運営者 Bitlet 姉妹サービス
神奈川県議会 > 2003-05-26 >
平成15年  5月 臨時会-05月26日−04号
平成15年  5月 臨時会-05月26日−04号

神奈川県議会 2003-05-26
平成15年  5月 臨時会-05月26日−04号


取得元: 神奈川県議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. DiscussNetPremium 平成15年  5月 臨時会 − 05月26日−04号 平成15年  5月 臨時会 − 05月26日−04号 平成15年  5月 臨時会 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024158-諸事項-55出欠席議員》 55 出欠席議員 神奈川県議会5月臨時会会議録第4号 〇平成15年5月26日 午後4時40分開議 〇本日の出席議員 議長共106名 出席議員 馬場学郎 しきだ博昭 山本俊昭 渡辺ひとし 小島健一 梅沢裕之 嶋村ただし 福田紀彦 滝田孝徳 本村賢太郎 北井宏昭 齋藤健夫 仙田みどり 鈴木とも子 松崎淳 藤間明男 小野寺慎一郎 鈴木ひでし 赤井かずのり 桐生秀昭 小林常良 佐藤光 あかま二郎 大井康裕 安藤慶 大村博信 竹内栄一 岩本一夫 山本裕子 福田泰子 ふじたちえこ 長谷川くみ子 岩崎尊之 飯田誠 嘉山照正 藤井深介 森正明 土井りゅうすけ 杉山信雄 小川久仁子 向笠茂幸 星野剛士 吉田大成 伊藤とおる 倉田仁 茅野誠 石川輝久 平本さとし みわ智恵美 木内ひろし 相原高広 笠間茂治 山田泰之 金子武雄 持田文男 竹内英明 鈴木恒夫 安藤博夫 山田文雄 加藤たかひさ 磯貝捷彦 舘盛勝弘 高谷清 勝又恒一郎 水戸将史 田中肇 大木哲 河野幸司 川上賢治 木内要 富田光男 此村善人 小山和洋 田島信二 矢部房男 古沢時衛 保阪努 国吉一夫 新井敏二郎 松田良昭 牧島功 ほりえ則之 中村省司 はかりや珠江 江田実 手塚悌次郎 安斉義昭 斉藤ゆうき 田村政晴
    益田はやお 新堀典彦 三好吉清 榎並寛 桐生忠一 村上健司 服部圭介 榎本与助 久保寺邦夫 斎藤達也 佐藤正之 横山哲夫 山田吉三郎 豊島きよし 内田あきら 東野陽子 武田郁三郎 欠席議員 神田健二 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024159-諸事項-56出席した議事説明者》 56 出席した議事説明者 説明のための出席者 知事 松沢成文 副知事 伊藤文保 副知事理事事務取扱 水口信雄 副知事 林英樹 出納長 橋本正俊 理事 尾高暉重 理事 岡島康夫 総務部長兼行政改革担当部長 石田稔 企画部長 陳岡啓子 防災局長 友井国勝 県民部長 小林勲 環境農政部長 小野沢孝一 福祉部長 田代球喜 衛生部長 鶴田憲一 商工労働部長 下河内司 県土整備部長 寶積泰之 出納局長 磯部仁美 労務担当部長 宮内芳明 分権・広域課題担当部長 畠山康 人権担当部長 山本隆夫 県立病院担当部長 藤島進 総務部次長 津田信治 企画部次長 山本雄太郎 同 井上良一 同 前田重一 県民部次長 村山瑛子 同 河野誠 環境農政部次長 小林弘 同 藤井弘志 福祉次長 西森義博 商工労働部次長 渡部胖 同 東利之 県土整備部次長 安野讓次 同 小山剛司 人事課長 古尾谷光男 財政課長 加藤進 税務課長 田中克己 教育委員会教育長 曽根秀敏 同管理部長 村山正和 同教育部長 清水進一 同県立高校改革担当部長 市川博彬 警察本部長 末綱隆 警察本部総務部長 大木宏之 警察本部会計課長 武内薫 人事委員会事務局長 鈴木勝也 監査事務局長 高澤靖 地方労働委員会事務局長 石井良男 選挙管理委員会書記長 嶋田幸雄 収用委員会事務局長 斉藤雅俊 公営企業管理者企業庁長企業庁管理局長事務取扱同水道局長事務取扱 渡辺穰 同利水局長 神保重五郎 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024160-諸事項-57議会事務局出席者》 57 議会事務局出席者 議会事務局出席者 議会事務局長 古河伸夫 同次長 小方實 同議事課長 磯村共庸 同調査課長 今泉保史 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024161-諸事項-58議事日程》 58 議事日程 神奈川県議会5月臨時会議事日程 第3号 平成15年5月26日午後1時開議 第1 臨県第1号議案知事等の期末手当の特例に関する条例    県報第1号 専決処分について承認を求めること(神奈川県県税条例の一部を改正する条例) 第2 議会運営委員会の調査について
    第3 臨県第2号議案 監査委員の選任について 第4 臨県第3号議案 副知事の選任について 第5 河野幸司君外3名提出有事関連三法案の廃案を求める意見書案 第6 神奈川県議会議員表彰について ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024162-諸事項-59開議》 59 開議 〔事務局長報告〕 出席議員 議長共106名 〇議長(桐生忠一君) 休会前に引き続き、会議を開きます。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024163-諸事項-60会議時間の延長》 60 会議時間の延長 〇議長(桐生忠一君) あらかじめ時間の延長をいたします。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024164-諸事項-61文書朗読-[1]知事提出議案について》 61 文書朗読    (1)知事提出議案について 〇議長(桐生忠一君) 本職あて文書が提出されておりますので、書記に朗読させます。 〔書記朗読〕 財第60号 平成15年5月26日 神奈川県議会議長 桐生忠一殿 神奈川県知事 松沢成文 議案の提出について  監査委員の選任についてほかの案件を別冊のとおり提出します。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024165-諸事項-61文書朗読-[2]条例案に対する意見について[人事委員会回答]》 61 文書朗読    (2)条例案に対する意見について(人事委員会回答) 人委第50号 平成15年5月23日 神奈川県議会議長 桐生忠一殿 神奈川県人事委員会委員長 鈴木元子 条例案に対する意見について(回答)  平成15年5月23日付け神議第11号をもって意見を求められました条例案について、次のとおり意見を申し述べます。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024166-諸事項-62諸報告-意見書案1件》 62 諸報告    意見書案1件 〇議長(桐生忠一君) この際、申し上げます。  お手元に配付いたしましたとおり、意見書案1件が提出されておりますので、ご了承を願います。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024167-諸事項-63議案上程-臨県第1号外1件》 63 議案上程    臨県第1号外1件 〇議長(桐生忠一君) これより日程に従い、審議を行います。  日程第1、臨県第1号議案 知事等の期末手当の特例に関する条例外1件を議題といたします。  所管委員会から審査結果報告書が提出されておりますので、書記に朗読させます。 〔書記朗読〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024168-諸事項-64委員会審査結果報告書朗読》 64 委員会審査結果報告書朗読 総務企画常任委員会審査結果報告書  当常任委員会は、平成15年5月23日の本会議において付託された諸議案について慎重審査の結果、原案のとおり可決又は承認すべきものと議決したので報告する。 平成15年5月26日 神奈川県議会議長 桐生忠一殿 総務企画常任委員会委員長 星野剛士 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024169-諸事項-65討論-[1]反対討論[みわ智恵美議員]》 65 討論    (1)反対討論(みわ智恵美議員) 〇議長(桐生忠一君) これより討論を行います。  討論の通告がありますので、発言を許します。  みわ智恵美君。 〔みわ智恵美君登壇〕(拍手) 〇みわ智恵美君 私は日本共産党県会議員団を代表して、県報第1号 専決処分について承認を求めることに対する所管常任委員会の審査結果に反対の討論を行います。  県報第1号は、地方税法等の一部を改正する法律が施行されるに当たって神奈川県県税条例の一部を改正する条例についてです。  このたび、地方税法で、学生、生徒等の教育活動としての利用と、国民体育大会の競技としての利用におけるゴルフ場利用税の非課税措置が創設されました。これに伴い、これまで神奈川県県税条例で学校教育法第1条に規定する学校の学生または生徒等の教育活動としての利用や、国民体育大会の競技としての利用の場合に、ゴルフ場利用税が半額となる措置がとられていたものを非課税にするというもので、日本共産党県議団はこの条例改正については反対するものではありません。  一方で、不動産取得税の税率の特例の改正は、すべての不動産の取得について、税率を4%から3%に軽減する改正に伴うもので、2003年4月から2006年3月までの3年間に限って実施するものです。これまでは住宅取得について税率を4%から3%に軽減していましたから、勤労者、市民住宅取得についての優遇は変わるものではありません。  今回、国はこの特例の創設に当たって、そのねらいを土地の流動化を促進するとしています。しかし、これまでも国が進めてきた東京23区と政令市では2,000平方メートル以上、都市計画区域を有する市町村では5,000平方メートル以上、その他の市町村では1万平方メートル以上と、限定された規模の土地への優遇税制の特別土地保有税の徴収猶予はかえって土地の流動化に逆行し、大企業の土地保有を進めてきました。  さらに、この特別土地保有税は都市再生の促進の観点から廃止されることとなり、この上に不動産取得税の一律減税で都市再生を掲げた大企業による土地有効利用の促進を図るということですから、大企業への二重の優遇を進めるものです。土地の買い占めを進め、東京の大規模オフィスビルの建設ラッシュのような事態を生み出し、その結果としてオフィスが余るという深刻な状況をつくり出しかねません。  また、これまで県税条例で横浜市のみなとみらい地区などの業務施設集積地区の区域内において中核的民間施設を設置したものについて、その家屋やその土地の取得に対する不動産取得税の税率は2%に引き下げられていました。それを政府の税制改正に伴って、さらにメリットをつけるとして1.5%に軽減するというものとなっていますが、これも大企業による大規模開発に対して優遇するものでしかありません。  今回の税制改正で、すべての不動産の取得に対する減税に伴う減収は全国的には1,199億円です。財政危機にある地方自治体に対して、大幅減収を押しつけるものとなっています。神奈川県としてのこの減税での不動産取得での減収影響額は、本年度35億円となっています。今年度の県の予算では県税収入が2002年度と比較して680億円も減収となっており、310億円の財源不足でスタートするという大変厳しい状況となっています。不動産取得税の税率引き下げは、県の財政にも大きな影響を与えるものとなっています。国がするべきことは、地方の財政を減少させることではなく、冷え込んでいる国民総生産の6割を占める個人消費を温めることであり、税財源の移譲などによる地方財源の確立でなければなりません。  以上の理由により、県報第1号に対する所管常任委員会の審査結果に反対し、私の討論を終わります。ありがとうございました。 〔拍手〕
    ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024170-諸事項-66採決-県報第1号》 66 採決    県報第1号 〇議長(桐生忠一君) 以上で討論を終わります。  採決いたします。  採決は区分して行います。  まず、日程第1のうち、県報第1号 専決処分について承認を求めることについて、所管委員会の報告どおり承認することにご賛成の方は、ご起立を願います。 〔起立多数〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024171-諸事項-66採決-臨県第1号》 66 採決    臨県第1号 〇議長(桐生忠一君) 起立多数により、承認することに決しました。  次に、臨県第1号議案 知事等の期末手当の特例に関する条例について、所管委員会の報告どおり原案にご賛成の方は、ご起立を願います。 〔総員起立〕  〇議長(桐生忠一君) 総員起立により、原案のとおり決しました。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024172-諸事項-67議会運営委員会の調査》 67 議会運営委員会の調査 〇議長(桐生忠一君) 次に、日程第2、議会運営委員会の調査についてを議題といたします。  お諮りいたします。  日程第2につきましては、お手元に配付いたしました議会運営委員会の要求どおり、今後閉会中も引き続き調査を願うことにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(桐生忠一君) ご異議がないと認めます。  よって、そのように決しました。  議会運営委員会におかれては、慎重調査の上、その結果のご報告を願います。 〔本会議録巻末9頁参照〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024173-諸事項-68議案上程-臨県第2号外1件》 68 議案上程    臨県第2号外1件 〇議長(桐生忠一君) 次に、日程第3、臨県第2号議案 監査委員の選任について及び日程第4、臨県第3号議案 副知事の選任について、以上一括して議題といたします。  議案の朗読は省略いたします。 〔本会議録巻末11頁参照〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024174-諸事項-69知事提案説明》 69 知事提案説明  知事の説明を求めます。 松沢知事。 〔知事(松沢成文君)登壇〕 〇知事(松沢成文君) ただいま提案いたしました人事案件2件について、ご説明申し上げます。  まず、監査委員の選任についてでありますが、県議会議員から選任の監査委員は議員の任期満了に伴い、その任期が終了いたしましたので、新たに村上健司君及び木内 要君を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により同意を求めようとするものであります。  次に、副知事の選任についてでありますが、現副知事伊藤文保君及び水口信雄君は5月31日をもって任期満了となりますので、新たに尾高暉重君を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により同意を求めようとするものであります。  よろしくお願いを申し上げます。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024175-諸事項-70採決-臨県第2号》 70 採決    臨県第2号 〇議長(桐生忠一君) お諮りいたします。  日程第3及び日程第4につきましては、この程度で採決いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(桐生忠一君) ご異議がないと認めます。  よって、採決いたします。  採決は区分して行います。 〔村上健司君退場〕 〇議長(桐生忠一君) まず、日程第3、臨県第2号議案 監査委員の選任についてのうち、村上健司君を監査委員に選任することにご同意の方は、ご起立を願います。 〔起立多数〕  〇議長(桐生忠一君) 起立多数により、村上健司君については同意することに決しました。 〔村上健司君入場〕 〔木内 要君退場〕 〇議長(桐生忠一君) 次に、木内 要君を監査委員に選任することにご同意の方は、ご起立を願います。 〔起立多数〕  〇議長(桐生忠一君) 起立多数により、木内 要君についても同意することに決しました。 〔木内 要君入場〕 〔退場する者あり〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024176-諸事項-70採決-臨県第3号》 70 採決    臨県第3号 〇議長(桐生忠一君) 次に、日程第4、臨県第3号議案 副知事の選任について、原案にご同意の方は、ご起立を願います。 〔起立少数〕 〇議長(桐生忠一君) 起立少数により、本案については同意しないことに決しました。 〔入場する者あり〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024177-諸事項-71意見書案上程-日程第5[有事関連三法案の廃案を求める意見書案]》 71 意見書案上程
       日程第5(有事関連三法案の廃案を求める意見書案) 〇議長(桐生忠一君) 次に、日程第5、河野幸司君外3名提出 有事関連三法案の廃案を求める意見書案を議題といたします。  意見書案の朗読は省略いたします。 〔本会議録巻末17頁参照〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024178-諸事項-72同採決》 72 同採決  お諮りいたします。  日程第5につきましては、この程度で採決いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(桐生忠一君) ご異議がないと認めます。  よって採決いたします。  日程第5、河野幸司君外3名提出 有事関連三法案の廃案を求める意見書案にご賛成の方は、ご起立を願います。 〔起立少数〕 〇議長(桐生忠一君) 起立少数により、本案は否決されました。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024179-諸事項-73神奈川県議会議員表彰について》 73 神奈川県議会議員表彰について 〇議長(桐生忠一君) 次に、日程第6、神奈川県議会議員表彰についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本県議会議員として長年にわたり県政の発展と地方自治の進展に貢献されました、15年以上勤続議員、牧島功君を本議会の名において表彰いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 〇議長(桐生忠一君) ご異議がないと認めます。  よって、本議会は牧島功君を表彰することに決しました。 〇議長(桐生忠一君) 以上で、全日程を終了いたしました。  会議の結果につきましては、本職から関係方面に手続をいたします。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024180-諸事項-74副知事[伊藤文保君]退任あいさつ》 74 副知事(伊藤文保君)退任あいさつ 〇議長(桐生忠一君) この際、伊藤副知事から発言を求められておりますので、これを許します。  伊藤副知事。 〔拍手〕 〇副知事(伊藤文保君) 自席から失礼をさせていただきます。  先ほど知事からお話がございましたように、このたび、副知事の任期を満了いたしまして、退任をさせていただくことになりました。  私、県に奉職いたしましてから41年に相なります。この間、総務部を中心といたしまして、環境といった仕事に携わってまいりましたけれども、とりわけ平成7年からの総務部長、引き続いた副知事、この職責は大変光栄であると思います一方、身に余る重さを感じ続けた8年でもございました。そして今、県を去るに当たりまして後進の皆さんに道半ばの課題をあまた残していかざるを得ないことを大変心苦しく思っている次第でございます。  おかげさまで、私自身は長年、議員の皆様はもとより、知事を初め、多くの職員の温かいお励まし、お力添えをいただきまして何とか本日を迎えることに相なりました。改めてこれまでのご厚情に対しまして、深く感謝を申し上げる次第でございます。  結びに、皆様の今後のご健勝とご活躍、そして神奈川県政の発展を心から祈念いたしまして、お別れのごあいさつといたします。長い間、本当にありがとうございました。 〔拍手〕 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024181-諸事項-75副知事[水口信雄君]退任あいさつ》 75 副知事(水口信雄君)退任あいさつ 〇議長(桐生忠一君) ご苦労さまでした。  次に、水口副知事から発言を求められておりますので、これを許します。  水口副知事。 〔拍手〕 〇副知事(水口信雄君) 貴重なお時間をいただき、まことに恐縮ですが、一言ごあいさつを申し上げます。  私は来る5月31日をもちまして副知事の任務を終え、退任することになりました。  昭和39年に神奈川県に採用されて以来、教育委員会、土木部、出納局、農政部など在職いたしまして、平成11年からは副知事として県政の一端を担わせていただきましたことは、私にとって身に余る光栄でございました。この間、私のモットーでございます明るく元気に楽しく仕事をさせていただきましたが、今は何かほっとしている気持ちでいっぱいでございます。  これまでの県議会の皆様方の温かいご支援に深く感謝申し上げます。今後とも変わらぬご厚誼をお願いいたしますとともに、県政のますますの発展と議員の皆様方のご健勝、ご活躍を心からご祈念申し上げ、お礼の言葉とさせていただきます。本当にありがとうございました。 〔拍手〕 〇議長(桐生忠一君) ご苦労さまでございました。 ◎《本会議録-平成15年5臨-20030526-024182-諸事項-76閉会》 76 閉会 〇議長(桐生忠一君) これをもちまして、神奈川県議会5月臨時会閉会いたします。  まことにご苦労さまでした。 午後4時59分 閉会