運営者 Bitlet 姉妹サービス
調布市議会 > 2016-11-30 >
平成28年 第4回 定例会−11月30日-01号
平成28年 第4回 定例会−11月30日-目次
平成28年 第4回 定例会−11月30日-01号

調布市議会 2016-11-30
平成28年 第4回 定例会−11月30日-01号


取得元: 調布市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成28年 第4回 定例会−11月30日-01号平成28年 第4回 定例会       平 成                        第4回           調布市議会会議録第 18 号       28年                        定例会      11月30日(水曜日)        出席議員(28人)          第 1番議員            平 野   充          第 2番議員            須 山 妙 子          第 3番議員            二 宮 陽 子          第 4番議員            榊 原 登志子          第 5番議員            丸 田 絵 美          第 6番議員            清 水 仁 恵          第 7番議員            狩 野 明 彦          第 8番議員            鈴 木 宗 貴          第 9番議員            橘   正 俊          第10番議員            内 藤 美貴子          第11番議員            岸 本 直 子          第12番議員            井 樋 匡 利          第13番議員            井 上 耕 志          第14番議員            宮 本 和 実          第15番議員            田 中 久 和          第16番議員            小 林 充 夫          第17番議員            渡 辺 進二郎          第18番議員            鮎 川 有 祐          第19番議員            小 林 市 之          第20番議員            大 河 巳渡子          第21番議員            雨 宮 幸 男          第22番議員            武 藤 千 里          第23番議員            川 畑 英 樹          第24番議員            広 瀬 美知子          第25番議員            林   明 裕          第26番議員            伊 藤   学          第27番議員            大須賀 浩 裕          第28番議員            元 木   勇        欠席議員(0人)        ―――――――――――― ―― ――――――――――――        出席説明員          市長                長 友 貴 樹          副市長               伊 藤 栄 敏          副市長               木 村 健 治          教育長               大和田 正 治          行政経営部長            今 井 隆 司          オリンピック・パラリンピック担当部長小 林 達 哉          総務部長              小 杉   茂          危機管理担当部長          広 田 茂 雄          市民部長              肥 田 文 隆          生活文化スポーツ部長        八 田 主 税          子ども生活部長           山 本 雅 章          福祉健康部長            吉 田 育 子          高齢福祉担当部長          田 中 けい子          環境部長              柏 原 公 毅          都市整備部長            岩 本 宏 樹          都市整備部参事           江 田 信 久          会計管理者             塩 足   眞          教育部長              宇津木 光次郎          選挙管理委員会事務局長       大 森 康 正          監査事務局長            大 木 正 勝        ―――――――――――― ―― ――――――――――――        事務局職員出席者          事務局長              小 林 明 信          事務局次長             堀 江 正 憲          事務局副主幹            宮 川 節 夫          議事係長              石 坂 知 之          議事係主査             秋 場 悠 介 11月30日 議事日程(第1号)  第 1   会議録署名議員の指名について  第 2   会期の決定について  第 3   報告第 13号 専決処分の報告について  第 4   議案第106号 調布市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例  第 5   議案第108号 調布市議会議員及び調布市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例  第 6   議案第109号 調布市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例  第 7   議案第117号 東京都六市競艇事業組合規約の変更について  第 8   議案第111号 調布市青少年交流館条例の一部を改正する条例  第 9   議案第107号 調布市乳幼児及び義務教育就学児の医療費の助成に関する条例及び調布市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例  第10   議案第112号 調布市知的障害者援護施設条例の一部を改正する条例  第11   議案第113号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例  第12   議案第110号 調布市手数料条例の一部を改正する条例  第13   議案第114号 市道路線の認定及び一部廃止について  第14   議案第115号 市道路線の廃止について  第15   議案第116号 市道路線の一部廃止について  第16   議案第101号 平成28年度調布市一般会計補正予算(第4号)  第17   議案第102号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  第18   議案第104号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  第19   議案第105号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  第20   議案第103号 平成28年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号)  第21   陳情について        陳情第70号 つつじヶ丘北口駅前ロータリーの整備を求める陳情        陳情第71号 国分寺崖線樹林(隣接地)での開発行為に関する陳情    午前 9時59分 開会 ○鮎川有祐 議長  皆様、先ほどは議場コンサートに大変御協力をいただきまして、ありがとうございました。ただいまより、平成28年第4回調布市議会定例会を開会いたします。  ただいまの出席議員の数は28人であります。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。  直ちに会議を開きます。  日程に入る前に、地方自治法第121条の規定により、議会の審議に必要な説明のため出席を求めました者の氏名を申し上げます。  長友市長、伊藤副市長、木村副市長、大和教育長、今井行政経営部長、小林オリンピック・パラリンピック担当部長、小杉総務部長、広田危機管理担当部長、肥田市民部長、八田生活文化スポーツ部長、山本子ども生活部長、吉田福祉健康部長、田中高齢福祉担当部長、柏原環境部長、岩本都市整備部長、江田都市整備部参事、塩足会計管理者、宇津木教育部長、大森選挙管理委員会事務局長、大木監査事務局長、以上20人の出席を求めてありますが、議事に従いまして必要に応じ、さらに出席を求めるつもりでありますので、あらかじめ御了承をお願いいたします。  また、本日、行政経営部広報課並びに議会事務局による本会議場の写真撮影を許可しておりますので、御了承をお願いいたします。  第4回定例会の会期、議事日程並びに議事運営につきましては、11月28日に議会運営委員会が開かれておりますので、伊藤学委員長にその報告を求めます。伊藤学委員長。    〔伊藤  学議会運営委員長登壇〕 ◎伊藤学 議会運営委員長  皆さん、おはようございます。議会運営委員会の報告を申し上げます。
     平成28年第4回定例会の会期、議事日程並びに議事運営につきまして、11月28日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果を御報告申し上げます。  今定例会に付議されます議案等につきましては、既にお手元に配付してあります付議事件等一覧表のほか、給与改定関係等の市長提出議案及び議員提出議案数件が追加されることになっております。  これらにつきまして検討の結果、お手元に配付してあります会期日程表のとおり、会期を本日11月30日から12月16日までの17日間とし、開会第1日目の本日は、会議録署名議員の指名、会期の決定を行い、次に、既に送付を受けております市長提出の報告をお願いするものであります。続いて、人事議案を除く市長提出議案の上程、委員会付託。次に、陳情の上程、委員会付託を行うことになっております。  あす12月1日を休会とし、12月2日に本会議を再開し、12月6日までの土曜日、日曜日を除いた3日間で一般質問を行うことになっております。  さらに、12月7日から12月15日までの9日間を休会とし、12月7日、12月14日、12月15日及び土曜日、日曜日を除いて付託を受けた案件の委員会審査をお願いすることになっております。  12月16日に本会議を再開し、各委員会審査の終了した議案の上程、委員会審査報告、討論、採決。次に、追加議案の上程、委員会付託を行い、本会議を一旦休憩し、委員会審査をお願いすることになっております。この委員会審査終了後、本会議を再開し、委員会審査の終了した追加議案の上程、委員会審査報告、討論、採決。続いて、追加議案の上程、即決。次に、人事議案の上程、即決。続いて、陳情の上程、委員会審査報告、採決。次に、議員提出議案の上程、即決。最後に諸報告を行い、閉会という順序になっております。  そこで、本日の議事日程は、日程第1が会議録署名議員の指名、日程第2が会期の決定、日程第3が専決処分の報告1件であります。続いて、日程第4から日程第20までが市長提出議案17件、日程第21が陳情についてという順序で上程することになっております。  以上、議会運営委員会の報告を申し上げ、全日程が終了するまでよろしく御協力のほどお願い申し上げます。  以上であります。 ○鮎川有祐 議長  以上で議会運営委員長の報告は終わりました。報告のとおり会議を進めてまいりたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり会議を進めてまいります。よろしく御協力のほどお願いいたします。  これより日程に入ります。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第1 会議録署名議員の指名について ○鮎川有祐 議長  日程第1 会議録署名議員の指名についてでありますが、会議規則第123条の規定により議長から指名いたします。     8番 鈴 木 宗 貴 議 員    23番 川 畑 英 樹 議 員  両議員に署名議員をお願いいたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第2 会期の決定について ○鮎川有祐 議長  日程第2 会期の決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月16日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、会期は17日間と決定いたしました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第3 報告第 13号 専決処分の報告について ○鮎川有祐 議長  日程第3 報告第13号 専決処分の報告についてを議題といたします。  市長報告でありますので、市長にその報告を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  皆様、おはようございます。本日は、平成28年第4回定例会をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方には大変御多忙の中、御出席いただきまして、厚く御礼を申し上げます。  それでは、報告第13号につきまして御説明申し上げます。  本件は、地方自治法第180条第1項の規定により、議会におきまして指定されておりますところの市長の専決処分事項について、専決処分をいたしましたので、御報告申し上げるものであります。  その内容といたしましては、平成28年8月12日、調布市仙川町1丁目3番地先の都道において、市が管理する下水道のマンホールふたを職員が完全に閉め切っていなかったため、その上を通過した普通自動車の底部にマンホールふたがはね上がって接触したことにより、損害を与えたものであります。  これによるところの市の損害賠償の額は33万6,199円でありました。  以上、地方自治法第180条第2項の規定によりまして御報告申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本件は報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、本件は報告のとおり御了承をお願いいたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第4 議案第106号 調布市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例 △第5 議案第108号 調布市議会議員及び調布市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例 △第6 議案第109号 調布市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例 △第7 議案第117号 東京都六市競艇事業組合規約の変更について ○鮎川有祐 議長  日程第4から日程第7まで、4件一括議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第106号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市税賦課徴収条例等の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、地方税法の一部改正に伴い、軽自動車税の税率に関する特例の適用期間を延長するとともに、所要の改正及び規定の整備を行うものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第108号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市議会議員及び調布市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、公職選挙法施行令の一部改正を踏まえ、市議会議員及び市長の選挙における選挙運動に係る自動車使用及びポスターの作成並びに市長の選挙における選挙運動に係るビラの作成の公費負担の限度額を改定するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第109号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市職員の退職手当に関する条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、雇用保険法の一部改正の趣旨を踏まえ、65歳以上で新たに雇用された者に対する退職手当を改めるほか、所要の改正を行うものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第117号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、東京都六市競艇事業組合規約の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、地方公営企業法の財務規定等を適用するとともに、会計管理者を廃止するほか、規定の整備を行うものでありまして、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるため、提案するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本4件は総務委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第8 議案第111号 調布市青少年交流館条例の一部を改正する条例 ○鮎川有祐 議長  日程第8 議案第111号 調布市青少年交流館条例の一部を改正する条例を議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第111号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市青少年交流館条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、現行の使用状況を勘案し、閉館時刻を1時間繰り上げるものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本件は文教委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第9 議案第107号 調布市乳幼児及び義務教育就学児の医療費の助成に関する条例及び調布市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例 △第10 議案第112号 調布市知的障害者援護施設条例の一部を改正する条例 △第11 議案第113号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例 ○鮎川有祐 議長  日程第9から日程第11まで、3件一括議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第107号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市乳幼児及び義務教育就学児の医療費の助成に関する条例及び調布市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正するものであります。
     その内容といたしましては、児童福祉法の一部改正に伴い、それぞれの条例の引用する条項を改めるものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第112号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市知的障害者援護施設条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、すまいる分室の位置を調布市国領町3丁目19番地1とし、当該施設の利用時間を午前9時から午後5時30分までに改めるものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第113号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、基礎課税額及び後期高齢者支援金等課税額の限度額を改めるとともに、日台民間租税取決めの実施に合わせた特例適用利子等及び特例適用配当等に係る国民健康保険税の課税の特例について定めるものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本3件は厚生委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第12 議案第110号 調布市手数料条例の一部を改正する条例 △第13 議案第114号 市道路線の認定及び一部廃止について △第14 議案第115号 市道路線の廃止について △第15 議案第116号 市道路線の一部廃止について ○鮎川有祐 議長  日程第12から日程第15まで、4件一括議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第110号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市手数料条例の一部を改正するものであります。  その内容といたしましては、建築計画概要書の写しの交付事務を開始することに伴い、当該事務手数料を定めるとともに、道路位置指定原図写しの交付及び建築許可確認申請受理台帳の記載内容に関する証明に係る事務手数料の額を改めるほか、規定の整備を行うものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第114号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市調布ケ丘4丁目44番地12先に位置する道路を市道として管理するため、道路法第8条第1項の規定により認定し、これに伴い、調布市調布ケ丘3丁目44番地1先に位置する市道北199号線を同法第10条第1項の規定により一部廃止するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第115号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市深大寺元町3丁目25番地6先に位置する市道北139−3号線の廃止でありまして、現況等を考慮いたしましたところ支障がありませんので、道路法第10条第1項の規定により廃止するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第116号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市深大寺北町3丁目39番地1先に位置する市道北56−5号線の一部廃止でありまして、現況等を考慮いたしましたところ支障がありませんので、道路法第10条第1項の規定により廃止するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本4件は建設委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第16 議案第101号 平成28年度調布市一般会計補正予算(第4号) ○鮎川有祐 議長  日程第16 議案第101号 平成28年度調布市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第101号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、平成28年度調布市一般会計補正予算(第4号)でありまして、歳入歳出それぞれ10億1,628万6,000円を増額するものであります。  本補正予算では、追加財政需要への対応として、施設改修の経費や不足額の調整に要する経費を計上するほか、寄附金を財源とした基金への積立金などを計上しております。  それでは、歳入歳出予算の主な内容を歳出予算から申し上げます。  本補正では、消防費を除く各款において、職員人件費の所要額を調整いたしております。また、議会費、総務費、衛生費、労働費、農業費、商工費につきましては、職員人件費のみの補正を行う内容となっております。  民生費につきましては、民間保育所の施設整備助成費や生活保護費、乳幼児及び義務教育就学児への医療費助成事業費を増額するほか、保育園の空調改修工事費などを計上しております。  土木費につきましては、経年劣化に伴う道路維持補修費を増額するほか、下水道の管渠等補修工事などに係る所要額を計上しております。また、ふるさとのみどりと環境を守り育てる基金や都市基盤整備事業基金への積立金を計上しております。  消防費につきましては、都への消防事務委託金について、金額が確定したことから不足額を計上しております。  教育費につきましては、公共工事の前倒し発注として、小学校2校のプール改修工事費を計上しております。  一方、歳入予算といたしましては、歳出予算に連動した国庫支出金、都支出金を計上しております。  寄附金では、一般寄附金及び指定寄付金を計上し、繰越金では本補正の所要の財源を計上しております。  これによりまして、歳入歳出予算の総額は909億707万9,000円となります。  続いて、繰越明許費といたしまして、4事業について年度内の完了が見込めないことから、繰越明許費を設定するものであります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。発言の通告がありますので、20番、大河巳渡子議員の質疑を許します。  20番、大河巳渡子議員。 ◆20番(大河巳渡子 議員)  議案第101号 平成28年度調布市一般会計補正予算(第4号)につきまして、通告に従いまして質疑をさせていただきます。  1点でございます。  今補正予算につきまして、お手元にあります資料の28、29ページに第15款「民生費」が載っております。これについてお聞きしたいというふうに思います。  今回の補正予算は、ただいま御説明がありましたけれども、過年度の清算金などさまざまな内容を含んでいるわけでございますけれども、ここのページにございます臨時福祉給付金等給付事業として、ここに経済対策分として業務委託料が計上されております。このことにつきまして、ちょっとお聞きしたいと思っております。  臨時福祉給付金というのは、平成26年からの消費税の増税に対する緩和策の臨時的な措置として多額な事務費を投入し、既に何度か予算化されております。そこでまず、給付事業の対象者についてはどのようになっているのか、実施に当たってこれまでの経緯とこれまでの給付内容について、また、今回の予算が提案されているわけですけれども、具体的には、ここに書かれておりますように、臨時給付金の給付事務委託料となっておりますけれども、その際、予定されております人数と具体的な内容についてお聞かせいただきたいと思います。  最後に、この事業は国で制度として行われ、給付金は100%国からの財源でございます。したがいまして、給付事務の経費も業務委託料として国で補助されていることからも、本来は国が行うべき事業を受託して行う法定受託事務のように思うわけでありますけども、これだけ国主導の制度を執行するにもかかわらず、国民健康保険のように、保険料を自治体独自の判断として実施できる自治事務として位置づけられているということに、地方分権の考え方からしますと、いかがなものかと思い、違和感を覚えるわけでございますけれども、調布市としてこの事業に取り組まれるに当たりましての考え方についてお聞かせいただきたいと思います。 ○鮎川有祐 議長  答弁を求めます。吉田福祉健康部長。 ◎吉田育子 福祉健康部長  ただいま大河巳渡子議員から臨時福祉給付金に係る補正予算について御質問をいただきましたので、お答えいたします。  臨時福祉給付金は、平成26年4月からの消費税率引き上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、制度的な対応を行うまでの間の暫定的、臨時的な措置として実施されているものです。対象者は、市町村民税の均等割が課税されておらず、かつ課税されている方の扶養親族等や生活保護制度の被保護者等でない方となります。  実施に至る経緯ですが、平成24年8月のいわゆる税制抜本改革法の成立により、低所得者に配慮する観点から、簡素な給付措置の実施が規定され、平成25年10月に支給額等具体的な実施内容が閣議決定されたものです。  これにより、平成26年度は対象者1人につき原則1万円が支給されております。また、平成27年度は対象者1人につき6,000円、平成28年度は対象者1人につき3,000円が引き続き支給されております。  調布市における実績といたしましては、平成26年度は2万7,175人に、平成27年度は2万6,779人にそれぞれ支給しており、平成28年度もおおむね同規模になると見込んでおります。  このほか、平成28年度には、賃金引き上げの恩恵が及びにくい低年金受給者への支援などとして、低所得の高齢者向け、低所得の障害・遺族基礎年金受給者向けの年金生活者等支援臨時福祉給付金がそれぞれ対象者1人につき3万円支給しております。  今回、予定をしている臨時福祉給付金、経済対策分については、本年8月に閣議決定された未来への投資を実現する経済対策の中で、社会全体の所得と消費の底上げへの取り組みの1つとして、簡素な給付措置が位置づけられ、国の補正予算の成立を受けて実施されるものです。これにより、消費税率の引き上げが2年半延長されたことを踏まえて、これまでの臨時福祉給付金と同様、消費税率の引き上げに伴う食料品支出額の増額分を参考に算出された対象者1人につき1万5,000円が支給されます。また、調布市では、対象者数を最大で約3万5,000人と見込んでおります。  臨時福祉給付金の支給は、国の通知等に基づき全国一律に実施するものであり、調布市といたしましては、これまでもこの事業が消費税率の引き上げに伴う低所得者に与える負担の影響に鑑みて実施されるという趣旨を十分に踏まえながら取り組んでまいりました。  このことから、今回の臨時福祉給付金につきましても、国の低所得者対策の趣旨を踏まえて、来年度の事業実施に向けたシステムの構築等を行うため、本補正予算に必要な経費を計上したものです。その主な内容といたしましては、機器構成やネットワークの設計、帳票様式の設計のほか、サーバー環境の構築などを行います。  今後につきましては、本事業の着実な実施に向けて、順次準備を進めてまいる所存ですので、御理解賜りますようお願い申し上げます。  以上でございます。 ○鮎川有祐 議長  20番、大河巳渡子議員。 ◆20番(大河巳渡子 議員)  御答弁ありがとうございました。  今のを聞いておりますと、今回、3万5,000人が対象だというお話ですので、市民の大体15%の方に対して行われるということになるんでしょうか。金額が1万5,000円だということですので、おおよそ5億円ほどになるかと思います。そう考えますと、この金額は何に値するかと考えると、調布のがん検診の総額が大体このぐらいだったように思いますので、これだけのお金が本来の地方の自治事務として活用されたらどんな事業ができるのかなと答弁を聞いて考えてしまったわけでありますけれども、自治事務ではありますけれども、答弁にあったように、全国一律事業なので、市も取り組むというお話でございました。  国がこの事業にこれまで措置した税金というのは、大変多ございます。28年度は1,033億、27年度は1,693億、26年度は3,420億とここ数年続いておりますけれども、巨額な借金を抱える国が膨大な事務経費をかけて行う事業でありますけれども、自治体が自己申告となっている事業を100%完了させることは大変難しい中で、消費税との関係からその見返りとしての給付と考えれば、国が税の申告の中で事務処理をし、税務申告のない人について自治体との間でどうするか検討すればよかったのではないかなと聞いていて思いましたが、社会保障の充実の名のもとに増税され、新たな増税も控えている中で、こうして民生費として多額な費用がカウントされると、市の民生費が伸びている、そういう要因としてとりかねない部分もあります。消費税の増税で厳しい状況にあるのは年金層だけではありませんが、この事業を国民に見える化をして実施する理由は何なのか。私は以前、多額な事務費を投入して行う参院選に向けたばらまき事業ではないかと指摘したことがございますが、国から来る人件費には正規職員の費用はカウントされているかなど、さまざまな観点からの慎重なる御審議を委員会にお願いいたしまして、私の質疑を終わらせていただきます。 ○鮎川有祐 議長  質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本件は、所管部門一覧表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第17 議案第102号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) △第18 議案第104号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) △第19 議案第105号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) ○鮎川有祐 議長  日程第17から日程第19まで、3件一括議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。
     続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第102号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)でありまして、歳入歳出それぞれ245万7,000円を増額するものであります。  その内容を歳出予算から申し上げますと、職員人件費の所要額を調整するとともに、前期高齢者納付金を増額するものであります。  これに対する歳入予算といたしましては、一般会計繰入金を増額するものであります。  これによりまして、歳入歳出予算の総額は247億766万1,000円となります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第104号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、平成28年度調布市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)でありまして、歳入歳出それぞれ1,414万5,000円を減額するものであります。  その内容を歳出予算から申し上げますと、職員人件費の所要額を調整するものであります。  これに対する歳入予算といたしましては、一般会計繰入金を減額するものであります。  これによりまして、歳入歳出予算の総額は151億7,309万6,000円となります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。  続きまして、議案第105号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でありまして、歳入歳出それぞれ255万2,000円を減額するものであります。  その内容を歳出予算から申し上げますと、職員人件費の所要額を調整するものであります。  これに対する歳入予算といたしましては、一般会計繰入金を減額するものであります。  これによりまして、歳入歳出予算の総額は49億1,050万3,000円となります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本3件は厚生委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第20 議案第103号 平成28年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号) ○鮎川有祐 議長  日程第20 議案第103号 平成28年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第103号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、平成28年度調布市下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありまして、歳入歳出それぞれ6,193万8,000円を増額するものであります。  その内容を歳出予算から申し上げますと、総務費につきまして職員人件費の所要額を調整するとともに、事業費につきまして管渠整備費のうちの管渠等補修工事費及び汚水ます等新設・撤去工事費の所要額を増額するものであります。  これに対する歳入予算といたしましては、一般会計繰入金を増額するものであります。  これによりまして、歳入歳出予算の総額は35億8,744万8,000円となります。  よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  これより質疑に入りますが、発言の通告はありませんので、質疑を打ち切ります。  付託を行います。  本件は建設委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第21 陳情について      陳情第70号 つつじヶ丘北口駅前ロータリーの整備を求める陳情      陳情第71号 国分寺崖線樹林(隣接地)での開発行為に関する陳情 ○鮎川有祐 議長  日程第21 陳情について、陳情第70号、陳情第71号、以上2件一括議題といたします。  お諮りいたします。  事務局の朗読を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、省略いたします。  付託を行います。  陳情2件は建設委員会に付託いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。  議会運営委員長の報告のとおり、12月1日を休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、12月1日を休会とすることに決しました。  したがいまして、12月2日は午前9時に御参集願います。  本日はこれにて散会いたします。お疲れさまでございました。    午前10時43分 散会