗読は省略いたします。                             〔本会議録巻末75頁参照〕   提出者の説明を求めます。   てらさき雄介君。 〔てらさき雄介議員登壇〕 〇てらさき雄介議員 議長のお許しをいただきましたので、ただいま上程されました県立津久井やまゆり園で発生した事件の再発防止と共生社会の実現を目指す決議案につきまして、これを取りまとめました厚生常任委員会の委員を代表して、提案説明をいたします。   まず、決議案を提案するに至った経緯についてご説明いたします。   去る7月26日未明、県立津久井やまゆり園に元職員の男が侵入し、多数の利用者や職員を殺傷するという痛ましい事件がありました。   事件を受けて、8月8日、同18日及び9月2日に厚生常任委員会を開催し、今回の事件の発生状況や県の対応状況等について聴取し、事件によって明らかとなった課題や問題点、及びそれを踏まえた今後の対応等について徹底的な議論を実施するとともに、参考人からの意見聴取や実地調査を実施して、事件の全貌の把握に努めました。   こうした委員会における審査の過程において、容疑者が事件を引き起こすに至った動機や背景、第三者委員会による再発防止策の検討、入所者のご遺族やご家族、職員の皆様への支援、園の機能回復など、さまざまな問題点や課題が明らかになってきましたが、県議会といたしましても、県当局と知恵を出し合いながら、ともに生きる喜びを分かち合うことができる共生社会の実現を目指して、全力で取り組んでいかなければならないとの思いから、本決議案の提案に至ったものです。   次に、決議案の概要についてご説明いたします。   7月26日未明に発生した今回の事件は、社会にはかり知れない恐怖と衝撃を与えました。突然のいわれなき凶行の犠牲となられた方々に対して、改めまして哀悼の意を表しますとともに、心身に癒えることのない傷を負われた方々に心からお見舞いの言葉を申し上げるものです。   事件の全容については警察による捜査が継続している状況ですが、元職員は現在も障害者に対する偏見や差別的な発言を繰り返しているという報道があり、こういった思考が今回の身勝手きわまりない残虐な犯行に駆り立てたのではないかという論評などもなされているところであります。   これが事実であれば、共生社会の実現に向けて尽力してきた我々のこれまでの努力を踏みにじるものであり、障害者の命や尊厳を否定する言動は決して容認することはできないものであり、強い憤りを禁じ得ません。   県政において二元代表制の一翼を担う神奈川県議会は、県立の施設においてかけがえのない多くのとうとい命を守ることができなかったということを重く受けとめ、議会における今回の事件に対する議論や提言などを通じて、原因究明に向けた徹底的な検証を行うとともに、こうした凄惨な事件を二度と繰り返すことのないよう、関係機関と連携し、議論を重ねながら、早急に再発防止策を構築していく決意を新たにするものです。   さらに、事件の再発防止を検討するだけにとどまらず、障害者に対する偏見や差別を克服していく必要性を強く感じているところです。   よって、神奈川県議会は障害者に対する理解の促進と人権尊重に向けた啓発活動及び障害者福祉施策のさらなる充実に一層努めるとともに、県民一人一人がかけがえのない命のとうとさを自覚し、ともに喜びを分かち合うことができる共生社会の実現に全力を尽くすことをここに誓うものであります。   当決議案につきまして、何とぞ議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案説明といたします。   以上です。 〇議長(森 正明) お諮りいたします。   日程第2につきましては、この程度で採決いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(森 正明) ご異議がないと認めます。   よって、採決いたします。   日程第2、てらさき雄介議員外12名提出 県立津久井やまゆり園で発生した事件の再発防止と共生社会の実現を目指す決議案にご賛成の方は、ご起立を願います。   〔総員起立〕 〇議長(森 正明) 総員起立により、原案のとおり決しました。    ─────────────────────────────────────── ◎《本会議録-平成28年第3回-20160908-027964-諸事項-提案説明等-》 〇議長(森 正明) 次に、日程第3、定県第89号議案 平成28年度神奈川県一般会計補正予算外19件、並びに日程第4、認第1号 平成27年度神奈川県公営企業決算及び神奈川県病院事業決算の認定について、以上一括して議題といたします。   議案の朗読は省略いたします。                             〔本会議録巻末2頁参照〕   知事の説明を求めます。   黒岩知事。   〔知事(黒岩祐治)登壇〕 〇知事(黒岩祐治) 提案説明に入ります前に、一言申し上げます。   8月以降、日本列島に上陸した一連の台風により、各地で記録的な大雨となり、大勢の方が亡くなられたほか、住居が失われるなど、甚大な被害が生じています。   県内でも1人の方が亡くなられたところであり、お亡くなりになられた方々に対して衷心より哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた多くの方々に心からお見舞い申し上げます。   また、現在、一部地区の孤立も伝えられており、救援を待たれている方々の一刻も早い救助をお祈り申し上げます。   それでは、本日、提案しました平成28年度補正予算案並びにその他の諸議案について、その概要をご説明申し上げるとともに、あわせて当面の県政に対する所信の一端を申し述べたいと思います。   初めに、去る7月26日に、県立の指定管理施設である障害者支援施設の津久井やまゆり園において発生した事件の対応についてです。   この事件は、同園の元職員の男が、施設の利用者など、男女19人を殺害、27人を負傷させるという、極めて凄惨なものでした。   事件当日の午後に、私は現地へ赴き、家族会の会長にお会いして弔意をお示しするとともに、指定管理者である社会福祉法人かながわ共同会の理事長や幹部から状況の説明を受けました。   今も強い怒りと憤り、そして、悲しみの気持ちを禁じ得ません。   改めて、亡くなられた方々へ謹んで哀悼の意を表しますとともに、ご遺族や被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。   県では、事件当日に私が現地で伺ったお話も踏まえて、7月29日に庁内に再発防止等対策本部を設置し、直ちに入所者、ご家族や職員の心のケアを行う体制を整備するとともに、直面するさまざまな課題への取り組みを開始しました。   その後、再び園を訪問し、家族会やかながわ共同会の方々とお会いした際には、一日も早く園を再生したいという切なる思いをお聞きしましたので、8月15日には、対策本部の名称を再発防止対策・再生本部に改めました。   現在、園の機能回復に向けた方向性の確定、入所者の生活環境の改善、入所者、ご家族や職員の心のケアなどについて、早急な対応を進めているところですが、県として、事件の再発防止と園の再生のために、できる限りのことをしていく決意を持って、この問題に対処してまいります。   次に、8月15日から20日まで、リオデジャネイロオリンピックを視察するためブラジルを訪問しましたので、その概要を報告いたします。   リオのセーリング競技会場においては、競技艇などの船置き場や大会施設の配置状況などを視察したほか、ビーチの観覧エリアから実際のレースを観戦し、メダルを獲得した選手と観客が一体となった様子や、大型ビジョンなどを活用した盛り上げの工夫などもこの目で確かめることができました。また、周辺の道路状況についても、オリンピックレーンや交通渋滞の状況などを視察しました。   これらの視察により、江の島での競技開催に向けた検討課題を確認し、対応に向けた示唆を得ることができたと実感しています。   また、現地では、国際セーリング連盟のクローチェ会長とお会いし、江の島での開催におけるレースエリアの設定方法などについて、意見交換の時間を持つことができました。
      クローチェ会長には、江の島周辺で漁業が盛んに行われている実情をお伝えし、コスト削減の観点も踏まえたレースエリアの設定を考えていきたいことなどを説明しました。   さらに、各国セーリング連盟の方にお集まりいただいて、江の島の魅力をお伝えする機会を持ったほか、東京2020大会組織委員会が主催した国際競技連盟の方々が出席するレセプションに出席して、参加者の方々へ神奈川の魅力をお伝えすることもできました。   このように、オリンピックのセーリング競技の運営について、実際に自分自身の目で確かめられたこと、また、セーリング競技の責任者に直接会って、江の島での競技運営に関する意見交換ができたこと、そして、各国の関係者へ神奈川のアピールをできたことは、今回の視察の大きな成果と捉えています。今後は、この視察の結果を踏まえ、江の島での開催に向けて万全の準備を進めていきます。   なお、県内では、セーリングとサッカー予選が決定していることに加え、野球・ソフトボールが主会場予定地として位置づけられました。この神奈川からオリパラムードを大いに盛り上げ、関係機関と連携しながら、大会の大成功に向けて全力で取り組んでまいります。   次に、国際観光の推進についてです。   去る7月26日に、夏休み本番前というタイミングで、大涌谷園地の開放と箱根ロープウエー全線の運行再開を果たすことができました。   再開に向けては、箱根山火山防災協議会のもと、火山ガスの監視や救護体制など、安全対策に万全を期してきたところであり、地元の箱根町を初め、事業者や火山ガスの専門家など、多くの方々のご努力がありました。この場をおかりして、改めて関係者の皆様に感謝を申し上げたいと思います。   このたびの箱根ロープウエー全線の運行再開により、箱根湯本から強羅、芦ノ湖を周遊するゴールデンルートが復活することになりました。県としては、引き続き、増加傾向にある外国人観光客をターゲットにしたプロモーションも積極的に展開し、箱根観光、さらには神奈川県全体の観光振興を図ってまいります。   また、県では、6月に、旅行業団体や交通事業者、経済団体などの観光関係者から成る神奈川県観光魅力創造協議会を設置し、県内の多彩な観光資源の発掘、磨き上げや、魅力的な周遊ルートの開発に取り組んでいるところです。   こうした取り組みを一つ一つ着実に進め、ラグビーワールドカップ2019と東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会というビッグイベントへとつなげていくことで、観光立県かながわを実現していきたいと考えています。   次に、人生100歳時代の設計図に関する取り組みについてです。   今年度は、このテーマについて、さまざまな機会を通じて広く議論を巻き起こしていく年と位置づけています。   そのスタートとして、7月にキックオフシンポジウムを開催しました。当日は会場が満席となり、このテーマに寄せる関心の強さを実感したところです。   当日の基調講演では、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんから、高齢になっても、諦めずに挑戦し続けることの大切さを語っていただくとともに、パネルディスカッションでは、学識者や介護等の専門家の方々と、これからの高齢者の社会参加のあり方などについて、熱のこもった意見交換を行うことができ、議論のキックオフにふさわしいイベントとなりました。   また、県民との対話については、人生100歳時代の設計図を今年度の対話の広場の共通テーマとしながら、各地域で参加者の方々との対話を進めています。   7月に開催した県西会場を皮切りに、今後、横須賀三浦、川崎、湘南、県央の各地域でも、私が出向いて、できるだけ多くの県民の皆様と対話を重ねてまいります。   さらに、横浜では、社会参加、スポーツ、地域づくりといった角度から議論する対話の広場を計3回開催し、その様子をインターネットで生中継いたします。   こうした機会を通じて、県民一人一人が人生100歳時代の設計図を自分自身のこととして捉え、考えを深めていくための始まりの年にしたいと考えています。   それでは、このたび提案いたしました補正予算案につきまして、ご説明申し上げます。   今回の9月補正予算案では、5月補正予算編成後の状況の変化により、政策課題に早急に対応する必要があるものについて措置することといたしました。   初めに、オリンピック・セーリング競技江の島開催に向けた取り組みについてです。   東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技実施に伴い、湘南港にある艇の移動先の一部を確保するとともに、オリンピック後もセーリングを広く県民の皆さんに普及していくため、葉山港にある船舶保管地の改修に向けた設計等を行うほか、セーリング競技の成功と、湘南港の機能強化や江の島地域の活性化を図るため、江の島大橋を含む臨港道路の拡幅整備に向けた設計等を行います。   また、いつまでも地域で安心して生活できる医療体制を整備するため、地域医療介護総合確保基金を活用し、訪問看護師の人材育成を支援する教育支援ステーションを設置するほか、歯科衛生士の復職支援に対する補助等を実施します。   さらに、県立保健福祉大学について、急速に進む少子・高齢化など、社会状況の変化を踏まえ、教育・研究の充実や自主的・自律的な大学運営ができるよう公立大学法人に移行するための準備を行います。   また、県立高等学校入学者選抜学力検査の採点誤りの再発を防止するため、平成28年度実施の学力検査からマークシート方式を導入するために必要なシステム等を整備するほか、県立横浜国際高等学校における国際バカロレアコースの設置に向けた新棟整備の設計について、債務負担行為を設定いたします。   このほか、高収益な作物・栽培方法へ転換を図るため、農業者等が行う施設整備に対して支援するとともに、再生可能エネルギー等導入推進基金を活用し、災害時の避難所に指定されている、かながわ農業アカデミーに太陽光発電設備等を設置します。   以上が補正予算案の概要でありますが、補正予算の総額は、一般会計で1億7,800余万円となり、財源につきましては、繰入金、繰越金及び県債などを充当し、収支の均衡を図っています。   なお、冒頭でも触れました津久井やまゆり園において発生した事件への対応ですが、体育館等での生活を余儀なくされていた利用者の方々については、8月31日までに他施設に移転していただくなど、予備費等の活用により、緊急的に対応させていただいたところです。   その他早急に対応が必要な経費につきましては、現在準備を進めていますので、改めて今定例会中に補正予算案を追加提案させていただきたいと考えています。   次に、予算以外の案件ですが、今回は条例の改正13件、工事請負契約の締結2件、不動産の取得1件など、全体で20件のご審議をお願いしています。   まず、条例の改正ですが、主なものについてご説明します。   「神奈川県県税条例の一部を改正する条例」は、第3期の「かながわ水源環境保全・再生実行5か年計画」の財源に充てるため、個人県民税の超過課税、いわゆる水源環境保全税の適用期間を5年間延長することについて、所要の改正を行うものです。   また、「神奈川県立の高等学校等の設置に関する条例の一部を改正する条例」は、「県立高校改革実施計画」による学科改編に伴い、高等学校の名称について、所要の改正を行うものであり、「神奈川県立の博物館条例等の一部を改正する条例」は、県立の博物館等の観覧料の納付等について、所要の改正を行うものです。   条例については、このほか「事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例」など、10件の改正をお願いしています。   次に、条例以外の主な案件ですが、工事請負契約の締結は、県立海洋科学高等学校の実習船建造工事や県立歴史博物館の空調設備の改修工事をお願いするものであり、不動産の取得は、県立相原高等学校の移転先用地として、職業能力開発総合大学校旧相模原校跡地の取得をお願いするものです。   このほか、平成27年度神奈川県公営企業決算及び神奈川県病院事業決算の認定につきましては、監査委員の審査が終了しましたので、ご審議をお願いするものです。   さて、米国の公民権運動の指導者として有名なキング牧師の言葉に、次のようなものがあります。人は兄弟姉妹として、ともに生きていくすべを学ばなければならない。それができなければ、私たちは愚か者としてともに滅びることになる。   このたびの津久井やまゆり園における事件を受けて、障害者への差別が助長されかねないとの懸念が多くの方々から寄せられています。障害者やそのご家族が生活の中で不安を感じられるようなことは何としても避けなければならない。そうしなければ、私たちはともに滅びることになるとの思いを強くしています。   県では、命とは何かを改めて考え、一人一人を大切にすることを基本理念として、みんなの命が輝く、ともに生きる社会かながわの実現に向けて、さらに力強い歩みを進めてまいります。   以上をもちまして、私の説明を終わります。   細部につきましては、議事の進行に伴い、私もしくは副知事以下関係局長等からご説明させていただきたいと存じます。   よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げます。 〇議長(森 正明) お諮りいたします。   ただいま説明のありました日程第3及び日程第4につきましては、本日はこの程度にとどめたいと思いますが、ご異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(森 正明) ご異議がないと認めます。   よって、そのように決しました。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) 次に、日程第5、議員派遣についてを議題といたします。   お諮りいたします。   日程第5につきましては、お手元に配付してあります議員派遣案第15号のとおり、派遣することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(森 正明) ご異議がないと認めます。   よって、そのように決しました。    ─────────────────────────────────────── 〇議長(森 正明) 以上で、本日の日程は終了いたしました。   お諮りいたします。   明9日は休会いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(森 正明) ご異議がないと認めます。   よって、そのように決しました。   次回の会議は、9月12日午後1時に開きます。   本日はこれで散会いたします。まことにご苦労さまでした。                   午後1時33分 散会...