運営者 Bitlet 姉妹サービス
調布市議会 > 2016-03-24 >
平成28年 3月24日広報委員会−03月24日-01号
平成28年 第1回 定例会-03月24日-07号
平成28年 第1回 定例会-03月24日-07号
平成28年 3月24日広報委員会−03月24日-01号

調布市議会 2016-03-24
平成28年 第1回 定例会-03月24日-07号


取得元: 調布市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成28年 第1回 定例会-03月24日-07号平成28年 第1回 定例会       平 成                        第1回           調布市議会会議録第 7 号       28年                        定例会       3月24日(木曜日)        出席議員(28人)          第 1番議員            平 野   充          第 2番議員            須 山 妙 子          第 3番議員            二 宮 陽 子          第 4番議員            榊 原 登志子          第 5番議員            丸 田 絵 美          第 6番議員            清 水 仁 恵          第 7番議員            狩 野 明 彦          第 8番議員            鈴 木 宗 貴          第 9番議員            橘   正 俊          第10番議員            内 藤 美貴子          第11番議員            岸 本 直 子          第12番議員            井 樋 匡 利          第13番議員            井 上 耕 志          第14番議員            宮 本 和 実          第15番議員            田 中 久 和          第16番議員            小 林 充 夫          第17番議員            渡 辺 進二郎          第18番議員            鮎 川 有 祐          第19番議員            小 林 市 之          第20番議員            大 河 巳渡子          第21番議員            雨 宮 幸 男          第22番議員            武 藤 千 里          第23番議員            川 畑 英 樹          第24番議員            広 瀬 美知子          第25番議員            林   明 裕          第26番議員            伊 藤   学          第27番議員            大須賀 浩 裕          第28番議員            元 木   勇        欠席議員(0人)        ―――――――――――― ―― ――――――――――――        出席説明員          市長                長 友 貴 樹          副市長               小 林 一 三          副市長               木 村 健 治          教育長               大和田 正 治          行政経営部長            伊 藤 栄 敏          総務部長              小 杉   茂          危機管理担当部長          広 田 茂 雄          市民部長              長 岡 博 之          生活文化スポーツ部長        八 田 主 税          子ども生活部長           山 本 雅 章          福祉健康部長            吉 田 育 子          福祉健康部参事           田 中 けい子          環境部長              柏 原 公 毅          都市整備部長            岩 本 宏 樹          都市整備部参事           江 田 信 久          会計管理者             関 口 浩 秀          教育部長              宇津木 光次郎          教育部参事             塩 足   眞          選挙管理委員会事務局長       大 森 康 正          監査事務局長            大 木 正 勝        ―――――――――――― ―― ――――――――――――        事務局職員出席者          事務局長              小 林 明 信          事務局次長             堀 江 正 憲          事務局主幹             宮 川 節 夫          庶務係長              黒 岩 尚 子          議事係長              石 坂 知 之          議事係主任             今 野   淳          議事係主任             飯 田 義 幸          議事係主任             牧 野 泰 三  3月24日 議事日程(第7号)  第 1   議案第 7号 調布市職員の退職管理に関する条例 (委員会審査報告)  第 2   議案第10号 調布市職員の勤務時間,休日,休暇等に関する条例及び調布市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 3   議案第11号 調布市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 4   議案第14号 調布市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 5   議案第15号 調布市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 6   議案第16号 調布市職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 7   議案第17号 調布市参考人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 8   議案第18号 調布市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第 9   議案第20号 調布市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第10   議案第 8号 調布市消費生活センター条例    (委員会審査報告)  第11   議案第19号 調布市立学校学校医,学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第12   議案第12号 調布市ちょうふの里条例及び調布市国領高齢者在宅サービスセンター条例の一部を改正する条例(委員会審査報告)  第13   議案第13号 調布市介護保険条例及び調布市指定介護予防支援事業者の指定の要件並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第14   議案第22号 調布市総合福祉センター条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第15   議案第23号 調布市立学童クラブ条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第16   議案第24号 調布市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第17   議案第25号 調布市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例
                                   (委員会審査報告)  第18   議案第26号 調布市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第19   議案第27号 調布市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第20   議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第21   議案第39号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について                                (委員会審査報告)  第22   議案第 9号 調布市佐須農(みのり)      (委員会審査報告)  第23   議案第21号 調布市手数料条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第24   議案第28号 調布市公衆便所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第25   議案第30号 調布市建築審査会条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第26   議案第31号 調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告)  第27   議案第32号 市道路線の廃止について      (委員会審査報告)  第28   議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算  (委員会審査報告)  第29   議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算                                (委員会審査報告)  第30   議案第37号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計予算                                (委員会審査報告)  第31   議案第38号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計予算                                (委員会審査報告)  第32   議案第35号 平成28年度調布市用地特別会計予算(委員会審査報告)  第33   議案第36号 平成28年度調布市下水道事業特別会計予算                                (委員会審査報告)  第34   議案第41号 調布市副市長の選任について  第35   議案第42号 調布市農業委員会委員の任命について  第36   議案第43号 調布市農業委員会委員の任命について  第37   議案第44号 調布市農業委員会委員の任命について  第38   議案第45号 調布市農業委員会委員の任命について  第39   議案第46号 調布市農業委員会委員の任命について  第40   議案第47号 調布市農業委員会委員の任命について  第41   議案第48号 調布市農業委員会委員の任命について  第42   議案第49号 調布市農業委員会委員の任命について  第43   議案第50号 調布市農業委員会委員の任命について  第44   議案第51号 調布市農業委員会委員の任命について  第45   議案第52号 調布市農業委員会委員の任命について  第46   議案第53号 調布市農業委員会委員の任命について  第47   議案第54号 調布市農業委員会委員の任命について  第48   議案第55号 調布市農業委員会委員の任命について  第49   議案第56号 調布市農業委員会委員の任命について  第50   議案第57号 調布市農業委員会委員の任命について  第51   議案第58号 調布市農業委員会委員の任命について  第52   議案第59号 調布市農業委員会委員の任命について  第53   議案第60号 調布市農業委員会委員の任命について  第54   議案第61号 調布市農業委員会委員の任命について  第55   東京都十一市競輪事業組合議会議員の選挙について  第56   東京都六市競艇事業組合議会議員の選挙について  第57   調布市選挙管理委員の選挙について  第58   調布市選挙管理委員補充員の選挙について  第59   陳情審査結果について        陳情第51号 調布市職員採用試験等の制度改革を求める陳情        陳情第52号 調布市庁舎における市旗,都旗及び国旗の全ての掲揚を求めることに関する陳情        陳情第53号 国に外国人の扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の提出を求める陳情        陳情第54号 朝鮮民主主義人民共和国への非難激化を見据えた在日朝鮮人人権擁護の強化を求める陳情        陳情第55号 「調布市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」の制定を求める陳情        陳情第57号 調布市職員任用等の改正を求めることに関する陳情        陳情第49号 保健所等における動物の殺処分に係る施設見学を義務教育課程に含むことを求めることに関する陳情        陳情第50号 国及び都に動物の殺処分を禁止にすることを求める意見書の提出を求める陳情        陳情第56号 調布市議会議員及び調布市職員による動物殺処分施設の視察を求める陳情        陳情第58号 新,駅前広場南口ロータリーの位置の変更,及びタコ公園の消滅中止に関する陳情        陳情第59号 調布市議会委員会傍聴規則第8条(写真,映画等の撮影及び録音等の禁止)を改めることを求める陳情        陳情第60号 「請願・陳情の提出者説明」の録音を原則許可することを求める陳情        陳情第61号 より開かれた議会の実現を求める陳情        陳情第62号 議事録検索システムの改善を求める陳情  第60   議員提出議案第1号 地方税財源の拡充に関する意見書提出について  第61   議員提出議案第2号 地方会計の整備促進に係る意見書提出について  第62   議員提出議案第3号 軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書提出について  第63   議員提出議案第4号 児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書提出について  第64   議員提出議案第5号 待機児童ゼロに向けたさらなる支援拡充を求める意見書提出について  第65   議員提出議案第6号 緊急の待機児対策として保育所確保・解雇防止への対応を求める意見書提出について  第66   議員提出議案第7号 年金積立金の安全な運用を求める意見書提出について  第67   議員提出議案第8号 子育て支援の拡充を求める意見書提出について  第68   閉会中における議員の派遣について  第69   閉会中における各常任委員会等の所管事務調査の実施について  第70   諸 報 告        1 広域交通問題等対策特別委員会報告        2 ふじみ衛生組合議会報告        3 東京都十一市競輪事業組合議会報告        4 東京都六市競艇事業組合議会報告        5 東京たま広域資源循環組合議会報告        6 東京都後期高齢者医療広域連合議会報告        7 議員派遣報告        8 各常任委員会行政視察報告        9 議長報告    午前 9時 9分 開議 ○鮎川有祐 議長  おはようございます。ただいまより、平成28年第1回調布市議会定例会を再開いたします。  ただいまの出席議員の数は28人であります。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。  直ちに会議を開きます。  日程に入る前に、本日も行政経営部広報課並びに議会事務局による本会議場の写真撮影を許可しておりますので、御了承をお願いいたします。  本日の議事日程並びに議事運営につきましては、3月18日に議会運営委員会が開かれておりますので、伊藤学委員長にその報告を求めます。伊藤学委員長。    〔伊藤  学議会運営委員長登壇〕 ◎伊藤学 議会運営委員長  皆さん、おはようございます。議会運営委員会の報告を申し上げます。  本日再開の本会議の議事日程並びに議事運営につきまして、3月18日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果について御報告申し上げます。  本日の議事日程につきましては、日程第1から日程第33までが各委員会において審査の終了した市長提出議案33件で、それぞれ各委員会の審査報告、討論、採決を行うことになっております。  次に、日程第34は市長提出の人事に関する追加議案1件で、質疑、討論を省略し、即決であります。
     続いて、日程第35から日程第54までは市長提出の人事に関する追加議案20件で、一括して上程し、事務局の朗読、質疑、討論を省略し、即決であります。  次に、日程第55及び日程第56は東京都十一市競輪事業組合議会議員及び東京都六市競艇事業組合議会議員の選挙であります。この選挙につきましては、それぞれ指名推選で行うことになっております。  続いて、日程第57及び日程第58は調布市選挙管理委員及び同補充員の選挙であります。この選挙につきましては、それぞれ投票で行うことになっており、当選人の決定後に本会議を一旦休憩し、当選人の告知及び就任の意思確認を行うことになっております。  その後、本会議を再開し、続いて、日程第59は陳情審査結果についてでありまして、各委員会の審査報告をお願いし、それぞれ決定していくことになっております。  次に、日程第60から日程第67までは意見書提出に関する議員提出議案8件で、即決であります。  続いて、日程第68は閉会中における議員の派遣についてであります。  次に、日程第69は閉会中における各常任委員会等の所管事務調査の実施についてであります。  続いて、日程第70は諸報告9件であります。  最後に、小林副市長より発言の申し出が出ております。  以上が本日最終日の議事日程並びに議事運営であります。  なお、足にけがをされました須山妙子議員の対応につきまして、車椅子スペース等での本会議への出席と起立採決の際の挙手による採決、また、選挙案件の投票時は、投票箱を席まで運んで投票していただくことについて了承されております。  これに従って議事を進めてまいることになっておりますので、全日程が終了するまでよろしく御協力のほどお願い申し上げます。  以上であります。 ○鮎川有祐 議長  以上で議会運営委員長の報告は終わりました。報告のとおり会議を進めてまいりたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり会議を進めてまいります。よろしく御協力のほどお願いいたします。  これより日程に入ります。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第1 議案第 7号 調布市職員の退職管理に関する条例    (委員会審査報告) △第2 議案第10号 調布市職員の勤務時間,休日,休暇等に関する条例及び調布市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第3 議案第11号 調布市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第4 議案第14号 調布市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第5 議案第15号 調布市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第6 議案第16号 調布市職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第7 議案第17号 調布市参考人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第8 議案第18号 調布市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第9 議案第20号 調布市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第1から日程第9まで、9件一括議題といたします。  本9件は総務委員会において審査を受けておりますので、その報告を小林充夫委員長に求めます。小林充夫委員長。    〔小林 充夫総務委員長登壇〕 ◎小林充夫 総務委員長  おはようございます。総務委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第7号 調布市職員の退職管理に関する条例、議案第10号 調布市職員の勤務時間,休日,休暇等に関する条例及び調布市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例、議案第11号 調布市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、議案第14号 調布市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例、議案第15号 調布市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例、議案第16号 調布市職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例、議案第17号 調布市参考人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例、議案第18号 調布市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第20号 調布市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例、以上9件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。  お諮りいたします。  日程第1から日程第9まで、9件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより9件一括採決を行います。  日程第1 議案第7号 調布市職員の退職管理に関する条例、日程第2 議案第10号 調布市職員の勤務時間,休日,休暇等に関する条例及び調布市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例、日程第3 議案第11号 調布市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、日程第4 議案第14号 調布市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例、日程第5 議案第15号 調布市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例、日程第6 議案第16号 調布市職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例、日程第7 議案第17号 調布市参考人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例、日程第8 議案第18号 調布市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例、日程第9 議案第20号 調布市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例、以上9件に対する委員長の報告は可決であります。本9件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本9件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第10 議案第 8号 調布市消費生活センター条例      (委員会審査報告) △第11 議案第19号 調布市立学校学校医,学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第10、日程第11、以上2件一括議題といたします。  本2件は文教委員会において審査を受けておりますので、その報告を鈴木宗貴委員長に求めます。鈴木宗貴委員長。    〔鈴木 宗貴文教委員長登壇〕 ◎鈴木宗貴 文教委員長  おはようございます。文教委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第8号 調布市消費生活センター条例、議案第19号 調布市立学校学校医,学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例、以上2件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。  お諮りいたします。  日程第10、日程第11、以上2件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより2件一括採決を行います。  日程第10 議案第8号 調布市消費生活センター条例、日程第11 議案第19号 調布市立学校学校医,学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例、以上2件に対する委員長の報告は可決であります。本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本2件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第12 議案第12号 調布市ちょうふの里条例及び調布市国領高齢者在宅サービスセンター条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第13 議案第13号 調布市介護保険条例及び調布市指定介護予防支援事業者の指定の要件並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第14 議案第22号 調布市総合福祉センター条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第15 議案第23号 調布市立学童クラブ条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第16 議案第24号 調布市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第17 議案第25号 調布市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に             関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第18 議案第26号 調布市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第19 議案第27号 調布市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第20 議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第21 議案第39号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について
                                   (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第12から日程第21まで、10件一括議題といたします。  本10件は厚生委員会において審査を受けておりますので、その報告を井上耕志委員長に求めます。井上耕志委員長。    〔井上 耕志厚生委員長登壇〕 ◎井上耕志 厚生委員長  おはようございます。厚生委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第12号 調布市ちょうふの里条例及び調布市国領高齢者在宅サービスセンター条例の一部を改正する条例、議案第13号 調布市介護保険条例及び調布市指定介護予防支援事業者の指定の要件並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、議案第22号 調布市総合福祉センター条例の一部を改正する条例、議案第23号 調布市立学童クラブ条例の一部を改正する条例、議案第24号 調布市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、議案第25号 調布市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、議案第26号 調布市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、議案第27号 調布市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、以上8件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例、本件につきましては、審査において意見が分かれ、討論が行われました。  反対討論として、日本共産党の委員の要旨は、本条例は現行の税率を改め、均等割18.32%、所得割15.45%、限度額4.94%引き上げるもの。低所得者ほど値上げ幅が大きい。消費税増税、年金引き下げ、介護保険料値上げなど、今でも保険税の負担は大きい。値上げすべきではない。国や東京都に制度改善の要望をすることを求め、反対というものでした。  一方、賛成討論として、チャレンジ調布21の委員の要旨は、毎年多額の財源不足が生じており、一般会計からの繰り入れをしなければ、国保会計を維持できない現状にある。今回の税率改定は8年ぶりであり、市民生活への影響も多いことから、諮問機関である国保運営協議会においても慎重な議論がされ、改定案がまとめられている。保健諸施策を推進し、医療費の適正化につなげること。賛成というものでした。  本件につきましては、採決の結果、賛成多数をもって原案了承と決しました。  議案第39号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について、本件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。  22番、武藤千里議員。 ◆22番(武藤千里 議員)  議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例日本共産党を代表し、反対の立場で討論します。  この条例は、現行の税率を改め、均等割を18.32%、所得割を15.45%、限度額を4.94%引き上げるものです。1人当たり平均保険税は14.50%引き上げられることになる大幅引き上げです。近隣5市の平均をも上回る保険税額になります。  低所得者ほど値上げ幅が大きく、1カ月の収入を超える保険税を払わなければならない世帯も生まれます。広域化や急激な負担増の回避が値上げの理由に挙げられていますが、今値上げして先に負担を強いるのではなく、広域化の際に急激な値上げにならないための対策を講じることこそやるべきことではないでしょうか。  消費税は増税、年金は下がり、介護保険料なども上がっている中、今でも保険税の負担が生活に重くのしかかっています。国民健康保険は、市民の命に直結する社会保障制度です。  国保加入世帯の約8割が所得200万円以下、約半分が60歳以上の高齢者。高齢者が多いわけですから、現役世代の加入が多い社会保険と違い、病気の方も多く医療費がかかることになります。それなのに、社会保険では事業主が負担している分も市民が負担することになり、収入が低いのに保険料は高いという事態になってしまいます。  そうした事態をできる限り解消することにつながる市の法定外繰り入れは、現在では必要不可欠な対応であり、市の努力を評価しています。一方で、こうした法定外繰り入れをしなければ国民健康保険の財政が維持できないことは大きな制度的な矛盾であり、国、東京都の負担を大幅に引き上げるなど、抜本的な制度の改善が必要であると考えます。  国、東京都への引き続きの制度改善の要望をすることを求め、反対の討論とします。 ○鮎川有祐 議長  4番、榊原登志子議員。 ◆4番(榊原登志子 議員)  議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例につきまして、チャレンジ調布21を代表して、賛成の立場から討論させていただきます。  調布市の国保事業は、毎年多額の財源不足が生じており、一般会計からの繰り入れをしなければ国保会計を維持できない現状にあります。これは国保制度に加入していない方にも負担をお願いしていることであり、保険制度の本来の趣旨に立ち返れば、基本的には国保に加入されている皆さんに負担をお願いせざるを得ない状況にあるものと考えております。  しかしながら、国保には、年金収入のみの高齢者や非正規雇用の方など、所得の少ない方が多く加入されております。この点については、国保が医療保険のセーフティーネットとして、ほかの保険制度とは少し違った性質を持ち、果たすべき役割もまた大きいものと認識しております。  その中で、今回の税率改定は、平成20年度に実施して以来8年ぶりということや、市民生活への影響も大きいことから、検討に当たっては、諮問機関である国保運営協議会を4回開催し、国保制度に造詣が深い委員の方々の慎重な御議論の上に改定案をまとめられたということであります。  検討の中では、低所得者への対応についても議論があったと聞いておりますが、改定案を反映した平成28年度の当初予算案では、一般会計からの財政補填は24億円余を措置しており、市民生活の負担増に対して最大限の配慮がなされているものと受けとめております。  今後、高齢化社会の進展に伴い、医療費の増大が懸念される中で、国保制度の広域化を初めさまざまな医療制度改革が検討、実施されておりますが、持続可能な医療制度を考える上で、そもそも病気にならない、病院にかからない対策が重要になると思います。市民が生き生きと暮らしていくためにも、健康であることは大前提でありますので、現在実施されている特定健診、特定保健指導や国保ヘルスアップ事業などの保健事業をより一層推進し、市民健康づくりとともに医療費の適正化につなげていただくことを強く要望して、賛成の討論とさせていただきます。  以上です。 ○鮎川有祐 議長  討論を打ち切ります。  これより採決を行います。  日程第20 議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例、本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立多数をもって可決されました。  お諮りいたします。  日程第12、日程第13、日程第14、日程第15、日程第16、日程第17、日程第18、日程第19、日程第21、以上9件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより9件一括採決を行います。  日程第12 議案第12号 調布市ちょうふの里条例及び調布市国領高齢者在宅サービスセンター条例の一部を改正する条例、日程第13 議案第13号 調布市介護保険条例及び調布市指定介護予防支援事業者の指定の要件並びに指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、日程第14 議案第22号 調布市総合福祉センター条例の一部を改正する条例、日程第15 議案第23号 調布市立学童クラブ条例の一部を改正する条例、日程第16 議案第24号 調布市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、日程第17 議案第25号 調布市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、日程第18 議案第26号 調布市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、日程第19 議案第27号 調布市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例、日程第21 議案第39号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更について、以上9件に対する委員長の報告は可決であります。本9件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本9件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第22 議案第 9号 調布市佐須農(みのり)        (委員会審査報告) △第23 議案第21号 調布市手数料条例の一部を改正する条例 (委員会審査報告) △第24 議案第28号 調布市公衆便所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第25 議案第30号 調布市建築審査会条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第26 議案第31号 調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例                                (委員会審査報告) △第27 議案第32号 市道路線の廃止について        (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第22から日程第27まで、6件一括議題といたします。  本6件は建設委員会において審査を受けておりますので、その報告を小林市之委員長に求めます。小林市之委員長。    〔小林 市之建設委員長登壇〕 ◎小林市之 建設委員長  おはようございます。建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第9号 調布市佐須農(みのり)の家条例、議案第21号 調布市手数料条例の一部を改正する条例、議案第28号 調布市公衆便所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、議案第30号 調布市建築審査会条例の一部を改正する条例、議案第31号 調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、議案第32号 市道路線の廃止について、以上6件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。  お諮りいたします。  日程第22から日程第27まで、6件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより6件一括採決を行います。  日程第22 議案第9号 調布市佐須農(みのり)の家条例、日程第23 議案第21号 調布市手数料条例の一部を改正する条例、日程第24 議案第28号 調布市公衆便所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、日程第25 議案第30号 調布市建築審査会条例の一部を改正する条例、日程第26 議案第31号 調布市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、日程第27 議案第32号 市道路線の廃止について、以上6件に対する委員長の報告は可決であります。本6件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本6件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第28 議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算    (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第28 議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算を議題といたします。  本件は各常任委員会に付託し、審査を受けておりますので、順次その報告を各常任委員長に求めます。  最初に、総務委員会の審査報告を小林充夫委員長に求めます。小林充夫委員長。    〔小林 充夫総務委員長登壇〕 ◎小林充夫 総務委員長  総務委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算、総務委員会所管部門、本件につきましては、審査において意見が分かれ、討論が行われました。  反対討論として、元気派市民の会の委員の要旨は、社会保障充実を条件に消費税の増税を受忍したが、充実したとは思えない。税率引き上げ分で社会保障の充実を図るべき。一億総活躍社会など掲げられているものの、現実では所得格差が広がる中、28年度予算にはばらまき予算ともとれる内容を含む。総活躍社会というなら、活躍できる基盤整備にこそ貴重な税金を使うべき。反対というものでした。  一方、賛成討論として、自由民主党創政会の委員の要旨は、景気は緩やかな回復基調。市内への波及が期待される。歳入は、法人市民税が一部国税化で減、個人市民税、固定資産税等がプラスへ。歳出は、マイナンバー運用が開始。セキュリティー対策は万全に。市庁舎耐震化は適切だが将来の建てかえも検討を。子育て、教育、福祉、医療等膨大な財政需要がある中、各施策、事業の着実な推進を。賛成というものでした。  また、チャレンジ調布21の委員の要旨は、各施策事業の着実な推進への姿勢が示された予算配分。財源確保にも努められた。小型航空機墜落事故対策費計上による被害者支援を初め地域防災力向上、職員人材育成等、市民安全・安心確保に資するものと評価。市の土地など資産について有効活用の検討を要望。今後も財政基盤を継続強化し、山積する財政需要への対応を。賛成というものでした。  また、日本共産党の委員の要旨は、総額853億6,000万。総じて市民の暮らしを支えることに意を用いた予算。歳入では、公共施設基金の活用計画を明らかにした上で目標額を決めて当初予算化を。財源確保とはいえ、時限的な交付金への対応は慎重に。自家用機の調布飛行場からの分散移転を東京都に強く要求すること。市民サービス公社のあり方検討への対応を強めることというものでした。  本件は、採決の結果、賛成多数をもって原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で総務委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  続いて、文教委員会の審査報告を鈴木宗貴委員長に求めます。鈴木宗貴委員長。    〔鈴木 宗貴文教委員長登壇〕 ◎鈴木宗貴 文教委員長  文教委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算、文教委員会所管部門、本件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で文教委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。
       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  次に、厚生委員会の審査報告を井上耕志委員長に求めます。井上耕志委員長。    〔井上 耕志厚生委員長登壇〕 ◎井上耕志 厚生委員長  厚生委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算、厚生委員会所管部門、本件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で厚生委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  続いて、建設委員会の審査報告を小林市之委員長に求めます。小林市之委員長。    〔小林 市之建設委員長登壇〕 ◎小林市之 建設委員長  建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算、建設委員会所管部門、本件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で建設委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  以上で各常任委員長の審査報告は終わりました。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。  20番、大河巳渡子議員。 ◆20番(大河巳渡子 議員)  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算に対しまして、元気派市民の会は反対の立場から討論をさせていただきます。  一億総活躍社会、女性の活躍推進など、さまざまなスローガンが掲げられているものの、現実には、働きたくても子どもを預ける施設がないという悲痛な声、子どもの貧困問題、下流老人という言葉も生まれるなど、所得格差が広がっています。  パートタイム労働者がふえていることや、実質賃金が連続して下がり、介護保険に至っては、制度の後退ともいうべき改正がある中で介護離職は続き、未来ある若者からは非正規雇用がふえ、奨学金が返済できず自己破産するという事例など、深刻な声も聞こえる状況を見ると、そもそも国民が活躍できる基盤があるのかという大きな疑問が湧いてきます。  東日本大震災から5年が経過、いまだ被災地の復興は見えてきません。原発事故の究明もしっかりとされない中で再稼働が進められつつある現状を見ると、日本社会の全てが経済優先で動いているようにも思えます。  さて、調布市では平成24年12月に自治の理念と市政経営に関する基本条例を制定いたしました。市の最高規範ともいえる条例には、地方分権が進展する中で、地域の実情に応じた対応がより一層求められていること。私たちは、まちづくりの主体として、これまで以上に自分たちのまちは自分たちでつくるという自主・自立の精神と責任を持って、ともに力を合わせながらまちづくりに取り組まなければならないことや、自治の本旨にのっとり、自治によるまちづくりを進めることが定められております。  私はこの基本原則に立ち、不交付団体でもある市にあっては、市民生活を守り、まちづくりの基本的な理念である個の尊重、共生の実現、自治の確立を基本に置き、持続可能な安心して住み続けられるまちにするための政策を最優先し、未来世代に無用なツケを残さない身の丈に合った財政規律を保持した予算編成であるのかどうかを主眼に入れながら、主には市政経営の概要と市税概要などの資料を活用して審議をいたしました。  平成28年度予算総額は853億6,000万円余で、前年度と比較して0.5%増となっています。国においては1,000兆円を超える借金、国民1人当たり800万円余の借金を背負っている現状を踏まえ、国の交付金の内容を吟味し、市民の暮らしを支える事業を基準に置くといった一線を引き、必要額の交付を受けるという自立的な判断が必要ではないでしょうか。不交付団体だからこそ、その判断が求められると考えます。  真に必要な事業は一般財源で予算化する、あるいは消費税増税の意図していた社会保障を充実するために増税した財源で手だてをすることが基本ではなかったでしょうか。しかし、平成28年度予算の歳入には、民生費国庫支出金として、臨時福祉給付金が予算化されています。これは27年度の最終補正予算にもありましたが、さらにそれに加え、多額な事務費を投入して行う参議院選に向けたばらまき予算ともとれる内容を含んでおります。  女性が活躍できる社会というのなら、赤ちゃんに厳しい国に子どもがふえるはずがないという言葉を目にしたことがありますが、子どもたちが置かれている現状を思い浮かべれば、子どもを産み育てられる社会のためにこそ、貴重な財源については女性が働ける基盤整備の財源に充てるべきではなかったでしょうか。  また、介護報酬を下げる、特養入所基準を引き上げるなど、介護保険の受給権を狭めるような政策を進めた結果が、仕事と介護の両立ができなくなってしまい、多くの市民介護離職をする結果につながっていることをどう捉えているのでしょうか。こういった制度の見直しによる社会問題がある中で、政府が税金を使って意図的に政治的誘導をすることは地方分権に反するばかりか、地方の自治をゆがめる結果につながってしまいます。一億総活躍社会というのなら、国がなすべきことは活躍できる基盤整備にこそ貴重な税金を使うべきです。  市民サービスに欠くことができない公共施設整備は大きな行政課題です。公共施設整備基金については、減価償却の考え方からしても、当初予算から見積もり、活用計画を立てること。  情報化社会については、平成16年3月に地域情報化基本計画が策定され、はや12年が経過しております。平成13年10月に設置された調布市IT推進本部要綱には、本部は、電子市役所の構築のほかに情報施策の総合的な推進に関することが所管事項になっております。本部長は市長です。情報化社会に対するキーワードでもある地域情報化について、さまざまな事業も予定されておりますが、まずは市の基本的な考え方、方針を明確にすることを求めます。  法改正により、18歳から新有権者になる年度に当たります。18歳からの有権者への幅広い取り組みを求めます。  また、不交付団体でもある調布市にとって、自治の根幹を支えている徴税業務の効率化は欠かせません。適正な事務の効率化に向けた徴税システム更新への取り組みを求めます。  また、調布飛行場の事故等が起きた場合の補償等の早期実現について、東京都への継続した働きかけを要望いたします。  オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップと調布市にある競技会場で夢のあるイベントが開催されることは意味あることではありますが、会場にかかわることで市民が利用していた施設等にも不便を来すことなど、さまざまな市民生活への影響も予想されます。市は、会場市ではありますが開催都市として前面に出るものではありません。検討調査もされますが、関係事業をあれもこれもではなく、あれかこれか市民にとって大事にすべきかかわるところは何かなどを厳選し、市が目指すレガシーとは何かを含め、冷静に検討され進めていくよう要望いたします。  市民社会保障の充実を条件に消費税の増税を受忍いたしました。市では、28年度の地方消費税交付金は43億7,000万円を見込んでおりますが、税率引き上げ分は20億1,000万円で、前年度からは約4億円増加しております。この税率引き上げ分に係る使途は、地方税法で使途の明確化が要請されています。消費税引き上げ分は、社会保障施策に要する経費に充て、事務費や人件費などには充てられないものですが、歳入のやりとりの中での結果、消費税分は既存の一般財源の振りかえにすぎないことが見えてきました。  消費税を増税して社会保障を充実、推進すると言いながら、実際は財源の振りかえのような予算編成で、消費税分に見合う社会保障の充実、推進ができているとは思えません。自律した財政運営の観点からも、税率引き上げ分を所管に枠として示し、社会保障の充実を図る予算編成とを推進することが庁内分権、ひいては増税分を負担している市民への説明責任を果たすことにつながると考えます。本来の趣旨にかなった財源で政策を選択することを求めるものであります。  権限の移譲が進む中で複雑化する指導、監理監督事務等の業務が市に移譲され、専門職が必要になってきています。専門職職員活用方針を定め、市民に必要な支援が行き届く行政サービスの検討を求めます。  常に市民の暮らしを直視し、市民のために求めていることは何かを把握するという市民に向き合う市政運営が必要です。そのためには、目指すべき市の将来像を市民とともに共有し、市民とともに課題解決に向けて努力する職員育成は重要課題です。課題解決に向けた適切な配置を要望するとともに、さらなる消費税の増税に不安を抱え、生活を守らなければと思う市民の切実な気持ちに寄り添い、現場主義を基本に市民生活を守り支える職員として、市民と向かい合い、市民とともに安心して暮らせるまちを目指していただけるよう要望いたします。  国や都からの補助金、交付金があるから事業を実施するという考えではなく、税収等自主財源を中心に市政経営ができる自治体だということを肝に銘じ、真に市民の暮らしに必要な事業を実施することが重要です。市民国民であり都民です。無用な借金をして、未来ある子どもに負担を回すことは避けなければなりません。そのことを肝に銘じ、規律ある行財政運営を行うことが市民自治としてのあり方であり、市民信託に応えることであることを忘れることなく、限りある財源を最少の経費で最大の効果が上がるよう要望いたしまして、平成28年度一般会計予算につきましての反対の討論といたします。 ○鮎川有祐 議長  15番、田中久和議員。 ◆15番(田中久和 議員)  皆様、おはようございます。議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算につきまして、自由民主党創政会を代表して、賛成の立場から討論いたします。  市政を取り巻く社会経済状況につきましては、安倍政権の経済政策効果から、景気の緩やかな回復基調が続いています。調布市におきましても、政府の掲げる地方創生に取り組むなど、今後はこの好循環が地域経済市民へと市内の津々浦々まで波及していくことを期待するところであります。  この地方創生においては、安倍政権の新3本の矢への緊急対応である地方創生加速化交付金を活用した平成27年度一般会計補正予算(第3号)での地域子ども・若者支援総合事業、調布の地域資源を活用した魅力発信事業において7,512万7,000円の申請額に対して、ほぼ満額の7,113万1,000円の交付内示を受け、内閣府大臣補佐官伊藤達也衆議院議員、そして自由民主党創政会10人の強い働きかけにより、多摩地域においては最高額の回答を得ることができました。大変喜ばしいことであり、きっと長友市長はこの報告をお受けになり、直ちにじきじきに伊藤達也補佐官に連絡をとられたものと思っております。  こうした中、まちの変革期にある調布市においては、さまざまな財政需要に対処するため、限られた財源を有効に活用することが不可欠です。経費縮減と財源確保の両面からの不断の見直し、改革・改善の実践により、財政の健全性を維持しながら4つの重点プロジェクトを基軸とした基本計画事業の推進が重要となってまいります。  平成28年度予算の全般について見てみますと、限られた財源の中、市民生活支援等の継続的取り組みのほか、新たな課題や制度改正への対応を含む基本計画に位置づけた各施策、事業に着実に取り組む予算となっていることは評価できるものでありますが、指摘すべき点なども含め、申し述べさせていただきます。  一般会計予算総額は、前年度と比較して0.5%の増となっており、過去最大規模の予算となっております。  歳入では、市政経営を支える根幹となる市税において、個人市民税は納税義務者の増加や個人所得の回復傾向などにより3億3,000万円余の増が見込まれるものの、法人市民税では、税収の一部国税化や法人の市外移転などの影響により6億5,000万円余の減収が見込まれることから、市税総体で435億5,000万円余と、前年度から2億1,000万円余の減となっています。将来に向けてしっかりとした財源確保を図っていくためには、納税者の納付環境の充実とともに、確実な収納に向けた取り組みによる収納率の向上が必須となります。より一層の御努力を求めるものであります。  また、市内法人の移転は大きな減収要素となっています。企業にとっていかに調布が評価されるのか、魅力あるまちづくりを進めるとともに、企業の市内立地に向けた産業振興策に積極的に取り組まれることを強く要望します。  また、国や都の補助金については、新たな制度の創設や制度改正などの動向に注意しながら、最大限に確保するよう積極的な活用を求めるものであります。  市債につきましては、公共施設の老朽化対策鉄道敷地整備などの都市基盤整備への活用により、市債残高が前年度から15億8,000万円余増加しております。今後も財政需要が高い水準で見込まれることから、今後の市債の活用に当たっては、連結ベースでの市債バランスを踏まえ、予算全体の中で適切に対応することを求めます。  また、基金につきましても、老朽化の進む公共施設の維持保全や市庁舎の耐震化、クリーンセンターの移転整備など、今後も多くの財政需要が見込まれることから、中長期的な財政見通しを持って適切な活用に努めていただくよう求めるものであります。  歳出では、本格的にマイナンバーの運用が開始され、市民の利便性の向上、行政の効率化、公平・公正な社会を実現する社会基盤として、社会保障、税、災害対策の手続に生かされることが期待されますが、一方では適切な個人情報の取り扱いが求められています。情報セキュリティー対策には万全を期すように求めるものであります。そして、市ではさまざまな情報システムが稼働しています。多額の予算がかけられていることから、客観的な成果と検証の仕組みづくりが急務と考えます。市民へ導入効果を明らかにすることが大切です。  それでは、4つの重点プロジェクトに位置づけられている事業を中心に述べさせていただきます。  まず、強いまちをつくるプロジェクトでは、鉄道敷地を活用した防災倉庫の整備などの防災備蓄品の確保、充実や、災害情報システムの充実、消防団対応能力の向上など、地域防災力を高める取り組みに予算配分がなされています。東日本大震災から5年が経過しましたが、経験と記憶を風化させることなく、市民安全・安心の確保に取り組むことを強く要望いたします。  また、いつ起きてもおかしくない大規模災害に備えることから、市庁舎の耐震化は喫緊の課題であります。さらには、新たな行政ニーズ等によって地方自治体の役割は拡大し、事務量は確実に増大しています。耐震化事業と並行して、将来を見据え、庁舎の建てかえに向けた検討を早期に立ち上げることを求めます。  次に、安心して住み続けられるまちをつくるプロジェクトでは、子ども施策では、待機児童対策として500人規模の定員拡大を目指し、認可保育園6園の開設誘致に取り組まれますが、待機児童解消はなお厳しい状況であります。引き続き重点的な対応を求めるとともに、地域で安心して子育てができる環境づくりに取り組まれることを要望いたします。  教育施策については、小・中学校施設の老朽化対策の予算に加えて、児童・生徒数増加に伴う教室整備や体育館の避難所機能整備のための予算が計上されていますが、児童・生徒が安全に安心して学習するために、中長期的な展望を持って、今後も施設の計画的かつ適切な改修を進めることを求めるものであります。  次に、利便性が高く快適で豊かなまちをつくるプロジェクトでは、調布、布田、国領3駅の駅前広場整備、鉄道敷地跡地を活用した自転車駐車場の整備、都市計画道路整備など、計画に基づいた中心市街地の骨格づくりを進める予算であると認識しています。また、中心市街地だけではなく、各地域の住民の声にも耳を傾け、地域特性を踏まえ、市内全域でバランスがとれたまちづくりを進められることを要望いたします。  まちの活力を高める取り組みとしては、地域資源を活用した映画のまち調布を推進するための取り組みや、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据えた取り組みに予算配分がなされています。この好機を迎えるに当たり、地域資源を生かし、まちの魅力を積極的に発信していただくことを求めます。  うるおいのあるまちをつくるプロジェクトでは、営農支援施設の運営が開始されることから、より一層農業者への支援を充実させるとともに、農業・農地保全の取り組みを推進していただくことを求めます。  次に、昨年7月の小型航空機墜落事故についてですが、被害者生活再建支援資金貸付金の予算を計上するなど、被害を受けられた市民の方々に寄り添う対応を評価するものでありますが、今後も安全運航のより一層の徹底と自家用機の削減について、東京都へ強く要請していくことを求めます。  以上、平成28年度は修正基本計画の2年次目として、各般の行財政改革に真摯に取り組まれ、限られた財源のもと、事業の優先度の精査とともに、財源の確保、経費の縮減には十分御努力されていることは一定の評価をするものでありますが、これからの高齢化社会において、しっかりとした市民サービスを提供していくため、地方自治体においては、真に行政として対応しなければならない政策課題等に重点的に対応した簡素で効率的な行政を実現することが求められています。  市民の理解や信頼のもとに、さらなる市民福祉の向上に向けた施策を一層推進していくためにも、不断に行財政改革に取り組まれていくことを強く求め、本予算に対する賛成討論といたします。ありがとうございました。 ○鮎川有祐 議長  23番、川畑英樹議員。 ◆23番(川畑英樹 議員)  おはようございます。議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算につきまして、チャレンジ調布21を代表いたしまして、賛成の立場から討論を行います。  平成28年度は、まちの将来像「みんなが笑顔でつながる・ぬくもりと輝きのまち調布」の実現に向け、修正基本計画の2年次目として、4つの重点プロジェクトを基軸に、基本計画の各施策、事業の着実な推進を図るとともに、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えた取り組みを進めていく年度となります。  市政を取り巻く状況といたしましては、景気の緩やかな回復基調にあるものの、市政や地域経済にまで波及するには至っておらず、今後の見通しはなお不透明な状況にある中、歳入の根幹となる市税収入におきましては、税制改正等の影響による法人市民税の減収などにより、市税総体では減が見込まれております。  予算編成でありますが、こうした状況の中で全庁共通認識し、事業の優先度や規模、内容などを厳しく精査するとともに、さまざまな角度から財源確保、経費縮減に当たられたことを委員会の審査を通じて確認しましたところであります。  その結果、基本計画に位置づけた4つの重点プロジェクト事業を初め市民安全・安心確保、子ども・若者支援を含む市民生活支援への継続的な取り組み、子ども・福祉分野において制度改正への対応など、限られた財源の中で適切に予算配分されているものと高く評価する次第でございます。  平成28年度一般会計予算は、総額853億6,000万円、前年度と比較いたしまして3億9,000万円余、0.5%の増となり、過去最大の規模となっております。  予算の内容ですが、まず初めに、小型航空機墜落事故におきましては、被害に遭われた方々に寄り添い、生活再建支援に取り組まれた市の対応につきまして、高く評価させていただきます。  さて、歳出についてですが、基本計画に位置づけた4つの重点プロジェクト事業に財源の重点配分がなされております。  強いまちをつくるプロジェクトでは、地域の防災力を高める取り組みとして、災害時要援護者避難支援プランに基づき、避難行動要支援者の名簿を整備し、平常時から各種関係機関との連携に努められ、また災害時に避難所となる小学校に2基目となる備蓄コンテナを設置するなど、自助、共助、公助の基本的な考え方のもと、地域や関係機関との協働による組織をつくられている取り組みがあります。橋梁の耐震改修や住宅の耐震化を推進する予算が計上されております。東日本大震災から5年が経過いたしましたが、風化されることなくその教訓を生かし、引き続き市民安全・安心につながる防災対策の充実に取り組まれるよう要望する次第であります。  安心して住み続けられるまちをつくるプロジェクトでは、高齢者や障害者の暮らしを支える取り組みとして、新たに介護予防・日常生活支援総合事業を展開するとともに、認知症高齢者グループホームなど地域密着型サービスの開設支援や、ちょうふだぞう・すまいる分室の施設移転整備の予算が計上されております。  また、子ども・子育て支援施策では、待機児童対策として認可保育園6園を誘致し、500人規模の定員拡大を図る予算が計上されております。待機児童解消に向けた重点的な取り組みとして評価するものであります。このほか、学童クラブ3カ所の整備、開設、子ども貧困問題への対応として、ひとり親世帯への子どもさんへの学習支援、相談支援などの予算が計上されております。評価するものであります。  教育施策では、児童・生徒数の増加に対応した施設整備、屋上防水改修などの施設老朽化対策、非構造部材の耐震化、避難所機能の向上など、学校施設の整備に重点的に取り組まれております。また、特別支援教育におきましては、小学校全体で特別支援教室がスタートし、専門員が新たに配置されるなど、推進体制の充実が図られております。  食物アレルギー対応につきましては、再発防止に向けた取り組み方針に基づき、給食室の改修にあわせたアレルギー専用調理スペースの設置や教職員への実践研修の実施などに取り組まれておりますが、引き続き万全な体制での対応をお願いいたします。また、地域との連携により、教育の充実を図る学校支援地域本部の取り組みを一層推進されていくことを要望いたします。  利便性が高く快適で豊かなまちをつくるプロジェクトでは、21世紀の調布のまちの骨格をつくるとして、駅前広場の整備や都市計画道路の整備、鉄道敷地の整備では、公園、防災、福祉の各施設の整備の予算が計上されております。また、駐輪場整備につきましては、鉄道敷地3カ所の工事と2カ所の用地取得とともに、調布駅南地下駐輪場駐車場設計工事の予算が計上されており、これら都市基盤整備のための予算が適切に措置されているものと認識しております。  また、活性化を図る取り組みでは、商店街の活性化、民間ノウハウを活用した中小企業等の支援、映画のまち調布ならではの映画関連事業の推進など、地域の特性を生かし、まちの活力を高める各種取り組みについて予算が計上されております。  また、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けては、機運醸成のため各種取り組みを推進し、スポーツの振興を図るとともに、この好機を捉え、調布の魅力を全国に発信できるよう積極的な取り組みを期待しております。  うるおいのあるまちをつくるプロジェクトでは、ふるさとのみどりと環境を守り育てる基金の活用も図りながら、緑ケ丘みんなの森や国分寺崖線樹林地の公有地化など、緑地保全に向けた取り組み、また深大寺・佐須地区における里山、水辺環境保全の活用に取り組む予算が計上されており、貴重な調布の財源であります緑と水辺環境、地域資源を守る取り組みを評価するものであります。  一方、歳入についてですが、根幹となる市税収入におきましては、納税義務者の増や新築家屋の増などによる個人市民税、固定資産税の増が見込まれているものの、税収の一部国税化や法人税率の引き下げなどによる法人市民税の減収影響により、市税総体では減となっております。そのため、収納の確保が肝要となっております。収納率の向上を図るなど、最大限の財源確保に向けた努力をされるよう要望いたします。  また、使用料や手数料、国・都支出金などの歳出と連動する特定財源については、最大限の財源確保を図り、適切な予算措置がなされるものと認識しておりますが、より一層の努力をお願いいたします。  また、基金につきましては、前年度繰越金を活用して充実に努めていらっしゃることを評価しておりますが、特に公共施設整備基金につきまして、今後も公共施設の老朽化対策としての活用が見込まれるため、さらなる充実に向け、引き続き基金残高に留意された活用を図りつつ、前年度繰越金を活用した基金への優先的な積み立てなど、財政基盤の強化に向けた取り組みをお願いするものであります。  最後になりますが、平成28年度は修正基本計画の2年次目であります。市長のさらなるリーダーシップのもと、市民安全・安心の確保や市民生活を継続し、財政規律を保持しながら効果的、効率的な市政経営により、基本計画に基づくまちづくりを着実に前進させていくことを期待いたしまして、本予算に対する賛成討論とさせていただきます。ありがとうございました。 ○鮎川有祐 議長  10番、内藤美貴子議員。 ◆10番(内藤美貴子 議員)  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算につきまして、公明党を代表して、賛成の立場から討論を行います。  平成28年度は、修正基本計画の2年次目に当たり、基本構想で掲げたまちの将来像「みんなが笑顔でつながる・ぬくもりと輝きのまち調布」の実現に向け、着実に前進させる年度となります。一般会計予算を総括的に見ますと、まちの将来像の実現に向けた主要事業を着実に推進する予算が編成されているものと認識しております。また、引き続き市民安全・安心の確保と市民生活支援に取り組まれるとともに、子ども・福祉分野における制度改正への対応、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えた予算が計上されており、評価するものです。  平成28年度一般会計予算は、過去最大の規模となる853億6,000万円で、前年度と比較して3億9,000万円、0.5%の増となっております。  まず、歳入について申し上げますと、市税収入において納税義務者の増、個人所得の回復傾向、新築家屋の増加などの要因により、個人市民税と固定資産税の増収を見込む一方、法人市民税において税収の一部国税化や法人税率の引き下げなどの影響から、減収を見込んでおります。景気の好影響が一部市税収入に反映された予算となっておりますが、市税総体は435億5,000万円余、前年と比較して2億1,000万円余、0.5%の減となっております。  今後の地域経済市民生活への景気の好循環の見通しはなお不透明である中、新たな財政需要や市民福祉の向上に対応するためには、事業の精査や経費縮減の取り組みはもとより、市税収入の確保、国や都の各種補助、交付金を積極的に確保する取り組みなどがこれまで以上に重要になってくるものと認識しております。  市税の収納率につきましては、引き続き、適正、公平な課税と負担の観点から、収納率の向上、未済額の縮減などに取り組まれるとともに、きめ細やかな納付相談に努めていただきますよう要望いたします。  続きまして、歳出につきまして、基本計画の4つの重点プロジェクトを中心に個別の内容に触れさせていただきます。  1点目の強いまちをつくるプロジェクトでは、小学校に2基目となる防災備蓄コンテナを設置するほか、避難所運営に必要なマンホールトイレや非常用小型発電機などの確保、消防団の対応能力に欠かせない無線環境の整備など、地域の防災力の充実強化を図る予算が計上されています。  東日本大震災から5年が経過しましたが、これまでの間、調布市防災教育の日や小・中学校での救命講習の実施など、命の教育活動の推進に取り組まれてきたことを評価いたします。引き続き防災対策に女性の視点を取り入れていただくとともに、避難所運営などの運営責任者の中にも女性を配置していただくことを要望いたします。さらに、高齢者や障害者など、要援護者の把握を行う中で、福祉避難所のさらなる拡充を図るとともに、地域や関係機関などとの協働により、地域の防災体制づくりを推進されますことを要望いたします。
     2点目の安心して住み続けられるまちをつくるプロジェクトですが、高齢者施策では、平成28年10月から新たに介護予防・日常生活支援総合事業を展開するとともに、市独自の新たな基準によるサービスを提供するために、担い手となるヘルパー養成に取り組むほか、認知症高齢者グループホームなどの地域密着サービスの開設支援にかかる予算が計上されています。高齢者が安心して生き生きと生活を送れますよう、徘回する認知症高齢者への早期発見や見守り支援の強化など、一層の取り組みを要望いたします。  また、障害者施策では、鉄道敷地におけるちょうふだぞう・すまいる分室の移転整備や障害者の就労支援体制の充実など、暮らしを支える取り組みのための予算が計上されています。今後も障害者差別解消法の推進により、誰もが安心して暮らせるまちづくりを一層取り組まれますことを要望いたします。  子ども施策では、認可保育園6園の開設誘致により500人規模の定員拡大が予定され、大きな期待を寄せるものですが、引き続き待機児童対策の取り組みや強化を要望いたします。さらに、国や都の補助金を活用して保育士の処遇改善や宿舎借り上げ制度、保育サービスの推進に向けた予算が計上され、評価するものです。  教育施策では、小・中学校の校舎外壁改修や屋上防水改修などの老朽化対策、非構造部材の耐震化対策、避難所機能の向上に予算の重点配分がなされているとともに、児童・生徒の学習環境の向上のため、特別教室設置に向けた設計費が予算計上されており、高く評価するものであります。  また、食物アレルギー対策については、小学校のアレルギー専用調理スペースの設置費用などが計上されていますが、アレルギーをお持ちの方が安心して学校生活を過ごせますよう、引き続き取り組みの推進を要望いたします。  また、健康施策では、高齢者の肺炎球菌ワクチンの再勧奨への取り組みや、新たに胃がんリスク検診の実施などの予算が計上されており、評価するものです。今後もがん検診の受診率向上に一層取り組まれますよう要望いたします。  さらに、都の補助金を活用した出産・子育て応援事業の実施に係る予算が計上され、評価するものです。さらに、母親の心身の産後ケアを提供できる体制の構築を図り、妊娠から子育てに連なる切れ目のない支援が一層充実されますことを要望いたします。  3点目の利便性が高く快適で豊かなまちをつくるプロジェクトでは、調布駅前広場の段階的な整備はもとより、布田、国領駅におけるバス停留所などの上屋の整備に加え、鉄道敷地における自転車駐輪場都市公園防災倉庫の整備を行う予算が計上されています。調布のまちの骨格づくりがより一層目に見える形で進んでおりますが、引き続き事業の適切な進行管理に努められますよう要望いたします。  また、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けては、スポーツ振興、産業・観光振興、国際交流、平和施策など、まちづくりへの波及効果が大いに期待されるところであります。調布市は、競技開催地として世界中のアスリートや観光客を迎えることとなりますので、さまざまな主体との連携、協働する中で、まちの魅力の発信、機運醸成、地域経済の活性化などにつながる取り組みを計画的に行っていただきますことを要望いたします。  4点目のうるおいのあるまちをつくるプロジェクトでは、公園、緑地、崖線樹林地の保全や、深大寺・佐須地域の里山、水辺環境の保全活用に関する予算が計上されています。市民の大切な財産として受け継がれてきた調布の緑と水辺環境を将来世代に継承していくため、重要な取り組みであると認識しております。  また、農業施策では、農業経営の安定化や後継者の育成を促進するため、より一層の都市農業の育成対策に取り組まれますよう要望いたします。  そのほかの内容といたしましては、まず初めに、昨年7月の小型航空機墜落事故への対応として、被災者生活再建支援資金貸付金の予算を計上するなど、被害を受けた市民の方々に親身に寄り添った市の対応を高く評価させていただきたいと思います。今後も東京都に対しては、協定書などの履行状況の検証とともに、調布飛行場の安全対策の強化などを強く要請されますことを要望いたします。  マイナンバー制度につきましては、既に申請者へのカード交付が始まっておりますが、引き続きわかりやすい情報提供に努めるとともに、個人情報保護に取り組まれますよう要望いたします。  また、本年夏に予定されております参議院選挙から選挙年齢が18歳以上に引き下げられることになります。選挙年齢の変更は昭和20年以来、実に70年ぶりであり、若い世代に政治への関心が高まることが期待されるものであります。若い世代への選挙のお知らせや情報提供、普及啓発に適切な対応を行っていただくとともに、若い世代が投票しやすい大学構内や大型店舗などに投票所を開設するなど、投票率向上のための環境整備にも取り組まれますよう要望いたします。  最後に、総括といたしまして、景気の回復の好影響が地域経済市民生活に一刻も早く波及することを期待するところでありますが、市政経営に当たっては、修正基本計画の2年次目として、各施策、事業の着実な推進を図るとともに、引き続き、市政第一の責務として市民安全・安心の確保と市民に寄り添った生活支援を一層取り組まれますことを要望いたしまして、本予算に対する賛成討論とさせていただきます。  以上です。 ○鮎川有祐 議長  21番、雨宮幸男議員。 ◆21番(雨宮幸男 議員)  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算に対しまして、日本共産党を代表して、賛成の立場から討論を行います。  総額853億6,000万円、総じて市民の暮らしと命を支えることに意を用いた予算編成として評価するものであります。  ただし、前年度、平成27年度の繰越明許費約12億円につきましては、当年度予算には反映されておりません。そのために、実質的な財政規模としては860億円程度になることを注視する必要があると考えます。いたずらに繰越明許を増加させることにつきましては、予算の全体像を見失うことにつながりかねず、財政運営のゆがみを生じる要因ともなる危険性について厳しく指摘をしておくものであります。  さて、歳入では、引き続き順調な税収が見込まれてはおりますけれども、今日の税収状況が長期にわたって続くという保証は何ら担保されておりません。したがいまして、気を許すことなく財政規律を堅持した財政運営に努めることを求めるものであります。  また、公共施設基金の積み立てにつきましては、その積立原資を繰越金だけに依存することなく、同基金の活用計画を明らかにした上で基金の積立目標額を定めて、必要な財源を当初予算化することを求めるものであります。また、財源確保のためとはいえ、後年度に経常財源化するおそれのある時限的な交付金などへの対応は、十分慎重であるべきであります。  さらに、市債バランスにつきましては、財政フレームの中だからよしとせずに、中長期的な見通しの中で確実なコントロールをすることを求めます。  次に、歳出について何点か述べます。  まず、自家用機の調布飛行場からの分散移転と事業用機も含めた離発着回数の抜本的削減を東京都に強く要求することを求めます。また、市民サービス公社のあり方検討への対応を強めて、将来的にわたっての基本方向を定めることを求めておきます。公契約条例の制定に向けて、引き続き調査、検討に取り組んでいただきたいと思います。  職員人材育成の問題では、専門性の重視とともに女性も含めた階層別、職域別人材育成の全面的体系を確立し、実践することを求めます。防災行政無線の難聴地域の解消を急ぐとともに、自治会など地域における防災備蓄倉庫の整備に対して補助制度を活用することを求めたいと思います。  次に、オリンピック・パラリンピック、またラグビーワールドカップや映画のまち調布の取り組みなどにつきましては、全ての市民がこれを享受できるような全市的な視野を持って取り組むことを求めたいと思います。  消費者センターの設立、あるいは男女共同参画事業などでは、振り込め詐欺やドメスティックバイオレンス――DVですね――問題、あるいは雇用、職場環境問題など、現代社会を反映した困難な事例への対応が求められておりますけれども、それらに対応するに当たっては、人権尊重を基本に市民への周知、認知を広げる取り組みを拡充されるよう求めます。  基本的施策で述べられているように、景気の好循環の見通しは、地域経済市民生活にあらわれるかどうかは全く不透明なもとで、融資制度の信用保証料の全額補助につきましては、引き続き継続することを求めるものであります。  さて、平成28年度は、老朽化が深刻な学校施設の改修のために、前年度比で約3億円増額したことは評価をいたします。さらに、今年度は学校施設の耐久調査を行っておりますけれども、築年数の古い施設や緊急性の高い施設につきましては、計画を待たずに早期に整備計画をつくり、改修すべきであると考えます。また、学校避難所の防災備蓄品強化や図書館分館の階段昇降機については先送りをしました。こうした案件につきましては、今後より一層の拡充を図ることを求めておきたいと思います。  また、教育プランの中では、教育大綱が2月に発表され、今後その真価が問われてくるわけでありますけれども、教育の独立性堅持を大前提として、特にいじめ、不登校、あるいは子どもの貧困対策については各部で連携をし、教職員の感度を引き上げるためにさらに努力されることを求めます。子どもたちの学習環境の整備とともに教師の負担を減らし、子どもに目が行き届く教育環境の整備にさらに力を入れていただきたいと考えます。  少人数学級の拡充、就学援助費の引き上げ、高過ぎる学費に対する特別の支援策の創設、また学校給食費への市の補助金増額などをこれまでにも提案してきているところであります。世界レベルで見ても低すぎる日本の教育予算の引き上げのためにも、市が今後とも努力されることを強く要望するものであります。  厚生委員会関係では、おおむね市民の生活を重視した予算となっていることを評価したいと思います。  子ども・若者総合支援対策について、利用者が着実にふえ、学習への意欲だけでなく、人間関係においても重要な場となっていることが明らかとなりました。今後はニーズにあわせた専門職の配置や家庭訪問など、よりきめ細かな支援の充実と、小学生までを対象として拡大するよう要望するものです。  子ども家庭支援センターでの母子手帳の配布や児童館での地元助産婦との連携で妊産婦への支援を検討するなど、妊娠期から子育て期の切れ目のない支援を評価し、期待をするところであります。  待機児童対策では、保育園は認可保育園を計画どおりに着実にふやすことが求められております。土地の問題や地域住民との関係などでおくれているという課題はありますけれども、民間任せではなくて、公設という形で取り組むことができるよう、国や東京都に支援を求めることを要望するものであります。  また、学童クラブにつきましても増設が準備されております。今後も待機児童を解消するとともに、広さや定員など条例に則した整備を行うことを求めるところであります。義務教育就学児医療費助成の拡充を評価しながら、同時に完全無料化の早期実現を求めるものであります。  介護保険介護予防・日常生活支援総合事業がスタートいたします。要支援1、2を介護保険サービスから外すものですが、調布市は現行相当サービスと緩和型の2種類を実施予定とされております。緩和型の従事者はヘルパー資格が必要のないサービスとなります。市は、認定ヘルパーという調布市独自の制度で人材育成をしていくということでありますが、介護事業所の運営、利用者へのサービス水準への影響が懸念されるところであります。現行のサービス水準を低下させないこと、利用者本人の意思を最大限尊重する対応を改めて求めておきます。  さらに、緩和型も現行と同等に、基本的に介護認定を受けることを前提にするべきではないでしょうか。在宅介護の充実とともに特別養護老人ホームなど、施設整備を着実に進めることを強く求めます。障害者が65歳以上になって介護保険に移行することで費用負担やサービス内容で問題が多くなります。引き続き、これまで同様の負担でサービスが受けられるよう国に求めるべきであります。  生活福祉、健康など、市民の命と暮らしを支える施策に関して、市として引き続き力を入れるとともに、国に対して諸施策の財政負担を拡充するよう強く求めるべきであります。  さて、ごみの減量、資源化につきましては、高い資源化率を達成し、ごみ減量に努めることを高く評価しながら、近年、資源化率が下がる傾向があり、この点での一層の努力を求めるものであります。  大気汚染についてですが、PM2.5の観測も行う測定局を鶴川街道と甲州街道の交差点に設置することについて、引き続き電気通信大学に働きかけていただくよう強く求めるものです。  バス路線の多摩川沿いの道路の新路線につきましては、市民の要望に応えて進めていることを評価いたしますが、その他の交通不便地域への拡大につきましても改めて重視し、進めていただくように要望いたします。  都市計画道路について何点か。佐須街道の甲州街道までの拡幅が準優先整備路線として位置づけられておりますけれども、商店街への影響、あるいは通過交通の増加などによる環境悪化が懸念されます。住民の声を十分に聞いた上で慎重に対応することを求めます。  また、3・4・30号線につきまして、調布駅北口から深大寺まで一直線道路を通す計画となっておりますけれども、集客力のある観光地と駅とを一直線に結ぶことが果たして市の商業発展にとってプラスになるかどうか、この点でも慎重な検討を求めます。  3・4・10号線、いわゆる品川通りですけど、この延伸につきましては、住民の理解が得られていないものでありまして、道路計画の凍結、あるいは廃止を求めるものです。また、都の施行路線として、優先整備路線とされた部分につきましても、住民の理解と合意なしに進めることのないように東京都に対して強く働きかけていただきたいと考えます。  3・4・4号の延伸につきまして、都施行の優先整備路線とされましたが、現在の3・4・4号線の状況を見ても、事業そのものの必要性に疑問を持たざるを得ません。慎重な対応を求めたいと思います。また、この道路は調布市立第五中学校の校庭を貫く計画となっておりまして、少なくとも学校教育に支障を来すことがないことを絶対的な条件として確保するよう強く求めておきます。  開発のための用地買収は、最も多額なコストを要するものであり、市の財政負担も大きいことから、従来どおり事業化されたものについて適切に行うことを求めておきます。今年度、生活道路の整備についての予算が昨年に比べて増額されていることについては評価をいたします。また、住宅支援協議会で、収入が少ない、保証人がいないなど、住宅確保に困難を抱えている市民が安心して住み続けられるよう対策が示されることを期待したいと考えます。  以上、何点か要望を申し上げまして、賛成討論といたします。 ○鮎川有祐 議長  3番、二宮陽子議員。 ◆3番(二宮陽子 議員)  議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算に対して、生活者ネットワークは、賛成の立場で討論いたします。  平成28年度は、修正基本計画の2年目として、4つの重点プロジェクトを基軸に各施策、事業を推進し、新たな制度改正への対応として、子ども・子育て支援、介護保険制度改革、子どもの貧困対策、生活困窮者支援などとともに、まちの変革期に向けて財政の健全性をしっかりと見据えていかなくてはなりません。  予算は、自治体政策をあらわしています。家庭と一緒で、使い道には優先順位があり、使えるお金には限りがあります。何を取り上げ政策とするかをお金であらわしたものが予算です。常に市民の意向を反映させる市政が行われることが期待されます。  一般会計予算の総額は853億6,000万円で、前年度比3億9,000万円、0.5%の増となっています。歳入の51%を占める市税収入は、個人市民税や新築家屋の増による固定資産税は増加する一方、税制改正などによる法人市民税の減によって前年度比2億1,000万円余の減と見込まれます。基金の活用額は20億9,000万円余を予定していますが、前年度と比べると、積立金は大幅な減となっており、さらなる積み増しが望まれます。  歳出では、民生費が419億6,900万円余で、一般会計歳出の49.2%を占め、前年度比10億7,000万円の増となりました。インターネットの掲示板で、保育園落ちた、日本死ねという子育て中の母親の悲痛な叫びに共感し、全国で保育園に入れなかった親たちへと大きな波紋が広がりました。市では新たに保育園を新設、学童クラブ3施設を開設予定としており、待機児解消、児童育成への努力を評価するところですが、常に子どもの育ちにとって何が必要かの視点に立った子育ち、子育て支援を望みます。また、地域における子どもの育つ環境の理解への課題を解決していくさらなる努力を期待しています。  子ども発達センターの取り組みは、不安を抱える親子にとって子どもの成長をともに支える事業として評価します。しかし、小学校に移行する際に、学校の先生や保護者にi-ファイルの活用が広がっていないということが委員会審査で明らかになりました。活用は保護者の任意となりますが、いつでも活用できるものだということの周知をしておくことで小1プロブレムや一人一人の子どもに対応する際の安心要素になると思います。  教育費では、小・中学校施設整備費が拡充となりました。教育は、国の政策を映す鏡のようなものではないでしょうか。ハード、ソフトともに子どもたちの学ぶ環境を整えることは基本です。これからも施設整備の迅速な取り組みが着実に進んでいくことを要望します。  家庭の経済格差による学力格差がますます広がっています。小学校でクリアできなかったわからないことは高校進学にも影響します。まず第一に必要なのは、日々の授業でのわからないことを残さないよう、先生が補習できる時間的余裕を持てることです。その上で、さらに学校地域コーディネーターなどを活用し、学校ごとに地域の人々の力をかりて、学習支援の場をふやすことも必要ではないでしょうか。PTAや地域の声も聞きながら、みんなで学校を支える体制をつくっていけるような取り組みの支援も要望します。  特別会計では、国民健康保険税の税率改定による保険料の値上げが8年ぶりに行われる予定です。保険料の値上げは、非正規で働く若者や所得の低い層にとって、生活への負担となることは明らかです。健康に対する意識をより高めていく取り組みを期待します。  食事を満足にとれないなど、子どもの貧困問題や介護保険制度改正により、ますます地方自治のやるべきことや地域課題が山積みとなっているのも現実です。人類のいまだかつて経験したことがない超高齢化社会に突入し、高齢者福祉費、医療費介護費などが膨らみ続ける中、地に足をつけてしっかりと今起こっている地域の課題を見抜き、市民協働して課題の解決に取り組むことが最優先課題です。  市民参加の推進や環境整備、市政情報の積極的な提供として、ホームページの活用や積極的なオープンデータの取り組みを通じた地域情報化の推進を図るとしています。インターネットは若い世代にとっても大変有効情報提供のツールですが、インターネットを使えない市民に向けた情報提供はどうなっていくのか。ホームページ、チラシ、リーフレット配架、ポスター以外の周知をどうしていくのか。市民の求める情報は何かをキャッチし、本当に必要な人に届くようにしていくにはどうしたらいいかを真剣に考えることが重要です。  そのためには、まず市民に市政への関心を持ってもらうことと、市民の生の声を聞く必要があります。例えば、9月に出される決算概要、事務報告書などは、事業内容や財政など、行政の仕事がわかりやすく、興味が持てるように書かれています。この決算概要を図書館公民館や各出張所のみならず、地域とも連携し、もっと市民の目にするところに置くことや、学校教育にも活用し、決算概要を使って具体的なまちづくりを知ることのできるワークショップ型の財政学習や勉強会などを提案します。  市民が、行政とはサービスを提供するところと思いがちですが、自分が住むまちのどこに課題があって、今から将来にわたってどこにお金が必要なのかを知ることは、まちづくりを考える上で重要なことではないでしょうか。同時に、地域で活動される核となる方々の高齢化や人材不足についても真剣に考えていかなくてはなりません。人材育成についても引き続き考えていき、世代間の格差の出ないよう声を聞きながら政策へとつなげるような取り組みも大きな課題です。  行政視察で伺った大阪府豊中市のコミュニティーソーシャルワーカーの方が、地域課題はそこに住む市民が一番よく知っていますとおっしゃっていました。計画をつくってよしとするのではなく、常に具体的な施策の実行に当たって、市民と徹底的に話し合う姿勢を堅持すべきと考えます。  以上、提案を含め、本当に必要な事業が必要な人に届くことを常に市政の中心にすることを要望し、賛成討論とします。 ○鮎川有祐 議長  討論を打ち切ります。  これより採決を行います。  日程第28 議案第33号 平成28年度調布市一般会計予算、本件に対する各常任委員長の報告は可決であります。本件は各常任委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立多数をもって可決されました。  ここで暫時休憩いたします。    午前10時56分 休憩        ――――――――――― ―― ―――――――――――    午前11時10分 開議 ○鮎川有祐 議長  本会議を再開いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第29 議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算                                (委員会審査報告) △第30 議案第37号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計予算                                (委員会審査報告) △第31 議案第38号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計予算                                (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第29から日程第31まで、3件一括議題といたします。  本3件は厚生委員会において審査を受けておりますので、その報告を井上耕志委員長に求めます。井上耕志委員長。    〔井上 耕志厚生委員長登壇〕 ◎井上耕志 厚生委員長  厚生委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算、本件につきましては、審査において意見が分かれ、討論が行われました。  反対討論として、日本共産党の委員の要旨は、本予算案は現行の税率を改め、均等割18.32%、所得割15.45%、限度額4.94%引き上げるという保険税の値上げを含むもの。よって反対というものでした。  一方、賛成討論として、チャレンジ調布21の委員の要旨は、財政補填としての繰入金を抑制できたことは、国保会計だけでなく一般会計を初め財政の健全性を維持する点において評価できるものと考える。医療費保険者負担分である保険給付費について、医療費の増加傾向を的確に見込んだ予算措置であり、被保険者に安心して医療を受けていただける内容であり、賛成するものであるというものでした。  本件につきましては、採決の結果、賛成多数をもって原案了承と決しました。  議案第37号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計予算、議案第38号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計予算、以上2件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。  22番、武藤千里議員。 ◆22番(武藤千里 議員)  議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算に対し、日本共産党を代表し、反対の立場で討論をします。  この予算案は、議案第29号 調布市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例にある1人当たり平均14.50%の引き上げをする健康保険税の引き上げを盛り込んだものであり、日本共産党としては賛成することができません。よって、反対といたします。
    ○鮎川有祐 議長  4番、榊原登志子議員。 ◆4番(榊原登志子 議員)  議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算につきまして、チャレンジ調布21を代表して、賛成の立場から討論させていただきます。  平成28年度予算の総額は246億円余となり、前年度と比較して4,000万円余、0.2%の増となっております。本予算の最も大きな特徴点としては、歳入において税率等の改定を反映し、保険税収入が増加するということになりますが、一方で、財政補填としての繰入金を抑制できたことは、国保会計だけでなく、一般会計を初めとする調布市全体から見ても、財政の健全性を維持するという点において評価できるものと考えております。  歳出では、医療費保険者負担分である保険給付費については、医療費の増加傾向を的確に見込んだ予算措置となっており、被保険者に安心して医療を受けていただける内容であります。  また、保険税の収納対策予算を拡充するほか、レセプト点検員の増員、ジェネリック医薬品の普及促進など、医療費適正化の取り組みも強化される内容であり、歳入、歳出両面から保険財政の安定化に向けた取り組みがより一層推進される内容となっております。加えて、国保ヘルスアップ事業では、データヘルス計画に基づき、糖尿病重症化予防や受療勧奨事業等を推進する内容となっております。  税率改定が市民生活に影響を与えるということはしっかりと認識していただき、その上で税率改定に係る条例審議の中で申し上げましたが、生活を送る上で重要となるものは健康であると考えますので、予算に計上した保健事業を着実に推進していただくことを強くお願いいたしまして、賛成の討論とさせていただきます。  以上です。 ○鮎川有祐 議長  討論を打ち切ります。  これより採決を行います。  日程第29 議案第34号 平成28年度調布市国民健康保険事業特別会計予算、本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立多数をもって可決されました。  お諮りいたします。  日程第30、日程第31、以上2件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより2件一括採決を行います。  日程第30 議案第37号 平成28年度調布市介護保険事業特別会計予算、日程第31 議案第38号 平成28年度調布市後期高齢者医療特別会計予算、以上2件に対する委員長の報告は可決であります。本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本2件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第32 議案第35号 平成28年度調布市用地特別会計予算  (委員会審査報告) △第33 議案第36号 平成28年度調布市下水道事業特別会計予算                                (委員会審査報告) ○鮎川有祐 議長  日程第32、日程第33、以上2件一括議題といたします。  本2件は建設委員会において審査を受けておりますので、その報告を小林市之委員長に求めます。小林市之委員長。    〔小林 市之建設委員長登壇〕 ◎小林市之 建設委員長  建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  議案第35号 平成28年度調布市用地特別会計予算、議案第36号 平成28年度調布市下水道事業特別会計予算、以上2件につきましては、採決の結果、全員異議なく原案了承と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  これより討論に入りますが、ただいまのところ通告はありません。ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  討論なしと認め、討論を打ち切ります。  お諮りいたします。  日程第32、日程第33、以上2件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより2件一括採決を行います。  日程第32 議案第35号 平成28年度調布市用地特別会計予算、日程第33 議案第36号 平成28年度調布市下水道事業特別会計予算、以上2件に対する委員長の報告は可決であります。本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本2件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第34 議案第41号 調布市副市長の選任について ○鮎川有祐 議長  日程第34 議案第41号 調布市副市長の選任についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  ここで略歴書を配付させます。    〔書記配付〕 ○鮎川有祐 議長  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第41号につきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市副市長・小林一三氏が平成28年3月31日をもちまして辞職することに伴い、後任者の選任につきまして、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものであります。  後任者といたしましては、お手元に配付いたしております略歴書のとおり、伊藤栄敏氏を選任申し上げたいので、御同意くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第34 議案第41号 調布市副市長の選任について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって同意することに決しました。  それでは、ここで、ただいま選任を同意いたしました伊藤栄敏氏の挨拶がございます。伊藤行政経営部長。    〔伊藤 栄敏行政経営部長登壇〕 ◎伊藤栄敏 行政経営部長  ただいま鮎川議長より発言のお許しをいただきました。私から一言御挨拶をさせていただきます。  このたびの副市長の選任に当たりまして、皆様方から温かい御同意をいただきました。まことにありがとうございます。調布のまちは今、大きく変貌を遂げつつあります。また、国全体では人口減少、そして超少子高齢化に対応するため、さまざまな制度が変わりつつあります。調布市にとっても、これらについて適切に対応していかなければならないと、そのような時期であります。このような時期に副市長選任ということで、その職責の重さを私、身の引き締まる思いで今、考えております。  市政のさまざまな課題に適切に対応していくためには、これまで以上に各分野を超えた横断的連携、一層の行政と民間、市民との連携が大切となってまいります。私自身、甚だ微力ではありますが、調布市が豊かで、市民の皆様が幸せに暮らせる、そんな夢のあるまちづくりについて精いっぱい、そして誠実に取り組んでまいりたいと考えております。  市議会を初め市民の皆様の御指導、御鞭撻をお願いいたしまして、甚だ簡単ではございますが、私の御挨拶とさせていただきます。ありがとうございます(拍手)。 ○鮎川有祐 議長  以上で挨拶は終了いたしました。  ここで暫時休憩いたします。    午前11時26分 休憩        ――――――――――― ―― ―――――――――――    午後 1時19分 開議 ○鮎川有祐 議長  本会議を再開いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第35 議案第42号 調布市農業委員会委員の任命について △第36 議案第43号 調布市農業委員会委員の任命について △第37 議案第44号 調布市農業委員会委員の任命について △第38 議案第45号 調布市農業委員会委員の任命について △第39 議案第46号 調布市農業委員会委員の任命について △第40 議案第47号 調布市農業委員会委員の任命について △第41 議案第48号 調布市農業委員会委員の任命について △第42 議案第49号 調布市農業委員会委員の任命について △第43 議案第50号 調布市農業委員会委員の任命について △第44 議案第51号 調布市農業委員会委員の任命について △第45 議案第52号 調布市農業委員会委員の任命について △第46 議案第53号 調布市農業委員会委員の任命について △第47 議案第54号 調布市農業委員会委員の任命について △第48 議案第55号 調布市農業委員会委員の任命について △第49 議案第56号 調布市農業委員会委員の任命について △第50 議案第57号 調布市農業委員会委員の任命について △第51 議案第58号 調布市農業委員会委員の任命について △第52 議案第59号 調布市農業委員会委員の任命について △第53 議案第60号 調布市農業委員会委員の任命について △第54 議案第61号 調布市農業委員会委員の任命について ○鮎川有祐 議長  日程第35から日程第54まで、20件一括議題といたします。  お諮りいたします。
     事務局の朗読を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、省略いたします。  ここで略歴書を配付させます。    〔書記配付〕 ○鮎川有祐 議長  続いて提案理由の説明を求めます。長友市長。    〔長友 貴樹市長登壇〕 ◎長友貴樹 市長  議案第42号から議案第61号までにつきまして提案理由を御説明申し上げます。  本案は、調布市農業委員会委員の任命につきまして、農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。  候補者といたしましては、お手元に配付いたしております略歴書のとおり、議案第42号につきましては中村伊三男氏を、議案第43号につきましては元木幹夫氏を、議案第44号につきましては野口一盛氏を、議案第45号につきましては杉﨑修氏を、議案第46号につきましては富澤省二氏を、議案第47号につきましては榎本弘行氏を、議案第48号につきましては遠藤好照氏を、議案第49号につきましては鳩山隆史氏を、議案第50号につきましては太田春男氏を、議案第51号につきましては杉﨑一三六氏を、議案第52号につきましては谷戸一雅氏を、議案第53号につきましては桑田富雄氏を、議案第54号につきましては浜島稔氏を、議案第55号につきましては島田実氏を、議案第56号につきましては青木隆夫氏を、議案第57号につきましては杉本実氏を、議案第58号につきましては吉井美華子氏を、議案第59号につきましては川端宏志氏を、議案第60号につきましては白川精次氏を、議案第61号につきましては荻本末子氏を任命申し上げたいので、御同意くださいますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本20件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  お諮りいたします。  日程第35から日程第54まで、20件一括採決を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、これより20件一括採決を行います。  日程第35 議案第42号 調布市農業委員会委員の任命について、以下同一件名の日程第36 議案第43号、日程第37 議案第44号、日程第38 議案第45号、日程第39 議案第46号、日程第40 議案第47号、日程第41 議案第48号、日程第42 議案第49号、日程第43 議案第50号、日程第44 議案第51号、日程第45 議案第52号、日程第46 議案第53号、日程第47 議案第54号、日程第48 議案第55号、日程第49 議案第56号、日程第50 議案第57号、日程第51 議案第58号、日程第52 議案第59号、日程第53 議案第60号、日程第54 議案第61号、本20件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本20件は満場一致をもって同意することに決しました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第55 東京都十一市競輪事業組合議会議員の選挙について ○鮎川有祐 議長  日程第55 東京都十一市競輪事業組合議会議員の選挙についてを上程いたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  これより東京都十一市競輪事業組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。   東京都十一市競輪事業組合議会議員に    伊 藤   学 議員                        川 畑 英 樹 議員  を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしましたとおり、当選人と定めることに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、当選人と決定いたしました。  本席から会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第56 東京都六市競艇事業組合議会議員の選挙について ○鮎川有祐 議長  日程第56 東京都六市競艇事業組合議会議員の選挙についてを上程いたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  これより東京都六市競艇事業組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。   東京都六市競艇事業組合議会議員に     伊 藤   学 議員                        川 畑 英 樹 議員  を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしましたとおり、当選人と定めることに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、当選人と決定いたしました。  本席から会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  調布市選挙管理委員及び同補充員の任期が平成28年4月12日をもって満了する旨、通知がありました。  ここで、選挙管理委員4人及び同補充員4人の選挙を行うものであります。  最初に選挙管理委員候補者の名簿を配付させます。    〔書記配付〕        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第57 調布市選挙管理委員の選挙について ○鮎川有祐 議長  日程第57 調布市選挙管理委員の選挙についてを上程いたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  これより調布市選挙管理委員の選挙を行います。  議場を閉鎖いたします。    〔議場閉鎖〕 ○鮎川有祐 議長  ただいまの出席議員の数は28人であります。  次に、立会人を指名いたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に、1番、平野充議員、15番、田中久和議員を指名いたします。  念のために申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に候補者の氏名を記載願います。  それでは、投票用紙を配付させます。    〔投票用紙配付〕 ○鮎川有祐 議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  配付漏れなしと認めます。  それでは、投票用紙に記載願います。  投票箱を改めさせます。  立会人の両議員、投票箱の空虚の確認をお願いいたします。    〔投票箱点検〕 ○鮎川有祐 議長  異常なしと認めます。  ただいまから投票を行います。  なお、2番、須山妙子議員は、けがのため歩行が困難でありますので、その場において一番最後の議長の前に投票させることにいたしたいと思いますので、御了承をお願いいたします。  それでは、1番議員から順番に投票願います。    〔投  票〕
    ○鮎川有祐 議長  投票漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。    〔議場開鎖〕 ○鮎川有祐 議長  開票を行います。立会人の両議員、開票の立ち会いをお願いいたします。    〔開  票〕 ○鮎川有祐 議長  選挙の結果を報告いたします。    投票総数      28票    そのうち有効投票  28票    無効投票       0票   有効投票中    清水 和夫氏     7票    大久保政純氏     6票    漁  郡司氏     6票    前当 悦郎氏     5票    任海 千衛氏     4票  以上のとおりであります。  この選挙法定得票数は2票であります。よって、清水和夫氏、大久保政純氏、漁郡司氏、前当悦郎氏が調布市選挙管理委員に当選されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  次に、選挙管理委員補充員候補者の名簿を配付させます。    〔書記配付〕        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第58 調布市選挙管理委員補充員の選挙について ○鮎川有祐 議長  日程第58 調布市選挙管理委員補充員の選挙についてを上程いたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  これより調布市選挙管理委員補充員の選挙を行います。  議場を閉鎖いたします。    〔議場閉鎖〕 ○鮎川有祐 議長  ただいまの出席議員の数は28人であります。  次に、立会人を指名いたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に、3番、二宮陽子議員、16番、小林充夫議員を指名いたします。  念のために申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に候補者の氏名を記載願います。  それでは、投票用紙を配付させます。    〔投票用紙配付〕 ○鮎川有祐 議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  配付漏れなしと認めます。  それでは、投票用紙に記載願います。  投票箱を改めさせます。  立会人の両議員は、投票箱の空虚の確認をお願いいたします。    〔投票箱点検〕 ○鮎川有祐 議長  異常なしと認めます。  ただいまから投票を行います。それでは、1番議員から順番に投票願います。    〔投  票〕 ○鮎川有祐 議長  投票漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。    〔議場開鎖〕 ○鮎川有祐 議長  開票を行います。立会人の両議員、開票の立ち会いをお願いいたします。    〔開  票〕 ○鮎川有祐 議長  選挙の結果を報告いたします。    投票総数      28票    そのうち有効投票  28票    無効投票       0票   有効投票中    田中 正行氏     7票    森本 昌宏氏     6票    神林  猛氏     6票    渡辺  篤氏     5票    石山 久男氏     4票  以上のとおりであります。  この選挙法定得票数は2票であります。よって、田中正行氏、森本昌宏氏、神林猛氏、渡辺篤氏が調布市選挙管理委員補充員に当選されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  ただいま当選されました選挙管理委員及び同補充員に対し、当選人の告知を行い、承諾をいただくため、ここで暫時休憩いたします。    午後 1時57分 休憩        ――――――――――― ―― ―――――――――――    午後 2時 9分 開議 ○鮎川有祐 議長  本会議を再開いたします。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  当選人の方、全員から承諾の確認がとれましたので、御報告申し上げます。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第59 陳情審査結果について      陳情第51号 調布市職員採用試験等の制度改革を求める陳情      陳情第52号 調布市庁舎における市旗,都旗及び国旗の全ての掲揚を求めることに関する陳情      陳情第53号 国に外国人の扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の提出を求める陳情      陳情第54号 朝鮮民主主義人民共和国への非難激化を見据えた在日朝鮮人人権擁護の強化を求める陳情      陳情第55号 「調布市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」の制定を求める陳情      陳情第57号 調布市職員任用等の改正を求めることに関する陳情 ○鮎川有祐 議長  日程第59 陳情審査結果についてを議題といたします。  陳情第51号、陳情第52号、陳情第53号、陳情第54号、陳情第55号、陳情第第57号、以上6件については総務委員会に付託し、審査を受けておりますので、小林充夫委員長にその報告を求めます。小林充夫委員長。    〔小林 充夫総務委員長登壇〕 ◎小林充夫 総務委員長  総務委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  陳情第51号 調布市職員採用試験等の制度改革を求める陳情、陳情第52号 調布市庁舎における市旗,都旗及び国旗の全ての掲揚を求めることに関する陳情、陳情第53号 国に外国人の扶養親族の透明化とさらなる改善を求める意見書の提出を求める陳情、陳情第54号 朝鮮民主主義人民共和国への非難激化を見据えた在日朝鮮人人権擁護の強化を求める陳情、以上4件につきましては、採決の結果、全会一致で不採択と決しました。  陳情第55号 「調布市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」の制定を求める陳情、本件につきましては、採決の結果、全会一致で趣旨採択と決しました。  陳情第57号 調布市職員任用等の改正を求めることに関する陳情、本件につきましては、採決の結果、全会一致で不採択と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  お諮りいたします。  陳情第51号、陳情第52号、陳情第53号、陳情第54号、陳情第55号、陳情第57号、以上6件については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、陳情第51号、陳情第52号、陳情第53号、陳情第54号、陳情第57号、以上5件は委員長の報告のとおり不採択、陳情第55号は委員長の報告のとおり趣旨採択と決定されました。
           ――――――――――― ―― ―――――――――――      陳情第49号 保健所等における動物の殺処分に係る施設見学を義務教育課程に含むことを求めることに関する陳情 ○鮎川有祐 議長  陳情第49号については文教委員会に付託し、審査を受けておりますので、鈴木宗貴委員長にその報告を求めます。鈴木宗貴委員長。    〔鈴木 宗貴文教委員長登壇〕 ◎鈴木宗貴 文教委員長  文教委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  陳情第49号 保健所等における動物の殺処分に係る施設見学を義務教育課程に含むことを求めることに関する陳情、本件につきましては、採決の結果、全会一致で不採択と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  お諮りいたします。  陳情第49号については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、陳情第49号は委員長の報告のとおり不採択と決定されました。        ――――――――――― ―― ―――――――――――      陳情第50号 国及び都に動物の殺処分を禁止にすることを求める意見書の提出を求める陳情      陳情第56号 調布市議会議員及び調布市職員による動物殺処分施設の視察を求める陳情      陳情第58号 新,駅前広場南口ロータリーの位置の変更,及びタコ公園の消滅中止に関する陳情 ○鮎川有祐 議長  陳情第50号、陳情第56号、陳情第58号、以上3件については建設委員会に付託し、審査を受けておりますので、小林市之委員長にその報告を求めます。小林市之委員長。    〔小林 市之建設委員長登壇〕 ◎小林市之 建設委員長  建設委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  陳情第50号 国及び都に動物の殺処分を禁止にすることを求める意見書の提出を求める陳情、陳情第56号 調布市議会議員及び調布市職員による動物殺処分施設の視察を求める陳情、以上2件につきましては、採決の結果、全会一致で不採択と決しました。  陳情第58号 新,駅前広場南口ロータリーの位置の変更,及びタコ公園の消滅中止に関する陳情、本件につきましては、審査において意見が分かれ、趣旨採択と不採択を求める態度表明がありました。  趣旨採択を求めるものとして、日本共産党の委員の要旨は、現段階で駅前広場の設計を見直すことは不可能であるが、陳情者の述べている樹木や公園に対する愛着は多くの市民が共有しており、そうした市民の声があることを踏まえて、市は植樹や代替の公園を検討してきた。その点では、陳情の趣旨を生かす方向で進めてきているものと理解しているので、趣旨採択を求めるというものでした。  一方、不採択を求めるものとして、チャレンジ調布21の委員の要旨は、陳情は調布駅南口広場の計画変更とタコ公園の移設中止を求めている。計画を市民参加を得、議会との議論等も続けながら長い間つくってきた経過を考えると全面的な見直しは困難。しかし、南口公園がこれまで刻んできた歴史の重み、市民に根づいた発信力はぜひ残すべきで、緑と歴史と文化が薫るような駅前広場を要望し、不採択というものでした。  また、公明党の委員の要旨は、本陳情は都市計画上決定している駅前ロータリーや広場整備に対し、これから変更を求めるもの。市はこれまで約10年以上にわたり市民の意見を伺い丁寧に進めてきている。陳情者は、駅前公園及び周辺樹木の保護も求められているが、市では移植する樹木の予定もあり、丁寧に進める意がうかがえる。よって、本陳情は不採択を求めるというものでした。  本件は、採決の結果、多数をもって不採択と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  お諮りいたします。  陳情第50号、陳情第56号、陳情第58号、以上3件については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。  12番、井樋匡利議員。 ◆12番(井樋匡利 議員)  陳情第58号 新,駅前広場南口ロータリーの位置の変更,及びタコ公園の消滅中止に関する陳情について、日本共産党は趣旨採択を求めます。  陳情者の訴えは、これまでの調布駅南口広場に愛着を持っている多くの市民の心情と共通するものがあります。  現在の計画を策定する過程では、ここの陳情文書にあるような市民の声を受けて、憩いの空間の確保や緑の配置、代替公園の確保などが検討されてきました。現在の進捗状況からいって、陳情文のとおりに計画を変更することは困難ですが、陳情の趣旨である公園や樹木への愛着は今後とも事業を進める上で念頭に置いておくべきものと考えます。  よって、本陳情については趣旨採択を求めます。 ○鮎川有祐 議長  20番、大河巳渡子議員。 ◆20番(大河巳渡子 議員)  陳情第58号 新,駅前広場南口ロータリーの位置の変更,及びタコ公園の消滅中止に関する陳情につきまして、元気派市民の会は趣旨採択を求めます。  本陳情は、タコ公園の消滅に対して、昨年末の駅前の告知によって知った多くの市民の思いでもあると認識しますが、現時点での計画変更を行うことは非常に困難なことです。しかし、タコ公園が駅前のシンボルであり、市民から愛されてきたことは誰もが同感するところです。  駅前周辺に長く市民に愛されたタコ公園を配置することは、公園での思い出とともに次世代につないでいく調布のシンボルの1つとして検討すべきではと考える立場から、本陳情につきましては趣旨採択を求めるものであります。 ○鮎川有祐 議長  陳情第58号については趣旨採択を求める意見がありました。  お諮りいたします。  陳情第58号を趣旨採択とすることに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  起立少数、否決されました。よって、陳情第58号は委員長の報告のとおり不採択と決定されました。  お諮りいたします。  陳情第50号、陳情第56号、以上2件については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、陳情第50号、陳情第56号、以上2件は委員長の報告のとおり不採択と決定されました。        ――――――――――― ―― ―――――――――――      陳情第59号 調布市議会委員会傍聴規則第8条(写真,映画等の撮影及び録音等の禁止)を改めることを求める陳情      陳情第60号 「請願・陳情の提出者説明」の録音を原則許可することを求める陳情      陳情第61号 より開かれた議会の実現を求める陳情      陳情第62号 議事録検索システムの改善を求める陳情 ○鮎川有祐 議長  陳情第59号、陳情第60号、陳情第61号、陳情第62号、以上4件については議会運営委員会に付託し、審査を受けておりますので、伊藤学委員長にその報告を求めます。伊藤学委員長。    〔伊藤  学議会運営委員長登壇〕 ◎伊藤学 議会運営委員長  議会運営委員会の審査結果につきまして、御報告申し上げます。  陳情第59号 調布市議会委員会傍聴規則第8条(写真,映画等の撮影及び録音等の禁止)を改めることを求める陳情、陳情第60号 「請願・陳情の提出者説明」の録音を原則許可することを求める陳情、陳情第61号 より開かれた議会の実現を求める陳情、以上3件につきましては、採決の結果、全会一致で不採択と決しました。  陳情第62号 議事録検索システムの改善を求める陳情、本件につきましては、審査において意見が分かれ、趣旨採択と不採択を求める態度表明がありました。  趣旨採択を求めるものとして、日本共産党の委員の要旨は、こういうシステムは何をもって完璧かというのはあり得ないと思うが、現実には幾らかの使いにくさも存在しているわけで、不断の改善、不断の努力は、いついかなるときでも追求する必要がある。ここに書かれている趣旨については理解できるので、趣旨採択を求めるというものでした。  一方、不採択を求めるものとして、自由民主党創政会の委員の要旨は、本陳情は、より開かれた議会を充実させるためとのこと。改善は大変重要である。しかしながら、機能は平準的とはいえ、御指摘の機能改善は思うように有効であるとの判断はしていない。現行のシステムは、協議を重ね実施してきたものであり、調布市議会が自負するところでもある。よって、不採択を求めるというものでした。  本件は、採決の結果、多数をもって不採択と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で委員長の報告は終わりました。  報告に対する質疑を許します。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。  お諮りいたします。  陳情第59号、陳情第60号、陳情第61号、陳情第62号、以上4件については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。  21番、雨宮幸男議員。 ◆21番(雨宮幸男 議員)  陳情第62号 議事録検索システムの改善を求める陳情について、日本共産党は趣旨採択を求めるものであります。  本陳情は、調布の市議会が開かれた議会を目指して努力を重ねていることを指摘しつつ、なお、現在の議事録検索システムには不十分な点があると指摘をしております。具体的には、議案の議事録へのアクセスが非常に困難であって、インターネット上で議事録を検索する際に、ピンポイントで検索キーワードを入れなければ目的にたどり着くことができないというふうな事例を紹介をしております。  委員会の審査の中でも、キーワード検索であるとか同義語検索が現在のシステムに入っているとかいろんな議論がありました。その結果、先ほどの委員長報告にもありましたように、このような一連のシステムにつきましては、その完璧さというものをどういうふうに評価するか。これはさまざまな議論があると思います。しかし、実際問題として幾らかの使いにくさということが具体的に指摘をされているわけでして、そういった面から見ると、やっぱり不断の改善、不断の努力は、どんな場合にでも追求される必要があるのではないかというふうに考えております。  したがいまして、ここの陳情書にも書かれております趣旨については理解をできるところですので、趣旨採択を求めるものであります。 ○鮎川有祐 議長  陳情第62号については趣旨採択を求める意見がありました。  お諮りいたします。  陳情第62号を趣旨採択とすることに賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  起立少数、否決されました。よって、陳情第62号は委員長の報告のとおり不採択と決定されました。  お諮りいたします。  陳情第59号、陳情第60号、陳情第61号、以上3件については委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、陳情第59号、陳情第60号、陳情第61号、以上3件は委員長の報告のとおり不採択と決定されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第60 議員提出議案第1号 地方税財源の拡充に関する意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第60 議員提出議案第1号 地方税財源の拡充に関する意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  7番、狩野明彦議員。 ◆7番(狩野明彦 議員)  議員提出議案第1号、地方税財源の拡充に関する意見書について、提案理由の説明を申し上げます。  真の分権社会を実現するためには、国と地方の役割分担を明確にし、地方がその責任と権限に応じた役割を果たせるよう、地方税財源の拡充を図る必要があります。しかし、国は平成26年度の税制改正において、自治体間の財源調整の手段として、地方の貴重な自主財源である法人住民税の一部を国税化し、その全額を地方交付税の原資とする制度を創設しました。そして、消費税が10%となった際には、さらに国税化を進めることとしています。  このような措置は、受益と負担という地方税の原則に反するとともに、地方分権の進展に逆行するもので、結果として地方自治の自主・自立的な運営をゆがめることになりかねません。このことから、国及び政府に対して法人住民税の国税化を撤廃して地方税として復元し、不合理な偏在是正措置を導入することなく、地方が担う権限と責任に見合う地方税財源の拡充という本質的な問題に取り組むよう強く要請することを求めるために意見書として提出したものであります。  以上、御賛同いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。
     お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第60 議員提出議案第1号 地方税財源の拡充に関する意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第61 議員提出議案第2号 地方会計の整備促進に係る意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第61 議員提出議案第2号 地方会計の整備促進に係る意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  10番、内藤美貴子議員。 ◆10番(内藤美貴子 議員)  議員提出議案第2号、地方会計の整備促進に係る意見書(案)につきまして、御説明をいたします。  地方会計の整備促進に関しては、昨年1月の総務大臣通知により、全国の各自治体において統一的な基準による財務書類を原則として、平成27年度から平成29年度までの3年間で作成するよう要請されているところでございます。  この通知に基づき、統一的な基準に基づく財務書類の作成、活用を進めるに当たっては、高齢化、人口減少という深刻かつ共通の課題を抱えている各地方自治体の厳しい財政事情に鑑み、可能な限り早期の整備ができるよう国会及び政府におかれまして、下記の措置を講じられるよう強く要請するものであります。  1、統一的な基準による財務書類を可能な限り早期に作成するため、その前提となる固定資産台帳の整備に取り組む必要がありますが、同台帳の整備には相当な作業コストを要するため、団体の財政力に応じた適切な財政措置を講じること。  2、統一的な基準による財務書類を作成するに当たり、さまざまな相談内容に対応できるよう、公認会計士等の専門家を派遣するなど、実務面でのきめ細かな支援を実施すること。  3、統一的な基準による財務書類を作成、活用するためには複式簿記の知識等が必要となるため、自治大学校等における自治体職員向けの研修をさらに充実させるとともに、今後、財務書類を議会審議等で積極的に活用することができるよう、地方議員向けの研修も充実させること。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第61 議員提出議案第2号 地方会計の整備促進に係る意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立多数をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第62 議員提出議案第3号 軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第62 議員提出議案第3号 軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  19番、小林市之議員。 ◆19番(小林市之 議員)  議員提出議案第3号、軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書について説明をいたします。  政府においては、平成29年4月、消費税10%への引き上げと同時に、軽減税率制度の導入を決定し、既に国会において関係法律案の審議が開始されているところであります。  この軽減税率は、我が国において初めての複数税率の導入となるものであり、流通段階の川上から川下に至る多くの事業者の事務負担をできるだけ軽減し、円滑な導入を進めることが極めて重要であります。  また、インボイス制度の導入までの間は、現行の請求書保存方式の維持などの経過措置も講じられているところでありますが、事業者の十分な理解を得るための相談体制の整備など、事業者に対するサポート体制を整備することが急務と考えます。  ついては、政府において平成27年度予備費や補正予算を活用の上、次の事項に早急に取り組むよう強く要請をいたします。  1つ、中小・小規模事業者等に対して、複数税率に対するレジの導入支援を行うこととされておりますが、必要な財源を確保の上、補助を希望する全ての事業者に対して実施すること。  2つ、電子的受注、発注システムを導入している事業者のシステム改修等についても適切な補助を行うとともに、費用が高額となる場合は低利融資など必要な支援を行うこと。  3つ、地域の中小企業団体等の協力を得て、中小・小規模事業者等の理解を深めるため講習会の開催や、相談窓口の設置など積極的な取り組みを行うこと。この場合、巡回指導や専門家の派遣などアウトリーチによるサポート体制の構築を求めるものであります。  以上、御賛同いただきますようお願い申し上げます。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第62 議員提出議案第3号 軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立多数をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第63 議員提出議案第4号 児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第63 議員提出議案第4号 児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  10番、内藤美貴子議員。 ◆10番(内藤美貴子 議員)  議員提出議案第4号、児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書につきまして御説明いたします。  児童虐待により幼い命が奪われる深刻な事態が続いておりますが、政府はこうしたことから昨年12月、児童虐待防止対策強化プロジェクトを策定いたしました。その方向性を踏まえ、児童虐待発生予防から発生時の迅速かつ的確な対応、自立支援に至るまでの一連の対策強化のため、早期に児童福祉法等改正案を国会に提出するとともに、以下についても速やかに実施するよう強く要請するものであります。  1、児童虐待の発生を予防し、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を実現するため、子育て世代包括支援センターを法定化し、全国展開を図ること。また、孤立しがちな子育て家庭へのアウトリーチ支援を強化するため、子育ての不安や悩み等を抱える家庭への養育支援訪問事業やホームスタート事業を全ての自治体で実施できるようにすること。  2、児童相談所全国共通ダイヤル「189」のさらなる周知を図るとともに、児童相談所につながるまでに数分間かかっている事態等を早急に見直し、通報しやすい体制を整えること。また、通報に対し、緊急性の判断や関係機関との連携を的確に行える体制整備にも努めること。  3、児童虐待が発生した場合、迅速かつ的確な初期対応が行われるよう、児童相談所の体制や専門性を抜本的に強化すること。特に児童福祉司、児童心理司、保健師などを初め職員配置の充実、子どもの権利を擁護する観点等から弁護士の活用等を積極的に図ること。  4、学校医療機関、警察等関係機関における早期発見と適切な対応を図るため、児童相談所と関係機関との間における綿密な連携体制を再構築すること。  5、一時保護所における環境改善を早急に図るとともに、量的拡大を図ること。  6、被虐待児童については、18歳を超えても引き続き自立支援が受けられるようにするとともに……  終わりました。以上です。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第63 議員提出議案第4号 児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第64 議員提出議案第5号 待機児童ゼロに向けたさらなる支援拡充を求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第64 議員提出議案第5号 待機児童ゼロに向けたさらなる支援拡充を求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  1番、平野充議員。 ◆1番(平野充 議員)  議員提出議案第5号 待機児童ゼロに向けたさらなる支援拡充を求める意見書提出について説明いたします。  政府は、平成29年度末までに保育の受け皿を50万人分へ拡大することを決めております。昨年1月に策定した保育士確保プランに基づき、無利子の修学資金貸し付け(月5万円、貸付期間2年の限度、入学準備金と卒業時の就職準備金それぞれ20万円の加算、卒業後1年以内に保育士登録を行い保育士として5年間勤務すれば返済免除等)の改善に加え、潜在保育士に対する再就職支援(就職準備金20万円、未就学児を持つ場合は保育所へ優先して入所させるとともに保育料の半額貸し付け、いずれも2年以上の勤務で返済免除)などの対策を通じて必要な保育士を確保していくことが示されています。  また、加速化プランに盛り込まれている国有地活用では、平成26年9月には東京都も5年間にわたる借地料の補助制度を創設し、後押ししています。  また、厚生労働省が示した平成28年度の保育対策関係予算概算要求でも、市町村が策定する保育施設整備事業への交付金の補助率かさ上げが引き続き示されているところでもあります。  しかしながら、今日、保育園に入れず、多くの国民の悲痛な声が上がっていることも事実であります。政府・与党では、自民・公明両党が緊急対策プロジェクトチームによる会合を開き、間もなく緊急提言が発表されるとも伺っておりますが、本意見書は国に対し、さらに加速した受け皿対応と保育への支援拡充に向け、地方自治体へのさらなる財政支援と保育士確保に向けたさらなる支援を求めるものであります。  以上です。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。
     本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第64 議員提出議案第5号 待機児童ゼロに向けたさらなる支援拡充を求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第65 議員提出議案第6号 緊急の待機児対策として保育所確保・解雇防止への対応を求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第65 議員提出議案第6号 緊急の待機児対策として保育所確保・解雇防止への対応を求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  12番、井樋匡利議員。 ◆12番(井樋匡利 議員)  提案理由の説明を行います。  先ほどの採決された意見書の提案の中で、今、政府の取り組みについての詳しい説明がありましたけれども、にもかかわらず、待機児が大変深刻になっているというところは皆さん御存じのとおりであります。  昨年の4月時点で、認可保育園に申し込んで入れなかったにもかかわらず、待機児としてカウントされていない、いわゆる隠れ待機児が少なくとも4万9,000人いるということが18日の衆議院厚生労働委員会の政府の答弁で明らかになりました。今年度については、日本共産党都議団の調査によると、東京全体で2万人を超える待機児が生まれていることが確認をされています。  先ほど採択された意見書と趣旨が違う点は、この意見書は緊急対策として、この4月にも保育園に入れない、仕事が続けられないという多くの子育て家庭が直面している状況を打開することを求めて提案するものであります。  土地が高い都市部では、土地の購入に対する補助は欠かせませんが、現在は行われていません。建物の賃料への補助についても、より手厚くすることが必要です。  また、緊急対策としては、既存の保育施設やその他の公共施設の改修により、分園を設置するなどで緊急に定員をふやすことも有効な手段であり、それを促進するための補助も提案しています。  そして、当面の緊急対策として重要なのは、育休の延長ができず、雇いどめ、解雇の危険にさらされている保護者に対して、雇用を守るための対策です。  以上、保育園に入れない、仕事が続けられないというせっぱ詰まった状況に置かれている子育て家庭にとって、切実な願いに応えるための意見書ですので、御賛同いただきますようお願いいたします。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第65 議員提出議案第6号 緊急の待機児対策として保育所確保・解雇防止への対応を求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は起立少数をもって否決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第66 議員提出議案第7号 年金積立金の安全な運用を求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第66 議員提出議案第7号 年金積立金の安全な運用を求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  24番、広瀬美知子議員。 ◆24番(広瀬美知子 議員)  議員提出議案第7号、年金積立金の安全な運用を求める意見書提出につきまして説明をさせていただきます。  公的年金は高齢者世帯収入の約7割を占め、約6割の高齢者世帯が年金収入だけで生活をするなど、年金は老後の生活保障の柱となっています。  2014年10月、政府は年金積立金を運用する基本ポートフォリオについて、これまで安全資産とされてきた国内債券中心の運用方法から、株式等のリスク性資産割合を高める変更を認可いたしましたが、2015年7月から9月期につきましては、年金積立金の運用収益額は世界同時株安の影響等によりまして、約7.9兆円のマイナスになりました。10月、12月期では4兆7,302億円の黒字でしたが、3月末までの株価の動向次第では、15年度通期で赤字になる可能性があるとも報道されております。  こうした現状に鑑み、国に以下の事項を要望いたします。  1つは、年金積立金運用の基本ポートフォリオを専ら被保険者の利益のために、長期的な観点から安全かつ効率的な運用を行うということが1つ。  もう1つは、年金積立金管理運用独立行政法人において、被保険者の利益を第一に考えた運用が確実に行われるよう、ステークホルダーが参画するガバナンス体制を構築すること。  以上であります。皆様の御賛同をよろしくお願いいたします。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第66 議員提出議案第7号 年金積立金の安全な運用を求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって可決されました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第67 議員提出議案第8号 子育て支援の拡充を求める意見書提出について ○鮎川有祐 議長  日程第67 議員提出議案第8号 子育て支援の拡充を求める意見書提出についてを議題といたします。  事務局に朗読させます。    〔書記朗読〕 ○鮎川有祐 議長  以上で朗読は終わりました。  続いて提案理由の説明を求めます。  13番、井上耕志議員。 ◆13番(井上耕志 議員)  ただいまから議員提出議案第8号、子育て支援の拡充を求める意見書の提出について、趣旨のほうを説明させていただきます。  本意見書は、子ども・子育て、教育への投資を拡充し、働きながら子育てをする保護者の方々の要望に応え、子どもたちの健やかな育ちの場を確保できるよう、政府は保育所や学童保育の量の拡大や質の改善のために十分な財源確保を進め、地域の子育て支援の充実を進めるべきである。  また、虐待を受けるなど厳しい家庭環境下にあり、個別の保護を必要としている子どもたちに対しても手厚い公的保護を行うべきである。  さらに、子どもたちが安心して育つことのできる社会の実現のためには、子ども一人一人の状態や年齢に応じた適切な支援を行うことのできる環境整備が必要である。  以上の3つの観点から、政府に対して子育て支援策の拡充のため、早急な施策の実施を求めるという内容のものであります。議員の皆様方の御理解をいただきまして、御賛同いただきますようお願い申し上げまして、趣旨説明といたします。  以上です。 ○鮎川有祐 議長  以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、さよう決定いたします。  採決を行います。  日程第67 議員提出議案第8号 子育て支援の拡充を求める意見書提出について、本件に賛成の方の起立を求めます。    〔賛成者起立〕 ○鮎川有祐 議長  本件は満場一致をもって可決されました。  お諮りいたします。  ただいま可決されました議員提出議案第1号、第2号、第3号、第4号、第5号、第7号、第8号、以上7件については、その取り扱いを議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、その取り扱いを議長に一任させていただきます。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第68 閉会中における議員の派遣について ○鮎川有祐 議長  日程第68 閉会中における議員の派遣についてを議題といたします。  お諮りいたします。  議会は、地方自治法第100条第13項及び調布市議会会議規則第126条の規定により、閉会中において必要が生じた場合、議員の派遣を行いたいと思います。日時、場所、目的等については、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、議会は閉会中に議員の派遣を行うことに決定いたしました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第69 閉会中における各常任委員会等の所管事務調査の実施について ○鮎川有祐 議長  日程第69 閉会中における各常任委員会等の所管事務調査の実施についてを議題といたします。  お諮りいたします。  平成28年度において各常任委員会等は、今後の市政に十分反映していただくため、閉会中もそれぞれの所管事務について他の都市、市町村等の視察、事務調査を行いたいと思います。日時、場所、派遣委員名等については、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、各常任委員会等は閉会中においても他の都市、市町村等の視察、事務調査を行うことに決定いたしました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― △第70 諸報告      1 広域交通問題等対策特別委員会報告
         2 ふじみ衛生組合議会報告      3 東京都十一市競輪事業組合議会報告      4 東京都六市競艇事業組合議会報告      5 東京たま広域資源循環組合議会報告      6 東京都後期高齢者医療広域連合議会報告      7 議員派遣報告      8 各常任委員会行政視察報告      9 議長報告 ○鮎川有祐 議長  日程第70 諸報告を議題といたします。  1 広域交通問題等対策特別委員会報告、宮本和実委員長にその報告を求めます。宮本和実委員長。    〔宮本 和実広域交通問題等対策特別委員長登壇〕 ◎宮本和実 広域交通問題等対策特別委員長  広域交通問題等対策特別委員会の報告を申し上げます。  平成27年第4回定例会以降、本特別委員会は平成27年12月21日に開催いたしました。  委員会では、報告事項、東京外かく環状道路に関する現状について、その概要説明を受けた後、委員会を休憩し、三鷹市北野の外環常設会場や中央ジャンクション(仮称)の立て坑工事現場及びその周辺地域の用地取得状況などについて現地調査を行いました。  現地調査の後、委員会を再開し、用地取得の状況や工事の実施状況について、トンネル工事に伴う家屋調査について、また、国土交通省による地元説明会等の開催状況や広報について、ジャンクション周辺の都市計画道路の進捗状況、生活再建救済制度に係る取得済み用地や土地開発公社の期末残高についてなど、理事者から説明を受けました。  説明に対し委員からは、トンネル工事の開始時期や工事に伴う家屋調査の今後の予定について、地上入り口から大深度地下40メートルに達する位置についてなどの質疑があったほか、地下にトンネルが通ることになる地元住民等に対し、外環と家屋の位置関係がわかる、より詳細な地図での情報提供を求めるなどの意見がありました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本件は報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり御了承をお願いいたします。  続いて、2 ふじみ衛生組合議会報告、小林市之議員にその報告を求めます。19番、小林市之議員。    〔19番 小林 市之議員登壇〕 ◆19番(小林市之 議員)  ふじみ衛生組合議会の報告を申し上げます。  平成28年第1回ふじみ衛生組合議会定例会は、平成28年2月19日に開催されました。この定例会では、議案6件を審議いたしましたので、その結果を申し上げます。  議案第1号 ふじみ衛生組合一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の専決処分について、議案第2号 ふじみ衛生組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の専決処分について、以上2件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案承認と決しました。  議案第3号 ふじみ衛生組合行政不服審査会条例、議案第4号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例、以上2件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  議案第5号 平成27年度ふじみ衛生組合補正予算(第1号)、本件につきましては、補正予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額にそれぞれ8,800万円を追加し、歳入歳出それぞれ18億1,222万9,000円とするものであるとのことであります。本件は、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  議案第6号 平成28年度ふじみ衛生組合予算、本件につきまして予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は18億2,419万7,000円で、前年度と比較して9,996万8,000円の増であるとのことであります。本件は、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本件は報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり御了承をお願いいたします。  次に、3 東京都十一市競輪事業組合議会報告、4 東京都六市競艇事業組合議会報告、以上2件について川畑英樹議員にその報告を求めます。23番、川畑英樹議員。    〔23番 川畑 英樹議員登壇〕 ◆23番(川畑英樹 議員)  東京都十一市競輪事業組合議会の報告を申し上げます。  平成28年第1回東京都十一市競輪事業組合議会定例会は、平成28年2月16日に開会されました。この定例会では、議案5件を審議いたしましたので、その結果を申し上げます。  第1号議案 東京都十一市競輪事業組合監査委員の選任について、本件につきましては、採決の結果、満場一致をもって池田央氏の選任を同意することに決しました。  第2号議案 東京都十一市競輪事業組合人事行政の運営等の状況の公表に関する条例及び東京都十一市競輪事業組合職員退職手当支給条例の一部を改正する条例及び第3号議案 東京都十一市競輪事業組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例及び第4号議案 東京都十一市競輪事業組合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、以上3件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  第5号議案 平成28年度東京都十一市競輪事業組合一般会計予算で、本件につきましては、予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は175億7,000万円で、前年度と比較して118億4,000万円の減であるということでございます。本件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  続きまして、東京都六市競艇事業組合議会の報告を申し上げます。  平成28年第1回東京都六市競艇事業組合議会定例会は、平成28年2月16日に開会されました。この定例会では、議案5件を審議いたしましたので、その結果を申し上げます。  第1号議案 東京都六市競艇事業組合情報公開条例等の一部を改正する条例及び第2号議案 東京都六市競艇事業組合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例及び第3号議案 東京都六市競艇事業組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例、以上3件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  第4号議案 平成27年度東京都六市競艇事業組合一般会計補正予算(第2号)、本件につきましては、補正予算の概要を申し上げますと、歳入歳出の予算総額にそれぞれ4,000万円を追加し、歳入歳出それぞれ667億3,414万9,000円とするものであるとのことであります。本件は、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  第5号議案 平成28年度東京都六市競艇事業組合一般会計予算、本件につきましては、予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は705億8,469万1,000円で、前年度と比較しまして73億3,154万2,000円の増であるということでございます。本件は、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本2件は報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、本2件は報告のとおり御了承をお願いいたします。  続いて、5 東京たま広域資源循環組合議会報告、小林市之議員にその報告を求めます。19番、小林市之議員。    〔19番 小林 市之議員登壇〕 ◆19番(小林市之 議員)  東京たま広域資源循環組合議会の報告を申し上げます。  平成28年第1回東京たま広域資源循環組合議会定例会は、平成28年2月17日に開会されました。この定例会では、議案6件を審議いたしましたので、その結果を申し上げます。  議案第1号 東京たま広域資源循環組合職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、議案第2号 東京たま広域資源循環組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第3号 東京たま広域資源循環組合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、以上3件につきましては、採決の結果、挙手全員をもって原案可決と決しました。  議案第4号 平成27年度東京たま広域資源循環組合一般会計補正予算(第2号)、本件につきまして補正予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額から9,900万円を減額し、歳入歳出それぞれ107億3,609万6,000円とするものであるとのことであります。本件は、採決の結果、挙手全員をもって原案可決と決しました。  議案第5号 平成28年度東京たま広域資源循環組合一般会計予算、本件につきましては、予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は103億9,539万9,000円で、前年度と比較して1億4,962万7,000円の減であるとのことであります。本件は、採決の結果、挙手全員をもって原案可決と決しました。  議案第6号 平成28年度東京たま広域資源循環組合負担金について、本件につきましては、採決の結果、挙手全員をもって原案可決と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本件は報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり御了承をお願いいたします。  次に、6 東京都後期高齢者医療広域連合議会報告、井上耕志議員にその報告を求めます。13番、井上耕志議員。    〔13番 井上 耕志議員登壇〕 ◆13番(井上耕志 議員)  東京都後期高齢者医療広域連合議会の報告を申し上げます。  平成28年第1回東京都後期高齢者医療広域連合議会定例会は、平成28年1月27日に開会されました。この定例会では、議案等16件と陳情2件を審議いたしましたので、その結果を申し上げます。  承認第1号 地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分した東京都後期高齢者医療広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の報告及び承認について、本件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案承認と決しました。  議案第1号 東京都後期高齢者医療広域連合常勤の副広域連合長の給料等に関する条例の一部を改正する条例、本件につきましては、採決の結果、賛成多数で原案可決と決しました。  議案第2号 東京都後期高齢者医療広域連合職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、議案第3号 東京都後期高齢者医療広域連合職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例、議案第4号 東京都後期高齢者医療広域連合人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例、議案第5号 東京都後期高齢者医療広域連合職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、議案第6号 東京都後期高齢者医療広域連合職員の分限に関する条例の一部を改正する条例、議案第7号 東京都後期高齢者医療広域連合非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第8号 東京都後期高齢者医療広域連合行政不服審査会条例、議案第9号 東京都後期高齢者医療広域連合附属機関の構成員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例、議案第10号 東京都後期高齢者医療広域連合行政不服審査法の改正に伴う条例の整備に関する条例、議案第11号 東京都後期高齢者医療広域連合行政手続条例の一部を改正する条例、以上10件につきましては、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  議案第12号 東京都後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例、本件につきましては、採決の結果、賛成多数をもって原案可決と決しました。  議案第13号 平成27年度東京都後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、本件につきまして補正予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額にそれぞれ310億4,704万5,000円を減額し、歳入歳出それぞれ1兆2,459億4,484万4,000円とするものであるとのことであります。本件は、採決の結果、満場一致をもって原案可決と決しました。  議案第14号 平成28年度東京都後期高齢者医療広域連合一般会計予算、本件につきまして予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は44億3,518万4,000円で、前年度と比較して9,183万1,000円の増であるとのことであります。  議案第15号 平成28年度東京都後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療特別会計予算、本件につきまして予算の概要を申し上げますと、歳入歳出予算の総額は1兆2,425億7,840万4,000円で、前年度と比較して104億1,042万7,000円の増であるとのことであります。  以上2件につきましては、採決の結果、賛成多数で原案可決と決しました。  陳情第1号 後期高齢者の保険料軽減特例措置の継続を求める陳情、陳情第2号 後期高齢者の保険料軽減特例措置の継続と負担軽減を求める陳情、以上2件につきましては、採決の結果、賛成少数をもって不採択と決しました。  以上、報告を終わります。 ○鮎川有祐 議長  以上で報告は終わりました。  本件は、報告のとおり御了承願うことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認め、報告のとおり御了承をお願いいたします。  お諮りいたします。  諸報告のうち、7 議員派遣報告、8 各常任委員会行政視察報告、9 議長報告、以上3件については、お手元に配付してありますプリントによって御了承願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○鮎川有祐 議長  御異議なしと認めます。よって、御了承をお願いいたします。  ここで、小林副市長より発言の申し出がありますので、これを許します。小林副市長。    〔小林 一三副市長登壇〕 ◎小林一三 副市長  ただいま鮎川議長より発言のお許しをいただきましたので、一言御挨拶をさせていただきます。  このたび3月末日をもちまして副市長を退任をいたします。この間、調布市議会の皆様には大変お世話になりました。微力ではありますが、職責を果たすことができましたのも、ひとえに市議会の皆様、そして多くの方々の御指導があればこそと思っております。心から感謝を申し上げます。  振り返りますと、未曽有の大災害、東日本大震災が発生をいたしました。帰宅困難者の対応を初めとして、被災地への支援を行うとともに、調布市の防災対策につなげてまいりました。また、長年、懸案でありました京王線連続立体交差事業も完成をいたしました。そして、三鷹市との共同事業であります新ごみ処理施設の本稼働、これらは今までそこにかかわりました多くの方々の積み重ねの中で私もかかわらせていただきましたことに、大きな喜びとして今感じておる次第でございます。  市民の皆様のお役に立ちたいという思いの中で、地方自治の場で社会人となり、きょうこの日を迎えております。私自身、どれだけのことがなし得たのか、じくじたる思いもいたしますが、多くの方と出会いがあり、そして時代が移り変わる中で、みずからをその中に置くことができましたことに、終生の宝というふうに考えております。これからも調布市の応援団の一人として歩んでいきたいというふうに考えております。  最後になりますが、調布市議会、そして調布市のますますの御発展を心から祈念するとともに、皆様方に重ねて感謝を申し上げまして、私の退任に際しましてのお礼の言葉とさせていただきます。本当に長い間、ありがとうございました(拍手)。 ○鮎川有祐 議長  以上で小林副市長の発言は終わりました。        ――――――――――― ―― ――――――――――― ○鮎川有祐 議長  以上で今定例会に付議されました事件は全て議了いたしました。  これにて平成28年第1回調布市議会定例会を閉会いたします。ありがとうございました。お疲れさまでした。    午後 3時20分 閉会