運営者 Bitlet 姉妹サービス
立川市議会 > 2005-10-05 >
平成17年 10月 議会運営委員会-10月05日−01号

立川市議会 2005-10-05
平成17年 10月 議会運営委員会-10月05日−01号


取得元: 立川市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 立川市議会 会議録検索システム 平成17年 10月 議会運営委員会 - 10月05日-01号 平成17年 10月 議会運営委員会 - 10月05日-01号 平成17年 10月 議会運営委員会   立川市議会    議会運営委員会記録 平成17年10月5日(水曜日)  開議 午前10時0分  散会 午前11時44分  出席委員(5名)     委員長    堀 憲一君     委員     米村 弘君     副委員長   守重夏樹君     委員     上條彰一君     委員     須﨑八朗君  委員外議員     議長     中島光男君     議員     坂下かすみ君     副議長    太田光久君     議員     大沢 豊君     議員     五十嵐けん君  議会事務局職員     事務局長   結城賢治君     庶務調査係長 梅田俊二君     事務局次長  佐藤達夫君     主事     河野匡人君     議事係長   五十嵐 誠君  会議に付した事件及び審査結果   最終日の会議運営について……………………………………………………………P2   議事日程案について……………………………………………………………………P2   議員提出議案について…………………………………………………………………P4   その他    (1)平成17年12月議会定例会の日程(案)について……………………P4    〔開議 午前10時0分〕 ○委員長(堀憲一君) ただいまから議会運営委員会を開催いたします。  初めに、議長からごあいさつをお願いいたします。 ◆議長(中島光男君) おはようございます。  明日9月定例会最終日となりました。今回は、決算委員会初め、常任委員会、かつてない時間をかけてしっかり御審議をいたしまして、円滑に来たわけでございますけれども、ただ、厚生産業委員会請願、一部修正というような、そういう動きもございますので、こういった点も含めてスムーズな議事運営ができますよう議員の皆様には特段の御協力をお願いして、ごあいさつといたします。よろしくお願いします。 △最終日の会議運営について △議事日程案について ○委員長(堀憲一君) それでは、本日は10月6日木曜日の最終日の議会運営について御協議いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  最初に、日程第1及び日程第2の最終日の会議運営について、議事日程案についてを一括して議会事務局長より説明させます。 ◎議会事務局長(結城賢治君) それでは、1の最終日の会議運営について、また2の議事日程案についてを一括して御説明申し上げます。  まず、明日6日の会議運営でございますが、9月12日の議会運営委員会に市長からお話しもございました人事案件を御協議いただきます関係から、本会議開会前に議員全員協議会を開催したいと思います。  その後、本会議を開催願いまして、請願の一部訂正、各常任委員会の審査意見報告及び決算特別委員会の審査意見報告、各委員会の継続審査の申し出、常任委員会行政視察にかかわります特定事件の継続調査などを御審議いただきたいと思います。  また、厚生産業委員会委員長より請願の一部訂正がありましたが、これを受けて厚生産業委員会を開催したい旨のお話が議長に来ております。  次に、議事日程案について御説明いたしますので、お手元の議事日程案をごらんください。  日程第1 請願の一部訂正について、これはお手元に御配付してございますように、今定例会に提出され、厚生産業委員会に付託されております請願第10号 障害者自立支援法案の問題点について意見書提出を求める請願について、請願者から一部訂正の申し出がされておりますので、これをお諮りいただくものでございます。  次に、日程第2から第5までは各常任委員会と決算特別委員会の審査意見報告でございます。次の日程第6は、後ほど御協議いただきます意見書案でございます。ここでは便宜上議員提出議案と記載させていただいております。  日程第7は各委員会から継続審査の申し出が出されております請願6件及び陳情1件を諮っていただくものでございます。  最後の日程第8は各常任委員会行政視察にかかわります特定事件の継続調査について諮っていただくものです。  なお、議員全員協議会で御協議いただきます人事案件につきましては、追加送付されました後、議事日程第(2)の事件として日程に追加し、日程第1に引き続き御審査をお願いしたいと考えております。  また、請願の一部訂正に伴う厚生産業委員会の開催につきましては、昼の休憩を多めにとりまして、その間に委員会を開催していただきたいと考えておりますが、本会議前に全員協議会もございますので、議事の進行状況を見ながら、若干時間については流動的となりますので御了承願いたいと思います。  厚生産業委員会が終了しましたら、直ちに議会運営委員会を開催願いまして、厚生産業委員会の審査意見報告、及び請願採択に伴います議員可決議案の意見書について御協議いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  なお、本会議再開後、この審査意見報告及び議員提出議案につきましては議事日程(3)の事件として日程に追加し、日程第5の後に御審議願いたいと考えております。  説明は以上でございます。よろしく御協議のほどお願い申し上げます。 ○委員長(堀憲一君) この件について、御質疑はございますか。 ◆委員(米村弘君) 第1の請願の一部訂正に関する部分なんですが、これはちょっと議長の方にお伺いしたいんですが、委員外議員としての審議じゃなくて、控え室で傍聴させていただいたんですけれども、請願の趣旨が、文書から見ますと反対、真っ向から言っているわけです。ところが、多分、この一部修正の趣旨は、それを慎重審議というか、むしろ賛成という意味合いでの方向に変えて、そういういわゆる反対を賛成に変えるような修正を一部修正と認めることができるのかどうかという問題があろうかと思うんですけれども、その点どうなんですか。 ◆議長(中島光男君) 委員会の中で請願と紹介議員の方からもいろいろ話がありまして、基本的には反対をしているんじゃないんだと。あくまでももう少しいろいろな意見があるので、慎重に審議をしてもらいたいというような、そういう意見書を出してもらいたいというようなことで各委員とのやりとりがありまして、最終的にその取り扱いという話になったときに、継続という話があったんですけれども、私もこれは今国会で、とにかく決まるというような内容ですので、できたら今会期中に結論を出した方がいいんじゃないかという話をしましたら、それだったら、この文面では非常に難しいので、何とか一部訂正ができれば、賛成してもいいような話が委員から出ていましたので、それでそのような扱いになったと思うんですけれども。 ◆委員(米村弘君) 認める、認めないは議長の権限でございますので。 ◆議長(中島光男君) いえ、私の権限じゃないので、あくまでもこれは代表人、請願人の意向なんです。修正するというのは。委員会でそれを修正するかどうかと……。意見としては、そういう意見が出たと。 ◆委員(米村弘君) ただ、そうなると、修正という事案に入るのかどうかという問題が出てくるかと思うんですけれども。 ◆委員(上條彰一君) 以前も郵政民営化の問題では一部修正をして、可決というようなことがありましたよね。あのときも、表題は、郵政民営化反対ということでのたしか陳情だったと思います。それを反対の文字をとって、反対討論、賛成討論と出てくるような、修正をしてみたいなことは前例としてはあったんじゃないかなと思いますし、あくまでもやっぱり委員会としてそれをどう判断をするのかという問題と、それからやっぱり、他の議員の人たちが、本会議でどうそれを判断をするのかということになりますから、むしろ請願者の意を受けて、それを調整して、こういう形で一部訂正ということでできるならばね。 ◆議長(中島光男君) 恐らくもう1つ、今回の場合は、請願を出しましたということも考えられたと思うんですけれども、この請願の内容について、11月1日が最終ですから、国会。それまでに何らかの意見書を出してもらいたいということですので、これは議会としても責任ある対応をとらないといけないと思うんですね。それで、できるんであれば修正をというような意見が委員の中に出ていましたので、それで委員もそれならということで、こういう方向になったと思います。 ◆委員(米村弘君) 今、上條委員の方から前例を引き合いに出されたんですが、これも前例になっていくということでよろしいわけですね。 ◆委員(上條彰一君) それはもう委員会なり、議員がどう判断するかという、そういう問題だと思います。 ◆議長(中島光男君) これはもうこういうことになれば、これはなるかと思うんですけれども、全委員がそういう方向でいいんじゃないかということになったものですから。 ◆委員(米村弘君) ここで議論することかどうかわからないんですけれども、裁量の範囲というか、法律的な意味でそれが認められるか、認められないかというのは、これはいわゆる、それはかなり幅広いと思いますし、今のような皆さん、大体において時間もないしいいじゃないかという大方の考え方と、それは大いに尊重されるべきだと思うんですけれども、ただ、今回は本質的に見て、相入れないものを曲げたとしたら、それは委員会の判断そのものが違法になってくるし、その辺のところは私どもぎりぎりの線じゃないかなという気がするんですけれども。結構です。意見だけ申し上げておきます。 ○委員長(堀憲一君) ほかに御質疑ありますか。--御質疑なければ、ただいま説明のとおり進めさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 △議員提出議案について ○委員長(堀憲一君) 次に、日程第3の議員提出議案についてを議会事務局長より説明させます。 ◎議会事務局長(結城賢治君) 議員提出議案でございますが、お手元の会派等提出意見書・決議案一覧表をごらんいただきたいと思います。  会派等提出意見書・決議案一覧表にございますように、公明党提出の意見書案を4件、日本共産党提出の意見書案が5件、市民フォーラムの提出の意見書案が1件、社会民主党市民クラブ、市民の党、共同提出の意見書案が2件、合計12件の意見書案と、社会民主党市民クラブ、市民の党、共同提出の決議案が2件出されております。  説明は以上でございます。 ○委員長(堀憲一君) 説明は以上のとおりであります。御協議に入る前に、公明党から出されておりますナンバー3のまちづくり三法の見直しに関する意見書につきましては、取り下げたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  次に、本件の取り扱いについて御協議いただきたいと思いますので、暫時休憩をいたします。    〔休憩 午前10時8分〕    〔開議 午前11時41分〕 ○委員長(堀憲一君) それでは会議を再開いたします。  ただいま休憩中に意見書案について御協議いただきましたが、その結果、1番と5番と10番については統合して一括して出すということと、2番と4番について意見の一致を見ましたので議員提出議案として本会議に提出してまいりたいと思います。  上程の仕方ですけれども、一括上程し、討論、裁決についてはそれぞれお願いしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(堀憲一君) 御異議ございませんので、そのように決めさせていただきます。 △その他 △平成17年12月議会定例会の日程(案)について ○委員長(堀憲一君) 次に、12月定例会の日程について議会事務局長より説明させます。 ◎議会事務局長(結城賢治君) 本日、再度お手元に御配付いたしました平成17年12月定例会の日程案をごらんいただきたいと思います。  これにつきましては9月12日の議会運営委員会にて御配付をいたしまして、その後各会派にお持ち帰りいただき、事前に各議員に周知、御意見を伺った上で、本日の議会運営委員会で御決定いただくこととなっておりました。  説明は以上のとおりでございます。御協議のほどよろしくお願いいたします。 ○委員長(堀憲一君) この点について御質疑ございますか。--御質疑なければただいまの説明のとおり進めさせていただきます。よろしくお願いいたします。  先ほど、請願の一部訂正についての案文が配られていなかったので、今、御配付させていただきます。 ◆議長(中島光男君) あともしこれ、請願一部修正する部分によって、そこら辺に追加ということであれば事前に事務局の方に。 ○委員長(堀憲一君) ほかに御質疑なければ、ただいまの説明のとおり進めさせていただきます。よろしくお願いいたします。  以上で、本日御協議いただく案件は終了いたしました。  これをもちまして議会運営委員会を散会いたします。    〔散会 午前11時44分〕 立川市議会議会運営委員会     委員長